幅広い角度をカバーして遠近感を強調できる「広角レンズ」。望遠レンズと比べて広角レンズは軽量コンパクトなので、風景写真はもちろん、街中のスナップでも気軽に使えるのが特徴です。

そこで今回は、広角レンズの魅力やレンズ選びのポイント、おすすめの広角レンズをご紹介します。写真撮影が楽しくなる広角レンズをぜひチェックしてみてください。

広角レンズとは?

By: sigma-global.com

カメラで使用される標準レンズは焦点距離が50mm前後ですが、それよりも画角が広い焦点距離35mm以下のモノを広角レンズと呼びます。風景写真・建築写真・星景写真など、広がりのある壮大な1枚を撮りたいときに欠かせないアイテムです。

広角レンズはピントの合う範囲が広い(被写界深度が深い)ので、大勢の人物を写す集合写真撮影に最適。広角レンズを1本持っていると、写真の楽しみが広がるためおすすめです。

広角レンズと超広角レンズの違い

一般的に焦点距離35mm以下のモノを広角レンズ、20mm以下のモノを超広角レンズと呼びます。焦点距離が短くなるほどレンズの価格は高くなる傾向にあるため、予算が限られている場合は注意が必要です。

より遠近感を強調した写真を撮りたい場合は、超広角レンズがおすすめ。標準レンズに近い自然な画角で広く写真を撮りたい場合は、リーズナブルな広角レンズをチョイスしてみてください。

広角レンズが活躍するシーン

風景写真

広い画角で風景を1枚に収められるのが広角レンズのメリット。被写界深度が深いため、ピントの合う範囲が広くて便利です。遠近感が強調されるので、大きな花畑などを撮影した場合は手前の植物が大きく、奥の植物は小さく写って広がりを感じられる写真に仕上がります。

また、空を背景にして高層ビルを下から見上げるように写せば、高さを強調した写真が撮影可能。広角レンズは広さと高さをアピールできる、便利なレンズです。

人物写真

ポートレートには背景をボカしやすい中望遠レンズが使われることも多いですが、広角レンズで撮影した人物写真も魅力的。多い人数でもしっかり写せるため、集合写真をキレイに撮れるのもメリットです。

広角レンズは遠近感が強調されるので、手を前に伸ばしたポーズなどは、動きが感じられるダイナミックな写真に仕上がるのが特徴。また、人物に近づいてローアングルから写せば足を長く見せられます。

室内写真

室内を写す場合も広角レンズがおすすめ。広い画角を活かして室内の様子を1枚の写真に収められます。ピントの合う範囲が広いので、家族の団らんやパーティーなど、日常風景を手軽に撮影できるのが魅力です。

模型や人形などに近づいて撮影すると迫力ある写真が撮れるのもメリット。ミニチュアを本物のように見せる独特な写真を撮影したい場合にも適しているため、写真の楽しみが広がります。

広角レンズの選び方

F値をチェック

有効口径が大きくてF値が小さいレンズは「大口径レンズ」もしくは単に「明るいレンズ」と呼ばれます。F値が小さくて取り込む光が多いレンズは、速いシャッタースピードが特徴です。

光量が少ない室内などで撮影する方は、F値が小さくて明るいレンズを選ぶと安心。ただし、大口径の広角レンズは高額な点がデメリットです。

F値によって、ピントが合う範囲を表す被写界深度も変わります。F値が小さなレンズはピントの合う範囲が狭くなるため、背景をボカした1枚を撮影可能です。

手ブレ補正機能の有無をチェック

デジタル一眼レフカメラの手ブレ補正機能は、レンズ内とボディ内の2つの方式があります。メーカーによって、採用している方式が異なるため注意が必要です。

レンズ内手ブレ補正は、レンズ内にある一部の機構を動かして補正する方式で、撮影時にファインダーで補正効果を確認できるのがメリット。ただし、レンズごとに手ブレ補正機能が必要になるので大型化・重量化する傾向にあります。主にキヤノン・ニコン・パナソニック・タムロン・シグマなどが採用している方式です。

ボディ内手ブレ補正は、一眼レフ本体の撮影素子を動かして手ブレを補正する方式。そのため、個々の交換レンズには手ブレ補正機能が不要で、小型化・軽量化できるのがメリットです。一方、撮影するときにファインダーで補正効果を確認できないのがデメリット。主にペンタックス・ソニー・オリンパスが採用しています。

レンズの種類をチェック

広角ズームレンズ

広角ズームレンズとは、広角レンズのなかでも焦点距離に幅があるタイプのレンズ。ワイド端は16mmが一般的ですが、最近は14mmや12mmのレンズも展開されており、それらは超広角ズームと呼ばれることもあります。

開放F2.8で16〜35mmの広角ズームレンズはかなり高価ですが、開放F4であれば比較的リーズナブル。手ブレ補正を搭載しているレンズもあり、コスパは良好です。価格が気になる方は、F値もしっかりとチェックしておきましょう。

広角単焦点レンズ

広角単焦点レンズとは、広角レンズのなかでも焦点距離が限定されたタイプのレンズ。広角レンズは焦点距離の短さがポイントとなるので、製品ラインナップとしてはおおむね10〜30mm台が広角の単焦点レンズに該当します。

単焦点レンズを活用する理由は大きく2つあり、1つは明るさを求める場合、もう1つは高画質化を求める場合があります。広角単焦点レンズの導入を検討している方は、自身の求めるワイド端と焦点距離を吟味して選ぶようにしましょう。

対応マウントをチェック

By: amazon.co.jp

レンズ選びの際は、レンズと本体を繋げる「レンズマウント」に注意が必要です。マウントが合わないレンズはカメラに装着できません。基本的に、メーカーが異なるとマウントに互換性がないので気をつけましょう。

ただし、同じメーカーでもフルサイズ一眼レフ・APS-C一眼レフ・ミラーレス一眼レフなど、カメラジャンルによってマウントが異なるため、手持ちのカメラに対応したレンズを選ぶことが重要です。

広角レンズのおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) NIKKOR Z 35mm f/1.8 S

ニコン(Nikon) NIKKOR Z 35mm f/1.8 S

フルサイズミラーレスカメラ「Z6」と「Z7」専用に開発された、焦点距離35mmで純正の大口径準広角単焦点レンズです。本レンズは高級レンズシリーズの「Sライン」に所属しており、開放F値こそF1.8で大口径レンズとしてはやや控えめですが、最高クラスの描写力を370gの軽量ボディで軽快に楽しめます。

画像の周辺部まで色にじみが極めて少なく、点像を点としてしっかり解像できるのが特徴。ボケの形が真円に近く、光源や星などをキレイな形で再現できるので、夜景・イルミネーション・星景の撮影にもおすすめです。

優れた逆光耐性を持つ、「ナノクリスタルコート」を採用しているのもポイント。フレアやゴーストの写り込みがほとんどないので、逆光でも透明感のある高画質な写真が撮影できます。

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

焦点距離14〜24mm、絞り値は開放F2.8のフルサイズ一眼レフカメラ用の大口径超広角ズームレンズ。10年以上も販売されているロングセラーモデルですが、4000万画素を超える現代の超高画素カメラでも十分に通用する高い描写力があるので、プロカメラマンからも愛されている一級品です。

本レンズはクリアで抜けのよい描写が特徴。「ナノクリスタルコート」を採用しているため、逆光の厳しい状況でもゴーストやフレアなどの有害光線を気にせず撮影できます。

手ブレ補正機能は搭載していませんが、手持ち撮影でもシャッター速度を遅くしすぎなければ問題ありません。点像の再現性も高いので、夜景や星景の撮影にもおすすめです。

広角レンズのおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) RF35mm F1.8 MACRO IS STM

キヤノン(Canon) RF35mm F1.8 MACRO IS STM

フルサイズミラーレスカメラ「EOS R」専用に開発された、焦点距離35mmの大口径準広角単焦点レンズ。35mmという焦点距離は広角レンズのなかでも人間の視野角に近い画角が得られるので、カメラに使い慣れていない方でも扱いやすく、広角レンズの入門としてもおすすめです。

重量が305gと軽いので、旅行や街歩きのスナップ撮影をするのに最適。また、最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影が楽しめるのもポイントです。

加えて、マクロ撮影時にも有効な最大5段分の手ブレ補正効果が得られる「ハイブリッドIS」も搭載。開放F1.8の明るさと組み合わせれば、夜景や暗い室内での撮影でもブレのない高画質な写真が撮影できます。

キヤノン(Canon) EF16-35mm F2.8L II USM

キヤノン(Canon) EF16-35mm F2.8L II USM

焦点距離16〜35mm、F値が2.8で固定された、フルサイズ一眼レフカメラ用の大口径超広角ズームレンズ。本レンズは第2世代モデルで、同じスペックを持つ最新の第3世代モデルが既に発売されているため、型落ちのレンズです。

防汚コーティングや、強化された反射防止コーティングは採用されていませんが、それ以外の基本的な描写性能は大差ありません。広角レンズとしての性能はトップクラスで、3000万画素を超える最近の超高画素カメラでもポテンシャルを十分に発揮できる描写性能があります。

加えて、価格も第3世代モデルと比べてリーズナブルなのもポイント。本レンズの方がコストパフォーマンスは高いので、最新モデルへのこだわりがあまりない方におすすめです。

広角レンズのおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) smc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

ペンタックス(PENTAX) smc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

ペンタックス(リコー)純正で、フルサイズ一眼レフカメラ向けに開発された、焦点距離31mm、開放F1.8の大口径広角単焦点レンズです。2002年に発売されており、現行レンズながらもオールドレンズに分類されます。

味のある、独特な描写が得られるのがポイントです。絞りの設定を変更すれば描写傾向がガラッと変化するため、現代の高性能レンズでは味わえない多様な描写を楽しめます。色にこだわる風景や、スナップの撮影におすすめです。

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

同社フルサイズのデジタル一眼レフカメラに装着すると、焦点距離15~30mmの広角な画角が得られる広角レンズ。より広大な風景を撮影したい方におすすめのアイテムです。

開放F値は2.8と明るめで、夜景や星景撮影もスムーズに対応できます。レンズ内に搭載した超音波モーター(SDM)により、AFも高速です。また、シーリングを施しているので防滴性も優秀。悪天候時でも安心して使用できます。タフなシーンでもしっかりと活躍してくれる広角レンズを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

ペンタックス(PENTAX) smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]

ペンタックス(PENTAX) smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]

同社APS-Cのデジタル一眼レフカメラに装着するタイプの広角レンズ。焦点距離は12〜24mmで2倍ズームに対応し、風景を撮影する上では十分な画角をカバーしているのが特徴です。

開放絞り値はF4。レンズの大きさは84×87.5mm、重さは430gとサイズはやや気になりますが、発売から年月が経っているためリーズナブルです。コスパ重視で広角レンズを購入したい方は、候補して検討しておきましょう。

広角レンズのおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

ソニー(SONY) Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

焦点距離16〜35mmの中口径超広角ズームレンズです。重量は518gと軽いので、軽快な広角撮影が楽しめます。

単に軽いだけではなく、描写性能が高いのも特徴。ドイツ名門の老舗レンズメーカー、カールツァイスの「T*コーティング」を採用しているため、逆光下でも画質低下を最小限に抑えたクリアな写真が撮れます。

また、手ブレ補正機能や防塵防滴機能を搭載しているのもポイント。あらゆる条件で、高画質な写真が撮影できます。風景の撮影はもちろん、日常や旅行でのスナップ撮影にもおすすめです。

ソニー(SONY) FE 24mm F1.4 GM

ソニー(SONY) FE 24mm F1.4 GM

フルサイズミラーレスカメラ向けに開発された、焦点距離24mm、開放F1.4の大口径広角単焦点レンズです。最高級レンズの1つで、開放F1.4から高画質な広角撮影を楽しめます。

最新の「ナノARコーティング」を採用しており、逆光時のフレアやゴーストを効果的に抑制できるのも特徴。また、美しいボケ味のある描写が得られるのも魅力です。

さらに、大口径ながらも本体重量は445gと軽量。ミラーレスカメラの特性を最大限活かした設計がされているため、一眼レフカメラでは実現の難しかった大口径レンズでの広角撮影が、軽快なスタイルで楽しめます。風景のほか、夜の街のスナップ撮影にもおすすめです。

広角レンズのおすすめモデル|タムロン

タムロン(TAMRON) SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)

タムロン(TAMRON) SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)

キヤノンとニコンのフルサイズ一眼レフに対応する広角レンズ。キヤノンはEFマウント、ニコンはFマウントに装着できるモデルで、機種のポテンシャルに則した高画質な撮影ができます。

開放絞り値はF2.8で、焦点距離は15~30mmに対応。特殊硝材XGMレンズをはじめ、複数のLDレンズを適切に配置することで、目立ちやすいディストーション(歪曲収差)や倍率色収差などの発生をしっかり抑えます。

さらに、AXコーティングを採用し、ゴーストやフレア発生もケア。大口径の超広角ズームレンズとして、十分な明るさを確保できるのも魅力です。ハイエンドクラスの広角レンズを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

タムロン(TAMRON) SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII(Model B001)

タムロン(TAMRON) SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII(Model B001)

焦点距離が10~24mmと近距離の撮影をカバーしている広角レンズ。キヤノンやニコンはもちろん、ソニーのAマウンドなど、さまざまなメーカーのAPS-C機種に対応したレンズが揃っているのが特徴です。

大口径ガラスモールド非球面レンズや複合非球面レンズ、異常低分散レンズなどの特殊硝材を採用し、クオリティの高い写真が撮影できます。発売から年数が経過しているモデルですが、十分活躍してくれるおすすめのレンズです。

広角レンズのおすすめモデル|シグマ

シグマ(SIGMA) 12-24mm F4 DG HSM

シグマ(SIGMA) 12-24mm F4 DG HSM

シグマ用・キヤノン用・ニコン用に分かれている広角レンズ。フルサイズ機に対応しており、ワイド端での大きな歪みがなく、シャープに写せるのが特徴です。

開放絞り値はF4で、焦点距離は12〜24mmに対応。絞り開放から周辺までキレのよい描写を得られます。満足度の高い広角レンズを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

シグマ(SIGMA) 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

シグマ(SIGMA) 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

焦点距離が8~16mmと超広角に対応するレンズ。キヤノン・ニコン・ペンタックス・ソニーなど、さまざまなメーカーのAPS-C機種に対応したレンズを揃えているのが特徴です。

F値は4.5〜5.6。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレアやゴーストの発生を抑え、シャープでコントラストの高い写真を撮影できるのも魅力です。特に建築物の撮影にはその実力が十分感じられるので、気になる方はぜひ試してみてください。