バトルロイヤルゲームのなかでも特に人気のあるゲームがApex Legends。「Vtuber最協決定戦」などさまざまな大会が開かれており、衰え知らずの盛り上がりを見せています。

今回は、Apex LegendsにおすすめのゲーミングPCをご紹介。選び方についても解説しているので、気になる方はぜひ最後まで読んでみてください。

人気のバトロワFPS「Apex Legends」とは?

By: ea.com

Apex Legendsとは、海外企業「エレクトロニック・アーツ」により配信が行われているFPSゲーム。3人1組のチーム編成で、最大60人が参加するマッチの頂点を競います。2人1組の「デュオ」や3人対3人の「アリーナ」も実装済み。好みやパーティーの人数に合わせてモードを選べるのが魅力です。

パーティーメンバーが選択するキャラクターの組み合わせにより、さまざまな戦略が立てられるのもポイント。各キャラクターにそれぞれ異なる能力が備わっているので、攻めに特化したチームや素早い移動に特化したチームなどが組めます。

ダッシュやスライディングなどの一般的な操作はもちろん、アビリティなどを駆使して高くジャンプすることも可能。非常にアクション性が高いバトルロイヤルゲームです。

Apex Legendsをプレイするために必要なスペック

必要スペック

By: mouse-jp.co.jp

必要スペックとは、ゲームをプレイするために最低限必要なPCスペックのこと。Apex Legendsの場合、CPUが「Intel Core i3-6300」もしくは「AMD FX-4350」、GPUが「GeForce GT 640」か「Radeon HD 7730」、メモリが6GB、ストレージが空き容量22GB以上のモノであれば、必要動作環境を満たすPCパーツ構成であるといえます。

ただし、スムーズな動作でのプレイや滑らかな映像を表示するなどの快適さが得られない場合もあるため、注意が必要です。

推奨スペック

By: dospara.co.jp

推奨スペックとは、快適なゲームプレイを実現するために必要なPCスペックのこと。必要スペックよりも高い性能を求められるのが特徴です。

Apex Legendsでは、CPUが「Intel i5 3570Tおよび同等品」、GPUが「Nvidia GeForce GTX 970」もしくは「AMD Radeon R9 290」、メモリが8GB、ストレージが空き容量22GB以上のPCパーツ構成が推奨スペックに該当します。

ゲーミングPCの性能にもよりますが、ゲーム内設定を「高」にし、映像の品質などにこだわりたい方は推奨スペック以上の製品をチェックしましょう。

Apex LegendsをプレイするためのゲーミングPCの選び方

144fps以上で遊べるモデルがおすすめ

Apex Legendsを快適にプレイしたい場合、144fps以上出るモデルがおすすめです。PS4やPS5、Switch版などとは異なり、PC版には最大フレームレートが定められていません。

60fpsでもプレイはできますが、家庭用ゲーム機の数値とほぼ変わらないため、ゲーミングPCのメリットを活かしたい場合はスペックに注目してみてください。製品にもよりますが、「GeForce RTX 30シリーズ」のグラボを搭載したモデルであれば、144fpsの映像を出力しやすいため便利です。

240fpsで遊びたいならグラボの性能に注目

240fpsでApex Legendsを遊びたい場合、ゲーミングPCに搭載されたグラボの性能を確認しましょう。グラボは、モニターに映像を出力するために必要なPCパーツ。ゲームをプレイするうえで欠かせない重要な役割を担っています。

一般的な数値である60~144fpsとは異なり、240fpsは非常に高い数値。安定して出力するためには、高いスペックが求められます。ゲーム内設定やPCパーツ構成などにもよりますが、「GeForce RTX 3070」以上のグラボを搭載したモデルであれば、240fpsを出しやすいためおすすめです。

SSD・HDDは余裕のある容量を選ぶ

By: dospara.co.jp

SSDやHDDは、データを保存するために必要なPCパーツです。Apex Legends単体の容量は約70GBですが、ほかにもインストールしたいゲームがある場合やプレイ動画などを保存したい場合は、より大きい容量を備えたモデルがおすすめ。SSDは500GB以上、HDDは1TB以上あれば容量に余裕が生まれやすく便利です。

メーカーによっては、購入画面で搭載パーツをカスタマイズできることも。搭載されているSSD・HDDの容量を増やしたい際に活用してみてください。

デスクトップPCがおすすめ

By: amazon.co.jp

携帯のしやすさや設置スペースの広さよりも性能を重視する場合は、デスクトップPCがおすすめです。例えば、同じ名称のGPUでも、デスクトップPC向けのGPUとノートPC向けのGPUでは性能が異なります。

一般的に、デスクトップPC向けのパーツの方が高い性能を持つ傾向にあるため、快適にゲームをプレイしたい場合はデスクトップゲーミングPCを選んでみてください。

【240fpsで遊べる】Apex LegendsにおすすめのゲーミングPC

ドスパラ(Dospara) ガレリア XA7C-R37

Apex Legendsプレイヤーも多く愛用している人気の高性能ゲーミングPCです。CPUに第12世代のCore i7-12700、メモリに16GB、ストレージにSSD 1TBを搭載。Apexを安定的にプレイするのに必要な高い基本性能をリーズナブルな価格で入手できます。

ハイクラスGPUの「GeForce RTX 3070」を採用しているのもポイント。混戦時など大きな負荷がかかる状況を除けば、フルHDの高画質でも240fpsを出力できます。コスパを重視しつつApex Legendsを楽しみたい方にもおすすめです。

冷却性能と静音性を両立させた140mmサイズの大型冷却ファンを内蔵しているのも魅力。また、ゲーミングPC本体のフロント上部に斜め45°の傾斜が付いたコンソールパネルを搭載しており、ヘッドセットなどのアクセサリーが手軽に装着できます。

ドスパラ(Dospara) ガレリア XA7C-R38

240fps環境でApex Legendsを快適にプレイできる高性能ゲーミングPCです。GPUにハイエンドクラスの「GeForce RTX 3080」を搭載。マッチの最終局面を含めた白熱したシーンでも、フルHDの最高画質で平均240fpsを常時維持できるため、ライバルに差をつけてチャンピオンを狙いたい方にもおすすめです。

グラフィックカードを上下から挟み込むことで強く固定する大型ステー「リジッドカードサポート」が搭載されているのも特徴。脱落やたわみによるグラフィックカードの接触不良を防げるので、長期間の使用でも高い描画性能を安定的に発揮できます。

CPUに第13世代のCore i7-13700F、メモリに16GB、ストレージにSSD 1TBを搭載しており、基本性能も充実。加えて、空冷式よりも静音性と冷却効率がより優れた、水冷式のCPUファンをオプションで選択可能です。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune XP-Z

1TBのM.2 SSD、4TBのHDDを搭載したApex Legends向けゲーミングPC。ゲームはもちろん、高画質かつ長時間の動画を大量に保存できるのが魅力です。自分のプレイシーンを残しておきたい方に適しています。

「Core i9-12900K」と「RTX 3090」のハイエンド構成が採用されているのもポイント。240Hzなど高リフレッシュレートモニターで遊んだり、4Kモニターで美麗かつ滑らかな映像を楽しんだりしたい方にもおすすめです。メモリ容量も32GBと大きいため、動画編集・3Dモデリングといった用途でも活躍します。

筐体底面部には、大型のダストフィルターを搭載。スライドしてワンタッチするだけで取り外せるため、簡単にメンテナンスが行えます。掃除の手間がかかりにくいモデルがほしい場合はチェックしてみてください。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune PP-Z-3070Ti

Apex Legendsのゲーム実況配信にも活躍できる高性能ゲーミングPCです。CPUに第12世代のCore i7-12700KF、メモリに32GB、ストレージにSSD 512GBとHDD 4TBを搭載。Apex Legendsの快適なプレイに重宝する充実したハイスペックを備えています。

GPUにアッパーハイクラスの「GeForce RTX 3070 Ti」を内蔵しているのもポイント。処理が重くなる混戦時も含め、大半のシーンで平均240fpsを維持しやすい仕様です。マッチの上位を狙う方や、Apex Legendsのゲーム実況を配信したい方にもおすすめです。

ガラスとアルミを融合させた美しいデザインのPCケースを採用しているのも魅力。BTOオプションでサイドパネルを強化ガラス製にも変更可能です。冷却性能の優れた底面吸気と水冷式CPUファン も搭載。拡張性も高く、ストレージベイには最大で2.5インチ2台、3.5インチ1台、スリム光学ドライブの同時搭載にも対応します。

サイコム(@Sycom) G-Master Hydro Z790 Extreme/D5

デュアル水冷システムを採用したApex Legends向けの高性能ゲーミングPCです。CPUとグラフィックカードの両方に高性能な水冷ユニットが搭載されており、ハイエンドGPUを全開で駆動させた場合でも高い冷却効果を発揮可能。空冷クーラーと比べて駆動音も静かなので、夜間でも周囲を気にせずプレイに没頭できます。

CPUに最新第13世代のCore i7-13700K、メモリに16GB、ストレージにSSD 500GBと基本性能が高いのもポイント。GPUは「GeForce RTX 3070」を標準搭載していますが、Apex Legendsで240fps以上を安定出力したい場合は、BTOオプションでRTX 3080以上のハイエンドGPUを選択するのがおすすめです。

静音性と冷却性能を強化したスタイリッシュなPCケース「Define 7」を採用しているのも魅力。加えて、最新チップセットのIntel Z790と、新規格メモリのDDR5も搭載しています。

【コスパ重視のミドルスペック】Apex LegendsにおすすめのゲーミングPC

ドスパラ(Dospara) ガレリア RM5R-G60S

コスパのよいAMDのCPU「Ryzen 5 4500」を搭載したゲーミングPC。Core i5-11400に近い性能があります。GPUはミドルスペックの「GTX 1660 SUPER」を搭載しており、Apex Legendsやフォートナイトといった人気FPSゲームを快適にプレイできます。

USBポートを複数備えたコンソールパネルがPCケース上部に設けられているのも特徴。45°の角度が付けられているため、ゲーミングデバイスを抜き差ししたり、その他の周辺機器を接続したりする際も簡単にアクセスできます。

翌日出荷対応モデルなので、比較的スピーディーに手元に届くのもポイント。注文からすぐに使い始めたい方はチェックしてみてください。

ドスパラ(Dospara) マグネイト MV-Ti

CPUに「Core i5-12400」、GPUに「RTX 3060 Ti」を採用したApex Legends向けのPCです。コスパに優れた構成ながら、シーンによっては同タイトルを144fps程度で遊べるのが魅力。安いモデルを探している方に適しています。

幅190×奥行き420×高さ360mmと、PCケースがコンパクトなのもポイント。床置きだけでなく、デスクの上やラックの上に設置したい方にもぴったりです。120mmの大型ファンを搭載しているので、小さくてもしっかりと内部を冷却することが可能。背面から排熱がされるエアフローになっています。

USBポートなどは筐体前面に配置されているため、ゲーミングデバイスなどと接続しやすいメリットもあります。利便性に優れたシンプルなPCを探している場合はチェックしてみてください。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune HM-B

効率的なエアフロー設計を採用したApex Legends向けゲーミングPC。底面から外気を取り込み、背面から排熱するよう組まれています。熱がこもりにくいため、熱暴走などのリスクが低く、安定した動作でゲームを遊ぶことが可能です。

コスパのよいCPU「Core i5-11400F」とグラフィックス性能に優れたGPU「RTX 3060」を搭載。高画質設定でも快適にプレイできる性能があります。Apex Legendsはもちろん、フォートナイトやVALORANTなどのほかタイトルも滑らかな映像で遊びたい方におすすめです。

水洗いできる「マグネット式ダストフィルター」を備えているのもポイント。ホコリの侵入を防げるほか、お手入れも簡単です。簡単にメンテナンスできる初心者向けモデルを探している方にも適しています。

パソコン工房 レベルインフィニティ ILeDEs-M0P5-AR55_-RBSXB

優れたコスパを持つApex Legends向けの国産ゲーミングPCです。世界から評価されている液晶モニターブランド「iiyama」の名を関しており、国内の工場で厳格な品質管理のもと製造されているのが特徴。手頃な価格ながら高品質を実現するおすすめモデルです。

CPUは第4世代のRyzen 5 5500、メモリは16GB、ストレージはM.2 SSD 500GBと基本性能のバランスがよいのもポイント。GPUはミドルクラスの「GeForce RTX 3060」で、Apex LegendsではフルHDの最高画質でも144fpsを維持できるため、快適な環境でプレイが楽しめます。

コンパクトなミニタワーケースを採用しており、置き場所に困りにくいのも魅力。また、電源ボタンや接続ポートが本体の側面に配置されているので、限られたスペースでも周辺機器接続が手軽に行えます。

サイコム(@Sycom) G-Master Velox Intel Edition

BTOパソコン初心者でも手が出しやすいApex Legends向けのゲーミングPCです。複雑なカスタマイズをしなくても、標準構成のままで十分なパフォーマンスが発揮できるように設計されているのが特徴。パーツ選びに迷う必要がなく、価格もリーズナブルなので、BTOで初めてゲーミングPCを購入する方にもおすすめです。

CPUは第12世代のCore i5-12400、メモリは16GB、ストレージはSSD 500GBと、低価格ながら基本性能が充実しているのもポイント。GPUには「GeForce RTX 3060」を標準搭載しており、Apex LegendsではフルHDの最高画質でも139fpsを維持できます。

サイドパネルに強化ガラスを使ったスタイリッシュな外観のPCケース「NZXT H510I White」を採用しているのも魅力。高級感と落ち着きのあるデザインが楽しめるほか、工夫されたエアフローによる優れた冷却性能も備えています。

144・240fpsでプレイするのにおすすめのゲーミングモニター

ベンキュー(BenQ) ZOWIE 240Hz対応24.5型ゲーミングモニター XL2546K


240Hzと高いリフレッシュレートに対応したフルHDゲーミングモニターです。滑らかで遅延の少ないゲーム映像を楽しめるのが魅力。応答速度も0.5msと高速です。

ゲーム内の物陰など、暗い場所の視認性を高める「Black eQualizer」もポイント。また、モーションブラーを抑えられる「DyAc+ テクノロジー」を活用すれば、リコイルコントロール時に照準がしやすくなるため便利です。

設置スペースが抑えられるよう設計されたベーススタンドにより、柔軟な調節が可能。ラクな姿勢で快適にプレイしやすい製品を求めている方におすすめです。機能性に優れたプロゲーマー仕様の製品を探している場合はチェックしてみてください。

エイサー(Acer) 165Hz対応23.6インチゲーミングモニター KG241QSbmiipx

非光沢のTNパネルを採用したゲーミングモニター。光が画面に反射しにくく、ゲーム映像に集中してプレイしやすいのがメリットです。リフレッシュレートは165Hz、応答速度は0.5msに対応しており高性能。映像のブレやカクつきが勝敗に関わるゲームなどのジャンルで特に活躍します。

ステレオスピーカーを搭載しているのも魅力。別途スピーカーを購入する費用や手間がかからないため便利です。さらに、スピーカーの設置スペースも抑えられるので、ほかの機器を置きたい方に適しています。

V字型のスタンドは、スタイリッシュなデザインが好みの方にぴったり。見た目にもこだわりたい場合はチェックしてみてください。

エムエスアイ(MSI) 23.6インチゲーミングモニター Optix G24C4

グラボなどのパーツを取り扱う有名企業「MSI」が手掛けるゲーミングモニター。湾曲パネルを採用しているのが特徴です。平面パネルとは異なり、画面の端に表示されている情報などが確認しやすく便利。視界が画面に覆われるような感覚でプレイできるので、比較的高い没入感を得られます。

「AMD FreeSync Premium」に対応。映像がズレてしまう現象「ティアリング」が生じにくいため、快適にゲームを楽しむことが可能です。178°と広視野角なので、モニターの位置をズラしたり姿勢を変えたりする必要がなく、隣にいる友人と画面をシェアする際などに役立ちます。

ブルーライトの総量を減らしており、長時間プレイした際に感じやすい目の疲れを抑える効果が期待できるのも魅力。ヘビーゲーマーや配信者の方にもぴったりなおすすめの製品です。

マウスコンピューター(MouseComputer) 240Hz対応24.5インチゲーミングモニター G-MASTER GB2590HSU-2


プロゲーマーからの評価も高い国産の24.5型フルHDゲーミングモニターです。日本を代表するモニターブランド「iiyama」が製造した液晶パネルを採用。国産品ならではの高品質がリーズナブルな価格で入手できるので、コスパ重視の方にもおすすめです。

240Hzの高速リフレッシュレートに加えて、Over Drive機能によって0.4msの高速応答速度に対応するのもポイント。240fpsでも滑らかな動きと残像感の少ない映像でApex Legendsをプレイ可能です。「AMD FreeSync Premiumテクノロジー」も便利。120Hz以上を入力する場合でも不快な画面のちらつきやティアリングを抑えられます。

昇降・チルト・ピボット・スウィーベルの各機能に対応しており、画面をプレイしやすい位置に調節できるのも魅力。また、ブルーライト低減などの機能も搭載されているため、Apex Legendsの長時間プレイも快適に楽しめます。

144・240Hz対応のゲーミングモニターはこちら