製品数が年々増加している「テレビ」。4K画質対応モデルはもちろん、高画質な有機ELパネルを搭載したモデルも各メーカーからラインナップされています。一般的に、テレビは大型モデルになるほど性能の差を感じやすい家電。画質を特に重視する方は、50インチ以上のモデルから高画質なモノを選ぶのがおすすめです。

そこで今回は、50インチ以上の大型テレビのおすすめモデルをピックアップ。買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

大型テレビの選び方

大画面視聴には「4Kテレビ」がおすすめ

By: sony.jp

「4Kテレビ」とは、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つテレビのこと。従来のテレビでは表現しきれなかったディテールや質感をリアルに再現できます。4K非対応の大型テレビでは画像の粗が目立ってしまう場合もあるので、快適に視聴するためにも4Kテレビを選ぶのがおすすめです。

なお、4Kテレビは発売当初こそ高額だったものの、最近は5~10万円ほどで購入できる格安の4Kテレビも存在します。大手国内家電メーカーや海外ブランドだけでなく、さまざまな企業から多数ラインナップされているため、購入を検討している方はチェックしてみてください。

パネルの種類をチェック

サイズに対して安価な「液晶テレビ」

By: amazon.co.jp

「液晶テレビ」は、内蔵されたバックライトの光を液晶パネルがコントロールすることで画面に映像を表示する仕組み。以前まで主流だったプラズマテレビに比べて画面は明るく、消費電力を軽減できるのが特徴です。

ただし、バックライトが常に点灯しているため、画面上の黒色や陰影の表現はやや苦手な傾向があります。また、画像の書き替え(応答速度)が比較的遅いモデルは、映像の滑らかさに欠けるのが懸念点。特に、ゲームやスポーツなどの激しい動きが伴うシーンでは、残像感やボヤけた印象を受ける恐れがあります。

なお、液晶テレビは有機ELテレビより比較的安価なのがメリットです。用途や予算を踏まえて検討してみてください。

黒の発色に優れた「有機ELテレビ」

By: amazon.co.jp

「有機ELテレビ」とは、LGエレクトロニクスなどが提供する「有機ELパネル」を搭載したテレビのこと。バックライトではなく、有機物を発光させて明るさをコントロールする技術が採用されています。液晶パネルと比べて「黒」の発色がよいので、メリハリのある映像を楽しめるのがメリットです。

また、従来の大型テレビよりも残像が少ないため、スピード感のある映像を視聴する際は特にクオリティの違いを感じられます。ただし、ほとんどの有機ELテレビは高額である点には留意しておきましょう。

サイズをチェック

By: sony.jp

テレビを観る際は、画面サイズに合った視聴距離をとることが推奨されています。現在の主流となっている4Kテレビにおける適正視聴距離は、画面の高さの約1.5倍といわれており、フルHDテレビの視聴距離の半分程度が目安です。

例えば4Kテレビの50~55インチモデルなら、視聴距離は約1m前後で、8畳ほどの部屋に向いています。60インチであれば約1.1mで10畳程度、65インチは約1.4mで12畳程度が目安です。なお、テレビが大型になるほど、必要となる設置スペースも広がるので、購入前に設置場所を確認しておきましょう。

重量をチェック

By: sony.jp

大型テレビを選ぶ際は重量もしっかりチェックしておきましょう。テレビはサイズが大きくなるほど重量も増えるので、テレビ台や壁掛け用金具の耐荷重を確認することが重要。また、重量があるテレビは倒れた際に危険なため、地震などの災害時に備えて、耐震器具を取り付けるなどの工夫が必要です。

なお、一般的に液晶パネルより有機ELパネルのほうが構造上薄型なので、重量は軽い傾向にあります。

VOD対応の有無をチェック

「VOD」とはビデオ・オン・デマンドの略で、インターネット経由で映像コンテンツを提供するサービスのことです。「Netflix」や「Amazonプライム・ビデオ」「dTV」のように月額固定料金で視聴できるサービスのほか、「4Kアクトビラ」のようにコンテンツごとに課金して楽しめるサービスもあります。

現在の大型テレビは、多くのモデルがVOD対応済み。なお、メーカーや機種ごとに対応するVODサービスの数は異なるので、気になる方は確認しておきましょう。

新4K・8K衛星放送をすぐ見るなら「4Kチューナー内蔵モデル」がおすすめ

By: rakuten.co.jp

2018年12月1日から4Kおよび8Kの実用放送(BS/CS)が開始されています。現在ラインナップされている4Kテレビには、4K放送受信に必要な「BS/CS 4Kチューナー」を内蔵したモデルも多く存在しますが、内蔵されていないモデルの場合は、別途外付けの4Kチューナーが必要となるので注意しましょう。

また、スムーズに4K実用放送を楽しみたい方には、今後ラインナップが増えると予想されている「4Kチューナー内蔵テレビ」がおすすめ。例えば、東芝の4Kチューナー内蔵テレビの場合、同社から送られてくる「BS/CS 4K視聴チップ」を挿すことで新4K放送を視聴できます。

なお、BS放送を受信している方は、新4K放送の無料番組を視聴可能です。ただし、築年数が10年を超えるマンションなどはBSアンテナの設備が古く、すべての新4K無料放送を受信できないケースも考えられるため留意しておきましょう。

大型テレビのおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

REGZA(レグザ)シリーズを展開する「東芝」。高性能の映像処理エンジン「レグザエンジン」による高画質が魅力のほか、遅延の少ない「ゲームモード」や、予約録画なしで好きな時間に番組を視聴できる「タイムシフトマシン」にも定評があります。

なお、テレビ事業を担当する「東芝映像ソリューション株式会社」は、2018年に中国の電機メーカーである「ハイセンス」へ譲渡されましたが、東芝ブランドの開発・販売・修理は継続。高い技術と培ってきたノウハウが注ぎ込まれたテレビを多数ラインナップしています。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズが有名な「ソニー」。薄型化技術と軽量化技術に優れているのが特徴です。独自の超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したモデルは、画質面においても高品質な映像を提供します。

また、オーディオメーカーとして培った技術を駆使した、高音質なサウンドもポイント。迫力ある視聴環境を求める方におすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

VIERA(ビエラ)シリーズで有名な「パナソニック」。プラズマテレビで培った色再現技術「カラーリマスター」と、独自のカラーマネジメント回路で構成された「ヘキサクロマドライブ」を搭載した高画質が魅力です。

ネットワーク関連の機能が充実しているのも特徴。録画した番組をスマホやタブレットでもスムーズに見たい方は要チェックです。また、同社のBDレコーダーとの連携も良好。使いやすさにも配慮されており、幅広い年代のユーザーから人気のメーカーです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: rakuten.co.jp

韓国の「LGエレクトロニクス」は有機ELテレビのパネルを自社生産しているほか、他社にも供給しているのが特徴。リーズナブルな価格帯の製品が多数販売されています。

国内大手メーカーのモデルに比べて機能はシンプルですが、製品ラインナップが豊富なのもポイント。コスパのよい有機ELテレビを求めている方は、ぜひ検討してみてください。

大型テレビおすすめモデル|50インチ以上

東芝(TOSHIBA) REGZA 55X9400

地デジだけでなく、4K番組やネット動画も美しい高画質で視聴できる、独自の高画質映像処理エンジン「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を搭載した大型テレビ。映像のジャンルごとに画質特性をクラウドから取得し、あらゆるコンテンツを高精細でリアルな映像へ処理します。

また、最大出力142Wのパワーアンプを搭載した「レグザパワーオーディオX-PRO」を採用。迫力ある重低音を再現します。

さらに、見逃した番組をあとから視聴できる録画機能「タイムシフトマシン」に対応しているのもポイント。高画質・高音質を兼ね備え、録画機能にも優れたおすすめモデルです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-55X9500H

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載した55インチの大型テレビ。4Kに対応していない映像も含め、さまざまな映像を鮮明な画質で楽しめるのが特徴です。直下型LED部分駆動により、暗いシーンでも奥行き感や細部まで美しく表現できます。

また、独自の音響技術「アコースティック マルチオーディオ」を採用。画面下部にフルレンジスピーカー、画面上部にサウンドポジショニング トゥイーターを搭載し、高い定位感を実現しています。映像と一体感のあるサウンドを楽しめるのがメリットです。

さらに、「Android TV」に対応しており、多くのVODサービスを利用できるのも魅力のひとつ。倍速駆動パネルを搭載しているので、スピード感のある映像を視聴したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55HZ2000

高コントラストな映像を高いレベルで再現し、漆黒からまばゆい輝きまで映し出せる、独自の有機ELディスプレイを採用した大型テレビです。その場で観ているかのような、自然かつ美しい映像表現を実現。臨場感をたっぷり楽しめます。

スピーカーには音を天井に反射させる「イネーブルドスピーカー」を採用。立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しているので、迫力のあるサウンドを体感できます。

視聴位置に合わせて自由に角度を変えられる「スイーベル機構」を搭載。背面のケーブルを抜き差しするときや、掃除のときに便利です。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55HZ1000

高コントラストな映像を実現する「AI HDRリマスター」を採用した大型テレビです。独自のパネル制御技術「Dot Contrastパネルコントローラー」を搭載。明暗部のコントラスト表現を強化し、暗いシーンが多い映像も快適に視聴できます。

「転倒防止スタンド」も付属しており、地震などの災害時でも倒れにくい安心設計。安全面から大型テレビを置くのが不安な方は、ぜひチェックしてみてください。

また、豊富なVODサービスに対応しているのも魅力のひとつ。テレビ番組やネット動画などを、高画質で視聴したい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) VIERA TH-55HX950

BS4K・110°CS4Kチューナーを内蔵した55インチの大型テレビ。ダブルチューナーなので、別売りの外付けハードディスクを取り付ければ、新4K衛生放送の裏番組録画も可能です。また、独自設計の「プレミアム液晶ディスプレイ」を採用。液晶ながら、高コントラストの美しい映像を再現できるのも特徴です。

さらに、音を天井に反射させる「イネーブルドスピーカー」を搭載しており、映画館などで採用されている「Dolby Atmos」にも対応。音に包まれる迫力の立体音響を体感できます。

スイーベル機能を搭載しており、視聴位置に合わせて画面の向きを変えられるのもポイント。画質、音質ともに妥協したくない方におすすめの大型テレビです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 55NANO91JNA

有機ELテレビにも採用されている高性能映像エンジン「α7 Gen3 AI Processor 4K」を搭載した55インチの大型テレビ。高精度な色再現、フレーム単位の色合い調節、部分調光での輝度制御などにより、高精細な映像を表現できます。

また、AI映像やAIサウンドなどのAI技術により、コンテンツに最適化された画質とサウンドで楽しめるのも魅力のひとつ。Bluetooth機能を搭載しているので、テレビの音をヘッドホンやスピーカーを通してリスニングできるのもポイントです。

リモコンをテレビに向けて上下左右に振るだけで、カーソル操作やスクロール操作ができる「マジックリモコン」が付属。スタイリッシュなデザインで、部屋のインテリアにも馴染みやすい大型テレビです。

シャープ(SHARP) 4T-C55CQ1

深い黒と鮮やかな発色を表現できる有機ELパネルを採用した大型テレビです。8Kの高画質技術を応用した4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載。暗いシーンでも、明るく高コントラストな4K映像を楽しめます。

BS4K・110°CS4K放送に対応したチューナーを2基搭載。4K番組を視聴しながら別の4K番組の録画もできます。テレビ前方に音を届かせる独自の「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を採用しているのもポイント。音をクリアかつ聞き取りやすく響かせます。

観やすい角度に調節できる回転式スタンドを採用しているのも利点。リビングダイニングに置くなら、ソファや食卓など座る位置に合わせて、テレビの角度を調節できます。

ハイセンス(HISENSE) 55X8F

東芝映像ソリューションとの共同開発により生まれた「NEOエンジンplus 2020」を搭載した大型テレビ。高コントラストを実現した有機ELパネルを搭載し、肉眼で観ているかのようなリアルな質感を表現します。

快適にゲームをプレイできる「ゲームモードplus」を搭載しているのもポイント。FPSや格闘ゲームなどをプレイする方に適している機能です。さらに、音響最適補正技術「Eilex PRISM」を搭載。美しい映像とともに、明瞭で臨場感のあるサウンドを楽しめます。

有機ELテレビとしては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 50M540X

独自の映像処理エンジン「レグザエンジンCloud」を搭載した50インチの大型テレビです。詳細ジャンルやコンテンツごとの画質特性をクラウドから取得することで、リアルな高画質を実現。「Hulu」や「Netflix」など豊富なVODサービスに対応しているのも特徴です。

新4K衛星放送を楽しめる4Kチューナーを2基搭載しているのもポイント。お気に入りのジャンルや好きなタレントの番組を自動で録画する「みるコレ」を搭載しており、録画機能の充実したモデルを探している方にもおすすめです。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視して選びたい方もチェックしてみてください。

ハイセンス(HISENSE) 50E6800

高性能映像エンジン「NEOエンジン」を搭載し、観やすい高精細な映像を楽しめる大型テレビです。4Kチューナーを内蔵しており、4K衛星放送を視聴可能。加えて、従来の地デジ・BS・110°CSもそれぞれ3チューナー搭載しています。

遮光を抑制し輝度を高める「バックライトブートフィルム」を採用することで、豊かなコントラストと色彩を表現できるのも魅力のひとつ。音響面にも優れており、低音から高音まで迫力あるサウンドを楽しめます。

さらに、低遅延ゲームモードを搭載しており、ゲームにもぴったり。価格が安いので、一人暮らしの方や2台目のテレビを検討している方にもおすすめです。

大型テレビおすすめモデル|60インチ以上

東芝(TOSHIBA) REGZA 65Z740X

放送済みの番組も視聴できる独自機能「タイムシフトマシン」に対応した65インチの大型テレビです。外付けハードディスクを取り付けて気になる番組を選ぶだけで、取り忘れた番組も視聴可能。過去の番組からユーザーに合った番組を厳選しておすすめする「スマート機能」も備えています。

地デジのノイズを低減する「地デジAIビューティー PRO」や、ネット動画を高画質で視聴できる「ネット動画ビューティー PRO」を搭載。80Wマルチアンプ駆動の「レグザ重低音バズーカオーディオシステム PRO」により、迫力のある重低音サウンドを楽しめるのも魅力です。

録画機能に優れた大型テレビを探している方はチェックしてみてください。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED65BXPJA

色合い調節や輝度制御により、高画質な映像を実現する映像エンジン「α7 Gen3 AI Processor 4K」を採用した大型テレビです。65インチの大画面で高精細な映像を映し出します。

映画館で観ているかのような、迫力あるサウンドを体験できる「Dolby Atmos」に対応しているのも魅力のひとつ。Bluetooth機能を搭載しているので、ワイヤレスヘッドホンやスピーカーと接続して音を飛ばすことも可能です。夜間など、静かな環境でも周囲を気にせず視聴できます。

「Dolby Vision IQ」の搭載により、周囲の明るさに合わせて輝度を自動で調節。明るい部屋でも暗い部屋でも、美しい映像を楽しめます。

ハイセンス(HISENSE) 65U8F

映像と音の臨場感を楽しめる65インチの大型テレビです。東芝映像ソリューションとの共同開発による映像エンジン「NEOエンジンplus 2020」を搭載。鮮やかな高画質映像を楽しめるのが特徴です。

また、シーンごとに適した超解像度処理を施す「AIシーン別超解像処理」を搭載。各コンテンツを、ノイズの少ないきめ細やかな高画質で視聴できます。さらに、低遅延で快適にゲームができる「ゲームモードplus」を搭載しているのもポイント。FPSや格闘ゲームなど、レスポンスの速さが求められるゲームにおすすめの機能です。

倍速パネルを内蔵しているので、スピード感のある映像も快適に視聴可能。高コスパなモデルを探している方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS 4T-C60CN1

4K画像処理エンジン「Medalist S1」と低反射「N-Blackパネル」を搭載した60インチの大型テレビ。高精細かつ高コントラストな映像を再現し、4K映像の魅力を引き出せます。

また、前向きスピーカーによる音抜けのよい「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を採用。低域から高域までクリアに再生するため、聞き取りやすいサウンドで楽しめます。

「Netflix」や「Amazonプライム・ビデオ」など複数のVODサービスに対応しているのもポイント。複数人で映画などを楽しみたい方におすすめです。

大型テレビおすすめモデル|70インチ以上

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-77A9G

高画質プロセッサー「X Ultimate」を搭載した有機ELパネル搭載の大型テレビです。BS4K・110°CS4K放送に対応したチューナーを搭載。別売りの外付けハードディスクを使用すれば、4K番組を視聴しながら別の4K番組を録画できます。

また、画面を振動させて音を出す独自の音響技術「アコースティック サーフェス オーディオプラス」を搭載しているのも魅力のひとつ。画面そのものから音が出ることで、映像と音との一体感を楽しめます。

画面サイズは77インチと大画面ながらベゼルが細く設計されているため、スタイリッシュに設置可能。画質、音質ともにこだわりたい方におすすめの大型テレビです。

ハイセンス(HISENSE) 75U8F

4K映像をよりリアルに表現する「NEOエンジンplus 2020」を搭載した高性能な75インチの大型テレビです。新4K衛星放送に対応しており、高精細な4K番組を視聴できます。また、地デジ・BS・100°CSのチューナーをそれぞれ3基内蔵。裏番組の2番組同時録画に対応しているのが特徴です。

倍速駆動パネルを採用しており、スポーツシーンなどスピード感のある映像をなめらかに表現できるのも魅力のひとつ。バックライトをエリアごとに制御する「ローカルディミングplus」により、暗い部分と明るい部分のメリハリを感じられるのもポイントです。

単体でさまざまなVODサービスを楽しめるのも利点。ゲームシーンにおいて、ボタンを押してから表示されるまで遅延を低減する「ゲームモードplus」を備えているので、大画面でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) REGZA 75M540X

クラウド連携により、さまざまな映像に高画質処理を施す「レグザエンジンCloud」を搭載した75インチの大型テレビ。放送波のノイズを低減し高精細な映像を再現する「地デジビューティX」と、VODサービスなどのネット動画を高画質処理する「ネット動画ビューティ」を採用しているのが特徴です。

また、低音から高音までバランスのよいサウンドを実現する「レグザパワーオーディオシステム」を備えているのも魅力のひとつ。高精細な映像と相まって、映画館にいるかのような臨場感を味わえます。

4Kチューナーを2基内蔵しているので、4K番組を視聴しながら別の4K番組を録画可能。画質・音質ともに妥協したくない方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-75X8000H

画質、音質ともに優れた75インチの大型テレビです。テレビ番組やネット動画など、4K非対応のコンテンツも4K相当の高画質で楽しめる「4K X-Reality PRO」を搭載。歪みの少ないクリアな高音質を実現する「X-Balanced Speaker」を備えているのも特徴です。

また、前後左右から音に包まれるサウンド体験を楽しめる立体音響技術「Dolby Atmos」に対応しているのも魅力のひとつ。Android TVを搭載しているので、「Hulu」や「Netflix」などのVODサービスも単体で楽しめます。

スタンドを薄型化することで画面への映り込みを低減し、スリムで洗練されたデザインを実現。インテリアにも馴染みやすいため、スタイリッシュに設置したい方にもおすすめです。

大型テレビおすすめモデル|80インチ以上

LGエレクトロニクス(LG Electronics) OLED88ZXPJA

4K画質の約4倍の画素数を誇る、8K有機ELパネルを搭載した大型テレビです。8K専用エンジン「α9 Gen3 AI Processor 8K」を搭載。2Kや4Kの映像も8K相当へアップスケーリングして高画質で楽しめます。

「Dolby Vision IQ」の搭載により、周囲の明るさに合わせて自動で輝度を調節。音に包まれる感覚を味わえる立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しているので、まるで映画館のような迫力ある映像体験を実現します。

上下左右に振るだけでカーソル操作やスクロール操作ができる「マジックリモコン」を同梱しており、操作性も良好。とにかく画質や音質にこだわりたい方におすすめです。

ソニー(SONY) BRAVIA KJ-85Z9H

迫力ある映像が楽しめる85インチの大型テレビです。8Kチューナーを内蔵しており、超高精細な8K放送を視聴できるのが特徴。8K以下の解像度の映像を8K相当の解像度にアップコンバートする独自の「8K X-Reality PRO」を搭載しているので、地上波放送やVODサービスを楽しみたい方にもおすすめです。

また、動きの早いスポーツやアクション映画などもなめらかに表現できる「倍速駆動パネル」を採用。1秒間60コマの映像の間に1コマの新映像を生成して120コマで再生するため、残像感がなく楽しめます。

独自の音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を採用することで、音が映像から聞こえてくるような臨場感のある音場を再現。さらに、Android TVを内蔵しているので、あらゆるネットコンテンツを単体で利用できるのもポイントです。

シャープ(SHARP) AQUOS 8T-C80AX1

フルハイビジョンの約16倍の解像度をほこる高精細な大型テレビです。4Kを超える8Kの映像を大画面で楽しめるので、まるで映画館にいるかのような臨場感を味わえるのが特徴。また、2Kや4Kの映像を8K相当の高解像度映像にアップコンバートする「AQUOS 8K Smart Engine PRO」を搭載しているのも魅力です。

テレビの前方向、上方向の音場を実現する独自形状スピーカーとダブルサブウーハーを採用。自然で聴き取りやすい高音質サウンドを体感できます。

さらに、よく見る番組や利用した時間帯、録画履歴などを学習しておすすめコンテンツを表示する人工知能技術「COCORO VISION」も便利。高画質・高音質を大画面で楽しみたい方におすすめです。