製品数が年々増加している「テレビ」。4K画質対応モデルはもちろん、高画質な有機ELパネルを搭載したモデルも各メーカーからラインナップされています。一般的に、テレビは大型モデルになるほど性能の差を感じやすい家電。画質を特に重視する方は、50インチ以上のモデルから高画質なモノを選ぶのがおすすめです。

そこで今回は、50インチ以上の大型テレビのおすすめモデルをピックアップ。買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

大型テレビの選び方

大画面視聴には「4Kテレビ」がおすすめ

By: amazon.co.jp

「4Kテレビ」とは、フルハイビジョンの4倍の解像度を備えるテレビのこと。従来のテレビでは表現しきれなかったディテールや質感をリアルに再現できます。4K非対応の大型テレビでは画像の粗が目立ってしまう場合もあるので、快適に視聴するためにも4Kテレビを選ぶのがおすすめです。

なお、4Kテレビは発売当初こそ高額だったものの、最近は5~10万円ほどで購入できる格安の4Kテレビも存在します。大手国内家電メーカーや海外ブランドだけでなく、さまざまな企業から多数ラインナップされているため、購入を検討している方はチェックしてみてください。

パネルの種類をチェック

サイズに対して安価な「液晶テレビ」

By: amazon.co.jp

「液晶テレビ」は、内蔵されたバックライトの光を液晶パネルがコントロールすることで、画面に映像を表示する仕組み。以前まで主流だったプラズマテレビに比べて画面は明るく、消費電力を軽減できるのが特徴です。

ただし、バックライトが常に点灯しているため、画面上の黒色や陰影の表現はやや苦手な傾向があります。また、画像の書き替え(応答速度)が比較的遅いモデルは、映像の滑らかさに欠けるのが懸念点。特に、ゲームやスポーツなどの激しい動きが伴うシーンでは、残像感やボヤけた印象を受ける恐れがあります。

液晶テレビは有機ELテレビより比較的安価なのがメリットです。用途や予算を踏まえて検討してみてください。

黒の発色に優れた「有機ELテレビ」

By: amazon.co.jp

「有機ELテレビ」とは、LGエレクトロニクスなどが提供する「有機ELパネル」を搭載したテレビのこと。バックライトではなく、有機物を発光させて明るさをコントロールする技術が採用されています。液晶パネルと比べて「黒」の発色がよいので、メリハリのある映像を楽しめるのがメリットです。

また、従来の大型テレビよりも残像が少ないため、スピード感のある映像を視聴する際は特にクオリティの違いを感じられます。ただし、ほとんどの有機ELテレビが高額である点には留意しておきましょう。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

テレビを観る際は、画面サイズに合った視聴距離をとることが推奨されています。現在の主流となっている4Kテレビにおける適正視聴距離は、画面の高さの約1.5倍といわれており、フルHDテレビの視聴距離の半分程度が目安です。

例えば4Kテレビの50~55インチモデルなら、視聴距離は約1m前後で、8畳ほどの部屋に向いています。60インチであれば約1.1mで10畳程度、65インチは約1.4mで12畳程度が目安です。なお、テレビが大型になるほど、必要な設置スペースも広がるので、購入前に設置場所を確認しておきましょう。

重量をチェック

By: sony.jp

大型テレビを選ぶ際は重量もしっかりチェックしておきましょう。テレビはサイズが大きくなるほど重量も増えるので、テレビ台や壁掛け用金具の耐荷重を確認することが重要。また、重量があるテレビは倒れた際に危険なため、地震などの災害時に備えて、耐震器具を取り付けるなどの工夫が必要です。

なお、一般的に液晶パネルより有機ELパネルのほうが構造上薄型なので、重量は軽い傾向があります。

VOD対応の有無をチェック

「VOD」とはビデオ・オン・デマンドの略で、インターネット経由で映像コンテンツを提供するサービスのことです。「Netflix」や「Amazonプライム・ビデオ」「dTV」のように月額固定料金で視聴できるサービスのほか、「4Kアクトビラ」のようにコンテンツごとに課金して楽しめるサービスもあります。

現在の大型テレビは、多くのモデルがVOD対応済み。なお、メーカーや機種ごとに対応するVODサービスの数は異なるので、気になる方は確認しておきましょう。

新4K・8K衛星放送をすぐ見るなら「4Kチューナー内蔵モデル」がおすすめ

By: regza.com

2018年12月1日から4Kおよび8Kの実用放送(BS/CS)が開始されています。現在ラインナップされている4Kテレビには、4K放送受信に必要な「BS/CS 4Kチューナー」を内蔵したモデルも多く存在しますが、内蔵されていないモデルの場合は、別途外付けの4Kチューナーが必要となるので注意しましょう。

また、スムーズに4K実用放送を楽しみたい方には、今後ラインナップが増えると予想されている「4Kチューナー内蔵テレビ」がおすすめ。例えば、東芝の4Kチューナー内蔵テレビの場合、同社から送られてくる「BS/CS 4K視聴チップ」を挿すことで新4K放送を視聴できます。

なお、BS放送を受信している方は、新4K放送の無料番組を視聴可能です。ただし、築年数が10年を超えるマンションなどはBSアンテナの設備が古く、すべての新4K無料放送を受信できないケースも考えられるため留意しておきましょう。

大型テレビのおすすめメーカー

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

REGZA(レグザ)シリーズを展開する「東芝」。高性能な映像処理エンジン「レグザエンジン」による高画質が魅力のほか、遅延の少ない「ゲームモード」や、予約録画なしで好きな時間に番組を視聴できる「タイムシフトマシン」にも定評があります。

なお、テレビ事業を担当する「東芝映像ソリューション株式会社」は、2018年に中国の電機メーカーである「ハイセンス」へ譲渡されましたが、東芝ブランドの開発・販売・修理は継続。高い技術と培ってきたノウハウが注ぎ込まれたテレビを多数ラインナップしています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

BRAVIA(ブラビア)シリーズが有名な「ソニー」。薄型化技術と軽量化技術に優れているのが特徴です。独自の超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したモデルは、画質面においても高品質な映像を提供します。

また、オーディオメーカーとして培った技術を駆使した、高音質なサウンドもポイント。迫力ある視聴環境を求める方におすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

VIERA(ビエラ)シリーズで有名な「パナソニック」。プラズマテレビで培った色再現技術や、独自のカラーマネジメント回路を搭載した高画質が魅力です。

ネットワーク関連の機能が充実しているのも特徴。録画した番組をスマホやタブレットでもスムーズに見たい方は要チェックです。また、同社のBDレコーダーとの連携も良好。使いやすさにも配慮されており、幅広い年代のユーザーから人気のメーカーです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: rakuten.co.jp

韓国の「LGエレクトロニクス」は有機ELテレビのパネルを自社生産しているほか、他社にも供給しているのが特徴。リーズナブルな価格帯の製品が多数販売されています。

国内大手メーカーのモデルに比べて機能はシンプルですが、製品ラインナップが豊富なのもポイント。コスパのよい有機ELテレビを求めている方は、ぜひ検討してみてください。

50インチ以上の大型テレビおすすめモデル|フルHD

東京Deco 大型テレビ i001

フルHD解像度の50インチ大型テレビ。日本設計のメインボードを採用しているのがポイントです。VAパネルは5000対1とハイコントラストで、メリハリのある映像表現を楽しめます。

また、あざやか・標準・ライブ・映画・PC・ゲームと豊富な画質モードを搭載。コンテンツに合わせたモードで視聴できます。本体は約10.5kgと軽量で、簡単に移動可能。シンプルなデザインでインテリアになじみやすく、壁掛けもできます。サブのテレビにもおすすめです。

FEP 大型テレビ FH5012G

フルHD解像度の50インチ大型テレビ。地上デジタル・BS・110°CSチューナーを内蔵しており、外付けHDDへの番組録画にも対応しています。

HDMI入力は2端子搭載。対応するスマホ・タブレットからのHDMI入力が可能なMHLに対応します。スマホやタブレットの映像を大画面で鑑賞する用途におすすめです。本体の機能はシンプルで低価格なので、モニター用の安い50インチディスプレイを探している方もぜひ検討してみてください。

ASTON 大型テレビ KA-F5003

リーズナブルな価格のフルHD解像度の50インチ大型テレビ。地上デジタル・BS・110°CSチューナーを2基ずつ内蔵し、外付けHDDへの録画にも対応しています。視聴中の裏番組を録画できるのが魅力です。

機能面では、HDMIケーブル1本で対応オーディオ機器に音声を送るARCに対応。サウンドバーなどとの組み合わせに便利です。また、低価格ながら電子番組表などの便利な機能が備わっているのもポイント。気になる方はチェックしてみてください。

ココイイネ(coco iine) 大型テレビ LE-5531TS

フルHD解像度の55インチ大型テレビです。小型でスタイリッシュなスタンドと薄型のフレームがおしゃれで、部屋のインテリアに自然となじみます。

本体後部には一通りの操作が可能なボタンを搭載。リモコンがすぐに見つからないときでも、便利に使えます。オフタイマー機能を搭載しているので、テレビをつけたまま寝られるのもメリット。寝室用にもおすすめのテレビです。

三菱電機(MITSUBISHI) 大型テレビ LCD-65LB7ZH

フルHD解像度を有する65インチの大型テレビです。映像処理回路は独自の「DIAMOND Engine」を採用。ノイズ低減や明るさ制御を行い、大画面ながらクリアな映像を楽しめるのがメリットです。

VODサービスは「TSUTAYA TV」を利用できます。また、HDMI入力端子は2つあり、1つはARCに対応しているのでスピーカーとの接続も簡単です。4Kには対応していませんが、手頃な価格で大画面を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

50インチ以上の大型テレビおすすめモデル|4K

東芝(TOSHIBA) REGZA 大型テレビ 50M540X

ネット動画が充実した50インチ大型テレビです。「Netflix」や「Amazonプライム・ビデオ」をはじめとするVODサービスや、「YouTube」「ABEMA」などのネット動画に対応。リモコンには大手サービスのダイレクトボタンが配置されているので、好みの動画サービスに素早くアクセスできます。

ネット動画を高画質処理する「ネット動画ビューティー」も特徴。大画面でも高繊細なネット動画視聴を楽しめます。

また、4Kチューナーを2基搭載しており、別売りの外付けHDDに接続すれば裏番組の録画が可能。好きなテーマを設定しておまかせで録画できる「みるコレ」にも対応しており、録画機能が充実しています。

ソニー(SONY) BRAVIA XR 大型テレビ XRJ-50X90J

認知特性プロセッサー「XR」を搭載した50インチの大型テレビです。色やコントラストといった映像信号を「XR」が横断的に分析。より自然でリアルな映像を実現しています。

また、立体音響技術「Dolby Atmos」や「3D サラウンド アップスケーリング」機能も搭載。幅広い音源で立体的なサウンドが楽しめます。4K/120Hzのハイスペックに対応するHDMI2.1入力の搭載もポイント。ゲーム用のモニターとしてもぴったりの液晶テレビです。

パナソニック(Panasonic) VIERA 大型テレビ TH-55HZ1000

便利な機能が充実した55インチの大型テレビです。テレビを声で操作できる「スマートスピーカー連携」や、2つの裏番組をUSBハードディスクに録画できる「2番組同時裏録」、映像を滑らかに表現する「倍速駆動」などを搭載しています。

また、スタンド底面の吸盤を真空に近い状態にする独自構造の「転倒防止スタンド」を採用し、地震などに備えられるのも大きな特徴。テレビの向きを左右に動かせる「スイーベル機能」で、画面の向きを簡単に調節できるのもポイントです。

映像面では、コントラストの高い表現力と色忠実再現性を実現する「Dot Contrastパネルコントローラー」を搭載。画質にこだわりたい方にもおすすめの有機ELテレビです。

ソニー(SONY) BRAVIA 大型テレビ KJ-55X9500H

4Kチューナーを2基搭載した55インチの大型テレビ。4K放送番組を視聴しながら、別の4K放送の番組を外付けHDDに録画が可能です。また、画質プロセッサーとして高性能な「X1 Ultimate」を採用しており、さまざまなコンテンツを鮮明な映像で楽しめます。

広視野角を実現できる独自技術「X-Wide Angle」もポイント。斜めからの視聴が多いユーザーにも適しています。さらに、音の定位感を向上させる音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を採用。迫力と立体感に富んだサウンドを鳴らします。

iPhoneやiPadのミラーリングが行える「Apple AirPlay 2」や、本機の操作が可能になる「Apple HomeKit」など、Apple製品との親和性の高さもおすすめポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 大型テレビ OLED55CXPJA

ゲームをする方におすすめの55インチ大型テレビです。4K/120Hzの入力が可能なHDMI2.1入力を搭載。高精細さと滑らかさを両立した画質でゲームを楽しめます。また、遅延も少ないので、FPSのような反応速度が重要なゲームも快適にプレイできます。

AI技術「α9 Gen3 AI Processor 4K」や、コンテンツに合わせてサウンドを最適化する「AIサウンドプロ」などにより、さまざまな映像を高画質・高音質で楽しめるのも魅力。振ったり話しかけたりするだけで直感的に操作できる「マジックリモコン」も便利です。

シャープ(SHARP) AQUOS 大型テレビ 4T-C60CN1

4K画像処理エンジン「Medalist S1」を搭載した60インチの大型テレビ。8Kテレビの技術を応用し、高精細・高コントラストを実現しているのが特徴です。

外光や証明の映り込みなどを抑制する低反射の「N-Blackパネル」を搭載し、昼間の室内での見やすさに配慮されているのもポイントです。また、視聴位置に合わせて画面角度を調節できる「回転式スタンド」を採用しているのもメリット。設置場所から斜めの位置で見ることが多い方にもおすすめです。

音抜けがよく聞き取りやすいサウンドを実現した「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を搭載しているのも魅力。低域から高域まで、臨場感のある音を楽しめます。

ソニー(SONY) BRAVIA 大型テレビ KJ-65X80J

4K衛星放送チューナーおよび地デジ・BS・110°CSチューナーを3基ずつ搭載した65インチの大型テレビ。外付けUSB-HDDへの4K放送2番組同時録画が行えます。

高画質プロセッサーとして「HDR X1」を搭載。色彩豊かな映像を再現する「トリルミナス プロ」も相まって、精細な色表現を実現しています。また、「Google TV」を搭載しているのも特徴。さまざまなVODサービスから、自分にコンテンツを見つけやすいのがポイントです。

ハイセンス(HISENSE) 大型テレビ 65U8F

多彩なシーンを高画質で表現できる65インチの大型テレビです。高性能な映像処理エンジン「NEOエンジンplus 2020」を搭載。ハイビジョン映像も4K画質にアップコンバート可能なので、地上デジタル放送を高画質で映し出します。

また、「倍速パネル&フレーム補間」技術により、動きの速いシーンで発生しやすい残像感を軽減。スポーツなどの細かい動きもよりクリアで滑らかに再現可能です。

ボタンを押してから表示されるまでの遅延を減らす「ゲームモードplus」も搭載。遅延をなるべく抑えたいFPSゲームなどをプレイする方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) VIERA 大型テレビ TH-65HX900

 
画質にこだわった65インチの大型テレビです。さまざまな映像を高コントラスト映像に変換する「AI HDRリマスター」、動きのある被写体を滑らかにくっきり表示する「オブジェクト検出 倍速処理」を搭載。LEDバックライトの明るさを細かく制御する「Wエリア制御」も加わって、鮮やかな映像を堪能できます。

スピーカーは、高さ方向の音表現も可能な立体音響技術の「Dolby Atmos」に対応。高画質を引き立たせるサウンドも備えています。

東芝(TOSHIBA) REGZA 大型テレビ 65Z740X

録画機能が充実した65インチの大型テレビ。放送済みの地上デジタル放送番組を遡って見られる全録機能「タイムシフトマシン」を内蔵しているほか、4Kチューナーを2基内蔵し、外付けHDDへの4K放送の録画にも対応しています。

画質面では映像処理エンジン「レグザエンジンCloud PRO」を搭載しているのが特徴です。視聴中のコンテンツの画質特性をクラウドから取得。番組やコンテンツに応じた自然な高画質を実現できるのがポイントです。

総合出力80Wの「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」による迫力のサウンドも魅力。録画コンテンツを高画質かつ高音質で楽しみたい方におすすめの大型液晶テレビです。

ソニー(SONY) BRAVIA 大型テレビ KJ-75X8000H

高画質かつ高音質で映像が楽しめる75型の大型テレビです。高繊細な映像にアップコンバートできる「4K X-Reality PRO」を搭載。繊細さを向上させ、地上デジタル放送や動画配信サービスなどフルHD映像も高繊細化して視聴できます。

動画や音楽、ゲームなどが利用できる「Android TV」を搭載しており、インターネットに接続して4Kコンテンツも利用可能。「Hulu」や「Netflix」などのVODサービスを大画面で楽しめます。ワンプッシュで動画配信サービスにアクセスできるリモコンも便利です。

スピーカーには音の解像度が高い「X-Balanced Speaker」を搭載。クリアな音声を楽しめます。また、大容量スピーカーボックスを採用し、迫力ある重低音を堪能できるのも魅力です。

東芝(TOSHIBA) REGZA 大型テレビ 77X9400

「クラウドAI高画質テクノロジー」を内蔵する映像処理エンジン「ダブルレグザエンジン Cloud PRO」を搭載した、77インチの大型テレビです。地デジ放送やネット動画などを、視聴環境の明るさや色温度に合わせて適切な画質にAIが自動調節。高精細でリアルな映像を描写します。

迫力ある重低音サウンドを実現した「レグザパワーオーディオX-PRO」も特徴。セリフやナレーションなどの音声ははっきりと、効果音や環境音はリアルに表現します。

見逃した番組も最初から視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載しているのもポイント。録画機能に優れた70インチ以上の有機ELテレビを探している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 4K有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G

有機ELパネルを搭載した77インチの大画面テレビです。大型ながら薄くスタイリッシュなデザインが特徴。壁掛けにも対応しており、リビングなど目立つ場所に設置してもインテリアになじみやすいのが魅力です。

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載しているのもポイント。さまざまな映像を高精細に映し出せます。また、画面そのものから音が出る「アコースティック サーフェス オーディオプラス」を採用。映像と音に一体感が生まれ、リアルな迫力ある映像体験を実現します。

さらに、豊富なVODサービスを利用できるAndroid TVに対応。「Googleアシスタント」を搭載したリモコンも付属しているので、音声検索で観たい映像をすぐに探せます。

シャープ(SHARP) AQUOS 大型テレビ 8T-C80AX1

8Kチューナーを内蔵した80インチの大画面テレビです。4Kの約4倍の解像度を有する8K液晶パネルを搭載しています。

また、画像処理エンジンに「AQUOS 8K Smart Engine PRO」を搭載しているのも特徴。地上デジタル放送やブルーレイなどの映像を8K解像度にアップコンバートできます。さらに、「8K倍速液晶」を搭載し、映像を美しく滑らかに表現可能です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 大型テレビ OLED88ZXPJA

8K有機ELパネルを搭載した88インチの大型テレビ。8Kチューナーの内蔵に加えて、独自の映像エンジン「α9 Gen3 AI Processor 8K」により、2K・4Kの映像も8K相当にアップスケーリングして楽しめます。

また、周囲の明るさに合わせて画面の輝度を自動調節する「Dolby Vision IQ」を搭載しているのもポイント。暗い部屋でも、色彩豊かな映像を楽しめます。

さらに、PCとテレビのリフレッシュレートを同期させて、ゲームにおけるズレやカクつきを低減する「G-SYNC」に対応。ゲームモニターとしての性能も良好です。