被写体に近づいてのダイナミックな接写撮影を可能にする「マクロレンズ」。マクロ撮影のみならず、さまざまなシーンでの活躍が見込める使い勝手のよいレンズです。

そこで今回は、マクロレンズのおすすめモデルをメーカー別にピックアップ。選び方についてもご紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

マクロレンズとは?

By: rakuten.co.jp

マクロレンズは、ほかのレンズと比べ、被写体に寄ってピントが合わせられるのが特徴。被写体を大きく捉えられるため、迫力ある写真の撮影ができます。

加えて、接写時の綺麗なボケ味や、細部まで描写する解像度を備えたモデルを揃えているのもマクロレンズの魅力。実際に、プロカメラマンが人物や風景スナップの撮影にマクロレンズを使用する場合もあるなど、レンズとして高い描写力を有しています。

ダイナミックな接写撮影や、ポートレートや風景写真など幅広いシーンで活用できるおすすめのレンズです。

マクロレンズの選び方

撮影倍率と最短撮影距離で選ぶ

By: amazon.co.jp

マクロレンズで最も重要となるスペックが「撮影倍率」と「最短撮影距離」です。撮影倍率とは、実物の被写体の大きさに対するイメージセンサー上で写せる像の大きさを示した比率のこと。数値が大きくなるほど画像内で被写体をより大きく写せます。

一般的なマクロレンズは撮影倍率が1倍(等倍)のモノが基本で、イメージセンサー上では実物と同じ大きさで被写体を撮影が可能です。また、撮影倍率が0.5倍のモノをハーフマクロレンズと呼ばれるモノであれば、実物の半分の大きさで被写体を撮影できます。

最短撮影距離とは、イメージセンサーの位置を起点としてピントを合わせられる最小の間合いのこと。数値が小さくなるほどより被写体に近づいて撮影できます。

通常のレンズは最短撮影距離が30cm以上のモノが一般的。一方、マクロレンズは20cm以下のモノも多くラインナップされており、モデルによっては被写体がレンズに接触するギリギリの位置まで近づいて写せます。

使用しているカメラに合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

マクロレンズ購入の際は、所持しているカメラのマウントに対応しているかを確認しましょう。マウントとは、カメラ本体とレンズを接続する部分のことを指します。マウントの形状はメーカーごとに異なるため、基本的には本体と同一メーカーのレンズから選ぶようにしましょう。

なお、シグマなどの「サードパーティ」と呼ばれるメーカーが手がけるレンズのなかには、ニコンやキヤノンなど、カメラメーカー各社のマウントに対応した製品もラインナップしています。純正メーカーによるサポートが受けられないのが難点ですが、純正レンズに比べて比較的安価で購入できるのでチェックしてみてください。

マクロレンズのおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) 標準マクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

手頃な価格でマクロ撮影が始められる、FマウントDXフォーマット専用の標準マクロレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は60mm。花や料理、小物などのテーブルフォト撮影に適した画角が得られるので、初めてのマクロレンズとしてもおすすめです。

最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は16.3cm。キットズームと違って被写体に思い切って近づけるため、被写体をダイナミックに写したクローズアップ撮影が楽しめます。静粛なAFを可能にするSWMを搭載しているので、子供やペットの寝顔などを気付かれずに撮影しやすいのもポイントです。

ニコン(Nikon) 中望遠マクロレンズ AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

プロもネイチャー撮影で愛用しているFマウントFXフォーマット用の中望遠マクロレンズです。焦点距離は105mmで、クローズアップ撮影はもちろん、程よい間合いが得られるのでポートレート撮影にも重宝します。

最大撮影倍率は1倍。最短撮距離は31.4cmとやや長めですが、昆虫や小動物などの被写体を近寄りすぎることなく中距離からダイナミックに写せます。

重さは約750g。シャッター速度換算で最高3段分の補正効果を持つ手ブレ補正機構が搭載されているため、手持ちでも高精細な画像が撮れるのもポイントです。

マクロレンズのおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) 標準マクロレンズ EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

リーズナブルな価格で高度なマクロ撮影が楽しめる、EF-Mマウント専用の標準マクロレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は45mm。テーブルフォトや人物ポートレートの撮影に適した画角が得られます。

新搭載の「スーパーマクロモード」によって等倍撮影を超える最大撮影倍率1.2倍を実現。最短9.3cmの至近距離から被写体を実物のサイズよりもダイナミックに写せます。また、レンズ前面のLEDライトによって接写時でもレンズの影で画像が暗くならないのもポイントです。

重さは約130gと軽量コンパクト。手持ち撮影時の手ブレを抑える「ハイブリッドIS」も内蔵しているおすすめのモデルです。

キヤノン(Canon) 広角マクロレンズ RF35mm F1.8 MACRO IS STM

背景を広く取り込んだマクロ撮影が楽しめるRFマウント専用の広角マクロレンズです。焦点距離は35mm。片目で見える範囲に近い画角が得られ、汎用性に優れることから、風景やスナップの撮影を中心に人気があります。

最大撮影倍率は0.5倍で、最短撮影距離は17cm。広角レンズながらハーフマクロ撮影が可能なので、背景を広く取り込みつつ自然の草花・料理・小物を撮影するのにもおすすめです。

重さ約305gで携帯性に優れているのもポイント。また、「ハイブリッドIS」の搭載により、角度ブレに加えて、接写時に影響が顕著になるシフトブレも高精度に補正できるおすすめのモデルです。

キヤノン(Canon) 中望遠マクロレンズ EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

一眼レフユーザーから根強い人気を持つEFマウント用の中望遠マクロレンズです。焦点距離は100mm。一定の距離感を保ちつつ被写体に大きく迫れるので、自然の草花・昆虫・小動物のほか、ポートレート撮影にもおすすめです。

最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は30cm。昆虫や小動物をあまり警戒させずに撮影できる間合いが得られます。世界で初めて「ハイブリッドIS」を搭載したのもポイント。手持ちでも高精細な望遠マクロ撮影が楽しめます。

重さは約625g。ホコリや水滴の侵入を防ぐ防塵防滴構造を採用しているため、アウトドアシーンでも活躍できるおすすめのモデルです。

マクロレンズのおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) 標準マクロレンズ E 30mm F3.5 Macro

世界最軽量クラスで手軽に持ち歩けるEマウント専用の標準マクロレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は45mm。普段モノを見るときに近い感覚で撮影できるので、初心者向けのデビュー用マクロレンズとしてもおすすめです。

最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は9.5cm。被写体にしっかりと近づいて撮影できるため、花・料理・小物などのテーブルフォト撮影におすすめです。また、スムーズで静かなAF駆動が可能なレンズ内モーターを内蔵しているので、寝ている子供やペットの撮影にも適しています。

上質なアルミ合金製のボディは重さ約138gと携帯性も良好。価格も安く、コスパに優れたおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) 標準マクロレンズ FE 50mm F2.8 Macro

フルサイズミラーレスユーザーの入門用としてもおすすめの、FEマウント用標準マクロレンズです。焦点距離は50mm。普段の視野に近く汎用性の高い標準画角が得られるので、風景やポートレート、スナップ、テーブルフォトなどで幅広く活躍します。

安い価格ながら機能が充実しているのもポイント。合焦する範囲を限定して素早いピント合わせを可能にする「フォーカスレンジリミッター」や、ピント位置を固定したまま構図変更が容易に行える「フォーカスホールドボタン」などを搭載しています。

最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は16cm。重さは約236gで、防塵防滴に配慮した設計を採用しています。

ソニー(SONY) 中望遠マクロレンズ FE 90mm F2.8 Macro G OSS

美しいボケ味と高解像度が両立したハイグレード仕様のFEマウント用中望遠マクロレンズです。焦点距離は90mm。対象物を凝視したときに近い画角が得られるので、ポートレート撮影や風景の一部にフォーカスした撮影などにも重宝します。

高級モデルならではの素直で柔らかいボケも魅力。被写体を立体的に引き立てる効果が得られるため、アート写真にもおすすめです。

フォーカスリミッターやフォーカスホールドにも対応。さらに、フォーカスリングをスライドさせるだけでAF/MFの切り替えが素早くできる「リングスライドスイッチ」や手ブレ補正機構も搭載しています。

なお、最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は28cm。防塵防滴に配慮した設計も採用されているおすすめのモデルです。

マクロレンズのおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) 標準マクロレンズ HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited

独特な味のある描写が堪能できる、KマウントAPS-C専用の標準マクロレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は53.5mm。普段は標準レンズとしても活躍できるので、スナップ・ポートレート・風景のついでにマクロ撮影も楽しみたい方におすすめです。

最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は13.9cm。レンズ先端から3cmまで被写体に近づけるため、至近距離から小さな被写体をダイナミックに写せます。解像度などの数値だけでは測れない、空気感まで写し出す描写も魅力です。

重さは約214gと軽量コンパクト。レンズ前面には、表面反射を抑える「HDコーティング」と、汚れに強い「SPコーティング」が施されています。

ペンタックス(PENTAX) 中望遠マクロレンズ smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

ネイチャー撮影で活躍するKマウントフルサイズ用の中望遠マクロレンズです。焦点距離は100mm。適度な間合いを保ちつつ被写体を大きく写せるので、自然の草花や昆虫、小動物などあまり近づけない被写体を撮影するときに重宝します。

最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は30.3cm。AFで合焦後にピントリングを回すと直ちにMFに移行できる「クイックシフト・フォーカス・システム」に対応しているため、マクロ撮影時にピントの追い込みが手間なく行えます。

丈夫なアルミ合金を採用しており、重さは約340gと携帯性に優れているのもポイント。簡易防滴構造とSPコーティングを採用しているので、アウトドアシーンでも使えるおすすめのモデルです。

マクロレンズのおすすめモデル|シグマ

シグマ(SIGMA) 中望遠マクロレンズ 70mm F2.8 DG MACRO | Art

最高クラスの画質が堪能できる、コスパに優れたフルサイズ用の中望遠マクロレンズです。かつて「カミソリマクロ」の異名で高い評価を得たマクロレンズを、現代の技術で再設計。シャープな合焦部と、色にじみのない美しいボケの対比が楽しめます。

最大撮影倍率は1倍で、最短撮影距離は25.8cm。バイワイヤ方式の採用とコアレスDCモーターの搭載によって、最短撮影距離から無限遠まで迅速なピント合わせが可能です。また、フォーカスリングの回転角も大きいので、マクロ撮影で必須の繊細なピント操作も快適に行えます。

重さは約570g。本製品はソニーEマウント専用ですが、別売りでキヤノンEFマウント・ライカLマウントに対応しているモノもあるためチェックしてみてください。

マクロレンズのおすすめモデル|その他

オリンパス(OLYMPUS) 標準マクロレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

被写体を実物よりも大きく撮影できるマイクロフォーサーズ用のコンパクトなマクロレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は標準画角に近い60mm。日常のスナップ撮影はもちろん、風景やテーブルフォトの撮影などでも活躍します。

最大撮影倍率が2.5倍あるのもポイント。肉眼では捉えられない世界を大きく写し撮れるので、花やアクセサリー、小動物などの一部を画面いっぱいに強調したい場合などに重宝します。最短撮影距離も9.5cmと短いため至近距離からの撮影も可能です。

重さは約128gと軽量なのもポイント。価格が安いので、初めてのマクロレンズとしてもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) 中望遠マクロレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ネイチャー撮影で重宝する、マイクロフォーサーズ用の中望遠マクロレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は120mm。被写体に近づきすぎずに大きく写せるので、自然の草花・昆虫・小動物はもちろん、ポートレート撮影にもおすすめです。

最大撮影倍率は2倍で、最短撮影距離は19cm。レンズ前面に反射防止用の「ZEROコーティング」が施されているため、逆光下で撮影する場合でもクリアな描写が得られます。AFの駆動範囲を制限できる「フォーカスリミットスイッチ」も搭載。マクロ撮影時に目的の被写体へスムーズなピント合わせができます。

重さは約185gと携帯性も良好。強力な防塵防滴機構を採用しているので、過酷なアウトドアシーンでも気にせず撮影に没頭できます。

パナソニック(Panasonic) 中望遠マクロレンズ LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.

味わい深い描写性能を誇る、マイクロフォーサーズ用の中望遠マクロレンズ。フルサイズ換算の焦点距離は90mmです。ドイツの高級カメラメーカーであるライカ社による厳しい性能テストをクリア。マクロ撮影はもちろん、中望遠レンズとしても活用できるモデルです。

最大撮影倍率は2倍。鏡胴の「フォーカススイッチ」で最短撮影距離を15cmと50cmの2種類から選択が可能なので、撮影する被写体に応じて快適なピント合わせが行えます。AF駆動は高速かつ静粛で、動画撮影時に駆動音が入り込みにくいのもポイントです。

重さは約225gで持ち運びも簡単。カメラ側の補正ユニットと連携して手ブレを高精度に抑える「Dual I.S.」にも対応しています。

富士フイルム(FUJIFILM) 中望遠マクロレンズ FUJINON XF60mmF2.4 R Macro

高画質なポートレートレンズとしても使えるXマウント用の中望遠マクロレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は90mm。美しいボケ味と高精細な描写を両立しているので、マクロ撮影はもちろん、人物ポートレートの撮影にも重宝します。

最大撮影倍率は0.5倍、最短撮影距離は26.7cm。近接距離からのハーフマクロ撮影が手軽に楽しめます。重さは約215g。軽量コンパクトながら開放F2.4の明るいF値が使えるため、薄暗いシーンの撮影でも活躍します。