幅広い角度をカバーして遠近感を強調できる広角レンズ。望遠レンズと比べて広角レンズは軽量コンパクトなので、風景写真はもちろん街中のスナップでも気軽に使えるのが特徴です。

そこで今回は、広角レンズの魅力とレンズ選びのポイント、おすすめの広角レンズをご紹介します。写真撮影が楽しくなる広角レンズをぜひチェックしてみてください。

広角レンズとは?

By: sigma-global.com

カメラで使用される標準レンズは焦点距離が50mm前後ですが、それよりも画角が広い焦点距離35mm以下のモノを広角レンズと呼びます。風景写真・建築写真・星景写真など広がりのある壮大な1枚を撮りたいときに欠かせないアイテムです。

広角レンズはピントの合う範囲が広い(被写界深度が深い)ので、大勢の人物を写す集合写真撮影に最適。ビギナーは標準レンズに次いで望遠レンズを選ぶことも多いですが、広角レンズも1本持っていると写真の楽しみが広がるためおすすめのレンズです。

広角レンズと超広角レンズの違い

一般的に焦点距離35mm以下のモノが広角レンズ、20mm以下のモノが超広角レンズと呼ばれます。焦点距離が短くなるほどレンズの価格は高くなる傾向にあるため、予算が限られている場合は注意が必要です。

より遠近感を強調した写真が撮りたい場合は、超広角レンズがおすすめ。標準レンズに近い自然な画角で広く写真を撮りたい場合は、リーズナブルな広角レンズの方がおすすめです。

広角レンズが活躍するシーン

風景写真

広い画角で風景を1枚に収められるのが広角レンズのメリット。被写界深度が深いので、ピントが合う範囲が広くて便利です。遠近感が強調されるので、大きな花畑などを撮影した場合は手前の植物が大きく、奥の植物は小さく写って広がりを感じられる写真に仕上がります。

また、空を背景にして高層ビルを下から見上げるように写せば高さを強調した写真が撮影可能。このように、広角レンズは広さと高さをアピールできる便利なレンズです。

人物写真

ポートレートには背景をボカしやすい中望遠レンズが使われることが多いですが、広角レンズで撮影した人物写真も魅力的。多人数を写せるため、集合写真をキレイに撮れるのもメリットです。

広角レンズは遠近感が強調されるので、手を前に伸ばしたポーズなどは動きが感じられるダイナミックな写真になるのが特徴。また、人物に近づいてローアングルから写せば足を長く見せられます。

室内写真

室内を写す場合も広角レンズがおすすめ。広い画角を活かして室内の様子を1枚の写真に収められます。ピントの合う範囲が広いので、家族の団らんやパーティーなど日常風景を手軽に撮影できるのが魅力です。

模型や人形などに近づいて撮影すると迫力ある写真が撮れるのもメリット。ミニチュアを本物のように見せる独特な写真を撮影したい場合も広角レンズは便利で、写真の楽しみが広がります。

広角レンズの選び方

By: amazon.co.jp

F値で選ぶ

有効口径が大きくてF値が小さいレンズは「大口径レンズ」もしくは単に「明るいレンズ」と呼ばれます。F値が小さくて取り込む光が多いレンズは、シャッタースピードが速くなるのが特徴です。

光量が少ない室内などで撮影する機会が多い方は、F値が小さくて明るいレンズを選ぶと安心。ただし、大口径の広角レンズは高額な点がデメリットです。

F値によってピントが合う範囲を表す被写界深度も変わってきます。F値が小さなレンズはピントの合う範囲が狭くなるため、背景をボカした1枚を撮影可能です。

手ぶれ補正機能の有無で選ぶ

デジタル一眼レフカメラの手ぶれ補正機能は、レンズ内とボディ内の2つの方式があります。メーカーによって採用している方式が異なるため注意が必要です。

レンズ内手ぶれ補正は、レンズ内にある一部のレンズを動かして補正する方式。撮影時にファインダーで補正効果を確認できるのがメリットです。ただし、レンズごとに手ぶれ補正機能が必要になるため大型化・重量化する傾向にあります。主にキヤノン・ニコン・パナソニック・タムロン・シグマなどが採用している方式です。

ボディ内手ぶれ補正は、一眼レフ本体の撮影素子を動かして手ぶれを補正する方式。そのため個々の交換レンズには手ぶれ補正機能が不要で、小型化・軽量化できるのがメリットです。一方、撮影するときにファインダーで補正効果を確認できないのがデメリット。主にペンタックス・ソニー・オリンパスが採用している方式です。

単焦点レンズか広角ズームかで選ぶ

単焦点の広角レンズは、比較的リーズナブルな価格で購入できるレンズです。全体的に小型かつ軽量なモノが多いのでラクに持ち運べます。

また、単焦点レンズは色収差や歪みを補正するためのレンズが不要。シンプルな構造のため画質も鮮明です。さらに、F値が小さくて明るいレンズが多いのも特徴といえます。

一方、広角ズームは利用シーンの広さが特徴。超高倍率ズームレンズでは、18〜400mmといった超広角から超望遠域までをカバーしたレンズも展開されています。ただし、大型で重くなるのがデメリットです。

広角レンズを購入する際の注意点

By: amazon.co.jp

レンズ選びの際は、レンズと本体を繋げる「レンズマウント」に注意が必要。マウントが合わないレンズはカメラに装着できません。基本的に、メーカーが異なるとマウントに互換性がないので気をつけましょう。

ただし、同じメーカーでもフルサイズ一眼レフ・APS-C一眼レフ・ミラーレス一眼レフなどカメラジャンルによってマウントが異なるので、手持ちのカメラに対応したレンズを選ぶことが重要です。

広角レンズのおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) 広角ズームレンズ EF 16-35mm F2.8L III USM

キヤノンの大口径超広角レンズ。前モデルからさまざまな改良が施されており、買い替えにもおすすめの実力派レンズです。

3枚の非球面レンズが効果的に配置されていて、歪曲収差・像面湾曲を大幅に軽減しているのが特徴。ズーム全域にわたって、中心部から周辺部までクリアな高画質を実現しています。特殊コーティング「SWC」を施すことで反射を防いで、フレアやゴーストの発生を軽減しているのも魅力です。

ピントを合わせるときにレンズの全長が変わらないインナーフォーカス方式を採用しているのもポイント。レンズ表面にフッ素コーティングを施していたり、ホコリや水の入りにくい防塵防滴構造を採用していたりとハードな場面でも信頼性の高いアイテムです。

キヤノン(Canon) 広角レンズ EF-S 24mm F2.8 STM

肉眼に近い自然な画角が魅力の単焦点広角レンズ。非球面レンズを採用したことにより、画面全体が高画質です。F2.8の大口径レンズなので自然なボケ感が描写できます。被写体に約9cmまで近づけるため、迫力のある1枚が撮れるのも特徴です。

重量は約125gと軽いので、コンパクト一眼レフに装着すればコンデジ感覚で手軽に持ち歩けます。F2.8の大口径レンズでありながら、価格がリーズナブルな点もメリット。室内の撮影でも実力を発揮するおすすめの広角レンズです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) 超広角ズームレンズ EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM

キヤノン純正でコスパの高い広角レンズを探している方におすすめのAPS-C対応広角レンズ。焦点距離10~18mmの超広角ズームなので、風景写真や集合写真を撮りたいときにおすすめです。

非球面レンズとUDレンズを採用しており、画像の歪みを抑えるとともに色収差も軽減しています。手ぶれ補正機能が搭載されているのも特徴です。

オートフォーカスには、静音性が高くてなめらかに動くステッピングモーターを採用。動画撮影も快適に行えます。広角写真を手軽に楽しみたいという方におすすめの超広角レンズです。

▼撮影イメージ

広角レンズのおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

ニコンのDXフォーマットに対応している超広角レンズ。重量約230gと軽量で本体もコンパクトなので持ち運びやすく、リーズナブルな価格も魅力です。

非球面レンズ3枚で歪みを抑えているのが特徴。オートフォーカス機構は静かで高速なSTM(ステッピングモーター)を搭載しており、フォーカス音が気になる場所でも撮影できます。

ニコン独自のレンズ内補正・VR機構を搭載しており、手ぶれをしっかり補正。最短撮影距離22cmのクローズアップ性能を備えていることにより、近くの被写体も撮影可能で機能性の高い超広角レンズです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED AFS20 1.8G

ニコンのフルサイズ(FXフォーマット)に対応している大口径超広角単焦点レンズ。焦点距離は20mmでF値は1.8のため、明るい広角レンズを探している方に適しています。重量は約355gです。

非球面レンズ2枚を採用して画像の歪みを軽減するとともに、EDレンズ2枚で色収差を抑えたハイクオリティな1枚を撮影できます。反射防止コーティングにはナノクリスタルコートが施されており、従来の多層膜コーティングを超える性能を実現。これにより逆光時のフレアとゴーストを効果的に抑えます。

最短撮影距離は20cmで近くの被写体を撮影可能。手ぶれ補正効果が高いVR機構搭載でキレイに写真を撮れるモデルです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 超広角ズームレンズ AF-S 18-35mm F3.5-4.5G ED

フルサイズ対応の超広角レンズ。非球面レンズ・EDレンズを採用しており、クリアで解像度の高い描写ができます。フルサイズ一眼レフの高い性能を充分に引き出せるモデルです。

オートフォーカスは速くて静かな超音波モーター駆動を採用。マニュアルフォーカスも可能です。フルサイズ一眼レフのレンズは重くなりがちですが、このモデルは約385gなので持ち運びに苦労しません。

▼撮影イメージ

広角レンズのおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) DA 超広角ズーム 12-24mmF4 ED AL[IF] Kマウント

ペンタックスが展開しているDAレンズシリーズの中でも、特に広い画角の超広角レンズ。非球面レンズを採用して球面収差を補正するとともに、ED(特殊低分散)ガラスで色収差を補正して高画質な1枚が撮れます。

オートフォーカスからマニュアルフォーカスへのシームレスな切り替えができるクイックシフト・フォーカス・システムを採用しているのも特徴です。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) 薄型広角単焦点レンズ HD PENTAX-DA21mmF3.2AL Limited

HDコーティングが施されており、撮影時の反射を抑えてくれるAPS-Cサイズの薄型広角単焦点レンズ。撥水・撥油・傷防止効果のあるSPコーティングも施されているため、常にクリアな1枚が撮れます。アルミ削り出しによる高級な質感も特徴です。

オートフォーカスで焦点を合わせた後、ピントリングを回せばすぐマニュアルフォーカスに切り替えられるのがポイント。また、円形絞りを採用しているため美しいボケ感のある写真を撮影できます。

レンズメーカーのおすすめ広角レンズ

タムロン(TAMRON) 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD ニコン用

APS-C専用の超広角ズームレンズとしては広い10~24mmの焦点距離が特徴のモデル。タムロン独自の手ぶれ補正機構を採用しており、光量が少ない室内や夕方の風景などを写したいときも安心して撮影できます。高性能でありながら本体のコンパクトさをキープしている技術力の高さもポイントです。

▼撮影イメージ

タムロン(TAMRON) 高倍率ズームレンズ 16-300mm F3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO キヤノン用

超広角から超望遠までカバーしている圧倒的な性能の高倍率ズームレンズ。非球面レンズ3枚・LD(異常低分散)レンズ2枚・UXR(超高屈折率)ガラス1枚を採用しており、さまざまなレンズの収差を抑えています。手ぶれを効果的に軽減させる手ぶれ補正機構が搭載されているのも特徴です。

最短撮影距離39cm、最大撮影倍率も1:2.9でマクロ撮影も可能。1本で超広角レンズ・超望遠レンズ・マクロレンズとして使えるおすすめのレンズです。

▼撮影イメージ

シグマ(SIGMA) 単焦点広角レンズ Art 20mm F1.4 DG HSM キヤノン用

F1.4の大口径で明るく写真が撮れるフルサイズ対応の広角レンズ。被写界深度が浅くてボケにくいという広角レンズのデメリットを大口径にすることで補っています。

歪曲収差が少ないので、風景写真をはじめ星空など天文写真の撮影にも適しています。ハイパーソニックモーターを搭載することにより、高速でオートフォーカスできるだけではなく、静粛性も高いのが魅力のモデルです。

▼撮影イメージ

シグマ(SIGMA) 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM キヤノン用

超音波モーターHSMを搭載することで、静かにオートフォーカスができるAPS-Cサイズの超広角ズームレンズです。

倍率色収差を補正するレンズが採用されていたり、フレアとゴーストを抑えるスーパーマルチレイヤーコートが採用されていたりと、高画質を実現するための工夫をこらしているのが魅力。最短撮影距離が24cmと比較的短いので、被写体に近づいて迫力のある写真を撮りたい方に適しています。