離れたところからでもシャッターが切れる便利なアイテム「レリーズ」。三脚と併用することで手ブレを抑え、花火や星空、夜景などをキレイに撮影できます。レリーズは、本格的な見た目に反して使い方はシンプルなので、カメラ初心者の方でも手軽に使えるアイテムです。

そこで今回は、レリーズの選び方をはじめ、各メーカーの特徴とおすすめの製品をご紹介します。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

レリーズとは?

レリーズとは、カメラ本体のシャッターを使わずに、離れた所からシャッターを切れるカメラアクセサリーのことです。ケーブルタイプや無線タイプなどさまざまなモノが販売されており、シャッターを押す際にカメラをほとんど揺らさず撮影ができます。

夜景や花火などの手ブレしがちな被写体を撮影したいときや、長時間露光することで星空を明るく撮影する際にも活躍するのがポイント。最近は、カメラ本体に手ブレ補正機能が搭載された製品も多く販売されていますが、ワンランク上の撮影を楽しみたい場合はレリーズをチェックするのがおすすめです。

レリーズの選び方

対応機種で選ぶ

レリーズには、メーカー純正のモノとサードパーティ製の2種類があります。純正品なら基本的に問題なく使えますが、同一メーカーあっても、機種や型番によっては適合しない場合があるため注意が必要です。

非純正品に関しても、対応機種であれば問題なく使える場合がほとんど。レリーズ初心者の方やコスパ重視の方は、サードパーティ製のモノをチェックしてみてください。

有線かワイヤレスかで選ぶ

「有線タイプ」は簡単に使えて初心者にもおすすめ

By: amazon.co.jp

操作に自信がない方は、有線タイプのレリーズがおすすめです。ケーブルレリーズとも呼ばれており、対応メーカーや接続端子の形状が合ってさえいれば、カメラのポートに挿し込むだけで手軽に使い始められます。

シンプルで扱いやすく、価格も手頃なモノが多いため、初めてカメラ用のレリーズを購入する方にもおすすめです。

ワイヤレスタイプと比較して安定性が高いのもポイント。レリーズ側に専用の電源が必要なく、赤外線や電波が混線するようなシーンでも安定してリモート操作を行えます。

ワイヤレスは「赤外線式」と「電波式」の2種類

By: amazon.co.jp

ワイヤレスで使えるレリーズは、「赤外線式」と「電波式」の2種類があります。赤外線式は、カメラ本体の受光部にレリーズの発光部を向けて操作するのが特徴。テレビのリモコンと同じように扱えるので、初心者でも簡単に使えます。ただし、通信可能範囲が4〜5m程度と短いのが難点です。

また、カメラの受光部とレリーズの発光部との間に障害物があると、赤外線が受光部まで正確に届かず、リモート操作に失敗する場合もあります。

通信範囲の長さを重視する方には、電波式のワイヤレスレリーズがおすすめ。製品によっては、通信可能範囲が20mを超えるモノも販売されています。ただし、赤外線式のワイヤレスレリーズと比べて価格が高いのがデメリットです。

ワイヤレスタイプを選ぶ場合は、使い方や予算も考慮して、赤外線式か電波式かを検討してみてください。

機能で選ぶ

インターバルタイマー

インターバルタイマーとは、あらかじめ設定した時間間隔で自動的に撮影を行う機能のこと。元々は天気や動物の定点撮影などで使われていた技術ですが、最近ではコマ撮りアニメやタイムラプス動画の制作にも活用されています。

インターバルタイマーに対応したレリーズを使えば、カメラに直接触れずに操作できるため、開始する際や途中で停止する際にブレを抑えられるのが魅力。作品のクオリティにこだわりたい方におすすめです。

バルブモード

バルブモードとは、撮影者がシャッターボタンを押している間、カメラのシャッターを開き続けられる機能のことです。夜間の撮影に適しているため、花火や星空などを撮りたいときに重宝します。

バルブモードを多用する場合は、レリーズのシャッターボタンにロック機能が搭載されているモノを選ぶのがおすすめ。一度ロックを掛ければ、長時間露光の最中にシャッターボタンを指で押し続ける必要がなくなるため、より快適にバルブ撮影が行えます。

ディレイ機能

ディレイ機能とは、シャッターボタンを押してから数秒後に遅れて撮影できる機能のこと。撮影者がレリーズを握った手を隠したり、被写体と一緒に写ったりできるので、記念で集合写真を撮影する場合などに適しています。

ディレイ機能に対応したモデルなら、カメラ本体を操作しなくても、レリーズ側でディレイ機能のオンオフや秒数を指定できるため便利です。

半押しでのオートフォーカス

リモート操作でもオートフォーカス(AF)を活用したい場合は、シャッターボタンの半押しに対応したレリーズがおすすめです。

全押しにしか対応しないモノだと、シャッターを切ることしかできず、オートフォーカス操作を行えないのが難点。事前にカメラ側の操作でピントを合わせてからレリーズを使用する手間が必要です。

半押しでのオートフォーカスに対応しているレリーズなら、カメラ搭載のシャッターボタンを操作するのと同じ感覚で、オートフォーカスができるのが魅力。よりスムーズに撮影を進められます。

レリーズのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

キヤノンは、東京の大田区に本社を置く総合映像機器メーカー。一眼カメラやコンパクトカメラ、プリンターなど、映像関連の機器を幅広く展開しているのが特徴です。

キヤノンからは、無線タイプのリモートコントローラーと、有線タイプのリモートスイッチがラインナップされています。どの製品も対応機種が幅広いため、無線や有線、タイマー機能など、使用目的に合わせて製品を選べる点が魅力。また、シンプルなモノが多く、初心者の方でも使いやすいのがポイントです。

ニコン(Nikon)

ニコンは、デジタルカメラや測定器、光学素材などを開発する大手光学機器メーカー。軍用の光学兵器を製造していた背景もあり、頑丈で操作性に優れたカメラを製造していることで有名です。

レリーズに関しては、キヤノンと同様に無線と有線のどちらもラインナップ。なお、カメラのグレードによって角形コネクタタイプと丸型コネクタタイプの2種類に分かれているため、対応機種の確認が必要です。

ペンタックス(PENTAX)

ペンタックスは、大手光学機器メーカーのリコーイメージング株式会社が展開しているブランド。ミラーレスや一眼レフなど各種デジタルカメラのほか、双眼鏡も展開しています。

ペンタックスのレリーズは、キヤノンやニコンに比べると種類は多くありませんが、小雨でも使用できる防水タイプの製品をラインナップしているのが特徴。屋外での撮影が多い方におすすめです。

レリーズのおすすめモデル

キヤノン(Canon) ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1

自由な位置から遠隔撮影したい方におすすめ

全方向レリーズを実現しているキヤノン純正の電波式ワイヤレスレリーズです。Bluetooth Low Energy技術を通信方式に採用。リモコンから半径5mの範囲ならどの方向からでもリモート操作が行えるので、自由な位置から遠隔撮影したい方におすすめです。

使用の際は事前に対応カメラとペアリングを行う必要があるため要注意。一度ペアリングするとレリーズの電源を入れるだけで自動で連携され、各操作が行えます。

電源にはリチウムボタン電池を使用しており、電池寿命が約1年と長いのも魅力。EOS MシリーズやEOS Rシリーズなど現行のミラーレス一眼を中心に対応しています。

キヤノン(Canon) リモートスイッチ RS-60E3

鉄道や野鳥などの撮影にもおすすめ

安い価格とシンプルな操作性が魅力のキヤノン純正レリーズ。カメラのシャッターボタンと同じように、半押しでのオートフォーカスとAFロックができます。指定したピント位置に被写体が来るのを待つ置きピン撮影にも活用できるので、鉄道や野鳥などの撮影にもおすすめです。

レリーズボタンにロック機構を備えているのもポイント。指で押し続けなくても撮影を継続できるため、連続撮影や長時間露光による撮影がより快適に行えます。

コードの長さは60cm。軽量コンパクトな本体のグリップ部分には凹凸が設けられており、握りやすいのも特徴です。EOS MシリーズやEOS Rシリーズのミラーレス一眼など、幅広く対応しています。

キヤノン(Canon) タイマーリモートコントローラー TC-80N3

タイマー機能を積極的に活用したい方に

タイマー機能が充実した高性能なキヤノン純正のケーブルレリーズ。レリーズ側でディレイ機能やインターバルタイマーなどのタイマー設定が細かく操作できるのが特徴です。

時間を1秒〜99時間59分59秒まで1秒ごとに、撮影回数を1〜99回まで指定可能なので、タイマー機能を積極的に活用したい方に適しています。

ケーブルの長さは80cmで、EOS 6D・5Ds・1DXなどの一眼レフに対応。別売りのアダプター「RA-E3」を使えば、EOS MシリーズやEOS Rシリーズなどのミラーレス一眼でも使用が可能です。

ニコン(Nikon) リモートコード MC-DC2

幅広いカメラに対応するニコン純正のケーブルレリーズです。ミドルクラスまでのAPS-C一眼レフとフルサイズ一眼レフのほか、Z 5・Z 6II・Z 7IIなど現行のフルサイズミラーレスでも使用が可能。Zシリーズで有線レリーズを利用したい方におすすめです。

半押しオートフォーカス機能や、ロックスライダー機構を備えているのもポイント。カメラ側のシャッターボタンと同じように使えるほか、ボタンを押した状態のまま固定できるので、バルブ撮影を行う場合にも重宝します。

重さ約45gと軽量コンパクトで、ケーブルの長さも約1mと扱いやすいのも魅力。別売りの純正GPSユニットとの併用も可能なため、SnapBridge非対応の一眼レフで撮影画像に位置情報を付加したい場合にも活用が可能です。

ニコン(Nikon) リモコン ML-L7

Bluetooth接続で使用できるニコン純正の電波式ワイヤレスレリーズ。電源を入れるとペアリングしたカメラと連携でき、電動ズーム操作・撮影・録画などが可能です。

半押しのオートフォーカスには非対応ですが、中央部のマルチセレクターでマニュアルフォーカスの微調整が行えるため、マクロ撮影でピントを追い込む際などに重宝します。2つのFnボタンに使用頻度の高いカメラ機能を割り当てられるのもポイントです。

多機能ながら、初心者の方でも直感的に扱えるボタン配置を採用しているのも魅力。落下防止に役立つストラップを取り付けられるホールも備えています。

ニコン(Nikon) ワイヤレスリモートコントローラー WR-T10

コンパクトながら優れた機能性を備える、ニコン純正の電波式ワイヤレスレリーズ。別売りの専用受信機であるWR-R11aやWR-R11bをカメラに装着してセットで使うのが特徴です。

2.4GHz帯の電波を通信に利用しており、通信可能範囲は約20mと長め。間に障害物があっても動作するため、位置に縛られないリモート撮影が行えます。

受信機を取り付けたカメラと1対1でレリーズ操作できるのはもちろん、マルチコントロールに対応しているのもポイント。離れた場所から複数台の無人カメラで同時にシャッターが切れるので、スポーツやイベントの撮影などにおすすめです。

半押しオートフォーカス機能に対応しているほか、よく使うカメラの機能を割り当てられるFnボタンを搭載しているのも魅力。電源にはリチウムボタン電池を使用しており、約1万回の撮影が行えます。

ペンタックス(PENTAX) ケーブルスイッチ CS-310

シンプルで初心者にも扱いやすいペンタックス純正のケーブルレリーズです。現行の一眼レフではPENTAX K-70とPENTAX KPに対応。カメラ側面に搭載されているマイク兼用端子に装着することで、遠隔でのシャッター操作が行えます。

レリーズボタンに半押しオートフォーカスと、ロックスライダーを備えているのもポイント。ボタンを押し続けなくても押したままの状態で固定できるため、バルブモードを使った長時間露光で夜景や星空の撮影を行う場合にもおすすめです。

ペンタックス(PENTAX) ケーブルスイッチ CS-205

本格的な作品撮りに欠かせないペンタックス純正のケーブルレリーズです。同社のデジタル一眼レフのレリーズソケットに装着して使用するのが特徴。対応していない機種もあるので、購入する際は手持ちのカメラで使えるかを確認しましょう。

レリーズボタンには半押しオートフォーカス機能とロックスライダーを搭載。動く被写体を狙う撮影や、夜景や星空などのバルブ撮影などにも重宝します。長さ約50cmのケーブルを備えており、取り回しに優れているのも魅力です。

ペンタックス(PENTAX) 防水リモートコントロール O-RC1

小雨でも安心して使用できる、ペンタックス純正の赤外線式ワイヤレスレリーズです。生活防水に対応しています。風景撮影はもちろん、登山やキャンプなどアウトドアシーンでの撮影にもおすすめです。

3秒後にシャッターが切れる機能を搭載。また、中央のボタンでピント合わせも行えます。なお、電池の交換ができないので、その点は注意しましょう。

ソニー(SONY) リモートコマンダー RM-VPR1

ソニーのカメラを幅広くサポートする純正のケーブルレリーズです。付属のリモート端子用接続ケーブルを使うことでAマウントカメラでも使用できます。

シンプルなボタン配置なので、初めて使う方でも各機能が一目で把握できるのもポイント。撮影・録画・電動ズームなどの操作が可能です。また、レリーズボタンにはバルブ撮影に役立つロックスライダーが搭載されています。

同梱のクリップで、三脚のハンドルバーに固定できるのも魅力。レリーズ本体は三脚に取り付けた状態でも位置をスライドできます。

ソニー(SONY) リモートコマンダー RMT-P1BT

ソニー純正の電波式ワイヤレスレリーズ。無線方式にBluetoothを採用しています。360°全方向で最大約5mの通信が可能なほか、晴天下の強い太陽光や障害物があっても安定したリモート操作が可能です。

防塵・防滴・低温・高温に配慮した設計が施されており、高い耐候性を備えています。アウトドアなどの野外撮影などにもおすすめ。接続時にカメラ本体の端子カバーを開ける必要がないのも特徴です。

スイッチによる機能の切り替えに対応しているのも魅力。フォーカス機能とズーム機能を切り替えられます。レリーズタイムラグが約0.05秒と高速なのも特徴。本体上部のLEDランプで撮影状態の確認も可能です。

オーエムシステム(OM SYSTEM) リモートケーブル RM-CB2

オーエムシステム純正のケーブルレリーズです。2.5mmピンジャック式の端子を搭載。OM-DシリーズのE-M5 Mark III・E-M1 Mark II・E-M1 Mark III・E-M1Xの4機種に対応しています。

バルブロック機能を備えているのもポイント。ボタンを押し続けなくても押したままの状態を保てるので、長時間露光撮影を行う場合にもおすすめです。

使いやすさを重視したデザインも魅力。L型のプラグが採用されているため、接続時にケーブルが横方向に大きく膨らむことなくすっきりと使えます。ケーブルの長さは80cmです。

ロワ(ROWA) リモートレリーズ TC-2001

優れたコスパで人気のある高性能なケーブルレリーズです。安い価格ながらインターバルタイマーやディレイなどの充実したタイマー機能を搭載。撮影回数を無制限に設定できるので、星の動きや夜景の移り変わりなどを一晩かけて記録する場合にも重宝します。

半押しオートフォーカスに対応しているほか、ロックスライダーが付いており、三脚を使用した野鳥撮影や長時間露光に便利なのもポイント。また、点灯が可能な表示パネルも搭載しているため、暗いシーンでも快適に設定の変更が行えます。

対応機種の多さも魅力。複数メーカーのカメラを併用している方にもおすすめです。

エツミ(ETSUMI) ねじ込み式ケーブルレリーズ JJC-TCR-40BK

レトロなデザインを採用したケーブルレリーズ。クラシカルなカメラに合う、おしゃれなレリーズを探している方におすすめです。

使用の際は、先端をカメラのシャッターボタンにねじ込んで固定するのが特徴。シャッターボタンにレリーズ用のねじ穴を備えたカメラに対応しています。

長時間露光用のバルブロック機能を搭載しているのもポイント。ケーブルの長さは約40cmとコンパクトで、取り回しにも優れています。

ニノライト(NinoLite) カメラ用リモコン TX-10

手軽にリモート撮影が楽しめる電波式ワイヤレスレリーズです。通信可能距離は最大約5mで、機能も即時レリーズのみとシンプルですが、安い価格で入手できるのが魅力。ワイヤレスレリーズを初めて購入するカメラ初心者の方にもおすすめです。

複数メーカーの豊富なカメラをサポートしているのもポイント。また、全長約6cmとコンパクトなので、持ち運びや取り回しに優れているのも特徴です。電源にはリチウムボタン電池を採用しています。

レリーズのAmazonランキングをチェック

レリーズのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。