デスクワークやテレワークで活躍する「高級オフィスチェア」。リクライニング機能やランバーサポートなど、通常のオフィスチェアにはない機能を多数搭載しているのが特徴です。また、素材にもこだわりが見られます。

近年では多くのブランドが手掛けているため、どれを選べばよいのか迷ってしまいがちです。そこで今回は、おすすめの高級オフィスチェアをピックアップ。選び方やおすすめのブランドもご紹介します。

高級オフィスチェアの選び方

背もたれの高さをチェック

座り心地やフィット感を重視するなら「ハイバック」

By: amazon.co.jp

座り心地やフィット感を重視したい方には、ハイバックタイプの高級オフィスチェアがおすすめ。ハイバックタイプは腰から背中、肩や首にかけてまんべんなく上半身を支えるのが特徴です。

また、座り続けても疲れを感じにくいので、長時間作業する方にぴったり。一方、本体のサイズが大きな傾向にあるため、圧迫感を覚えやすい点には注意が必要です。ハイバックタイプを購入する際は、設置スペースが確保できるかを確認しましょう。

最低限の機能で十分なら「ローバック」

By: amazon.co.jp

最低限の機能で十分な方には、ローバックタイプの高級オフィスチェアがおすすめです。ローバックは背もたれが低く、圧迫感を覚えにくいのが特徴。コンパクトで置く場所を選ばないため、部屋やオフィスが狭い場合でも設置できます。

また、ハイバックタイプのモノよりも値段が安い傾向にあるので、複数台購入する予定の方にもおすすめです。一方で、身体への負担が分散されにくい点には注意が必要。長時間の使用を想定している場合は、ハイバックタイプの購入を検討しましょう。

ロッキング機能をチェック

By: amazon.co.jp

ロッキング機能とは、オフィスチェアの背もたれに体重をかけた際、背もたれが後方に倒れる機能のことです。ロッキングには、背もたれロッキング・背座一体型ロッキング・シンクロロッキングの3種類があります。

背もたれロッキングは、背もたれだけが後ろへ倒れるロッキング機能。多くのオフィスチェアに採用されています。また、背座一体型ロッキングとは、座面と背もたれが同じ角度で倒れるロッキング機能のことです。

そして、シンクロロッキングとは、背もたれと座面が2:1程度の割合で倒れるロッキング機能のことを指します。人の動きに沿って傾くため、高い快適性を味わうことが可能。ほかの機能とは異なり、高級オフィスチェアに搭載されていることが多いのが特徴です。

なお、高級オフィスチェアのなかには、リクライニングの角度が固定できるモデルや、体重に合わせてロッキングのテンションが変えられるロッキング強弱などの、調節機能が備わっているモデルもあります。

長時間使用にはリクライニング機能がおすすめ

By: amazon.co.jp

リクライニング機能とは、背もたれの角度が調節できる機能のことです。作業合間の休憩におすすめ。また、同じ姿勢になりにくいので、長時間のデスクワークに適しています。

ロッキングは背もたれに身体を預けると背もたれが倒れる機能。一方、リクライニングは身体を預けなくても背もたれの角度が変更可能です。本体下部にあるレバーで調節するタイプのモノがほとんどで、多くの高級オフィスチェアに搭載されています。

ヘッドレスト・リストレストをチェック

By: amazon.co.jp

長時間の利用を想定している場合は、ヘッドレストやリストレストも一緒にチェックしておきましょう。ヘッドレストは頭を支え、正しい姿勢での着座をサポートする機能です。クッション性が備わっているモノや可動式のモノがおすすめ。高さや角度が調節できれば、リクライニングした際も快適です。

リストレストは、腕や肘の負担を低減できる機能を指します。リストレストの種類は固定式・高さ調節式・回転可動式・連動式の4つ。固定式のモノは調節が一切できないため、高さや幅を事前に確認する必要があります。

高さ調節式のモノは、使いやすい高さに調節が可能。左右可動式のモノは左右に動かして使いやすい角度に調節できます。また、連動式はロッキングやリクライニングの角度に応じて連動して動くのが特徴です。

ランバーサポートで腰の負担を軽減

By: amazon.co.jp

ランバーサポートとは、背骨のカーブを適切に保つことで疲れを感じにくい体勢の維持をサポートする機能です。背もたれの下部に搭載されており、腰の負担を軽減しやすいのがポイント。長時間のデスクワークにおすすめです。

ランバーサポートにはクッションタイプのモノやダイヤルで調節できるモノなど、さまざまな種類があります。また、なかにはワイヤーの張力を利用し、微調整が行えるモデルもあるので、チェックしてみてください。

素材をチェック

メッシュ

By: amazon.co.jp

メッシュは高い通気性が備わっている素材です。夏場や暖房が入っている室内でも、蒸れにくく快適に使用できます。また、ほかの素材よりも軽量で、移動させやすいモノが多く展開されているのも特徴です。

安定感があり、包み込まれるような座り心地が体感できるのも魅力。身体にかかる負担が分散されやすいのもポイントです。長時間デスクワークをする方に適しています。

レザー(革)

By: rakuten.co.jp

レザーは、オフィスチェアの張地に用いられる素材のなかでも特に高級な素材です。重厚感や上品さを演出したい方におすすめ。レザーが持つ独特の風合いや質感を楽しめるのが魅力です。

また、高い耐久性が備わっているのもポイント。さらに、汚れに強くお手入れが簡単に行えます。長く愛用できる高級オフィスチェアを探している方は、レザーモデルをチェックしてみてください。

ファブリック

By: amazon.co.jp

ファブリックとは、布生地の総称のことです。布生地全体のことを指すため、素材により質感はさまざま。オフィスチェアの張地に用いられる素材のなかでは一般的で、多くのモデルに採用されています。

種類が豊富なのが特徴で、オフィスに合わせやすいモノが多い傾向にあります。多くの種類やカラーバリエーションから高級オフィスチェアを選びたい方におすすめの素材です。

高級オフィスチェアのおすすめブランド

ハーマンミラー(Herman Miller)

By: amazon.co.jp

「ハーマンミラー」は、1905年に立ち上げられたアメリカの家具メーカーです。100年以上の歴史があり、さまざまな製品を手掛けてきました。

ハーマンミラーが販売しているオフィスチェアは、素材にメッシュが使われているモデルが多いのが特徴。長時間の作業やテレワークにおすすめです。また、デザイン性に優れたスタイリッシュなモデルもラインナップされています。

オカムラ(OKAMURA)

By: amazon.co.jp

「オカムラ」は、1945年に創業された主にオフィス用家具などを扱うメーカーです。創業当初からトルクコンバータなど、さまざまな製品の開発をしており、現在も幅広い分野の事業を手掛けています。

オカムラの高級オフィスチェアは、デザイン性に優れているのが特徴。グッドデザイン賞をはじめ、数多くの表彰を受けています。また、エルゴノミクスやリングフレーム構造など、機能性に優れたモデルがラインナップされているのも魅力です。

エルゴヒューマン(Ergohuman)

By: amazon.co.jp

「エルゴヒューマン」は、インテリアや住関連商品の企画販売を行っている「関家具」のチェアブランドです。

エルゴヒューマンのオフィスチェアは、独自の「独立式ランバーサポート」を採用しているのが特徴。ヘッドレストやレバーにもこだわりが見られます。また、複数のメッシュや牛革、ファブリックとさまざまな材質が使われているのもポイントです。

コクヨ(KOKUYO)

By: amazon.co.jp

「コクヨ」は、1905年に創業された日本のメーカーです。オフィス家具のほかに、文房具の製造や空間デザインといった事業を行なっています。

「ワイヤーランバーサポート」を搭載した製品など、身体に沿って滑らかにフィットし、ミリ単位で調節が行えるモノを取り扱っているのが特徴。また、趣向が凝らされたデザイン性の高いオフィスチェアを多くラインナップしています。

高級オフィスチェアのおすすめランキング

第1位 ハーマンミラー(Herman Miller) アーロン リマスタード

座面と背もたれに特殊なメッシュ素材「8Zペリクルサスペンション」を採用した高級オフィスチェアです。体圧分散に優れ、高い通気性も兼ね備えています。加えて、横方向に8つのゾーンを設けることで、快適な座り心地とサポート性を実現しているのも特徴です。

設置しても圧迫感を覚えにくいローバック仕様。背もたれに搭載したハーマンミラー独自の「ポスチャーフィットSL」が背骨をサポートします。また、調節可能なパッドが腰椎をサポートするため、長時間快適に座り続けられるのが魅力です。

チルト機能を搭載しており、前傾姿勢からリクライニング姿勢へ滑らかに移行できます。同じ姿勢になりにくく、身体に負担がかかりにくいのがポイント。また、スタイリッシュな見た目で、デザイン性の高さも良好です。

第2位 ハーマンミラー(Herman Miller) セイルチェア

吊り橋の原理から誕生した、フレームのないサスペンションバックを採用している高級オフィスチェアです。体勢を自由に変えやすいのが特徴。加えて独自のYタワー構造が、優れたサポート性を発揮します。

2つのヒンジポイントが、胸部から腰部、仙骨までをサポート。座る人の体型や動きに合わせて適切に補助します。さらに、耐荷重が最大159kgあるため、大柄な方でも使用できるのが魅力です。

約10cmの調節が可能なランバーサポートを搭載。背骨のカーブを適切に保ち、腰への負荷を低減します。また、約10cmの高さ調節ができるフルアジャスタブルアームが備わっているのもポイント。快適に座れるオフィスチェアを探している方におすすめです。

第3位 オカムラ(OKAMURA) シルフィー エクストラハイバック

背もたれのカーブが簡単に調節可能な「バックカーブアジャスト機能」を搭載している高級オフィスチェアです。レバーを下げると緩やかに、上げると狭くなります。体型に合わせてフィット感を変えられるのが特徴です。

前傾機能付きのシンクロリクライニング機能が備わっているのもポイント。デスクワークや学習に適したポジションが獲得できます。また、疲れたときには後傾姿勢を取ることで、身体を休められるのも魅力です。

ハイバック仕様で、腰から背中、肩や首にかけてしっかりとサポートします。また、座面の高さや奥行きはもちろん、アームレストの高さや角度も調節が可能。幅広いユーザーが快適に使用できる、おすすめのアイテムです。

第4位 エルゴヒューマン(Ergohuman) プロ オットマン EHP-CPL

収納式のオットマンを内蔵している高級オフィスチェアです。長時間のデスクワークで疲れた際、効率よく足を休められます。加えて、ラチェット式を採用しており、細かい段階で調節が行えるのも特徴です。

独立式のランバーサポートを採用しているのもポイント。座る人の体系や体勢に合わせて腰をサポートします。加えて、リクライニング機能も備わっており、身体を預けて休めるのも魅力です。

座面の下にはハイブリッドレバーを標準搭載。座面の昇降やリクライニングのテンション調節、座面のスライドが簡単に行えます。また、ヘッドレストや4Dアームレストなど、さまざまなオプションを搭載。長時間のデスクワークにおすすめのアイテムです。

第5位 コクヨ(KOKUYO) イング メッシュタイプ

2層のメカを組み合わせた「360°グライディング」を採用している高級オフィスチェアです。前後左右やひねりなど、さまざまな動きに追随してサポートします。バランスを崩さず、安定して身体を預けられるのが魅力です。

座面の下には、グライディングのオンオフが切り替えられるストッパーを搭載しています。また、座面には、3Dポスチャーサポートシートを搭載。圧力を分散するほか、前傾時の滑り落ちも防止します。

背もたれにはメッシュ素材を採用しており、優れた通気性が備わっているのもポイント。長時間の使用でも熱や湿気がこもりにくいのが特徴です。また、脚部にはキャスターが付いているので、オフィス内をスムーズに移動できます。

第6位 レカロ(RECARO) 24H CHAIR

正しい着座姿勢をサポートする高級オフィスチェアです。自動車用シートで培った独自のシート哲学を取り入れているのがポイント。腰に負担がかかりにくいので、長時間のデスクワークにおすすめです。

シートの高さが39~46cmの間で細かく調節できるのも魅力。さまざまなサイズのオフィスデスクに合わせられます。快適な座り心地を求める方におすすめのアイテムです。

第7位 エルゴヒューマン(Ergohuman) スマート

背もたれと独立したランバーサポート機能が備わっている高級オフィスチェアです。幅広いユーザーの腰を支え、サポートします。加えて、リクライニング機能付きで同じ体勢になりにくいため、長時間のデスクワークにもおすすめです。

リクライニングのテンションが調整できるのもポイント。加えて、ロッキングのオンオフや座面の昇降などが簡単に行えるハイブリッドレバーも備わっています。さらに、デスクに合わせて座面の高さや奥行きが変えられるのも魅力です。

第8位 コクヨ(KOKUYO) ファブレ

背もたれに2色の糸を用いたプレーンタイプのファブリックバックを採用している高級オフィスチェアです。あたたかみがあり、幅広いオフィスにマッチします。加えて、流体的なシルエットで、生活空間にも馴染みやすいのも特徴です。

ユーザーの体重に合わせて自動的に調整する「オートアジャストロッキング」が備わっているのもポイント。レバーを使って、手動でも調節ができます。加えて、デスクの高さに合わせて座面の高さも変更できるのが魅力です。

第9位 オカムラ(OKAMURA) コンテッサ セコンダ

背もたれと座面がシンクロしながらリクライニングする「アンクルチルトリクライニング」機能が備わった高級オフィスチェアです。同じ着座姿勢になりにくく、身体を休めやすいのが魅力。長時間のデスクワークにおすすめです。

肘に付いたレバーから、簡単に座面の高さが調節可能。座面の奥行きを調節する機能や、高さや角度が変えられるアジャストアームも備わっています。加えて、座面に硬さの異なるクッションを採用しているのも特徴です。

背もたれと座面の素材には、通気性に優れたメッシュを採用。長時間蒸れることなく、快適に座り続けられます。また、脚部には直径75mmのキャスターが付いているので、移動のしやすさも良好です。

第10位 ハーマンミラー(Herman Miller) ミラ2チェア

葉脈状に穴が開いた成型ポリマーとファブリックを組み合わせた「バタフライバック」を採用している高級オフィスチェアです。優れたサポート性と通気性が備わっています。長時間座っても熱や湿気がこもりにくいのが特徴です。

ユーザーの動きや体重のかけ方に合わせて動くチルト機能を搭載しているのもポイント。同じ体勢になりにくく、疲れを覚えにくいのが魅力です。オフィスへの導入はもちろん、テレワークやリモートワークなどにも適しています。