和食に欠かせないメニューのお味噌汁は、毎日食卓にあがる家庭も多く、日本人にとってなじみ深い料理の1つでもあります。身近にある味噌汁ですが、実は安定した味を維持するのは難しく、特に味噌の量の調節には手間がかかりがちです。

そこでおすすめなのが、安定した味噌汁の味を作りやすい「味噌マドラー」。本記事では、味噌汁の調理がしやすくなる、おすすめの味噌マドラーを紹介します。

味噌マドラーとは?

By: amazon.co.jp

味噌マドラーとは、決まった分量の味噌を計量できるアイテムです。主に1人前の味噌を作るのに必要な大さじ1程度の味噌を、簡単にすくえるのがポイント。味噌ケースに差し込んで、回転させるだけでマドラー部分に自動的に適切な量の味噌が計量できます。

計量した後は、そのまま鍋に入れて溶かせるため、マドラーとして使えるのも魅力。製品によっては一度に大さじ2程度の味噌をすくえるモノもあり、一度に多くの味噌汁を作る方は大きめサイズがおすすめです。味噌汁の味が安定するので、1本常備しておくと味噌汁を作る際の手間が減らせます。

味噌マドラーのおすすめ

オークス レイエ 計量みそマドラー TM1366

1本に大小2つのマドラーが付属

1本の味噌マドラーに大小2つのマドラーが付属している味噌マドラーです。大の方は大さじ2、小の方は大さじ1の計量ができて、1人前~2人前の味噌汁が手軽に作れます。味噌を計量した後は、そのまま味噌溶きとして使用できるため、料理の時短にもつながります。

先端と柄の接続部分をナイロン製の中栓で密封しているので、洗った後に水気がたまらず衛生的に使用しやすいのが魅力。本体サイズは、約全長20×最大外径4cmでコンパクトなのも特徴です。ドレッシング作りなどにも使える便利な味噌マドラーをチェックしてみてください。

ナガオ(Nagao) 燕三条 味噌とりマドラー 1人用 16cm

ステンレス製のコンパクトな味噌マドラー

日本国内のカトラリー製造において90%以上のシェアを有する、新潟県燕市にあるナガオが製造する味噌マドラーです。本体サイズは全長16×球形3.5cmのコンパクトサイズ。1回に約28gの味噌が計量できます。

サビに強いといわれる18-8ステンレスを採用しているのが特徴。味噌の容器に入れた後は、くるっと回転するだけで決まった分量が計量できます。味噌をすくった後は、そのまま味噌溶きとして使用可能です。

ナガオ(Nagao) ワイワイキッチン みそすくい WY-43

立てて収納できるスタンド付き

かわいいイラストが描かれた味噌マドラーです。シンプルなデザインながらも、見た目のかわいさにこだわっているのがポイント。木製の台座部分はスタンドタイプになっており、使わないときは立てて収納することも可能です。

一度に計量できる量は25~30gで味噌汁約2〜3杯程度の味噌が軽量できます。スマイル顔のデザインがキッチンを楽しく彩ってくれます。かわいいキッチンアイテムを揃えたい方におすすめです。

下村企販 味噌が量れるマドラー 34865

燕三条地域で1874年に創業した老舗ブランド下村企販が製造する味噌マドラーです。1回で味噌汁2杯分の味噌を軽量できるのがポイント。一定量が常にすくえるので、いつでも同じ味に保ちやすいのが魅力です。

丈夫で色移りやニオイ移りが少ない18-8ステンレスを採用しているのもポイント。衛生的に使えます。本体サイズは全長16.5×外径4cmで引き出しなどにも収納しやすいコンパクトなサイズです。簡単に使える味噌マドラーをチェックしてみてください。

スケーター(Skater) 立つ味噌計量マドラー MADM1

調理途中にさっと置いておける、立つ味噌マドラーです。味噌に差し込んでくるっとまわすだけで、ちょうどいい分量の味噌が計量できるのがポイント。1杯あたり約15gの計量が可能で、目盛に合わせて最大3杯分までの味噌が一度に計量できます。家族分の味噌汁を一度に作りたい方にもおすすめです。

ポリプロピレン素材を採用しており、耐熱温度は140℃。本体サイズは全長21.3×外径4.6cmです。立ててコンパクトに収納できます。必要な量をとった後はそのまま味噌溶きとしても使用できる、おすすめの味噌マドラーです。

サンクラフト みそ汁上手 KJ-150

必要な分だけ味噌が手軽に取り出せる味噌マドラーです。付属の赤いレバーで味噌の分量を細かく設定できるのがポイント。大さじとグラム両方の目盛があるため、自分が見やすい目盛に合わせて細かく味噌の量を調節できます。

素材は、ステンレススチールを採用。味噌に差し込んだ後は、上に引っ張り上げるだけで決めた分量の味噌がとれます。人数に合わせて調節できる味噌マドラーを探している方におすすめです。