人気のFPSゲーム「フォートナイト」を快適に楽しむためには、相応のスペックを持った「ゲーミングPC」を用意しましょう。そこで今回は、フォートナイトをプレイするのにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

フォートナイト向けゲーミングPCの選び方やチャプター2以降に要求される推奨スペックはもちろん、一緒に導入すると重宝するゲーミングデバイスも解説。ぜひ本記事を参考に、快適なプレイ環境を構築してみてください。

フォートナイトをプレイするのに必要なスペックは?

必要スペック

By: mouse-jp.co.jp

フォートナイトにおける必要スペックとは、フォートナイトを動作させるのに最低限必要なパソコンの要件のことです。具体的には、CPUが「Core i3 3.3GHz」以上、メモリが4GB以上、GPUが「Intel HD 4000」または「Intel Iris Pro 5200」以上のモノを指します。

最近のゲーミングPCで上記のスペックを満たさないモデルはほとんどありませんが、最小システム要件なので注意が必要。快適にフォートナイトを楽しみたい場合は、推奨スペックを満たすゲーミングPCを選ぶのがおすすめです。

推奨スペック

By: mouse-jp.co.jp

フォートナイトにおける推奨スペックとは、フォートナイトを快適にプレイするのに推奨されているパソコンの要件のことです。具体的には、CPUが「Core i5 3.5GHz」以上、メモリが8GB以上、GPUが「Nvidia GTX 960」、「AMD R9 280」、または同等のDX11対応GPU以上のモノを指します。

ただし、チャプター2以降では、ゲーミングPCに要求される実際の推奨スペックが上がっているので注意。最新バージョンのフォートナイトを最高設定で快適にプレイしたい場合は、CPUが「Core i7-8700」または「Ryzen 7 3700X」と同等以上、GPUが「GTX 1080」または「RX 5700 XT」と同等以上、メモリが16GB以上のモデルを選びましょう。

フォートナイトはグラボなしのPCでプレイできる?

By: mouse-jp.co.jp

独立GPUを搭載していない、いわばグラボなしのパソコンではフォートナイトをプレイするのは困難。フォートナイトは最近のFPSやTPSでは処理が軽いゲームですが、高い「フレームレート」を安定して出すためにはグラボの存在が不可欠です。

フレームレートとは、GPUが1秒間に送信するゲーム映像のコマ数のこと。単位に使われるfpsの数値が高いほど、動きの激しいシーンも処理落ちせずスムーズに出力できます。

パソコンにグラボを積んでいないと、高いフレームレートを安定して出力できないのが難点。プレイ時に画面のカクつきが顕著に現れるため、グラボを搭載しているパソコンを選びましょう。

【コスパ重視】フォートナイトにおすすめのゲーミングPC

ドスパラ(Dospara) ガレリア RM5C-R36

コスパのよい定番構成が採用されたフォートナイト向けゲーミングPC。グラフィックス性能に優れた「RTX 3060」を搭載しているのが魅力です。

フォートナイトをパフォーマンスモードにした場合、約240~300fpsと高フレームレートでプレイできます。やや振れ幅はあるものの、Apex Legendsも低画質設定なら約144~200fps程度出せるため、滑らかな映像を楽しみたい方におすすめです。

また、オープンワールドゲームのエルデンリングなど、スペックを要するゲームも高画質設定でプレイ可能。フォートナイトだけでなく、さまざまなゲームを快適に遊びたい方にもぴったりです。

PCケース前面には、RGB-LEDライトが搭載されています。専用のソフトウェアでカラーを変えられるため便利。ゲーム部屋の雰囲気にマッチしやすい製品を探している場合はチェックしてみてください。

ドスパラ(Dospara) ガレリア RM5C-G60S

ゲーミングPCとしては非常にリーズナブルな価格のフォートナイト向けモデル。パフォーマンスモデルであれば、やや上下する場合があるものの240fpsを安定してキープできる性能があります。

16GBのメモリ、500GBのSSDを搭載。それぞれ標準的な容量を備えています。ゲーム以外に画像や動画などを保存したい場合は、カスタマイズ画面でストレージを増やすことも可能。用途に応じて容量を増やしたりHDDを追加したりしてみてください。

また、背面だけでなく、前面上部にもUSBポートが搭載されているため、ゲーミングデバイスが接続しやすく便利。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune PL-B

PCケースの両側面と底面にメッシュ加工が施された、フォートナイト向けゲーミングPC。コンパクトサイズながら、効率的なエアフローで優れた冷却性を確保しているのが魅力です。

CPUは「Core i5-11400F」、GPUは「GTX 1650」をそれぞれ採用。初心者向けのミドルスペックですが、画質設定を落としたりパフォーマンスモードでプレイしたりすればフォートナイトを快適にプレイできます。

また、比較的リーズナブルな価格なのもポイント。ゲーミングPCを初めて購入する方におすすめです。

ストーム(STORM) PG-OJ

ゲーミングPCとしては非常に小型なサイズのモデルです。幅194×奥行435×高さ307mmとデスクの上やラックに載せやすいのが魅力。コンパクトで幅を取らないゲーミングPCがほしい方におすすめです。

Intel第11世代CPUの「Core i5-11400F」、フルHDでのゲームプレイに適したGPU「RTX 3050」を搭載。低画質設定にすれば、平均200fps以上を安定して出せる性能があります。滑らかな映像でフォートナイトを楽しみたい方にもぴったりです。

天井部・底面部に「大型ダストフィルター」を搭載しているのもポイント。内部にホコリが入ってしまうのを抑えられるため、故障リスクを低減することが可能です。取り外しも簡単に行えるので、メンテナンスしやすい製品を探している場合はチェックしてみてください。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune HM-B

効率的なエアフロー設計が施されているフォートナイト向けゲーミングPC。底面から冷たい空気を取り込むことで、CPUやHDDなどの熱をダイレクトに冷却できるのが特徴です。熱暴走などのリスクが低いため、安定した動作でゲームをプレイしたい方におすすめです。

Intel第11世代のCPU「Core i5-11400F」と、高性能なGPU「RTX 3060」を搭載。画質設定を落として高フレームレートで遊ぶ、高画質設定できれいな映像を楽しむといった幅広い用途に対応しています。初めてゲーミングPCを購入する方はもちろん、ヘビーゲーマーにもぴったりです。

ブラックのPCケースは落ち着きのあるデザイン。目立ちにくく、部屋に馴染みやすい製品を探している場合はチェックしてみてください。

【144Hz・240Hzで遊べる】フォートナイトにおすすめのゲーミングPC

ドスパラ(Dospara) ガレリア RM5C-R36T

グラフィックス性能に優れたGPU「RTX 3060 Ti」を搭載したゲーミングPC。設定をパフォーマンスモードにすれば、シーンによっては300fps以上出せるのが魅力です。240Hzに対応したゲーミングモニターの性能を最大限活用できるモデルがほしい方に適しています。

ストレージは500GBのSSDを搭載。複数のゲームをインストールしたり、プレイ動画を保存したりしたい場合は、カスタマイズから最大8TBまでのHDDを追加できます。より高速なSSDも、1TBまで容量を増やすことが可能。空き容量が気になる場合は検討してみてください。

静音タイプのCPUファンや電源を採用しているのもポイント。動作音が出にくいモデルを探している方にもおすすめです。

ドスパラ(Dospara) ガレリア UA9C-R39

EPIC設定でも高フレームレートの滑らかな映像でゲームを楽しめるハイスペックモデル。240Hz以上の高性能ゲーミングモニターを使いたい方にぴったりです。フォートナイトはもちろん、エルデンリングやCyberPunk 2077といった美麗なグラフィックが楽しめるタイトルも快適に遊べます。

メモリは標準で32GBと大容量。ゲームを起動しながらアプリを使ったりブラウザを開いたりしても重くなりにくいため、1PCでの配信や動画編集などのクリエイティブな作業にも適しています。

背面だけでなく、前面上部にもUSBポートが搭載されているのが魅力。有線タイプのゲーミングデバイスを背面に接続するよりもケーブルに余裕ができるため便利です。RGB-LEDライトが備わっているほか、アルミヘアライン外装なのもポイント。機能性・デザイン性を両立させたおすすめのモデルです。

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDXs-R7X5-LR59X-VASXR

多彩なカラーリングが魅力の「RGB LEDイルミネーションファン」を搭載したフォートナイト向けゲーミングPC。サイドパネルには、外から内部が確認できる透明強化ガラスが採用されています。ゲーム部屋にマッチしやすいモデルがほしい方におすすめです。

グラフィックス性能が非常に高いGPU「RTX 3080」を搭載しているのもポイント。フォートナイトをはじめ、さまざまなゲームを快適にプレイできます。4Kゲーミングモニターで高精細な映像を楽しむことも可能です。

メモリ容量は標準で32GB。動画編集などで複数のアプリを起動しても安定した動作で作業を進められます。ストレージも1TBと大容量なSSDを備えており、高画質なプレイ映像を保存できるため便利。フラグムービー用として大量に動画を録画したい方にも適しています。

マウスコンピューター(mouse computer) G-tune EN-ZJ

基本性能が充実した、フォートナイト向けゲーミングPC。GPUは「NVIDIA GeForce RTX 3060」、CPUは「Intel Core i7-11700K」を搭載しており、フォートナイトを始めとしたさまざまな3Dゲームが快適にプレイできます。

ストレージベイは、3.5型×2台と2.5型×3台の同時搭載が可能なので、拡張性を重視する方にもおすすめ。また、本体底面には簡単に着脱できるマグネット式ダストフィルターを採用しています。水洗いが可能なので、日々のメンテナンスが簡単なのもポイントです。

ケース側面は、オプションでガラスサイドパネルに変更可能なため、LEDファンやお気に入りのPCパーツを使って鮮やかにドレスアップして楽しめます。そのほか、マット仕上げの外観と光るフロントロゴを組み合わせた、スタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

サイコム(@Sycom) G-Master Hydro Z690 Mini/D4

サイコム独自の水冷ユニットを採用したハイスペックゲーミングPC。グラフィックス性能に優れたGPU「RTX 3070」に水冷ユニット「740GN」が組み込まれています。しっかりと冷却できるだけでなく、静音性も保てるのがメリットです。安定した動作と静かさが両立したモデルがほしい方に適しています。

PCケースにも高密度の吸音材が備えられており、動作音を権限することが可能。配信中やVC中にファンの音などが入り込んでしまうのを防げます。天板に「マグネット式防塵フィルター」、前面・底面に「ダストフィルター」を搭載しているため、メンテナンスも手間がかからず簡単です。

メモリは16GB、ストレージは500GBの高速なM.2 SSDを採用。動画編集やイラスト制作などを本格的に行いたい場合は、カスタマイズでそれぞれの容量を増やすこともできます。小型で高性能なゲーミングPCを探している方におすすめです。

【ゲーミングノート】フォートナイトにおすすめのゲーミングPC

ドスパラ(Dospara) ガレリア RL5C-R35T

RTX 3050 Tiを搭載した低価格なゲーミングノートPC。高画質設定でも約60fpsでプレイできるコスパのよさが魅力です。低画質設定であれば、144fpsを維持することが可能。予算を抑えたい方に適しています。

画面サイズは15.6インチと持ち運びやすいサイズ。狭額ベゼルを採用しているため、没入感を重視する方にもおすすめです。

ビジネスシーンでも使いやすい、シンプルなデザインなのもポイント。また、天板には高級感のあるガレリアのエンブレムが配置されています。場所を問わず活躍するモデルがほしい場合はチェックしてみてください。

ドスパラ(Dospara) ガレリア UL7C-R37

重量約1.96kgと比較的軽めなフォートナイト向けゲーミングノートPC。サイズが幅356×奥行き234×高さ21.6mmと、かばんなどに入れやすいのが魅力です。気軽に持ち運べるモデルを探している方に適しています。

EPIC設定で快適にプレイできるスペックなのもポイント。最大240Hzのリフレッシュレートに対応しているので、パフォーマンスモードで高fpsを維持しながらプレイしたい方にもおすすめです。

1TBの大容量なSSDを搭載しており、フォートナイト以外にも複数のゲームをインストール可能。さまざまなゲームを楽しみたい場合はチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) ROG Strix SCAR 17 G733ZX

スペックが高い、フォートナイト向けゲーミングノートPC。Intelの第12世代CPU「Core i9-12900H」と、高フレームレートでのゲームプレイが可能なLaptop 向けGPU「RTX 3080 Ti」を搭載しているのが魅力です。

ディスプレイの解像度はフルHDで、最大360Hzの高リフレッシュレートに対応。高性能なゲーミングモニターを別途用意する手間が省けるため、外出先でも滑らかな映像を楽しめます。

また、ホコリの蓄積を防ぐ「第2世代アンチダストトンネル」が搭載されているのもポイント。排熱効率の低下を軽減できるため、故障のリスクを少なく抑えられます。

メモリは32GBと大容量。ゲームだけでなく、動画編集などのクリエイティブな用途でも活躍します。さらに、スタイリッシュなデザインは、本体に備えられたLEDライティングとマッチ。性能・見た目どちらもこだわりたい方におすすめです。

フォートナイトをプレイするゲーミングPCの選び方

推奨スペック以上のモデルを選ぼう

フォートナイトをプレイするのに使用するゲーミングPCを選ぶ際は、CPU・メモリ・GPUの各項目が推奨スペック以上のモデルを選ぶのが重要。推奨スペックを下回るパソコンだと、フォートナイトを快適にプレイするのは困難です。

ただし、推奨スペックは低く見積もって設定されているので注意。推奨スペックのままだと、快適なプレイに欠かせない60fps以上のフレームレートは安定して出せない点は留意しておきましょう。

快適にプレイを楽しみたい場合や、プレイしながら録画や実況もしたい場合は、より上位のスペックが必要。なるべくチャプター2以降で必要な推奨スペック以上のモノを選ぶのがおすすめです。

144Hz・240Hzでプレイできるモデルがおすすめ

フォートナイトをより滑らかな映像で楽しみたい場合は、最大144~240Hzのリフレッシュレートに対応したゲーミングモニターで性能を発揮するミドル、もしくはハイスペックモデルがおすすめです。

リフレッシュレートとは、モニターの画面が1秒間にどれだけ更新されるかを表した数値。数値が高い製品ほど、カクつきや残像が少ない映像を表示できます。ただし、プレイするゲームや設定にもよりますが、ゲーミングPCに搭載されているグラフィックボードなどの性能が足りている必要がある点は注意しましょう。

基本的に「RTX 3060」や「RTX 3070」を搭載しているモデルであれば、最大144Hzに対応したゲーミングモニターに適しているといえます。最大240Hzのモニターでプレイしたい場合は、より性能の高い「RTX 3080」以上のグラフィックボードを積んだモデルがおすすめです。

ノートPCよりもデスクトップを選ぼう

By: lenovo.com

フォートナイトのプレイで使用するゲーミングPCを購入する際は、ノートPCよりもデスクトップPCがおすすめです。特に、チャプター2以降のフォートナイトではパソコンにも高いスペックが要求されています。

デスクトップPCの方が、よりハイスペックをリーズナブルな価格で導入できるのがポイント。合同練習やeスポーツ大会など、外出先でフォートナイトをプレイすることがあまりない限り重宝します。快適なプレイ環境を構築したい場合は、デスクトップ型のゲーミングPCを選びましょう。

フォートナイトにおすすめのゲーミングデバイス

ベンキュー(BenQ) 144Hz対応24型ゲーミングモニター ZOWIE XL2411K

144Hz表示に対応する、フォートナイトにおすすめの24型ゲーミングモニターです。独自の残像感軽減技術「Dynamic Accuracy」を搭載。激しい銃撃戦でも照準と着弾位置を把握できるので、フルオート射撃時の反動補正に重宝します。

液晶パネルの応答速度は1msと高速なほか、ゲームタイトルに応じて画面表示モードが選べるのも特徴。加えて、暗部の視認性を高めて物影に隠れた敵や罠を見つけやすくする「Black eQualizer」など、バトルロイヤルに適した機能も搭載しています。

モニターの高さや前後の傾きを調節できるフレキシブルスタンドを採用。ベース部分は省スペース設計なので、キーボードやマウスパッドをよりモニターに近付けて設置できます。

ベンキュー(BenQ) 240Hz対応24.5型ゲーミングモニター ZOWIE XL2546K

240Hz表示に対応する、プロ仕様の24.5型ゲーミングモニターです。応答速度は0.5msと高速なのがポイント。また、高速応答に最適化した残像感軽減技術「Dynamic Accuracy+」を搭載しています。フォートナイトでハイレベルなバトルロイヤルを制したい方におすすめです。

フレキシブルスタンドはベース部分がコンパクト設計なので、キーボードやマウスをよりアクセスしやすい場所に配置可能。さらに、付属リモコン「S.Switch」を使えば、プレイ中でもモニターの表示設定を手軽に変更できます。

そのほか、優れた耐久性を持つのも特徴。液晶パネルは耐久力の高い強化フレームで保護されており、eスポーツ大会などの遠征で使用する場合にも重宝します。

ロジクール(Logicool) ロジクールG PRO Wireless ゲーミングマウス G-PPD-002WLr

フォートナイトにもおすすめの、プロ仕様ワイヤレスゲーミングマウスです。重さ80gと軽量なので、使いやすさは良好。また、高精度ゲーミングセンサー「HERO 25K」とワイヤレス技術「LIGHTSPEED」により、無線環境でも遅延の少ない高速操作が行えます。

両利き対応のエルゴノミクスデザインを採用しており、利き手を問わず操作が可能です。また、左右に取り外しできるサイドボタンを備えているのも特徴。0〜4個から、使用するサイドボタンの数を選択できます。

内蔵バッテリーは、ライティング時に最長48時間の連続駆動が可能。さらに、ワイヤレス充電機能を備えた別売の専用マウスパッドと併用すれば、使用中にも充電できます。バッテリー残量を気にせずプレイに没頭できるのが魅力です。

ロジクール(Logicool) 7.1 LIGHTSYNC ゲーミングヘッドセット G633S

優れた没入感を楽しめる、フォートナイトにおすすめのゲーミングヘッドセットです。大口径の「Pro-G 50mmドライバー」が細かな音を忠実に再現。7.1chを超えるサラウンド技術「DTS HEADPHONE:X 2.0」を搭載しており、背後に忍び寄る敵の足音も敏感に察知できます。

LED制御機能「LIGHTSYNC」により、約1680万色からRGBライトのカラー選択が可能。また、左ハウジングに3つのファンクションボタンも備えているため、専用ソフトでオーディオ制御やゲーム内コマンドの割り当てが行えます。

自分の音声を明瞭に通話相手に届ける、「ノイズキャンセリング」付きのブームマイクも搭載。ブームを跳ね上げるだけで簡単にミュート機能を有効にできるのもポイントです。