カメラ本体に触れずにシャッターボタンが切れる便利なアイテム「レリーズ」。三脚と併用することで花火や星空、夜景など手ブレを抑えた撮影ができます。レリーズは、本格的な見た目に反して使い方はシンプルなので、カメラ初心者の方でも手軽に使えるアイテムです。

そこで今回は、レリーズの選び方をはじめ、各メーカーの特徴とおすすめの製品をご紹介します。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみましょう。

レリーズとは?

By: amazon.co.jp

レリーズとは、カメラ本体のシャッターを使わずに、離れた所からシャッターを切れるカメラアクセサリーのことです。ケーブルタイプや無線タイプなどさまざまなものが発売されていて、シャッターを押す際にカメラをほとんど揺らさず撮影ができます。

夜景や花火など手ブレしがちな写真の撮影や、長時間露光することで星空を明るく撮影する際にも活躍するのがポイント。最近はカメラ本体に手振れ補正機能が搭載された製品も多く販売されていますが、ワンランク上の撮影を目指したい方におすすめのアイテムです。

どんな写真が撮れるの?

夜景写真

夜景を撮影する場合は、シャッタースピードを遅くして光をたくさん取り込むと、より明るく綺麗な写真に仕上がります。しかし、スピードを遅くするとシャッターの開き時間が通常より長くなるため、手ブレがそのまま写真に記録されるのが難点。

そのため、三脚でカメラをしっかり固定してレリーズを使うことで手ブレを防ぎ、ブレのない夜景を撮影できます。

望遠写真

望遠写真に使用する望遠レンズは、レンズに入り込む光を調節するF値が大きいため、通常のレンズよりも手ブレしやすいのが難点です。また、望遠写真を撮る場合は、少しの手ブレでもピントの中心がズレてしまい、本来撮りたかった構図と違う構図になってしまいがち。

レリーズを使うと手ブレによるズレを防いでくれるため、遠くの写真もベストな構図で撮れるほか、ピントのズレも防いでくれます。

動物写真

動物は近くで撮影すると気配に気づかれてしまい、自然な写真を撮影できません。そこで活躍するのが望遠レンズとレリーズの組み合わせです。

特に、止まっている野鳥の羽ばたく瞬間などは、ファインダーを覗きながら本体のシャッターを切っていると、ピントがズレたりシャッターチャンスを逃がしたりしがちです。

しかし、レリーズを使用すると、動物の動きを見ながら「ここだ」という瞬間に手元ですぐシャッターが切れるため、撮りたい瞬間をピンポイントで撮影できます。

レリーズの選び方

対応機種で選ぶ

レリーズには、メーカー純正のものと非純正のサードパーティ製の2種類があります。純正品なら問題なく使えると思うかもしれませんが、同一メーカーでも機種や型番によって適合しない場合もあるため、注意が必要です。

レリーズの構造は比較的シンプルなため、非純正品でも対応機種であれば問題なく使える場合がほとんど。レリーズ初心者の方やコスパ重視の方はサードパーティ製がおすすめです。

有線か無線かで選ぶ

By: amazon.co.jp

有線タイプのメリットは、ケーブルの断線などの故障がない限り「ここぞ」というタイミングで確実にシャッターを切れる点です。その反面、ケーブルの長さ分しか行動できないというデメリットがあります。

無線タイプのレリーズのメリットは、コンパクトで持ち運びに優れていることに加え、リモコンを押すだけでシャッターが切れる点です。ただし、無線タイプは、赤外線が上手く届かず撮り逃してしまう場合があるため注意しましょう。

インターバルタイマー機能の有無で選ぶ

インターバルタイマーとは、一定の間隔で自動的にシャッターを切る機能です。星や月の軌跡を撮影したり、時間ごとに変化する風景を撮影したりするなど、ちょっと変わった撮影をしたい方におすすめです。

連続撮影枚数に制限がある場合もインターバルタイマー機能を使用することで、連続撮影ができます。

レリーズのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンからは、無線タイプのリモートコントローラーと有線タイプのリモートスイッチがリリースされています。比較的どの製品も対応機種が幅広いため、無線・有線・タイマー機能など使用目的に合わせて製品を選べる点が魅力。

純正品の種類が限られていて、シンプルな作りのものが多いので、初心者の方でも選びやすいのがポイントです。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンからは、無線タイプのリモートコントローラー、有線タイプのリモートコードという名前でレリーズがリリースされています。カメラのグレードによって角形コネクタタイプ・丸型コネクタタイプの2種類に分かれているため、対応機種の確認が必要です。

丸型タイプのコネクタは、抜け落ち防止のねじ込み式なので、シャッターチャンスを絶対に逃したくないという方に適しています。

ペンタックス(PENTAX)

By: amazon.co.jp

ペンタックスは、無線タイプがリモートコントロール、有線タイプのものはケーブルスイッチという名前でリリースされています。

キヤノンやニコンに比べると種類は多くありませんが、小雨でも使用できる防水タイプの製品があるため、屋外での撮影が多い方におすすめです。

レリーズのおすすめ

キヤノン(Canon) リモートスイッチRS-60E3

キヤノン(Canon) リモートスイッチRS-60E3

カメラ本体のシャッターボタンと同じようにオートフォーカスロック機能を搭載した無線タイプのレリーズ。レリーズボタンをロックすることができるため、長時間露光や連続撮影時に指でシャッターを押し続ける必要がありません。

コードの長さは全長60cmと長すぎず短すぎないため、幅広いシーンで使用できます。純正品ながらもコスパに優れたおすすめのアイテムです。

キヤノン(Canon) リモートコントローラー RC-6

キヤノン(Canon) リモートコントローラー RC-6

約5m離れた所からのシャッター操作が可能なリモートコントローラー。即レリーズと2秒後レリーズの2種類のモードから選べます。

シャッターボタンのみのコンパクトな作りのため、製品自体のサイズが小さく持ち運びしやすいのが魅力です。その分紛失しやすいため、購入の際についてくる付属ケースやストラップ用の穴を上手に利用しましょう。

ニコン(Nikon) リモートコード MC-DC2

ニコン(Nikon) リモートコード MC-DC2

ニコンの上位機種D80シリーズ・D70sシリーズ以外の製品に対応したレリーズ。シャッターボタンを押したままの状態で固定できるので、長時間露光撮影におすすめ。

コードの長さが約1mあるため、離れた所から撮影できます。シンプルな操作性と耐久性に優れたアイテムを探している方におすすめです。

ペンタックス(PENTAX) 防水リモートコントロール O-RC1

ペンタックス(PENTAX) 防水リモートコントロール O-RC1

小雨などでも安心して使用できる、生活防水仕様のワイヤレスリモコンです。あくまで生活防水仕様なため、水中や水圧がかかる場所での使用はできませんが、屋外撮影の多い方には最適。

電池の交換ができないというデメリットがありますが、どうしても雨の日の屋外で撮影したいなどの撮影条件がある方におすすめです。

ロワジャパン(ROWA JAPAN) リモコンコードレリーズ TC-2001

ロワジャパン(ROWA JAPAN) リモコンコードレリーズ TC-2001

コスパと機能性に優れた万能型のレリーズです。インターバルモードやシャッター開放時間を任意で設定できるモードなどの機能を搭載しています。

液晶ディスプレイがついているため、細かい時間設定がしやすく、初めてレリーズを使用する方にもおすすめです。

ピクセル(PIXEL) カメラ用リモートコントローラー RW-221

ピクセル(PIXEL) カメラ用リモートコントローラー RW-221

最大16チャンネル接続が可能なリモートコントローラー。無線が混線しがちな場所で使えるため、大きな会場での撮影会や花火大会など大勢のカメラマンが集まるスポットでの撮影におすすめです。

ディレイモード以外にも連写モード・バルブモードなどさまざまなシーンで活躍します。また、多数のコネクタケーブルがあるため、幅広い機種に対応しています。ランプの色によってシャッターの状態を確認できるので、暗い場所でも半押し・全押しの区別がつくのもポイントです。

フォトレックス(Photoolex) ワイヤレスリモートコントローラー T720N

フォトレックス(Photoolex) ワイヤレスリモートコントローラー T720N

本製品は有線・無線で使える多機能モデルで、液晶画面はバックライトが点灯するため、夜景や星空など夜間撮影が多い方におすすめです。

コネクタの形が丸型と角型の2種類あり、幅広い機種への対応が可能です。エントリーモデルからハイエンドモデルまでどのカメラでも使える点が魅力的。無線で使用した場合、最大100mの通信可能範囲があるため、さまざまなシーンで活躍します。

ケンコー(Kenko) リモートコード

ケンコー(Kenko) リモートコード

シンプルなデザインのケーブル型レリーズです。シャッターボタンの固定機能つきで、ボタン部分を大型化することで押しやすいのが魅力。

ソニー用・ニコン用・キャノン用・ペンタックス用とメーカー別で発売されているため、購入する際は自分のカメラにあった型番のものを購入しましょう。細かい機能は必要なく低価格で手軽にレリーズを試したい方におすすめです。

ハクバ(HAKUBA) ブラックオートレリーズ2 KLE

ハクバ(HAKUBA) ブラックオートレリーズ2 KLE

シンプルなデザインでツヤ感のあるメタリックなフォルムと手触りのよい細めのクロスチューブとの組み合わせが特徴のレリーズです。

長時間の露光撮影に便利なオートストップ機能が搭載されているため、夜景や星空などの撮影におすすめ。シンプルな作りの上に、コードの長さが20cm、30cm、50cm、100cmと豊富に用意されています。撮影環境に合わせてコードの長さが選べるおすすめのアイテムです。

SHOOT 富士フイルム レリーズケーブル RR-90

SHOOT 富士フイルム レリーズケーブル RR-90

撮影開始時間と撮影間隔、シャッター開放時間を1秒から99時間59分59秒までの間で、1秒単位で設定できるレリーズです。

設定時間間隔で撮影をする場合、インターバルタイマーの設定や露光時間を指定できることに加え、撮影回数は1回から399回まで設定できます。ボタンとスライドスイッチを利用することで、オートフォーカス・フルシャッター・バルブ開放撮影も可能です。

オリンパス(OLYMPUS) リモートケーブル RM-UC1

オリンパス(OLYMPUS) リモートケーブル RM-UC1

本製品は、マルチUSBコネクタ接続型のワイヤードリモートコントロールスイッチです。オートフォーカスとフルシャッター、そしてバルブ開放撮影が可能。また、2段式のリモコンボタンで半押しするとフォーカス、測光ができ、全押しすることで撮影ができます。

ケーブルの長さは約83cmと使いやすい長さで、価格も安く抑えられることから初心者の方におすすめ。OM-Dシリーズからコンデジタイプまでオリンパスの幅広いシリーズに対応しています。