包丁よりも手軽に野菜や果物の皮をむけるのが魅力の「ピーラー」。時短につながるキッチンアイテムとして、多くの方が愛用しています。しかし、一口にピーラーといってもその種類は豊富で、新しく購入しようとしたときにどれを選べばよいかわからないことも珍しくありません。

そこで今回は、おすすめのピーラーをご紹介。どこに注目して選べばよいかがわかる選び方のポイントも解説します。

ピーラーの選び方

形状で選ぶ

1. T字型

By: amazon.co.jp

最も一般的なピーラーの形が、T字型です。柄と刃が垂直になっているのが特徴で、食材に刃を当てて軽く手前に引くだけで簡単に皮むきができます。また、皮むきだけでなく、キャベツなどの千切りができる製品もあるのが特徴です。

一方、製品のサイズが大きくなりやすいので、小回りが効きにくいというデメリットがあります。小さい食材や凹凸の多い野菜には、使いづらいと感じる方もいるので要注意。とはいえ、1本持っておけばあらゆる食材に対応できるため、汎用性の高いピーラーといえます。

2. I字型

By: amazon.co.jp

ナイフのような形状が特徴のI字型ピーラーは、柄と刃が平行になっています。サイズが小さめで小回りが効きやすいので、丸い食材や細かい食材の皮むきに使えるのがメリット。包丁で皮をむくときのように動かせば、包丁よりも手軽に使えます。

ただし、サイズが小さいことから大きめの食材に使うのは不向き。一方で、利き手にかかわらず手軽に使えるという利点もあります。

刃の素材で選ぶ

1. ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス刃のピーラーは、切れ味のよさが特徴。ストレスなくスルスルと皮むきができるので、快適な調理をサポートします。

一方、金属のため時間の経過とともに錆びやすくなり、切れ味が落ちていってしまうのがデメリット。金属のなかでも錆びにくいとされているステンレスですが、使い終わって洗ったあとはすぐに水分を拭き取るなど、こまめな手入れが重要です。

2. セラミック

By: amazon.co.jp

セラミックのピーラーはステンレスと違い、錆びる心配がありません。そのため、錆びを気にすることなく長く使い続けられるのが魅力です。

ただし、切れ味は若干ステンレスに劣ります。また、耐久性がステンレスほど高くないため、ほかの調理器具とぶつかったり落としたりすることで刃が劣化してしまうことも。セラミック製ピーラーの取り扱いは、慎重に行いましょう。

手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ピーラーは使用頻度が高い分、手入れのしやすさにこだわって選ぶことをおすすめします。複雑な形状で洗うのが大変なピーラーは、清潔さを保って使うのが困難です。手入れが面倒で結局使わなくなってしまうという事態を避けるためにも、手入れのしやすさを重視しましょう。

形状がシンプルなピーラーを選べば、手入れも苦になりません。さらに、刃に皮が詰まらないように工夫されている製品もあるので、特に手入れを面倒に感じる方はチェックしてみてください。

ピーラーのおすすめ|T字型

京セラ(KYOCERA) セラミックピーラー CP-N

京セラ(KYOCERA) セラミックピーラー CP-NBK

セラミック刃のT字型ピーラー。錆びない素材なので、鋭い切れ味のまま長く使い続けられます。汚れが気になったときは漂白除菌できるので、いつも清潔な状態をキープできるのがおすすめポイントです。

切れ味が鋭いことに加え、芽取りも付いているのであらゆる野菜の皮むきに対応できます。シンプルな構造で洗いやすく、手入れが簡単にできるのも魅力です。

貝印 SELECT 100 ステンレスT型ワイドピーラー DH-3107

貝印(KAI) SELECT 100 ステンレスT型ワイドピーラー DH-3107

ステンレス刃のT字型ピーラー。刃の面積が広いのが特徴で、野菜の皮むきだけでなく、キャベツの千切りや大根の桂むきといった大きい野菜の下処理に使えます。

刃の形状が特殊で、皮がピーラーにくっつかず離れやすいのがおすすめポイント。ストレスフリーの調理をサポートします。大きめサイズなのでスポンジが入りやすく、お手入れしやすいのも魅力です。

ティファール(T-fal) インジニオ ピーラー K21418

ティファール(T-fal) インジニオ ピーラー K21418

スタイリッシュなデザインが印象的なT字型ピーラー。ステンレス刃で切れ味がよく、調理をスムーズに進められます。

色移りしにくいのが特徴で、長く清潔な状態を保てるのがおすすめポイント。さらに、食器洗い機が利用できるため、手入れも簡単に行えます。デザインの美しさと使い勝手のよさを両立させたおすすめのピーラーです。

和田商店 プロピーラーV

和田商店(WADASHOUTEN) プロピーラーV

斜めのステンレス刃が特徴のT字型ピーラー。刃がカーブしているため野菜に当たる面積が少なく、抵抗を減らして簡単に皮むきができます。皮むきのほか、玉ねぎのスライスやごぼうのささがき、キャベツの千切りなどに使用可能です。

特にキャベツの千切りは、手軽にふわふわ食感を実現できます。手軽に使える品質の高いピーラーを探している方におすすめです。

リッター(ritter) リッターピーラー ステンレス刃

リッター(ritter) リッターピーラー ステンレス刃

ステンレススチール刃のT字型ピーラー。切れ味が鋭く、ストレスなく野菜の調理ができます。スルスルと皮がむけるピーラーを探している方におすすめです。

ステンレスならではの丈夫さで、長く使い続けられるのもメリット。シンプルな形状のため洗いやすく、清潔さを保てるという特徴もあります。側面に芽取りがついているのも嬉しいポイントです。

下村工業 味わい食房 セラミックピーラー ACP-607

下村工業 味わい食房 セラミックピーラー ACP-607

セラミック刃のT字型ピーラー。錆びを気にすることなく、使い始めの切れ味を保てます。シンプルな形で洗いやすく、汚れが溜まりにくいのも嬉しいポイント。手軽に清潔さを保てるピーラーを探している方におすすめです。

ハンドルが太めで手にフィットしやすく、しっかりと握れるのも魅力。手から離れにくいので、料理初心者の方でも安心して使えます。

ピーラーのおすすめ|I字型

貝印 Broad Beans カンタン皮むき DH2619

貝印(KAI) Broad Beans カンタン皮むき DH2619

そら豆をモチーフにした可愛らしいデザインが特徴のI字型ピーラー。握りやすいように設計されたハンドルによって、しっかりと握れて手から滑り落ちません。

指ガードが付いているので、初心者の方も安全に使えるのが魅力です。刃を左右に付け替えることで、利き手を問わず使えるのもおすすめポイント。ステンレス刃のピーラーなので、切れ味にも優れています。

OXO タテ型ピーラー 20081

OXO タテ型ピーラー 20081

ステンレススチールを刃に採用したI字型ピーラー。切れ味が鋭く、野菜や果物の皮をスルスルと向けます。切れ味の鋭さを重視したい方におすすめです。

ハンドルは柔らかくて滑りにくい設計で、安全に使えます。ピーラー先端に芽取りが付いているのも嬉しいポイント。食器洗い乾燥機が使えるので、手軽に手入れできるピーラーを探している方におすすめです。

サンクラフト(SUNCRAFT) 快菜 ロングピーラー プラス 194802 SSK-09

サンクラフト(SUNCRAFT) 快菜 ロングピーラー + プラス 194802 SSK-09

丈夫で鋭い切れ味を持つステンレス刃のI字型ピーラー。1本で皮むき・ささがき・スライスに使えます。手軽な調理をサポートするおすすめのピーラーです。

収納するときは付属の安全ケースに入れれば、刃先を保護できます。誤って触って怪我をすることも、刃先がぶつかってほころぶことも防げるのが魅力。安全で使い勝手のよいピーラーです。

ツヴィリング(Zwilling) ツヴィリング プロ ピーラー 37160-021-0

ツヴィリング(Zwilling) ツヴィリング プロ ピーラー 37160-021-0

シンプルながら洗練されたデザインが特徴のI字型ピーラー。芽取りもできるので、あらゆる野菜を調理できます。ハンドルは持ちやすく疲れにくい設計のため、初心者の方も難なく使用可能です。

利き手を問わず使えるので、左利きでも不便を感じないのが魅力。さらに、食器洗い機に対応しており、手入れが簡単にできるのもおすすめポイントです。

マーナ(MARNA) 立つピーラー K218

マーナ(MARNA) 立つピーラー K218

底面が三角形になっているI字型のピーラー。底面が広いため、調理中に立たせておくことが可能で、置き場所に困りません。キッチンが狭いという場合でも安心して使えます。

ステンレス刃の反対側にこそぎ刃を採用しているので、野菜や果物の薄皮も無駄なくむけるのがおすすめポイント。先端には芽取りもあり、このピーラー1本であらゆる野菜を調理できます。