料理に胡椒のさわやかな香りと風味をプラスし、おいしさをより引き立てる「ペッパーミル」。料理好きならひとつは持っておきたい調理アイテムです。また、キッチンにペッパーミルがあるとグッとおしゃれに見えるのも嬉しいところ。

しかし、ひと口にペッパーミルといっても、種類やサイズ、刃の素材などバリエーションはさまざまです。そこで今回は、おすすめのペッパーミルをご紹介。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ペッパーミルの選び方

種類で選ぶ

捻って挽く筒形

By: amazon.co.jp

両手で捻って使用する筒型。ペッパーミルといえば、筒形を思い浮かべる方も多いはずです。両手で持つので力が入れやすいうえ、力の入れ具合によって、量を調節しやすいのが魅力。

しかし、使用の際は両手が必要になるため、面倒に感じたり、油分がつくと捻りにくかったりするデメリットもあります。また、筒が手に対して大きすぎると持ちにくいので、購入の際は手に馴染むサイズかどうかを確認しましょう。

片手で挽けるグリップ型

By: amazon.co.jp

片手でサッと挽けるグリップ型。レバーを握ったり、ボタンを押したりといった簡単操作でスピーディーに使用できるのが魅力です。1回に出る量は少なめなので、食事中の使用にもおすすめ。おしゃれなデザインのモノが多いため、テーブルに置いておいてもインテリアとして映えます。

力が弱い方でも使いやすいハンドルつきグラインダー型

By: amazon.co.jp

付属のハンドルをくるくる回して胡椒を挽くグラインダー型。握力が弱い方でも使いやすいのが特徴です。一度に多くの胡椒を挽けるのがメリット。デザインによっては収納時にかさばるため、事前にスペースを確認しておきましょう。

自動で挽ける電動型

By: amazon.co.jp

ボタンを押すだけで自動的に胡椒を挽く電動型。片手で操作できるうえ、力を入れずに使えるので手軽です。スピーディーに調理を進めたい方や、力が弱い方に適しています。

ただし、電動ゆえに、ペッパーミルの醍醐味ともいえる「ゴリゴリと胡椒を挽く感触」は味わえないのがデメリット。手軽さを重視する方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ペッパーミルを選ぶ際には、使いやすいサイズかどうかをチェックしましょう。筒型タイプの場合は、小さすぎると左右の手が当たってしまい、大きすぎると握りにくくなってしまいます。筒型タイプは、12cm前後のモノが使いやすくおすすめです。

片手タイプの場合、デザインやサイズによっては、子供や手の小さい方が使いにくいと感じるモノもあります。使う方の手に馴染みやすいフォルムのモノを選びましょう。

また、胡椒がどれくらい入るかも要チェックです。たくさん入る方がよいと思いがちですが、胡椒は時間が経つにつれて香りが飛んでしまうもの。使用頻度に対して、容量が大きすぎるペッパーミルはおすすめできません。

胡椒の香りや風味を存分に生かすためにも、1~3か月程で使い切れる量が入るモノを選ぶのがポイントです。また、コンロ周りなど高温になりやすい場所に置くと、胡椒の質が落ちてしまうので、注意しましょう。

ボディ素材で選ぶ

木製

By: amazon.co.jp

トラディショナルなイメージの木製は、いかにもペッパーミルという雰囲気で、人気の素材です。あたたかい質感で手に馴染みやすく、使いやすいのが魅力。ナチュラルなインテリアとの相性が良好です。

ただし、汚れがつくと落ちにくいので、お手入れに少し手間がかかることが難点。また、胡椒の残量が外から確認できないため、一度開けて中を見る必要があります。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

すっきりとしたシルバーボディが美しいステンレス製は、丈夫さと高級感が特徴。キッチンをスタイリッシュな雰囲気に仕上げます。クールなデザインのモノが多いので、インテリアにこだわりたい方にもおすすめ。また、錆びにくく、汚れてもサッと拭くだけでお手入れが完了するのもメリットです。

ガラス・アクリル製

By: amazon.co.jp

透明感あふれるガラス・アクリル製は、キッチンに置いても圧迫感が少なく、明るく見えるのが特徴。さまざまなインテリアに、さりげなく馴染みます。また、胡椒の残量が外から見えるのもポイント。詰め替えどきが分かりやすいので、胡椒をよく使う方におすすめします。

指紋や汚れが目立ちやすいのは難点ですが、水に強く、汚れても気軽にお手入れできる素材です。こまめに拭きながら使用しましょう。

刃の素材で選ぶ

ステンレス製

By: rakuten.co.jp

ステンレス製の刃は、水気に強く錆びにくいのが特徴。湯気などで湿度が上がりがちなキッチンでも、気軽に使用できます。お手入れも簡単で、汚れが気になったらサッと拭くだけで完了。気軽に使用しやすい素材です。

ただし、ステンレスは金属のなかでは比較的柔らかい素材なので、使用するにつれ刃が摩耗してしまうのがデメリットといえます。

鋳鉄製

By: amazon.co.jp

鋳鉄製の刃は、丈夫で硬いので刃こぼれの心配がなく、硬い胡椒もしっかり挽けるのが魅力です。しかし、錆びやすいため、湿気の多いキッチンに放置するのは避けましょう。長く使い続けるためにも、湿気の少ない場所で保管する必要があります。

セラミック製

By: russellhobbs.jp

セラミック製の刃は耐久性に優れており、硬い胡椒も難なく挽けるのが特徴。さらに、摩擦熱を起こしにくく、胡椒の香りを存分に引き立たせられるのも嬉しいポイントです。

錆びにも強いので、湿気の多いキッチンに置いておけます。汚れがついたら、気兼ねなく水洗いできるのもメリットです。

使い勝手で選ぶ

粗さ調節機能

By: amazon.co.jp

粗さが調節できるペッパーミルを選べば、シーンに応じて挽き加減を変えられます。料理の味つけや下ごしらえ用には細かく、仕上げ用には粗く挽くなど、仕上がりの粗さを調節可能です。

ペッパーミルのなかには、刃のツマミやダイヤルを回して、胡椒の粗さを変えられるモデルもあります。幅広い用途に使いたい方には、粗さを調節する機能つきのペッパーミルがおすすめです。

詰め替え・お手入れのしやすさ

By: amazon.co.jp

利便性の高いペッパーミルを選ぶためには、詰め替え・お手入れのしやすさをチェックしましょう。詰め替え口が広く設けられたモデルなら、スムーズに胡椒を入れられます。また、芯棒がないモデルなら胡椒がこぼれにくく、キレイに詰め替えできるのでおすすめです。

なお、ペッパーミルの性質上、挽いた胡椒は刃や容器内に残りがち。調理中の湿気や油はねで、本体がベタつきやすいのも気になる点です。ステンレス・ガラス製のペッパーミルなら、汚れが気になるときにサッと拭くだけで掃除できます。より清潔な状態を保ちながら使いたい方には、パーツを分解してお手入れできる製品がおすすめです。

ペッパーミルのおすすめ

京セラ(KYOCERA) セラミックミル 90ml CM-15N

粗さ調節機能がついており、好みの粗さが選べるペッパーミル。上部のツマミを左右に回すだけで粗さを調節できます。セラミック製の刃を採用しているため、食材本来の風味を損ないにくいだけでなく、耐久力にも優れているのが特徴です。

パーツをバラバラに分解して洗えるので、いつでも清潔に使用可能。本体は透明感のあるガラスを採用し、中身が一目で分かります。90mlの容量があるため、よく使うスパイスを保管しておくのに適した製品です。

なお、本製品は大きすぎる食材はうまく挽けません。胡椒や七味唐辛子など粒径5.5mm以下のスパイスが推奨されています。また、アーモンドやピーナッツなど皮の多いモノは目づまりの原因になるため、使用しないようにしましょう。

プジョー(PEUGEOT) ペッパーミル チョコ クレモン 27933

140年以上の歴史を持ち、世界中のシェフが愛用する「プジョー」のペッパーミル。最大の特徴は、プジョー独自の切削加工技術を活かした刃の構造です。二重らせん構造の刃が細かなスパイスの粒を逃さず、しっかり挽けるように作られています。

ギアは鉄でシャフトがステンレスで作られているため、耐久力も良好。上部の金具の締め具合を調節すると、調味料を細かくしたり粗めにしたりすることが可能です。木製のおしゃれで高級感のあるデザインは、食卓を華やかに演出します。

プジョー(PEUGEOT) ペッパーミル アクリル ダマン 25427

本体がアクリルで作られており、調味料の種類や残量を確認しやすいペッパーミルです。ギアは耐久力と切れ味に優れた鉄を採用。蓋がマグネット式なので、必要に応じてスムーズに開閉できます。

下部のダイヤルを回せば、6段階の粗さに調節可能。パウダーに近い細かさから、粒が残る大きさまで幅広い粗さに挽けます。本体のサイズは直径6×高さ16cmで、収納したり食卓に置いたりしやすいのもポイントです。

なお、本製品は鉄を使用しているため水洗いができません。スパイスが残っていると錆びたり切れ味が落ちたりする原因になるため、使用後は乾いた布で湿気や汚れを落としましょう。

HAILIX ペッパーミル 2in1両用タイプ

2種類の調味料を入れられるのが特徴のペッパーミル。胡椒だけでなく、塩や山椒などのスパイスを同時に保存できます。本体が透明なので、残量や調味料の種類がひと目で分かるのも特徴です。本体底面には蓋がついているため、自立時に中身がこぼれにくいのがポイントです。

本製品の刃は切れ味がよいセラミックを採用。分解して洗浄できるので、衛生的に使えるのが魅力です。粗さを調節でき、料理や好みに合わせて調味料を挽けます。

ステンレスの光沢とスパイスの色合いとのコントラストも美しく、食卓やキッチンによく映えるのもポイント。複数の香辛料を頻繁に使う方やペッパーミルの保管場所をとられたくない方におすすめの製品です。

ハリオ(HARIO) ペッパーミル 120ml SMS-120-B

耐熱ガラスメーカー「ハリオ」のペッパーミルです。本体は耐熱ガラスで蓋がアクリルで作られているため、調味料の種類が一目瞭然。側面にメモリがついており、おおよその残量も分かります。

挽いた調味料は蓋にたまるので、かけすぎや料理の湯気により固まってしまうのを予防。蓋を外せば、調味料を挽きながら料理に直接かけられます。耐熱ガラスは匂いや色が移りにくいので、スパイスの保管に適した製品です。

シェフィン(chef’n) ミニペッパーボール CF-0256

かわいいキッチングッズが欲しい方におすすめ。ウサギの耳を握ると下から挽いた胡椒や塩などが出てくる仕様です。片手でグラインダーを操作できるので、食材を炒めたり焼いたりしながらサッとスパイスをかけられます。

裏面にマグネットが付属しているため、冷蔵庫や流し台など使いやすいところに設置可能。高さは9.3cmで重さは74gとコンパクトなので、収納スペースもほとんど取られません。料理の時間が楽しくなるようなデザインのペッパーミルです。

コール&メイソン(Cole&Mason) ペッパーミル グルメプレシジョン ダーウェント H59401G

1919年にイギリスで創業した老舗ブランド「コール&メイソン」のペッパーミルです。高品質な硬化カーボンスチールの刃を採用しており、スパイスをきれいにカットすることが可能。食材をすり潰さず細かくできるので、豊かな香りと風味を楽しめます。

スプリング式メカニズムより、調味料の粗さを6段階に調節できるのもポイント。細かいパウダー状にしたり粒が残る大きさに挽いたりできるので、料理に適した粗さにできます。

本体はステンレス・アクリル・アルミニウムの3つの素材を採用。上品な色合いで、高級感のある見た目も魅力です。なお、重量は約296gあり、使い慣れるまでは重みを感じやすいので注意しましょう。

イケダ(IKEDA) ペパーミル 6103

ホテルやレストランなどでも採用されているプロ仕様のペッパーミル。高さは16cmと比較的小さめで、片手でも簡単に扱うことが可能。グラインダーとリングの溝が2段になっており、調味料が挽きやすく作られています。

本体は家具にも使われるケヤキ材とツマミ部分には真鍮が使用され、重厚感のある見た目も魅力。中心が緩やかなカーブを描いており、握りやすさにも配慮されています。機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい方におすすめのペッパーミルです。

青芳(Aoyoshi) ソルトミル・ペッパーミル 064845

直径4.4×高さ10.6cmのコンパクトサイズのペッパーミル。本体は透明なアクリルで作られているため、残量や調味料の種類がひと目で分かります。セラミック刃を採用しているので、切れ味がよく耐久力に優れているのも魅力です。

底裏面にダイヤルが付属しており、調味料を4段階の細かさに調節可能。ダイヤルを印に合わせるだけで、簡単に挽き目を変えられます。シンプルで使いやすいモノが欲しい方は検討してみてください。

青芳(Aoyoshi) クロスハンドルS&Pミル セラミックギア 063565

岩塩と胡椒のどちらにも使用できるアイテム。刃はセラミックを採用しており、岩塩を使っても錆びずにスムーズな挽き心地が長続きします。本体は透明なアクリルで作られているため、調味料の種類や残量が一目瞭然です。

グリップがクロス型なので、手に馴染みやすいのも特徴。上部にあるネジを回すとクロス部分が外れ、そこから調味料を補充できます。ミルとしては珍しいユニークなデザインが、キッチンを楽しく演出する製品です。

貝印 ペッパーミル FP5160

粒子を細かく均一に仕上げられる日本製のセラミックミルを採用。食材を潰さずにカットできるため、豊かな風味を楽しめるのが特徴です。蓋とミル本体には耐熱温度が100℃あるポリプロピレンを採用し、料理の熱を気にせずにスパイスが挽けます。

直径4.5×11.5cmのコンパクトサイズで、手のひらにしっかりとおさまるのもポイント。食卓やキッチンに設置しても、スペースをほとんどとられません。使いやすさはもちろん、価格が安いのもおすすめのペッパーミルです。

メニュ(MENU) ボトルグラインダー

ボトルをモチーフにしたおしゃれなデザインで、見た目にこだわりたい方におすすめ。ペッパーミルとソルトミルがセットになっており、さまざまなスパイスを挽けます。詰め替え口が大きいので、中身を入れ替えやすいのもポイントです。

ダイヤルを回転させると、4段階の粗さにスパイスを挽くことが可能。ブレードは錆びにくく耐久力に優れたセラミックを採用しています。手に馴染みやすく、使うのが楽しくなるようなミルセットです。

Magicsky ペッパーミル ソルトミル2点セット

オーク材で作られた木製のペッパーミルとソルトミルセット。天然の木材で作られているため木目が美しく、重厚感があるのが特徴です。キッチンはもちろん、食卓のテーブルを華やかに演出できます。

食材本来の旨味や風味を損ないにくいセラミック製の刃を採用。粒胡椒だけでなく、鉄材では錆びてしまう岩塩やクリスタルソルトなども調理可能です。粗さ調節ネジが付属しており、左右に回すだけで簡単に粗さを調節できます。

人間工学に基づいて設計され、手のひらの小さい方や子供でも握りやすいのもポイント。専用の掃除ブラシが付属しており、衛生面にも配慮されています。デザイン性と機能性の両面に優れているため、プレゼントにもおすすめの製品です。

ワンハンドクールグラインダー(One hand Cool Grinder) 片手で挽けるソルト&ペッパーセット

片手でサッと使えるペッパーミルとソルトミルのセットです。本体を手に取り、ボタンをプッシュするだけで使える仕様。蓋がなく、スタンドから取り出すだけでスムーズに調味料を挽けるのが魅力です。

刃は錆びに強く耐久力に優れたステンレスを採用し、切れ味が衰えにくく作られています。専用のアクリルスタンドが付属しているので、食卓にそのまま並べてもおしゃれです。料理好きな方へのプレゼントを探している方もチェックしてみてください。

Dreampassing ペッパーミル 2個セット

モダンなデザインが食卓に映えるペッパーミルセットです。グラインダー部は錆びにくく手入れのしやすいセラミック製。本体は、耐久力に優れたガラスと光沢のあるステンレスを採用しています。

サイズは直径6.5×高さ13.5cmとコンパクトに手のひらにおさまります。上部のツマミに粗さ調節機能が搭載されているため、粗挽きから細挽きまで楽しめるのもおすすめのポイントです。

スタビアリュクス ペッパー&ソルトミル

本体に匂いが移りにくいソーダガラス素材を採用したアイテム。透明感があるだけでなく、プラスチックよりも重さがあるため倒れにくいのが特徴です。上部に蓋がついており、ホコリや虫が侵入しにくく衛生的に使えます。
 
直径5.4×高さ16.1cmの使いやすい大きさながら、容量は約140mlあるのもポイント。スパイスをたっぷり入れられるため、入れ替えの手間が少ないのも魅力です。ツマミを回すと粗さが調節でき、好みや料理に合うスパイスの粗さを選べます。

刃は錆びにくく耐摩耗性に優れたセラミック刃で、バネは耐久力のあるステンレス鋼を使用。胡椒だけでなく、岩塩も挽けます。シンプルなデザインはインテリアに馴染みやすく、食卓に据え置くのにおすすめの製品です。

クラッシュグラインド(CrushGrind) C Collection Copenhagen

セラミック製の刃を採用したグラインダー型のペッパーミル。コーヒー豆を挽くようにハンドルを回して使用します。細かくしたいときは時計回り、粗めにしたいときは反時計回りに回すことで挽き具合を調節できます。

前面についた蓋がスライドして開く仕様になっており、中身の補充も簡単。丸洗いができるとされているので、スパイスのあとに岩塩などを入れたい場合にも便利。洗った後はよく乾燥させてから詰め替えましょう。

電動ペッパーミルのおすすめ

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電動ミル ソルト&ペッパー 2本入り 7922JP

上部のボタンを押すだけでスパイスを挽けるおすすめのアイテム。ボタンを押している間はLEDライトが点灯し、暗いキッチンでもスムーズに調理できます。専用スタンドも付属しているため、テーブルやキッチン台にスパイスがこぼれにくいのも魅力です。

グラインダー部は、錆びにくく丈夫なセラミックを採用。胡椒だけでなく、岩塩・山椒・ハーブなども調理できます。摩擦熱が生じにくいので、熱で飛びやすいスパイスの風味を損ないにくいのが魅力です。

残量が一目で分かるように、透明なキャビンを使用しているのもポイント。充填口が広めに作られており、スパイスをこぼしにくくきれいに入れられます。使いやすい工夫が凝らされているので、初心者から料理好きの方まで人気の製品です。

プジョー(PEUGEOT) 電動ミル シルバー エリスセンス 27162

センサーが内蔵されており、側部と上部に触れるだけで稼働する電動式のペッパーミル。粒の大きさが2〜5mmまでの粒胡椒に対応しています。LEDライトがついており、手元を照らしてスムーズな調理を実現。手を止めずにテンポよく料理をしたい方に適しています。

調味料を入れる部分はアクリルで作られており、残量が一目で判断可能。また、付属のスパイススケールを使えば補充にちょうどよい胡椒の量が分かります。詰め替え用の漏斗もついているため、胡椒をこぼさず補充しやすいのもポイントです。

本体下部を捻ると、6段階の粗さに調節可能。段階ごとに印がついているので、目印に合わせれば料理に応じた粗さのスパイスが作れます。

Ninonly 電動ペッパーミル

本体にセンサーが内蔵されており、傾けるだけで塩や胡椒を自動で挽ける電動ペッパーミルです。片手で操作できるため、スピーディーに調理を進めることが可能。食材を混ぜたり炒めたりしながらスパイスを加えられます。

強力なモーターと鋭いセラミック刃が搭載されているので、短時間で食材を細かく粉砕。上部のツマミを回すと、粒の大きさを細かくしたり粗めにしたりすることもできます。

本体は透明感のあるPBT樹脂が使われ、残量がひと目で分かるのもポイント。稼働時にLEDライトが点灯するため、手元を明るく照らし調理をしやすくします。自宅用はもちろん、料理好きな方へのプレゼントにもおすすめです。

エフエイト(Feight) 電動式マルチミル B007

手が小さい方でも使いやすい電動マルチミル。ワンプッシュするだけで調味料が出てくるので、片手でも簡単に操作できます。電動タイプとしては珍しく、塩と胡椒の両方が挽けるのもポイントです。

両手で本体を捻ると3つに分割でき、細部までお手入れしやすい仕様。調味料を入れるパーツは水洗いできるため、汚れをすっきり落とすことが可能です。直径5.5cm×高さ17.6cmと比較的コンパクトなので、収納スペースをとられたくない方にも適しています。

底部の粗さ調節ダイヤルを回すと、粒の大きさを調節可能。刃は硬くて切れ味がよいセラミックを採用。錆びつく心配もないので、食材の風味や香りを損ないません。機能面だけでなく、衛生面が気になる方にもおすすめの製品です。

Joyoldelf ペッパーミル

本製品は、おしゃれなステンレススチール製のペッパーミルです。片手でボタンを押し込めば、胡椒・岩塩・ゴマなどさまざまな調味料を細かくできるのが特徴。セラミック製の刃を採用しているので、硬いモノもスムーズにカットできます。

スパイスを細かくしたり粗くしたりできる調節ネジが付属しており、料理に合わせて粗さを調節可能。底部にはライトがついているので、薄暗い場所でも調理の様子が分かります。機能性とデザイン性に優れているため、料理好きな方へのプレゼントにもおすすめの製品です。