単焦点レンズは、ズームレンズと比べて小型軽量ながら、高画質かつ豊かな表現の撮影を楽しめるのが魅力。カメラ初心者が次に選ぶ1本として、強い人気があります。

そこで今回は、初心者向けのモノを中心に、ミラーレス一眼用のおすすめ単焦点レンズをご紹介。特徴や選び方も詳しく解説します。キットズームからステップアップして、写真や動画をさらに楽しむための参考にしてみてください。

単焦点レンズとは?

By: amazon.co.jp

単焦点レンズとは、「単」という名称の通り、焦点距離が1種類に固定された交換レンズのことを示します。ズームレンズと違ってズーム機能が搭載されておらず、焦点距離の変更に対応していないのが特徴。撮影できる範囲を決める画角も固定されているため、撮影の際は自分の足で動いて構図を調節する必要があります。

設計がシンプルで、比較的低予算で開発されている傾向にあるのもポイント。フィルム一眼レフの時代は、キットレンズとしても多くのカメラに同梱されていました。高画質と豊かな表現力が手頃な価格で楽しめることから、現代でも根強い人気があります。初心者がキットズームからのステップアップとして選ぶ交換レンズとしてもおすすめです。

単焦点レンズのメリット

明るいため星空などの夜景撮影に合うのが強み

By: amazon.co.jp

暗いシーンでも、鮮明で美しい撮影を楽しみやすいのが単焦点レンズのメリットです。イメージセンサーに取り込める光量の多さを決める「開放F値」が、一般的なズームレンズよりも小さく設計されているのが特徴。開放F値が小さいほど、光量の限られた場所でも多くの光を集められるので、単焦点レンズは「明るいレンズ」とも呼ばれています。

明るい単焦点レンズを使えば、わずかな街灯しかない夜の街並みや、肉眼では暗闇に近い星空の下でも明るく高画質な撮影が可能。また、小さいF値では高速シャッターが使用できるため、強力な手ブレ補正機能と併用することで、手ブレをより効果的に防げます。三脚に頼ることなく、手持ちで夜景や星景の撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

ボケ味も演出できる

By: amazon.co.jp

印象的なボケ表現を手軽に演出できるのも、単焦点レンズのメリットです。交換レンズの開放F値が小さくなるほど、被写体の背景や前景に、豊かで大きなボケを作りやすくなるのが特徴。一般的なズームレンズと違って、単焦点レンズでボケを作るのには特別なテクニックがあまり必要ないため、初心者でもより身近にボケ表現が楽しめます。

標準域や中望遠域などの焦点距離の長い単焦点レンズを使って、被写体に接近すれば、より効果的にボケを演出できるのもポイント。ボケによって被写体を立体的に浮かび上がるので、主題となる被写体の存在感を高めるのに重宝します。ポートレートやテーブルフォトの撮影などで、印象的な作品を残したい方にもおすすめです。

軽量で持ち運びやすい

By: amazon.co.jp

軽量コンパクトで持ち運びやすいのも、単焦点レンズのメリットです。焦点距離の固定によってシンプルに設計されている分、本体の小型化・軽量化を実現しているのが特徴。フルサイズミラーレス用のモデルでも重量が200g以下に収まっているモノが多くあり、携帯しやすいのが魅力です。

同じ焦点距離をカバーするズームレンズと比べて、単焦点レンズはより大口径ながら、全長が半分程度に収まっているのもポイント。バッグや上着のポケットにも簡単に収納できるので、カメラやキットズームと一緒でも快適に持ち運べます。普段の散歩はもちろん、遠出や旅行に持って行く+αの機材としてもおすすめです。

単焦点レンズのデメリット

ズームできないため画角・構図に気をつける

By: amazon.co.jp

ズーム機能に対応していないのが、単焦点レンズのデメリットです。ズームレンズと違って焦点距離を変更できないため、狙った構図を得るためには、自分の足を使って積極的に立ち位置を変える必要があります。撮影位置やアングルを工夫しないと構図が散漫になりやすいので、単焦点レンズを使う際は、フットワークを強く意識してみてください。

なお、単焦点レンズを使った撮影では多少のコツが必要になるため、ズームレンズだけを使う場合よりも、撮影スキルを効果的に向上しやすいといわれています。創意工夫しながらベストな構図を見つけ出すという、撮影本来の醍醐味をより強く味わいたい方におすすめです。

単焦点レンズの選び方

ミリ数の違いをチェック

風景撮影なら広角レンズ(25mmなど)

By: amazon.co.jp

風景や夜景の撮影に使うなら広角域の単焦点レンズがおすすめです。広角レンズとは、フルサイズ換算の焦点距離が35mmよりも短い交換レンズのこと。なお、20mm以下のモノは超広角レンズと呼びます。

焦点距離が短くなるほど広い範囲を切り取れるのがポイント。同時に、手前のモノを大きく、奥のモノを小さく写す遠近感が誇張されるので、広大な風景をダイナミックに表現したり、室内を実物よりも広く見せたりする場合などに重宝します。

広角レンズは、構図を強く意識しないと画面内に余計なモノが写りがちなのが難点ですが、焦点距離25mm前後のモノなら初心者でも比較的簡単に使いこなせるのがメリット。また、自撮りで背景を広く取り込める超広角レンズも、最近はVlog用として人気が上昇しています。

初心者向けの標準レンズ(35mmや50mmなど)

By: amazon.co.jp

キットズームからのステップアップには、標準域の単焦点レンズがおすすめです。標準レンズとは、焦点距離50mmを基点にして、35〜60mm程度の焦点距離を採用した交換レンズのことを示します。

焦点距離50mmは人間が普段見ている視野に近い画角が得られることから、「標準画角」と呼ばれているのが特徴。肉眼で見ているときと同様の遠近感が自然に出るため、日常で見つけた魅力的なモノを、ありのままに記録するスナップ撮影などに重宝します。

立ち位置の工夫次第で広角的にも望遠的にも表現できる奥深さを持っていながら、初心者でも手軽に使いこなせるのが標準単焦点レンズの魅力。さらに、ほかの焦点域のモノと比べて価格が安いので、初めて購入する交換レンズとしても強い人気があります。

ポートレート撮影なら中望遠レンズ(85mmや135mmなど)

By: amazon.co.jp

人物のポートレート撮影に使うなら中望遠域の単焦点レンズがおすすめです。中望遠レンズとは、70〜150mmまでの焦点距離を採用する交換レンズのこと。手軽に印象的なポートレートが撮影できるため、「ポートレートレンズ」とも呼ばれています。

焦点距離が長くなるほど遠くの被写体を大きく引き寄せて撮影できるのがポイント。同時に、被写体と背景の距離感を消失させる遠近感の圧縮が進むので、モデル自体の存在感を強めたり、ストーリー性を意識した作品を制作したりするのに重宝します。

焦点距離85mmの中望遠単焦点レンズは、モデルとコミュニケーションを取りながら撮影するのに適度な間合いが得られるのが魅力。ポートレート入門用の単焦点レンズとして、初心者にも人気があります。

飛行機や野鳥の撮影なら望遠レンズ(600mmなど)

By: rakuten.co.jp

飛行機や野鳥の撮影に使うなら、超望遠域の単焦点レンズがおすすめです。一般的に望遠レンズは焦点距離180〜300mmまでのモノを指しますが、超望遠レンズはより長い400mm以上のモノを指します。

400mmを超える超望遠域は、遠くにいる被写体を、臨場感たっぷりに大きく写す際によく使われるのがポイント。特に、近づくのが難しい高所を飛ぶ飛行機や、警戒心の強い野鳥を切り取るためには、最低でも500mmを超える超望遠域が必要といわれています。

望遠域を超える単焦点レンズは、主にスポーツや報道のプロカメラマン向けに開発されており、高価なモノが多いのが懸念点。しかし、最近では機能を制限された単焦点レンズなど、初心者でも手軽に超望遠撮影が楽しめるモノも増えてきています。

最短撮影距離をチェック

By: nikon-image.com

最短撮影距離も、単焦点レンズ選びでは重要なポイントです。最短撮影距離とは、使用している交換レンズで被写体にピントを合わせられる最短の撮影距離のこと。最短撮影距離よりも接近してしまうと、フォーカス方式に関係なく合焦できなくなります。

近接距離でもピント合わせを快適に行いたい場合は、最短撮影距離が30cm以下の単焦点レンズを目安に選ぶのがおすすめ。ピント合わせのために距離をとる手間が減るので、飲食店でも席を立たずに料理などの撮影が楽しめます。

なお、最短撮影距離は、イメージセンサーの位置を示すためにカメラ本体に搭載されている距離基準マークから被写体までの距離を表します。レンズ先端から被写体までの距離ではないため、ピント合わせの際は注意しましょう。

オートフォーカス(AF)機能をチェック

By: nikon-image.com

オートフォーカス(AF)時の挙動も、快適な撮影には外せないポイントです。AFでピント合わせを行う際に、交換レンズの全長が変わったり、大きな駆動音が響いたりするモノだとやや不便。音が大きいと周囲からも目立ちやすいため、煩わしさを感じやすくなります。

最近の単焦点レンズは、大半のモデルがAFの際に全長が変化しない「インナーフォーカス方式」を採用しているのがポイント。ピント合わせの際に重心も変わらないので、大きな交換レンズを使う場合でも安定した構え方が可能です。

子供やペットの寝顔を撮るときや、美術館などで撮影する場合は、AFの駆動音が比較的静かなSTMなどのパルスモーターを搭載した単焦点レンズがおすすめ。駆動音をマイクで拾いにくいため、動画の撮影にも重宝します。

絞り羽根の枚数をチェック

By: canon.jp

絞り羽根の枚数も単焦点レンズの描写を決める大事な項目です。交換レンズの内部には、透過させる光量を調節する役割を持つ「絞り」が搭載されており、羽根のような形状の板を何枚も重ね合わせて成形されています。

絞り羽根の枚数が多くなるほど、絞りの作る穴が真円に近くなるのが特徴。角の取れた美しい円形ボケが得られるので、ポートレートの撮影で優しい雰囲気を演出したいときなどに重宝します。

絞り羽根の枚数によって「光条」の出方が変わるのもポイント。光条とは、F値を上げて絞り込んだときに、太陽や街灯などの光源から光線が放射状に拡散する現象のことです。

絞り羽根の枚数が偶数の場合は、絞り羽根と同じ数の光条が出ますが、奇数の場合は絞り羽根の枚数と比べて2倍の光条を演出可能。光源の存在感を高めて、逆光のシーンや夜景を魅力的に撮影したい場合などにおすすめです。

単焦点レンズの人気おすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは、東京の下丸子に本社を置く1937年設立の総合映像機器メーカーです。コンデジ・一眼レフ・ミラーレス一眼の各分野で業界首位の市場シェアを獲得していることでも有名。最近は高性能なミラーレス一眼のEOS Rシリーズに注力しています。

豊富なラインナップが用意されているのが、キヤノンの単焦点レンズの特徴。同社のミラーレス一眼用のRFレンズは、フルサイズ対応の高性能な高級レンズが主ですが、初心者でも気軽に入手できるコスパ良好なモノも取り扱われています。

個性的な単焦点レンズがあるのもキヤノンの魅力。固定F値を採用することで小型軽量化を実現した超望遠単焦点レンズも販売されており、野鳥・飛行機撮影の初心者から高い人気を集めています。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンは、東京の港区に本社を置く1917年設立の老舗光学機器メーカーです。長年にわたって、キヤノンと共に一眼レフ市場の二大巨塔として君臨していたことでも有名。最近は事業の軸足をミラーレス一眼にシフトし、シェアを着実に伸ばしています。

優れた耐久性を備えているのが、ニコンの単焦点レンズの特徴。コスパ重視のエントリーモデルでも、大半のモノに防塵・防滴に配慮した設計が採用されているため、旅行やアウトドアでも天候を気にせず撮影が楽しめます。

動画撮影に適した機能が充実しているのも魅力。AFの駆動音が静かなのはもちろん、ピント位置を移動させた際に画角が変わりにくいモデルもあり、Vlog撮影時も自然で違和感のない見え方の映像が得られます。

オーエムシステム(OM SYSTEM)

By: rakuten.co.jp

オーエムシステムは、東京の八王子に本社を置くOMデジタルソリューションズが展開しているカメラブランドです。母体だったオリンパスから2020年に分離独立した際に、映像事業を継承し、OMやPENなどのミラーレス一眼を中心に取り扱っています。

小型軽量で持ち運びやすいのが、オーエムシステムの単焦点レンズの特徴。フルサイズの同じ画角と開放F値を採用するモノと比べて、体積が半分以下に収まっているので、複数本を一緒に持ち歩いても軽快なフットワークで撮影が楽しめます。

同社の単焦点レンズは、おしゃれな金属製の鏡筒を採用するなど、デザイン面でも優れているのが魅力。加えて、リーズナブルな価格で手軽に楽しめる単焦点レンズのラインナップも充実しているため、初心者からも人気があります。

単焦点レンズのおすすめ|広角

キヤノン(Canon) RF16mm F2.8 STM

気軽に持ち歩けるキヤノンRF用の超広角単焦点レンズです。焦点距離16mmに対応しており、108°の広大な画角をカバーできるのが特徴。風景をダイナミックに表現できるのはもちろん、旅行先でのグループ撮影や自撮りなどにもおすすめです。

高画質な超広角撮影が軽量小型ボディで楽しめるのもポイント。開放F値をF2.8に抑えるなど光学設計を工夫することで、約165gの軽さと約40.2mmの小ささを実現しています。絞り羽根の枚数は7枚で、絞れば光条を強調した演出も可能です。

最短撮影距離13cm、最大撮影倍率0.26倍と優れた接写性能を備えているのも魅力。被写体を至近距離まで迫って大きく写せるので、花や動物を愛らしく強調するデフォルメ撮影も手軽に楽しめます。

ニコン(Nikon) NIKKOR Z 28mm f/2.8

優れたコスパで人気のあるニコンZ用の広角単焦点レンズです。初心者でも使いやすい広角28mmと開放F2.8の明るさを採用。重さ約155g、長さ約43mmと軽量コンパクトで、価格も比較的安いため、入門用の広角単焦点レンズとしてもおすすめです。

薄型レンズに多い沈胴構造を採用していないのもポイント。沈胴解除の動作が不要なので、突然のシャッターチャンスにも素早く対応が可能です。また、最短撮影距離が19cmと短く、被写体に迫ってダイナミックに表現したスナップ撮影も楽しめます。

STMを搭載しており、AF時の駆動音が静かなのも魅力。加えて、ピント移動で画角が変動するフォーカスブリージングが低減されています。明るさが変わるシーンでも自然な見え方が得られるため、動画撮影用にも重宝する単焦点レンズです。

オーエムシステム(OM SYSTEM) M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

スタイリッシュに使える、マイクロフォーサーズシステム規格の大口径広角単焦点レンズです。鏡筒はもちろん、別売りの専用フードやキャップにも上質な金属素材を採用。金属外装ながら重さ130g、長さ43mmと携帯しやすいので、街中でのスナップ撮影などにもおすすめです。

フルサイズ換算の焦点距離は24mm相当で、小型ながら開放F2の明るさを実現しているのもポイント。カメラ側の手ブレ補正と併用すれば、夕暮れや薄暗い室内など光量の少ないシーンでも手ブレを抑えつつ、ワイドで迫力のある撮影が手軽に楽しめます。

独自機構の「スナップショットフォーカス」を搭載しているのも魅力。フォーカスリングを手前に引くと、画面の手前から奥までピントが広範囲に合った、パンフォーカス状態を得られるため、背景を広く取り入れたスナップ撮影に重宝します。

シグマ(SIGMA) 16mm F1.4 DC DN | Contemporary

日常に使いやすいAPS-C用の大口径広角単焦点レンズです。開放F1.4と大口径ながら、重さは400g程度と比較的軽量。また、高級レンズ並みの高画質がリーズナブルな価格で楽しめるので、画質重視の方にもおすすめです。

手頃な価格ながら、9枚羽根の円形絞りと特殊な補正レンズを贅沢に採用しているのもポイント。開放付近のF値を使用する場合でも、画面の周辺まで円形の美しいボケが得られるため、夜景や星景の作品撮りを行う場合にも重宝します。

M4/3・ソニーE・富士フイルムXなどのレンズマウントに対応したモデルがラインナップされており、使用するカメラの規格に適したモノを選びやすいのも魅力。なお、M4/3機では32mm相当、APS-C機では24mm相当の画角で撮影できます。

単焦点レンズのおすすめ|標準

キヤノン(Canon) RF50mm F1.8 STM

コスパに優れたキヤノンRF用の大口径標準単焦点レンズです。一眼レフで長年にわたって人気があるレンズを、ミラーレス一眼用にリニューアルしたモデル。単焦点レンズの魅力をリーズナブルに味わえるので、EOS Rシリーズを使う初心者の方にもおすすめです。

普段の視野に近い自然な画角で撮影できる焦点距離50mmを採用しており、初心者でも扱いやすいのがポイント。絞り羽根の枚数は7枚、開放F値はF1.8と明るく、背景ボケや前ボケを画面に取り入れた撮影も簡単に楽しめます。

低価格ながら最短撮影距離30cm、最大撮影倍率0.25倍と、高い接写性能を備えているのもメリット。また、重さ約160g、長さ約40.5mmと軽量コンパクトで気軽に持ち歩けるため、街撮りや日常のスナップなどにも重宝します。

ニコン(Nikon) NIKKOR Z 40mm f/2

軽量小型で扱いやすい、ニコンZ用の標準単焦点レンズです。重さ約170g、長さ約45.5mmと携帯性は良好。50mmよりも広い画角と自然な遠近感が得られるので、スナップ撮影などで50mmの画角がやや窮屈に感じる方にもおすすめです。

開放F2と明るい設計のため、薄暗いシーンでも手ブレを軽減しつつ、高画質な撮影が可能。また、9枚の絞り羽根を採用しているのもポイントです。円形に近い自然なボケ味や、印象的な光条効果なども楽しめます。

防塵・防滴に配慮した設計を採用しており、天候を気にせず撮影を続けやすいのも魅力。STMの搭載によって静かで素早いAFが使用でき、動画撮影に便利な操作性も充実しています。ドキュメンタリー動画の制作などにも重宝するおすすめモデルです。

オーエムシステム(OM SYSTEM) M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

スナップ撮影に特化した、マイクロフォーサーズシステム規格の大口径標準単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離は34mm相当で、街撮りに人気の画角と適度な遠近効果を得られるのが特徴。重さ120g、長さ35.5mmと手軽に持ち歩けるので、移動の多い旅行にもおすすめです。

開放F1.8の明るさを備えており、夕暮れや室内など薄暗いシーンでも高画質な撮影が可能。また、レンズ表面には透過率を高める「ZEROコーティング」が施されているため、逆光のシーンでもクリアで美しい描写が楽しめます。

精密機器特有の凝縮感が漂う、上質な金属外装を採用しているのも魅力。そのほか、あらかじめ指定した距離にピントを瞬時に移動できる「スナップショットフォーカス機構」も搭載しており、目測を使った昔ながらのスタイルのスナップ撮影にも活用可能です。

シグマ(SIGMA) 30mm F1.4 DC DN | Contemporary

大口径の魅力が手軽に楽しめる、M4/3・APS-C用の大口径標準単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離はM4/3では60mm、APS-Cでは45mmで、自然で使いやすい画角が得られます。

開放F1.4と大口径ながら、ソニーEマウントの場合で重さ約265g、長さ約73.3mmと軽量コンパクトなのもポイント。持ち運びやすいので、常用の単焦点レンズとしてもおすすめです。また、9枚羽根の絞りを採用しているため、円形に近い美しいボケ味も楽しめます。

鏡筒と絞りの部品に弾性の高い新複合材「TSC」を採用しており、本体の小型化と滑らかな駆動を両立。STMの搭載によって静かで高速なAFも利用できるので、動画撮影用の単焦点レンズとしても適しています。

M4/3・ソニーE・富士フイルムXなどの、幅広いマウントに対応したモデルをラインナップしているのもメリットです。

単焦点レンズのおすすめ|中望遠

キヤノン(Canon) RF85mm F2 MACRO IS STM

ボケ味を生かしたポートレート撮影が手軽に楽しめる、キヤノンRF用の中望遠単焦点レンズです。被写体に圧迫感を与えず適度な間合いが保てる焦点距離85mmを採用。開放F2による豊かなボケ表現も可能なので、ポートレート入門用のレンズとしてもおすすめです。

中望遠ながら、最短撮影距離35cmと高い近接撮影性能を備えています。さらに、最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影にも対応。被写体の一部を拡大して切り取れるため、料理・花・小物などテーブルフォトの撮影にも重宝します。

重さ約500g、長さ約90.5mmと軽量コンパクトで取り回しに優れているのも魅力。レンズ側だけでもシャッター速度換算で最高5段分の効果を持つ手ブレ補正機構を内蔵しているので、薄暗い室内でも安定した構図の撮影が可能です。

オーエムシステム(OM SYSTEM) M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

卓越した描写が堪能できる、マイクロフォーサーズシステム規格の大口径中望遠単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離は150mm相当で、数m先にいる被写体を立体的に切り取るのに便利。ストーリー性を演出したポートレートや舞台、屋内スポーツなどの撮影におすすめです。

中望遠で開放F1.8と明るく、豊かで大きなボケ味が手軽に得られます。また、9枚羽根の円形絞りによって、周辺部まで真円に近く、自然で美しいボケを実現可能。画面の隅に点光源や透過光によるボケを配置した構図も、積極的に使えます。

上質な金属外装を採用しながら、重さ305g、長さ69mmとコンパクトで携帯しやすいのも魅力。ピントリングにも金属が使われており、滑らかな動きで操作できるため、マニュアルフォーカス(MF)でピントを追い込む場合にも重宝します。

シグマ(SIGMA) 56mm F1.4 DC DN | Contemporary

優れたコスパで人気のあるM4/3・APS-C用の大口径中望遠単焦点レンズです。開放F1.4の明るさとボケ量を得られながら、ソニーEマウントの場合で重さ約280g、長さ約59.5mmと軽量コンパクト。価格も手頃なので、普段使いのポートレートレンズとしてもおすすめです。

高級レンズに匹敵する高画質を、小型ボディで実現しているのもポイント。不自然な色づきを補正するSLDガラスや、反射による影響を防ぐスーパーマルチレイヤーコートが採用されており、逆光のシーンでも自然でクリアな描写が楽しめます。

同シリーズの単焦点レンズと同様、 高精度と堅牢性を両立した真鍮製マウントを採用しているのも魅力。M4/3・ソニーE・富士フイルムXなどに対応したモデルをラインナップしており、フルサイズ換算の焦点距離はAPS-Cで84mmになります。

単焦点レンズのおすすめ|望遠

キヤノン(Canon) RF600mm F11 IS STM

迫力の超望遠撮影が手持ちで楽しめる、キヤノンRF用の超望遠単焦点レンズです。開放F11の固定絞り機構を採用することで、超望遠600mmに対応しながら重量約930gの軽さを実現。価格もリーズナブルなので、野鳥や飛行機の撮影に挑戦したい初心者の方にもおすすめです。

沈胴構造によって、撮影時以外は全長を約269.5mmまで小型化可能。森や山のなかでも軽快に持ち運べます。また、インナーフォーカス方式を採用しているのもポイント。AF時に鏡筒の長さや重心が変わらないため、安定した構えで超望遠撮影に臨めます。

シャッター速度換算で5段分の効果を持つ手ブレ補正機構を内蔵しているのも魅力。手持ちでもストレスフリーな超望遠撮影が楽しめます。別売りのエクステンダーと併用すれば、焦点距離を最長1200mmまで拡張可能です。

単焦点レンズの売れ筋ランキングをチェック

単焦点レンズのランキングをチェックしたい方はこちら。