一般的な椅子よりも座面が広く、ゆったりと腰掛けられる「ラウンジチェア」。座面に包み込まれるような感覚を味わえるモデルが充実しています。よりリラックスしたおうち時間を楽しめるので、一脚あると便利です。

しかし、製品により素材や機能が異なるため、どれにすべきか迷うこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、ラウンジチェアのおすすめアイテムをご紹介します。選び方も解説するので、自分にぴったりな製品を見つけてみてください。

ラウンジチェアとは?

By: rakuten.co.jp

ラウンジチェアとは、ホテルやオフィスのラウンジに置かれている、休憩用チェアのことを指します。安楽椅子とも呼ばれており、1人掛けのモノが主流です。

ただし、最近は座面が低く幅広で奥行きもあり、深く腰掛けられる椅子全般をラウンジチェアと呼ぶように。日本ではパーソナルチェアやリクライニングチェアとの名称でも親しまれているインテリア家具です。

ラウンジチェアの魅力

By: nterior-arne.com

ラウンジチェアの魅力は、座面が広くリラックスしやすい姿勢で座れるため、長時間座った場合でも疲れにくいこと。クッション性のある素材が使われているモノなら、よりゆったりと体を預けられます。

映画鑑賞や読書など、自宅で趣味を楽しみたいときにぴったり。また、背もたれが傾斜しているモノも多く、仕事や家事の合間に休息を取るスペースとしても役立ちます。

ラウンジチェアの選び方

座面の広さをチェック

By: rakuten.co.jp

座り心地を重視したいなら、座面の広さに注目。座面が広いほど窮屈感を抑えられます。また、さまざまな体勢で過ごせることも利点のひとつです。幅はもちろん奥行きがあるモデルならより深く座れ、背もたれに上半身を預けやすくなります。

椅子の上で横座りをしたい場合には、幅50cm×奥行き50cm以上が目安。足を上げてあぐらがかけるモノがほしい場合にも同様です。

アームレストの高さとクッション性をチェック

By: rakuten.co.jp

アームレストの高さやクッション性もチェック。アームレストが程よい位置にあると、より自然な体勢で座れます。具体的には、ゆったりと腰掛けて腕を下ろしたとき、肘よりも少し高めの位置にあるモノがおすすめです。

サイドが高すぎて窮屈に感じないよう、アームレストの高さと座面幅とのバランスも併せてチェックしておきましょう。また、無理なく腕を預けられるよう、クッション性のある仕様かどうかも確認したいポイントです。

リクライニング・フットレス機能をチェック

By: rakuten.co.jp

ラウンジチェアを選ぶ場合は、リクライニング機能やフットレスト機能の有無も確認しておきましょう。

背もたれを倒せるのがリクライニング機能。また、フットレスト機能は足を少し高い位置に乗せて休められるのが特徴です。背中から足先まで伸ばして座れるため、お昼寝や映画鑑賞など使い道が広がります。

注意しておきたいのは、リクライニング機能やフットレスト機能付きの製品は、大型タイプが多いこと。設置にはある程度の幅と奥行きが必要です。

オットマン付きもおすすめ

By: rakuten.co.jp

お部屋に簡易的な椅子や足置きを増やせるのがオットマン付きモデルです。フットレスト機能付きモデルとの違いは、床面に対して足をまっすぐ伸ばせること。また、足置き部分がラウンジチェアから独立している点も特徴です。

ただし、耐荷重によっては座れない場合も。購入前には、念のため付属するオットマンの使い方をチェックしておきましょう。

素材をチェック

By: rakuten.co.jp

ラウンジチェアは、一般的な椅子より大きく存在感があるアイテム。使用されている素材の質感は、お部屋全体へ与える印象に関わります。

耐久性や高級感のあるモノを選びたいなら本革がおすすめ。ツヤのあるなめらかな手触りや経年変化を楽しめるのが持ち味です。専用のクリームでお手入れをしながら、長く大切に使えます。

フェイクレザーは、本⾰と同じような質感ながら安価でお手入れもラクです。なかでも、PUレザーはやわらかく弾力のある質感。PVCレザーは固くつるりとしています。

あたたかみがあり、親しみやすい印象をプラスできるのがファブリック。織り方や糸によって触り心地・柄の出方などに違いがあります。カラーやデザインの種類が豊富で、いろいろなモデルとの出会いを楽しめるのもメリットです。

設置場所に合ったカラーやデザインをチェック

By: rakuten.co.jp

ラウンジチェアを選ぶ際は、カラーやデザインが設置場所に合っているかどうかも重要。ナチュラルなイメージのお部屋なら、木製フレームを取り入れたモデルがおすすめです。落ち着いた印象でリビングルームにもよく合います。

また、お部屋に明るく清潔感のある印象を与えたいときは、アイボリーや白などの色がぴったりです。 迷う場合には、重厚感がありさまざまなイメージのお部屋になじみやすい黒をチョイスしましょう。

ラウンジチェアをインテリアのアクセントとして取り入れたい場合には、北欧風デザインによく見られる赤や黄色などのポップなカラーのモノをチェックしてみてください。

リプロダクト品もおすすめ

By: rakuten.co.jp

コストを抑えながらデザイン性に優れた製品がほしいなら、リプロダクト品も見てみましょう。リプロダクト品とは、意匠権が切れた有名デザイナーの家具を再現して作られた製品のことです。

正規品と比べ、カラーや材質の選択肢が充実している傾向にあります。また、リーズナブルな価格のモノが多く、高級家具の代用品としてもおすすめです。

デザイナー家具として名高いイームズラウンジチェアも、多くのリプロダクト品が展開されています。また、アルネ・ヤコブセンのリプロダクト品のなかには、北欧デザインで仕上げられたモノも。ほかにも気になっているデザイナーがいれば、ぜひ一度探してみてください。

ラウンジチェアのおすすめ

サンディースタイル(sandy style) Contour Chair プレミアム

グラント・フェザーストーンによるラウンジチェア・オットマンのリプロダクト品です。北欧デザインを彷彿とさせる、あたたかみのある見た目が印象的。特に、ラウンジチェアは曲線の美しさが際立つデザインに仕上がっています。

サイズは若干小さく、日本人に適しているのもポイント。丸みがあるため、体を包み込まれているかのような感覚が味わえます。

シートの素材はPUレザー・ファブリックの2種類をラインナップ。脚部は天然木で作られており、先端にかけて細くなったデザインです。

ニトリ アクセントチェア シャルパ2 1350004

ニトリが扱っている北欧風デザインのラウンジチェアです。なだらかなラインを基調としたデザイン。張り地には、ファブリックが採用されています。お部屋にあたたかみをプラスできるのでおすすめです。

座面高は一般的なソファと比べて高い43cmで、立ち上がりやすいのもポイント。脚高もあるのでロボットクリーナーが入りやすく、設置後の床掃除を億劫に感じていた方にも適しています。

アーネ(arne) Ballon 1P リゾート生地 0000a51147

やさしい印象でお部屋に溶け込みやすいラウンジチェアです。背中をやさしく包むようなシルエットにコロンとした台形状の脚がマッチしており、後部から見ても魅力的。背部を隠すことなく置けるモノがほしい方におすすめです。

付属のアジャスターで脚を取り外せば、スッキリとした見た目に。また、同じシリーズから販売されているアイテムと合わせることでお部屋に統一感が出せます。

イケア(IKEA) POÄNG ポエング パーソナルチェア 193.870.92

北欧発の家具ブランドであるIKEAで、10年以上人気の製品。積層合板を曲げたスタイリッシュなフレームが魅力的です。後部に脚を設けていないからこそ生まれる、弾力性がポイント。背もたれが高く、首までサポートできる設計です。

カバーの色はポップなスキフテボーイエロー。差し色としてラウンジチェアを導入したい場合に適しています。なお、付属品以外のシートクッションにも付け替え可能です。お部屋のインテリアに合わせて、さまざまなコーディネートが楽しめます。

カリモク家具 肘掛椅子 ZU48A0K353

By: karimoku.co.jp

設立から70年以上を数える愛知県の家具メーカー、カリモク家具によるラウンジチェア。耐久性と座り心地を兼ね備えたクッションや、モールドウェーブが採用されています。クッション性に長けているのが強みです。

アームとシート前・背もたれ横に配置された木部は分厚く、重厚感のある印象。一方、バックパネルはスッキリとしており、間仕切りを兼ねて設置した場合も圧迫感が少ない仕様です。

足元の空間がきちんと確保されているため、立ち上がったり掃除したりしやすくおすすめ。デザイン性はもちろん、実用性にも優れた一脚です。

マルニ(maruni) MARUNI COLLECTION HIROSHIMA ラウンジチェア 4059615032

100年経っても飽きないデザインと堅牢さのある家具作りを目指して開発された製品です。国内外にある企業と手を組み数多くの製品作りに携わってきたプロダクトデザイナー、深澤直人氏がデザインしています。

シャープなラインを描きながらもやわらかくまとまっており、見る角度によりさまざまな表情が楽しめるラウンジチェア。接合部の継ぎ目を手作業で目立ちにくく加工することで、どこから見ても美しく仕上げています。

大きく湾曲した背もたれとアームが一体化しており、ゆったりと腰を掛けられるのでおすすめ。ずっと触れていたくなるようなやさしい手触りも魅力です。

付属のオットマンはチェアやソファと合わせても使えるほか、補助椅子としても活用できます。

平田椅子製作所 PISOLINO Lounge Chair

椅子を中心に製作する佐賀県の木工椅子メーカー、平田椅子製作所が手がけたラウンジチェア。日本製にこだわりたい方は要チェックです。

背中が包み込まれるような、滑らかな曲線を描いたデザイン。角張った箇所が少なく、お部屋にやさしい印象を加えたい方にもおすすめです。

背面・座面ともに広々としており姿勢を変えやすく、長時間座っていても疲れにくい設計。また、低めのテーブルと合わせればダイニングチェアとしても活用できます。

木製フレームの材質は、ウォールナット・アッシュ・レッドオークをラインナップ。また、ファブリックは4種類で、アイボリーをはじめ20色以上が展開されています。

カリッジ・マーケット(CORIGGE MARKET) ウォーターヒヤシンス・ラウンジチェア ユーフォー 66487790 55

ウォーターヒヤシンスのやさしい質感を活かしたラウンジチェアです。インドネシアの職人が1本ずつ手作業で同素材を編み込んでおり、あたたかみのある仕上がりが魅力。耐久性があり、直射日光を避ければ長く愛用しやすくおすすめです。

脚に、木材のなかでも固いマホガニーを使用した頑丈なつくりもポイント。フレームにはラタンでも特に太めのコアを採用しています。軽いので動かしやすく、座面下の掃除もラクでおすすめです。

クッションはファブリックで作られています。カラーは、モダンで品のある印象をプラスできる淡いグレーです。

宮武製作所 パーソナルチェア Epona KNC-K900

向きによって印象が変わる、ツートンカラーデザインのラウンジチェアです。前面には明るいカラーを配置し、背面には落ち着いたダークグレーを合わせており、存在感のある見た目に仕上がっています。

体にフィットしやすい、丸みのあるデザイン。背もたれや座面はもちろん、アームレストにもクッション性のあるウレタンが詰め込まれており座り心地も良好です。

座面下のレバーを引くだけで、約64〜72cm間での高さ調節が可能。座る方に合わせた使い方がしやすく、家族で共有したい方にもおすすめです。座面には回転機能も備わっており、機能性に優れています。

PUレザーを丁寧に縫製することで、上質な雰囲気があるのも特徴。脚部のフレームは、強度のあるスチールに砂目塗装を施して作られています。

イノベート(Innovate) アルネ・ヤコブセン エッグチェア&オットマン リプロダクト inv0001-217F

卵のようなフォルムが魅力的なラウンジチェアです。アルネ・ヤコブセンによる、おしゃれで可憐な印象の北欧デザインが魅力。自身が設計したホテルのために手がけたデザイナーズ家具をリプロダクト品化しています。

脚部は、軽量で耐腐食性に優れたアルミダイキャストに、マットなヘアライン仕上げを施して製造。滑り止め付きで、床に金属部分が直接当たらない仕様です。張地はファブリックで、カシミアブラック・カシミアレッドなど8色のカラーをラインナップしています。

イノベート(Innovate) ポール・M・ヴォルザー コロナチェア&オットマンセット inv0001-221F

ポール・M・ヴォルザーによるデザイナーズチェアのリプロダクト品。もともとは皆既日食からひらめきを得てデザインされ、1964年に発表された作品です。

葉っぱを並べたような背もたれが体にフィットします。隙間から向こう側が見える仕様により、お部屋に溶け込みやすくおすすめです。座面から床にかけて広がる脚部のデザインも目を引きます。

付属するオットマンは、単独で椅子としても使用可能。張地のファブリックにはカシミアが入っており高級感もあります。

イノベート(Innovate) ミース・ファン・デル・ローエ バルセロナチェア inv0001-218L

近代工業デザイン分野での巨匠とされ、バウハウスでは校長も務めたミース・ファン・デル・ローエによる作品のリプロダクト品です。ハサミをモチーフにしたシンプルなデザイン。背面から弧を描くようにカーブし、座面下でクロスする脚部が特徴的です。

フレームには、腐食に強いステンレスを採用。輝きが持続するよう鏡面磨きを施しています。また、再現度を高めるため角まで美しく仕上げられているのも強みです。

革メーカー、MASTROTTOが扱っているイタリアンレザーを使った総本革仕様。きめ細かくしなやかで、革ならではのなめらかな肌触りが感じられます。使い込むほど味が出るため、長く愛用していける一脚を探している方におすすめです。

ABCインテリア イームズ ラウンジチェアー オットマン 2点セット CL-2898

イームズ夫妻によりデザインされたラウンジチェア・オットマンのリプロダクト品です。強度と美しさを兼ね備えたプライウッドのフレームに、レザーが合わさったミッドセンチュリーデザイン。誕生から50年以上の時を経ても愛され続けている製品です。

クッション部分には厚み約15cmのウレタンフォームを使用しています。幅88×奥行86cmと座面が広めで、ゆったりとした快適な座り心地。座面がゆるやかに傾斜しており、背もたれへ体重を程よく分散できる仕様です。

カラーは、黒・白・ブラウンの3色展開。お部屋に合ったカラーを選びやすくおすすめです。

PRC パーソナルチェア オットマン付き

360°回転に対応しており、座ったままでも向きを変えられるラウンジチェアです。近くにあるモノであれば、立ち上がることなく手に取れて便利。オットマンが付属しているため、足を伸ばしたまま座れる点もおすすめです。

付属のテーブルは左右に直接設置可能。また、張地には本革を使用しています。革の質感や触り心地はそのままに、耐久性を強化するセミアニリン加工が施されているのが特徴です。

ファミリー・ライフ 日本製 くつろぎのリクライニングアームチェア EX 03956

リクライニング機能・フットレスト機能を備えたラウンジチェアです。肘掛けを手前に引き上げるだけで、背もたれの6段階調節が可能。フットレストは14段階に分けて位置が変えられ、調節次第では全身を伸ばした状態でもくつろげるのでおすすめです。

国内メーカーのウレタンを使用した、ボリューミーな座面も魅力的。背もたれは、ゆるやかなカーブが付いた形状です。

使わないときにはコンパクトにまとめられる折りたたみ式。壁とタンスの隙間にもすっぽりと収まります。安定感をアップさせつつ、床の傷付き対策としても便利な転倒防止プロテクターが付属している点もポイントです。

ラウンドチェアの売れ筋ランキングをチェック

ラウンドチェアのランキングをチェックしたい方はこちら。