髪や肌に直接触れる「枕カバー」。素材や品質にこだわるほど、快適な寝心地を得ることが可能です。しかし、デザインや素材、価格など製品によって種類が異なるため、どれを選べばよいか迷ってしまうことが多いアイテムでもあります。

そこで今回は、枕カバーの選び方や素材とそれぞれの特徴、おすすめの製品をご紹介します。買い替えを検討している方はぜひチェックしてみてください。

枕カバーの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

枕カバーを選ぶ際は、枕に合うサイズのモノを選びましょう。サイズが小さすぎると、枕が入りきりません。逆に枕カバーが大きすぎると、枕そのものの機能を損ねてしまう可能性があります。快適な寝心地を得るためには、枕のサイズに合う枕カバーを選ぶことが重要です。

なお、枕カバーのサイズは43×63cmが主流ですが、モデルによっては小さいモノから2人用のモノまでサイズはさまざまです。枕カバーを購入する際は、枕のサイズを把握しておくのを忘れないようにしましょう。

素材とそれぞれの特徴をチェック

綿

By: amazon.co.jp

吸水性と吸湿性に優れている枕カバーが欲しい方は、素材に綿が使われているモデルを選ぶのがおすすめです。綿は洗濯によって縮みやすいデメリットがある反面、中心部分に空洞がある構造なので水を含みやすい特徴があります。

また、熱伝導性が低く熱が放出されにくいため、冬でも保温性が高いのも魅力です。さらに、夏は汗を吸収して放出するときに気化熱が発生するため、涼しさを感じることも可能。そのほか、繊維の先端が丸いため、化学繊維などと比べて肌ざわりがよいのもおすすめポイントです。

敏感肌や小さなお子様の枕カバーを探している方も、綿の素材のモデルを検討してみてください。

リネン

By: amazon.co.jp

リネンは麻の一種で、耐久性に優れているのが特徴です。リネンの繊維には、汚れが染み込みにくい性質があるので、汚れがついても落ちやすく、衛生面を気にする方にもぴったりです。

さらに、特有のなめらかさと光沢感があるのもおすすめポイント。シャリ感のある肌触りも特徴的で、使用していくほど風合いが増し、肌に馴染みます。そのほか、綿同様に吸水性に優れているので、汗をかきやすい方にもおすすめ。通気性もよいので、洗濯後に乾きやすいメリットもあります。

なお、価格は高めの傾向にあるため、購入する際は予算内に収まるかどうか、価格をチェックしておくのも重要です。

パイル地

By: amazon.co.jp

パイル地は、生地の片面もしくは両面に「丸いループ状の糸」が織り出してある生地のことをいいます。質感はタオル生地とほとんど同じです。ループ状の糸が細かく密集している構造なので、肌に触れると包み込むような柔らかな感触を得られます。洗濯をしてもふんわり感が失われにくいので、長い期間使用し続けられるのも魅力です。

また、表面積が広いため、吸水性に優れているのもおすすめポイント。湿気を逃すことも可能なので、汗をかきやすい方におすすめです。

なお、爪や突起物がパイルに引っかかると、糸が飛び出してしまう可能性がある点のみ注意が必要。年間を通して快適な寝心地をサポートしてくれる枕カバーが欲しい方は、パイル生地のモノを検討してみてください。

シルク

By: amazon.co.jp

シルクは、古くからドレスや着物などのフォーマルウェアに使われ続けている素材です。衣料素材のなかでも高級素材として知られており、つるつるとした肌触りが特徴。繊維が柔らかく摩擦が少ないため、肌触りがよく肌や髪への摩擦によるダメージが少ない枕カバーを探している方におすすめです。

また、真珠に例えられる、美しい見た目も魅力のひとつ。一見繊細な素材に見えますが、強度を有しているため耐久性も良好です。

ほかの素材と比べると、メンテナンスが難しかったり虫食い被害のリスクがあったりしますが、品質の高さを重視したい方はチェックしておきましょう。

抗菌・防臭機能をチェック

By: amazon.co.jp

睡眠時に汗をかきやすい方や、枕カバーにニオイがつくのを避けたい方は、抗菌防臭機能があるかどうかもチェックしておきましょう。抗菌防臭機能があるモデルを選べば、枕カバーを清潔に保ちやすく、より快適な寝心地を得られます。なお、防ダニ機能付きの枕カバーもあるので、ダニ対策も考慮して選びたい方はチェックしてみてください。

枕カバーのおすすめ

AYO 枕カバー 高級棉100%

高品質な綿の生地が使われているのが特徴の枕カバーです。極細の糸を使用しており、密度が高い仕上がりのため、肌触りがよいのが魅力。通気性と吸湿性に優れているため、暑い夏の時期でも快適な寝心地を得られます。

サイズは、標準的な43×63cmの枕に対応する45×65cmです。カバーの縦部分に穴が空いている封筒式なので、枕本体の横幅よりも余裕のあるサイズ感で作られています。

また、活性染色技術を利用しているのもポイント。丸洗いでき、洗濯しても色褪せにくいのも魅力のひとつです。カラーバリエーションも豊富なため、寝室に合う色を選びたい方はチェックしてみてください。

Bedsure 枕カバー

低価格かつ、防臭効果と防ダニ機能がある枕カバーを探している方におすすめのモデルです。細菌が繊維上で増殖するのを抑えられるため、汗をかきやすい方におすすめ。また、生地の素材には綿が使用されており、程よい弾力性があります。

サテン織りで仕上げられており、生地の表面に織り目が少ないため、滑らかな肌触りと美しい光沢があるのも特徴。肌や髪の毛への摩擦による負担を軽減しやすい枕カバーを探している方にもおすすめです。コスパを重視したい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 枕カバー 綿100% 全開ファスナー CMP-4363

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 枕カバー 綿100% 全開ファスナー CMP-4363

枕の収まりがよいファスナータイプの枕カバー。着脱しやすいため、洗濯する際に手間がかかりにくいのも魅力です。

パステルパープルやベージュなど、カラーバリエーションが豊富なのもおすすめポイント。寝室に合う色の枕カバーを選ぶことが可能です。なお、生地には吸水性と吸湿性が高い綿100%が使われています。使い勝手のよい枕カバーを探している方におすすめです。

ファブ・ザ・ホーム(Fab the Home) 枕カバー 50x70cm用 エアリーパイル FH113940-870

ファブ・ザ・ホーム(Fab the Home) 枕カバー 50x70cm用 エアリーパイル FH113940-870

ファブ・ザ・ホームは、布団カバーやシーツ、枕カバーなどのファブリックブランド。本製品は、枕カバーにふんわりとした肌触りを求めている方におすすめ。一般的なパイルよりも2倍の量のパイルを使用しているうえに、毛足が長くメレンゲのような触感が特徴です。

また、吸湿性に優れているので、夏場に汗をかきやすい方にもおすすめ。封筒式を採用しており、少し大きめの50×70cmの枕に対応しています。クミンやネイビー、ストーンなど、落ち着いたカラーが用意されているのも人気の理由です。

セシール(cecile) 枕カバー のびのびパイル枕カバー(無地)

セシール(cecile) 枕カバー のびのびパイル枕カバー(無地)

縦にも横にも伸びるストレッチ素材が使われているのが特徴の枕カバーです。さまざまな種類の枕に対応しているのが魅力。低反発枕をはじめ、首に沿った形状の枕やマチのある枕にもフィットします。

また、表面はタオル地のため、暑い夏でも涼しげに使えるのもおすすめポイントです。吸湿性があるので、汗をかきやすい方にもおすすめ。さらに、洗濯機で丸洗いができるため、枕カバーを清潔に保ち続けられるのも魅力です。

適応サイズは横50〜63cm、縦35〜50cm。ディープバイオレットやオリーブグリーンなど、カラーバリエーションも豊富なので、ベッドルームに馴染む色を選べます。

モフア(mofua) 枕カバー うっとりなめらかパフ 43×63cm

モフア(mofua) 枕カバー うっとりなめらかパフ 43×63cm

パウダーを付けるために使用する「パフ」をイメージして作られた枕カバーです。極細マイクロファイバーを高密度で編んだ生地にローズヒップオイルを配合することで、しっとりとした肌触りを実現しています。

また、生地にはストレッチ性があるため、寝返りをうったり動いたりしても快適な寝心地が維持できるのもポイント。さらに、ファスナー式なので着脱しやすく、ずれにくいのも人気の理由です。

適応サイズは43×63cm。カラーはピンクやブラウン、チャコールグレーなどが用意されており、かわいらしい見た目のアイテムを探している方にもおすすめです。

モフア(mofua) 枕カバー マイクロフリース ピローケース あったか 43×75cm

モフア(mofua) 枕カバー マイクロフリース ピローケース あったか 43×75cm

素材にマイクロフリースを採用した、温もりを感じられる枕カバーです。特に冬の寒い時期にぴったり。シワになりにくく、毛玉ができるのを防ぐ「アンチピリング加工」が施されているので、清潔感を重視したい方にもおすすめです。

さらに、着脱が簡単で洗濯機で丸洗いできるのもポイント。サイズは約43×75cmで、標準的な枕に使用すると少し余裕が生まれる大きさです。余った部分は内側に折り込むことで、すっきりとした見た目に整えられます。

ヒオリエ(hiorie) 日本製 枕カバー タオル地

ヒオリエ(hiorie) 日本製 枕カバー タオル地

大阪府泉佐野市のタオル工場で織り上げた泉州タオルを使用している枕カバーです。高密度のふかふかとした厚手のタオル地なので、弾力性や吸水性が高いのが特徴。また、ファスナーやボタンなど金具を一切使用しないカンガルーポケット式を採用しています。

サイズは約42×65cm。裏側の折り返しから枕を入れることで、簡単に装着可能です。カラーラインナップも豊富なので、自分の部屋にあった枕カバーをチェックしてみてください。

アイリスプラザ 枕カバー 2枚セット 天然素材 亜麻 フレンチリネン100%

アイリスプラザ 枕カバー 2枚セット 天然素材 亜麻 フレンチリネン100%

表生地の原料に、フランス北部ノルマンディ地区原産の高品質な亜麻を採用している枕カバーです。使うたびに柔らかさが増すのが特徴。夏は熱を逃がし冬は体温を保つため、オールシーズンで使用できます。

また、中綿にテイジンの抗菌防臭機能中綿を使用しているのもおすすめポイント。洗濯を繰り返してもボリューム感が落ちにくいため、長い期間使用できるのも魅力のひとつです。

Lino 日本製 ピロケース 麻 リネン

Lino 日本製 ピロケース 麻 リネン

環境に配慮された繊維製品の証である、エコテックス認証を受けている枕カバーです。生地にはリネンが使用されているので、耐久性に優れているのが魅力。また、抗菌性を有しているため、枕カバーを清潔に保ちたい方にもおすすめです。

ペクチンと呼ばれる成分が含まれているため、汚れがつきにくいのもポイント。汗をかきやすい方は要チェックのモデルです。なお、繊維のなかに空気が含まれることにより、冬でもあたたかみを感じられるのも人気の理由。43×63cmの枕に対応する、横入れ封筒式の枕カバーです。

LULUSILK シルク枕カバー

LULUSILK シルク枕カバー

LULUSILKは1986年以来、高品質で買い求めやすい枕カバーを提供してきたメーカー。本モデルは、最もグレードが高い6Aの100%シルク素材が使用されており、肌触りがよいうえに美しい高級感のある見た目が特徴です。

抗菌性や弾力性に優れているため、年間を通して快適な寝心地をサポートしてくれます。また、使用されているシルクには天然タンパク質と人肌に極めて近いアミノ酸成分が含まれているのもポイントです。カラーバリエーションも豊富なので、寝室に合う枕カバーを選びたい方に適しています。

Hozoke シルク枕カバー

Hozoke シルク枕カバー

サイズが50×75cmと大きめで、シルク素材が使用された枕カバーです。カラーは、グレーや白、シャンパンなど数種類が用意されています。内側に枕を止める内蓋があるため、枕カバーをより簡単かつ綺麗に装着することが可能。

また、摩擦が生まれにくいため、肌や髪の毛へのダメージを避けたい方にも適しています。静電気が発生しにくいので、冬場でも快適に使用できるのも魅力のひとつです。

LUXEAR ひんやり枕カバー

夏に快適な寝心地を得られる枕カバーを探している方におすすめのモデルです。接触冷感の素材を使用しているのが特徴。ひんやりとした触感を得られます。また、リバーシブル仕様なのも魅力。裏面には100%綿が使用されており、夏以外の季節でも使用可能です。

さらに、ファスナーが裏側に隠れる仕様なので、うっかり顔を傷つけるのを防げるのも魅力のひとつ。丸洗いもできるため、枕カバーを清潔に保つことも可能です。柔らかな風合いのデザインなので、寝室に馴染みやすい枕カバーを探している方におすすめです。

ブルーム 今治タオル 認定 ビレア

ブルーム 今治タオル 認定 ビレア

今治タオルブランド認定の枕カバーです。素材にはガーゼ生地を使用。ガーゼを5重にすることで柔らかい肌触りと優れた通気性を実現しています。また、ガーゼ特有の涼やかな触り心地があるため、暑い夏の季節でも快適な寝心地を得られるのも魅力です。

さらに、一般的なタオル生地とは異なり、丸いループ状の糸であるパイルがないため、摩擦が気になる方にもおすすめ。洗濯するごとに生地に空気が含まれ、ふんわりとした触り心地が維持されるのもおすすめポイントです。繊維がひっかかるのを防ぐためにも、洗濯をする際は必ず洗濯ネットを使用しましょう。

昭和西川 枕カバー

昭和西川 枕カバー

低価格ながら、高級感のある見た目が特徴の枕カバーです。サテン織によって、肌触りがなめらかで光沢があるのが魅力。また、デザインにストライプ柄を採用することで、上質な見た目を演出しています。

さらに、耐久性が高いため、繰り返し洗濯をしても型崩れしにくいのもおすすめポイントです。枕本体がずれにくいように縫製されているので、快適な寝心地を維持できます。