睡眠を大きく左右するアイテムである枕。さまざまな種類がありますが、特に肩や首のトラブルに悩んでいる方へおすすめなのが、反発力に優れた「高反発枕」です。

しかし、ひとことで高反発枕といってもさまざまな形状やサイズのアイテムが販売されているため、どんなモノを選べばよいのか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめの高反発枕をご紹介します。選び方も合わせて解説するので、高反発枕の購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

高反発枕のメリット

By: magniflex.jp

「高反発枕」とは、その名のとおり反発力が高く、枕を押すとすぐに跳ね返ってくるのが特徴。頭が柔らかく沈み込む「低反発枕」とは異なり、適度な硬さで首や頭をしっかりとサポートします。寝返りも打ちやすいため、体圧をしっかりと分散させて首や肩回りの負担を軽減できるのがメリットです。

また、形状が崩れにくい素材が使われており適度な高さをキープできるため、正しい寝姿勢を保ちやすいのも魅力。しかし、形状が定まっているぶん、自分の首や肩にフィットするモノとしないモノの差が大きくなりがちです。フィット感をチェックしたうえで、適した枕を選びましょう。

高反発枕の選び方

首・肩へのフィット感で選ぶ

By: rakuten.co.jp

首・肩へのフィット感が少ないと、頭の重量を後頭部だけで支えなければならず首や肩の筋肉が緊張してしまい、肩こりや頭痛などのトラブルを引き起こすことも。そのため、首や肩に添うカッティングが施されたモノや、高さを調節できるシートやパッドなどが付属しているモノなど、首や肩へのフィット感に配慮されたアイテムを選びましょう。

また、自分の寝姿勢に合わせたフォルム、高さのアイテムを選ぶことも大切です。仰向けに寝ている方は、枕の中央部が凹んだフォルムの枕を選ぶと、気道がしっかりと確保されて呼吸しやすいのでおすすめ。 横向きで寝ている方は、身体と頭が水平になる高さの枕を選ぶと首や肩の負担を減らせます。

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

高反発枕は、自分の体型に合わせたサイズを選ぶことも大切。自分にぴったりのサイズを選ぶと自然に寝返りが打てます。

小柄な方には、35×50cm程度のモノがおすすめ。標準体型の方には43×63cm程度、大柄な方には50×70cm程度の大きさが必要です。ベッドの幅も考慮したうえで、最適なサイズを選んでみてください。

硬すぎないかをチェック

By: airweave.jp

いくら高反発枕といっても、程よい柔らかさも必要です。表面が硬すぎるモノは、フィット感が少なく首や後頭部の隙間を埋めにくいのに加え、体圧分散性に劣るので身体に負担をかけてしまいます。

枕の柔らかさは、素材や加工に大きく左右されるもの。表面にジェル素材を採用しているモノや、ウレタンにカッティングを入れることで柔軟性を高めているモノなど、柔らかさにも配慮された高反発枕を選びましょう。

洗濯できるかをチェック

枕は毎日使ううちに汗や汚れが染みついてしまいます。定期的にお手入れをしないとダニや雑菌が増える恐れがあるため、洗濯の可否も要チェックです。基本的には、ウレタンやラテックス素材は洗濯できないモノがほとんど。しかし、ファイバー素材は丸洗いが可能で、枕に染みついた汗や汚れをしっかりと落とせます。

なお、洗濯機で洗うと型崩れする場合もあるため、きちんと洗濯表示に従って洗濯し、形をキレイに整えてから平干しをしましょう。また、洗濯不可の枕を選ぶ場合には、取り外し可能な「枕カバー」をかぶせて使用するのがおすすめ。汗や汚れの蓄積を軽減し、清潔な状態を保ちやすくなります。

高反発枕のおすすめブランド

モットン(MOTTON)

By: amazon.co.jp

モットンは、高反発マットレスや枕で知られる国内ブランドです。同ブランドの高反発枕は、日本人の体型に合わせて設計されているのが特徴。また、付属の「高さ調節シート」で高さを微調整できるほか、2種類の硬さから選べるのも魅力です。自分にぴったりの、快適な寝心地を追求したい方はぜひチェックしてみてください。

マニフレックス(magniflex)

By: magniflex.jp

世界的な人気を誇るイタリア発の家具ブランド「マニフレックス」。同ブランドの高反発枕は、優れた通気性と耐久性を誇る高反発素材「エリオセル」を使用しているのが特徴です。温度変化にも強いため、気温10℃の寒さから40℃の暑さまで、素材が硬くなってしまうことなく快適な寝心地をキープできます。

また、素材の加工方法を変えることにより、ハードからソフトまでさまざまな感触の製品がラインナップしているのも魅力です。

高反発枕のおすすめ

モットン(MOTTON) 高反発まくら

日本人の体型に合わせて作られた高反発枕です。首すじの隙間にぴったりフィットして、しっかりと首を支えます。また、前後で高さが異なる2way仕様なのも特徴。約1cmの高さ調節シートが計6枚付属しているため、計50パターンもの高さに微調整できます。

素材には、体圧分散性と反発力に優れたウレタンフォームを使用。頭部を均等に持ち上げて、自然な寝返りをサポートします。さらに、通気性がよく蒸れにくいほか、耐久性に優れているのも魅力です。

専用の枕カバーには、肌触りのよいベロア生地を採用。カバーは丸洗い可能なので、衛生面も安心です。寝心地は、購入時に硬め・柔らかめの2種類から選択が可能。フィット感を追求したい方におすすめの高反発枕です。

マニフレックス(magniflex) ピロー グランデ キャリーホルダー付き

頭部をしっかりと支えながら優しく包み込む、独特の寝心地が人気の高反発枕です。素材には、体圧分散性に優れた高反発素材「エリオセル」を、よりソフトな感触に仕上げた「エリオセル・マインドフォーム」を採用。適度に頭を跳ね返しつつも寝姿勢に応じて自在に変形し、優れたフィット感を叶えます。

形状は、頭を乗せる位置や方向を選ばない「ノンシェイプ」タイプ。サイズは幅70×奥行45cmと大きめなので、大柄な方でも快適に寝返りを打てます。また、枕カバーにはふんわりと柔らかいシンカーパイルのベロア生地を採用。生地は取り外して洗濯できるため、清潔な状態を保ちやすいのも魅力です。

さらに、本体をくるくると丸めて収納できる「キャリーホルダー」が付属。コンパクトに持ち運べるので、旅行先や出張先で使いたい方にもおすすめです。

マニフレックス(magniflex) エア・トスカーナ

By: magniflex.jp

前後で高さが異なる、2way仕様の高反発枕です。前後で9・10cmの2種類の高さが選べるので、好みやその日の体調に応じて使い分けられます。また、硬すぎず柔らかすぎない、適度な弾力も特徴。ソフトな高反発素材「エリオセル・マインドフォーム」に突起を配列することで、しっかりとした寝心地を実現しています。

さらに、突起が空気の通り道を作り出すことから通気性にも優れているため、不快なムレを防げるのもポイントです。形状は、頭を自由な位置で乗せられる「ノンシェイプ」タイプ。サイズは幅70×奥行40cmと大きめで、寝返りも快適に打てます。

枕カバーには、滑らかなシンカーパイルのベロア生地を採用。カバーは取り外して洗濯できるうえに、カバー中央部は通気性をさらに高めるメッシュ仕様になっています。寝汗をかきやすい方や、サポート力のある使用感が好きな方におすすめの高反発枕です。

エアウィーヴ(airweave) エアウィーヴピロー スタンダード

樹脂繊維を編み上げた独自素材「エアファイバー」を使用したアイテムです。エアファイバーは90%以上が空気でできており、通気性が高く就寝中のムレを軽減可能。また、体圧分散性と復元性にも優れているので、均一に頭を押し上げて快適な寝返りをサポートします。

さらに、枕本体である「リングコア」と、自由に抜き差しができる2枚のシートコアで構成されているのも特徴。抜き差しして高さを調節することで、首や肩へのフィット感をより高められます。そのほか、専用枕カバーのみならず、枕本体も自宅で丸洗いが可能。清潔な状態を保ちたい方にもおすすめの、高機能な高反発枕です。

東京西川 エアー3D コンディショニングピロー 950

頭と首すじを自然に支える「3次元立体構造」が特徴の高反発枕です。中央凹型なので頭部がしっかり安定し、首すじにもぴったりとフィット。気道が確保されるため呼吸がしやすく、快適に仰向けで寝られます。また、両サイドが高めに設計されているので、横向き寝にも対応可能です。

枕内部には、クッション性に優れたウレタンフォームと高い通気性が魅力の「ムマクフォーム」を搭載。ウレタンフォームの表面には通気孔を設けることでさらに通気性を高めているため、就寝中のムレが気になる方や、オールシーズン快適に使用したい方におすすめです。

ブレスエアー(BREATH AIR) 洗える調整枕 001mak19-00001707934

大手化学繊維メーカーの東洋紡が開発した高機能素材「ブレスエアー」を使った高反発枕です。ブレスエアーは、クッション性・体圧分散性・通気性・速乾性に優れているのが特徴。不快なムレを防ぎながら、適度な弾力で首や頭をしっかりとサポートします。

また、ブレスエアーの上には水に強い「ソフトパイプ」を重ねているため、まるごと洗濯機で洗えるのもメリット。さらに、ソフトパイプを出し入れすることで高さ調節ができます。防ダニ・抗菌性能も謳われているため、お手入れのしやすさや衛生面を重視したい方にもおすすめです。

ロハテックス(LOHATEX) ネックサポートピロー 大 LHSET01

クッション性や体圧分散性、通気性に優れた天然ラテックスを使った高反発枕です。360°あらゆる方向からの加重にしっかりと反発し、頭部をサポートします。中央部が凹んでおり首すじにもぴったりフィットするため、気道が確保されて楽に呼吸できるのも魅力です。

前後で高さが異なる2way仕様なのも魅力。10・12cmの2パターンから、自分に合う高さを選べます。そのほか、枕カバーはオーガニックコットンや接触冷感生地を使用した「コールド フィーリング」などの数種類から選択可能です。

エアネスト(AIRNEST) エアネストピロー ER 4589642690139

特殊樹脂繊維を三次元状に絡めた素材「エアネストファイバー」を使用した高反発枕です。復元性に優れており、頭部をしっかりと跳ね返して快適な寝返りを実現します。また、程よい柔らかさで首すじにぴったりフィットするのが魅力です。

さらに、空気をたっぷりと含んだ構造なので通気性も良好。寝汗や湿気をしっかりと逃すため、オールシーズン快適に使用できます。そのほか、丸洗いが可能なので清潔にキープできるのも魅力です。サイズは、約40×60cmと程よい大きさ。なお、専用の枕カバーは付属していないため、市販のカバーを別途購入したうえで使用しましょう。

ottostyle.jp 100cm 高反発ロングピロー

100cmものロングサイズが魅力の高反発枕です。広々と寝返りを打ちたい方におすすめ。素材には、弾力性の高い高反発ウレタンを採用しています。前後で高さが異なる2wayタイプなのもポイント。5・8cmから、好みやその日の体調に応じてぴったりの高さを選べます。

枕カバーには肌触りのよいパイル生地を使用しており、取り外して洗濯することが可能。価格帯もリーズナブルで、気軽に購入できる高反発枕です。

テクノジェル(Technogel) スリーピングピロー デラックス モデル2 06561500

水のように滑らかなのに弾力性の高い「テクノジェル」素材を採用した高反発枕です。ジェルが頭をしっかりと支えながら頭の動きに合わせて自由自在に動くため、スムーズに寝返りを打てます。体圧分散性にも優れているので、首や肩などに負担がかかりにくいのも魅力です。

高反発枕ながら、低反発枕のような柔らかさを併せ持っているのもポイント。また、肌触りがよく吸湿性に優れた専用枕カバーも付属。全体的に段差の少ないフラット設計のアイテムのため、後頭部にあまり丸みがない方へおすすめです。