買い置きする際に便利な「小型冷凍庫」。サブの冷凍庫として1台あるだけで、さまざまな食品を長期的にストックできます。しかし、各メーカーによって単一の食品を冷凍するのに適したモノや、静音性に優れたモノなどさまざまな冷凍庫があるため、どれを選べばいいか迷ってしまいがち。

そこで今回は、おすすめの小型冷凍庫をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分に合った製品を見つけてみてください。

小型冷凍庫のメリット

By: amazon.co.jp

「冷蔵庫の冷凍室がもう少し大きかったらいいのに」と思っても、簡単に買い替えられないもの。そんなときにおすすめなのが小型冷凍庫です。肉や魚が安い日に多めに買ったり、お弁当用の冷凍食品を買いだめしたりしても、サブとして小型冷蔵庫があることで安心して買い物ができます。

キッチン以外の場所に冷凍庫が欲しい方にも小型冷凍庫がおすすめ。事務所や作業場に置いて氷やアイスを入れておけば暑い日に重宝します。食品とは一緒に保管したくない釣り用のエサなど、専用冷凍庫として使うのにも便利です。

小型冷凍庫の選び方

容量をチェック

冷凍庫は隙間なく詰め込まれているほうが節電できるため、日々使用する食材をぴったり納められるモノがおすすめです。ただし、保存する食品の容量が日や月によって増減する場合は、少しだけ容量に余裕をもたせて選びましょう。

また、容量の大きなモノほどサイズも大きくなります。必要な容量と設置スペースとの兼ね合いを見て選ぶのがおすすめです。

冷却方法をチェック

直冷式

By: amazon.co.jp

直冷式とは、冷凍庫内に冷却器を設置して内部を冷やす方式です。庫内を直接冷やすため、よりしっかりと冷やせるのがメリット。氷を作りたい方にも直冷式がおすすめです。

ただし、冷凍庫内に入った水分も凍りやすいことから霜が発生しやすく、定期的に霜取りをする必要があるので留意しておきましょう。

ファン式

By: amazon.co.jp

ファン式とは、冷風をファンで送り込んで冷やす方式です。直冷式のように霜が発生しないため、定期的に霜取りをする必要がありません。霜取りの手間を省きたい方におすすめです。

ただ、ファン式の冷凍庫は直冷式よりも比較的高価なのが難点。霜取りにかかる手間や時間と製品の価格を考慮して選んでみてください。

開き方をチェック

前開き型

ハンドルを引っ張って開けるタイプの冷凍庫。高さがあるモデルや、比較的容量の大きな冷凍庫に採用されています。前開き型のメリットは、開けたときに庫内全体を見渡せること。また、前開きの冷凍庫は天板の上にモノを載せられるため、電子レンジやトースターなどを置いてスペースを有効活用できます。

前開きの冷凍庫には、右開きと左開きの製品があるので要注意。基本的には設置場所の動線を妨げないよう、左側に壁がある場合は左開きのモノを、右側に壁がある場合は右開きのモノを選ぶのがおすすめです。

上開き型(チェスト型)

By: amazon.co.jp

上開き型は、上部にドアが付いているタイプで、背の低い冷凍庫でも取り出しやすいのが特徴。また、冷気は下へ逃げる傾向にあるため、扉を開けても庫内の温度が上がりにくく、節電効果が期待できます。

ただし、容量の大きな冷凍庫で上開き型が採用されている場合、食品を上に積み重ねていくので、底にある食品ほど取り出しにくくなります。上開き型の冷凍庫は、使う機会の少ない食品を長期保存したいときにおすすめです。

冷却温度をチェック

By: amazon.co.jp

冷凍庫の温度は、-20~-18℃が適切な温度です。暑いなかでも食品を新鮮なまま保存できる、冷却温度の低い冷凍庫を選びましょう。ただし、冷凍庫内の温度は設置場所で影響を受けやすいため注意が必要です。壁にぴったり付けておくと熱が放出されず、冷凍庫内の温度が上がってしまいます。

そのため、冷却温度をチェックすると同時に、設置場所と冷凍庫のサイズを確認しておきましょう。壁から5~10cmほど離して設置できるモノがおすすめです。

省エネ性能をチェック

By: amazon.co.jp

冷凍庫は基本的には通電させたまま使用する家電なので、電気代を抑えたい方は省エネ性能の高い冷凍庫がおすすめ。省エネ性能を確かめるためには、星の数で表された省エネ基準達成率に注目しましょう。星が5つ付いている省エネ基準達成率100%以上のモノなら、ランニングコストを抑えられておすすめです。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

冷凍庫を寝室やリビングなどの生活空間に近い場所へ置く場合は、静音性に注目して選びましょう。静音性の高い冷凍庫なら、稼働音を気にせず過ごせます。なお、静音機能に優れたモノほど高価な傾向にあるので注意が必要。自分に必要な機能かどうかを考慮して選ぶようにしましょう。

機能・設備をチェック

温度調節

By: amazon.co.jp

温度調節機能の幅が広いモノなら、シーンに合わせて適切な温度で冷却できます。例えば、肉や野菜を冷凍することが多い方であれば、冷却温度を少し上げれば冷凍焼けを軽減させることが可能です。

また、調理ですぐに使用する食材を保管する用途で使う方であれば、冷却温度をさらに上げて、解凍しやすいようにしておけます。生の食材を冷凍して保存する場合は、温度調節機能付きのモノをチェックしてみてください。

急速冷凍機能

急速冷凍機能は冷凍庫内の温度を素早く下げる機能。買ってきた食材の劣化を抑えて冷凍保存できるほか、氷を早く作りたいときなどにも便利です。冷凍技術は各メーカーによって異なり、「ショックフリーザー」や「スパイラルフリーザー」とも呼ばれます。ただし、食品によっては一気に温度を下げすぎると味を損なう場合もあるので注意が必要です。

耐熱トップテーブル

By: amazon.co.jp

耐熱トップテーブルは、冷凍庫の上に電子レンジやトースターを置きたい方におすすめです。背の低い冷凍庫の上部にさまざまなモノを置けるため、狭いスペースも有効活用できます。

なお、耐熱性能は製品によって異なるので留意しておきましょう。鍋物やトースターなど、温度が高くなるモノを置きたい場合は、100℃程度の耐熱性能を備えたモデルがおすすめです。

家庭用小型冷凍庫のおすすめモデル

TOHOTAIYO 冷凍庫 32L TH-32LF

ダークウッドのおしゃれなデザインが魅力の小型冷凍庫。本体サイズが幅47.4×奥行44.7×高さ49.6cmとコンパクトなので、部屋の空きスペースにすっきりと置けます。耐熱天板を搭載しており、トースターや電子レンジが置けるのもポイントです。

庫内の温度が7段階で調節できるため、冷凍する食品の状態や量に合わせて温度を切り替えられます。庫内の仕切り棚を取り外して大きな食品を冷凍することも可能。また、本体下部には調節脚があり、冷凍庫の左右の高さを変えて水平に保てます。

製氷皿と霜取り用ヘラも付属しているため便利。色違いでシルバーとホワイトもラインナップされているので、インテリアに合わせて選んでみてください。

A-Stage 1ドア冷凍庫 32L WRE-F1032SL

ネジを付け替えることで、ドアの開き方を左右の好きな方に替えられる直冷式の冷凍庫。置き場所に合わせて動線を考えながら設置できるので、邪魔にならずに快適に使えます。また、おしゃれなデザインで価格も安いため、オフィスや事務所用の冷凍庫として取り入れるのもおすすめです。

温度調節ダイヤルを備えているので、食品の量や室温に合わせて温度を切り替えることが可能。仕切り棚は取り外してきれいに洗えるため、汚れても安心です。

仕切り棚を外して背の高い食品を冷凍できるのもポイント。さらに、霜取り用ヘラも付属しており、お手入れも簡単にできます。運転音が25dBと静かで、音が気になりにくいおすすめのモデルです。

アレジア(ALLEGiA) 小型冷凍庫 41L AR-BD43

部屋の狭い空きスペースに冷凍庫を置きたい方におすすめのモデルです。上開きタイプのスリムなボディで場所を取らずに設置できるのが特徴。上部の扉はスライドなので、吊り棚などの下に置いてもスムーズに冷凍食品を取り出せます。

本体正面にあるツマミで冷凍温度を7段階で調節できるため、冷凍食品の量に合わせて切り替えできます。本体容量は41Lで、冷凍食品やアイスに加えてご飯も冷凍できて便利です。また、霜取り用のヘラを使えば手入れも簡単にできます。

グランドライン(Grand-Line) 冷凍庫 60L ARE-F60

個性的でおしゃれなデザインのモノを探している方におすすめの冷凍庫。デザイン性の高いハンドルが付いており、レトロな雰囲気を感じさせます。

庫内は引き出し式のバスケットトレーで区切られており、食品の大きさや種類ごとに分別して保管できるのもポイント。また、運転音が25dBと小さくて静かなのも魅力です。見た目にもこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 冷凍庫 60L IUSD-6A

冷凍ご飯や冷凍食品などを保管したい方に適した容量60Lの冷凍庫。庫内は3つのバスケットに区切られており、食品の種類ごとに分けて保管できるので便利です。本体上部には耐熱温度100℃の耐熱トップテーブルを採用しており、約30kgまでの電子レンジやトースターを置いて使用できます。

比較的リーズナブルな価格も魅力。一人暮らしのワンルームに冷凍庫が欲しい方にもおすすめです。また、5段階で温度調節ができるため、食品の量や季節によって合わせて調節可能。さらに、運転音が約26dBと静かで、夜間でも音が気になりにくいのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 冷凍庫 85L IUSD-9A

シンプルなデザインを採用している冷凍庫です。天板が耐熱100℃、対荷重30kgのトップテーブルを採用。電子レンジやトースターを設置できるので便利です。

前開き式の扉を開けると4段の引き出しケースがあり、食品を種類ごとに分けて保管することが可能。最下段の引き出しは深めで、背の高い食品を冷凍できます。

3段階で温度調節できるのもポイント。静音設計で運転音が26dBと静かなため、ワンルームのリビングや寝室に置いて音が気になりにくいのも魅力です。また、背面には市販の転倒防止ベルトを取り付けられるフックも付いているなど、安全面にも配慮されています。

アレジア(ALLEGiA) 冷凍庫 107L AR-BD120

冷凍食品をきれいに整理して保管できるモノを探している方におすすめの冷凍庫です。本製品は高さが約125cmあるスリムタイプで、庫内には引き出し式の冷凍ボックスを4つ備えているのが特徴。ごちゃごちゃしがちな冷凍食品をきれいに並べて保管できます。

ファン式で自動霜取り機能が付いているため、面倒な手入れの必要がなく快適に使えるのもポイント。耐熱温度100℃の天板を採用しており、電子レンジやトースターを置いて使用できます。

温度調節は7段階で可能。また、冷凍ボックスとアイスボックスは取り外して洗えるので、常に清潔な状態を保てます。さらに、省エネ基準達成率は約125%で、経済的なのも魅力です。

ハイアール(Haier) 冷凍庫 120L JF-WND120A

冷凍スペースが上下2段あり、上段が上開きで下段が引き出し式になっている冷凍庫。肉や魚を上段に保管し、アイスやご飯などを下段に保管すれば、気になるニオイ移りの問題を解消できます。

上段は冷蔵モードに切り替えることが可能で、かさばりやすいお米や野菜を保管することも可能。また、小物の整理に便利な引っかけバスケットが付属しており、アイスや冷凍ご飯などの小物を整理するのにも役立ちます。

上段の容量は72L、下段は48L。冷凍庫としてはもちろん、サブの冷凍庫としても使用可能。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷凍庫 121L MF-U12D

肉や魚などの生鮮食品を買いだめして冷凍する方におすすめの冷凍庫。本製品は急冷ボタンを搭載しており、食品を素早く凍らせることで鮮度を保てるのがポイントです。最上段にはアルミトレイがあり、食品をすばやく冷凍することが可能。ドアにはポケットが1つ付いているため、小さめの食品も整理して保管できます。

耐熱約100℃のトップテーブルを備えており、電子レンジやオーブントースターを置いて使用できるのも魅力。キッチンが狭くてもスペースを有効活用できます。

また、ファン式の冷凍庫で自動霜取機能を搭載しているため、面倒な手入れは不要なのもポイント。庫内は5段に分かれており、4つの引き出し式ボックスが付いているので、食品を整然と並べて保管できます。

ハイアール(Haier) 冷凍庫 138L JF-NUF138B

3~4人家族で便利に使える容量138Lの冷凍庫。4つの引き出し式ボックスに冷凍食品を種類ごとに分けて、たっぷりと保管できるので便利です。また、急速冷凍機能を使えば、刺身や肉などの鮮度を落とさずに素早く冷凍できます。

ドアにポケットが1つ付いており、小物の整理に便利。さらに、本体前面のタッチパネルで5段階に温度調節ができるのもポイントです。

LED庫内灯を搭載しており、夜間でも冷凍食品を素早く取り出すことが可能。天板は耐熱仕様で、電子レンジやトースターも設置できるおすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) 冷凍庫 167L FJ-HS17X

容量167Lありながら、サイズが幅57.5×奥行55×高さ143.5cmとスリムな冷凍庫。冷凍食品はもちろん、塊肉や大きな魚などもそのまま冷凍できます。

庫内には6段の引き出し式ケースがあり、食品を分別して保管できるのもポイント。また、省エネ性も高く、電気代にも配慮されたモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。