eスポーツに挑戦してみたい方をはじめ、最新ゲームを快適にプレイしたい方におすすめなのが「ゲーミングPC」。リアルな3Dグラフィックを駆使したタイトルもスムーズに動作するので快適です。

そこで今回は、ゲーミングPCのおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ゲーミングPCとは?

普通のPCとの違い

ゲーミングPCは独立したグラフィックボードを搭載しているのが特徴。3Dなど高度なグラフィックをスムーズに描画するのに必須のパーツです。普通のPCの場合、マザーボード上に実装されていたりCPUに内蔵している機能を利用したりしています。

負荷のかかる処理を高速で実行するため、容量の大きなメモリを搭載しているのも特徴です。さらに、優れた冷却性能を有しているのも一般的なPCとの違いのひとつ。高性能パーツから発生する熱を効率的に冷やすことで、長時間に及ぶプレイでもパフォーマンスの低下が起こりにくいよう設計されています。

ゲーミングPCの選び方

CPUはPC全体の性能を決めるパーツ

By: msi.com

CPU(Central Processing Unit)は人間でいうと「頭脳」に相当し、PC全体の性能を左右する重要なパーツです。どれだけ高性能なグラフィックボードを搭載しても、CPUのスペックが低ければPCの性能をフルに発揮できません。

世界中で大きなCPUシェアを誇っているのがインテルとAMDの2社です。インテルは「Core iシリーズ」プロセッサが、AMDは「Ryzenシリーズ」が有名。特にAMDはコスパのよさで人気のメーカーです。

Core i3・5・7・9やRyzen 3・5・7・9といったように、後に続く数字が大きくなるほどプロセッサの性能が高くなります。ただし、高性能なモノほどPCの価格も高い傾向にあるため、目的と予算を考慮しながら選びましょう。

ハイスペックにしたいならCore i7 or Ryzen 7以上を

By: lenovo.com

ハイスペックを求める方にはインテルならCore i7、AMDの場合はRyzen 7以上のCPUを搭載したモノがおすすめ。いずれもインテルとAMDが誇るハイレンジラインのプロセッサ。搭載しているほかのパーツスペックにもよりますが、ほとんどのゲームタイトルが快適にプレイできます。

また、高価でもパフォーマンスを重視したい方はCore i9やRyzen 9搭載モデルを選びましょう。eスポーツに参戦するなど、対戦相手より少しでもアドバンテージを得たい方には適しています。

コスパ重視ならCore i5 or Ryzen 5がおすすめ

By: dospara.co.jp

コスパに優れたモデルを選びたい方は、インテルのCore i5やAMDのRyzen 5プロセッサがおすすめ。Core iとRyzenシリーズのなかではミドルレンジにあたるスタンダードモデルです。

上位プロセッサほどのパフォーマンスは期待できないものの、ビジネスアプリもサクサク動かせる性能を有しているのが特徴。初めてゲーミングPCを購入する方にも適しています。

ただし、可能な限りメモリ容量の大きなモデルを選びましょう。メモリの容量が大きいほど負荷のかかる処理がスムーズに実行できるため、ミドルレンジのCPUでもより快適なプレイが楽しめます。

ゲーミングPCではグラフィックボードが重要

By: msi.com

グラフィックボードとはGPU(Graphics Processing Unit)と周辺回路が実装されたパーツです。CPUに代わりモニターに映像を表示する役割を担っています。複雑なグラフィックをスムーズに描画しなければならないゲーミングPCにとっては非常に重要なアイテムです。

ゲーム用途ではNVIDIAの「GeForce GTXシリーズ」「GeForce RTXシリーズ」が人気。高リフレッシュレートや高精細のモニターで快適にプレイするためには、高性能なグラフィックボードが必要です。

ハイスペックなゲームを遊ぶならRTX 3060以上を

By: dell.com

「GeForce RTX 3000シリーズ」はグラフィックボードのなかでもハイエンドモデルとして人気です。リアルな映像を駆使したゲームを思う存分楽しみたい方は、NVIDIAの「GeForce RTX 3060」以上のグラフィックボードがおすすめ。

「リアルタイムレイトレーシング」に対応しているのが特徴です。鏡のなかに映り込む風景やガラスで光が屈折するさまなど、細かな情景のデータをリアルタイムで演算して画面上に表示できます。実写さながらの映像が表示できるため、ゲームへの高い没入感を得ることが可能。マルチモニター環境で使用したい方や高精細な4Kモニターでプレイしたい方などにもおすすめです。

予算を抑えたいならGTX 1600シリーズがおすすめ

By: mouse-jp.co.jp

気軽にゲームを楽しみたい方にはコスパに優れた「GTX 1600シリーズ」がおすすめ。NVIDIAのグラフィックボードではミドルレンジにあたります。ゲーミングPCのエントリーモデルなどにも多く採用されているため、初心者の方にもピッタリです。

フルHD解像度のモニターはもちろん、120Hzや144Hzなどの高リフレッシュレート対応のモニターに繋いでも快適に遊べます。初めてゲーミングPCを購入する方はぜひチェックしてみてください。

メモリは16GB以上あると安心

メモリはCPUが仕事をする際に作業スペース的な役割を担うパーツです。メモリ容量が大きいほど作業がスムーズにこなせるため、PCの処理速度も高速になります。CPUと並んでPC全体の処理能力を左右する重要な部品です。

大容量メモリを搭載するモデルなら、ゲームなど負荷のかかる用途にもしっかりと対応できます。ゲーミングPCには16GB以上のメモリがあると安心。コスパ重視でCPUを選んだ方でも快適にゲームを楽しめます。

ストレージはSSD+HDDがおすすめ

By: dospara.co.jp

ストレージはOSをはじめゲームアプリなどを保存しておくためのパーツです。ゲーミングPCに搭載されているストレージにはSSDとHDDの2種類が存在します。SSDは容量当たりのコストが高い反面、アクセス速度の速さが魅力。一方、HDDはSSDと比べてスピードが劣るものの、容量当たりの単価が低く、大容量でも安いのが特徴です。

最近の人気ゲームは映像のリアル化などもあり、ますます容量が大きくなる傾向にあります。コストを抑えつつ必要な保存領域を確保するためには、SSDとHDDを組み合わせたデュアルストレージがおすすめです。

頻繁にプレイするゲームは高速で起動するSSDへ保存し、過去にダウンロードしたお気に入りタイトルは大容量のHDDに格納するなど、用途に応じて使い分けられます。

初めてのデスクトップなら付属の周辺機器もチェック

By: dell.com

ほとんどのデスクトップモデルは本体単体で販売されています。モニターやキーボードなど周辺機器をオプション設定としているゲーミングPCが多いので、初めて購入する方は注意しましょう。

本体以外にも買い揃えなければならないデバイスがありますが、好きな周辺機器を自由に選べるのが魅力。また、メーカーの販売サイトなら複数のオプションがリストアップされているため、初心者でも簡単に選択可能です。

最低限必要なモニター・キーボード・マウス以外にも、ヘッドセットやマウスパッドなどさまざまな周辺機器やアクセサリーがあるので、自分好みのアイテムをチョイスしてみてください。

PC本体のサイズをチェック

By: lenovo.com

ゲーミングPCを購入する際には、本体のサイズもしっかりと確認する必要があります。タワータイプのケースを採用するボディは、奥行きや高さが50cmを超える製品もあるなど、意外とかさばるので注意が必要です。

本体サイズが大きすぎると設置を予定していた場所に収まらない場合もあります。設置スペースを測ったうえで、適したサイズのモデルを選ぶようにしましょう。

ゲーミングノートPCについて詳しく知りたい方はこちら

ゲーミングPCのおすすめメーカー

ドスパラ ガレリア(GALLERIA)

By: dospara.co.jp

ドスパラは東京に本社を構える「サードウェーブ」が運営する総合パソコンショップです。自社のネット通販サイト「ドスパラ通販」を通じて、ゲーミングPCやクリエイター向けPC、BTOパソコンなどの販売をおこなっています。

PCの製造からサポートまでを国内で実施しており、高品質なものづくりや安心のサポート体制が魅力。「ガレリア(GALLERIA)」はドスパラで販売するゲーマー向けのパソコンブランドです。CPUやグラフィックボード、メモリなど、豊富に揃った高性能パーツから目的にあったモデルが選択できます。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune

By: mouse-jp.co.jp

東京に本社を持つ日本のパソコンメーカーです。高品質な製品をリーズナブルな価格で提供することで人気。製品の開発および生産を長野県にある工場でおこなうなど、小ロット生産にも対応できるのが特徴です。

「G-Tune」はマウスコンピューターが販売するゲーミングPCブランド。気軽にゲームを楽しみたいカジュアル仕様からハイスペックを追求するプロゲーマー仕様まで、さまざまなスペックのモデルを取り扱っています。

Dell エイリアンウェア(ALIENWARE)

By: dell.com

Dellはデスクトップとノート問わずコスパのよいパソコンで人気のメーカーです。製品の特徴別に「Inspiron」や「XPS」などカテゴリー分けがされており、「エイリアンウェア(ALIENWARE)」はゲーミングPCのハイエンドブランドにあたります。

曲線を多用した近未来的なケースデザインを採用し、プロのeスポーツにも対応可能な設計を施しているのが特徴。ほかにも、初・中級者向けにミドルレンジの「Dell Gシリーズ」を販売するなど、幅広いユーザー層に対応できるラインナップを展開しています。

パフォーマンス重視!ハイスペックのゲーミングPCおすすめランキング

第1位 ドスパラ(Dospara) ガレリア UA9C-R39T

Core i9-12900K/GeForce RTX 3090 Ti/32GB DDR5/1TB Gen4 SSD/2TB HDD

RTX 3000シリーズ最上位モデル「RTX 3090 Ti」が搭載されたハイスペックゲーミングPC。ゲームによっては、240fps張り付きでプレイできる性能があります。4KモニターでMMORPGの美麗な映像を楽しむことも可能です。

1TBのSSDと2TBのHDDを合わせたデュアルストレージ構成を採用しているのもポイント。プレイ動画を保存したり、複数のゲームをインストールしたりと幅広い用途に対応しています。メモリも32GBと大容量で、メモリ不足によるパフォーマンス低下が起こりにくいといった魅力も。

ヘアライン加工済みのPCケースは、堅牢性だけでなく高級感も演出。1PCで快適に配信ができるモデルを探している場合はチェックしてみてください。

第2位 パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-R779-L139C-XLSXB

Core i9-13900KF/RTX 4090/32GB/1TB SSD

最新のハイエンドGPU「RTX 4090」と、インテル最新世代のCPU「Core i9-13900KF」が搭載されたハイスペックゲーミングPC。高画質設定にしながら高フレームレートを維持できる性能があるのが魅力です。重たいゲームでも快適に遊べるモデルを探している方に適しています。

天板には、マグネット式のフィルターが備えられています。ホコリが入り込むのを防げるほか、フィルターの取り出しが簡単なためラクにメンテナンスすることが可能。サイドパネルのネジも手回しで外せるので、掃除のしやすさを重視する方にもおすすめです。

PCケースはシンプルな形状を採用。マットブラックのカラーリングとマッチしており、高級感があります。おしゃれなモデルがほしい場合はチェックしてみてください。

年末年始 大還元祭
12/12(月) 16:59まで
販売サイトで見る

第3位 マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune XN-Z

Core i7-12700F/GeForce RTX 3080/16GB/512GB SSD+2TB HDD

シンプルなPCケースを採用したハイスペックゲーミングPC。USBポートなどが上部に搭載されているため、マウスやキーボードを接続しやすく便利です。ゲームによって使用するデバイスを変えたい方に適しています。

インテル第12世代のCPU「Core i7-12700K」と、RTX 3000シリーズ上位モデル「RTX 3080」を備えているのもポイント。人気のFPSゲームはもちろん、MMORPGの美麗な映像を高画質で楽しめます。

512GBのSSDのほか、2TBのHDDも標準搭載。読み込み速度が速いSSDにゲームを、容量が大きいHDDに画像や動画ファイルを保存するといった使い方ができます。デュアルストレージ構成を採用したモデルがほしい方にもおすすめです。

冬のボーナスセール開催中
12/14(水) 10:59まで
販売サイトで見る

第4位 サイコム(@Sycom) G-Master Hydro Z790 Extreme/D5

Core i7-13700K/GeForce RTX3070(水冷)/16GB DDR5/500GB NVMe SSD

サイコム独自の「デュアル水冷システム」を採用したゲーミングPC。CPU・GPUともに水冷クーラーが取り付けられているのが特徴です。高負荷による熱が生じた場合でもしっかりパーツを冷却することが可能。熱暴走などでパフォーマンスが低下するリスクを抑えられます。動作の安定性を重視する方にぴったりです。

温度の上昇を防ぐことで、ファンの回転数も少ない状態を維持。冷却性だけでなく静音性にも優れているため、配信・VC中にファンの回転音が入り込んでしまうのを避けたい方もおすすめです。

標準搭載されているGPUは「RTX 3070」。240fps以上の高フレームレートを求める、4K高画質でのプレイを行いたい場合は、カスタマイズでRTX 3090 Tiまでグレードアップできます。そのほか、メモリやストレージの容量を増やすことも可能です。ヘビーゲーマー向けのモデルを探している場合はチェックしてみてください。

第5位 デル(Dell) ALIENWARE AURORA RYZEN EDITION R14 スプレマシー

Ryzen 9 5950X/GeForce RTX 3090/16GB/512GB SSD

独特なデザインのPCケースを採用したハイスペックモデル。ゲーム部屋にマッチしやすいかっこいいゲーミングPCを探している方におすすめです。

Ryzenシリーズのなかでも非常にスペックが高いCPU「Ryzen 9 5950X」と、グラフィックス性能に優れた「RTX 3090」を搭載しているのが魅力。プレイするゲームによっては、240fps以上の高フレームレートな映像を出力できる場合があります。また、4Kのゲーミングモニターで高画質なゲーム映像を楽しむことも可能です。

CPUクーラーは、冷却性に優れた水冷タイプを採用。CPUの熱を抑えられるため、安定した動作で遊びたい方に適しています。

24時間365日対応のプレミアムサポートが付属。故障した際に、電話やチャットなどで気軽に相談できるため便利です。性能だけでなく、サポート面も重視したい場合はチェックしてみてください。

第6位 レノボ(Lenovo) Legion T750i

Core i7-11700K/GeForce RTX 3070/16GB/512GB SSD+2TB HDD

優れた性能と機能性を兼ね備えるゲーミングPCです。ハイエンドGPUのGeForce RTX 3070を搭載。リアルタイムレイトレーシングありでも高パフォーマンスを実現します。

自動キャリブレーション機能「Lenovo Vantage」を搭載しているのも特徴。タイトルと画質モードを選ぶだけで設定を最適化してフレームレートを限界まで引き上げられるので、簡単操作で快適な環境でのプレイを楽しみたい方にもおすすめです。

空冷式と水冷式を組み合わせた冷却システム「Legion Coldfront 2.0」を採用しているのもポイント。白熱したシーンでも、静音かつ低熱の安定した状態で高いパフォーマンスを発揮できます。また、大型ファンは駆動モードを3段階で切り替え可能です。

コスパ重視!ミドルスペックのゲーミングPCおすすめランキング

第1位 ドスパラ(Dospara) ガレリア RM5C-R36T

Core i5-12400/GeForce RTX 3060 Ti/16GB/500GB SSD

ミドルスペックGPUのなかでも比較的性能が高い「RTX 3060 Ti」を搭載したゲーミングPC。低画質設定でプレイする場合、高フレームレートがやや出しにくいApex Legendsでも180~200fps程度で遊べるのが魅力です。軽めのゲームで144fps張り付きを狙いたい方に適しています。

140mmと大型の冷却ファンを備えているのもポイント。静かな低速回転時でも内部を冷やせるため、静音性を重視する方にもおすすめです。

電源ボタンのほか、USBポートやイヤホンジャックなどがあるコンソールパネルは、ななめ45°の傾斜がつけられています。ゲーミングマウスなどのデバイスが抜き差ししやすく便利です。使いやすいモデルを探している場合はチェックしてみてください。

第2位 ドスパラ(Dospara) ガレリア RM5C-G60S

Core i5-12400/GeForce GTX 1660 SUPER/16GB/500GB SSD

低価格ゲーミングPCの定番CPU「Core i5-12400」と、ミドルスペックGPU「GTX 1660 SUPER」が搭載されたモデル。ゲームにもよりますが、画質設定を落とせば100~144fps程度の滑らかな映像でプレイできます。また、控えめなフレームレートにはなるものの、オープンワールド系のゲームを高画質で楽しむことも可能です。

静音性・冷却性に優れたCPUファンを採用しているのが魅力。負荷が高くなった際などに生じるCPUの熱を抑えられるため、動作が安定しやすく快適に遊べます。

ストレージは500GBのSSDのみ。プレイ映像を大量に保存したい場合は、カスタマイズ画面からSSDの容量を増やしたりHDDを追加したりできます。初心者向けのゲーミングPCがほしい場合はチェックしてみてください。

第3位 マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune HM-B

Core i5-12400F/GeForce RTX 3060/16GB/512GB SSD

効率的なエアフローを実現したゲーミングPC。ストレージベイを上部に設置しているため、底部から送られる空気を妨げずに循環させられます。負荷がかかった際に生じるパーツの動作熱を抑えやすいのが魅力です。

底部には、ホコリなどの侵入を防げるよう「マグネット式ダストフィルター」が備えられています。簡単に取り外せるだけでなく、水洗い可能なのでメンテナンスもラクに行うことが可能です。

CPUは「Core i5-12400F」、GPUは「RTX 3060」を搭載。画質を抑えた競技設定でのプレイはもちろん、高画質できれいな映像も楽しめます。快適にゲームプレイできるモデルを探している方はチェックしてみてください。

冬のボーナスセール開催中
12/14(水) 10:59まで
販売サイトで見る

第4位 ストーム PG-OJ

Core i5-11400F/GeForce RTX 3060/16GB/500GB SSD

非常にコンパクトなPCケースを採用したゲーミングPC。天井・底面それぞれにダストフィルターが備えられているため、ホコリなどの侵入を防ぐことが可能です。

前世代のCPU「Core i5-11400F」と、ミドルスペックGPU「RTX 3050」を採用しているのもポイント。初心者向け構成ではありますが、画質設定を低~中にすればカクつきを抑えてプレイできます。安いゲーミングPCがほしい方におすすめです。

ストレージは、高速なM.2 SSDを搭載。カスタマイズで2.5インチSSDを2台まで追加できます。動画を大量に保存したり、ゲームをたくさんインストールしたりしたい方にもぴったりです。

なお、カスタマイズ画面で付属のキーボードとマウスを「無し」に設定し、1問だけのアンケートに回答すると最大で4500円引きになります。既に愛用しているゲーミングデバイスがある場合は検討してみてください。

第5位 パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M06M-A124-RBSXB-U

Core i5-12400/GeForce RTX 3060/16GB/1TB SSD

パソコン工房の2022年9月売れ筋ランキングで5位にランクインしたコスパ重視のゲーミングPC。人気の高い構成「Core i5-12400」と「RTX 3060」を採用しているのが特徴です。ゲーム内の画質設定を抑えることで、高フレームレートでのプレイが可能。PS4やPS5から移行したい方やPCゲーム初心者の方におすすめです。

ストレージは1TBのM.2 SSDを標準搭載。カスタマイズ画面でより高速なPCIe 4.0のM.2 SSDに変えられます。

PCケースは、黒を基調としたシンプルなデザイン。アクセントとしてブランド「レベルインフィニティ」のイメージカラーを採用しています。ミニタワータイプなので、デスク上にも置きやすいサイズです。LEDライティングが施されていないため、光らないゲーミングPCが気になる場合はチェックしてみてください。

年末年始 大還元祭
12/12(月) 16:59まで
販売サイトで見る

ゲーミングノートPCのおすすめランキング

第1位 ドスパラ(Dospara) ガレリア ZL7C-R37TH

Core i7-12700H/GeForce RTX 3070 Ti/32GB/1TB SSD

16インチと大画面のディスプレイを搭載したゲーミングノートPC。一般的なモデルよりも画面が縦に広く、没入感が高い状態でゲームを楽しめるのが魅力です。リフレッシュレートは最大165Hz。ブレが少なく滑らかな映像でプレイしたい方におすすめです。

サイズは幅358×奥行き247×薄さ20.0mm、重量は約2.15kgとコンパクトかつ軽量なのもポイント。気軽に持ち運びやすく、旅行・出張時などで役立ちます。ACアダプターも小型なため、荷物がかさばりにくく便利です。

HDMIやType-Cポートを搭載しているので、ゲーミングモニターと接続すれば更に利便性が向上します。デザインはシンプルで、普段使いしやすい外観。自宅でも外でも活躍するモデルを探している場合はチェックしてみてください。

第2位 ドスパラ(Dospara) ガレリア RL7C-R35H

Core i7-12700H/GeForce RTX 3050/16GB/512GB SSD

初心者~ミドルゲーマー向けスペックのゲーミングノートPC。リアルタイムレイトレーシングに対応したGPU「RTX 3050」を搭載しているのが特徴です。低画質設定であれば、FPSゲームはもちろんRPGゲームなども遊ぶことが可能。プレイするゲームにもよりますが、100~144fps程度のフレームレートでプレイできるため、予算を抑えつつ映像がカクつきにくいモデルを探している方にもおすすめです。

本体サイズは幅358×奥行き247×高さ19.0mm、重さは約2.0kgとコンパクトかつ軽量。リュックなどに入れてもかさばりにくく、持ち運びやすいのもポイントです。通信環境が整っていれば、通学・出張・旅行などの移動中や宿泊先でも活躍します。

落ち着きのあるシンプルなデザインを採用したモデルがほしい場合はチェックしてみてください。

第3位 エイスース(ASUS) ROG Strix SCAR 17 G733ZX-I9R3080T

Core i9-12900H/GeForce RTX 3080 Ti/32GB/1TB SSD

ゲーミングノートPCとして非常にスペックが高いといえるモデル。ハイエンドGPU「RTX 3080 Ti」を搭載しているのが特徴です。最高画質設定でRPGを楽しめるのはもちろん、画質設定を選べば高フレームレートを維持できるため、性能を重視している方におすすめです。

ディスプレイは最大360Hzに対応。ゲーミングモニターを別途用意せずに滑らかな映像を楽しめます。モニター分の費用だけでなく、設置スペースも抑えられるため便利です。

メモリは32GBと大容量。ゲームをしながら配信をしたり、複数アプリを起動して作業したりするといった用途でも活躍します。ストレージも1TBと十分な容量を備えており、さまざまなファイルを保存可能です。

本体にLEDライティングが施されているのもポイント。性能だけでなく、見た目にこだわりたい方にも適しています。

第4位 マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune P5

Core i5-11400H/GeForce GTX 1650/16GB/256GB SSD

優れたコスパで初心者からも人気を集めている15.6型ゲーミングノートPCです。6コア12スレッドに進化したインテル第11世代CPUのCore i5と大容量16GBメモリを搭載。手頃な価格ながら人気のFPSやTPSも十分に楽しめる性能を持っています。

エントリークラスのGPUであるGeForce GTX 1650を搭載しているのもポイント。フルHDで平均60fps近いフレームレートを安定して出力できるため、これから趣味としてPCゲームやゲーム実況を始めたい方にもおすすめです。

本格的なゲーミング性能とフルHDディスプレイを搭載しながら、幅359.5×奥行き238×厚さ22.8mmとスリム設計なのも魅力。重さも2.02kgとゲーミングPCとしては軽いので、外出先でゲームをプレイする際にも重宝します。

冬のボーナスセール開催中
12/14(水) 10:59まで
販売サイトで見る

第5位 デル(Dell) ALIENWARE M15 R7 INTEL プラチナ

Core i7-12700H/GeForce RTX 3080 Ti/32GB/512GB SSD

非常に高性能なノートパソコン向けGPU「RTX 3080 Ti」を搭載したモデル。CPUはインテル第12世代の「Core i7-12700H」を備えており、高フレームレート・高画質でのゲームプレイが可能です。最大165Hz対応のディスプレイを標準搭載。より滑らかな映像を楽しみたい場合は、240Hzもしくは360Hzのディスプレイに変更できます。

メモリが32GBと大容量なのもポイント。配信や動画編集、3Dモデリングなどさまざまな作業を快適にこなせるのが魅力です。LEDライティングが施されていたり、ALIENWARE特有のスタイリッシュなデザインが採用されていたりと、外観を重視する方にも適しています。

キーボードは、USキー・日本語キーどちらかを選択可能。また、オプションにはなるものの、5,000円程度で軽快な打鍵感が特徴のメカニカルキーボードに変えられるため、好みに合わせて検討してみてください。

ゲーミングPCのAmazonランキングをチェック

ゲーミングPCのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

PCゲームをプレイするならマウスやモニターにもこだわろう

より快適にPCゲームをプレイしたい場合は、ゲーミングPCだけでなくマウス・モニターなどのゲーミングデバイスにもこだわるのがおすすめ。高性能なモノを揃えることで、ゲームを有利に進められる場合があります。

なかには、ワイヤレスで動かしやすいゲーミングマウス、滑らかな映像を表示できるゲーミングモニターなど、操作性や視認性に関わるモノも。それぞれプレイするゲームに合わせて選ぶ必要があるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

おすすめのゲーミングデバイスはこちら

関連リンク
・ゲーミングPCのおすすめ(ビックカメラ)