自宅で飲むお酒を、バーにいるかのようなおしゃれな気分で楽しめるアイテム「アイスピック」。幅広い種類の製品が展開されているため、それぞれの特徴をチェックして自分が使いやすいタイプを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、アイスピックの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴なども解説するので、ぜひ自分に合ったアイスピックを選ぶための参考にしてみてください。

アイスピックとは?

By: amazon.co.jp

先端が鋭く尖った形状で、氷に突き刺すようにしてクラッシュさせ、さまざまな形にできる調理器具がアイスピックです。板に穴をあける場合などに使う工具のキリに似たデザインが特徴。主にカクテル・ハイボール・オンザロックなどに使う氷を成形するために使用します。

細かく砕いたり丸い形状にしたりした氷を使うことで、製氷機や市販されている氷とは違った、おしゃれな雰囲気を楽しめるのが魅力。自宅で味わうお酒の楽しみ方の幅を広げるのにおすすめのアイテムです。

アイスピックの選び方

タイプで選ぶ

ノーマルタイプ

By: amazon.co.jp

ノーマルタイプは、多くのバーテンダーなどにも使われている汎用的なアイスピック。刃が長く重さがあるため、初心者の方は慣れるまで扱いにくい面もあります。

しかし、重さによって軽い力でも氷をスムーズに砕きやすいのが特徴です。また、操作のコツを掴めば、氷を美しく成形しやすいのも魅力。なお、ノーマルタイプのアイスピックは、20cm以上ある長さの刃を備えたモノを指します。

ミニタイプ

By: amazon.co.jp

コンパクトな設計で取り扱いしやすく、初心者の方にもおすすめのミニタイプ。短い刃で持ち手から先端までの距離も短く、重心の安定感を高めます。そのため、操作がしやすくスムーズかつ正確に氷を削りやすいのが特徴です。

また、コントロールがしやすいので、操作を誤って手に突き刺してしまうなどのリスクを抑えやすいのもポイント。初心者の方がアイスピックの操作に慣れるまでの使用にも適しています。

ピッケルタイプ

By: amazon.co.jp

登山やクライミングで用いるツルハシのような形状が特徴のピッケルタイプ。四角形状で鋭い刃を備えており、そのうえ重さもあるため硬い氷でもスムーズに削りやすく、作業効率を高めます。細かい作業もしやすく、ダイヤモンドカットに丸氷のような難しい加工を施しやすいのも魅力です。

ただし、刃が鋭い分、誤操作による怪我のリスクも高くなるので注意が必要。そのため、アイスピックの取り扱いに慣れた方や上級者の方が使用するのにおすすめのタイプです。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

アイスピックは軽いほうが扱いやすいものの、氷を割るのに強い力を要します。その反面、重さのあるアイスピックは、比較的軽い力でも重量を利用してスムーズに氷を割りやすいのが特徴です。

ただし、重すぎるタイプでは、とくに初心者の方には扱いにくいケースもあるので注意しましょう。そのため、アイスピックは重さをチェックして、使いやすさと氷の割りやすさのバランスを考慮して選ぶのがポイントです。

グリップの太さや握りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

アイスピックは、グリップの太さや握りやすさをチェックして選ぶのもポイント。握りにくいグリップのアイスピックでは扱いにくく、使用中に操作を誤ったり落としたりして怪我をする危険もあるので注意が必要です。

握りやすさをチェックするうえで重要なポイントはグリップの太さ。グリップが太めのアイスピックは握りやすく、ホールド力を高めます。そのため、安定感に優れアイスピックをコントロールしやすく、操作ミスなどによる危険を防ぎやすいのが特徴です。

刃の数で選ぶ

一本刃タイプ

By: amazon.co.jp

スタンダートな一本刃タイプ。アイスピックのなかでも多く展開されているタイプです。基本的には、アイスピックの扱いに慣れている方であれば丸氷やクラッシュアイスなどを作る作業まで対応できます。

備わっている刃が一本だけなので、大きな氷や大量の氷を成形するのには手間がかかりやすいものの、自宅で一人分のお酒を手軽に楽しむ分には十分な性能です。また、一本の刃で狙いを定めやすくコントロールもしやすいので、初心者の方が使うのにも適しています。

三本刃などの複数タイプ

By: amazon.co.jp

製品によっては三本刃などの複数の刃が搭載されているタイプもラインナップ。複数の刃により、細かく氷を成形しやすいのが特徴です。凹凸のない滑らかな表面の丸氷などを作るのにも適しています。

また、大量の氷をスムーズに処理しやすく、作業効率を高めやすいのもポイント。より繊細に成形したい方やクラッシュアイスなどを効率よく作りたい場合におすすめのタイプです。

安全性の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

快適にお酒を楽しむため、安全性の高さをチェックして選ぶのも重要。子供がいる家庭などで保管する場合には、刃をカバーするキャップが付いている製品がおすすめです。もし、子供が誤って触った場合にも怪我を防ぎやすく、保管時の安全性向上に繋がります。

また、使用時の安全性にも配慮しましょう。グリップは太さだけではなく、フィット感や滑りにくさをチェックするのもポイント。膨らみやくびれがある形状のグリップは、手にフィットしやすく安定感を高めます。さらに、木製グリップは滑りを抑え操作ミスを防ぎやすいのが特徴です。

アイスピックのおすすめ

高久産業 パイロット ミニアイスピック FAI54

全長が13.5cmとコンパクトなミニタイプのアイスピック。重量も92gと非常に軽量なので、取り扱いやすいのが特徴です。グリップから刃先までの距離が近いため、氷を削る際の操作性に優れています。

また、グリップの素材には手に馴染みやすい天然木を採用。くびれが設けられ、グリップエンドに向けて膨らみのある形状で手にフィットしやすく、コントロールの安定感を高めます。そのうえ、価格が安いのも魅力。手軽で使いやすい、初心者の方にもおすすめのアイスピックです。

和平フレイズ アイスピック GC-235

品質やデザイン性の高い調理器具などの豊富なキッチン用品を取り扱うメーカー「和平フレイズ」が展開するアイスピック。グリップから刃先までの距離が近く、安定して操作がしやすいミニタイプのアイスピックです。

素材に天然木を採用したグリップが特徴。くびれが設けられているため手へのフィット感に優れています。コントロールがしやすく、安全性の高さにおいてもおすすめのアイスピックです。

パール金属(PEARL METAL) ENJOY KITCHEN アイスピック ミニ C-4717

太めで握りやすいグリップを搭載したアイスピック。しっかりと手にホールドしやすく、安定したコントロールをサポートします。素材に天然木を採用しているため、操作中に滑りにくいのも特徴です。

また、全長約14cmとコンパクトなミニタイプながら、約171gの重さがあるため、比較的軽い力でもスムーズに氷を割りやすい点もメリット。さらに、太く強度の高いクロムメッキ製の刃により、作業効率を高めます。扱いやすさと力強さを兼ね備える、おすすめのアイスピックです。

貝印 アイスピック DH7142

くびれのある形状のグリップでしっかりと握りやすい、ミニタイプのアイスピック。天然木を採用した木製グリップで、手に馴染みやすくフィット感も高めます。全長が13.5cmとコンパクトで扱いやすいうえ、底面に設けられているくぼみにより、親指を添えて握り込み力を入れて使いやすいのも特徴です。

さらに、140gの重みでスムーズな作業もサポートします。また、刃と口金の素材には耐食性の高いステンレススチールを採用しており、錆などによる劣化を防ぎやすいのも魅力。使い勝手がよく、初心者の方や自宅で手軽にお酒を楽しみたい方などにおすすめのアイスピックです。

エコー金属(ECHO KINZOKU) 木柄アイスピック 太 0349434

リーズナブルかつ手軽に使いたい方に適した、ミニタイプのアイスピック。全長が約14cmとコンパクトなのも特徴です。刃も5cmと短めで先端からグリップまでの距離も近く、アイスピックの操作性も高めます。

また、天然木を採用した太めで握りやすいグリップにより、滑りにくく安定してコントロールできるのもポイント。リーズナブルなうえ使いやすく、初心者の方が氷の成形作業に初めて挑戦する場合に選ぶのにもおすすめのアイスピックです。

エムテートリマツ(Mt-torimatsu) パイロット アイスピック 1本爪 0108301

全長24cmで長い刃を備えた、ノーマルタイプのアイスピック。刃が長く重量も250gあるので軽い力でも比較的楽に氷を割りやすく、アイスピックの操作に慣れた方であればスムーズに作業できるのが特徴です。

また、木製で手に馴染みやすく滑りにくいグリップを採用。くぼみが設けられた形状も相まって、しっかりと握りやすく操作性や安全性も高めます。価格も安いため、手軽に選びやすいのもポイント。ミニタイプの扱いに慣れた初心者の方が、ノーマルタイプの購入を検討している場合にもおすすめのアイスピックです。

高久産業 デラックス アイスピック FAI44

グリップ表面の複数箇所に配置された溝により滑り止めの効果が期待できる、ノーマルタイプのアイスピック。そのうえ、グリップの素材には天然木を採用しているため手に馴染みやすく、より滑りを抑え操作性と安全性の向上に貢献します。

さらに、全長が23.8cmで刃も長いノーマルタイプながら、重量は136gと比較的軽量なのも特徴です。また、円錐形グリップのスマートなフォルムに、ぬくもりのある木材と金属の光沢による高級な雰囲気を感じさせるデザインも魅力。おしゃれで操作性にも優れた、おすすめのアイスピックです。

KOTU 9″ アイスピック

エレガントな質感のウッドとステンレスを採用し、スリムでスッキリとしたデザインがスタイリッシュなノーマルタイプのアイスピック。刃の素材に採用されている304ステンレス鋼は錆に強いため、手入れが楽で長持ちしやすいのも魅力です。

また、同モデルには刃をカバーするためのキャップも付属されています。保管時に刃を保護できるうえ、誤って刃に触れてしまうなどのリスクを抑えやすく、安全面に配慮されている点もポイント。しっかりと刃をカバーして収納できるので、アウトドアシーンなどに持ち運んでの使用にもおすすめのアイスピックです。

山忠 アイスピッケル ミニ 全長175

四角の鋭い刃により、スムーズに氷を削りやすいピッケルタイプのアイスピック。登山などで使用するツルハシのようなデザインが特徴です。ピッケル型の持つワイルドな雰囲気も魅力。また、刃だけではなくグリップも四角形状で転がらないため、テーブルからの落下も防ぎます。

さらに、刃が鋭いピッケルは細かい作業を行うのにも適しており、ダイヤモンドカットにしたり丸氷をつくったりしやすいのもポイント。アイスピックの扱いに慣れ、丸氷などのレベルの高い成形に挑戦したい方にもおすすめのモデルです。

山下工芸(YAMASHITA KOGEI) DX アイスピック 3本刃 120085057

3本の刃が備わっており、氷を細かく成形しやすい、複数タイプのアイスピック。凹凸がなく表面が滑らかな氷に仕上げやすいのが特徴です。丸氷などの難しい成形を行うための使用にも適しています。

また、手に馴染みやすく滑りにくい木製グリップを採用。グリップの上下2ヶ所にくびれが設けられ中央に膨らみのある形状で、適度な太さもあり、手へのフィット感を高め握りやすいのもポイントです。

さらに、刃やヘッド部分の光沢が抑えられ、落ち着きがありアンティークな雰囲気のデザインもおしゃれ。氷の難しい成形がしやすい機能面とデザイン性の高さを両立する、おすすめのアイスピックです。

アズワン(AS ONE) ダイヤ 6本爪 アイスピック 3147510

6本刃により、大きな氷や大量の氷を効率よく削りやすい、複数タイプのアイスピック。カクテルなどに使うクラッシュアイスもスピーディに作りやすく、利便性の高いモデルです。

また、複数の刃が備わっているため氷をきれいに成形しやすいのもポイント。加工が難しいダイヤモンドカットに丸氷といった形状の氷も、スムーズかつ美しく仕上げやすいのが魅力です。さらに、全長は220cmと長めで、重量も260gあるので軽い力でも氷が割りやすく、より作業効率を高めます。

ホームパーティなどで、大勢の方にお酒を振る舞う場合での使用にもおすすめのアイスピックです。

アズワン(AS ONE) アイスピック L SG-63

ブラックカラーのグリップと、刃やグリップエンドのステンレス製で高級感のあるシルバーのマッチングがおしゃれなアイスピック。全長が18.5cmで重量が145gと、適度な長さと重さで、取り回しやすさと氷の割りやすさのバランスがよいのも特徴です。

また、グリップの素材には、手に馴染みやすく滑りにくい天然木を採用。グリップの中央部分には大きなくびれが設けられており、フィットを高め安定して握りやすいのもポイントです。アイスピックの操作もしやすく、安全性の向上にも貢献します。

さらに、底面には氷を細かく砕くのに便利なクラッシャー機能も搭載。クラッシュアイスも効率よく作れます。氷の成形とアイスクラッシャーの2wayで使える、おすすめのアイスピックです。

佐藤金属興業(SALUS) ガード付アイスピック

刃にスプリング状のガードが搭載されたアイスピック。スプリングガードに刃を収めた状態で保管できるので、誤って直接刃に触れて怪我をする危険を防ぎやすいのが魅力です。バネが伸縮するため、使用時にも取り外さずにそのままの状態で氷が削れます。

また、全長が14cmとコンパクトなうえ、重量も96gと非常に軽量で取り扱いのしやすさも良好。3.9cmと太めで握りやすいグリップにより、コントロールのしやすさや安定感にも優れています。

さらに、グリップの底面にはクラッシャー機能も備わっており、アイスクラッシャーとしても使用可能。安全性に配慮され、使い勝手にも優れたおすすめのアイスピックです。

アイスピックの売れ筋ランキングをチェック

アイスピックのランキングをチェックしたい方はこちら。