携帯性に優れており、アウトドアやパーティーなどさまざまなシーンで活躍する「ミニ三脚」。卓上で料理や雑貨などをローアングルで撮影するときに使ったり、自撮り棒代わりに使ったりもできます。スマホやデジタルカメラ向けのモノから、標準レンズの付いた一眼レフカメラ向けのモノまで種類も豊富です。

そこで今回は、おすすめのミニ三脚をご紹介します。三脚の選び方も併せて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ミニ三脚の選び方

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

耐荷重は三脚選びの大切なポイント。三脚を選ぶ際は、事前に自分が使用するカメラと装着するレンズの総重量をはかっておくようにしましょう。耐荷重を越えたカメラを設置すると、落下などの危険性があります。

望遠レンズを使う予定がある方は注意が必要。標準のレンズと違い、望遠レンズはそれだけでもかなりの重量があります。手持ちのレンズのなかで1番重いモノを装着した重量に耐えられる製品を選ぶことが大切です。

雲台をチェック

By: amazon.co.jp

雲台にはいくつかの種類があります。水平と垂直の2軸方向に動かせる2ウェイ雲台(ビデオ雲台)は、チルト撮影やパン撮影に対応しやすいのがポイントで、動画撮影にも向いています。

水平と垂直に加えて、カメラを横から縦に移動できる3ウェイ雲台は、微調整がしやすく、手ブレを抑えられます。また、自由雲台と呼ばれるモノは、別名「ボール雲台」とも呼ばれており、水平・垂直・縦横全てを1つのダイヤルで操作可能。子供や動物、スポーツシーンなどの動く被写体の撮影におすすめです。自分の撮影環境に合わせた雲台を選びましょう。

高さ調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

三脚の脚は内部が筒状の多段構造で、各脚の棒を3段階や4段階などに伸ばして使用します。3本タイプは安定性が高く、4本タイプはコンパクトに収納できるのがポイント。脚部のロックにはナットを回して固定する「ナットロック方式」と、レバーを倒す「レバーロック式」があります。

また、デジタルカメラなど軽くて小さいモノ向けの三脚のなかには、脚が自由に動かせる「フレキシブルアーム」タイプも人気。木やパイプなど好きな場所に巻き付けて使えるため、地面からの高さを気にすることなく使用できます。

収納時のサイズも重要

By: amazon.co.jp

三脚を選ぶ際は、使用時の高さや使いやすさも重要ですが、持ち運びのしやすさもチェックしておきたいポイントです。カメラやレンズだけでも重量があるため、三脚はできるだけコンパクトに収納できて軽いタイプがおすすめ。

収納したときのサイズ(縮長)や、収納ケースが付属しているかどうか、三脚だけの重量もチェックしておきましょう。

クイックシューが付いているかどうかチェック

カメラをミニ三脚に設置することが多い場合、クイックシューといった専用の取り付けプレートが付属するモデルを選ぶのがおすすめです。通常は雲台に備え付けのネジを使ってカメラに取り付けますが、ネジを回す動作に時間がかかるのが難点。装着に手間取っている間に貴重なシャッターチャンスを逃してしまう場合もあります。

しかし、クイックシューが付属するミニ三脚であれば安心。事前にクイックシューをカメラの底部に装着しておけば、ミニ三脚の雲台にはめ込むだけで迅速に取り付けが可能です。より手軽に使えるようになるので、ミニ三脚の活用シーンがさらに増えます。

スマホが使えるタイプも人気

By: amazon.co.jp

スマホを写真や動画の撮影で積極的に活用したい方には、スマホにも対応したミニ三脚がおすすめです。付属のスマホホルダーを雲台に取り付けることで、カメラと同じようにスマホをミニ三脚に固定できるのが特徴。脚を閉じればハンドグリップとしても使えるので、歩きながら動画を撮影する際などにも重宝します。

スマホ対応のミニ三脚を選ぶ際は、取り付けられるスマホのサイズに注意。スマホホルダーが対応できる横幅と厚さの両方に適したスマホを使用しないと、しっかりと固定できないので、不意に脱落する危険性があります。事前にスマホホルダーの対応サイズは確認しておきましょう。

ミニ三脚のおすすめメーカー

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

1972年に創業した、イタリア生まれの高性能三脚メーカーです。カメラ記者のリノ・マンフロット氏が、自分が使いやすい三脚を目指して改良したのが始まりで、軽量で高性能な製品が多いのがポイント。デザイン性も高く、注目されているメーカーです。

プロ向けの本格的な三脚だけでなく、スマホやデジタルカメラ向けのミニ三脚の種類も豊富。さまざまなニーズに合わせた三脚を取り扱っています。

スリック(SLIK)

By: amazon.co.jp

スリックは写真愛好家でもあった技術者の白石尚稔によって1948年に創業された国産の三脚メーカーです。現在は写真用品を幅広く取り扱うケンコー・トキナーのグループ企業として事業展開していますが、頑丈で高品質な製品は写真愛好家から根強い人気があります。

スリックのミニ三脚は優れたローアングル撮影性能を有しているのが特徴。脚を3段階で開けるので、微妙な高さの調節が要求される花や小物などのテーブルフォト撮影に重宝します。動画撮影用のハンドグリップや自撮り棒として使えるモデルが発売されているのもポイントです。

ジッツオ(GITZO)

ジッツオはフランス人技術者のアルセーヌ・ジッツホーベンによって、1917年に創業された高級写真用品メーカーです。当初はケーブルレリーズなどのカメラアクセサリーを製造していました。現在はマンフロットも所属するヴァイテックのもとで、高剛性かつ堅牢な高級三脚やカメラバッグを手掛けています。

ジッツオのミニ三脚は小型ながら剛性に優れているのが特徴。通常モデルの三脚にも使われている独自素材「Carbon eXact チューブ」を採用しているため、大口径ズームレンズを装着したフルサイズミラーレスも難なく搭載できます。

ミニ三脚のおすすめモデル

マンフロット(Manfrotto) 5段階調節ミニ三脚 PIXI EVO MTPIXIEVO

コンパクトボディに優れた機能性を備えるミニ三脚です。頑丈なアルミをフレームに使用しており、重さ260gと軽量ながら最大耐荷重2.5kgを実現。エントリークラスのデジタル一眼レフカメラを搭載しても安定した状態で固定できます。

各脚の長さは5段階で微調節が可能なのもポイント。岩場など凸凹とした斜面でも安定して使用できます。開脚角度も2段階で調節できるため、道端の花や昆虫などをマクロ撮影する場合にもおすすめです。

ダイヤルでカメラを簡単に取り付けられる一体型の自由雲台を搭載しているのも魅力。90°のティルト固定も簡単なので、縦位置構図で行うポートレート撮影やテーブルフォト撮影などでも重宝します。

マンフロット(Manfrotto) PIXI Smart MKPIXICLAMP-BK

スマホも手軽に搭載できるおしゃれなミニ三脚です。イタリアで設計された機能的で美しいデザインが人気のボディに、脱着可能な専用のスマホホルダーが付属。スマホや小型レンズ付きのミラーレス一眼に適しています。

脚を展開した状態の全伸高は24.7cm。脚を閉じればハンドグリップとしても使えるので、スマホで散歩動画やVlogを撮影したい方にもおすすめです。一体型の自由雲台を備えているため、構図の変更もシームレスに行えます。

スマホホルダーはサイズの調節が可能なユニバーサルデザインを採用しているのも魅力です。

マンフロット(Manfrotto) POCKET三脚S MP1-BK

カメラの底部に常備できる超薄型のミニ三脚です。各脚を内側に折りたためる構造を採用しており、重さ30gと軽く、収納時は薄さ8mmなので装着したままでも気にならないのが特徴。耐荷重6gに対応しており、コンパクトカメラやパンケーキレンズを付けた小型ミラーレス一眼で使用するのにおすすめです。

脚を展開した際に得られる最大の高さ(全伸高)は2.1cm。カメラをテーブルの上に置いて小物の撮影や自撮りをする際などに重宝します。使用する際は各脚の角度を別々に設定できるのもポイント。脚にはラバー加工が施されているので、不整地の岩場など平らな場所以外でも活用が可能です。

スリック(SLIK) マルチポッド スマホR MULTIPODSPR 246207

カメラとスマホ、アクションカメラに対応できるマルチタイプのミニ三脚です。自由雲台の上部に変形機構を備えたカメラ台を搭載。パーツを追加することなくワンタッチでスマホホルダーに変形できるため、1台の三脚を複数の機材で使いたい方にもおすすめです。

スマホホルダーは幅0.58〜0.9cm、厚さ0.12cmまでの機種に対応。耐荷重は1000gで、スマホから小型のミラーレス一眼までさまざまな機材を支えられます。また、自撮りや集合撮影などに役立つBluetoothリモコンが付属するのも魅力です。

重さ280g、縮長19.5cmと軽量コンパクトで持ち運びやすいのもポイント。脚部は5段階でスライドでき、全伸高21.5cmまで長さ調節が可能です。脚を束ねれば動画撮影用のハンドグリップとしても活用できます。

スリック(SLIK) テーブル三脚 プロミニ320 107126

快適なマクロ撮影をサポートするミニ三脚。直感的に構図作りを行える自由雲台も搭載しているため、ローポジションで行うマクロ撮影におすすめです。

重さ320g、縮長20.5cmと軽量コンパクトなのも特徴。付属のポーチケースで持ち運びも簡単に可能です。耐荷重は1000gで、小型一眼レフでの使用に適しています。

脚を胸に当てた状態で使うことで、手ブレを抑えるチェストポッドとして活用できるのも魅力。また、別売の「SポールII」と組み合わせれば、三脚付きの一脚としても使えるので、運動会など限られたスペースで行う撮影で重宝します。

スリック(SLIK) テーブル三脚 ミニプロ7 N 106594

本格的なマクロ撮影に挑戦できる高性能なミニ三脚です。3段階の開脚機構を搭載しており、最低高14cmまで下げられるのが特徴。ローポジション時の安定度を増せるため、道端の花や昆虫などを撮影する際にブレをより効果的に抑えられます。

素材に堅牢なアルミを採用しており、重さ540gの軽さで耐荷重2000gまで対応できるのもポイント。また、水平出しに便利な水準器とクイックシューが付いた自由雲台も備えています。

指掛かりの良いレバーロックで縮長19.5cmから全伸高26cmまで簡単に長さ調節できるのも魅力。さらに、付属の延長ポールと連結すると高さ45cmまで延長できるので、テーブルトップで俯瞰撮影を行う場合にも重宝します。

ジッツオ(GITZO) ミニトラベラー三脚 GKTBB1

優れた信頼性と耐久性を兼ね備えるおすすめのミニ三脚です。脚部に独自素材の「Carbon eXactチューブ」を採用。わずか265gと軽量ながら耐荷重3000gを実現しており、大口径レンズ付きのフルサイズミラーレスや一眼レフにも難なく対応できます。

脚を折りたたんだ状態の格納高は22cmで、展開すると全伸高17.5cmの高さが確保可能。また、2段階の開脚角度調節にも対応しており、最低高12.5cmまで下げられます。コンパクトボディを生かしたローアングル撮影などにもおすすめです。

ラバーグリップで直感的にロック操作が行えるアルミ製の自由雲台が付属するのも魅力。雲台の取り外しや交換にも対応しており、ミニ三脚単体で使用する場合は最大25kgまでの機材を支えられます。

ベルボン(Velbon) スマホ三脚 M32 mini+スマートフォンホルダー

快適に携帯できるスマホ対応のミニ三脚です。本体はわずか218gと軽く、収納時の縮長も24.5cmと500mlペットボトル並みにコンパクト。持ち運びに便利な専用の三脚ケースも付属するので、外出先でもミニ三脚を積極的に使いたい方にもおすすめです。

一体型の自由雲台を含めて耐荷重1000gまで対応できるので、手頃な安い価格ながら小型のミラーレス一眼もしっかり支えられるのもポイント。EVなしの全伸高は18cmで、ローポジションからのマクロ撮影やテーブルフォト撮影に重宝します。

自由雲台のカメラ台に取り付けられるスマホホルダーが付属するのも魅力。幅0.56〜0.89cm、厚さ1cmまでの機種に対応しています。また、背面にはスタンドを備えており、ホルダー単体で卓上での使用も可能です。

ベルボン(Velbon) ミニ三脚 3段 EX-マクロII

構図にこだわったマクロ撮影が手軽に楽しめるミニ三脚です。クイックシューを採用する一体型の3ウェイ雲台を搭載。上下・左右・縦横のカメラ位置を別々に調節できるため、構図を細かく追い込みながら花や料理などの撮影を進めたい方におすすめです。

縮長28.1cmからEVなしの全伸高50.6cm、EVを使うと最長56.3cmまで延長できるのもポイント。センターポールと各脚を繋ぐステーのフル開脚ボタンを押すと最低高20.3cmまで下げられるので、ローポジション撮影も快適に楽しめます。

3ウェイ雲台を備えながら重さ578gと比較的軽いのも魅力。耐荷重は1500gのため、ミラーレス一眼にも対応が可能です。また、後部にスタンド機能を備えたスマホホルダーと専用の三脚ケースが付属します。

ベルボン(Velbon) テーブルミニ三脚 ウルトラ 553 ミニ

小型ながら高い伸縮比を持つ高性能なミニ三脚です。縮長24.4cmからEVなしの全伸高53.8cm、EV含めて最長63cmまで延長が可能。独自構造「ウルトラロック」を採用しており、脚先端を捻るだけでロックの全開放と固定が瞬時に行えます。

3段階の開脚角度調節に対応するのもポイント。セミオートラチェット式なので脚を閉じるだけで開脚角度を段階的に調節できます。また、センターポールの下部を取り外して最低高を17cmまで下げられるため、小さな花のマクロ撮影などにもおすすめです。

耐荷重は2500gで、幅広い可動範囲をカバーする自由雲台が付属するのも魅力。ミニ三脚単体で使用すると最大10kgまで対応可能なので、望遠レンズを使ってローポジションから行うスポーツ撮影にも活用できます。

レオフォト(Leofoto) ミニ三脚 MT-03+LH-25

独自の脚部構造を採用する高性能なミニ三脚です。各脚の内側に延長アームが折りたたまれているのが特徴。開放した延長アームを活用することで岩場などの不整地で安定性を高めたり、格子状のフェンスなどに引っ掛けたりが可能です。

素材に堅牢なアルミを採用しているのもポイント。重さ340gと軽量ながら耐荷重5000gまで対応できるので、フルサイズミラーレスや一眼レフを使った撮影にもおすすめです。縮長は21.2cmで、最長24.9cmまで伸長できます。

アルカスイス互換のクイックシューを採用する高精度な自由雲台が付属するのも魅力です。

スモールリグ(SmallRig) ボールヘッド雲台&ミニ三脚セット BUT2664

優れた耐久性で人気を集めているミニ三脚です。素材にアルミ合金を採用しており、手頃な価格ながら耐荷重2000gを実現。雲台を取り外して三脚単体で使用すると最大20000gまで対応可能なので、フルサイズミラーレスを使った撮影にもおすすめです。

角度調節や縦位置と横位置の切り替えが簡単に行える高精度な自由雲台が付属するのもポイント。パノラマ撮影で回転角度を正確に把握できるベース目盛りも備えています。アルカスイス互換のクイックシューによってカメラの着脱もスムーズに可能です。

重さは410g、縮長23cmと軽量コンパクトなのも魅力。使用時は11.3cmの低位置でカメラを固定できます。

ジョビー(JOBY) グリップタイトONE GPスタンド JB01491-0WW

スマホにも対応するフレキシブルタイプのミニ三脚です。各脚を節で自由自在に曲げて使用できる人気のゴリラポッドに、専用のスマホホルダーが付属。スマホを活用して写真・動画撮影の幅を広げたい方におすすめです。

多彩なスタイルで活用できるのもポイント。通常のミニ三脚として使えるのはもちろん、木の枝やポールに脚を巻き付けて固定したり、脚を束ねて軽く曲げればハンドグリップとして動画撮影に役立てたりも可能です。

スマホホルダーは幅5.6〜9.1cmまでのスマホに対応。ラバーグリップが搭載されているので、大事なスマホをしっかりと固定できます。自由雲台で角度調節が自在に行えるのも魅力です。

ジョビー(JOBY) ゴリラポッド 1Kキット JB01540-PKK

アクロバティックな構図で撮影が楽しめるフレキシブルタイプのミニ三脚です。特許技術によって曲がりやすく丈夫な作りを採用。脚を節で自由に曲げられるので、棒状のモノに巻き付けたり、ハンドグリップとして手持ちで使用したりも可能です。

90°ティルトにも柔軟に対応する自由雲台が付属するのも魅力。脚と雲台の組み合わせによって、さまざまな角度に対応できるので、個性的なアングルからの撮影が楽しめます。

重さ197gと軽量設計ながら耐荷重1000gと頑丈なのもポイント。コンパクトカメラや小型レンズ付きのミラーレス一眼を搭載するのにおすすめです。

ジョビー(JOBY) ゴリラポッド 3K PROリグ JB01567-BWW

本格的な動画制作にも活躍できるフレキシブルタイプのミニ三脚です。堅牢なアルミをフレームに使用しており、重さ580gの軽量ボディで耐荷重3000gまで対応。フルサイズミラーレスなどを最大限に活用して作品撮りに挑戦したい方にもおすすめです。

脱着できる高性能な自由雲台を搭載しているのもポイント。90°ティルトに加えて、水平方向へ滑らかに回転するパン操作にも対応が可能です。また、取り付けにはアルカスイス互換のクイックシュープレートを使用するため、同じ規格を採用する三脚との併用がスムーズに行えます。

付属する2本のアームを雲台の左右に取り付けられるのも魅力。カメラとは別にLEDライトやマイクも一緒に固定が可能なので、よりクオリティにこだわった自由な動画制作が追究できます。

ミニ三脚のAmazonランキングをチェック

ミニ三脚のAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。