料理に胡椒のさわやかな香りと風味をプラスし、おいしさをより引き立ててくれる「ペッパーミル」。料理好きならひとつは持っておきたい調理アイテムです。また、キッチンにペッパーミルがあるとグッとおしゃれに見えるのも嬉しいところ。

しかし、ひと口にペッパーミルといっても、種類やサイズ、刃の素材などバリエーションはさまざまです。そこで今回は、おすすめのペッパーミルをご紹介。理想のペッパーミルを見つけるためのポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ペッパーミルの選び方

種類で選ぶ

捻って挽く筒形

By: amazon.co.jp

両手で捻って使用する筒型。ペッパーミルといえば、筒形を思い浮かべる方も多いはずです。両手で持つので力が入れやすい上、力の入れ具合によって、量を調節しやすいのが魅力。

しかし、使用の際は両手が必要になるため、面倒に感じたり、油分が付くと捻りにくかったりというデメリットもあります。また、筒が手に対して大きすぎると持ちにくいので、購入の際は手に馴染むサイズかどうかを確認しましょう。

片手で挽けるグリップ型

By: rakuten.co.jp

片手でサッと挽けるグリップ型。レバーを握ったり、ボタンを押したりといった簡単操作でスピーディに使用できるのが魅力です。1回に出る量は少なめなので、食事中の使用にもおすすめ。おしゃれなデザインのモノが多いため、テーブルに置いておいてもインテリアとして映えます。

力が弱い方でも使いやすいハンドル付きグラインダー型

By: amazon.co.jp

付属のハンドルをくるくる回して胡椒を挽くグラインダー型。握力が弱い方でも使いやすいのが特徴です。コーヒーミルに多く見られる仕組みで、一度に多くの胡椒を挽けるのがメリット。デザインによっては収納時にかさばるため、事前に収納スペースを確認しておきましょう。

自動で挽ける電動型

By: amazon.co.jp

ボタンを押すだけで自動的に胡椒を挽く電動型。片手で操作できる上、力を入れずに使えるので手軽です。スピーディに調理を進めたい方や、力が弱い方に適しています。

ただし、電動ゆえに、ペッパーミルの醍醐味ともいえる「ゴリゴリと故障を挽く感触」は味わえないのがデメリット。手軽さを重視する方におすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ペッパーミルを選ぶ際には、使いやすいサイズかどうかをチェックしましょう。筒型タイプの場合は、小さすぎると左右の手が当たってしまい、大きすぎると握りにくくなってしまいます。筒型タイプは、12cm前後のモノが使いやすくおすすめです。

片手タイプの場合、デザインやサイズによっては、子供や手の小さい方が使いにくいと感じるモノもあります。使う方の手に馴染みやすいフォルムのモノを選びましょう。

また、胡椒がどれくらい入るかも要チェックです。たくさん入る方がいいと思いがちですが、胡椒は時間が経つにつれて香りが飛んでしまうもの。使用頻度に対して、容量が大きすぎるペッパーミルはおすすめできません。

胡椒の香りや風味を存分に生かすためにも、1~3か月程で使い切れる量が入るモノを選ぶのがポイントです。また、コンロ周りなど高温になりやすい場所に置くと、胡椒の質が落ちてしまうので、注意しましょう。

ボディ素材で選ぶ

木製

By: amazon.co.jp

トラディショナルなイメージの木製は、いかにもペッパーミルという雰囲気で、人気の素材です。あたたかい質感で手に馴染みやすく、使いやすいのが魅力。ナチュラルなインテリアとの相性が良好です。

ただし、汚れが付くと落ちにくいので、お手入れに少し手間がかかることが難点。また、胡椒の残量が外から確認できないため、補充のタイミングが分かりにくいことにも注意が必要です。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

すっきりとしたシルバーボディが美しいステンレス製は、丈夫さと高級感が特徴。キッチンをスタイリッシュな雰囲気に仕上げます。クールなデザインのモノが多いので、男性にもおすすめ。また、錆びにくく、汚れてもサッと拭くだけでお手入れが完了するのもメリットです。

ガラス・アクリル製

By: amazon.co.jp

透明感あふれるガラス・アクリル製は、キッチンに置いても圧迫感が少なく、明るく見えるのが特徴。さまざまなインテリアに、さりげなく馴染みます。また、胡椒の残量が外から見えるのもポイント。詰め替えどきが分かりやすいので、胡椒をよく使う方におすすめします。

指紋や汚れが目立ちやすいのは難点ですが、水に強く、汚れても気軽にお手入れできる素材です。こまめに拭きながら使用しましょう。

刃の素材で選ぶ

ステンレス製

By: rakuten.co.jp

ステンレス製の刃は、水気に強く錆びにくいのが特徴。湯気などで湿度が上がりがちなキッチンでも、気軽に使用できます。お手入れも簡単で、汚れが気になったらサッと拭くだけで完了。気軽に使用しやすい素材です。

ただし、ステンレスは金属のなかでは比較的柔らかい素材なので、使用するにつれ刃が摩耗してしまうのがデメリットといえます。

鋳鉄製

By: amazon.co.jp

鋳鉄製の刃は、丈夫で硬いので刃こぼれの心配がなく、硬い胡椒もしっかり挽けるのが魅力です。しかし、錆びやすいため、湿気の多いキッチンに放置するのは避けましょう。長く使い続けるためにも、湿気の少ない場所で保管する必要があります。

セラミック製

By: russellhobbs.jp

セラミック製の刃は耐久性に優れており、硬い胡椒も難なく挽けるのが特徴。さらに、摩擦熱を起こしにくく、胡椒の香りを存分に引き立たせられるのも嬉しいポイントです。

錆びにも強いので、湿気の多いキッチンに置いておけます。汚れが付いたら、気兼ねなく水洗いできるのもメリットです。

使い勝手で選ぶ

粗さ調節機能

By: amazon.co.jp

粗さが調節できるペッパーミルを選べば、シーンに応じて挽き加減を変えられます。料理の味付けや下ごしらえ用には細かく、仕上げ用には粗く挽くなど、仕上がりの粗さを調節可能です。

ペッパーミルのなかには、刃のツマミやダイヤルを回して、胡椒の粗さを変えられるモデルもあります。幅広い用途に使いたい方には、粗さを調節する機能付きのペッパーミルがおすすめです。

詰め替え・お手入れのしやすさ

By: amazon.co.jp

利便性の高いペッパーミルを選ぶためには、詰め替え・お手入れのしやすさをチェックしましょう。詰め替え口が広く設けられたモデルなら、スムーズに胡椒を入れられます。また、芯棒がないモデルなら胡椒がこぼれにくく、キレイに詰め替えできるのでおすすめです。

なお、ペッパーミルの性質上、挽いた胡椒は刃や容器内に残りがち。調理中の湿気や油はねで、本体がベタつきやすいのも気になる点です。ステンレス・ガラス製のペッパーミルなら、汚れが気になるときにサッと拭くだけで掃除できます。より清潔な状態を保ちながら使いたい方には、パーツを分解してお手入れできる製品がおすすめです。

ペッパーミルのおすすめ

京セラ(KYOCERA) セラミックミル スパイス用 CM-10N-BK

強度が高いセラミックス製の刃を採用したペッパーミル。切れ味が鋭く摩擦熱を生じにくいため、胡椒の風味を生かした、挽きたての香りを楽しめます。両手で捻って使用する筒型で、力の加減によって挽く量を調節しやすいのもポイント。また、ツマミを回せば、胡椒の粗さを簡単に調節できます。

さらに、刃は水洗いでき、フタと調節ツマミは分解して洗浄可能。お手入れがしやすく、清潔な状態を保ちやすいのが魅力です。本体にはアクリル素材を使用し、胡椒の残量がひと目で分かって便利。サイズは直径53×高さ130mm、容量40mlとコンパクトで、収納時にかさばりにくいのも特徴です。

コール&メイソン(Cole&Mason) ダーウェント ペッパーミル H59401G

1919年に創業したイギリスの老舗ブランド、「コール&メイソン」のペッパーミル。高品質な「硬化カーボンスチール」製の刃を採用し、胡椒の豊かな風味を引き出せるのが特徴です。胡椒をすり潰すのではなくカットする構造で、一度に多くの量を挽けるのがメリット。また、「スプリング式メカニズム」により、胡椒の粗さを6段階に細かく調節できます。

本体には、ステンレスとアクリル素材を使用。おしゃれな見た目で、インテリアとして映えるのも嬉しいポイントです。本体が曲線を描いており、手への馴染みがよく、胡椒を挽きやすいのも魅力。本体内の胡椒がなくなったら、フタを取って簡単に補充できるのも便利です。

メニュー(MENU) ボトルグラインダー

ギフトアイテムの定番として世界中で親しまれるデンマークのブランド、「メニュー」のペッパーミルです。同社はデザイン性と機能性に優れた製品を多数発売しており、本製品も、ボトルをイメージしたおしゃれな外観が魅力。ワインを注ぐように胡椒をふりかけるデザインで、ホームパーティーなど、食卓をおしゃれに演出したいときに活躍します。

また、耐久性が高いセラミック製の刃を搭載。錆に強く、簡単なメンテナンスで長く愛用できます。さらに、天然木製のコルクを回すと、粗さを調節可能。本体の下部を回せば、調節した粗さで挽かれた胡椒が出る仕組みです。

なお、底部を引き抜くと、詰め替え口から胡椒を簡単に補充できます。好みに左右されないシンプルなデザインで、結婚祝いや新築祝いのプレゼントとしてもおすすめです。

プジョー(PEUGEOT) ペッパーミル パリ ユーセレクト 23461

1810年に誕生したフランスの自動車メーカー、「プジョー」の木製ペッパーミル。車づくりの土台となる切削加工技術を生かした製品で、「質が高く使いやすい」と世界中のシェフに支持されています。本格的な料理を作りたい方や、料理好きな方へのプレゼントにもぴったりです。

刃の素材には、耐久性に優れた鉄製を採用。切削加工技術を生かした構造で、胡椒の風味が引き立つよう独特の形状に整えられています。さらに、下部に設置したダイヤルを回せば、粗さを6段階に調節可能です。

また、手にフィットしやすい形状なので、握り心地がいいのもメリット。本体にはブナ材を使用しており、使う度に味わいが深まります。重厚感のあるデザインで、キッチンに置くだけで高級な雰囲気を演出できるのも魅力です。

イービーエム(EBM) ワンハンド ペパー&ソルトミルセット SP135W

片手で挽けるグリップ型のペッパーミルです。ワンプッシュ当たり約0.02gと少量の胡椒を挽ける構造で、食卓用のペッパーミルとしておすすめの製品。なお、セットのソルトミルでは、約0.01gの岩塩を挽くことが可能です。

また、本体には、錆びにくいステンレス素材を採用。スタイリッシュなブラックのスタンド付きで、ステンレスの素材感を引き立てます。直径18×高さ135mmとミニサイズなので、テーブルに置いても場所を取らないのもメリット。卓上に設置するだけで、レストランのようなおしゃれな空間を演出できます。

アスベル(ASVEL) フォルマ セラミックミル 岩塩・スパイス用

両手で捻って挽く筒型のペッパーミル。耐久性の高いセラミック製の刃を搭載し、本体を右に回すだけで硬い胡椒も難なく挽けます。また、ツマミを回せば、胡椒の粗さを調節可能です。

さらに、140mlと大容量のため、胡椒をたくさん使う方にもおすすめ。太めの形状で、挽くときに安定感があるのもメリットです。本体にはソーダガラス素材を採用し、残量をひと目で確認できます。高品質ながら、安い価格で気軽に購入できるのもおすすめのポイントです。

ドリームパッシング(Dreampassing) ペッパーミル

モダンな外観が魅力的なペッパーミル。ガラスとステンレスを組み合わせたスタイリッシュなデザインで、テーブルに置くだけでおしゃれな雰囲気を演出できます。耐久性のあるガラス素材を採用し、割れにくいのもメリットです。

また、刃は丈夫なセラミック製。刃のツマミを回せば、細挽きから粗挽きまで仕上がりを調節できます。さらに、汚れが付着しにくい設計なので、衛生面が気になる方にもおすすめ。フタが付属しており、収納時も清潔な状態をキープできます。詰め替え口が広いため、胡椒を簡単に補充できるのも便利です。

ハリオ(HARIO) スパイスミル 塩・こしょう SMS-120-B

日本の耐熱ガラスメーカー「ハリオ」のペッパーミル。本体には耐熱ガラスを採用し、食材の色やニオイが移りにくいのが特徴です。熱湯に強く、煮沸消毒や食器洗い機にも対応。お手入れしやすく、清潔な状態で使用可能です。

刃の素材には、耐久性が高いセラミックを採用。また、アクリル製のフタを閉めたまま挽くと、フタの内側に胡椒を溜めてから料理にかけられます。

さらに、ガラス容器の詰め替え口が広いため、ストレスなく胡椒を充填できるのもポイント。岩塩やドライガーリックなどにも使用できるので、色とりどりのスパイスを並べて、インテリアとして使うのもおすすめです。

貝印 セラミック ペッパーミル FP5160

1908年に創業した、刃物などを展開する「貝印」のペッパーミル。粒胡椒に適した設計で、挽きたての胡椒ならではの風味を楽しめます。刃には、錆びにくく湿気に強いセラミックを採用。耐久性が高く、胡椒を均一に挽けるのが特徴です。

また、直径45×高さ115mmとコンパクトで、場所を取らないのも魅力。本体はガラス素材のため、気軽にお手入れできます。こだわりの日本製モデルながら、安い価格で購入できるのも嬉しいポイントです。

IKEDA ペパーミル 6103

日本を代表するミルメーカー、「IKEDA」のペッパーミル。主にホテルやレストランの業務用として、プロの料理人から支持されています。刃の素材には鋳鉄を採用し、硬い胡椒でもしっかり挽けるのが特徴です。刃とリングが2段重ねのらせん状になっており、細かな仕上がりの胡椒を、一度で大量に挽けます。

また、クラシカルなデザインも人気の理由。本製品のボディにはケヤキ材、ツマミには真鍮を使用し、高級感のある外観を楽しめます。直径50×高さ160mmと握りやすいサイズで、曲線を描いているため手への馴染みがいいのもポイント。さらに、開口部が広く、胡椒を充填しやすいのもおすすめです。

シェフィン(chef’n) ミニペッパーボール CF-0256

うさぎをイメージした、おしゃれなデザインのペッパーミル。自分用としてはもちろん、プレゼントとしてもおすすめのモデルです。耳部分を握ると、本体下部から胡椒が出てくる設計。片手で操作できるサイズなので、使い勝手がいいのも魅力です。

また、裏面にはマグネットが付いていて、冷蔵庫などに設置して保管できます。使いやすさに加え、見た目のかわいらしさも重視したい方におすすめの製品です。

クラッシュグラインド(Crush Grind) C Collection COPENHAGEN ソルト&ペッパーミル

1987年にデンマークで誕生したブランド、「クラッシュグラインド」のペッパーミル。同社は独自に開発したセラミック製のミルを手がけるブランドで、品質とデザインにこだわった製品を展開しています。本製品の刃にも、セラミックを採用。ハンドル付きのグラインダー型のペッパーミルで、少ない回転で多くの胡椒を挽けるのが特徴です。

また、底部のダイヤルを回せば、粗さを調節可能。そのままダイヤルを回し続けると、刃を取り外してお手入れできます。側面の扉をスライドさせれば、広い開口部から胡椒を詰め替え可能。さらに、本体にはステンレスを採用しています。重厚感や高級感のあるデザインで、キッチンがグッとおしゃれに見えるのも嬉しいポイントです。

SweetAlice ペッパーミル ソルト&ペッパー

1台で胡椒と岩塩を挽ける2in1タイプのペッパーミル。容器の中央に透明のスペーサーがあり、時計回りに回すと胡椒、反時計回りに回すと塩が挽ける仕組みです。胡椒と塩を1台にまとめることで、調理中にミルを持ち変える手間が省けます。本体の底部には2つのツマミを内蔵し、胡椒と塩それぞれで粗さを調節可能です。

また、刃にはセラミック、透明容器にはAS樹脂、フタと底部にはABS樹脂を採用。滑りにくい素材のため、油などで手が汚れても使いやすいアイテムです。製品の汚れが気になった際は、気軽にお手入れできます。

ジョセフ ジョセフ(Joseph Joseph) ミルトップ ソルト&ペッパー 95036

デザイン性と機能性が備わったキッチン用品を発売する、「ジョセフ ジョセフ」のペッパーミル。おしゃれなデザインで、インテリアとして映えるのが魅力です。胡椒の注ぎ口が上部に設けられており、テーブルを汚しにくいのもポイント。ダイヤルを回すと、胡椒の粗さを4段階に調節可能です。

なお、詰め替え口は本体の底部に設置されています。カバーを外して、広い開口部から胡椒を補充可能。さらに、化粧箱が付属しているため、プレゼントとしてもおすすめです。

プジョー(PEUGEOT) 電動ミル エリスセンス 27162

片手で使える電動タイプのペッパーミル。胡椒専用のモデルで、2~5mmまでのスパイスを難なく挽けるのが特徴です。鉄製の刃には、プジョーの切削加工技術が生かされています。また、ダイヤルを回すと、粗さを6段階に調節可能です。

さらに、センサーを内蔵しており、本体の側部や上部に触れるだけで稼働します。稼働時にはLEDライトが点灯し、手元を明るく照らせるため、挽いた胡椒の量を把握しやすいのもメリットです。

なお、本製品には専用のスパイススケールとトレーが付属します。スケールは目盛り付きで、1回の詰め替えに適した胡椒を計量可能。スケールのフタがロート状なので、詰め替え口に設置して、胡椒をスムーズに入れられます。ペッパーミルを使わないときは、トレー上で保管すれば、テーブルが汚れにくいのも嬉しいポイントです。

Ninonly 電動ペッパーミル

傾きセンサーを内蔵した、電動タイプのペッパーミル。本体を約45°傾けると胡椒が挽かれ、元に戻せば停止する構造です。刃には、切れ味が鋭いセラミックを採用。ハイパワーモーターを搭載し、短時間で胡椒を細かく粉砕できます。

また、ツマミを回すと胡椒の粗さを調節可能。稼働時にはLEDライトが点灯し、挽いた量を確認しやすいのもメリットです。掃除ブラシが2本付属しているので、繊細なパーツもキレイにお手入れできます。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電動ミル ソルト&ペッパー 7921JP

1952年に誕生したイギリスの調理家電ブランド、「ラッセルホブス」のペッパーミル。本体上部のボタンを押すだけで、簡単に胡椒を挽けるのが特徴です。手にフィットしやすい形状なので、料理の手を休めることなく片手で操作できます。LEDライトを搭載し、挽いた胡椒の量が分かりやすいのもポイントです。

また、刃には、岩塩にも使える丈夫なセラミックを採用。細挽きから粗挽きまで、仕上がりを自由に調節できます。本体にはステンレスを使用し、お手入れしやすいのも魅力。さらに、専用スタンドを使えば、残った胡椒でテーブルやキッチンを汚しにくいのも嬉しいポイントです。

エフエイト(F-eight) 電動マルチミル B007

直径55×高さ176mm、重量226gと、程よいサイズかつ軽量なペッパーミル。上部のボタンを押すと稼働する構造で、片手で楽に操作できます。刃にはセラミックを採用し、岩塩にも対応可能。また、下部に設けられたダイヤルを回せば、粗さを調節できます。

さらに、本製品は3つに分解できるため、お手入れしやすいのもメリット。胡椒を入れる透明パーツは水洗いが可能で、清潔な状態に保ちやすいのも嬉しいポイントです。