最新のPCゲームを思いっきり楽しみたい方におすすめなのが、ゲーミングPCです。高性能CPUをはじめ、グラボや大容量メモリを搭載するなど、負荷のかかる処理を高速で実行できるスペックを備えているのが特徴。特にレノボの製品は種類の豊富さとコスパのよさで人気です。

今回は、レノボが展開するゲーミングPCのおすすめモデルをご紹介。選ぶ際のポイントについても詳しく解説するので、チェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

レノボ(Lenovo)とは?

By: lenovo.com

レノボは1984年に設立された中国の会社です。PCをはじめスマホ・タブレット・周辺機器などを展開しています。2004年にIBMのPC部門を買収することでPC事業を強化。現在では世界的にも人気のPCメーカーに成長しています。

デスクトップPC・ノートPCとも豊富なラインナップを取り揃えているメーカーです。

レノボのゲーミングPCの特徴

スペックごとの細かなラインナップ

By: lenovo.com

レノボのゲーミングPCは「Legion」のブランド名でシリーズが展開されています。Core i9プロセッサの選択が可能なフラッグシップシリーズをはじめ、AMDのRyzenを搭載したシリーズなど、スペックごとの細かなラインナップが特徴。CPUだけでなくストレージの容量やグラボの種類など、目的と予算に合ったスペックを選びやすいのが魅力です。

見た目にもこだわったケースデザイン

By: lenovo.com

レノボのゲーミングPCはマシンの力強さが感じられる、アグレッシブなデザインの筐体を採用しているのが特徴です。前面パネルに大胆な穴あけ加工を施したモデルが多く、青色に浮かび上がるロゴマークや1680万色の鮮やかなライティングを楽しむことが可能。サイドにクリアパネルを設けた製品もあり、内部に組み込まれた高性能パーツの存在をさりげなくアピールできます。

プレイ中はもちろん、ゲームをはじめる前からワクワクさせられる、こだわりのケースデザインもレノボのゲーミングPCの魅力です。

ゲーミングノートPCも豊富

By: lenovo.com

レノボはゲーミングノートPCも取り扱っており、デスクトップと同様「Legion」ブランドをメインに展開しています。Core i7ながらハイパフォーマンスグラフィックスカテゴリーの「H」チップを採用したモデルや、かさばりにくく持ち運びしやすい薄型設計のモデルなど、充実のラインナップが特徴です。

液晶は15.6インチの製品が中心。144〜240Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているモノが多く、滑らかな描画が可能です。FPSなど動きの激しいゲームにもしっかりと対応できます。

スペックを抑えた構成のモノなら、比較的手頃な価格で購入可能。初心者の方にもぴったりなのでチェックしてみてください。

レノボのゲーミングPCおすすめモデル|デスクトップ

レノボ(Lenovo) Legion Tower 7i Gen 8 90V7CTO1WWJP7

レノボ(Lenovo) Legion Tower 7i Gen 8 90V7CTO1WWJP7

パフォーマンスに優れたレノボのゲーミングPCを求めている方におすすめのモデル。CPUはCore i9-13900KF、メモリが32GBあります。処理能力が良好で負荷のかかる作業やゲームも快適にプレイ可能です。

グラフィックカードには「GeForce RTX 4080」を採用。APEXやVALORANTなどのFPSに加えて、人気の格闘ゲーム・ストリートファイター6も安心して楽しめます。ストレージがSSD2TBあるので、思う存分ゲームをダウンロードできるのもポイントです。

前面と背面にUSB 3.2ポートを内蔵。ゲームパッドやゲーミングキーボード、マウスなどさまざまデバイスに接続できます。また、専用ソフト「Lenovo Vantage」を用いれば、簡単にPCを管理することが可能です。

レノボ(Lenovo) Legion Tower 5i Gen 8 エントリー 90UUCTO1WWJP2

レノボ(Lenovo) Legion Tower 5i Gen 8 エントリー 90UUCTO1WWJP2

安く入手できるレノボのエントリーゲーミングPCです。第13世代CPUのCore i5-13400Fと、スタンダードGPUの「GeForce RTX 3050」を搭載。標準構成でもVALORANTなら120fps以上でプレイできますが、ほかの人気FPSも快適に遊びたい場合は、注文時のカスタマイズでCore i7以上を選ぶのがおすすめです。

メッシュ状のフロントベントを設けた新筐体デザインを採用しているのもポイント。空気を前面に押し出して冷やす空冷システムと組み合わせることで、高負荷の際にも騒音を抑えつつ高いパフォーマンスを発揮します。加えて、RGB LEDによるライティング演出も楽しめます。

512GBのSSDに加えて、DDR5を採用する16GBのメモリを搭載しているのも魅力。4つの空きメモリスロットがあり、最大128GBまでのメモリ拡張も可能です。音質に定評のある「Nahimicオーディオ」も採用。没入感のあるバーチャルサラウンドが味わえます。

レノボ(Lenovo) LOQ Tower 17IRB8 90VHCTO1WWJP2

レノボ(Lenovo) LOQ Tower 17IRB8 90VHCTO1WWJP2

レノボのゲーミングPCでコスパのよいモデルを探している方におすすめ。CPUは第13世代のCore i5で、メモリには16GBを採用しています。パフォーマンスが良好で、ゲームだけでなく、ライブ配信や動画編集などさまざま用途で使うことが可能です。

GPUには「GeForce RTX 3050」を搭載。人気のFPSをプレイできます。ストレージはSSD512GBを備えているので、十分にゲームをダウンロード可能です。

65WのCPUクーラーが備わっているのも魅力。冷却性能に優れているため、長時間のゲームや作業を行う際に熱落ちを抑えられます。また、Nahimicオーディオを採用しており、全身を包み込むような臨場感のあるサウンドを出力可能です。

同シリーズでは、よりスペックの高いCore i7搭載のモデルもラインナップしているので、プレイしたいゲームの推奨スペックに合わせて選んでみてください。

レノボのゲーミングPCおすすめモデル|ノート

レノボ(Lenovo) Legion Pro 7i Gen 8 82WQ0034JP

レノボ(Lenovo) Legion Pro 7i Gen 8 82WQ0034JP

第13世代のCore i9プロセッサと32GBの大容量メモリを搭載した、高性能なレノボのゲーミングPCです。デスクトップPC並みのパフォーマンスを求める方におすすめのモデル。Nahimicオーディオを採用しているため、臨場感と迫力のあるサウンドでゲームが楽しめます。1TBの大容量SSDを内蔵しており、多くのタイトルを保存できるのもポイントです。

2560×1600ピクセル表示が可能な、16インチのIPS液晶を搭載。最大240Hzの高リフレッシュレートに対応しているので、高速で動く映像が滑らかに表示できます。NVIDIAのGPU「GeForce RTX 4080 Laptop」を搭載するなど、高いグラフィック性能も魅力です。

レノボ(Lenovo) Legion Pro 5i Gen 8 82WKCTO1WWJP2

レノボ(Lenovo) Legion Pro 5i Gen 8 82WKCTO1WWJP2

NVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX 4060」を搭載した、グラフィック性能の高いモデル。長く快適に遊べるレノボのゲーミングPCを探している方におすすめです。

第13世代のCore i7プロセッサと16GBメモリを実装するなど、処理性能も良好。最大240Hzの高リフレッシュレートの液晶モニターを採用しているため、FPSやレーシングなどのゲームが快適にプレイできます。

HDMIをはじめ、USB Type-A・USB Type-C・有線LANポートを搭載。Type-Cポートは映像出力やPower Delivery規格に対応しており、多用途で使用できます。

レノボ(Lenovo) Legion Pro 5 Gen 8 82WMCTO1WWJP5

レノボ(Lenovo) Legion Pro 5 Gen 8 82WMCTO1WWJP5

CPUにハイスペックな8コア16スレッドの「Ryzen 7 7745HX」を採用したゲーミングノートPC。GPUには「GeForce RTX 4070」を搭載しており、グラフィック性能にも優れています。ゲームからクリエイティブな用途まで、幅広く快適に使用可能。CPUは上位モデルの「Ryzen 9 7945HX」へもアップグレードできます。

標準構成で32GBのメモリを搭載しているのもメリットのひとつ。負荷のかかるマルチタスクもスムーズにこなせます。そのほか、ストレージには1TBのSSDを内蔵しているのもポイントです。

画面のサイズは16インチで解像度は2560×1600です。sRGBを100%カバーする鮮やかな色味と、240Hzの高速なリフレッシュレートを実現しています。

レノボ(Lenovo) Legion Slim 7i Gen 8 82Y3CTO1WWJP4

レノボ(Lenovo) Legion Slim 7i Gen 8 82Y3CTO1WWJP4

16インチサイズのディスプレイを搭載したミドルクラスのゲーミングノートPCです。解像度は3200×2000で、液晶パネルには広視野角で色鮮やかな映像を表示できるIPSパネルを採用しています。大きめの画面と美しい映像で快適にゲームをプレイ可能です。

また、滑らかな映像を表示できる165Hzの高速なリフレッシュレートにも対応しています。CPUには「Core i9-13900H」を、GPUには「GeForce RTX 4070」を搭載。ゲーム内のグラフィック設定を調節するなどの工夫をすれば、負荷が大きめのゲームも快適にプレイできます。

そのほか、標準構成では32GBのメモリと1TBのSSDを内蔵。複数のアプリを同時に使用するマルチタスクもスムーズに進められます。

レノボ(Lenovo) Legion Slim 5 Gen 8 82Y9CTO1WWJP4

レノボ(Lenovo) Legion Slim 5 Gen 8 82Y9CTO1WWJP4

さまざまなゲームを快適にプレイできるレノボのおすすめゲーミングPCです。AMDのRyzen 7000シリーズと、GeForce RTX 40シリーズを搭載。省電力性能に優れていながら、ゲーミングPCらしい高いパフォーマンスを実現しています。

16型のディスプレイを搭載しており、ノートパソコンながら広々とした画面でゲームをプレイ可能です。また、2560×1600ピクセルと高解像度なうえ、最大165Hzのリフレッシュレートにも対応。高精細かつ滑らかな映像を楽しめます。

テンキーや矢印キーを含んだフルサイズキーボードを搭載。ゲームを快適に操作できるよう配慮されているのも嬉しいポイントです。タッチパッドも大きく、マウスなしでもスムーズに操作できます。

両サイドだけではなく、背面にもインターフェースが設けられており、設置場所を問わず周辺機器を接続しやすいのも魅力です。

レノボ(Lenovo) LOQ 16IRH8 82XW004YJP

レノボ(Lenovo) LOQ 16IRH8 82XW004YJP

CPUにインテルの「Core i7-13620H」を採用したゲーミングノートPC。ゲームだけでなく、クリエイティブな用途やビジネス用途でも快適に使用できるスペックの高いCPUを搭載しているのが魅力です。

加えて、GPUには「GeForce RTX 4060」を搭載しています。比較的負荷が少なめのゲームであれば、安定したフレームレートを維持しつつ、快適にプレイ可能です。

画面のサイズは16インチで、解像度は1920×1200。リフレッシュレートは144Hzに対応しているので、滑らかな映像でゲームをプレイできます。

レノボ(Lenovo) LOQ 16APH8 82XUCTO1WWJP2

レノボ(Lenovo)  LOQ 16APH8  82XUCTO1WWJP2

レノボのゲーミングノートPCで、コスパのよいモデルを探している方におすすめ。画面サイズは16インチあり、1920×1200の解像度に対応しています。ゲームをするときは大きな画面でクリアな映像を楽しむことが可能。加えて、IPSパネルを採用しているため、画面の見る角度が変わっても綺麗な映像を表示できます。

キーボードにはフルサイズの矢印キーとテンキーパッドを搭載。ゲーム中にメニューの移動や数字の入力が容易に行えるのも長所です。さらに、ホワイトバックライトが付いており、薄暗い環境でもキーの視認性を損なわずに済みます。

Rapid Chargeテクノロジーを採用しているのもメリット。約2時間で本体をフル充電できます。頻繁に充電する手間を省くことが可能です。

ゲーミングPCを選ぶときのポイント

CPU・メモリ・GPUのスペックが重要

CPUはCore i7/Ryzen 7以上のモデルがおすすめ

By: lenovo.com

CPU(Central Processing Unit)は人間に例えると「頭脳」に相当する重要なパーツです。PC全体の性能を左右するといわれています。ゲーミングPCを選ぶ際には、インテルのCore i7やAMDのRyzen 7以上のプロセッサ搭載モデルがおすすめ。人気のFPSをはじめ、さまざまなゲームが軽快に動作します。

また、プロセッサの「世代」にも注目してみてください。同じCore i7でも、12世代や13世代など新しい方が高性能といえます。CPUの世代は、インテルの場合「Core i7-13700K」なら第13世代、「Core i7-12700K」は第12世代など、プロセッサ名に続く先頭の数字で見分けることが可能です。

メモリは16GB以上のモデルを選ぼう

メモリはCPUが仕事をする際に、データを一時的に保存するためのパーツ。人が仕事をおこなうときに使用する、作業台のようなイメージです。作業台が大きいほど作業がやりやすいように、メモリ容量が大きいほど処理をスムーズに実行することが可能。CPUと並び、PCの性能に大きな影響を与える大切な部品です。

ゲーミングPCには容量が16GB以上のメモリ搭載モデルがおすすめ。負荷のかかる処理が高速でこなせるため、人気の最新タイトルが快適にプレイできます。

GPUは高性能なモノの方が長く使える

By: lenovo.com

GPU(Graphics Processing Unit)は、グラフィック関連の処理を専門に受け持つパーツです。デスクトップPCに実装されるモノはグラボやグラフィックカードなどとも呼ばれています。CPUに代わりモニターへの描画作業をおこなうため、負荷が分散でき処理速度の低下を軽減することが可能。ゲーミングPCには必須の部品です。

購入の際には予算の許す範囲で、できるだけ高性能なモノを選ぶことがおすすめ。新しく発売されるタイトルほど映像がよりリアルで綺麗になる反面、描画にかかる負荷は増加する傾向にあります。高性能なGPUを搭載していれば、長く快適に使うことが可能です。

NVIDIAの「GeForce RTX」シリーズが人気なので、ぜひチェックしてみてください。

遊びたいゲームの推奨スペックをチェックする

By: lenovo.com

ゲームソフトには「推奨動作環境」と呼ばれるスペックが存在します。ゲームを快適に動作させるために必要なCPU・GPU・メモリ容量などが記載されており、販売元のウェブサイトで確認することが可能。ゲーミングPCを購入する際には、自分が遊びたいタイトルの推奨動作環境を事前にチェックするのがおすすめです。

推奨動作環境よりハイスペックなモデルを選んでおけば、ソフトのアップデートにより要求レベルが上がっても快適にプレイし続けられるので安心。そのほか「必要動作環境」と書かれたスペックもありますが、これはソフトを動作させるために最低限必要な条件のことです。快適に遊べるスペックではないため、間違えないよう注意しましょう。

ストレージはSSDがおすすめ

ストレージはOSやソフトなどを格納するためのパーツです。主にSSDとHDDの2種類がありますが、ゲーミングPCにはSSDがおすすめ。アクセススピードが高速なため、容量の大きなタイトルでも短時間で読み込むことが可能です。

ただし、SSDは容量あたりの単価が高いのが難点。購入時のコストを押さえたい方には、SSDと価格の安いHDDの両方を搭載したデュアルストレージという選択肢もあります。頻繁に遊ぶタイトルは起動の速いSSDに保存し、過去にダウンロードしたソフトは大容量のHDDに格納する使い方ができるので便利です。

ミドルタワーやミニタワーの違い

By: lenovo.com

デスクトップPCは、筐体サイズによってミニタワーやミドルタワーなどがあります。明確に寸法で区分されているわけではありませんが、ミニタワーは高さが350〜400mm程度、ミドルタワーは450mm前後のモノが一般的です。

ミニタワーのメリットは省スペースでコストが比較的安いところ。ただし、拡張性や放熱性が低いデメリットがあります。初心者の場合や、頻繁にパーツの増設をしない方におすすめです。

一方のミドルタワーはグラボやファンを搭載できるほか、拡張性・放熱性・整備性に優れているのがメリット。購入後、パーツの増設やアップグレードを考えている方などにぴったりです。使い方と予算をよく考慮したうえで選んでみてください。