eスポーツに挑戦してみたいと考えている方をはじめ、最新ゲームをストレスなくプレイしたい方に必要となるのが「ゲーミングPC」。リアルな3Dグラフィックを駆使したタイトルもスムーズに動作するので快適です。

そこで今回は、ゲーミングPCのおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ゲーミングPCとは?

普通のPCとの違い

ゲーミングPCは独立したグラフィックボードを搭載しているのが特徴。3Dなど高度なグラフィックをスムーズに描画するのに必須のパーツです。普通のPCの場合、マザーボード上に実装されていたりCPUに内蔵している機能を利用したりしています。

負荷のかかる処理を高速で実行するため、容量の大きなメモリを搭載しているのも特徴です。さらに、優れた冷却性能を有しているのも一般的なPCとの違いのひとつ。高性能パーツから発生する熱を効率的に冷やすことで、長時間に及ぶプレイでもパフォーマンスの低下が起こりにくいよう設計されています。

ゲーミングPCの選び方

CPUはPC全体の性能を決めるパーツ

By: msi.com

CPU(Central Processing Unit)は人間でいうと「頭脳」に相当し、PC全体の性能を左右する重要なパーツです。どれだけ高性能なグラフィックボードを搭載しても、CPUのスペックが低ければPCの性能をフルに発揮できません。

世界中で大きなCPUシェアを誇っているのがインテルとAMDの2社です。インテルは「Core iシリーズ」プロセッサが、AMDは「Ryzenシリーズ」が有名。特にAMDはコスパのよさで最近人気のメーカーです。

Core i3・5・7・9やRyzen 3・5・7・9といったように、後に続く数字が大きくなるほど性能の高いプロセッサといえるので覚えておきましょう。ただし、高性能なものほどPCの価格も高くなる傾向にあるため、目的と予算を考慮しながら選ぶ必要があります。

ハイスペックにしたいならCore i7 or Ryzen 7以上を

By: lenovo.com

ハイスペックを求める方にはインテルならCore i7、AMDの場合はRyzen 7以上のCPUを搭載したモノがおすすめ。いずれもインテルとAMDが誇るハイレンジラインのプロセッサ。搭載しているほかのパーツスペックにもよりますが、ほとんどのゲームタイトルがストレスなくプレイできます。

また、予算は気にしないのでとにかくパフォーマンス重視、といった方は迷わずCore i9やRyzen 9搭載モデルを選びましょう。eスポーツに参戦するなど、対戦相手より少しでもアドバンテージを得たい方には最適です。

コスパ重視ならCore i5 or Ryzen 5がおすすめ

By: dospara.co.jp

予算にあまり余裕がない、といった方にはコスパに優れたインテルのCore i5やAMDのRyzen 5プロセッサがおすすめです。Core iとRyzenシリーズのなかではミドルレンジにあたるスタンダードモデル。

上位プロセッサほどのパフォーマンスは期待できないものの、ビジネスアプリもサクサク動かせる性能を有しているのが特徴です。初めてゲーミングPCを購入する初心者の方や、コスパを重視する方に適しています。

ただし、可能な限りメモリ容量の大きなモデルを選びましょう。メモリの容量が大きいほど負荷のかかる処理がスムーズに実行できるため、ミドルレンジのCPUでもより快適なプレイが楽しめます。

ゲーミングPCではグラフィックボードが重要

By: msi.com

グラフィックボードとはGPU(Graphics Processing Unit)とその周辺回路が実装されたパーツです。CPUに代わりモニターに映像を表示する役割を担っています。複雑なグラフィックをスムーズに描画しなければならないゲーミングPCにとっては非常に重要なアイテム。

ゲーム用途ではNVIDIAの「GeForce GTXシリーズ」「GeForce RTXシリーズ」が人気です。高リフレッシュレートや高精細のモニターで快適にプレイするためには、高性能なグラフィックボードが必要になります。自分のゲーム環境もよく考慮した上で適切なモデルを選んでみてください。

ハイスペックなゲームを遊ぶならRTX 3060以上を

By: dell.com

「GeForce RTX 3000シリーズ」はグラフィックボードのなかでもハイエンドモデルとして人気です。リアルな映像を駆使したゲームを思う存分楽しみたい方は、NVIDIAの「GeForce RTX 3060」以上のグラフィックボードがおすすめ。

「リアルタイムレイトレーシング」に対応しているのが特徴です。鏡のなかに映り込む風景やガラスで光が屈折するさまなど、細かな情景のデータをリアルタイムで演算して画面上に表示できます。実写さながらの映像が目の前に広がるため、ゲームへの高い没入感を得ることが可能。そのほか、マルチモニター環境で使用したい方や高精細な4Kモニターでプレイしたい方などにもおすすめです。

予算を抑えたいならGTX 1600シリーズがおすすめ

By: mouse-jp.co.jp

気軽にゲームを楽しみたい方にはコスパに優れた「GTX 1600シリーズ」がおすすめ。NVIDIAのグラフィックボードではミドルレンジにあたります。ゲーミングPCのエントリーモデルなどにも多く採用されているため、初心者の方にもピッタリです。

フルHD解像度のモニターはもちろん、120Hzや144Hzなどの高リフレッシュレート対応のモニターに繋いでも快適に遊べます。初めてゲーミングPCを購入する方はぜひチェックしてみてください。

メモリは16GB以上あると安心

メモリはCPUが仕事をする際に作業スペース的な役割を担うパーツです。メモリ容量が大きいほど作業がスムーズにこなせるため、PCの処理速度も高速になります。CPUと並んでPC全体の処理能力を左右する重要な部品です。

大容量メモリを搭載するモデルなら、ゲームなど負荷のかかる用途にもしっかりと対応できます。ゲーミングPCには16GB以上のメモリがあると安心。コスパ重視でCPUを選んだ方でも快適にゲームを楽しめます。

ストレージはSSD+HDDがおすすめ

By: dospara.co.jp

ストレージはOSをはじめゲームアプリなどを保存しておくためのパーツです。ゲーミングPCに搭載されているストレージにはSSDとHDDの2種類が存在します。SSDは容量当たりのコストが高い反面、アクセス速度の速さが魅力。一方、HDDはSSDと比べてスピードが劣るものの、容量当たりの単価が低く、大容量でも安いのが特徴です。

最近の人気ゲームは映像のリアル化などもあり、ますます容量が大きくなる傾向にあります。コストを抑えつつ必要な保存領域を確保するためには、SSDとHDDを組み合わせたデュアルストレージがおすすめ。

頻繁にプレイするゲームは高速で起動するSSDへ保存し、過去にダウンロードしたお気に入りタイトルは大容量のHDDに格納するなど、用途に応じて使い分けられるのも魅力です。

初めてのデスクトップなら付属の周辺機器もチェック

By: dell.com

ほとんどのデスクトップモデルは本体単体で販売されています。モニターやキーボードなど周辺機器をオプション設定としているゲーミングPCが多いので、初めて購入する方は注意しましょう。

本体以外にも買い揃えなければならないデバイスがあるのは面倒な反面、好きな周辺機器を自由に選べるのは魅力。自分に合った環境を整えるといった楽しみも味わえます。また、メーカーの販売サイトなら複数のオプションがリストアップされているため、初心者でもクリックするだけで簡単に選択可能です。

最低限必要なモニター・キーボード・マウス以外にも、ヘッドセットやマウスパッドなどさまざまな周辺機器やアクセサリーがあるので、自分好みのアイテムをチョイスしてみてください。

PC本体のサイズをチェック

By: lenovo.com

ゲーミングPCを購入する際には、本体のサイズもしっかりと確認する必要があります。タワータイプのケースを採用するボディは、奥行きや高さが50cmを超える製品もあるなど、意外とかさばるので要注意。

本体サイズが大きすぎると設置を予定していた場所に収まらない、といったことにもなりかねません。どうしても設置スペースが取れない場合には、ゲーミングノートの選択肢もあるので検討してみてください。

ゲーミングノートPCについて詳しく知りたい方はこちら

ゲーミングPCのおすすめメーカー

ドスパラ ガレリア(GALLERIA)

By: dospara.co.jp

ドスパラは東京に本社を構える「サードウェーブ」が運営する総合パソコンショップです。自社のネット通販サイト「ドスパラ通販」を通じて、ゲーミングPCやクリエイター向けPC、BTOパソコンなどの販売をおこなっています。

製品の製造からサポートまでを国内で実施しており、高品質なものづくりや安心のサポート体制が魅力。「ガレリア(GALLERIA)」はドスパラで販売するゲーマー向けのパソコンブランドです。CPUやグラフィックボード、メモリなど、豊富に揃った高性能パーツから目的にあったモデルが選択できます。

マウスコンピューター G-Tune

By: mouse-jp.co.jp

東京に本社を持つ日本のパソコンメーカーです。高品質な製品をリーズナブルな価格で提供することで人気。製品の開発および生産を長野県にある工場でおこなうなど、小ロット生産にも対応できるのが特徴です。国内におけるBTO(Build To Order)パソコンメーカーのさきがけともなりました。

「G-Tune」はマウスコンピューターが販売するゲーミングPCブランド。気軽にゲームを楽しみたいカジュアル仕様からハイスペックを追求するプロゲーマー仕様まで、さまざまなスペックのモデルを取り扱っています。

Dell エイリアンウェア(ALIENWARE)

By: dell.com

Dellはデスクトップとノート問わずコスパのよいパソコンで人気のメーカーです。製品の特徴別に「Inspiron」や「XPS」などカテゴリー分けがされており、「エイリアンウェア(ALIENWARE)」はゲーミングPCのハイエンドブランドにあたります。

曲線を多用した近未来的なケースデザインを採用し、プロのeスポーツにも対応可能な設計を施しているのが特徴。ほかにも、初・中級者向けにミドルレンジの「Dell Gシリーズ」を販売するなど、幅広いユーザー層に対応できるラインナップを展開しています。

パフォーマンス重視!ハイスペックのゲーミングPCおすすめランキング

第1位ドスパラ(Dospara) GALLERIA ZA9C-R38

Core i9-10850K/GeForce RTX 3080/16GB/1TB SSD

ハイスペックを実現したプロ仕様のゲーミングPCです。CPUとGPUには共にトップエンドクラスに当たるCore i9 10850KとGeForce RTX 3080を搭載。リアルタイムレイトレーシングありでも高フレームレートを安定して出力できるため、スペックを最重視したい方におすすめです。

冷却性能と静音性を両立させた140mmサイズの大型ファンを内蔵しており、白熱したシーンでも高いパフォーマンスを維持しやすいのもポイント。また、ゲーミングギアを接続しやすいように45°の傾斜がつけられたフロントパネルも備えています。

また、新設計の大型ステー「リジッドカードサポート」を搭載するのも魅力。グラフィックカードを上下から挟み込んで強固に固定するので、輸送中の脱落やたわみによる接触不良を防げます。

第2位マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune EP-A-3070Ti

Ryzen 7 5800X/GeForce RTX 3070 Ti/32GB/1TB SSD+4TB HDD

快適さや映像の美しさにこだわるゲーマーから人気の高性能ゲーミングPCです。ハイエンドCPUのRyzen 7 5800XとGeForce RTX 3070 TiのGPUを搭載。人気FPSタイトルを表示遅延のないストレスフリーな環境でプレイしたい方にもおすすめです。

ストレージを垂直に設置したり、ケーブル類を背面に配置したりできる内部構造を採用しているのもポイント。徹底したエアフローの最適化に特化しつつも最大3台までのスリム光学ドライブを搭載できます。

また、120mmの大型リアファンとシャーシ底面全体で外気を取り込む吸気構造を搭載しているのも特徴。ほかにも、オプションに強化ガラスサイドパネルが用意されており、ワンプッシュで内部へのアクセスが可能です。

第3位パソコン工房 LEVEL-R059-LC119K-DUX

Core i9-11900K/Radeon RX 6700 XT/16GB/1TB SSD

カスタマイズ性の高さが魅力の国産ゲーミングPCです。先進の機能を盛り込みつつもケース内部のマージンにゆとりがある構造を採用。購入後もストレージデバイスやPCカード類の増設がしやすいため、長期間にわたって愛用しやすいモデルです。

GPUにハイエンドクラスの性能を持ちながらコスパの優れたRadeon RX 6700 XTを搭載しているのもポイント。フルHD・4Kでも高フレームレートを出力できるので、美麗グラフィックのMMORPGなどを存分に楽しみたい方にもおすすめです。

世界から評価されている国産液晶モニターブランド「iiyama」の名を冠しているのも特徴。国内の工場で丁寧に製造されているため、高い品質を備えているのも魅力です。

第4位レノボ(Lenovo) Lenovo Legion T750i

Core i9-10900K/GeForce RTX 2070 SUPER/8GB/512GB SSD+2TB HDD

優れた性能と機能性を兼ね備えるゲーミングPCです。ハイエンドGPUのGeForce RTX 2070 SUPERを搭載。リアルタイムレイトレーシングありでも高パフォーマンスを実現します。

自動キャリブレーション機能「Lenovo Vantage」を搭載するのも特徴。遊ぶタイトルと画質モードを選ぶだけで設定を最適化してフレームレートを限界まで引き上げられるので、簡単操作で快適な環境でのプレイが楽しみたい方にもおすすめです。

空冷式と水冷式を組み合わせた冷却システム「Legion Coldfront 2.0」を採用しているのもポイント。白熱したシーンでも静音かつ低熱の安定した状態で高いパフォーマンスを発揮できます。また、大型ファンは駆動モードを3段階で切り替え可能です。

第5位デル(Dell) ALIENWARE AURORA R12

Core i7-11700F/GeForce RTX 3060 Ti/16GB/2TB HDD

有名eスポーツチームのマシンとしても採用されているおしゃれなゲーミングPCです。安定したオーバークロックを可能にすることで、高負荷時でもフレームレートを高く維持できるのが特徴。ゲームプレイしながら実況配信をしたい方にもおすすめです。

有機的なフォルムが特徴的なレジェンドデザインを採用しているのもポイント。効率的な冷却を可能にする内部エアフローや、ゲーミングデバイスが接続しやすい前面ポートなど、ゲーマーにとっての使いやすさを考えた設計が施されています。

コスパ重視!ミドルスペックのゲーミングPCおすすめランキング

第1位ドスパラ(Dospara) GALLERIA RM5R-R36

Ryzen 5 3600/GeForce RTX 3060/16GB/500GB SSD

優れたコスパでPCゲーマー初心者も使いやすいゲーミングPCです。手頃な価格ながらミドルクラスGPUのGeForce RTX 3060を搭載。負荷の重いタイトルでも快適にプレイが楽しめるので、話題のFPSを始めたい方にもおすすめです。

機能性の高いデザインも特徴。140mmサイズのファンを中心に静音声と冷却性能を両立させた冷却システムや、前方から周辺機器を接続しやすく設計された45°の傾斜がついたコンソールパネルなど、ユーザーの使いやすさを重視した設計を採用しています。

ほかにも、オプションとして高品質なゲーミングキーボードとゲーミングマウスも追加できるのも魅力です。

第2位ドスパラ(Dospara) GALLERIA RM5C-R36T

Core i5-11400/GeForce RTX 3060 Ti/16GB/500GB SSD

Apex LegendsなどのFPSゲームだけでなく、FFXIVのようなリアルなグラフィックを楽しめるMMORPGも快適にプレイできるゲーミングPC。高性能ながら価格は控えめなので、コスパに優れた製品を探している方にぴったりです。

メモリは16GBと十分な容量を備えているため、ゲームを起動しながらDiscordでVCなどをしたい方にもおすすめ。SSDの容量は500GBなので、タイトルにもよりますがゲームを複数個インストール可能です。容量が大きい高画質な画像・動画も保存できます。

PCケースは側面にガラスを採用したシンプルなデザイン。USBポートが前面にも設けられているので、ゲーミングデバイスを接続しやすいのが魅力です。すぐに取り外しができるのはもちろん、背面のポートを使用するよりもケーブルの長さが必要ないのがメリット。高性能かつ機能性にも優れた製品を探している場合はチェックしてみてください。

第3位マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune EN-A

Ryzen 7 3700X/GeForce RTX 3060/16GB/512GB SSD+2TB HDD

負荷の高いマルチタスクにも対応するコスパ良好のゲーミングPCです。ハイクラスCPUのRyzen 7 3700XとミドルクラスGPUのGeForce RTX 3060を搭載。ゲームしながらの動画配信も十分可能なので、ゲーム実況を始める方にもおすすめです。

機能性重視でデザインされたケースもポイント。通常は背面に配置されるHDMI端子が上部前面に設置されているため、接続するゲーミングギアやVRデバイスの切り替えがスムーズに行えます。

512GBのM.2 SSDと2TBのHDDを搭載しており、余裕のあるストレージ容量を備えるのも魅力。加えて、ストレージベイには最大5台まで搭載可能なので、増設にも柔軟に対応できます。

第4位パソコン工房 LEVEL-R059-117-RBX

Core i7-11700/GeForce RTX 3060/16GB/1TB SSD

カスタマイズ性の高い国産モデルのゲーミングPCです。優れた品質で世界的に高く評価されている国産液晶モニターブランド「iiyama」の名を冠しており、国内工場で丁寧に製造。価格と品質の両方を重視したい方にもおすすめです。

ケース内部のマージンにゆとりがある構造を採用しているのもポイント。ストレージデバイスやPCカードなどの増設がしやすく、購入後のメンテナンスも簡単に行えるので、長期間にわたって愛用しやすいのが魅力です。

リーズナブルな価格ながらハイクラスCPUのCore i7-11700、ミドルクラスGPUのGeForce RTX 3060を搭載しているのも特徴。趣味としてPCゲームを遊ぶのには十分なスペックを備えています。

第5位レノボ(Lenovo) Legion T550

Ryzen 7 3700X/GeForce RTX 3060/12GB/256GB SSD

ハイスペックが手頃な価格で入手できるゲーミングPCです。ハイクラスCPUのRyzen 7 3700XとミドルクラスGPUのGeForce RTX 3060を搭載。ストレージは256GBのSSDのみと少なめなので増設や外付けストレージの用意を推奨します。

150W airflow CPUクーラーや大型ファンなどによる高い冷却性能もポイント。パフォーマンス重視や静音性重視など3つの駆動モードに切り替え可能なため、プレイ時のニーズに合わせて調節できます。

側面には強化ガラスのサイドパネルが搭載されているので、目視で動作状況の確認が可能なのも特徴。フルサイズながらスリムなゲーミングキーボードが付属します。

ゲーミングノートPCのおすすめランキング

第1位マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune P5

Core i7-10750H/GeForce GTX 1650/16GB/512GB SSD

省電力性と携帯性に優れた人気の15.6型ゲーミングノートPCです。電源に省エネ効率の高い「リチウムポリマーバッテリー」を採用。最長約9時間の長時間駆動が可能なので、外出先でも存分にゲームがプレイできます。

15.6インチのフルHDディスプレイを搭載しながら携帯性に優れるのもポイント。重さは2.03kgで、一般的な15型ゲーミングノートPCと比べると一回り軽量コンパクトなため、外出先への持ち運びも比較的手軽に行えます。

コスパの高いエントリークラスGPUのGeForce GTX 1650を搭載しているのも特徴。人気のFPSタイトルをこれから始めたいPCゲーム初心者にもおすすめです。

第2位エイスース(ASUS) TUF Gaming A17

Ryzen 7 5800H/GeForce RTX 3070/16GB/512GB SSD

優れたタフネス性能を備えたパワフルな17.3型ゲーミングノートPCです。米国軍事規格「MIL-STD-810G」をクリアする耐久性を実現。移動中に不意の衝撃に遭っても故障しにくいため、eスポーツイベントなどへの遠征が多いゲーマーにもおすすめです。

フルHDで144Hzの高リフレッシュレート表示に対応する大型ディスプレイを搭載するのもポイント。GPUと連携して画面のカクつきや遅延を低減する「Adaptive-Sync」にも対応するので、FPSやレーシングゲームなども快適に楽しめます。

GPUにはハイエンドクラスのGeForce RTX 3070を採用しており、フルHDで平均160fps以上の高フレームレートを出力できるのも魅力。最長14時間の動画再生が可能な大容量バッテリーも備えています。

第3位ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL7C-R36

Core i7-10875H/GeForce RTX 3060/16GB/512GB SSD

FPSゲームも快適にプレイしやすい15.6型ゲーミングノートPCです。リーズナブルながらミドルクラスGPUのGeForce RTX 3060を搭載。高フレームレートを安定して出力できます。

15.6インチのディスプレイはフルHDで144Hzの高リフレッシュレート表示に対応するのもポイント。動きの速いシーンも遅延の少ない滑らかな表示が可能なので、FPSやレーシングゲームを快適にプレイしたい方にもおすすめです。

薄型狭額ベゼルを採用しているうえ、15型ゲーミングノートPCとしては通常よりも一回り軽量コンパクトなのも特徴。没入感の高いプレイも楽しめます。また、有線LANに匹敵する速度の通信がワイヤレスで利用できるWi-Fi 6に対応するのも魅力です。

第4位レノボ(Lenovo) Lenovo Legion 750i

Core i7-10750H/GeForce RTX 2060/16GB/1TB SSD

高性能が比較的手頃な価格で入手できる15.6型ゲーミングノートPCです。ハイエンドモデル並の性能を持ちながら、1世代前のCPUとGPUを採用することで高いコスパを実現。スペックの高いゲーミングノートPCをリーズナブルに入手したい方におすすめです。

最大240Hzの高リフレッシュレート表示に対応できるフルHDディスプレイを搭載するのも特徴。動きの速いシーンでもライバルの動向をはっきりと視認可能です。また、Dolby VisionのHDR表示にも対応するので臨場感の高い映像美が味わえます。

独自の自動キャリブレーション機能「Lenovo Vantage」に対応するのもポイント。プレイするタイトルと画質モードを選択するだけでフレームレートを最適化できるので、簡単操作で快適なプレイ環境が用意できます。

第5位ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Gaming 15

Core i7-11370H/GeForce RTX 3050 Ti/16GB/1TB SSD

手軽に入手しやすいエントリーモデルの15.6型ゲーミングノートPCです。システム全体の最適化を行う「第3世代MAX-Qテクノロジ」を採用。低価格ながら本格的なゲーミングに耐える高いパフォーマンスを実現しています。

GPUにはモバイル向けに開発されたローエンドクラスの「GeForce RTX 3050 Ti」を搭載しているのも特徴。また、重さ約2.3kgと15型ゲーミングノートPCとしては軽量なので、外出先でも気軽にプレイが楽しめます。

ディスプレイ解像度はフルHDで、最高144Hzの高リフレッシュレートに対応するのもポイント。FPSやレーシングゲームも残像感の少ない映像で快適にプレイできるため、PCゲームを始める初心者にもおすすめです。

ゲーミングPCのAmazonランキングをチェック

ゲーミングPCのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

PCゲームをプレイするならマウスやモニターにもこだわろう

より快適にPCゲームをプレイしたい場合は、ゲーミングPCだけでなくマウス・モニターなどのゲーミングデバイスにもこだわるのがおすすめ。高性能なモノを揃えることで、ゲームを有利に進められる場合があります。

なかには、ワイヤレスで動かしやすいゲーミングマウス、滑らかな映像を表示できるゲーミングモニターなど、操作性や視認性に関わるモノも。それぞれプレイするゲームに合わせて選ぶ必要があるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

おすすめのゲーミングデバイスはこちら