eスポーツの大会も積極的に開催されている話題のタクティカルFPS「VALORANT」。一般的なFPSと比べて要求するスペックは低めですが、快適にプレイするためにはゲーミングPCが必要です。

そこで今回は、VALORANTをスムーズにプレイするのに必要なゲーミングPCの条件について解説。おすすめのモデルもご紹介するので、VALORANTのプレイ環境を構築する際の参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

VALORANTをプレイするための必要スペック・推奨スペックは?

最低限必要なスペック

By: mouse-jp.co.jp

VALORANTの動作に最低限必要なスペックは、公式サイトの「最低スペック」で確認できます。CPUは「Intel Core 2 Duo E8400」または「AMD Athlon 200GE」、GPUは「Intel HD 4000」または「AMD Radeon R5 200」と記載されています。

CPU内蔵のGPUのみを搭載する数世代以上前のPCが該当。条件を満たすモノなら低スペックな古いPCでもVALORANTを起動させる程度なら十分に可能です。

ただし、最低スペックでは30fpsの低フレームレートでプレイするのが前提なのが難点。VALORANTのように動きの速いFPSでは画面のカクつきが目立つので、最低でも必要スペック以上のゲーミングPCを選ぶのがおすすめです。

必要スペック

By: dospara.co.jp

VALORANTを快適にプレイするのに最低限必要なスペックは、公式サイトの「推奨スペック」で確認できます。CPUは「Intel i3-4150」または「AMD Ryzen 3 1200」、GPUは「NVIDIA GeForce GT 730」または「AMD Radeon R7 240」と記載されています。

スペックとしては、ネット検索や書類作成などの軽作業に使うスタンダードPCが該当。グラフィックボードは一応含まれているものの、価格の安いローエンドGPUが対象です。

必要スペックでは家庭用ゲーム機と同じ60fps環境でVALORANTをプレイできるのが特徴。比較的快適にプレイできますが、PS4よりも高価なうえ、PS4と同程度の実力しか発揮できないため、コスパが悪いのが難点です。

推奨スペック(144fps)

By: dospara.co.jp

VALORANTを144fps環境でプレイするのに推奨されているスペックは、公式サイトの「ハイエンドスペック」で確認できます。CPUは「Intel Core i5-9400 2.9GHz」または「AMD Ryzen 5 2600X」、GPUは「NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti」または「AMD Radeon R7 370」と記載されています。

エントリーモデルのゲーミングPCが条件に該当。VALORANTは最近のFPSゲームとしては負荷が軽いので、初心者向けのゲーミングPCでも比較的簡単に144fpsの高フレームレートを出力可能です。

VALORANTのように素早い判断と対処が勝敗を分けるFPSゲームでは、フレームレートは最低でも144fps以上を確保したいところ。144fpsは60fpsと比べると動きの描写が滑らかになり、対応力が向上するので、真剣に勝ちを狙う方におすすめのスペックです。

推奨スペック(240fps)

By: mouse-jp.co.jp

VALORANTを240fps環境でプレイするには、ハイエンドスペックを超えるゲーミングPCが必要。CPUは「Intel Core i7-11700」以上、メモリは最低でも16GB以上を搭載するモノを選びましょう。

映像出力の要となるGPUは、ミドルクラスである「NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti」以上のモノが必要。通常時は上記のスペックでも240fpsを出力できます。ただし、混戦時など処理が重くなる場合はフレームレートが落ちる点は留意しておきましょう。

なるべくfps値を高くしたい場合は、ハイクラスGPUを選ぶのがおすすめ。環境を整えることで、快適にVALORANTをプレイできるため、ハイレベルなラウンドでもプレイしやすいのが魅力です。

VALORANTはグラボなしのPCでプレイできる?

By: mouse-jp.co.jp

グラフィックボード非搭載のPCはVALORANTには不向き。公式サイトの「最低スペック」を満たせば、CPU内蔵のGPUのみを搭載した低スペックなPCでもゲームの起動自体は可能です。ただし、いざラウンドが始まると動作が重くなり、画面のカクつきも目立つので、まともにプレイするのが困難です。

VALORANTを快適にプレイするのに必要な「推奨スペック」をクリアするためには、独立GPUを採用するグラボの搭載は必要不可欠。特に、VALORANT は5人対5人で対戦を行うFPSゲームのため、一緒に戦うチームメイトの足を引っ張らないためにも、必ずグラボを搭載するゲーミングPCを選びましょう。

VALORANTにおすすめのゲーミングPC

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7R-R47T

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7R-R47

NVIDIAの高性能グラフィックボード「GeForce RTX 4070Ti」を搭載した、グラフィック性能が非常に高い製品です。長期間快適に遊び続けられる、ゲーミングPCが欲しい方におすすめのモデル。Ryzen 7プロセッサと16GBメモリを実装しているため、白熱したバトルシーンでも高いフレームレートが期待できます。

140mmサイズの大型ファンも搭載しており、冷却性能に優れているのも嬉しいポイントです。長時間プレイし続けてもパフォーマンスの低下が最小限に抑えられます。

フロントパネルにRGB LEDライトを配置。カスタマイズに対応しているので、好みや部屋の雰囲気に応じたライティングが楽しめます。消灯することも可能なため、通常のパソコン作業を行うときに便利です。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RM5C-G60S

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RM5C-G60S

VALORANT初心者に適したエントリーモデルのゲーミングPCです。公式大会の協賛モデルをベースにしつつ、CPUを第13世代のCore i5-13400Fに換装。手頃な価格でPCゲームが快適に遊べるので、これからVALORANTを始める方にもおすすめです。

GPUにエントリークラスの「GeForce GTX 1660 SUPER」を採用しているのもポイント。16GBの大容量メモリと組み合わせることで、VALORANTではフルHDの最高画質でも144fpsを出力できるため、存分にゲームを満喫できます。

冷却性能と静音性のバランスを両立した140mmの大型ケースファンを内蔵しているのも魅力。また、BTOオプションで「初期設定代行サービス」を追加すれば、ゲーミングPCが初めての方でも、手軽に届いた直後からVALORANTがプレイ可能です。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RA7C-R46T

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RA7C-R46T

快適な環境でVALORANTが楽しめるゲーミングPCです。CPUはCore i7-13700F、メモリは16GB、ストレージはSSD 500GBを搭載。充実した基本性能を備えながら価格が比較的リーズナブルなので、コスパ重視のVALORANTプレイヤーにもおすすめです。

高性能なGPUの「GeForce RTX 4060 Ti」を採用しているのもポイント。グラフィック性能に優れています。

ゲートをイメージして配置された前面の「ARGB LEDライト」もおしゃれ。内部には冷却性能と静音性を両立した140mmサイズの大型ファンが搭載されています。VALORANTのプレイ中に大きな負荷がかかる場面でもパフォーマンスを高く維持可能です。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7C-R47

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7C-R47

本格派の要求にも応えるVALORANT向けの高性能ゲーミングPCです。優れたグラフィック性能を持つGPUの「GeForce RTX 4070」を搭載。CPUはCore i7-13700F、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBと基本スペックも充実しています。

大容量メモリを搭載しているため、VALORANTを高画質でプレイしながらゲーム実況の配信も可能です。前面上部に配置された斜め45°のコンソールパネルを使えば、ヘッドセットなどのゲーミングデバイスも手軽に接続できます。

フロンティア(FRONTIER) GA SERIES FRGAG-B760/SG5/NTK

フロンティア(FRONTIER) GA SERIES FRGAG-B760/SG5/NTK

高負荷時でもしっかりと冷却してパフォーマンスを発揮できる、VALORANTにおすすめのゲーミングPC。CPUには第13世代のIntel Core i7-13700Fを、GPUにはNVIDIA GeForce RTX 4060を搭載しています。高フレームレートで快適にVALORANTをプレイ可能です。

メモリは16GBで、ストレージには1TBのM.2 SSDを内蔵しています。ストレージには余裕があるので、VALORANT以外のゲームも複数インストール可能。冷却性能を高めるために、グラフィックボードをケース上部に配置したレイアウトも特徴のひとつです。

そのほか、追加で3.5インチ HDDを1基、2.5インチ SSDを2基搭載できます。拡張性にも優れているので、購入後ストレージなどの増設を検討している方にもおすすめです。

フロンティア(FRONTIER) GL SERIES FRGLB760/SG3

フロンティア(FRONTIER) GL SERIES FRGLB760/SG3

高フレームレートを維持して快適にVALORANTをプレイできるゲーミングPC。CPUにIntel Core i7-13700Fを採用し、GPUにはNVIDIA GeForce RTX 4070を搭載しています。VALORANTを含むさまざまなゲームを快適にプレイできるハイスペックなモデルです。

鮮やかに光るLEDイルミネーションを搭載しているのも魅力のひとつ。デスク周りを彩りたい方や、光るゲーミングPCを探している方にもおすすめです。ケースはフルタワー型なので、放熱性と拡張性にも優れています。内部の空間に余裕があるので、メンテナンスしやすいのもメリットのひとつです。

また、32GBのメモリを標準搭載しているので、高いマルチタスク性能を有しています。VALORANTをプレイしながらゲーム実況配信をしたい方などにもぴったりです。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune DG-I7G70

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune DG-I7G70

ハイスペックを体感できるVALORANT向けのゲーミングPCです。高フレームレートを安定出力できるハイクラスGPU「GeForce RTX 3070」を採用。高解像度のゲームを楽しみたい方におすすめです。

CPUはCore i7-13700F、メモリは32GB、ストレージはM.2 SSD 1TBと基本性能も充実。また、熱源となるストレージベイや電源ユニットを上段に配置するなどしてエアフローが効率化されているので、高負荷時でもストレスなくプレイできます。

ゲーミングPC本体の側面上部にアクセサリーポートを配置しているのも便利。デスク下に設置してもヘッドセットなどのゲーミングギアを手軽に接続できます。BTOオプションで強化ガラス製のサイドパネルも選択可能です。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune DG-I5G6T DGI5G6TW7ACCW101DEC

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune DG-I5G6T DGI5G6TW7ACCW101DEC

高さの抑えられたミニタワーケースのゲーミングPC。ケースのサイズが小さめなので、少ないスペースですっきりと設置できます。また、白色のデバイスで揃えたい方にもおすすめです。

CPUにはIntel Core i5-13400Fを、GPUにはNVIDIA GeForce RTX 4060 Tiを搭載。スリムなだけでなく、高フレームレートで快適にVALORANTをプレイできるスペックも有しています。そのほか、標準構成では16GBのメモリと、500GBのSSDを内蔵。Wi-Fi 6EとBluetoothに対応しているのも嬉しいポイントです。

パソコン工房 LEVEL∞ M-Class ILeDEs-M7P5-AR55-NASXB

パソコン工房 LEVEL∞ M-Class ILeDEs-M7P5-AR55-NASXB

低コストで気軽にVALORANTが楽しめるゲーミングPCです。CPUはRyzen 5 5500、メモリは16GB、ストレージはM.2 SSD 500GBを搭載。GPUには「GeForce RTX 3050」を採用しています。快適なプレイに十分な性能を備えながら価格が安いので、PCゲーム初心者でこれからVALORANTを始める方にもおすすめです。

シンプルかつ重厚感のあるデザインも魅力。また、天面・前面・底面の3ヵ所に取り外し可能なメッシュダストカバーを採用。ホコリが付着しても手軽にメンテナンスが可能です。

VALORANTにおすすめのゲーミングノートPC

エムエスアイ(MSI) Stealth-14Studio-A13VE-569JP

エムエスアイ(MSI) Stealth-14Studio-A13VE-569JP

筐体にマグネシウム合金素材を採用した、ゲーミングPCとしては軽量な製品です。重さが1.7kgと比較的軽いうえ、厚さも19mmと薄型設計なのが特徴。14インチの液晶を搭載したコンパクトなボディと相まって気軽に持ち運べます。携帯性に優れたゲーミングノートPCが欲しい方におすすめのモデルです。

第13世代のCore i7とGeForce RTX 4050を搭載。処理性能・グラフィック性能とも非常に良好です。好きな場所で、VALORANTを思いっきりプレイしたい方はチェックしてみてください。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune P6-A7G50BK-A

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune P6-A7G50BK-A

1920×1200ピクセル表示が可能な、16インチの液晶を搭載したゲーミングノートPC。大画面でVALORANTをプレイしたい方におすすめのモデルです。

最大165Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているため、高速で動き回る敵を捕捉しやすくゲームが有利に進められます。CPUにはAMD Ryzen 7、GPUにはGeForce RTX 3050を内蔵しており映像の描画もスムーズです。

nキーロールオーバー対応のキーボードを搭載しているのがポイント。複数キーを同時に押すようなシーンでも正確に入力できるため、キャラクターを思い通りに操作することが可能です。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL7C-R45

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL7C-R45

VALORANTがストレスなく遊べる、ノートパソコンが欲しい方におすすめのモデルです。CPUにCore i7-13700H、GPUにNVIDIAのGeForce RTX 4050を採用するなど、グラフィック性能に優れたゲーミングPC。最大144Hzのリフレッシュレートに対応した15.6インチ液晶がセットアップされているため、スムーズに動くゲーム映像が大きな画面で楽しめます。

Wi-Fi 6E規格に対応しているのもポイントです。非常に高速なワイヤレス通信が可能なので、有線LAN環境のない場所でも快適にプレイできます。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RL5C-R35

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RL5C-R35

第13世代のCore i5プロセッサを採用した、価格の手頃なゲーミングノートPCです。「VALORANT Challengers Japan」大会協賛モデルになっているなど、初心者の方でも安心して購入できるおすすめのモデル。16GBメモリとGeForce RTX 3050を実装しているため、快適にプレイが楽しめます。

最大144Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しており、映像表示が滑らかで見やすいのも嬉しいポイントです。テンキーを搭載しているので、ゲームはもちろん数字入力が多いビジネスユースなどでも活躍します。

VALORANTをプレイするゲーミングPCの選び方

144fps以上で遊べるモデルがおすすめ

By: dospara.co.jp

VALORANTで真剣に勝ちを狙いたいなら、144fps以上の高フレームレートで遊べるゲーミングPCを選びましょう。家庭用ゲーム機と同じ60fps以下しか出せないPCと比べて、エイム・索敵・反応速度などでより有利な条件で対戦を進められます。

キャラが立ち止まった状態でないと弾が真っ直ぐに飛ばないのがVALORANTの厄介なポイント。しかし、144fps以上の高フレームレートでは操作キャラとのシンクロ率が高くなり、瞬時に足を止められるようになるので、結果的に射撃の精度も向上します。

60fpsと比べて、画面内の小さな動きの変化もいち早く反映できるのも144fpsの魅力。曲がり角の影やコンテナの上から現れた敵も瞬時に発見可能です。加えて、背後から足音を消して迫る敵に気付いた場合でも、144fps環境ならとっさに反応しやすくなるため、撃ち負けるリスクを減らせます。

240fpsで遊びたいならグラボの性能に注目

By: sycom.co.jp

240fps環境でVALORANTをプレイするには、ゲーミングPCが搭載するグラボの性能も重要です。

VALORANTは要求するスペックが一般的なFPSゲームと比べて低いため、スタンダードクラスのGPUを持つグラボを搭載したコスパ重視のゲーミングPCでも、144fps以上のフレームレートが比較的手軽に出せます。平均144fps以上を安定出力したい場合でも、ミドルクラスGPUのGeForce RTX 3060 Tiを持つグラボで十分に対応可能です。

ただし、より高いフレームレートを維持したい場合は、相応のGPUを採用した高性能なグラボが必要。より上位のGPUである、GeForce RTX 3070以上をグラボに搭載するゲーミングPCを選びましょう。

デスクトップPCがおすすめ

By: mouse-jp.co.jp

VALORANTを快適にプレイしたいなら、ノート型よりもデスクトップ型のゲーミングPCを選ぶのがおすすめです。ノートPCには持ち運んで外出先でもプレイできるというメリットもありますが、同程度のスペックを搭載するデスクトップPCと比べて価格が高いため、コスパではデスクトップPCの方が勝ります。

放熱性で有利なのもデスクトップPCのポイント。ノートPCと違って本体サイズに余裕があり、発生した熱をより効率的に逃せるように設計されているので、処理が重い状況でも安定した性能でプレイできます。

加えて、拡張性も高いため、将来的にVALORANTの要求スペックが上がった場合でもPCパーツの増設や換装で柔軟に対応可能です。

VALORANTにおすすめのゲーミングデバイス

ロジクールG(Logicool G) PRO ワイヤレスゲーミングマウス G-PPD-002WLrd

ロジクールG(Logicool G) PRO ワイヤレスゲーミングマウス G-PPD-002WLrd

50人以上のプロゲーマーと共同開発した、VALORANTプレーヤーにも人気のワイヤレスゲーミングマウスです。100〜25600DPIの全解像度で高精度なポインタ操作が可能なゲーミングセンサー「HERO 25K」を搭載。白熱したシーンでも高いシンクロ率で操作できるので、真剣に勝ちを狙いたい方におすすめです。

付属の「LIGHTSPEEDレシーバー」を使用することで、ワイヤレスでも遅延の少ない安定した接続と1msの高速なレポートレートでプレイできるのもポイント。さらに、別売りのワイヤレス充電機能を備えた純正マウスパッド「POWERPLAY」を併用すれば、バッテリー残量を気にせずゲームに没頭できます。

重量が80gと軽く扱いやすいのも魅力。左右のサイドボタンは取り外せるため、左利きの方にも使いやすいようにカスタマイズ可能です。さらに、使用頻度の高い機能を割り当てられる最大8個のプログラマブルボタンも備えています。

ロジクールG(Logicool G) PRO ゲーミングキーボード G-PKB-002LN


ロジクールG(Logicool G) PRO ゲーミングキーボード G-PKB-002LN

プロゲーマー仕様のコンパクトなVALORANT向けゲーミングキーボードです。大会実績のある人気モデルに独自設計の「GXメカニカルスイッチ」を採用。スイッチは打鍵音が心地よく響く青軸と、静かでスムーズに押下できる赤軸の2種類が用意されているので、プレーヤーの好みに応じて選べます。

テンキーレスのコンパクトなデザインもポイント。マウスをより近くに配置でき、操作時の可動範囲も広げられます。また、収納や持ち運びが行いやすい着脱式ケーブルを採用しているので、移動や遠征が多い方にもおすすめです。

キーボードの角度を3段階で調節できるスタンドや、激しいキー入力でも安定性を保てるラバーフィートも便利。加えて、F1〜F12のキーに任意の操作をプログラムできる機能や、キーやRGBライトの設定をオンボードメモリに保存できる機能も備えています。

ロジクールG(Logicool G) PRO ゲーミングヘッドセット G-PHS-002


ロジクールG(Logicool G) PRO ゲーミングヘッドセット G-PHS-002

プロ向けのチューニングが施されたVALORANT向けのゲーミングヘッドセットです。足音などの物音を含む低音域のレスポンスを改善した「PRO-G 50MMドライバー」を内蔵。VALORANTではダッシュ時に足音が特に大きく響くため、足音を正確に聴き取ることで索敵の精度を高めたい方におすすめです。

脱着可能な「6mm PROブームマイク」を搭載しているのもポイント。一体型のポップフィルターとウィンドスクリーンで不要なノイズを遮れるので、チームメイトとの意思疎通やゲーム実況の音声伝達がスムーズにこなせます。

また、専用ソフト「G HUB」を通じてプロが設定したオーディオEQプロファイルを入手できるのも魅力。入手したプロファイルは付属のサウンドカードに保存して持ち歩けるため、自宅以外のゲーミングPCでも同じ音質設定でプレイ可能です。

エムエスアイ(MSI) Esports Gaming Monitor G244F E2

エムエスアイ(MSI) Esports Gaming Monitor G244F E22

従来のモノよりも駆動速度が4倍も速い「RAPID IPSパネル」を搭載。リフレッシュレート180Hz、応答速度1msと一般的な144Hzのゲーミングモニターを上回る高速性能を実現しており、残像感を抑えてVALORANTをプレイしたい方におすすめです。

「Adaptive-Sync」に対応するのもポイント。ゲーミングPC内のGPUと同期して表示ずれやカクつきの低減が可能です。また、「ナイトビジョン機能」を有効にすれば、物陰など暗い場所に潜んだ敵や罠も鮮明な表示で見つけやすくなります。

スリムベゼルデザインの採用も魅力。マルチモニター環境も違和感なく構築できます。ブルーライトを軽減できる機能も用意。ゲーミングPCとの接続にはDisplayPortと2基のHDMIが使用可能です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 240Hz対応24.5型ゲーミングモニター GigaCrysta EX-GC253U

アイ・オー・データ(I-O DATA) 240Hz対応23.8型ゲーミングモニター GigaCrysta EX-GC253U

プロユースのゲーム機能が充実した24.5型フルHDゲーミングモニターです。高速応答が可能なTNパネルを採用しており、リフレッシュレート240Hzと応答速度0.4msを実現。さらに、ブレを低減して照準精度をサポートする「Clear AIM機能」も備えているので、VALORANTでエイム力向上を目指す方にもおすすめです。

「バーストモード」を搭載しているのもポイントで、グラフィック再現を犠牲にするのと引き換えに、応答速度を限界まで追求。また、暗所の視認性を向上する「Night Clear Vision機能」も用意しています。

入力ポートはDisplayPortと2基のHDMIを用意。チルト角・スイベル角・高さ調節が可能で画面を見やすい位置に調節できます。スタンドのネックにはヘッドセットの立て掛けも可能です。

KOORUI 24型ゲーミングモニター 165Hz対応 24E3

KOORUI 165Hz対応24型ゲーミングモニター 24E3

24型フルHDゲーミングモニターです。広視野角のIPSパネルを採用しており、安い価格ながらリフレッシュレート165Hzと応答速度1msを実現。コスパを重視するVALORANT初心者にもおすすめです。

FPSやRTSなど各ジャンルに適した表示設定を素早く切り替えられる「ゲームモード」を搭載しているのもポイント。加えて、画面内に照準マークやタイマーを表示できる機能も備えています。

ゲーミングPCとの接続に使うポートも充実。DisplayPortと2基のHDMIを備えています。人間工学に基づいて設計されたスタンドも便利。-5〜20°の範囲で前後方向の傾きを変えられるため、見やすい位置に画面の調節が可能です。