幅広い角度をカバーして遠近感を強調できる「広角レンズ」。望遠レンズと比べて広角レンズは軽量コンパクトなので、風景写真はもちろん、街なかのスナップでも気軽に使えるのが特徴です。

そこで今回は、広角レンズの魅力やレンズ選びのポイント、おすすめの広角レンズをご紹介します。写真撮影が楽しくなる広角レンズをぜひチェックしてみてください。

広角レンズとは?

By: sigma-global.com

カメラで使用される標準レンズは焦点距離が50mm前後ですが、それよりも画角が広い焦点距離35mm以下のモノを広角レンズと呼びます。風景写真・建築写真・星景写真など、広がりのある壮大な1枚を撮りたいときに欠かせないアイテムです。

広角レンズはピントの合う範囲が広いので、大勢の人物を写す集合写真撮影に最適。広角レンズを1本持っていると、写真の楽しみが広がるためおすすめです。

広角レンズと超広角レンズの違い

一般的に焦点距離35mm以下のモノを広角レンズ、20mm以下のモノを超広角レンズと呼びます。焦点距離が短くなるほどレンズの価格は高くなる傾向にあるため、予算が限られている場合は注意が必要です。

より遠近感を強調した写真を撮りたい場合は、超広角レンズがおすすめ。標準レンズに近い自然な画角で広く写真を撮りたい場合は、リーズナブルな広角レンズをチョイスしてみてください。

広角レンズが活躍するシチュエーション

風景写真

広い画角で風景を1枚に収められるのも広角レンズのメリットのひとつ。被写界深度が深いため、ピントの合う範囲が広くて便利です。遠近感が強調されるので、大きな花畑などを撮影した場合は手前の植物が大きく、奥の植物は小さく写って広がりを感じられる写真に仕上がります。

また、空を背景にして高層ビルを下から見上げるように写せば、高さを強調した写真が撮影可能。広角レンズは広さと高さをアピールできる、便利なレンズです。

人物写真

ポートレートには背景をボカしやすい中望遠レンズが使われることも多いですが、広角レンズで撮影した人物写真も魅力的。多い人数でもしっかり写せるため、集合写真をキレイに撮れるのもメリットです。

広角レンズは遠近感が強調されるので、手を前に伸ばしたポーズなどは、動きが感じられるダイナミックな写真に仕上がるのが特徴。また、人物に近づいてローアングルから写せば足を長く見せられます。

室内写真

室内を写す場合も広角レンズがおすすめ。広い画角を活かして室内の様子を1枚の写真に収められます。ピントの合う範囲が広いので、家族の団らんやパーティーなど、日常風景を手軽に撮影できるのが魅力です。

模型や人形などに近づいて撮影すると迫力ある写真が撮れるのもメリット。ミニチュアを本物のように見せる独特な写真を撮影したい場合にも適しているため、写真の楽しみが広がります。

広角レンズの選び方

F値をチェック

有効口径が大きくてF値が小さいレンズは「大口径レンズ」もしくは単に「明るいレンズ」と呼ばれます。F値が小さくて取り込む光が多いレンズは、速いシャッタースピードが特徴です。

光量が少ない室内などで撮影する方は、F値が小さくて明るいレンズを選ぶと安心。ただし、大口径の広角レンズは高額な点がデメリットです。

F値によって、ピントが合う範囲を表す被写界深度も変わります。F値が小さなレンズはピントの合う範囲が狭くなるため、背景をボカした1枚を撮影可能です。

手ブレ補正機能の有無をチェック

デジタル一眼レフカメラの手ブレ補正機能は、レンズ内とボディ内の2つの方式があります。メーカーによって採用している方式が異なるため、注意が必要です。

レンズ内手ブレ補正は、レンズ内にある一部の機構を動かして補正する方式で、撮影時にファインダーで補正効果を確認できるのがメリット。ただし、レンズごとに手ブレ補正機能が必要になるので大型化・重量化する傾向にあります。主にキヤノン・ニコン・パナソニック・タムロン・シグマなどが採用している方式です。

ボディ内手ブレ補正は、一眼レフ本体の撮影素子を動かして手ブレを補正する方式。そのため、個々の交換レンズには手ブレ補正機能が不要で、小型化・軽量化できるのがメリットです。一方、撮影するときにファインダーで補正効果を確認できないのがデメリット。主にペンタックス・ソニー・オリンパスが採用しています。

レンズの種類をチェック

広角ズームレンズ

By: rakuten.co.jp

広角ズームレンズとは、広角レンズのなかでも焦点距離に幅があるタイプのレンズ。ワイド端は16mmが一般的ですが、最近は14mmや12mmのレンズも展開されており、それらは超広角ズームと呼ばれることもあります。

開放F2.8で16〜35mmの広角ズームレンズはかなり高価ですが、開放F4であれば比較的リーズナブル。手ブレ補正を搭載しているレンズもあり、コスパは良好です。価格が気になる方は、F値もしっかりとチェックしておきましょう。

広角単焦点レンズ

By: rakuten.co.jp

広角単焦点レンズとは、広角レンズのなかでも焦点距離が限定されたタイプのレンズ。広角レンズは焦点距離の短さがポイントとなるので、製品ラインナップとしてはおおむね10〜30mm台が広角の単焦点レンズに該当します。

単焦点レンズを活用する理由は大きく2つあり、1つは明るさを求める場合、もう1つは高画質化を求める場合があります。広角単焦点レンズの導入を検討している方は、自身の求めるワイド端と焦点距離を吟味して選ぶようにしましょう。

対応マウントをチェック

By: amazon.co.jp

レンズ選びの際は、レンズと本体を繋げる「レンズマウント」に注意が必要です。マウントが合わないレンズはカメラに装着できません。基本的に、メーカーが異なるとマウントに互換性がないので気をつけましょう。

ただし、同じメーカーでもフルサイズ一眼レフ・APS-C一眼レフ・ミラーレス一眼など、カメラジャンルによってマウントが異なるため、手持ちのカメラに対応したレンズを選ぶことが重要です。

広角レンズのおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

ニコン(Nikon) AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

本格的な超広角撮影を気軽に楽しめる、Fマウント・APS-C一眼レフカメラ用の超広角ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は15~30mm。重量わずか約230gという小型・軽量ボディながら、像のズレを補正する非球面レンズを3枚使用することで高画質を実現しています。

シャッター速度で3.5段分の補正効果を有する手ブレ補正機能を搭載。さらに、最短撮影距離が0.22mと被写体に大胆に近寄れるので、背景を広く取り込みながら遠近感を活かしたクローズアップ撮影が楽しめます。

コストパフォーマンスの高さも魅力。広角レンズの描写を試してみたい初心者の方にもおすすめです。

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

機動性と高画質を両立させた、Fマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の超広角ズームレンズ。焦点距離は16~35mmで、全焦点域を通して開放F値はF4です。

本レンズは、開放F4固定なので重量が約680gと軽く、快適に移動や取り回しができます。2.5段分の手ブレ補正機能を搭載しているのもポイント。レンズの前面にPLやNDなどのフィルターも装着できるので、空の青色を濃くしたり滝の流れを絹状に描写したりなどの表現をする際に重宝します。

ニコン(Nikon) NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

ニコン(Nikon) NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

高画素機にも対応する優れた光学性能を有する、小型・軽量なZマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の超広角ズームレンズです。焦点距離は14~30mmで、F値は全焦点域で開放F4に固定。重量はわずか約485gと軽く、移動中はボタンレスの沈胴機構によってコンパクトに収納できるので、フルサイズミラーレスの機動力を活かした撮影が楽しめます。

本レンズは、ニコンが誇る高画質な高級レンズシリーズ「S-Line」の1本。画面周辺部でも外灯や星などの点光源を美しく再現できるので、夜景や星景の撮影にもおすすめです。独自コーティングの「ナノクリスタルコート」によって逆光下でも透明感のある描写が楽しめます。

広角レンズのおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) EF16-35mm F4L IS USM

キヤノン(Canon) EF16-35mm F4L IS USM

性能と価格のバランスが取れた、EFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の超広角ズームレンズ。焦点距離は16~35mmで、F値は全焦点域で開放F4です。

キヤノンでは、全域F2.8通しの超広角ズームレンズが採用されています。しかし、本レンズは比較的安い価格で購入できるため、高画質な超広角ズームは欲しいがコストを抑えたいという方にもおすすめです。

本レンズも高級ライン「Lレンズ」に属する1本なので画質も良好。シャッター速度で4段分の手ブレ補正効果をもつほか、防塵・防滴構造や防汚効果のあるフッ素コーティングが施されているため、アウトドアなど過酷な自然環境の下でも対応できます。

キヤノン(Canon) EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

キヤノン(Canon) EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

コストパフォーマンスの優れた、小型・軽量なEF-Mマウント・APS-Cミラーレスカメラ用の広角ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は18~35mm。重さわずか約220gの軽くコンパクトな広角レンズで、快適に持ち運べるのでお出かけや旅行に適しています。

手ブレ補正機構を搭載するため、スナップ撮影などで手持ちでもブレのない鮮明な写真が撮影可能。さらに、より広い補正範囲を有する「ダイナミックIS」を使えば、歩きながらの動画撮影なども安心して楽しめます。

また、価格が安いのも魅力のひとつ。手軽に広角レンズの描写を試せるので、初心者の方にもおすすめです。

キヤノン(Canon) RF35mm F1.8 MACRO IS STM

キヤノン(Canon) RF35mm F1.8 MACRO IS STM

手軽にボケ味を楽しめる、リーズナブルなRFマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の大口径広角単焦点レンズです。焦点距離はスナップ撮影に最適な35mmで、重さはわずか約305g。開放F値はF1.8と明るいため、背景を広く取り込みつつボケさせるなどの描写が軽快なフットワークで楽しめます。

最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影ができるのも本レンズの特徴。さらに、最短撮影距離は17cmで、広角レンズながら被写体に至近距離まで迫れます。「ハイブリッドIS」によって、マクロ撮影時の手ブレもしっかり補正できるので、花や雑貨などの物撮りにもおすすめです。

広角レンズのおすすめモデル|ペンタックス

リコー(RICOH) HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

リコー(RICOH) HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

味わいのある描写と使用感が堪能できる、Kマウント・APS-C一眼レフカメラ用の超広角単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離は23mm。「Limited」シリーズのレンズは、高画質なだけではなく、独特の味わいがあることで人気です。本レンズもキレのよい描写と深みのある色合い、心地よい操作感が撮影意欲を刺激します。

新開発の「HDコーティング」によって、逆光などの悪条件下でもシャープでコントラストの高いクリアな画像を実現。アルミ削り出しの鏡筒は質感も高く、AFでの合焦後に切り替え操作なしで直接MFでピントの追い込みができるので、スナップ撮影での物撮りにもおすすめです。

リコー(RICOH) HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

リコー(RICOH) HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

高精細でヌケのよい高画質が得られる、Kマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の大口径超広角ズームレンズです。焦点距離は15~30mmで、風景からスナップまでさまざまな撮影で活躍します。

F値は全焦点域で開放F2.8。超広角レンズながら背景のボケ味を活かした撮影ができるほか、その明るさを活かして夜景や星景も十分な光量を取り込んで高画質な画像が得られます。「HDコーティング」によって逆光下でもクリアな描写が得られるのもポイントです。

防塵・防滴仕様なので、アウトドアなどの使用でも対応が可能。1kgを超える重量と高価な価格が難点ですが、ペンタックスで最高の広角描写を堪能したい方におすすめです。

広角レンズのおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) E 10-18mm F4 OSS

ソニー(SONY) E 10-18mm F4 OSS

小型・軽量で扱いやすい、高画質なEマウント・APS-Cミラーレスカメラ用の超広角ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は15~27mm。重さはわずか約225gと軽くコンパクトなので、初心者でも簡単に取り回せます。

高画質でコントラストの高い描写も特徴。小さな鏡胴の中には特殊なレンズがふんだんに使用されており、超広角で顕著に目立つ像や色のズレを補正することで高画質を実現しています。

F値が全焦点域で開放F4通しなのも魅力。さらに、手ブレ補正気候も搭載しているので、夕景や暗い室内など光量が不足しがちなシーンでも、手ブレを抑えて高精細な写真が撮影できます。

ソニー(SONY) Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

ソニー(SONY) Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

高い機動性と描写力を両立させた、FEマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の超広角ズームレンズです。本レンズはF値を開放F4に固定することで、比較的安い価格を実現。重さも約518gと軽いので、軽快なフットワークで撮影が楽しめます。

ドイツの名門レンズメーカー・カールツァイス社が監修しているのもポイント。高度非球面AAレンズをはじめとする特殊レンズを贅沢に使用し、ツァイス社独自の「T*コーティング」を施すことで、全焦点域で高コントラストかつヌケのよい描写を実現しています。防塵・防滴に配慮した設計なのも特徴です。

ソニー(SONY) FE 35mm F1.8

ソニー(SONY) FE 35mm F1.8

リーズナブルな価格で立体的な構図の広角撮影が堪能できる、FEマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の大口径広角単焦点レンズです。焦点距離は35mm。開放F1.8から画面全域で高い解像性を発揮し、大きなボケ味が楽しめるにも関わらず、価格が安いので広角レンズの初心者にもおすすめです。

優秀な近接撮影性能を備えているのも特徴。最短撮影距離0.22m、最大撮影倍率0.24倍なので、テーブルフォトや花などを近距離で撮影する際にも重宝します。

優れた操作性も魅力。AF/MFを鏡筒のスイッチで瞬時に切り替えられるほか、フォーカスホールドボタンによく使用する機能を割り当てて即座に操作できます。

広角レンズのおすすめモデル|タムロン

タムロン(TAMRON) 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (Model B023)

タムロン(TAMRON) 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (Model B023)

コストパフォーマンスに優れた、高機能なAPS-C一眼レフカメラ用の超広角ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は16~37mmで、ニコンFマウントとキヤノンEF-Sマウントの2種類が選択できます。

特殊レンズを適切に配置することで、ズーム全域で優れた光学性能を発揮しているのが特徴。また、シャッター速度換算で4段分の手ブレ補正効果をもつユニットを搭載しているので、暗所でも手ブレを気にせず手持ち撮影が楽しめます。

簡易防滴構造や防汚コートを実装しているのもポイント。手軽に入手できるので、高画質な超広角ズームレンズが欲しいけどカメラメーカー純正品は高価で手が出ないと考えている方にもおすすめです。

タムロン(TAMRON) 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

タムロン(TAMRON) 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

フルサイズで気軽に超広角撮影が楽しめる、ソニーFEマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の大口径超広角ズームレンズです。F値は全焦点域で開放F2.8と明るいにも関わらず、焦点距離を17~28mmに抑えることで、長さ99mm・質量420gというクラス最小・最軽量を実現しています。

妥協のない美しい画質も特徴。特殊レンズで像や色のズレを徹底的に抑えつつ、高い反射防止効果を持つ「BBARコーティング」によって逆光下でもクリアな描写が得られます。

「瞳AF」や「ダイレクトマニュアルフォーカス」など、ソニーのカメラがもつ主な機能にもしっかり対応。価格もソニー純正のF2.8ズームと比べて安いのも魅力です。

広角レンズのおすすめモデル|シグマ

シグマ(SIGMA) 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

シグマ(SIGMA) 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

APS-Cサイズの一眼レフカメラで最広角が得られることで人気の超広角ズームレンズです。フルサイズ換算で広角端12mmという圧倒的な超広角描写を実現しているのが最大の特徴。肉眼を遥かに超える広い範囲が切り取れると同時に、遠近感も強烈に目立つので、絶景をダイナミックに撮りたい場合などに活躍します。

重さ555g、長さ105.7mmと、換算12mmの広角レンズとしてはコンパクト。最短撮影距離は24cmで、超広角の画角と遠近感を活かした近接撮影も楽しめます。対応マウントの多さもポイント。キヤノンEF-S・ニコンF・ソニーA・ペンタックスK・シグマSAの合計5種類に対応しています。

シグマ(SIGMA) 14-24mm F2.8 DG HSM

シグマ(SIGMA) 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

最高クラスの描写力を誇る、フルサイズ一眼レフカメラ用の大口径超広角ズームレンズです。シグマの「Art」ラインのレンズは、重量や大きさは度外視して光学性能を最優先した設計がなされているのが特徴ですが、本レンズも同様に高画質を実現しています。

焦点距離は14~24mmで、F値は全焦点域で開放F2.8通し。特に、広角端の14mmは画面周辺部に現れる像の歪みを最小限に抑えていることから、「ゼロディストーション」と銘打たれており、忠実な直線の描写が要求される建築などの撮影にも重宝します。

対応マウントは、ニコンF・キヤノンEF・シグマSAの3種類。また、マウントアダプターを介せば、フルサイズミラーレスでも使用できます。