枕のなかでも反発力が高く、頭部をしっかり支える「高反発枕」。ひとことで高反発枕といってもさまざまな形状やサイズのアイテムが販売されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの高反発枕をご紹介します。選び方もあわせて解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

高反発枕のメリット

By: tential.jp

高反発枕とは名前の通り反発力が高く、枕を押すとすぐに跳ね返ってくるのが特徴。頭が沈み込む柔らかい感触の低反発枕とは異なり、適度な硬さで頭が沈み込みすぎることなく、首や頭をしっかりとサポートします。

また、スムーズに寝返りをしやすいため、体圧をしっかりと分散させて首や肩回りの負担を軽減できるのもメリット。さらに、形状が崩れにくい素材が使われており、適度な高さを長期間キープしやすいので、理想的な寝姿勢を保ちやすいのも魅力です。

高反発枕の選び方

首・肩へのフィット感で選ぶ

By: amazon.co.jp

首・肩へのフィット感が少ないと、頭の重量を後頭部だけで支えなければならず首や肩の筋肉が緊張してしまい、肩こりや頭痛などのトラブルを引き起こすことも。そのため、首や肩に添うカッティングが施されたモノや、高さを調節できるシートやパッドなどが付属しているモノなど、首や肩へのフィット感に配慮されたアイテムを選んでみましょう。

また、自分の寝姿勢に合わせたフォルム、高さのアイテムを選ぶことも大切です。仰向けに寝ることが多い方は、枕の中央部がへこんだフォルムの枕を選ぶと、気道がしっかりと確保されて呼吸しやすいのでおすすめ。 一方、横向きで寝ることが多い方は、身体と頭が水平になる高さの枕を選ぶと首や肩の負担を減らせます。

サイズで選ぶ

高反発枕は、自分の体型に合わせたサイズを選ぶことも大切。自分にぴったりのサイズを選ぶと自然に寝返りが打てます。

小柄な方には、35×50cm程度のモノがおすすめ。標準体型の方には43×63cm程度、大柄な方には50×70cm程度の大きさが必要です。ベッドの幅も考慮したうえで、適切なサイズを選んでみてください。

硬すぎないかをチェック

いくら高反発枕といっても、程よい柔らかさも必要です。表面が硬すぎるモノは、フィット感が少なく首や後頭部の隙間を埋めにくいのに加え、体圧分散性に劣るので身体に負担をかけてしまいます。

枕の柔らかさは、素材や加工に大きく左右されるもの。ゲル素材を採用しているモノや、ウレタンにカッティングを入れることで柔軟性を高めているモノなど、柔らかさにも配慮された高反発枕を選んでみてください。

洗濯できるかをチェック

枕は毎日使ううちに汗や汚れが染みついてしまいます。定期的にお手入れをしないとダニや雑菌が増える恐れがあるため、洗濯の可否も要チェックです。基本的には、ウレタンやラテックス素材は洗濯できないモノがほとんど。しかし、ファイバー素材はシャワーで丸洗いが可能で、枕に染みついた汗や汚れをしっかりと落とせます。

なお、洗濯機で洗うと型崩れする場合もあるため、きちんと洗濯表示に従って洗濯し、形をキレイに整えてから平干しをしましょう。また、洗濯不可の枕を選ぶ場合には、取り外し可能な「枕カバー」をかぶせて使用するのがおすすめ。汗や汚れの蓄積を軽減し、清潔な状態を保ちやすくなります。

高反発枕のおすすめブランド

モットン(MOTTON)

By: amazon.co.jp

モットンは、高反発マットレスや枕で知られる国内ブランドです。同ブランドの高反発枕は、日本人の体型に合わせて設計されているのが特徴。また、付属の「高さ調節シート」で高さを微調整できるほか、2種類の硬さから選べるのも魅力です。自分にぴったりの、快適な寝心地を追求したい方はぜひチェックしてみてください。

マニフレックス(magniflex)

By: amazon.co.jp

世界的な人気を誇るイタリア発の家具ブランド「マニフレックス」。同ブランドの高反発枕は、優れた通気性と耐久性を誇る高反発素材「エリオセル」を使用しているのが特徴です。温度変化にも強いため、気温10℃の寒さから40℃の暑さまで、素材が硬くなってしまうことなく快適な寝心地をキープできます。

また、素材の加工方法を変えることにより、ハードからソフトまでさまざまな感触の製品がラインナップしているのも魅力です。

高反発枕のおすすめ

モットン(MOTTON) 高反発まくら モットン

モットン(MOTTON) 高反発まくら モットン

首や肩への負担を軽減したい方におすすめの高反発枕。中材には高反発ウレタン「ナノスリー」を採用しており、体圧分散性に優れています。頭から首をしっかりと支え、頭を均一に持ち上げるため、首への負担を軽減するのが特徴です。また、余計な力を使わず自然な寝返りが実現できます。

本製品には高さ調節シートを6枚付属しているので、枕の高さを自宅で微調整できるのもポイント。さらに、前後で高さが異なる2WAY仕様で、自分の頚椎の深さなどに合わせて使い分けられます。

そのほか、汗と空気が上から下へと流れやすい構造により、通気性に優れているのが魅力。湿気がこもるのを防ぐため、蒸れにくいのがメリットです。寝心地は、「かため」「やわらかめ」の2種類を用意しています。

マニフレックス(magniflex) ピロー グランデ

マニフレックス(magniflex) ピロー グランデ

しっかりと支えながらも、やさしく包み込む高反発枕。中材には、体圧分散性に優れ、しっとりとソフトな寝心地を実現する「エリオセルMF」を採用しています。頭や首の形に合わせて変形するので、幅広い方にフィットしやすいのがポイント。仰向きではもちろん、横向きでも快適に使用できる製品を求める方におすすめです。

また、中材の全面にはエアホール加工を施しているため、通気性に優れています。湿気がこもってしまうのを防ぐのが魅力。サイズは幅70×奥行45cmとワイドなので、大柄な方でもスムーズに寝返りしやすいのがメリットです。

枕カバーには、なめらかな触り心地のシンカーパイルのベロア生地を使用しています。そのほか、枕を丸めて収納できる「トラベルロール」を付属しており、コンパクトに持ち運べるため、旅行先や出張先で使いたいときにも便利です。

テンシャル(TENTIAL) BAKUNE MAKURA

テンシャル(TENTIAL) BAKUNE MAKURA

自分の好みに合わせて、高さをカスタマイズできる枕。高さは、調節シートを抜き差しすると6段階で変えられます。なかなか自分に合う高さの枕が見つけられない方にもおすすめです。

中材には適度な弾力・硬さがある高反発ポリゴンメッシュと、柔らかい質感の低反発ウレタンなどを使用。硬さが異なる中材を配することで、程よいフィット感を実現しています。また、高反発素材は通気性に優れているので、カビなどの発生を防げるのがポイントです。

枕の形状にこだわっているのも魅力。幅が約70cmと広めの設計であるほか、高反発素材の中央部はくぼんでサイドが高くなっているため、スムーズに寝返りしやすいのがメリットです。さらに、流線型カーブを採用しており、首や肩へフィットします。

エアウィーヴ(airweave) エアウィーヴピロー スタンダード 2-04011-1

エアウィーヴ(airweave) エアウィーヴピロー スタンダード 2-04011-1

快適な睡眠環境を整えられる、通気性に優れた高反発枕。中材には、ポリエチレン製の極細繊維を絡み合わせた「エアファイバー」を採用しています。蒸れにくい構造なので、サラッと爽やかな状態を保ちやすく、寝汗をかきやすい方にもおすすめ。また、内部に湿気がこもりにくいため、ダニやカビの発生を抑えます。

エアファイバーは適度な反発力があり、無理に力を使わずスムーズに寝返りできるのもポイント。さらに、形状の異なる2枚の調節シートが付属しているので、自分の体格などに応じて高さや寝心地を変えられます。フィット感をより高めたいときに便利です。

そのほか、枕カバーは洗濯機で、中材はシャワーで丸洗いできます。寝汗などの汚れが気になる方や、清潔な状態をキープしたい方もぜひチェックしてみてください。

ロハテックス(LOHATEX) ネックサポートピロー 大サイズ QX03

ロハテックス(LOHATEX) ネックサポートピロー 大サイズ QX03

呼吸がしやすい形状の高反発枕。横から見たときに波のような形状で、ウェーブの高さが違うことにより首元が安定し、気道が開きやすいのがポイントです。また、前後で高さが異なり、低めの枕が好きな方は低いウェーブ、高めの枕が好きな方は高いウェーブを首元にあてて使えます。

中材には、高反発かつ体圧分散性に優れた天然ラテックスを採用。スムーズな寝返りをサポートするほか、負担を抑えて頭を支えます。さらに、抗菌作用が期待できるので、ダニやカビの発生を防げるのもメリットです。

そのほか、中材には気泡が含まれており空気の循環を促すため、通気性に優れています。衛生的に使い続けたい方にもおすすめの製品です。

昭和西川 ムアツまくら 高弾性 MuAtsu ロー 2220203122929

昭和西川 ムアツまくら 高弾性 MuAtsu ロー 2220203122929

頭を無理なく支える高反発枕。中材には、凹凸形状のウレタン「ムアツ」を採用しています。面ではなく点で支えることで、圧力をバランスよく分散し、身体への負担を軽減するのが特徴。一部分に負荷が集中しにくい高反発枕を探している方におすすめです。

また、弾力性に優れた素材なので、頭をしっかりと支えるほか、スムーズに寝返りしやすいのもポイント。さらに、厚さ1cmのシートが2枚付属されています。シートを抜き差しすることで、自分好みの高さに調節できるのがメリット。そのほか、側生地には防ダニ加工を施しているため、衛生的に使い続けやすいのが魅力です。

チチロバ(Titiroba) ポリエステル 枕 普通 PL-02

チチロバ(Titiroba) ポリエステル 枕 普通 PL-02

ふわふわとした感触の高反発枕。中材には、通気性・復元性・弾力性に優れたポリエステル綿を採用しています。硬すぎない寝心地なので、すき間なくフィットしやすいのがポイント。頭を柔らかく包み込む製品を求める方におすすめです。

頭が沈み込んだときの高さは6〜8cmで、特に仰向けで寝ることが多い方に適しています。さらに、汚れが気になった場合には、ネットを用いれば洗濯機で丸洗いできるのが魅力。本製品にはループが付いているため、洗濯後はハンガーなどに引っ掛けて干せます。簡単にお手入れしたい方や寝汗が多い方も、ぜひ購入を検討してみてください。

ニトリ(NITORI) 横向き寝がラクなまくら ナチュラルフィット 7550641

ニトリ(NITORI) 横向き寝がラクなまくら ナチュラルフィット 7550641

横向きで寝ることが多い方におすすめの高反発枕。サイドが高い形状で、横向きで寝たときに肩口への負担を抑えられ、自然な寝姿勢を保ちやすいのが特徴です。また、中央部はくぼんでいるため、仰向けで寝たときにも頭にフィットします。

本製品には、高さを調節できるウレタンシートが2枚付いているのもポイント。シートを抜き差しすることで、自分好みの高さに変えられます。自宅で簡単に高さを調節できるモノを探している方にもぴったりです。

側生地には抗菌・防臭加工を施しているので、気になるニオイの発生を防ぎます。汚れが気になった場合には、枕カバーを取り外して洗濯できるのが魅力です。

エフワンエフツー(F1F2) The Cubes 無重力枕 Cubes01

エフワンエフツー(F1F2) The Cubes 無重力枕 Cubes01

適切な寝姿勢を保ちやすい枕。中材にカッティングを入れたキューブ構造を採用しており、身体に沿って動くことで、頭から肩までぴったりフィットします。仰向けにも横向きにも対応するおすすめの製品です。また、ひとつひとつのキューブの間は空気が通りやすく、寝汗などによる湿気がこもるのを防ぎます。

本製品は、片面ごとに硬さが異なるリバーシブル仕様です。片面は高反発素材を使用しているため、硬めの寝心地を実現しています。もう片面は低反発素材を使用しているので、包み込まれるような柔らかい寝心地です。

さらに、衝撃吸収性と体圧分散性に優れています。枕にかかる重さをしっかり吸収し、首や肩への負担を分散し減らすのがメリットです。

西川(nishikawa) エアー4D ピロー Low EPV2689500GB

西川(nishikawa) エアー4D ピロー Low EPV2689500GB

ほどよい弾力があり、頭をやさしく支える高反発枕。表層は硬さが違うウレタンを格子状に編み込んでおり、頭圧分散性に優れています。一部分のみに負荷が集中するのを防ぐのがメリットです。

中間層には内部の温度上昇を抑えるゲルを内蔵しているため、蒸れにくいのがポイント。下部層にはクッション性の高い素材を使用しているので、しっかりと支える安定感を実現しています。

また、サイドは高さのある構造を採用しているため、横向きで寝るときにもフィットするのが魅力です。さらに、全体的に高さを変えられる調節シートと、首・後頭部・両サイドの高さをそれぞれ変えられる調節シートが付いています。体型や敷き寝具に合わせて快適な高さに調節できるおすすめの製品です。