お米を保存する容器として使われている「米びつ」。ライスストッカーと呼ばれることもあり、さまざまな容量や素材のモノが販売されています。実際に購入しようとすると以外と種類が多く、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの米びつをご紹介。使用するメリットや製品の選び方なども詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

米びつを使うメリット

By: amazon.co.jp

お米は生鮮食品なので、鮮度を保つためには適切に保管する必要があります。米びつはお米の保存に適した機能を備えているため、お米の美味しさを損なわないのがメリットです。

お米は空気に触れると乾燥し、ひび割れるのが懸念点。酸化が進み、美味しさが損なわれることがあります。また、お米は高温多湿の場所で保管すると劣化してしまうのが特徴です。市販の米袋には無数の小さな穴が空いているので、袋に入れたまま保管すると乾燥や湿度による劣化を招きます。

米袋から密閉性の高い米びつに入れ替えることで、乾燥や湿度からお米を守ることが可能。さらに、米びつはキャスター付きや自動計量機能付きといった利便性の高いモノや、デザイン性の高いモノなど、種類が豊富なのもメリットです。

米びつの選び方

米びつの容量をチェック

By: amazon.co.jp

お米の消費量は、家庭によって大きく異なるもの。お米をたくさん食べる方とあまり食べない方では、消費量も変わってきます。米びつを購入する際は、家族の人数とお米の消費量をもとに、適切な容量を確認することが重要です。

日本では、1カ月で1人あたり4〜5kg程度のお米を消費するといわれています。そのため、一人暮らしの方は5kgの米びつを選び、1カ月ほどで中身が空になったら掃除して新しいお米を入れるのがおすすめです。単純計算をすると、二人暮らしの方は容量10kg、4人家族であれば容量20kgの米びつが必要になります。

ただし、食べ盛りの子供が複数人いるなど、お米の消費量が多い家庭であれば、より大きいサイズの米びつを購入しましょう。容量が大きいとその分保管するスペースも必要になるので、置き場所を考慮して選んでみてください。

米びつの素材をチェック

プラスチック

By: amazon.co.jp

現在米びつに採用される一般的な素材は、プラスチックです。軽くて手入れや持ち運びが容易にできるほか、透明でお米の残量がひと目で分かるメリットがあります。

適度に丈夫で壊れる心配も少なく、実用性を重視して目盛りを記載した米びつも多いため、使い勝手のよさを重視したい方におすすめです。

ガラス

By: amazon.co.jp

透明のガラスでできた米びつは、密閉性の高さが特徴です。湿気が多いシンク下などに置いても、中のお米に影響を与えにくいのが魅力。中身が見やすくお米の残量を確認しやすいことや、掃除の際に丸洗いできるメリットもあります。

ただし、ずっしりと重く壊れやすいので、慎重に持ち運ぶようにしましょう。キッチンなど、目に見える場所に米びつを置きたい方におすすめです。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーロー製の米びつは、傷や汚れに強く、ニオイが付きにくいメリットがあります。一度お米にニオイが付いてしまうと取り除きにくいので、お米をニオイから守れるのは大きな魅力です。

また、遮光性や密閉性に優れているため、日当たりのよい場所に置きやすいのもポイント。陶器のような、おしゃれなデザインの製品も多く、キッチンに置いて華やかさを出したい方におすすめです。

By: amazon.co.jp

桐は古くから日本の生活に関わってきた木材です。湿度を調節する機能があるため、冷蔵庫が存在しなかった時代からお米の保存容器に使用されてきました。日本の環境に適した素材として、現在も米びつに使われています。

湿度を一定に保つだけでなく、防虫効果も期待できるので、安心してお米を入れられるのが特徴です。プラスチックと比べると重く掃除しにくいのは難点ですが、見た目にも高級感があるため、目に付く場所にも気軽に置いておけます。

密閉性をチェック

By: amazon.co.jp

お米をおいしく保存するためにもチェックしておきたいのが密閉性。お米は空気や湿度の影響を受けやすいため、できるだけ劣化を防ぐためにもパッキンがついているモノやフタがしっかり閉まるモノを選びましょう。

米びつのなかには、冷蔵庫に収納できる製品もあります。冷蔵庫は温度・湿度が安定し、虫害の心配が少ないため、お米の鮮度を保つのには適した場所。お米をおいしく保存したい方は検討してみてください。

ドアポケットに入れられるスリムな米びつなら、省スペースでお米を保存できるので、冷蔵庫が小さい方にもおすすめです。

機能をチェック

By: amazon.co.jp

米びつはただお米を入れておくだけのモノとは限りません。使いやすい機能を備え、生活の利便性を高めるモノもラインナップされています。例えば、ボタンを押すと出したい量のお米が出てくる自動計量機能を備えた米びつであれば、計量の手間がかからず便利です。

また、米びつの下部にキャスターが付いている製品であれば、大容量でも簡単に運べます。ほかにも、スリムで冷蔵庫に入れられるモノや目盛り付きで残量が分かりやすいモノなど、米びつの機能は豊富なので、より便利に使いたい方はチェックしてみてください。

米びつのおすすめモデル|〜5kg

パール金属(PEARL METAL) ハンディライスストッカ一 AZ-5043

コンパクトに置けるスリムなデザインが魅力の米びつ。冷蔵庫のドアポケットに収納できるほか、縦置きにも横置きにも対応しているので、冷蔵庫が小さい方にもおすすめの製品です。2.4kgのお米を保存できるため、1人暮らしの方にぴったり。

本体には軽く割れにくいポリプロピレンを採用。目盛りがついているうえ、透明なので残量がひと目で把握できるのが魅力です。パッキンつきで密閉性にも優れており、お米が湿気や空気の影響を受けにくいのもポイント。サイドにくぼみのある設計でお米がたくさん入っていても持ちやすく、スムーズに計量できます。なお、フタは計量カップとして使用可能。

カラーはブラックとホワイトの2色から、好みに合わせて選べます。冷蔵庫に収納できるスリムなアイテムを探している方は、チェックしてみてください。

山崎実業(Yamazaki) タワー ライスストッカー 3761

内部に仕切り板がついているため、上からお米を注ぐだけで1合ずつに分けられる便利な米びつ。使用するときには、出したい分だけキャップをスライドさせて傾けるだけでよいので、計量する手間が省けます。

約1.8kgのお米を保存できるため、一人暮らしの方やお米を少量ずつ買う方におすすめ。厚みが8.5cmほどのスリム設計なので、冷蔵庫のドアポケットにも入れやすく、庫内のスペースを有効活用したい方にも適しています。 

素材は軽く扱いやすいPS樹脂製。パーツはすべて分解して洗えるため、衛生的に使用できます。カラーはスタイリッシュなブラックと、清潔感のあるホワイトの2色展開です。

パール金属(PEARL METAL) 米びつ HB-3435

5kgのお米を袋ごと保存できる米びつ。袋から移し替える必要がないので手間が少なく、移し替えの際にこぼしてしまう心配がありません。開口部が大きいため袋が入れやすく、計量もスムーズ。無洗米も計れる計量カップつきで、すぐに使い始められるのも嬉しいポイントです。サイドには持ち手がついているため、移動も楽にできます。

お手入れしやすく、インテリアにもなじむシンプルな形状もポイント。カラーはネイビーやブラウン、ホワイトなどの落ち着いた色のほか、オレンジやレッドのようなアクセントカラーもラインナップされています。

アーネスト 米びつ 米スターの米ポット A75297

サイドに1合分のポケットがついており、傾けるだけで計量できる便利な米びつ。計量カップを使う必要がなく、スピーディに計量できるので忙しい方にもおすすめの製品です。

2kgのお米を保存可能。冷蔵庫のドアポケットや野菜室にも入れやすい、スリムな形状が魅力です。また、空きスペースに合わせて縦置きにも横置きにもできるため、庫内のスペースを有効活用できます。

素材は軽く扱いやすいAS樹脂製。フタは簡単に外せるので中のお手入れがしやすく、清潔に使用できます。透明で残量が把握しやすく、使い勝手のよい米びつです。

イノマタ化学 米びつ革命 5kg

内部に小さなスライドポケットがついている米びつ。お米を入れ替える際に、少し残ったお米をスライドポケットに入れておけば、新しいお米と古いお米が混ざることなく保存できるのが特徴です。

スライドポケットは奥に移動できるので、お米を取り出す際に引っかかる心配もありません。また、防虫剤や雑穀などを入れておくポケットとして使用するなど、アイデア次第でさまざまな使い方ができます。

本体には5kg、スライドポケットには5合のお米を保存可能。フタは大きく開くのでお米を取り出したり、移し替えたりするのもスムーズです。後部には楽に移動できるキャスターがついています。

素材は軽量で丈夫なポリプロピレン製。透明なので残量が把握しやすいのもポイントです。付属の計量カップはカマボコ型になっており、お米が少なくなってもすくいやすいよう工夫されています。

リッチェル トトノ 米びつ

システムキッチンの引き出しにぴったり収まる米びつ。キッチンのほか、冷蔵庫での保管にも適しています。フタが大きく開くため、お米の計量や移し替えがスムーズにできるのが魅力です。

上部にすり切り棒がついており、スコップですくったお米を片手ですり切れるため効率よく計量できるのが本製品の特徴。すり切り棒の上にスコップを置いておけるので、スコップがお米に埋もれてしまう心配もありません。

付属の計量スコップは、底に残ったわずかなお米もすくいやすいよう、先が斜めになっています。また、スコップにアダプターを付ければ無洗米にも対応可能。

本体の素材は軽くお手入れしやすいプラスチックを採用しています。開口部にはパッキンがついており、密閉性にも優れているため、安心して使用できる米びつです。

富士商 Felio 計れるキャップ付 ライスキープボトル

シンプルなデザインがおしゃれな米びつ。本体はガラス製のため、ニオイ移りが気になりにくく、お手入れしやすいのが魅力です。

お米は1kg保存可能。お米がたくさん入っていても持ちやすいよう、中央あたりにくぼみを採用しているのがポイントです。なお、キャップは計量カップとしても使用できます。

直径9cmとスリムなので冷蔵庫のドアポケットにも入れやすく、一人暮らしの方にもおすすめ。フタにはシリコンがついており、密閉性も良好です。

米びつのおすすめモデル|5〜10kg

アスベル 計量こめびつ 7504

レバーを下げるだけで簡単にお米を計量できる便利な米びつ。内部の計量器にアダプターを取り付ければ無洗米にも対応できるため、お米の種類を問わず使用できるのが魅力です。

素材は軽くて扱いやすく、サビの心配がないプラスチック製。パーツは分解可能で、汚れたら気軽に丸洗いできるので清潔に使用できます。目盛り付きの透明容器で、残量が把握しやすいのもポイント。

約6kgのお米を保存可能。底にはキャスターがついているため、お米がたくさん入っていてもスムーズに移動できます。すっきりとしたシンプルなデザインもおしゃれ。

カラーはブラウン・ホワイト・レッドの3色をラインナップしています。キッチンになじませたいならブラウンやホワイト、アクセントにしたいならレッドがおすすめです。

エムケー精工 米びつ スリムエース RC-06S

幅わずか10cmのスリムな米びつ。ちょっとしたすき間に置けるので、キッチンが狭い方や、デッドスペースを有効活用したい方におすすめの製品です。

レバーを押すと1合分のお米が出てくる仕組みで、計量がスムーズにできるのが特徴。スリムながらも6kgのお米を保存できます。下部には引き出し式の米受けつきで、お釜にお米を入れるのも簡単。米受けは先がとがっており、お米を移し替える際にこぼれにくいよう工夫されています。

素材は丈夫で扱いやすいポリプロピレンを採用。前面と側面の一部には半透明なので、お米の補充のタイミングがわかりやすいのも魅力です。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ ラウンドストッカー WRS-24

真っ白のホーロー素材が美しい米びつです。シンプルな佇まいで、ナチュラルや北欧テイストをはじめ、どんなインテリアにもさりげなくなじみます。ホーローはニオイがつきにくく、お米を保存するのに適した素材。また、汚れがこびりつきにくいので、お手入れも簡単です。

内側には密閉性にも優れたシールフタがついているため、お米が劣化しにくいのもポイント。開口部が広いので、お米を取り出したり補充したりする際もスムーズです。お米は8kgほど保存可能。米びつとしてだけでなく、ぬか漬けなどにも使える汎用性の高い製品です。

渡辺金属工業 ライスストッカー RS10

トタン素材を使用して作られた米びつ。一見米びつとはわからないおしゃれなデザインが特徴で、目につく場所に米びつを置きたい方におすすめの製品です。

光を通さないトタン素材と密閉性に優れた二重構造のフタにより、お米が劣化しにくいのがポイント。なお、フタの内側には、防虫剤や乾燥材をしのばせておくことも可能です。

さらに、フタの裏についたフックもポイント。お米を計量する際にはバケツのふちにかけておけるため、置き場所に困りません。職人がひとつひとつ手作業で仕上げており、細かいところにまで使いやすい工夫が施されています。

水に強くサビにくいので、汚れたら気軽に丸洗いできるのもポイント。シンプルな形状で洗いやすく、いつも清潔に使用できます。お米は10kgほど保存でき、2~3人で使用したい方にぴったりの米びつです。

伊吹物産 桐米びつ

防虫・湿度調節効果が期待でき、お米の保存に適しているとされる桐を使用して作られた米びつ。洋風のキッチンにも違和感なくなじむ、ナチュラルでおしゃれなデザインが魅力です。

10kgほどのお米を保存可能。後部にはキャスター、前部には取っ手がついているため、お米をたくさん入れた状態でもスムーズに移動できます。

シンプルな形状でお手入れしやすく、いつも清潔に使用できるのもポイント。桐製の米びつを初めて使用する方におすすめのアイテムです。

米びつのおすすめモデル|10kg〜

ベルカ(Belca) 水洗いできる計量米びつ BRB-CG

気軽に水洗いできるプラスチック素材の米びつ。残量がよく見える目盛り付きの透明容器を採用しているため、補充のタイミングがつかみやすく便利です。

計量引き出しを1回引き出すと1合分のお米が出てくる仕組み。カップでお米をすくう手間がなく、効率よく計量できるので忙しい方にもおすすめです。底部のレバーを動かせば、普通米だけでなく無洗米にも対応できます。

10kgほどのお米を保存可能。底部にはキャスターがついており、たくさんのお米が入っていても楽に動かせます。

アスベル 引き出し用 米びつ

システムキッチンの引き出しにお米を保存したい方におすすめの米びつ。フタが開いた状態で自立するので、片手でお米をすくえるのが特徴です。さらに、フタが大きく開くので、お米の計量や補充がしやすいのも魅力。フタには密閉性に優れたパッキンがついているため、お米を劣化や虫害から守ります。

素材は軽くて丈夫なプラスチック製を採用。汚れてもお手入れしやすいので、清潔に使用できます。底に残ったわずかなお米も残さずすくえる、平たい計量カップもポイントです。

エムケー精工 保冷米びつ RICE COOL(ライスクール) HRC-10SR

お米を保冷保存できるのが特徴の米びつ。たくさんのお米を冷蔵庫で保存するのは難しいですが、本製品なら白米だと11kg、玄米だと10kgのお米を保冷保存できます。

お米を保冷保存すると、虫害が発生しにくくなるのがメリット。また、お米の水分量をキープしたり、ニオイを抑えたりする効果も期待できるため、お米を鮮度よく保存したい方におすすめの製品です。

ボタンを押すだけで1合分のお米が出る仕組みになっており、簡単に計量できるのもポイント。前面にはランプがついており、中のお米が少なくなったら点灯して知らせます。なお、内部のパーツは取り外して水洗い可能。

すっきりとしたスタイリッシュなデザインで、機能性に優れた製品です。

huqiqun 米びつ

コーヒーメーカーのようなスタイリッシュなデザインの米びつ。北欧やモダンテイストのキッチンにおすすめの製品です。12kgほどのお米を保存可能。前面には小窓を備えているため、残量が見えるので補充のタイミングがわかりやすく便利です。フタには湿気や虫害からお米を保護する、二重密閉リングつき。

お米をそのまま洗える軽量カップがついているのもポイントです。穴があいているため、水切りしやすくスムーズに米研ぎができます。カラーはシックなグレーと、おしゃれなブルーの2色展開。好みやインテリアに合わせて選んでみてください。

竹本木箱店 総桐天然木の計量米びつ 米蔵

天然の湿度調節機能と防虫効果により、昔からお米の保存に適しているとされる桐製の米びつ。天然木ならではの美しい木目と優しい手ざわりが楽しめるのが魅力です。

前面には引き出すだけで1合分のお米が出てくる引き手がついており、計量も簡単。上部には大きな開口部を備えているため、スムーズにお米を補充できます。

外側は凹凸の少ないシンプルなデザインで、お手入れしやすいのも魅力。天然の色合いを生かしたナチュラルな佇まいがおしゃれなアイテムです。

ぼん家具 米びつ

開閉しやすいジャバラ式のフタが特徴的な米びつ。フタは大きく開くため、スムーズにお米の計量や補充ができます。10kgほどのお米を保存可能です。

素材には、湿度調節機能や、防虫効果があるとされている桐を使用。桐は静電気が発生しにくく、内部に米ぬかなどの汚れやホコリが張りつきにくいので、清潔に使用できるのも嬉しいポイントです。

一見しただけでは米びつとわからない、おしゃれなデザインで洋風のキッチンにもおすすめ。見えるところに米びつを置きたい方はチェックしてみてください。

米びつのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

米びつのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。