反発力の低いウレタンなどの素材を用いて作られる「低反発枕」。衝撃吸収性や体圧分散力に優れているため、負担が一箇所に集中しにくく、頭や首に優しくフィットして快適な睡眠環境を整えます。

そこで今回は、おすすめの低反発枕をご紹介。低反発枕の選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

低反発枕とは?

By: amazon.co.jp

低反発枕とは、反発力の低い素材を用いている枕の総称です。反発力が小さいので、手のひらで押すとゆっくりと時間をかけて元の形状に戻ります。体型や就寝時の姿勢に合わせて柔軟に形状を変化させることが可能で、頭から肩までを柔らかく包み込むのがメリット。頭部のフィット感が高く、体圧分散性に優れているのもポイントです。

低反発枕は一般的に上下の端部が高くなっており、大小2つの山で構成されています。基本的には、大きい方の山を首に当てる向きが正しい使い方です。上下を間違えてしまうと低反発枕本来の性能を発揮できないこともあるため留意しておきましょう。

低反発枕の選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

高さは5~8cm程度がおすすめ

枕の高さは、体格に合わせて選びましょう。枕に頭を乗せたときに、小柄な方は5cm前後、標準体型の方は6~7cm前後、体格のよい方は8cm前後の高さを目安として選ぶのがおすすめです。

ただし、仰向けに寝るか横向きに寝るかによっても適した高さは多少変わります。不安な方は低めのモノを選んでおいて、手持ちのタオル等を使って高さを自分で調節してみてください。

幅は60cm程度を目安に

約35×50cmの小さめサイズ、約43×63cmの標準サイズ、約50×70cmの大きめサイズなど、枕のサイズは豊富に展開されています。標準サイズの枕は、一般体型の日本人の肩幅を基準につくられているタイプ。寝返りを打っても頭が落ちにくいため、使いやすいサイズです。

低反発枕は一般的に、約35×50cmの小さめサイズが多くラインナップされています。よりゆったりとした寝心地を求める方は、ひと回り大きめのサイズの枕を選んでみてください。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

低反発枕は、主に低反発ウレタンフォームというスポンジ状の素材でできています。ウレタンフォームはポリウレタン樹脂を発泡させたモノで、もともとは、NASA(アメリカ航空宇宙局)が緩衝材として使用していた素材です。最近では独自開発の素材を採用したモノや、いくつかの素材を組み合わせた高機能低反発枕も増えています。

睡眠に関する悩みを抱えている方は、寝心地のよさだけではなく、枕に使用されている素材が持つ機能や特性にも注目してみてください。

反発力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ひとくちに低反発枕といっても、反発力の強さは枕によってさまざま。反発力が低いほど姿勢に合わせて柔軟に形状を変化させやすく、フィット感を覚えやすいのが魅力です。

なお、反発力が低すぎると、頭や首が深く沈み込むことで寝返りを打ちにくくなることもあります。寝返りのしやすさも重視したい方は、低反発枕のなかでも適度に反発力のあるモノや、寝返りを打ちやすい構造のモノをチェックしてみてください。

お手入れ方法を確認

By: amazon.co.jp

低反発枕に使用されているウレタンフォームは、基本的に水洗いができません。衛生面が気になる方は、抗菌・防臭加工などが施された低反発枕がおすすめです。数は少ないですが、なかにはウォッシャブルタイプのウレタンフォームを使用したモノもラインナップされています。

また、水洗いに適さない低反発枕を清潔に保つためには、枕カバーをこまめに交換することが重要。そのため、カバーの取り外しが簡単にできるかどうかもチェックしておきましょう。

低反発枕のおすすめモデル

テンピュール(TEMPUR) オリジナルネックピロー

体温と体圧を感知して沈み込み、体圧を分散させる独自素材「テンピュール」を使用している低反発枕。Sサイズは縦31×横50×高さ8cm、Mサイズは縦31×横50×高さ10cmで、好みの高さに合わせて選べます。

ボリュームのある波形の形状を採用しており、首筋から頭部にかけてフィットするようにつくられているのもポイント。仰向けに寝ても横向きに寝ても、理想的な寝姿勢を保ちやすいのが魅力です。

パイル地のカバーで、肌触りもやわらかく良好。取り外しできてカバーの洗濯ができるため、肌に触れる部分を清潔に保って使いたい方におすすめです。

ショップジャパン(Shop Japan) トゥルースリーパー ネックフィットピロー

低反発素材の「ウルトラヴィスコエラスティック」を採用している低反発枕です。弾力性や復元力を有しているため、体圧を1点に集中させにくいのが特徴。頭から首筋にかけてのゆるやかなカーブに沿ってつくられており、自然な姿勢をキープすると謳われています。

カバーはコットン80%、ポリエステル20%で肌触りのよい生地を採用。取り外しやすいコの字ファスナーなので、お手入れも簡単です。取り外してカバーのみ洗濯できるため、衛生面に配慮しながら使えるのも魅力。毎日使うモノだからこそ、清潔に使い続けたい方にもおすすめのモデルです。

ショップジャパン(Shop Japan) トゥルースリーパー セブンスピロー シングルサイズ

縦68×横90cmの大きさを有する低反発枕です。頭から背中まで包み込むビッグサイズで、寝相が悪い方でも使いやすく寝返りも打ちやすい仕様。広々使えて開放的な寝心地を実現しています。専用のピローカバーは、抗菌・消臭タイプです。

形状は、人間工学に基づいてつくられたボディフィットカーブを採用。低反発素材「スムース・ヴィスコエラスティック」によって体温や圧力に応じて変形し、首や背中のカーブにフィットします。商品に付属している高さ調節シートで、好みの高さに変えられるのもポイントです。

シロカ(siroca) エアレートピロープレミアム

日本の高級寝具ブランド「フランスベッド」と共同開発してつくられた低反発枕。特殊カッティングウレタンフォームを使用しており、包み込むような寝心地を体感できます。また、体圧を分散させるので、1点に負担がかかりにくいのもポイントです。

さらに、ウレタンフォームにはナノシルバーを配合。抗菌・消臭効果が期待でき、衛生面に配慮しながら使える素材を採用しています。ポリエステルの枕カバーにも抗菌効果のある銀糸を織り込んでおり、枕から外して丸洗いもできて清潔に使える仕様です。

サイズは縦36.5×横56.6×高さ10.5cmで、高めの枕が好みの方におすすめ。寝返りを打っても頭が落ちにくい大きさです。

一番星 六角脳枕

六角形の珍しい形状を採用している低反発枕です。枕の表面にWの凹凸構造を施しており、寝返りが打ちやすい構造を採用しています。ほんのり冷たい保冷剤入りで、暑くて寝苦しい夜にもぴったりです。

本製品は、独自開発の「低反発マイクロウェーブ素材」を採用しています。暑い日でも寒い日でも素材の硬さが変わりにくく、頭部や首にしっくりとなじむのがポイント。日本人の身体にあわせて設計されており、高さ調節もしやすいタイプです。

また、通気性や肌触りの良好さも魅力。年間を通して快適な睡眠環境を整えたい方にもおすすめのモデルです。

昭和西川 ギガ枕

身体の約40%を支えると謳う特大サイズの低反発枕。縦70×横90cmで、寝返りを打っても頭が落ちにくいサイズです。両サイドの高さを調節可能なシートも付属しています。

全身の沈み込みを抑えるので、体圧をバランスよく分散できるのもポイントです。また、人間工学に基づいた設計を採用しており、仰向け・横向きのどちらでも眠りやすいのが魅力。さらに、抗菌防臭加工が施されており、カバーと側生地は洗濯できるためお手入れも簡単です。

ネルチャー(Nelture) ス―ジーAS快眠枕

独自の立体形状を採用した低反発枕。航空機の設計技術を応用してつくられています。3D形状によって後頭部側に空間ができ、頭部の蒸れを軽減するのもポイントです。

仰向けで寝るときに首の自然なカーブに沿うようデザインしており、快適な寝姿勢をキープ可能。横向きで寝るときにも、上部カーブ形状によって寝返りを自然に打てるように配慮されています。また、うつ伏せ寝をする方にも使いやすいサイド・アッパー形状なので、空気の通り道が確保できる仕様です。

頭乗部5.5×首乗部7.5cmのベーシックタイプと、頭乗部4.5×首乗部6.5cmのロータイプから高さを選べるのも魅力。体格に合わせて適した高さの枕を選びたい方や、寝方にとらわれない枕を探している方はぜひチェックしてみてください。

あごまくら プレミアムピロー

特殊な形状で5通りの使い方ができる低反発枕です。仰向けや横向き、うつ伏せといったさまざまな寝方に対応しており、抱き枕や背あてクッションとしても使えます。

本体の大きさは縦35×横64cmで標準サイズ。高さは、首に乗せる部分が約9cm、中央の凹部分が約6cm、頭頂部を載せる部分が約10cmと高めに設計されています。寝返りが打ちやすく、首のアーチに沿った形状なので、理想的な寝姿勢をキープしやすいのが魅力です。

耐久性にすぐれたモールド成型ウレタンを採用しているため、型崩れしにくいのもポイント。カバーは上部で肌触りのよいニット生地で、洗濯も可能なタイプです。

ファブリラ(Fabrela) 洗える低反発ウレタン枕

洗濯機で丸洗いでき、お手入れのしやすさにもこだわっている低反発枕。カバーはもちろんのこと、本体までしっかり洗って衛生的に使い続けたい方におすすめです。

体型や寝姿勢に合わせて形状が変化する低反発ウレタン素材を採用。頭部の重さによって沈み込みすぎず、首や頭にフィットします。また、弾力性と通気性を有した独自3D構造の枕カバーも魅力。重さを分散させたり熱がこもりにくくなったりと、快適な睡眠環境をサポートをします。

SサイズとMサイズの2種類あり、全体サイズは縦32×横50cmと同じですが、高さに関してはSサイズが8cm、Mサイズが9cmとそれぞれ異なります。好みに合わせて選んでみてください。

赤堀 横寝まくら

横向きに寝たい方に適した低反発枕。中央に開いた穴が横向きに寝たときに耳の位置にくるので、耳を圧迫せずに眠れます。また、カーブ形状が肩にフィットしやすく、安定感のある寝心地です。

ふんわりやわらかな表地と中材の低反発ウレタンチップが、頭部を包み込むようにフィット。サイドのピンク色の生地は、通気性のよいメッシュ素材を採用しており、蒸れを感じにくいのも魅力です。

さらに、中央部分に比べてサイドが高い設計で、寝返りを打ちやすいのもポイント。サイズは縦32×横54×高さ13cmで、高さのある低反発枕を探している方におすすめです。