大きめの氷を割る際に便利な「アイスピック」。バーにいるような気分で家飲みを楽しむのにおすすめのアイテムです。ホームパーティーで氷を割る姿は恰好よく、その場をおしゃれに盛り上げられます。1日の疲れを癒す家でのひとり飲みでも、いつもの氷にひと手間かけて楽しむお酒は格別です。

そこで今回は、アイスピックのおすすめ製品をご紹介します。あわせて種類や選び方についても解説するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

アイスピックとは?

By: amazon.co.jp

「アイスピック」とは、大きな氷を細かく割ったり氷の形を加工したりするために使うアイテム。針状のニードルに持ち手が付いているモノが一般的です。

氷では冷凍庫で作ることが可能ですが、純度の高い板氷から砕いた氷の方が、より溶けにくいというメリットがあります。大人数でのホームパーティーなどで使う際は、その場を盛り上がるアイテムとして活躍。一人で家飲みするときには本格的なバー気分を楽しめます。

アイスピックの選び方

タイプで選ぶ

ミニタイプ

By: rakuten.co.jp

刃が短いミニタイプは、初心者におすすめのアイスピックです。重心が安定し、氷との距離が近いためコントロールしやすいのがポイント。手に刺さる心配も少ないので、アイスピックを使い慣れない初心者はミニタイプから挑戦するのがおすすめです。

ノーマルタイプ

By: rakuten.co.jp

ノーマルタイプはバーや飲食店でも使われる、刃の長さが20cmほどのタイプを指します。刃が長く重心が安定しづらい反面、刃の先が円錐形で細く尖っているため、使い慣れると本格的な美しい氷を割ることができます。

ピッケルタイプ

By: amazon.co.jp

ピッケルタイプはその名の通りグリップ部分に登山に使用するピッケルが付属したアイテム。T字型の突起があるのが特徴です。

丸氷やダイヤモンドカットなど氷に細かい加工を施したい方には、ピッケルタイプのアイスピックがおすすめ。刃が四角い形をしているため氷が割りやすく、ピッケル部分でも加工することができます。

重さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

アイスピック自体の重さは氷の割りやすさに関係します。重いモノのほうが、腕の力を使わずにアイスピックの重みで氷が割れるのがポイント。初心者には扱いづらく感じますが、コツをつかむと簡単に氷が割れます。なお、初心者の方におすすめの重量は100gほどの適度な重さがあるモノです。

グリップの太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

アイスピックのグリップは太めのほうが握りやすいのでおすすめです。しっかりホールドできるので、コントロールしやすいのがポイント。ただし、手が小さい方には太いグリップでは負担がかかってしまうので、自分が持ちやすい太さのモノを選びましょう。

刃の数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

一般的なアイスピックは鋭く尖った1本刃ですが、3~6本の複数の刃を持ったモノもあります。刃の数が多いタイプは安定した使用感がポイント。素早くたくさんの氷を割りたいときや、より造形を整えたいときに便利です。

安全性の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

子供がいる家庭はアイスピックの安全面にも注目してみましょう。グリップ部分が木製のモノや溝が入っているモノは、滑りにくいので初心者にもおすすめ。専用のキャップが付属しているモノは、保管時に誤って子供がケガをするリスクを軽減できます。

アイスピックのおすすめ

貝印 アイスピック DH7142

貝印 Kai House SELECT アイスピック DH7142

高品質なキッチン用品を手掛ける貝印のアイスピック。全長13.5cmと扱いやすく、初心者にもおすすめです。

グリップ部はタモ材の天然木で造られており、手触りがよく持ちやすいのがポイント。グリップの上部には鋳鉄が使われているため、使用時には適度な重みが加わります。割った氷を布巾に包み、グリップの金属部分で砕いてクラッシュアイスを作るという使い方も便利です。

パール金属(PEARL METAL) アイスピック ミニ キッチンユースフル C-4604

パール金属 アイスピック ミニ キッチンユースフル C-4604

全長13.8cm、刃の長さが5.5cmでコントロールしやすいアイスピックです。グリップ部分は天然木を使用しているほか、溝が入っているので濡れた手でも滑りにくく安心感があります。デザイン的にもスタイリッシュでおしゃれな雰囲気です。

また、グリップが刃のほうに向かって細くなっているので、手に馴染じみ力が入りやすいのも魅力。氷の砕きたい箇所に狙いをつけやすいミニタイプなので、アイスピックを使い慣れていない方にもおすすめです。

エムテートリマツ パイロット アイスピック 1本爪 0108301

エムテートリマツ パイロット アイスピック 1本爪 0108301

全長24cmのノーマルタイプのアイスピックです。長さが長いのはもちろん、ミニタイプに比べると倍程度の重量があるので、軽い力で氷を割れます。刃がステンレス製のため錆びにくく、グリップがくびれた形状で持ちやすいのも魅力です。

重心が定まりにくく感じますが、慣れると大きな氷でも快適に効率よく割れるので便利。かち割り氷から丸氷までオールマイティーに使うアイテムとしておすすめです。

高久産業 デラックス アイスピック FAI44

高久産業 デラックス アイスピック FAI44

ヘッド部分の英字の浮き彫りがおしゃれなノーマルタイプのアイスピック。全長23.8cmと長いので、バーテンダーなどプロが使うアイスピックにように恰好よく振舞うことができます。

円錐型のグリップは、逆さまにして立てて置いても安定するので便利。グリップには溝が入っており、滑りにくく握りやすいので、不意のアクシデントの予防に役立ちます。おしゃれで安全に使えるアイスピックを探している方におすすめです。

KOTU 9 ” カバー付きアイスピック

KOTU 9 " カバー付きアイスピック

グリップと同じデザインの木製キャップが付いたおしゃれなアイスピックです。刃先を隠した状態で収納できるので、子供がいる家庭でも安心。スクリュー型のキャップなので、落とした衝撃でキャップが外れにくい仕様です。キャンプやピクニックなどアウトドアへの持ち運びにも重宝します。

また、全長は9インチ(約23cm)のロングタイプで、中級から上級者向き。スリムなフォルムがスタイリッシュで、キャップを付けて収納しているときにも洗練された雰囲気が味わえます。

山忠 アイスピッケル ミニ

山忠 アイスピッケル ミニ

ピッケルタイプのアイスピック。本製品は全長17.5cmと小ぶりなので初心者でも使いやすいほか、ピッケル部分の重みがかかるので、安定して簡単に氷が割れます。

当然ピッケル部分で氷を割ることも可能。水筒に氷を入れる際に氷の角を削ったり、かち割り氷を作ったりするときに便利です。グリップが円形のモノと違い、テーブルに置いても転がらないのがポイント。扱いやすく用途も幅広いため、初心者から上級者までおすすめの製品です。

和平フレイズ 味道 ガード付きアイスピック 小 AD-247

和平フレイズ 味道 ガード付きアイスピック 小 AD-247

味道シリーズは、プロをターゲットにした同社の業務用品シリーズ。使い勝手のよい製品なので、家庭でも重宝します。タイプとしては刃先がバネ式のガードで覆われたミニタイプのアイスピック。刃を氷に打ち付けたときに、ガードがバネ式で引っ込む仕組みとなっています。

使うときだけ刃先が出るようになっているので、初心者でも安全に使用できるのもポイント。また、収納時も周りのキッチン用品を傷つけることなく安全にしまえるのも魅力です。なお、ラインナップとしてはやや長めのミドルサイズもラインナップされているので、気になる方は併せてチェックしておきましょう。

高久産業 デラックス 3本刃アイスピック

高久産業 デラックス 3本刃アイスピック

安定した使用感が魅力の3本刃のアイスピックです。短い刃でコントロールしやすく、クラッシュアイスなど大胆な割り方から、丸氷のような細かい作業までオールマイティーに使えます。

グリップ部分にくびれがあるので、手にフィットして握りやすく、初心者でも使いやすい安定感がポイント。丸氷作りに挑戦してみたい方にも向いています。また、リーズナブルな価格帯も魅力。コスパ良好のおすすめアイテムです。

アズワン ダイヤ 6本爪 アイスピック 3147510

アズワン ダイヤ 6本爪 アイスピック 3147510

アイスピックを使い慣れている方におすすめの6本刃が付いたアイスピックです。大きな氷をガリガリ砕いたり、繊細な氷細工をしたりしたい方におすすめ。ステンレス製で錆びにくく、耐久性があるので長く愛用できるのも魅力です。

また、グリップのヘッドに付いたおもりに重量があり、全体の重さは約280gと程よい重量。力をあまり入れずに氷が割れるので、たくさんの氷を砕きたいときにも手の疲れを最小限に抑えることができます。効率よく大量の氷を割りたい方や、細かい作業をしたい方におすすめです。