被写体に近づいてのダイナミックな接写撮影を可能にするマクロレンズ。マクロ撮影のみならず、さまざまなシーンでの活躍が見込める使い勝手のよいレンズです。

今回は、マクロレンズのおすすめモデルをご紹介。あわせて選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

マクロレンズとは?

By: pixabay.com

マクロレンズは、ほかのレンズと比べ、被写体に寄ってピントが合わせられるという点が特徴です。被写体を大きく捉えられるため、迫力ある写真の撮影を可能にします。

また、単純に大きく写せるというだけでなく、被写体の新たな一面を発見できるという点も、マクロレンズによる撮影の魅力です。日頃何気なく見ている被写体でも、マクロレンズを通してみると新たな表情をのぞかせることがあるため、被写体を探すことの楽しさがより広がります。

加えて、接写時の綺麗なボケ味や、細部まで描写する解像力を備えたモデルが揃っていることもマクロレンズの持ち味です。実際に、プロカメラマンが人物や風景スナップの撮影にマクロレンズを使用する場合もあるなど、レンズとして高い描写力を有しています。

ダイナミックな接写撮影や、ポートレートや風景写真など幅広いシーンで活用できるため、ぜひ一本持っておくことをおすすめします。

マクロレンズの選び方

被写体との距離で選ぶ

マクロレンズを選ぶ際は、被写体との距離を考慮しましょう。レンズごとに、被写体との最短撮影距離が決まっており、それ以上近づくとピントが合わなくなる限界値が存在します。

マクロレンズのなかでも、焦点距離が短いレンズほど最短撮影距離も短くなる傾向にあるため、より被写体の近くから、広い画角で背景を含めた写真を撮影できます。

一方、焦点距離が長いマクロレンズほど最短撮影距離も長くなる傾向があるため、被写体との適度な距離を保ちつつ、望遠寄りの画角を活かした写真が撮影可能です。

撮影したい被写体に応じて、レンズの焦点距離による画角と、最短撮影距離による近づきやすさのバランスを考慮し、マクロレンズを選びましょう。

使用しているカメラに合わせて選ぶ

マクロレンズ購入の際は、所持しているカメラのマウントに対応しているかを確認しましょう。マウントとは、カメラ本体とレンズを接続する部分のことを指します。マウントの形状はメーカーごとに異なるため、基本的には本体と同一メーカーのレンズから選びましょう。

ただし、シグマやタムロンなどの「サードパーティ」と呼ばれるメーカーが手がけるレンズのなかには、ニコンやキャノンなど、カメラメーカー各社のマウントに対応した製品もラインナップしています。

サードパーティ製のレンズは、純正メーカーによるサポートが受けられないのが難点。ただし、描写力は一定の信頼を得ている上、純正レンズに比べて安価で購入できるのが魅力。予算との兼ね合いによっては、サードパーティ製のレンズを検討するのもおすすめです。

APS-C機専用かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

各社の交換レンズには、「35mmフルサイズ機対応レンズ」と「APS-C機専用レンズ」の2種類があります。フルサイズ機対応レンズは、フルサイズ機・APS-C機どちらにも装着可能ですが、より価格の高いレンズが多くラインナップされているのが特徴です。

一方、APS-C機専用レンズは、フルサイズ機への流用ができないものの、コンパクトな大きさのレンズが多い上、より手頃な価格で購入可能です。

APS-C機を使っている方は、比較的手頃なAPS-C機専用レンズのラインナップから選んでも基本的に問題ありません。ただし、将来的に35mmフルサイズ機に移行する可能性がある場合は、フルサイズ機に対応したレンズも含めて検討しましょう。

また、ニコンのデジタル一眼レフにおいてはAPS-C機専用レンズを「DXフォーマット」、35mmフルサイズ機対応レンズを「FXフォーマット」と呼称しています。キヤノンのデジタル一眼レフにおいてはAPS-C機専用レンズを「EF-Sマウント」、35mmフルサイズ機を「EFマウント」と区別しているので、レンズを選ぶ際の参考にしてみてください。

マクロレンズのおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

ニコン(Nikon) AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
約235gと軽量なのが魅力的なDXフォーマットのマクロレンズ。APS-Cサイズの撮像素子を搭載したコンパクトな一眼レフにぴったりフィットします。

最短撮影距離は16.3cmで、被写体に思い切り近づいてクローズアップ撮影が可能。さらに、静かでスムーズなAFを実現する超音波モーター「SWM」を搭載しており、子供の寝顔などレンズの駆動音が気になるシーンでも安心して撮影を行えます。

ニコン純正マクロレンズのなかでは最も手頃な価格で購入できるため、初めてのマクロレンズとしてもおすすめです。

ニコン(Nikon) AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

ニコン(Nikon) AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
35mmフルサイズ機にも対応するFXフォーマットのマクロレンズ。ナノクリスタルコートが施されており、逆光などの難しいシーンでも、ゴーストやフレアの少ない鮮明な写真を撮影できる点が特徴です。

加えて、内部のレンズ構造に色のにじみを低減するEDレンズ1枚を採用しており、マクロレンズの中でも高い解像力と安定した描写性能に定評があります。

最短撮影距離は18.5cm。高い描写力を有した中望遠域のマクロレンズとしておすすめです。

ニコン(Nikon) AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

ニコン(Nikon) AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
35mmフルサイズ機にも対応するFXフォーマットのマクロレンズです。ナノクリスタルコート採用により、逆光でもクリアな写真が撮影できることに加え、手ぶれ補正機構が搭載されている点が大きな特徴。安心して手持ち撮影ができるため、軽いフットワークで撮影を楽しめます。

また、ピント面の鮮明な解像感と、羽根9枚の円形絞りによる背景部の柔らかなボケ味の対比に定評があるのもポイント。高い描写力と、105mmという望遠寄りの焦点距離を活かした撮影は、マクロ撮影の王道とも言える迫力を生み出します。

加えて、高い望遠性能によって、被写体と適度な距離を持っての撮影が可能なので、被写体の自然な表情を捉えやすくなるなど、ポートレートにおいても活躍します。

最短撮影距離は31.4cm。手ぶれ補正機構を備えたオールラウンドな望遠マクロレンズです。

マクロレンズのおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) EF-S 35mm F2.8 マクロ IS STM

キヤノン(Canon) EF-S 35mm F2.8 マクロ IS STM
APS-C機向けである「EF-Sマウント」のマクロレンズです。最短撮影距離が13cmと短く、レンズ先端からわずか3cmまで被写体に近づいた状態で撮影を行えます。

加えて、レンズ先端部にLEDライトを内蔵している点も特徴です。被写体の細部まで明るく撮影ができる上、レンズの左右に搭載された2つのライトはそれぞれに明るさを設定できるため、ライティングによる多彩な表現ができます。

さらに、手ぶれ補正機構としてハイブリットISを搭載しており、手持ちでも安心して撮影が可能。多彩な機能によって誰でも本格的なマクロ撮影が楽しめるため、初めてのマクロレンズとしてもおすすめです。

キヤノン(Canon) EF-S60mm F2.8 マクロ USM

キヤノン(Canon) EF-S60mm F2.8 マクロ USM
APS-C機向けの「EF-Sマウント」のマクロレンズ。重量は約335gと、焦点距離60mmの中望遠レンズとしては軽量・コンパクトな点が魅力です。

最短撮影距離は20cmですが、中望遠性能を活かし、小動物や昆虫など被写体に近づけない場合でも、適度な距離からのダイナミックな描写を可能にします。

加えて、キヤノンの純正マクロレンズにおいて最も手頃な価格帯のレンズであるのもポイント。軽量性と中望遠性能によって、風景やポートレートなど幅広いシーンで活躍が見込める、コスパのよいマクロレンズとしておすすめです。

キヤノン(Canon) EF100mm F2.8L マクロ IS USM

キヤノン(Canon) EF100mm F2.8L マクロ IS USM
35mmフルサイズ機にも対応する「EFマウント」のマクロレンズ。そのなかでも「Lシリーズ」と呼ばれる上位モデルのレンズで、高い描写性能を有しているのが特徴です。

手ぶれ補正機構としてハイブリッドISを搭載しているため、手持ちでも精度の高い撮影が可能。加えて、マウント接合部のラバーリングや、AFストップボタンを採用するなど、防塵・防滴性の高い構造設計がなされており、さまざまなシーンに対応する耐久性を実現しています。

発売が2009年のため比較的年数が経過していますが、上位モデルとしてこだわって設計されていることから、レンズとしての性能は最新のマクロレンズと比べても遜色ないとの評判を得ている人気モデルです。

最短撮影距離はおよそ30cm。評判のよい高性能なマクロレンズを探している方におすすめです。

マクロレンズのおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) E 30mm F3.5 Macro SEL30M35

ソニー(SONY) E 30mm F3.5 Macro SEL30M35
ソニーのAPS-C機用のマクロレンズです。最大の特徴は、最短撮影距離の短さ。被写体からわずか9.5cmまで近づいてのダイナミックな接写が可能です。

また、背景を広く捉えられるのもポイント。花などのクローズアップに加えて、小物や料理などのテーブルスナップにおいても、被写体全体のイメージを捉えて鮮やかに描写します。

外装にはアルミニウム合金を使用し、専用のレンズフードを有していながら、重量は約138gとマクロレンズのなかでも最軽量クラス。ダイナミックな描写性能と、手軽に携帯できる点が魅力のマクロレンズです。

ソニー(SONY) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28

ソニー(SONY) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28
35mmフルサイズ機にも対応するマクロレンズ。優れた近接撮影性能を有しているのが特徴で、中望遠域のレンズでありながら、16cmの最短撮影距離を実現しています。

また、フォーカスモードスイッチ・フォーカスレンジリミッター・フォーカスホールドボタンを採用するなど、フォーカス設定に関して高い自由度を有している上、倍率と距離の表示機能も標準搭載しているのもポイント。マクロ撮影を快適にする機能を多彩に備えています。

さらに、色収差を補正するED(特殊低分散)ガラスによるシャープな解像力や、7枚羽根の円形絞りによる柔らかなボケ味を備えているなど、高い描写性能も大きな魅力。

重量約236gを実現した軽量性も相まって、本格的なマクロ撮影から、スナップやポートレートまで幅広いシーンで活躍が見込めるマクロレンズとしておすすめです。

ソニー(SONY) FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G

ソニー(SONY) FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G
ソニーが手がける上位モデルのレンズ群「Gシリーズ」のうちの一本で、35mmフルサイズ機にも対応する中望遠マクロレンズ。ナノARコーティングやスーパーEDガラスの採用によるクリアな描写力と、専用設計の9枚羽根の円形絞りによる柔らかなボケ味が魅力です。

また、「ダイレクトドライブSSM」と呼ばれる精度と静音性に優れた駆動方式により、状況を問わず素早く正確なピント合わせを実現。

さらに、AF/MFを素早く切り替えられる「リングスライドスイッチ」や、ピント合わせの際にレンズの全長が変わらない「インターナルフォーカシング」などの各種機能に加え、光学式手ぶれ補正機構も搭載しています。

最短撮影距離は28cm。マクロ撮影における快適な操作性能を備えたおすすめのマクロレンズです。

マクロレンズのおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited
PENTAXが手がけるAPS-C機向けレンズの中で、「Limitedシリーズ」にあたるマクロレンズ。近年のレンズはプラスチック素材を中心に設計されているものが多いなか、Limitedシリーズでは鏡筒・フードに金属の削り出し部品を採用しており、高品位な外観を有しているのが特徴です。

重量約214gの軽量性を実現しているほか、高い描写性能も魅力。HDコーティングの採用により、逆光などの厳しい条件下でもフレアやゴーストを抑制し、クリアな描写を実現しています。

加えて、円形絞りによる柔らかなボケ味を備えているので、マクロ撮影の際はもちろんのこと、肉眼に近い画角を活かしたスナップやポートレート撮影の際にも活躍します。

最短撮影距離は13.9cm。すみずみまでこだわり抜いて作られた品質の高さが魅力のマクロレンズです。

ペンタックス(PENTAX) smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ペンタックス(PENTAX) smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR
35mmフルサイズ機にも対応する望遠域マクロレンズ。絞りリングを省略することで小型軽量化がなされており、焦点距離100mmの望遠域レンズでありながら、重量約340gという軽量性を実現しています。

また、アウトドア環境での使用に定評のあるペンタックスの純正レンズらしく、簡易防滴構造や、レンズ前面への汚れの付着を防ぐSPコーティングなどが採用されており、雨天時や水際で利用できるのも大きな魅力です。

最短撮影距離は30.3cm。さまざまなシーンでフットワーク軽く使用できる望遠域マクロレンズとしておすすめです。

マクロレンズのおすすめモデル|シグマ

シグマ(SIGMA) 70mm F2.8 DG MACRO キヤノンEFマウント用レンズ

シグマ(SIGMA) 70mm F2.8 DG MACRO キヤノンEFマウント用レンズ
本製品は、ピント面の解像力がキレをもつため「カミソリマクロ」という愛称で呼ばれ人気を博した「SIGMA 70mm F2.8 EX DG MACRO」の後継レンズです。シグマのレンズのなかでも、特に描写性能にこだわった「Artライン」と呼ばれるレンズ群の一つとして復刻されました。

標準〜中望遠域のマクロレンズにおいて群を抜くほどに圧倒的な解像感と、クリアな描写力に定評があります。最短撮影距離は25.8cmのため、適度な距離を取って撮影したい被写体におすすめです。

マウントは、シグマ用に加えて、キヤノン・ソニー・ライカ用がラインナップ。鮮明な描写が魅力のマクロレンズのなかでも、特に圧倒的な解像力を求める方におすすめのレンズです。

シグマ(SIGMA) MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応

シグマ(SIGMA) MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応
シグマの高性能中望遠マクロレンズ。高速かつ静かなAFを実現する「HSM」や、手ぶれ補正機構などを採用しており、手持ちでも快適に撮影できる点が特徴です。

また、レンズ部に採用されたSLDガラスにより色収差の補正力を高めているほか、9枚羽根の円形絞りにより描写される柔らかなボケ味も大きな魅力。焦点距離は105mmなので、少し離れた場所の被写体をダイナミックかつ色鮮やかに捉えます。

最短撮影距離は31.2cmです。マウントは、シグマ・キヤノン・ニコン用がラインナップ。サードパーティ製で手ぶれ補正機構のあるマクロレンズを探している方におすすめです。

マクロレンズのおすすめモデル|タムロン

タムロン(TAMRON) SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD キヤノン用

タムロン(TAMRON) SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD キヤノン用
「タムロンの焦点距離90mm」であることから通称「タムキュー」として長年親しまれているマクロレンズ。タムロン屈指の名作レンズとして知られており、もともと綺麗なボケ味に定評のあるタムロンのレンズのなかでも、特に素晴らしいボケ味と解像力を有しているとして高い評価を得ています。

描写力の高さに加え、手ぶれ補正機構や防塵防滴構造も備えており、マクロ撮影から風景スナップ、ポートレートまで、シーンを問わず活躍するレンズです。マウントは、キャノン・ニコン・ソニー用をラインナップしています。

最短撮影距離は30cmです。マクロレンズとして確固たる評価を得ている上、サードパーティ製ならではの価格の手頃さも兼ね備えているため、はじめてのマクロレンズとしてもおすすめです。