最新のパソコンゲームを思いっきり楽しみたい方におすすめなのが「ゲーミングPC」です。高性能CPUをはじめグラボや大容量メモリを搭載するなど、負荷のかかる処理を高速で実行できるのが特徴。特にレノボの製品は種類の豊富さとコスパのよさで人気です。

そこで今回は、レノボが販売するゲーミングPCのおすすめモデルをご紹介します。選ぶ際のポイントについても詳しく解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo)とは?

By: lenovo.com

レノボは1984年に設立された中国の会社です。パソコンをはじめスマホ・タブレット・周辺機器などを販売しています。2004年にIBMのPC部門を買収することでパソコン事業を強化。現在ではコスパのよいパソコンを販売する、世界的にも人気のPCブランドに成長しています。

デスクトップ・ノートとも豊富なラインナップを取り揃える要注目のブランドです。

レノボのゲーミングPCの特徴

スペックごとの細かなラインナップ

By: lenovo.com

レノボのゲーミングPCは「Region」ブランド名でシリーズ展開がされています。Core i9プロセッサの選択が可能なフラッグシップの750iシリーズをはじめ、AMDのRyzenを搭載したT530など、スペックごとの細かなラインナップが特徴。もちろん、CPUだけでなくメモリやストレージの容量にグラボの種類など、目的と予算にあったスペックが選びやすくなっています。

そのほか、省スペース設計のIdeaCentreシリーズにもグラボを搭載したGamingモデルが設定されているので、コンパクトな製品を求める方などは要チェックです。

見た目にもこだわったケースデザイン

By: lenovo.com

レノボのゲーミングPCはマシンの力強さが感じられる、非常にアグレッシブなデザインの筐体を採用しているのが特徴です。前面パネルに大胆な穴あけ加工を施したモデルが多く、青色に浮かび上がるロゴマークや1680万色の鮮やかなライティングを楽しむことが可能。サイドにクリアパネルを設けた製品などもあり、内部に組み込まれた高性能パーツの存在をさりげなくアピールできます。

プレイ中はもちろんゲームをはじめる前からワクワクさせられる、こだわりのケースデザインもレノボのゲーミングPCがもつ魅力のひとつです。

ゲーミングノートPCも豊富

By: lenovo.com

レノボはゲーミングノートPCも販売しており、デスクトップと同様「Region」ブランドをメインに展開しています。Core i7ながらハイパフォーマンスグラフィックスカテゴリーの「H」チップを採用した750iや、かさばりにくく持ち運びのしやすい薄型設計のSlim 750iなど、充実のラインナップが特徴です。

液晶は15.6インチの製品が中心ですが、144〜240Hzと高リフレッシュレートのパネルを採用しているモノが多く非常に滑らかな描画が可能。FPSなど動きの激しいゲームにもしっかりと対応できます。

気軽に購入できる製品を求める方におすすめなのが、IdeaPadブランドの「IdeaPad L340 Gaming」。第9世代のプロセッサや「GeForce GTX 」シリーズのGPUなど、スペックを抑えた構成で手頃な価格設定が魅力です。初心者の方にもピッタリなので一度チェックしてみてください。

レノボのゲーミングPCおすすめモデル|デスクトップ

レノボ(Lenovo) Legion T750i

レノボが販売するデスクトップゲーミングPCのフラッグシップモデルです。3.7GHzで駆動する第10世代のCore i9プロセッサと、32GBの大容量メモリを実装した高性能マシン。あらゆるゲームをストレスなく楽しみたい、ゲーム好きの方におすすめのモデルです。NVIDIAのGPU「GeForce RTX 3090」を搭載したモデルもあり、高精細の複雑な映像もカクつくことなく表示します。

強力な冷却システムを備えているのも本モデルの特徴。大型のファンや水冷CPUクーラーを備えているため、大きな筐体内を素早く冷やすことが可能です。長時間に及ぶ白熱したバトルでも、高性能パーツが発生させる熱を効率的に冷却できるので最大限のパフォーマンスが発揮できます。

ストレージには2TBのHDDと512GBのSSDのデュアルタイプを採用。非常に大容量のためダウンロードした多くのタイトルが余裕で保存できます。

レノボ(Lenovo) Legion T550i

グラフィック性能を重視する方におすすめのゲーミングPCです。NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 3070」を実装しているのが特徴。まるで実写のように見えるリアルな3Dグラフィックも、スムーズに描画することが可能です。第10世代のCore i7プロセッサと16GBメモリも搭載しており、長く快適に使用できます。

SSDは512GBとゲーミングモデルとしては標準的な容量。ただし、2TBのHDDが組み合わされているため、普通のゲーム用途であれば容量不足に悩むことはまずありません。プレイ頻度の高いゲームを高速なSSDへ、過去にダウンロードしたお気に入りのタイトルはHDDへ保存しておくのがおすすめの使い方です。

派手なライトニングシステムは備えていませんが、ファントムブラックの筐体に青く光るLEDロゴがクール。シックな外観を好む方にもピッタリです。

レノボ(Lenovo) Legion T550

CPUにAMDのRyzen 7 3700Xを採用したゲーミングPCです。GPUに「GeForce GTX 1650 SUPER」を搭載するなど、優れたコスパが特徴のモデル。ゲーミングモデルとしては価格が安いためPC初心者の方などにおすすめです。256GBのSSDと1TBのHDDをセットアップすることで、コストを抑えつつ実用的なストレージ容量を確保しています。

ケース側面に強化ガラス製のパネルを搭載しているのも本モデルの特徴。1680万色のLEDライティングシステムを備えており、組み込まれているパーツや動作業況がひと目で分かります。プレイだけでなく見た目でも楽しみたい方にピッタリです。レノボが無料で提供しているソフト「 Lenovo Vantage 」を利用すれば、ライティングのコントロールもおこなえます。

レノボ(Lenovo) Lenovo Legion T530

ケースの前面パネルに多数の穴あけ加工を施したゲーミングPCです。ブラックカラーの筐体奥から光る赤いライティングが特徴。プレイをはじめる前からゲーマーの気持ちを盛り上げます。第3世代のRyzen 7プロセッサと16GBメモリを搭載した、コスパのよいモデルです。

SSDの容量が256GBと若干心もとないものの、2TBの大容量HDDを実装しているので安心。たくさんのゲームタイトルが保存できます。「デュアルチャンネルサーマルシステム」を採用しているのも本モデルの特徴です。メインボードとグラボの排熱ルートを分けることで効率的な冷却がおこなえるため、長時間使用しても安定した動作が確保できます。

また、工具を使わずに内部へのアクセスができるのもポイント。パーツの増設・交換が容易なので、将来的にアップグレードを考えている方もチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) IdeaCentre T540 Gaming

シンプルでモダンな筐体デザインを採用したゲーミングPCです。ミニタワークラスのケースは、スペースの限られたデスク上にも設置しやすいのが魅力。一般のホームユースとしても使える、省スペース設計の製品が欲しい方におすすめのモデルです。

手頃な価格ながらインテルのCore i7とNVIDIAの「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載しており、「ファイナルファンタジー14」などの人気ゲームが快適に楽しめます。ストレージには512GBのSSDを採用。OSやソフトの起動が高速なため、長い読み込み時間でイライラすることはありません。初めて購入するゲーミングPCを検討している、初心者の方などにもピッタリです。

レノボのゲーミングPCおすすめモデル|ノート

レノボ(Lenovo) Legion Slim 750i

ストレートラインを基調とした、スタイリッシュなデザインが特徴のゲーミングPCです。最薄部が約15.9mmと薄型のため、カバンやリュックの中でかさばらず容易に収納することが可能。携帯性に優れたノートタイプの製品を求める方におすすめのモデルです。重さも約1.86kgと、ゲーミングPCとしては比較的軽量な部類なので気軽に持ち運べます。

フルHD表示が可能な15.6インチの液晶を搭載。144Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しているため、動きの激しい映像も滑らかに表示できます。また、ノングレア処理が施されているので、光の反射が気になりにくく画面に集中することが可能です。

「Dolby Atmos」対応のサウンドシステムを搭載しているのもポイント。綺麗な映像と臨場感のあるサウンドでゲームへの高い没入感が得られます。

レノボ(Lenovo) Legion 750i

レノボが販売するノート型ゲーミングPCのフラッグシップモデルです。ノートタイプながらNVIDIAの高性能GPU「GeForce RTX 2060」を搭載。第10世代のCore i7プロセッサと16GBのメモリを実装しており、さまざまなゲームが軽快に動作します。性能を重視する方におすすめのモデルです。

1TBの大容量SSDを搭載しているため、容量不足に悩むことはまずありません。多くのタイトルが本体内に保存できるうえ、起動が速いので快適に使えます。15.6インチの液晶には240Hzの高リフレッシュレートパネルを採用。目まぐるしく展開するシーンが滑らかに表示できるので、高速で移動する敵の動きも見逃しません。

新しく発売されるタイトルに対応しながら、長く愛用できるゲーミングPCを求める方もぜひチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) Legion 550Pi

Core i7 10750Hプロセッサを搭載したゲーミングPCです。ハイパフォーマンスでグラフィック性能の高いチップ「GeForce RTX 2060」と組み合わせており、優れたグラフィック性能を有しています。

「リアルタイムレイトレーシング」に対応しているのが特徴です。光の反射や影といった細かな情景を、より正確に描画することが可能。映像のリアルさと美しさを重視する方におすすめです。

「Legion Coldfront 2.0 」を搭載しているので、高性能パーツから発生する大量の熱を効率的に冷却します。長時間プレイしても動作が不安定になったり、シャットダウンしたりする心配はありません。Wi-Fi 6に対応しているため、高速な通信環境でパソコンゲームやストリーミング再生が楽しめます。

レノボ(Lenovo) Legion 550i 15

コスパを重視する方におすすめのモデルです。Core i5ながら第10世代のハイパフォーマンス・チップを採用するゲーミングPC。NVIDIAのGPU「GeForce GTX 1660Ti」と16GBのメモリを実装しており、多くのゲームタイトルが快適にプレイできます。また、手頃な価格の製品ながら、アクセススピードの高速なSSDを採用しているのもおすすめのポイントです。

フルHD表示が可能な15.6インチの液晶を搭載。リフレッシュレートが144Hzと高速なので画面の表示は滑らかです。スリムベゼルを採用しているため映像への高い没入感が得られます。高級オーディオブランド「harman/kardon」のステレオスピーカーを搭載しているのも本モデルの特徴。臨場感のある迫力のサウンドでゲームが楽しめます。

レノボ(Lenovo) IdeaPad L340 Gaming

ゲーム・ビジネス、どちらのシーンでも便利に使えるモデルです。第9世代のCore i7プロセッサと16GBのメモリを搭載したコスパのよいゲーミングPC。多くのゲームが快適に遊べるのはもちろん、マルチタスク環境などにもしっかりと対応できます。作業の合間にゲームを楽しむといった使い方におすすめのモデルです。

256GBのSSDと1TBのHDDを搭載。コストを抑えつつ十分な保存容量を確保する設計がされています。ゲーミングPCのエントリーモデルにもピッタリなので、一度チェックしてみてください。

ゲーミングPCを選ぶときのポイント

CPU・メモリ・GPUのスペックが重要

CPUはCore i7/Ryzen 7以上のモデルがおすすめ

By: lenovo.com

CPU(Central Processing Unit)は人間に例えると「頭脳」に相当する重要なパーツです。パソコン全体の性能を左右するといっても過言ではありません。ゲーミングPCを選ぶ際には、インテルのCore i7やAMDのRyzen 7以上のプロセッサ搭載モデルがおすすめ。人気のFPSをはじめ、さまざまなゲームが軽快に動作します。

また、プロセッサの「世代」にも注目してみてください。同じCore i7でも8・9・10と世代の新しいほうが高性能なので覚えておきましょう。なお、CPUの世代は「Core i7 9750H」なら第9世代、「Core i7 10750H」は第10世代など、プロセッサ名に続く先頭の数字で見分けることが可能です。

メモリは16GB以上のモデルを選ぼう

メモリはCPUが仕事をする際に、データを一時的に保存するためのパーツです。人が仕事をおこなうときに使用する、作業台のようなイメージです。作業台が大きいほど作業がやりやすいように、メモリ容量が大きいほど処理をスムーズに実行することが可能。CPUと並びパソコンの性能に大きな影響を与える大切な部品です。

ゲーミングPCには容量が16GB以上のメモリ搭載モデルをおすすめします。負荷のかかる処理が高速でこなせるため、人気の最新タイトルが快適にプレイできます。

GPUは高性能なモノの方が長く使える

By: lenovo.com

GPU(Graphics Processing Unit)はグラフィック関連の処理を専門に受け持つパーツです。デスクトップパソコンに実装されるモノはグラボやグラフィックカードなどとも呼ばれています。CPUに代わりモニターへの描画作業をおこなうため、負荷が分散でき処理速度の低下を軽減することが可能。ゲーミングPCには必須の部品です。

購入の際には予算の許す範囲で、できるだけ高性能なモノを選ぶことをおすすめします。新しく発売されるタイトルほど映像がよりリアルで綺麗になる反面、描画にかかる負荷は増加する傾向に。高性能なGPUを搭載していれば、長く快適に使うことが可能です。

NVIDIAの「GeForce GTX」や「GeForce RTX」シリーズが人気なので、ぜひチェックしてみてください。

遊びたいゲームの推奨スペックをチェックする

By: lenovo.com

ゲームソフトには「推奨動作環境」と呼ばれるスペックが存在します。ゲームを快適に動作させるために必要なCPU・GPU・メモリ容量などが記載されており、販売元のウェブサイトで確認することが可能。ゲーミングPCを購入する際には、自分が遊びたいタイトルの推奨動作環境を事前にチェックすることをおすすめします。

もちろん、推奨動作環境よりハイスペックなモデルを選んでおけば、ソフトのアップデートにより要求レベルが上っても快適にプレイし続けられるので安心です。そのほか「必要動作環境」と書かれたスペックもありますが、これはソフトを動作させるための必要最小限の条件になります。決して快適に遊べるスペックではないため、間違えないよう注意しましょう。

ストレージはSSDがおすすめ

By: lenovo.com

ストレージはOSやソフトなどを格納するためのパーツです。主にSSDとHDDの2種類がありますが、ゲーミングPCにはSSDがおすすめ。アクセススピードが高速なため、容量の大きなタイトルでも短時間で読み込むことが可能です。長い待ち時間にイライラすることなく、気持ちよくプレイがはじめられます。

ただし、SSDは高速な一方で容量あたりの単価が高いのが難点。購入時のコストを押さえたい方には、SSDと価格の安いHDDの両方を搭載したデュアルストレージという選択肢もあります。頻繁に遊ぶタイトルは起動の速いSSDへ保存し、過去にダウンロードしたお気に入りのソフトは、大容量のHDDへ格納するといった使い方ができるので便利です。

ミドルタワーやミニタワーの違い

By: lenovo.com

ゲーミングPC含めデスクトップパソコンには、筐体サイズによってミドルタワーやミニタワーなどがあります。明確に寸法で区分されているわけではありませんが、ミニタワーは高さが350〜400mm程度、ミドルタワーは450mm前後のモノが一般的です。

ミニタワーのメリットは省スペースでコストが比較的安いところ。その反面で拡張性や放熱性が低いといったデメリットがあります。初心者や頻繁にパーツの増設をしない方におすすめです。

一方のミドルタワーは大きい分グラボやファンを搭載できるほか、拡張性・放熱性・整備性に優れているのがメリット。購入後、パーツの増設やアップグレードを考えている方などにピッタリです。使い方と予算をよく考慮したうえで選んでみてください。