短い調理時間で料理ができる「電気圧力鍋」。光熱費の節約にもなり、食事の支度を短時間でできるのがメリットです。ただし、圧力の調節や加熱時間など扱いが難しく、購入をためらっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、簡単に使いやすい電気圧力鍋のおすすめモデルをご紹介します。選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

電気圧力鍋とは?

By: amazon.co.jp

電気圧力鍋は、密閉した鍋を電気で加熱し、鍋内の圧力を上げて調理する仕組み。一般的な圧力鍋は、ガスコンロの直火で加熱するため、火力や加熱時間などの調節が必要です。一方、電気圧力鍋なら、ボタンを押すだけで加熱時間などが自動で調節できます。圧力鍋に初めてチャレンジする方にもおすすめです。

電気圧力鍋と炊飯器の違い

By: amazon.co.jp

内鍋に食材を入れてからフタを密閉するまでの過程は両方とも同じです。密閉後、電気圧力鍋は圧力を高めて調理するのが炊飯器とは異なるポイント。高圧力を活かして、玄米なども簡単に調理できます。

多くの電気圧力鍋には、ご飯が簡単に炊ける機能が搭載されているのも特徴。炊飯器と比べて短時間で炊けるほか、お米がややモチモチした食感になるのでおすすめです。

電気圧力鍋の選び方

サイズ(容量)をチェック

By: irisohyama.co.jp

電気圧力鍋の容量は人数に合わせて、一人暮らしなら1〜2L、複数人分の料理を作るなら2L以上のモデルを選ぶのがおすすめです。人数プラス1Lを目安とする考え方もあるので、参考にしてみてください。

注意しておきたいのが、電気圧力鍋は炊飯器よりも本体サイズが大きい点。容量に比例してサイズも大きくなる場合が多く、思ったより設置スペースを取るおそれがあります。購入前に容量と本体サイズを確かめ、左右と上部にゆとりのある設置スペースを確保しておきましょう。

加熱方式をチェック

マイコン方式

By: amazon.co.jp

マイコン方式の電気圧力鍋は、電熱ヒーターで内鍋を加熱し調理する仕組み。IHタイプと比べて消費電力が少なく、600〜800Wの製品が多数ラインナップされています。電気代をできるだけ抑えたい方におすすめです。

IH方式

By: amazon.co.jp

IH方式の電気圧力鍋は、電磁誘導を利用し、鍋自体を発熱させることで加熱調理を行います。消費電力が大きい1200W程度の製品が主流で、食材をムラなく加熱できるのが魅力です。

マイコン方式と比べて細かい温度調節ができるのもメリット。煮込み料理はもちろん、炊飯にもぴったりです。製品によっては、温度調節機能を利用して、チーズや塩麹、白味噌や甘酒などの発酵食品を作れます。汎用性の高さを重視する方にもおすすめです。

ただし、一般的なコンセントは一口あたり1500Wまでしか使えないのが懸念点。配線においても、手持ちの調理家電との兼ね合いを考慮する必要があります。また、消費電力が大きいため、同時にほかの調理家電を複数使用すると、ブレーカーが落ちるおそれもあるので注意しましょう。

フタの種類をチェック

プッシュ式

By: amazon.co.jp

ボタンを押すだけでフタを開けられるプッシュ式は、片手で開閉ができるため、料理中や盛り付けの際に便利。また、開け方が分かりやすいので、簡単に使えるのがメリットです。

デメリットは、本体からフタを取り外せない製品が多いこと。お手入れに手間がかかりやすい点には、留意しておきましょう。

スライド式

By: amazon.co.jp

フタを左右に動かして開けるスライド式は、フタが取り外せるのでお手入れがスムーズにできます。ただし、片手での開閉が難しいことに加えて、製品によっては開け方が分かりにくいのもデメリットです。

機能をチェック

プリセットメニュー数

By: amazon.co.jp

電気圧力鍋の多くには、材料と調味料を投入し、スイッチを押すだけで料理ができる「プリセットメニュー」を搭載しています。炊飯や煮物などの調理を自動で行えるので、忙しい方にもおすすめです。

タイマー機能付きの製品なら、朝に食材をセットしておき、帰宅の時間に合わせて料理を仕上げることも可能。一部のモデルでは、煮込み料理だけでなく、蒸し料理や発酵料理にも対応しています。パンやヨーグルトなどを作りたい方も、ぜひチェックしてみてください。

プリセットメニューによる自動調理が行えるのは、直火式の圧力鍋にはない、電気圧力鍋ならではの機能です。自動調理機能を使用したい方は、プリセットメニューの数や内容を確認しておきましょう。

保温・あたため直し機能

By: siroca.co.jp

保温機能やあたため直し機能を搭載した電気圧力鍋なら、自動調理で作った料理を好きな時間にあたたかい状態で食べられます。料理の完成から食べるまでに少し時間がある場合も、保温しておけるので便利。翌日に食べる際も、レンジや直火を使わず手軽にあたため直せます。

特に、電気圧力鍋を炊飯器と兼用したい方は、保温機能が搭載された製品を選ぶのがおすすめ。また、あたため直し機能は料理を作り置きする際にも役立つため、ぜひチェックしてみてください。

圧力調節機能

By: amazon.co.jp

圧力調節機能を搭載している電気圧力鍋なら、食材を好みの柔らかさに調理可能。製品によっては、加圧と減圧を交互に行って食材に味を染み込ませたり、一定の圧力をかけて柔らかい食材の食感を残して仕上げたりといった調理もできます。

なお、手軽に使える電気圧力鍋を探している場合は自分で圧力を調節するよりも、自動調理のプリセットメニュー機能を活用するのがおすすめです。

スロー調理

By: amazon.co.jp

「スロー調理」とは、低温で長時間かけて加熱する調理法のことです。通常の鍋を火にかける加熱法で行うのは難しいため、電気圧力鍋ならではの機能として人気。80〜90℃程度の沸騰しない温度でじっくりと加熱し、食材が煮崩れしにくいほか、柔らかく仕上げられます。

おでんや肉じゃがなどの、煮込み料理を作る際にもおすすめ。切った食材と調味料を投入するだけで、味の染み込んだ本格的な煮物が作れます。

タイマー機能

By: rakuten.co.jp

タイマー機能を搭載した電気圧力鍋は、仕事や育児などで忙しい方におすすめ。料理を完成させたい時間にタイマーをセットしておけば、別のメニューを調理しながら、同時進行で食事の支度を進められます。

また、タイマーの性能はモデルによってさまざま。仕上がりの時間を細かく設定できるモノや、数時間間隔で設定できるモノも存在します。自分にとって、使いやすいモノを検討してみてください。

安全機能

ロック機能

By: wonderchef.jp

フタのロック機能は、ほとんどの電気圧力鍋に搭載されていますが、念のため、付いているか確認しておきましょう。圧力がかかった状態でフタが開いてしまうと、トラブルの原因になります。ロックをした状態と、解除された状態を確認しやすいモノが特におすすめです。

マグネット式のコンセント

By: amazon.co.jp

調理中に足などがコードに引っ掛かかると、電気圧力鍋を倒してしまうおそれがあります。トラブルを防ぐためにも、外れやすいマグネット式のコンセントが採用されたモデルを選びたいところ。コードに引っ掛かった弾みで倒れるのを防げるほか、テーブルなど高い場所からの落下対策にもつながります。

ふきこぼれ防止機能

By: amazon.co.jp

調理中に沸騰した煮汁やスープがふきこぼれてしまうと、電気圧力鍋の故障の原因になることもあります。心配な方には、「ふきこぼれ防止機能」を搭載したモデルがおすすめ。忙しいときにも、ほったらかしで調理できるので、非常に便利な機能です。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

電気圧力鍋は、通常の鍋よりもパーツが多いので、お手入れにやや手間がかかるアイテム。一般的に、鍋のフタやパッキン、おもりなどを外して洗う必要があります。

片付けの時間を減らしたい方には、フタを本体から外して丸洗いできるモノなど、お手入れしやすいモデルがおすすめです。

電気圧力鍋のおすすめメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、家電製品や生活用品を企画・製造・販売している日本のメーカーです。同社の電気圧力鍋は、比較的リーズナブルなのが特徴。コンパクトなモデルもラインナップされており、一人暮らしの方におすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは、国内の大手家電メーカーです。機能性と品質の高さが特徴。低温調理機能に優れていたり、シンプルな作りでお手入れがラクだったりと、便利で使いやすいのが魅力です。

シロカ(siroca)

By: amazon.co.jp

土鍋を使った電気炊飯器など、ユニークなキッチン家電を多数発売している日本国内のメーカー。同社の電気圧力鍋はデザイン性が高く、コンパクトなモデルが複数ラインナップされています。一人暮らしの方やキッチンが狭い家庭におすすめです。

ティファール(T-fal)

By: rakuten.co.jp

フライパンなどのキッチン用品で親しまれている、フランスに本社を置く家電メーカー。電気圧力鍋においては、「クックフォーミー」というブランド名で製品がラインナップされています。

同社の電気圧力鍋は、本体にレシピを内蔵しているのが特徴。画面を操作しながら調理できるので、料理が苦手な方でも簡単に調理できます。

電気圧力鍋のおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気圧力鍋 2.2L KPC-MA2

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気圧力鍋 2.2L KPC-MA2

65種類もの「自動メニュー」を搭載した電気圧力鍋です。圧力調理のほか、低温調理や蒸し調理、炊飯や無水調理、発酵などが可能。材料を入れてボタンを押すだけで、料理が完成します。液晶画面で見やすく、調理メニューを簡単に選択できるのも特徴です。

調理容量は2.2Lで、グリル鍋としても活躍します。背が低くテーブルへ置くのにちょうどよいサイズなので、パーティなどにもおすすめです。

また、予約調理に対応しているため、朝出かける前に夕飯の調理をセットすることも可能。さらに、最大12時間自動で保温できるのも魅力です。家族で食事の時間が異なっても、皆があたたかい料理を食べられます。

本製品はフタが取り外せるので、お手入れも簡単です。そのほか、煮沸洗浄する「お手入れモード」を搭載しており、ニオイ残りなどを防げます。モダンなデザインでインテリアとしても映え、コストパフォーマンスのよい製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気圧力鍋 3.0L PC-EMA3-W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気圧力鍋 3.0L PC-EMA3-W

機能性に優れた、コスパのよい電気圧力鍋です。本体価格が安く使いやすいため、エントリーモデルとしてもおすすめ。12種類の「自動メニュー」を搭載しており、圧力調理のほか無水調理・温度調理・低温調理・発酵ができます。

また、予約調理にも対応しているので、できたての朝ご飯を食べたいときにも便利。最大12時間の保温にも対応し、あたたかい状態をキープできます。

本製品は3Lの容量を備えているため、家族と同居している方にもおすすめ。フタやパッキンなどは分解でき、お手入れも簡単にできます。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 スロー調理機能付き SP-4D151

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 スロー調理機能付き SP-4D151

多機能でデザイン性に優れた電気圧力鍋です。圧力調理のほか、無水調理・蒸し調理・炊飯・スロー調理に対応。肉じゃがなどをじっくり調理したい方にもおすすめです。あたため直しもでき、完成から時間が経ってもあたたかい料理を食べられます。

圧力をかける時間が自由に設定できるのも魅力。角煮などを好みの柔らかさに煮込めます。また、調理後は自動で保温されるので、家族で食事の時間が異なる家庭にもぴったりです。

また、調理容量が2.6Lで予備容量が4Lと、大容量なのもポイント。パーティなど、大人数での食事にも役立ちます。

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 スロー調理機能なし SP-D131

シロカ(siroca) 電気圧力鍋 スロー調理機能なし SP-D131

一人暮らしの方におすすめの電気圧力鍋です。調理容量が1.3Lで、本体サイズは幅約22cmとコンパクト。狭いキッチンにも設置しやすいサイズです。

スタイリッシュなデザインでカラーラインナップも豊富なため、インテリア性を重視する方にもおすすめ。ワンルームなどにも適しています。

コンパクトながら機能面でも充実しており、圧力調理・無水調理・蒸し調理・炊飯・スロー調理が可能。また、8つのプリセットメニューを備え、カレーや肉じゃがなどを簡単に調理可能です。あたため直しにも対応しているので、好きな時間にあたたかい料理を食べられます。

ティファール(T-fal) クックフォーミー エクスプレス 210レシピ内蔵 CY8521JP

ティファール(T-fal) クックフォーミー エクスプレス 210レシピ内蔵 CY8521JP

料理の幅を広げたい方におすすめの電気圧力鍋です。炒め物や煮込み料理、蒸し料理や無水料理などを含む、210のレシピを内蔵。多彩なレシピで、每日の献立を作るのにも役立ちます。

6Lの大容量を備えているのも魅力。炊飯は10合まで、料理は6人分まで調理できます。家族の人数が多い方にもおすすめです。さらに、使用後のお手入れも簡単。鍋の内側にはセラミックコーティングが施されているため、汚れを簡単に落とせます。ニオイ移りもしにくいので、煮込み料理などにもぴったりです。

本体サイズは幅約38cmとやや大きめですが、モダンなデザインでインテリア家電としても映えます。そのほか、前面に搭載されたカラーの液晶画面は見やすく、操作も簡単です。

パナソニック(Panasonic) 電気圧力なべ SR-MP300

パナソニック(Panasonic) 電気圧力なべ SR-MP300

圧力調理のほか、低温調理・煮込み・炊飯・無水調理に対応した電気圧力鍋です。調理容量は2Lで、一人暮らしの方におすすめ。本体サイズが幅29.2×奥行き27.8×高さ27cmと比較的コンパクトなので、キッチンにも省スペースで設置できます。

自動調理機能を搭載しているのもポイント。カレーなど7種類のメニューを内蔵しています。「ヘルシースープコース」を利用すれば、ミネストローネなどのスープを手軽に調理可能。また、自動調理の一部は予約と保温に対応しており、好きな時間にあたたかい料理を食べられます。

さらに、「ふた開閉検知機能」や「温度過昇防止機能」を搭載しているのも魅力。安全性に配慮しながら使用可能です。鍋の内側にフッ素加工が施されているため、お手入れも簡単にできます。

ワンダーシェフ(Wonder chef) 家庭用マイコン電気圧力鍋 楽ポン OEDC30

ワンダーシェフ(Wonder chef) 家庭用マイコン電気圧力鍋 楽ポン OEDC30

便利な予約タイマー機能を備えた電気圧力鍋です。朝食や夕食に合わせて設定可能。「お好みキー」で加圧時間の設定もできるため、好みの柔らかさに調理できます。

最大調理容量は約2Lで、一人暮らしの方にもおすすめ。また、8種類のオートメニューを内蔵し、スロー調理や蒸し調理にも対応しているので、料理の幅も広がります。

調理後に自動で保温されるのも魅力。さらに、「追加熱キー」が備わっているので、あたため直しや加熱時間の追加も手軽にできます。

「非ロック時の加熱防止機能」に対応しているのもポイント。ロック時のみ調理を開始する仕様のため、安心して使えます。そのほか、フタなどを取り外せるので、お手入れも簡単。鍋の内側には全面フッ素樹脂の「ノンステイック加工」が施されており、汚れも簡単に落とせます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 自動圧力IHなべ EL-MB30

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 自動圧力IHなべ EL-MB30

食材に味を染み込ませられる電気圧力鍋。加圧と減圧をくり返す「可変圧力」により、少ない出汁でもしっかり調理できます。手羽先や角煮など、分厚い肉の調理にもおすすめです。

本製品はIH方式を採用しており、40~100℃の範囲で10℃刻みの細かい温度調節ができます。また、無水調理や発酵、蒸し調理、煮込み調理などにも対応。付属のレシピブックに掲載された150のメニューから、食べたい料理を選んで調理できます。

さらに、予約調理もできるので、夕食や朝食の仕込みに便利。最大12時間の保温機能も搭載されており、帰宅時間が遅くなってもあたたかいご飯を食べられます。

内鍋はフッ素加工済みで、「クリーニング」機能を使えばニオイ残りが抑えられるのも魅力。そのほか、電気圧力鍋のなかでは珍しいプッシュ式のフタを採用しているため、開け閉めしやすく炊飯器のように扱えます。

コイズミ(KOIZUMI) マイコン電気圧力鍋 KSC-4501

コイズミ(KOIZUMI) マイコン電気圧力鍋 KSC-4501

ダイヤル操作で使いやすい電気圧力鍋。価格が比較的安く、機能が充実しているので、エントリーモデルとしておすすめです。消費電力が700Wに抑えられているため、電気代も節約できます。

本製品には、煮込み調理や炊飯など、6種類の自動メニューを内蔵。また、手動メニューも付属のレシピブックに55種類掲載されており、簡単に料理のレパートリーを増やせます。

5段階の圧力調節に対応し、肉の厚さや料理に合わせて圧力を変更できるのも魅力です。さらに、予約機能や最大12時間の保温機能を搭載。調理後に時間が経っても、あたたかいご飯を食べられます。

調理容量は約2Lで、一人暮らしの方にもおすすめです。そのほか、締め忘れを通知するブザーなどの安全機能も搭載しており、さまざまな調理を手軽に楽しめます。

ショップジャパン(Shop Japan) クッキングプロ 電気圧力鍋 CKP-AM01

ショップジャパン(Shop Japan) クッキングプロ 電気圧力鍋 CKP-AM01

圧力調理のほか、煮込み調理・炊飯・無水調理・蒸し調理・スロー調理・炒め調理に対応した電気圧力鍋。100以上のレシピを掲載した、専用レシピブックが付属しています。料理のレパートリーを増やしたい方におすすめの製品です。

本体のメニューボタンにはイラストが描かれており、直感的に操作可能。調理後は自動で保温するため、時間が経ってもアツアツの状態をキープします。

また、タイマー機能が搭載されているので、夕食や朝食の仕込みにも便利。あたため直し機能も備わっており、家族で食事の時間が異なる家庭にも適しています。

カレーなどを最大約6人分調理できるのも魅力。大容量ながら、本体サイズが幅約28.5cmとコンパクトなため、キッチンに省スペースで設置できます。本体価格もリーズナブルで、プレゼントやエントリーモデルとしても人気です。

山善(YAMAZEN) 電気圧力鍋 YPCA-M250

山善(YAMAZEN) 電気圧力鍋 YPCA-M250

リーズナブルな価格で、エントリーモデルとしておすすめの電気圧力鍋です。炊飯・玄米・カレー・肉じゃが・角煮が作れるオートメニューを搭載。レシピブックも付属しており、さまざまな料理を作れます。

また、圧力調節ができるので、煮込み料理などの柔らかさを調節する際にも便利。予約設定にも対応し、帰宅時間に合わせてあたたかい料理が食べられます。

本製品の調理容量は約1.6Lで、一人暮らしの方にぴったり。本体サイズが小さめのため、スマートに置いておけます。さらに、パーツが細かく分解できるので、お手入れも簡単です。

エムケー精工 ヘルシーマルチポット EA-130K

エムケー精工 ヘルシーマルチポット EA-130K

リーズナブルな価格の電気圧力鍋です。圧力調理・炊飯・スロー調理・蒸し調理・甘酒・発酵調理に対応。さまざまなメニューを簡単に調理できます。

なかでも、発酵メニューは30・35・40・45°の4段階で温度を設定可能。納豆やヨーグルトなど、食材に適した温度で調理できます。

本製品の調理容量は約2Lで、一人暮らしの方にぴったりのサイズ。保温やあたため直しにも対応しているため、帰りが遅くなったときも、あたたかい料理を楽しめます。

フタや鍋は取り外せるので、お手入れも簡単。鍋にはフッ素加工が施されており、ニオイ残りを軽減できます。本体価格が安いため、コストをかけずに料理のレパートリーを増やしたい方や、調理時間を短縮したい方におすすめです。

クイジナート(Cuisinart) 電気圧力なべ CPC-400KJ

クイジナート(Cuisinart) 電気圧力なべ CPC-400KJ

業務用機器を多く取り扱う、大手キッチン家電メーカー「クイジナート」の電気圧力鍋です。満水容量は4Lで、調理容量が2.6Lの大容量モデル。シンプルな機能のみを搭載しているため、機械の操作が苦手な方にもおすすめです。

本製品に搭載されたモードは、高圧力・低圧力・強火・弱火・煮込み・保温の6種類。焼き色を付けたいときやしっかり煮込みたいときなど、料理や使用シーンに合わせて調節できます。

調理後は自動で保温モードになるのも魅力。調理後に時間が経過しても、あたたかさをキープします。最大24時間まで保温でき、好きな時間にあたたかい料理を楽しめるのがポイントです。

本体は幅33cmとやや大きめですが、複数人でのパーティでも活躍するサイズ。大型モデルのなかでは価格が安く、電気圧力鍋を初めて使う方にもぴったりです。

ライソン(LITHON) 万能電気圧力鍋 KLPT-02AB

ライソン(LITHON) 万能電気圧力鍋 KLPT-02AB

料理が好きな方におすすめの、多機能な電気圧力鍋です。調理容量は1.3Lで、一人暮らしにぴったりのサイズ。圧力調理のほか、電気圧力鍋には珍しい、低温調理やチーズフォンデュ、ヨーグルトなどにも対応しています。

また、あたため直し機能を備えているため、帰宅が遅くなった際にも便利。調理から時間が経った料理も、あたたかい状態で食べられます。

本体サイズは幅約23cmとやや大きめながら、下部にボタンを配置したスマートなデザインで、インテリア家電としてもおすすめです。多機能かつ価格が抑えられているので、エントリーモデルとしても適しています。

ブルーノ(BRUNO) マルチ圧力クッカー BOE058

ブルーノ(BRUNO) マルチ圧力クッカー BOE058

キッチンに馴染みやすい、おしゃれなデザインが魅力的な電気圧力鍋です。一人暮らしの方に適した、調理容量1.5Lのコンパクトサイズ。インテリア性を重視する方にもおすすめです。

本製品には「ワンタッチメニューモード」が搭載されており、ごはん・スープ・カレー・煮込み・肉じゃがといった5種類の基本料理をワンタッチで調理できます。簡単に操作でき、圧力鍋が初めての方でも使いやすい設計です。

また、加圧時間を1分単位で設定できる「マニュアルモード」や、じっくり煮込んで味が染み込む「スロー調整モード」などを搭載しているのも魅力。本格的な調理でも活躍します。

さらに、最大12時間の保温機能が備わっているので、調理から時間が経ってもあたたかさをしっかりキープ。あたため機能も搭載しており、好きな時間にあたたかい料理が楽しめます。

番外編:電気無水鍋のおすすめ

シャープ(SHARP) ヘルシオホットクック KN-HW16D

シャープ(SHARP) ヘルシオホットクック KN-HW16D

食材に含まれる水分を活用して調理する電気無水鍋です。圧力を使用しないため時短はできないものの、朝セットして放置するだけで調理できます。かき混ぜや火加減をすべて自動でコントロールするのも、魅力のひとつです。

容量は1.6Lで、1〜2人分の調理にぴったり。本体サイズは幅36×奥行28×高さ23cm程度とコンパクトなので、設置場所を取りません。

付属のレシピブックに掲載されている自動調理メニューは126種類、手動調理メニューは19種類。また、無線LAN経由でクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続すれば、メニューの検索や提案を音声と画面で案内します。

さらに、調理履歴からおすすめのメニューを提案したり、メニュー占いや調理ランキングを表示したり、オプション機能が豊富しているのもポイント。電気圧力鍋と同様に、毎日の調理をサポートするおすすめ製品です。