短い調理時間で料理ができる「圧力鍋」。光熱費の節約にもなり、忙しい方にとって食事の支度が短時間でできるのはメリットです。ただ、圧力の調節や加熱時間など扱いが難しく、購入をためらっている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、誰でも簡単で安全に使える電気圧力鍋をご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

電気圧力鍋とは?

By: amazon.co.jp

電気圧力鍋は、密閉した鍋を電気で加熱し、鍋内の圧力を上げて調理するのが特徴です。一般的な圧力鍋は、ガスコンロの直火で加熱するため、火力や加熱時間などの調節が必要。一方電気タイプは、ボタンを押せば加熱時間などの調節を自動でできます。圧力鍋にはじめてチャレンジする方には電気圧力鍋がおすすめです。

電気圧力鍋と炊飯器の違い

By: amazon.co.jp

電気圧力鍋と炊飯器は、内鍋に食材を入れてからフタを密閉するまでの過程は同じですが、電気圧力鍋は圧力を高めて調理します。高圧力を活かして、玄米の調理が簡単にできるのも特徴。

多くの電気圧力鍋には、ご飯が炊ける機能が搭載されており、炊飯器と比べて短時間で炊けるほか、お米が少しモチモチとした食感になるのが魅力です。

電気圧力鍋の選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

電気圧力鍋の容量は人数を基準とし、一人暮らしなら1〜2L、複数人分の料理を作るなら2L以上のモデルがおすすめです。人数プラス1Lを目安とする考え方もあるので、参考にしてみてください。

注意しておきたいのが、電気圧力鍋は炊飯器よりも本体のサイズが大きい点。容量に比例してサイズも大きくなる場合が多く、思ったより設置スペースを取る恐れがあります。購入する場合は事前に容量と本体サイズを確かめ、左右と上部に十分な設置スペースを確保しておきましょう。

加熱方式をチェック

マイコン方式

By: amazon.co.jp

マイコン方式の電気圧力鍋は、電熱ヒーターで内鍋を加熱し調理します。IHタイプと比べて消費電力が少ないのが特徴で、600〜800Wの製品が多くラインナップされているのがポイント。また、IH式に比べ消費電力が少ないため、電気代を抑えたい方におすすめです。

IH方式

By: amazon.co.jp

IH方式の電気圧力鍋は、電磁誘導を利用して鍋自体を発熱させることで加熱調理を行います。消費電力が大きな1200W程度の製品が主流で、食材をムラなく加熱できるのが魅力です。

マイコン方式と比べて細かい温度調節ができるのもメリット。煮込み料理はもちろん、炊飯にも適しています。製品によっては温度調節機能を利用しチーズ・塩麹・白味噌・甘酒などの発酵食品を作れるので、汎用性の高さを重視する方におすすめです。

ただし、消費電力が大きいため、同時にほかの調理家電をいくつも使用するとブレーカーが落ちる恐れがあります。また、一般的なコンセントは、一口あたり1500Wまでしか使えないので、配線に関しても手持ちの調理家電との兼ね合いを考慮してみてください。

フタの種類をチェック

プッシュ式

By: amazon.co.jp

ボタンを押すだけでフタを開けられるプッシュ式は、片手で開閉ができるため料理中や盛り付けの際にも便利です。また、開け方がわかりやすいので、誰でも簡単に使えるのがメリット。

しかし、本体からフタを取り外せない製品が多いため、お手入れに手間がかかるのがデメリットです。

スライド式

By: amazon.co.jp

フタを左右に動かして開けるスライド式は、フタが取り外せるのでお手入れがスムーズにできます。しかし、片手での開閉が難しいのと、製品によってはどうやって開けるかわかりにくいのがデメリットです。

実際に自宅で調理するシーンを想像してみて、どちらが使いやすいか考えて選びましょう。

機能をチェック

プリセットメニュー数

By: amazon.co.jp

電気圧力鍋の多くは、材料と調味料を投入しスイッチを押すだけで料理ができる「プリセットメニュー」を搭載しています。炊飯や煮物などの調理を自動で行えるので、忙しい方の自炊にもおすすめです。

タイマー機能付きの製品なら、朝、食材をセットしておき帰宅の時間に合わせて料理を仕上げることも可能。一部のモデルでは、煮込み料理だけでなく蒸し料理や発酵料理にも対応しています。パンやヨーグルトなどを作りたい方はチェックしてみてください。

プリセットメニューによる自動調理が行えるのは、直火式の圧力鍋にはない電気圧力鍋ならではの機能です。電気圧力鍋で自動調理を使用したい方は、プリセットメニューの数や内容を確認しましょう。

保温・温め直し機能

By: amazon.co.jp

保温・温め直し機能を搭載した電気圧力鍋なら、自動調理で作っておいた料理を好きな時間に温かい状態で食べられて便利です。料理が完成してから食べるまでに少し時間がある場合も保温しておけるうえ、翌日に食べる際もレンジや直火を使わずそのまま手軽に温め直せます。

特に、電気圧力鍋を炊飯器と兼用しようと考えている方は、保温機能を搭載した製品がおすすめ。温め直し機能は、料理を作り置きする方にも役立つので、併せてチェックしてみてください。

圧力調節機能

By: amazon.co.jp

圧力調節機能を搭載している電気圧力鍋なら、食材を好みの柔らかさに調理できます。製品によっては加圧と減圧を交互に行い食材に味を染み込ませたり、一定の圧力をかけ柔らかい食材も食感を残して仕上げたり、といった調理も可能。

ただし、手軽に使える電気圧力鍋を探している場合は、自身で圧力を調節するのではなく、自動調理のプリセットメニュー機能を活用するのがおすすめです。

スロー調理

By: amazon.co.jp

スロー調理とは、低温で長時間かけて加熱する調理法です。通常の鍋を火にかける加熱法では難しいため、電気圧力鍋ならではの機能として人気。80〜90℃程度の沸騰しない温度でじっくり加熱し、食材を煮崩れさせずに柔らかく調理できます。

特に、おでんや肉じゃがなどの煮込み料理を作るのにおすすめ。切った食材と調味料を投入するだけで、味の染み込んだおいしい煮物が作れます。

スロー調理を専門に行う「スロークッカー」という調理家電も存在しますが、加圧調理には対応していません。スロー調理のできる電気圧力鍋を選ぶと、スロークッカーの役割も兼ねられるので便利です。

電気圧力鍋のおすすめメーカー

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

フライパンなどのキッチン用品で親しまれている、フランスに本社を置く家電メーカー。電気圧力鍋は「クックフォーミー」というブランド名で製品をラインナップしています。本体にレシピが内蔵されているのが特徴。画面を操作しながら調理できるので、料理が得意でない方でも簡単に調理できます。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、国内の大手家電メーカーです。機能性と品質の高さが特徴で、低温調理機能に優れていたり、シンプルな作りでお手入れがラクだったりと便利で使いやすいのが魅力です。

コイズミ(KOIZUMI)

By: koizumiseiki.jp

大阪に本社を置く電機メーカー。機能を絞ったシンプルでリーズナブルな製品が特徴で、電気圧力鍋も低価格で使いやすい製品をラインナップしています。はじめて圧力鍋の購入を検討している方におすすめのメーカーです。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

土鍋を使った電気炊飯器など、ユニークなキッチン家電をラインナップしている日本国内のメーカー。電気圧力鍋はデザイン性が高く、コンパクトなモデルを複数ラインナップしています。サイズがコンパクトなので、一人暮らしの方やキッチンが狭い家庭でも使いやすくおすすめです。

電気圧力鍋のおすすめモデル

ティファール(T-fal) マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス 6.0L CY8511JP

ティファール(T-fal) マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス 6.0L CY8511JP

かわいらしい丸みのあるフォルムが印象的な電気圧力鍋。容量6Lと大容量で一度にたっぷりと調理できるため、大人数のファミリーにも対応できます。圧力調理ならではの時短調理が特徴。通常の鍋で1時間20分要する豚の角煮が、約3分の1である26分で完成します。調理に時間をかけたくない、忙しい方におすすめです。

本体に210ものレシピを内蔵しているのもポイント。レシピ本を使用しなくても、さまざまな料理を自動で行えるので毎日の献立を考える際に役立ちます。鍋の内側にはセラミックコーティングを施しており、こびりつきにくく洗いやすいため、お手入れも簡単です。

パナソニック(Panasonic) 電気圧力なべ SR-MP300

パナソニック(Panasonic) 電気圧力なべ SR-MP300

キッチンになじむコンパクトな電気圧力鍋。幅27.8×奥行29.2×高さ27cmとコンパクトな設計なので、キッチンの置き場所に悩んでいる場合におすすめです。コンパクトながら一度に多くの調理ができるのが特徴。カレーなら4~5人分も作れる大容量です。

使い方は調理スタートボタンを押すだけと簡単。通常の圧力鍋と異なり難しい火加減調節も必要なく、時短で調理できるため便利です。7種類の自動メニューにより、無水調理でラタトゥイユを作ったり低温調理で茶碗蒸しを作ったりと、さまざま料理を手軽に楽しめます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気圧力鍋 PC-EMA3

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気圧力鍋 PC-EMA3

容量3Lの電気圧力鍋です。下ごしらえした食材を投入したら調理スタートボタンを押すだけと、掃除や洗濯など家事をしながらでも調理できるため、時間を有効的に使えます。12種類もの自動メニューを搭載しているのがポイント。圧力調理・無水調理・温度調理・低温発酵温度調理など、さまざま調理方法に使えます。

また、予約調理にも対応。外出前に食材をセットし時間設定しておけば、帰宅時にできたてのおいしい料理がすぐに食べられます。分解してすみずみまで洗えるのも特徴で、お手入れの簡単なモデルを探している方におすすめです。

ワンダーシェフ 家庭用マイコン電気圧力鍋 楽ポン OEDC30-R1 310163

ワンダーシェフ 家庭用マイコン電気圧力鍋 楽ポン OEDC30-R1 310163

炊飯やカレーなど8種類のオートメニューキーを搭載した電気圧力鍋。簡単な操作で自動的に調理できるため、時間を節約したい方や機器の操作が苦手な方におすすめです。

加熱開始時間を設定できる予約タイマーに加えて、温め直しに便利な「追加熱キー」を搭載しているのもポイント。さらに、じっくり煮込みたいときに重宝する「とろ火キー」やお粥作りに便利な「お粥キー」を搭載しているなど、使い勝手に優れています。

また、フタがしっかりと閉まっていないと調理を開始しないロック検知機能を搭載しており、安全性に配慮したモデルです。

コイズミ(KOIZUMI) マイコン電気圧力鍋 KSC-3501

コイズミ(KOIZUMI) マイコン電気圧力鍋 KSC-3501

マイコン式の電気圧力鍋です。消費電力600Wと少ない電力で稼働するため、なるべく電気代を少なくしたい方におすすめのモデル。容量は2.5Lでご飯なら3.5合分と、3~4人家族に適しています。5段式の圧力と加熱時間の設定によってさまざまメニューを楽しめるのがポイント。和・洋・中の本格的な煮込み料理を自動・時短で調理できます。

最大19.5時間後に設定できる予約タイマーや、最大12時間保温できる保温タイマーなど機能も充実。また、フタの閉め忘れを防止する機能も搭載しているなど、使い勝手に優れたモデルです。

ショップジャパン プレッシャーキングプロ PKP-NXAM

ショップジャパン プレッシャーキングプロ PKP-NXAM

容量2.4Lの大容量電気圧力鍋で、3~4人分の料理を作るのに最適なモデルです。圧力調理のほか、無水調理・炊飯・煮込み料理・蒸し料理・温め直しの6つの調理に対応。時短でさまざま調理が可能なので、家事や育児で忙しい方におすすめです。

操作は、素材・調理時間・温度をあらかじめ設定したボタンを押すだけと簡単。また、蒸気が外に吹き出さないため、お年寄りや小さな子供のいる家庭でも安全に使用できます。

トーホー(TOHO RELICIA) コンパクト電気圧力鍋 RLC-PC02RF

トーホー(TOHO RELICIA) コンパクト電気圧力鍋 RLC-PC02RF

最大2Lまでの調理が可能な電気圧力鍋です。マイコン式で消費電力はわずか600Wと、電気代を節約できます。リーズナブルな価格ながら充実した機能性が特徴。30分から9時間59分の間で設定できるタイマーを搭載しているほか、各パーツは分解できるためお手入れも簡単です。

コンパクトな本体に大きな液晶画面とボタンを搭載しているのもポイント。ご飯・スープ・お粥・肉類・ケーキと5種類のプリセットも用意されており、加圧時間・温度・圧力などの調節が不要なため、はじめて電気圧力鍋を使用する方にもおすすめのモデルです。

山善(YAMAZEN) 電気圧力鍋 YPCA-M250

山善(YAMAZEN) 電気圧力鍋 YPCA-M250

容量1.6Lとコンパクトなモデルながら、ご飯を一度に約3.5合炊ける電気圧力鍋。一人暮らしで忙しい方でも、一度で1日分のご飯が炊けるため便利です。フタはハンドルをスライドするだけで簡単に開閉でき、開閉時には電子音が流れます。フタは外して丸洗いできるため、お手入れのしやすさを重視する方にもおすすめです。

操作部には見やすい液晶画面を搭載しており、材料を投入して調理ボタンを押すだけのワンタッチ操作で調理可能。機器の操作が苦手な方にもおすすめの電気圧力鍋です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気圧力鍋 煮込み自慢 EL-MB30AM-VD

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気圧力鍋 煮込み自慢 EL-MB30AM-VD

ボタンひとつで開閉できるプッシュ式のフタを採用した電気圧力鍋です。容量1.5Lと1~2人暮らしにおすすめのサイズ。最大12時間保温できる予約タイマーを搭載しており、共働きで忙しい家庭など出勤前にセットしておけば、帰宅後すぐにできたてのご飯を食べられます。

IH式のモデルなので細かい温度調節を自動で行うのもポイント。温度調節の難しいヨーグルトや温泉タマゴなども手軽に作れます。また、ご飯のほかパンや麺をゆでる際にも活躍。自動調理コースを搭載しており、さまざまメニューを手間なく楽しめます。

ブルーノ(BRUNO) 電気圧力鍋 マルチ圧力クッカー BOE058

ブルーノ(BRUNO) 電気圧力鍋 マルチ圧力クッカー BOE058

おしゃれな調理家電で人気のブルーノの電気圧力鍋です。キッチンになじむスタイリッシュなデザインが特徴で、カラーはアイボリーとブラウンの2色から選択できます。

定番メニューをワンタッチで選択できる5種類のプリセットを搭載しており、忙しいときにもう1品作りたいときなどに重宝するモデルです。また、内釜にはフッ素コーティングを施しているほか、フタは取り外し可能。使用後のお手入れが簡単なモデルを探している方にもおすすめです。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-D131

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-D131

さまざま本格的料理が楽しめる電気圧力鍋。圧力調理をはじめ、無水調理・蒸し料理・炊飯・スロー調理・温め直しの6種類のメニューをこなす1台6役のモデルです。マイコン式で消費電力700Wと省電力なのも特徴。毎日の使用で電気代が気になる方におすすめです。

圧力調理モードを搭載しており、細かく圧力時間の設定ができるのがポイント。1秒~60分まで時間設定できるため、メニューによってお好みで調節できます。また、保温機能もついており、調理が終わったら自動で保温。温め直しもできるので便利です。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-A111

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 SP-A111

1~2人用の料理を作る際に最適な容量1.3Lのコンパクトな電気圧力鍋。マイコン式で消費電力700Wと省電力タイプなので、電気代を節約したい方におすすめのモデルです。本体サイズ幅22×奥行26.9×高さ24.9cmと省スペースに設置でき、清潔感ある白のカラーリングはキッチンに違和感なく溶け込みます。

圧力調理をはじめ、無水調理・無水調理・炊飯と4種類の調理方法に対応しているのが特徴。さまざまなメニューを時短で手軽に楽しみたい方にも最適です。また、初心者にも簡単に本格的な料理が楽しめる、55ものレシピを掲載したオリジナルレシピ本が付属しています。

番外編:電気無水鍋のおすすめ

シャープ(SHARP) ヘルシオホットクック KN-HW16D

シャープ(SHARP) ヘルシオホットクック KN-HW16D

電気圧力鍋と違い、圧力は使用せず、食材に含まれる水分を活用して調理する電気無水鍋です。圧力を使用しないため時短料理はできないものの、朝セットして放置しておくだけで使えます。かき混ぜや火加減もすべて自動でコントロールするのも魅力のひとつ。

容量は1.6Lで、1〜2人分の調理に最適。本体サイズは幅36×奥行28×高さ23cmとコンパクトなため、設置場所を取りません。

付属のレシピブックの自動調理メニューは126種類、予約調理メニューも36種類を搭載。また、無線LAN経由でクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続すると、メニューの検索・提案を音声や画面で案内します。

調理履歴からライフスタイルや嗜好にあったメニューを提案したり、メニュー占いや調理ランキングをしたりできるなど、オプション機能も豊富。電気圧力鍋同様に、毎日の調理を手助けする製品です。