人気オープンワールドRPG「原神」のプレイにはゲーミングPCがおすすめ。スマホよりも処理性能が優れているので、原神の美麗なグラフィックや派手な戦闘アクションも快適に楽しめます。

そこで今回は、原神をプレイするのにおすすめのゲーミングPCをご紹介。原神のプレイに適したゲーミングPCの選び方や、ゲーミングPCで原神をプレイするメリットについても解説します。快適な環境作りの参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

原神をプレイするのに必要なスペックは?

必要スペック

By: mouse-jp.co.jp

原神をプレイする場合、必要スペックを満たしたゲーミングPCを選ぶ必要があります。必要スペック以下のゲーミングPCでは原神の起動や動作が難しくなるので注意しましょう。

原神の公式サイトによると、CPUは「Intel Core i5」、メモリは「8GB」、GPUは「NVIDIA GeForce GT 1030」を必要スペックとして記載しています。また、原神のゲームデータは大容量のため、ゲーミングPCの内蔵ストレージに50GB以上の空きが必要になる点も留意しておいてください。

推奨スペック

By: mouse-jp.co.jp

推奨スペックは、原神を快適にプレイできるように推奨されているゲーミングPCのスペック。解像度を高く設定しても安定したフレームレートを出力できるため、ゲームを単に動作させるだけではなく、快適な環境で原神をプレイできます。

原神の公式サイトによると、CPUは「Intel Core i7」、メモリは「16GB」、GPUは「NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB」が推奨スペックとして設定されています。より快適にプレイしたい方は推奨スペック以上のゲーミングPCを選びましょう。なお、PC版の原神は、最大フレームレートが60fpsまでとなっているため注意が必要です。

【ハイスペック】原神におすすめのゲーミングPC

ヒューレット・パッカード(HP) OMEN by HP 40L Desktop 58Y94PA-AAAA

ヒューレット・パッカード(HP) OMEN by HP 40L Desktop 58Y94PA-AAAA

カスタマイズ性に優れたゲーミングPCです。ボタンを押すだけでサイドパネルがオープンする構造を採用。工具を準備する煩わしさがなく、パーツの増設やアップグレードが気軽に実行できます。長く快適に使用し続けたい方におすすめのモデルです。

また、スモーククリアのフロントパネルとシースルーサイドパネルを採用。内部の高性能パーツやRGBライティングを眺めて楽しめます。

IntelのCore i7プロセッサとNVIDIAの「GeForce RTX 4070 Ti」をセットアップ。処理性能はもちろんグラフィック性能も良好です。原神をはじめ、幅広いジャンルのタイトルがストレスなくプレイできます。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune DG-I7G70

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune XM-B

ミニタワーながらパワフルな性能を持つ原神向けのゲーミングPC。32GBのメモリを搭載しているのが特徴です。

GPUもハイスペックな「GeForce RTX 3070」を搭載しているのがポイント。4Kの画面設定かつ平均60fpsで原神を堪能したい方にもおすすめです。また、第13世代CPUのCore i7-13700Fと、SSD 1TBのストレージも備えています。

カスタマイズの自由度が高いのも魅力。拡張ストレージベイが用意されているので、遊ぶPCゲームの推奨スペックに応じて将来的にパーツを増設する場合にも重宝します。

パソコン工房 レベルインフィニティ iiyama LEVEL-R67A-LC137KF-RLX

パソコン工房 レベルインフィニティ iiyama LEVEL-R67A-LC137KF-RLX

第13世代のCore i7プロセッサと16GBメモリをセットアップした、ハイスペックなゲーミングPCです。NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX 4060」を搭載するなど、グラフィック性能は非常に良好。原神はもちろん、多様なゲームが長く快適に遊べるおすすめのモデルです。

1TBのSSDを内蔵しているため、多くのタイトルがインストールできます。冷却性能に優れた水冷式のCPUクーラーを採用しているのが特徴。長時間負荷のかかる使い方をしてもパフォーマンスの低下が最小限に抑えられるので、快適にプレイし続けることが可能です。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7C-R46T

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7C-R46T

原神も快適に楽しめる高性能とコスパを兼ね備えたゲーミングPCです。32GBの大容量メモリに加えて、Core i7-13700FとSSD 1TBを搭載。充実した基本性能がリーズナブルな価格で入手できるため、原神プレイヤーにも強い人気があります。

新ミドルハイクラスGPUの「GeForce RTX 4060 Ti」を内蔵しているのもポイント。原神ではWQHD解像度でも60fpsが安定するほか、4Kでもプレイできる性能を備えています。フルHDよりも美しいグラフィックで原神をプレイしたい方におすすめです。

140mmの大型ケースファンを採用しているのも魅力。低速回転でも大風量を発生できるので、冷却性能と静音性の両立が可能です。前方上部に配置された斜め45°のコンソールパネルも便利。デスクの上下左右どこに置いてもヘッドセットなどのゲーミングギアが手軽に接続できます。

ストーム(STORM) PG-KFSTi47

ストーム(STORM) PG-KFSTi47

本格派向けの高性能ゲーミングPCです。CPUはCore i7-13700F、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBとハイスペック。カスタマイズできるBTOオプションの項目も多く、自分に必要なパーツ構成を細かく追求できます。

ハイスペックなGPUの「GeForce RTX 4070 Ti」を搭載しているのもポイント。原神の場合、4Kの最高設定でも60fpsを余裕を持って安定出力できます。原神の美麗なグラフィックを存分に堪能したい方や、同時にゲーム実況も楽しみたい方におすすめです。

前面と右側面をシームレスに覆う「270°強化ガラスケース」もスタイリッシュ。合計4基のケースファンにはLEDが搭載されているため、性能だけではなく外観でも楽しめます。簡易水冷式のCPUクーラーも標準搭載。時刻やCPU/GPU温度を表示できる機能も備えており、ゲーミングPCの駆動状態を視覚的に把握が可能です。

デル(Dell) XPS 8960 sxd8960500701monojp

デル(Dell) XPS 8960 sxd8960500701monojp

スタイリッシュな外観に高性能なスペックを備えた、原神向けのゲーミングPCです。Core i7-13700のCPUと1TBのM.2 SSDに加えて、DDR5の16GBメモリを搭載。基本性能が高く、動画編集などのクリエイティブな作業にも活躍します。

ミドルクラスGPUの「GeForce RTX 3060」を採用しているのもポイント。原神の場合、フルHDの画質で上限フレームレートの60fpsを出力できるため、スマホや家庭用ゲーム機よりも快適な環境でプレイしたい方におすすめです。

エアフローを効率化するために余裕のある内部空間が確保されているのも魅力。各種拡張スロットが豊富に用意されており、将来的なパーツ増設にも柔軟に対応できます。また、簡易水冷オプションも選択可能。強化された冷却性と静音性で原神プレイ時の快適さを向上できます。

デル(Dell) ALIENWARE AURORA R15 caaawar15a00jp

デル(Dell) ALIENWARE AURORA R15 caaawar15a00jp

ゲーマーの高度な要求にも応える、原神向けの高性能ゲーミングPCです。Ryzen 7000シリーズのCPUに最適化するために再設計されており、強力な高速性能と冷却性能を両立。よりハイスペックを求める場合はBTOオプションでRyzen 7 7700X以上の上位CPUを選ぶのもおすすめです。

新ミドルクラスGPUの「GeForce RTX 4060」を標準搭載しているのもポイント。16GBのDDR5メモリと組み合わせることで、フルHD画質で60fpsを安定して出力可能です。より高解像なWQHDでも十分快適にプレイが楽しめます。

合計5基ある120mmファンの全てに水冷システムが採用されているのも特徴。240mmラジエーターと連動することでオーバークロック時でも優れた冷却性能を発揮できます。宇宙船のような機能美あふれるデザインも魅力。USB Type-Cを含むポート類は利便性を考慮して前面に配置されています。

【コスパ重視】原神におすすめのゲーミングPC

レノボ(Lenovo) Legion Tower 5i Gen 8 90UUCTO1WWJP2

レノボ(Lenovo) Legion Tower 5i Gen 8 90UUCTO1WWJP2

安定したパフォーマンスで快適にゲームをプレイできるゲーミングPCです。ケース前面に搭載されたメッシュ状のフロントベントが、内部のパーツをしっかりと冷却。スタイリッシュで個性的なデザインも魅力のひとつです。

CPUにはIntelのCore i5-13400Fを、GPUには「NVIDIA GeForce RTX 3050」を搭載しています。原神であれば、フルHD解像度で快適にプレイ可能。初めてゲーミングPCを購入する方や、ライトゲーマーの方などにおすすめのモデルです。

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M7P5-AR57X-SASXB

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M7P5-AR57X-SASXB

シンプルでクールなデザインのゲーミングPC。BTOカスタマイズで光学ドライブを搭載できるので、音楽や映像メディアを楽しみたい方にもおすすめです。CPUにはAMD Ryzen 7 5700X、メモリには16GBを搭載しています。原神を立ち上げた状態で別のソフトを起動したり、ライブ配信や動画編集をしたりも可能です。

GPUはGeForce RTX 3060 Ti 8GB GDDR6を採用。原神だけでなく、FPSやレーシングゲームなども快適にプレイできます。ストレージにはNVMe対応のM.2 SSD500GBを内蔵しており、ゲーム中のロードがすばやく行えるうえに、「Origin」や「Steam」から多くのタイトルをダウンロード可能です。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune PG-I5G1D

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune PG-I5G1D

エントリーグレードのGPU「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載した、コスパに優れたゲーミングPCです。原神を気軽に楽しみたい方におすすめのモデル。第13世代のCore i5と16GBメモリを実装するなど、高い処理性能を有しています。

ミニタワータイプのケースを採用しているのがポイントです。省スペース設計のゲーミングPCが欲しい方にもピッタリ。ハンドル付きなので簡単に移動させられるほか、LANパーティーイベントなどへ持ち出すことも可能です。Wi-Fi 6E規格に対応しているため、ワイヤレスでも高速な通信が見込めます。

ヒューレット・パッカード(HP) Victus by HP 15L Gaming Desktop TG02-0075jp

ヒューレット・パッカード(HP) Victus by HP 15L Gaming Desktop TG02-0075jp

セラミックホワイトのスタイリッシュでコンパクトなケースを採用したゲーミングPCです。ケースのフロント部分にはUSB Type-Aを4ポートと、Type-Cを1ポート搭載しています。

CPUには12コア20スレッドのIntel Core i7-13700Fを採用。GPUには「NVIDIA GeForce RTX 3050」を搭載しています。予算を抑えつつ、原神を快適にプレイできるモデルを探している方におすすめです。

スリムなので、省スペースで設置しやすいのもメリットのひとつ。そのほか、512GBのSSDに加え、セカンドストレージとして2TBのHDDも搭載しています。

原神におすすめのゲーミングノートPC

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL7C-R45

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XL7C-R45

高速通信Wi-Fi 6Eに対応している原神におすすめのゲーミングPC。従来のWi-Fi規格よりデータの通信速度や通信量が約1.4倍になっているので、快適にゲームを楽しめます。また、リフレッシュレートは最大で144Hzに対応。なめらかな映像を表示できます。

キーボードにはLEDを搭載。薄暗い環境のなかでゲーミングPCを使う際でも視認性を損ないにくく、容易にタイピング可能です。テンキーが備わっており、数値やデータ入力をするときにも便利。GPUはGeForce RTX4050 6GBで、原神はもちろん、FPSや格闘ゲームなども安心してプレイできます。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RM7C-R35T

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RM7C-R35T

軽量で持ち運びもしやすいゲーミングノートPCです。本体重量は約1.43kgで、最薄部は約19.9mm。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、普段使いやビジネスシーンなどで使用しやすいのも魅力です。

画面のサイズは14インチで、解像度は1920×1200。16:10の縦横比を採用しており、画面が縦に長いぶん、より多くの情報を表示できます。キーボードにはホワイトLEDのバックライトを搭載。手元が見えにくい環境でもタイピングしやすく、便利です。

CPUには、ハイスペックな14コア20スレッドのIntel Core i7-12700Hを採用しています。GPUにはNVIDIA GeForce RTX 3050 Tiを搭載。外出先などでも原神をプレイしたい方などはチェックしてみてください。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune P6-I7G50BK-A

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune P6-I7G50BK-A

快適なプレイ環境を持ち歩ける原神向けのゲーミングノートPCです。前世代から高速化した新スタンダードGPU「GeForce RTX 4050」を搭載しています。また、リフレッシュレート165Hzに対応した16インチのWUXGA液晶ディスプレイを採用しているのもポイント。原神はもちろん、ほかの人気FPSタイトルも残像感を抑えてなめらかに表示できるので、快適にプレイを楽しみたい方におすすめです。

「nキーロールオーバー」に対応したキーボードを搭載しているのも魅力。FPSで頻繁に見かける複数キーの同時押しによるコマンド入力もしっかり認識可能です。ワイヤレスでも安定した高速通信でゲームがプレイできる「Wi-Fi 6E」にも対応しています。

原神をプレイするためのゲーミングPCの選び方

推奨スペック以上のモデルから選ぶ

By: mouse-jp.co.jp

必要スペックのみ満たしているゲーミングPCでは、画面設定を「高」以上にしたり、カットシーンなど重い処理に入ったりすると、フレームレートが不安定になるのが難点。かろうじて動作は可能ですが、画面の処理落ちやカクつきが目立ってプレイが困難になります。

快適に原神をプレイしたいなら、推奨スペック以上のゲーミングPCを選ぶのがおすすめ。画面設定「高」の状態でも原神の最高フレームレートである60fpsが平均して出力できるため、より快適な環境でプレイを楽しめます。

ただし、推奨スペックのゲーミングPCでも画面設定を「最高」にしたり、解像度を4Kにしたりすると部分的な処理落ちが発生する可能性がある点には注意。より上の画質と快適さを求める方は、「GeForce RTX 3060」以上の高性能GPUを選んでみてください。

SSD・HDDは余裕がある容量を選ぼう

By: hp.com

原神のゲームデータは30GBと大容量なのが特徴。ゲーミングPCの内蔵ストレージには、ほかのゲームデータや日常使用するファイルなども保存するため、容量不足を気にせず活用するには最低でも500GB、できれば1TB程度のストレージ容量を搭載したモノを選ぶのがおすすめです。

また、内蔵ストレージにはSSDとHDDの主に2種類があります。原神など頻繁に起動するゲームデータを保存する場合はSSDの方が便利。SSDはHDDと比べて容量当たりの価格が割高なのが難点ですが、処理性能がより優れており、データの読み書きが高速で行えます。原神などの重いゲームデータもスムーズにロード可能です。

ノートPCよりもデスクトップPCがおすすめ

By: mouse-jp.co.jp

ゲーミングPCで原神をプレイするなら、デスクトップPCを選ぶのがおすすめです。原神は3Dオブジェクトを多用しており、グラフィック処理に大きな負荷がかかるため、ゲーミングPCの筐体が発熱しやすいのが難点。常に安定したパフォーマンスで快適に原神をプレイするには、熱をうまく逃す機構が必要です。

ノートPCは筐体サイズが限られているので、デスクトップPCと比べて熱がこもりやすいのがデメリット。ファンも小さいため、放熱の面でも不利です。外付けの冷却ファンを用意するなどの工夫を施さないと、長時間のプレイは厳しくなります。外出先でも原神をプレイしたいのでなければ、基本的には快適性を重視してデスクトップPCを選ぶようにしましょう。

原神をゲーミングPCでプレイするメリット

原神のグラフィック・アクションのよさを存分に味わえる

By: hp.com

原神の売りである美麗なグラフィックを存分に堪能するなら、原神のPC版をゲーミングPCでプレイするのがおすすめです。原神はオープンワールドを採用しているので、フルHD以上の解像度を選ぶと処理に必要なデータ量が膨大になります。

高価なハイエンドスマホでも処理落ちすることが多々あるのも難点。ゲーミングPCならエントリーモデルでもハイエンドスマホを超えるグラフィック性能を備えているため、原神の壮大なオープンワールドをより高画質かつ快適に味わえます。

元素スキルを駆使しながら立ち回る爽快なバトルアクションも原神の魅力ですが、ハイスピードなアクションには安定した高速フレームレートが欠かせません。ゲーミングPCならば、スマホでは難しい平均60fpsの出力も可能なので、アクションもより気持ちよく楽しめます。

PC版なら必要スペックが低い

By: dospara.co.jp

PC版はスマホ版よりも必要スペックが低い点にも注目。原神の公式サイトによると、スマホ版に対応するのは「iPhone 8 Plus」および「iPhone X」以降のiPhone機種のほか、6GB以上のメモリと「Snapdragon845」「Kirin820」以上のCPUを搭載するAndroidスマホに限定されています。

一方、PC版ならスマホに比べると必要スペックのハードルが低めなので、手軽に入手できるのがメリット。導入コストを抑えつつ、より快適な環境で原神をプレイしたい方はゲーミングPCでのプレイがおすすめです。

スマホは携帯性がある反面、バッテリー消費や発熱のデメリットも

スマホは軽量・コンパクトで携帯性に優れているのが特徴。簡単に持ち運べるので、外出先で手軽に原神をプレイするのに重宝します。

一方で、スマホでは処理能力に物足りなさを感じやすいのが難点。重い処理が続くことでバッテリーの消費が激しくなり、端末の発熱を起こしやすいため、ゲーム以外の用途でスマホを使うときに不便です。原神を快適かつより安全にプレイし続けるなら、ゲーミングPCでプレイするのがおすすめです。