体をサポートし、沈み込みにくい「高反発マットレス」。体にかかる負荷を分散させるため、腰痛や体の疲れが気になる方に適しています。しかし、自分の体に合わないモノを使うと、体を痛める恐れもあるため注意しなければいけません。

そこで、今回は高反発マットレスの選び方とおすすめ製品をご紹介。折りたたみ機能があるモノや丸洗いできるモノなど幅広くピックアップしています。購入を検討している方は、参考にしてみてください。

高反発マットレスとは?

By: gokumin.jp

高反発マットレスとは、適度に跳ね返す力があるマットレスのこと。マットレスの表面を押しても、形がすぐに復元し跡が残りません。体圧を分散する力に優れ、腰やお尻などが沈み込みにくいのが特徴です。

体にかかる負荷を軽減するので、腰痛や肩こりなどが気になる方に適しています。また、体の重みをしっかりと支えるため、体格のよい方や硬めの寝心地が好きな方にもおすすめのマットレスです。

高反発マットレスのメリット・デメリット

By: gokumin.jp

高反発マットレスのメリットは、体の一箇所に負荷が集中しにくいこと。体圧を分散するので、背中が自然なS字カーブを描く寝姿勢をキープできます。適度な反発力があるため、寝返りがうちやすいのも特徴です。

デメリットは、柔らかいマットレスを好む方には寝心地が悪く感じること。沈み込みがほとんどないので、横向きで寝ると不安定さを感じることもあります。また、硬すぎる高反発マットレスは腰が浮き上がり、腰痛が悪化する恐れもあるので注意しましょう。

高反発マットレスの選び方

素材で選ぶ

ウレタン

By: gokumin.jp

高反発マットレスの素材のなかで、最も一般的なのがウレタンです。体圧分散性に優れているだけでなく、体にしっかりフィットするため安定性も良好。比較的軽量なので、力に自信のない方も簡単に持ち運べます。

ウレタンのデメリットは、通気性が悪いこと。体に密着するので湿気がたまりやすく、夏場は暑かったりカビが発生したりするリスクがあります。湿気が気になる方は、フラットなモノよりも凹凸加工が施されたモノを選びましょう。

コイル

By: gokumin.jp

多層構造のマットレスに多く採用されているのが、金属製のコイル。コイルには大きく分けて「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」2つのタイプがあります。

コイルを1つずつ袋に包み敷き詰めた「ポケットコイル」はフィット感があり、柔らかめの寝心地が特徴。コイル同士を連結させ面で体を支える「ボンネルコイル」はコイル同士がつながっているため、耐久性に優れています。

それぞれに特性がありますが、2人以上で使用する場合はポケットコイルがおすすめ。コイルが独立しているため振動や音が伝わりにくく、寝返りや寝起きなどで家族の眠りを妨げません。ただし、ポケットコイルは比較的高価なので、予算と相談しながら最適なモノを選んでみてください。

ラテックス

By: amazon.co.jp

ラテックスとは、ゴムの木皮に傷をつけたときに出る樹液から作られる素材のこと。高反発性に優れているため体が沈み込みにくく、理想の寝姿勢を保ちやすいのが特徴です。天然の抗菌作用があるため、衛生面にも優れています。

デメリットは、天然ゴムが素材なのでゴムアレルギーの方は使用できないこと。さらに、ラテックスには独特のニオイがあります。2〜3日ほど風に当てれば軽減されますが、ニオイに敏感な方はほかの素材を選びましょう。

ファイバー

By: amazon.co.jp

ファイバーは、ポリエチレンという化学繊維を絡み合わせて作られている素材です。空気をたっぷり含むため通気性がよく、柔軟性にも優れているのが特徴。ほかの素材とは異なり水で洗えるので、ダニやホコリが気になる方にも適しています。

ファイバーの欠点は、耐熱性が低いこと。電気毛布を使ったり布団乾燥機をかけたりすると、熱でへたる恐れがあるので注意しましょう。また、通気性がよいため冬の時期には寒さを感じることも。床に直接敷くと冷気が伝わりやすいので、ベッドフレームと合わせて使うのがおすすめです。

厚みで選ぶ

By: amazon.co.jp

高反発マットレスは、設置場所や使用者によって必要な厚みが異なります。畳やフローリングに直接敷く場合は、最低でも7cm以上の厚みがあるモノを選びましょう。体が大きな方や硬めの寝心地が好きな方は、10cmほどの厚みがあると安心。体圧をしっかり分散するので、底つき感がほとんどありません。

ベッドフレームに載せて使う場合は、15cm以上の厚みがあるモノがおすすめ。寝返りや立ち座りの回数が多くともマットレスがずれにくく、安定感良好です。ただし、コイルスプリング製のマットレスの場合は、薄いモノだと物足りなさを感じることがあります。寝心地のよさを追求するなら、20cm以上の厚みがあるモノを選びましょう。

耐久性で選ぶ

By: gokumin.jp

耐久性を判断するために必ずチェックしておきたいのは、マットレスの密度。密度は「D」という単位で表され、数字が大きくなるほど密度が高いことを表します。仮に5年以上の耐用年数を期待するなら、30D以上の密度があるモノを選びましょう。

次に確認すべきポイントは、マットレスの素材自体の耐久力です。例えばコイルの場合、防錆加工や焼き入れ処理をされたモノがおすすめ。湿気に触れてもコイルが腐食しにくく、性能が長持ちします。

また、すべてではありませんが耐用年数が記載されているモノもあるので、チェックしてみてください。

衛生的に使えるモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

人間の体は、ひと晩でコップ1杯分の汗をかくといわれています。寝汗や体温によって湿気がたまったマットレスは、カビの温床になりやすく不衛生です。清潔に使うためには、抗菌加工が施されているモノや通気性のよいモノを選びましょう。

また、マットレスに付着する皮脂や髪の毛などはダニの大好物。死骸やフンもアレルギーの原因になるため、ダニの侵入や繁殖を抑制するのが重要です。防ダニ加工されたモノや、高密度に織られたモノで対策しましょう。

マットレスにつくホコリや汚れが気になる場合は、水洗いできるタイプがおすすめ。カバーが取り外して洗濯できたり、中材まで丸ごと洗えたりすると、より清潔に使えます。

収納のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

一人暮らしの方や部屋を広く使いたい方は、収納しやすさにも注目してみましょう。高反発マットレスのなかには、コンパクトな三つ折りにできるモノもあります。押し入れやクローゼットなどにすっきり収納できます。

保管時にホコリや汚れがつくのが気になる方は、専用の収納袋が付属しているモノを選ぶのがおすすめ。収納袋に取っ手がついていれば、力に自信のない方でもスムーズに持ち運べて便利です。

保証つきのモノを選ぶ

By: sleep.airweave.jp

マットレスを実際に使ってみると、想定した寝心地や使用感が得られないこともあります。また、どんなに耐久力に優れたマットレスでも、長期間使用していると凹みができたりへたったりすることは避けられません。

そこで、おすすめなのが返品・交換保証がついた製品。一般的な保証期間は1〜3年ほどですが、メーカーによっては10年以上の保証期間を設けているモノもあります。保証される条件は製品によって異なるため、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

高反発マットレスのおすすめメーカー

東京西川

By: airsleep.jp

東京西川は、マットレスや羽毛布団などを製造・販売する日本のメーカーです。「よく眠り、よく生きる」をテーマに製品を研究。トップアスリートも支持するほど、高品質で機能性の高いマットレスを販売しています。

特に人気なのが、医療大学と睡眠研究所との共同開発で生まれた「エアー」シリーズ。特殊な凹凸構造により体圧を分散させ、快適な眠りをサポートします。さまざまな硬さのモノがラインナップされているので、好みの寝心地を追求したい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、生活用品の企画・製造・販売を行う日本のメーカーです。ユーザーの需要を的確にとらえ、年間1000以上もの新製品を生み出しています。

アイリスオーヤマのマットレスの魅力は、折りたたみ式や中材が洗えるモノなど幅広いラインナップがあること。寝心地だけでなく使用環境に合うモノを探したい方は、チェックしてみてください。

エアウィーヴ(airweave)

By: amazon.co.jp

エアウィーヴとは、マットレスや枕などの製造販売を行う日本のメーカーです。質の高い眠りをスローガンに掲げ、科学的な視点から寝具を研究。その品質の高さが評価され、高級ホテル・旅館・医療施設などでも採用されています。

エアウィーヴのマットレスの特徴は「エアファイバー」という独自の素材が使用されていること。反発力と復元力に優れ、どの方向から体重をかけてもしっかりと体をサポートします。通気性がよく、水で丸洗いできるのも魅力です。機能性だけでなく衛生面も気になる方は検討してみてください。

高反発マットレスのおすすめ | シングル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアリーハイブリッドマットレス HB90-S

異なる2種類の素材が詰められており、裏と表で好みの寝心地が選べるマットレスです。ウレタンフォーム面は体を優しく包み込み、新素材「エアロキューブ」面は体をしっかり支える寝心地が特徴。どちらの面も通気性に優れており、寝汗や湿気をすばやく放出します。

カバーの表地はニット生地で、裏地はメッシュ生地のリバーシブル仕様。季節や気温に合わせて使用面を変えれば、1年中快適に使えます。カバーだけでなく芯材も水で洗えるため、衛生面が気になる方にもおすすめです。

マットレスには9cmの厚みがあり、フローリングや畳の上に敷いて使うことも可能。三つ折りにたためるので、収納スペースもほとんどとられません。使い勝手のよさを追求して作られたおすすめアイテムです。

雲のやすらぎプレミアム 高反発マットレス

35Dの高密度設計により、安定感のある寝心地を味わえる高反発マットレス。背中、腰と頭、足とで異なるウェーブ加工を施しているため、従来品よりも体圧分散力が強化されています。反発力に優れたスプリングが動きに合わせて体を持ち上げ、寝返りがスムーズにできるのも特徴です。

クッション性・柔軟性・耐久性のある凹凸加工のアルファマットを採用し、程よく柔らかいのも魅力。カバーは取り外して洗濯できるので、いつでも清潔に使用できます。さらに、抗菌防臭や防ダニ加工も施されているため、小さな子供がいる方にもおすすめの製品です。

Kuma San ラテックス100% 高反発マットレス

天然素材のラテックスを100%使用したマットレス。硬すぎないので、あお向けだけでなく横向きでも快適に眠れるのが特徴です。程よい厚みがあるため、畳やフローリングに直に敷いても底つき感が気になりません。

ラテックスは多孔構造なので空気がこもりにくく、湿気をすばやく発散。独自の通気穴が設けられており、通気性がさらに高められた仕様です。抗菌性能もあるため寝具に雑菌が繁殖しにくく、ダニやカビの発生を予防します。

柔らかくて肌触りのよいカバーは着脱でき、洗濯機で丸洗い可能。また、本体の汚れやニオイが気になるときは、40℃以下のぬるま湯と中性洗剤で手洗いもできます。使い勝手がよいだけでなく、お手入れのしやすいモノが欲しい方はチェックしてみてください。

エムール スタートマットレス

高級マットレスにも使われる高密度ウレタンを採用。表面に凹凸加工が施されているため湿気がこもりにくく、体の動きをサポートしやすいのが特徴です。約8cmの厚みがあるのでサポート力が強く、心地よい寝姿勢をキープできます。

三つ折りにたたむと約97×66×30cmまでコンパクトになり、収納スペースが限られている方にもおすすめ。重さは約4.8kgと軽量なので、力に自信のない方でも簡単に持ち運べます。機能性に優れているだけでなく、価格が安いのも魅力の製品です。

布団と寝具専門店カラーズ 高反発マットレス

持ち運びや収納に便利な折りたたみ式のマットレスです。しっかりと自立するので、家具の隙間に入れて保管することが可能。側面に取っ手が付属しており、持ち運びも簡単にできます。

中材の3つのウレタンは自由に入れ替えられるので、へたりを気にせずに使えるのも魅力。カバーはニットとメッシュのリバーシブル仕様のため、季節に応じた寝心地を追求できます。マットレスは10cmの厚みがあり、ベッドフレームだけでなくフローリングに直に敷いても使える製品です。

高反発マットレスのおすすめ | セミダブル

タンスのゲン 純 高反発マットレス 61225

不純物の少ないオリジナルウレタンフォームを使用。優れたクッション性と復元力があり、長期間使用してもへたりにくいのが特徴です。ウレタン特有のニオイを軽減する加工が施されているので、開封直後から快適に使えます。

10cmの厚みがあるため、しっかりと体をサポートします。日本の研究機関による品質検査も実施されているので、小さな子供やペットのいる家庭にもおすすめの高反発マットレスです。

GOKUMIN プレミアムスプリングマットレス

ポケットコイルと高反発マットレスを組み合わせたマットレスです。620個のポケットコイルが体にぴったりとフィットするので、安定感のある寝心地を実現。コイルは並行に配置されているため通気性がよく、快適に使えます。

マットレス生地には抗菌・防臭加工を施してあり、衛生面が気になる方にもおすすめ。8年間の品質保証がされているので、初期不良や使用中の不具合があっても安心です。高機能でリーズナブルなモノが欲しい方は、検討してみてください。

Inofia ポケットコイル マットレス

510個のポケットコイルが体の動きや体型にしっかりフィットするアイテムです。腰や背中の負荷をバランスよく分散するので、あお向きだけでなく横向きで寝る方にもおすすめ。熱処理が施されたコイルのみを採用しているため、湿気や寝汗に触れても劣化しにくいのも特徴です。

表面は伸縮性が高く通気性に優れたニット生地を使用。防臭・抗菌・防ダニ加工がされているので、小さな子供やアレルギーのある方にも適しています。裏面には横滑りを予防する加工を施し、寝返りをうってもマットレスがずれにくいのもポイントです。

側面には通気性のよいメッシュ生地を採用し、マットレス内の空気がこもりにくい仕様。温度や湿気による変化を受けにくく、1年中快適な寝心地を味わえます。マットレスの厚みは25cmあるため、安定感のある寝心地を追求したい方にも適した製品です。

エムール 高反発マットレス 三つ折り

表面に深めの凹凸があり、体を点で支えるマットレス。体とマットレスとの接地面積が小さいので体圧分散力に優れています。適度な硬さがあるため寝返りがしやすく、肩こりや腰痛が気になる方にもおすすめです。

側生地にはニットジャガード生地を採用。細かな箇所まできっちりと正方形に織られているので肌触りがよく、デザイン性にも優れています。

簡単に折りたためるように、マットレスが3分割されているのもポイント。押し入れやストックルームなどにすっきり収納できます。使い勝手のよさだけでなく、見た目にもこだわりたい方におすすめの製品です。

エイプマンパッド 高反発マットレス PAD9

目心地が表面と裏面で異なるリバーシブルタイプのマットレス。凸凹加工が施された面がソフトで、フラットな面は少し硬めの寝心地を味わえます。9cmの厚みがあるため、畳やフローリングに直に敷いて使えるのもポイントです。

側地には、通気性と伸縮性に優れたストレッチ素材を採用。ニオイや汚れが気になるときは取り外して丸洗いできます。重さは7kgと、女性や力に自信のない方でも持ち運びやすいのも魅力です。2種類の寝心地が体感できるため、普段使いはもちろん来客用のマットレスが欲しい方もチェックしてみてください。

タンスのゲン 高反発マットレス コイルキラー 61216

約20cmの厚みがあるため、サポート力と耐久力に優れた高反発マットレス。30Dのウレタンフォームを使用しているので底つき感がなく、体をしっかりサポートします。一般的な同じ厚みのマットレスと比較すると約2分の1の重さなので、持ち運びやすいのもポイントです。

カバーは肌触りのよいパイル生地を採用し、1年を通して快適な寝心地を実現。汚れが気になるときは、カバーを取り外して洗濯機で丸洗いもできます。除臭加工が施されているため、ウレタン特有のニオイもほとんど気になりません。機能性だけでなく、衛生面にもこだわりたい方におすすめの製品です。

高反発マットレスのおすすめ | ダブル

東京西川 マットレス エアー01 HC29701623

特殊な凹凸構造が体圧を分散するマットレスです。加重がかかりやすい肩口部分には、4×4個の独立した点によるブロックを形成。クッション性があるため体にフィットしやすく、体圧分散力がさらに高められています。

中間層には新素材「レフレフォーム」を採用し、従来品よりも通気性が向上。上下にも通気孔が貫通しているため、汗や湿気などがすばやく拡散し内部にこもりません。

重さはシリーズ最軽量の約6.8kgで、収納やお手入れの際に持ち運びやすいのも魅力。厚さは約8cmあるため、床の上にそのまま敷いても使えます。寝返りの回数が多い方や、寝起きの体の痛みが気になる方におすすめの製品です。

エアウィーヴ(airweave) マットレス スマートZ 1-151031-1

体重を押し返す力が高いため、睡眠時の寝返りが楽にできるマットレス。中材は独自素材の「エアファイバー」とポリエステルクッションの2重構造で、底つき感が少ないのが特徴です。

エアファイバーは90%以上が空気で作られているので、通気性にも優れています。縦置きして通気させておけばカビが発生しにくく、お手入れの手間がかからないのも魅力です。カバーだけでなくエアファイバーまで丸ごと洗えるので、ホコリやダニが中にたまりません。

頭・腰・足部分の3つのパーツは自由に入れ替えられるため、クッションがへたりにくいのもポイント。機能性だけでなく衛生面にも配慮され、肌の弱い方や小さな子供のいる家庭に適した製品です。

Avenco 高反発マットレス

人間工学に基づいて開発されており、自然な寝姿勢サポートする製品。頭・臀部・足元は支持力が強く、背中・膝は支持力が弱く作られているのが特徴です。あお向きだけでなく横向きやうつ伏せ寝でも、腰痛や背中に負担をかけにくく作られています。

中材は、不織布に包まれたポケットコイルを採用。それぞれが独立して動くので、振動が伝わりにくいのもポイントです。パートナーが寝返りをうったり起き上がったりしても、眠りが妨げられません。

表地には柔らかく通気性のよいニット地を採用しています。抗菌防ダニ加工が施されているのもポイント。細部に至るまで使いやすさが追求されているので、幅広い世代におすすめの高反発マットレスです。

マニフレックス(magniflex) 高反発マットレス 多層構造 オクラホマ

独自開発の高反発素材「エリオセル」を使用したマットレス。通気性に優れているため蒸れにくく、温度によって硬さが変化しにくいのが特徴です。熱に強い素材なので、布団乾燥機や電気毛布を使えます。

多層構造により体圧をしっかり分散させるだけでなく、表面と裏面で異なる寝心地を選択可能。表面はしっとりとした柔らかな寝心地、裏面は硬めで安定感があります。
 
本製品は高い耐久力をもち、目に見える変形やくぼみに対して12年間の長期保証を設定。さらに、マットレスの素材が人体や環境に無害なことを証明する国際規格「OEKO-TEX」も取得しています。機能性や安全性にこだわりたい方におすすめの製品です。

SOMRESTA マットレス 三つ折り プレミアム SOM-M001D

独自開発の超高密度ウレタンフォームを採用した高反発マットレスです。適度な硬さで体を支えつつ、高い弾力性により寝返りをしっかりサポートします。24万回圧縮しても99.6%の復元率があるとされ、長期間使用してもほとんどクッションがへたりにくいのが魅力です。

表面の生地は抗菌・防臭加工を施した高級ジャガード生地を採用し、快適な眠りをサポート。ネットに入れれば洗濯機で丸洗いできるので、いつでも衛生的に使えます。

フローリングや畳に敷くだけでなく、手持ちのマットレスに重ねて使うことも可能。三つ折りにたたんで収納袋に入れれば、ホコリや汚れを避けてコンパクトに保管できます。使いやすい工夫が細部に凝らされた製品です。

高反発マットレスのおすすめ | クイーン

マニフレックス(magniflex) 高反発マットレス 三つ折り メッシュウィング

日本の生活様式や環境に合わせて作られた高反発マットレスです。空気を多く含み湿気がスムーズに放出されるので、1年を通して快適な寝心地を実現。11cmの厚みがあるため、畳やフローリングに1枚で敷いても使えます。

最大の特徴は、重たい腰部分をしっかりと支え上げて体圧を分散すること。理想的な寝姿勢である「立っているときと同じ姿勢」が無理なく朝まで持続します。適度な硬さがあるため体が沈み込みにくく、体に負担がかかりにくい構造です。

側生地にはストレッチ性・通気性・発散性に優れた「エアーサーキュレーションメッシュ」を採用。汚れが気になるときは、家庭用の洗濯機で丸洗いできます。側面にキャリーハンドルが付属しているため、持ち運びやすさも魅力の製品です。

FibreLux 高反発マットレス 三つ折り

ラテックスを固めた柔らかな層とココナッツ繊維を絡めた硬い層が折り重ねたバスマット。高密度かつ適度な硬さがあるため、自然な寝姿勢を維持しやすいのが特徴です。体に負担をかけにくい構造なので、寝起き時の体の痛みが気になる方に適しています。

ココナッツ繊維は0.1mmの断面に数十個の穴が開いており、自然な通気を実現。夏は涼しく冬はあたたかいので、1年を通して快適に使用できます。さらに、抗菌・防臭・防ダニ加工が施され、衛生面にも配慮されているのがポイントです。腰痛が気になる方や寝返りの回数が多い方はチェックしてみてください。

エコラテ(ecolatte) エリート マットレス

体に優しくフィットする凹凸面とサポート面の2層構造のウレタン製マットレスです。凹凸面は体の部位に合わせて素材がカットされているため、体圧をバランスよく分散。まるでオーダーメイドのような心地よい睡眠がとれると謳われています。

従来のウレタンフォームより空気が通りやすく、汗や湿気がこもりにくいのも特徴。表面のカバーは高級エコ繊維のテンセルを使用し、快適な肌触りを実現しています。

高い耐久力があり、8万回の圧縮テスト後の復元率は98%を達成。使用環境により前後することもありますが、7年前後の耐用年数が見込まれています。マットレスのへたりを気にせずに使いたい方におすすめです。

タンスのゲン 高反発 竹炭消臭 三つ折り 61210

ウレタンフォームに消臭効果のある竹炭を配合したマットレス。寝汗や皮脂によるニオイを吸着・放出します。汚れが気になるときはカバーを取り外し、洗濯機で丸洗い可能です。

重さは10.3kgとクイーンサイズとしては軽量なので、持ち運びやすいのも魅力。三つ折りにできるため、省スペースに保管できます。通常のマットレスよりも硬めに設計されており、しっかりとした寝心地が好きな方におすすめの製品です。