スープジャーは、外出先でも汁物やおかゆなどの温かい食べ物を楽しめる便利な製品です。保温だけでなく保冷もできる製品を選べば、お弁当のバリエーションも広がります。しかし、多くのメーカーが似たようなデザインの製品を出しているため、どれを選べばよいかわかりにくいもの。

そこで今回は、おすすめのスープジャーをご紹介します。さらに、選び方のポイントについても解説するので、あわせてチェックしてみてください。

スープジャーの選び方

保温機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

スープジャーの多くには「保温効力」という数値が記載されています。保温効力とは、室温20℃前後の部屋でスープジャーに熱湯を入れて蓋をして、一定時間放置したあとのお湯の温度のことです。

一方、冷たさをキープする力は「保冷効力」と呼ばれます。スープジャーを選ぶときは、保温効力が60℃程度、保冷効力が20℃未満の製品を選びましょう。保温効力が60℃程度あれば、ランチタイムにスープを口にしたときも十分な温かさを感じられるのでおすすめです。そして、保冷効力が20℃未満であれば冷たさをキープでき、さらに雑菌の繁殖を抑えられます。

容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

スープジャーの容量は、製品によってさまざまです。基本的にどの製品も、入れる量が少ないと冷めやすくなってしまうので、中身はたっぷりと入れるのが長持ちのコツ。そのため、スープジャーの容量は食べる量に合わせて選びましょう。

お弁当のほかに少しだけ汁物を楽しみたい場合は、300ml以下の小さいスープジャーがおすすめ。また、400ml程度の容量があれば、1品としてカウントできるくらいの汁物を楽しめます。

汁物をメインで飲みたい場合や、パスタやリゾットなど主食を兼ねる料理を持っていく場合には、400mlを超える容量のスープジャーがおすすめです。容量が大きくなるとその分スープジャーのサイズや重さも増えていくため、持ち運びを考えつつ最適な量を選びましょう。

手入れのしやすさもチェック

By: amazon.co.jp

スープジャーがほかの容器に比べて保温・保冷力に優れている秘密は、その密閉構造にあります。パッキンがついていたり蓋が二重になっていたりするので、ただのタッパーと比べると部品が多いのが特徴です。

部品は少ない方が手入れの手間がかからないですが、高性能なスープジャーは部品が多い傾向にあるので、部品の数よりも構造をチェックするのがおすすめです。特に広口設計の製品は中まで手が届きやすいため、手入れもしやすくなります。

ちなみに、スープジャーは部品も多く、食洗器での丸洗いには対応していない製品がほとんどです。いずれの製品にしても、多少の手間がかかることは覚悟しておきましょう。

スープジャーのおすすめメーカー

サーモス(THERMOS)

By: amazon.co.jp

ステンレス製の魔法瓶や真空保温調理器などで有名なサーモス。世界各国に関連会社があり、日本だけでなく世界の国々で人気を集めています。

独自の保温技術を活かし、保温力・保冷力に優れたスープジャーを多数販売しているのが特徴です。また、カラーバリエーションが豊富な商品展開で、シンプルになりすぎずランチタイムを彩ってくれます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

2018年に創業100周年を迎えた象印マホービン。真空断熱技術をいち早く取り入れて商品開発を行ない、さまざまな調理家電やリビング商品、生活家電を販売しています。保温・保冷力に優れていることに加え、電子レンジに対応するなど使いやすさにこだわった商品を販売しているのが特徴です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

魔法瓶や炊飯器、家庭用電化製品などを製造・販売しているタイガー魔法瓶。ガラス製魔法瓶の製造から始まり、真空断熱技術を強化しながら便利な製品を作り続けています。

サイズ展開豊富なスープジャーを販売しているのが特徴で、自身に合った製品を見つけ出せるのが魅力です。持ち運びやすく食べやすいよう形に工夫を施しているのもポイントで、毎日のランチタイムを快適にしてくれます。

スープジャーのおすすめ

サーモス(THERMOS) 真空断熱スープジャー 500ml JBM-502

サーモス(THERMOS) 真空断熱スープジャー 500ml JBM-502

容量500mlのスープジャー。汁物を多めに持っていきたい方や、パスタやリゾットなどをお弁当に持っていきたい方におすすめです。保温効力は61℃以上、保冷効力は12℃以下で、オールシーズン活用できます。

スープジャーのなかでも、特に保温力に優れた製品としておすすめです。外側と内側に2種類の蓋を採用することで、真空断熱構造を保ちつつ開けやすいのもポイント。蓋は食洗機に対応しているので、手軽にお手入れできます。広口設計で汁物も食べやすく、洗いやすいのも魅力です。

サーモス(THERMOS) 真空断熱スープジャー 400ml JBQ-401

サーモス(THERMOS) 真空断熱スープジャー 400ml JBQ-401

400mlのスープジャー。豚汁など、十分な量の汁物を持っていきたいときにおすすめです。真空断熱構造を採用しているため、保温効力は58℃以上、保冷効力は11℃以下と優秀。

上蓋・下蓋・内蓋の3種類を備えており、密閉性が高く持ち運びに便利なのもおすすめポイント。下蓋をきつく閉めすぎて開かないときも、上蓋を押しながら回すことで簡単に開けられます。3種類の蓋はバラバラに分かれるため、細かい部分まで綺麗に洗えるのもメリットです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 350ml SW-EE35

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 350ml SW-EE35

容量350mlのスープジャー。ランチタイムにちょっとした汁物を楽しみたい方や、大きすぎないスープジャーを探している方におすすめのサイズです。保温効力は57℃以上、保冷効力は12℃以下と、大きなスープジャーに負けないくらい優れた保温性能を備えています。

使いやすさにこだわり、細部に工夫が施されているのがおすすめポイント。製品内部にはクリアステンレスが採用されているので、汚れがつきにくく洗いやすいのがメリットです。いつでも清潔に保てるので、長く快適に使えます。手入れのしやすさと持ち歩きやすさを重視したい方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 550ml SW-HC55

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 550ml SW-HC55

550mlという大容量のスープジャー。汁物をお弁当のメインにしたい方や、パスタ、リゾット、おかゆなど主食メニューを入れて持ち運びたい方におすすめのサイズです。保温効力は67℃以上、保冷効力は9℃以下で、保温力が高いのが特徴。年中安心して美味しいランチを楽しめます。

飲み口には樹脂製のカバーを採用しているため、やわらかい口当たりなのもおすすめポイント。広口設計で料理が入れやすく、食べやすいというメリットもあります。パーツが分解できるので、細かい部分まで洗えて、清潔さを保ちやすいのも魅力です。

タイガー魔法瓶(TIGER) ステンレスカップ スープカップ 380ml MCL-B038

タイガー魔法瓶(TIGER) ステンレスカップ スープカップ 380ml MCL-B038

容量380mlのスープジャー。大きすぎず小さすぎない丁度よいサイズです。ランチに少し汁物を楽しみたい方や、持ち運ぶとき邪魔にならないスープジャーを探している方におすすめです。広口設計なので料理を入れやすく、食べやすいのが特徴。さらに、底が丸くなっているため、具をすくいやすいのも嬉しいポイントです。

また、スープジャーの内面にはスーパークリーン加工を施しています。汚れやにおいがつきにくいため、長く快適に使い続けられるのが魅力。カレーなどにおいが強いメニューを持ち運ぶときにも活躍します。

イエロースタジオ(yellow studio) 保温ランチジャー 280ml

イエロースタジオ(yellow studio) 保温ランチジャー 280ml

容量280mlのコンパクトなスープジャー。ランチに少量の汁物をプラスして、お弁当のバリエーションを楽しみたい方におすすめです。小さめサイズなので持ち運びも手軽にできます。保温効力は50℃以上、保冷効力は10℃以下です。

口が広いため料理を入れやすく、洗うときにスポンジが入りやすいのもおすすめポイント。ストレスフリーで使えて、清潔さを保てます。液漏れを防止するためにパッキンがついており、密閉性が高いのも特徴。パッキンは蓋から外せるので、簡単にお手入れできます。

スケーター(SKATER) 保温ランチジャー マルシェ 300ml

スケーター(SKATER) 保温ランチジャー マルシェ 300ml

容量300mlのスープジャー。ランチに1品汁物を追加したいときに活躍します。保温効力は56℃以上、保冷効力は10℃以下で、冬でも夏でも料理の温度を保ったまま持ち運べるのが特徴です。おしゃれなロゴが入っていて、デザイン性も高いのが魅力。持ち物に気を使う方にもおすすめのスープジャーです。

シンプルな構造で蓋の部分以外に凹凸がないため、汚れが溜まりにくく洗いやすいのがポイント。蓋はパッキン付きで、スープを入れても液漏れせず快適に使えるのもメリットです。

グローバルアロー(Global Arrow) 保温ランチジャー ロッコ 380ml

グローバルアロー(Global Arrow) 保温ランチジャー ロッコ 380ml

容量380mlのスープジャー。大きすぎず小さすぎないサイズで、毎日のランチタイムに汁物を追加できます。保温効力は60℃以上、保冷効力は9℃以下と、優秀な保温性能を備えているのが特徴。持ち運びの邪魔にならない程度のサイズで、年中使えるスープジャーを探している方におすすめです。

コーヒーショップで販売されているタンブラーのような、シンプルながらおしゃれなデザインも魅力のひとつ。性別や年齢を問わずに使えるデザインで、毎日のランチタイムに彩りを加えてくれるスープジャーです。蓋にグリップが付いているため、きつく閉めてもスムーズに開閉できるというメリットもあります。

シービージャパン(CB JAPAN) midi フードジャー350 4573306-862222

シービージャパン(CB JAPAN) midi フードジャー350 4573306-862222

容量350mlのスープジャー。400mlでは少し多いと感じる方や、かさばらないサイズのスープジャーがほしい方におすすめです。保温効力は56℃以上、保冷効力は12℃以下で、飲み頃の温度を保ってくれます。

スープジャーの内側に、高耐久性のフッ素加工を施しているのも特徴です。においや汚れがつきにくく、衛生的に使えます。カレーなど色移りが気になる料理も持ち運べるので、お弁当のレパートリーが広がるのも嬉しいポイント。コンパクトでも優秀な機能を持つおすすめスープジャーです。

ドウシシャ(DOSHISHA) mosh! フードポット 300ml DMFP300

ドウシシャ(DOSHISHA) mosh! フードポット 300ml DMFP300

容量300mlのスープジャー。ジャム容器のようなコロンとしたおしゃれデザインが特徴です。コンパクトなサイズで、お弁当に汁物を1品加えたいと思ったときもかさばらないのが嬉しいポイント。保温効力58℃以上、保冷効力13℃以下と年中安心して使える実力を備えています。

広口設計で、大きな具材が入った料理でも問題なく入れられるのがポイント。ゴロゴロ野菜のポトフや大きめ具材のサラダも快適に持ち運べます。蓋やパッキンを取り外すことで、細部まで綺麗に洗えるのも魅力です。

アスベル(ASVEL) スープジャー HLB-SR500

アスベル(ASVEL) スープジャー HLB-SR500

500mlの大容量スープジャーです。汁物をお弁当のメインにしたい方や、パスタ・リゾットといった主食メニューを持ち運びたい方におすすめ。保温効力は59℃、保冷効力は10℃以下なので、保温性能も優秀なモデルです。

飲み口が広く、中身がすくいやすいのもポイント。細かく切った具材が底に残ってしまうという事態も避けられます。スポンジも奥まで入りやすいため、毎日のお手入れが面倒になりません。手軽に清潔さを保てるおすすめスープジャーです。