ビジネスシーンでは必須の「オフィスチェア」。仕事のパフォーマンスを大きく左右するものなので、購入する際は慎重に選びたいものです。しかし、オフィスチェアといっても形状・素材・機能など、さまざまな違いが存在するため、何を選べばよいのか迷ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、オフィスチェアの選び方をご紹介します。人気ブランドのおすすめ製品もピックアップしているので、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

オフィスチェアの選び方

①背もたれの種類で選ぶ

オフィスチェアは、背もたれの高さによって「ローバック」と「ハイバック」の2種類に分類できます。厳密に規格が決められているわけではありませんが、だいたい肩甲骨までのものをローバック、肩甲骨以上をカバーするものをハイバックと呼ぶ傾向があります。

ローバック

By: amazon.co.jp

背もたれの低いローバックは、価格の安さが魅力です。オフィスの引っ越しや新部署の立ち上げなど、大量にチェアを揃えたいときにおすすめ。また、圧迫感が少ないので、オフィスを広く見せる効果も期待できます。

ハイバック

By: amazon.co.jp

背もたれの高いハイバックは、座り心地のよさが特徴です。体重をオフィスチェアにあずけられるので、休憩をしたいときに便利。背もたれが頭の高さまであるモノや、ヘッドレストがあるモノは睡眠用としても使えます。

②素材で選ぶ

ファブリック

By: amazon.co.jp

いわゆる布生地。オフィスチェアでは最もメジャーな素材です。最大の特徴は「安価」なところで、大量に購入したいときにおすすめです。また、カラーバリエーションが豊富なのもファブリックならではのメリットといえるでしょう。

レザー

By: amazon.co.jp

重厚感のあるレザー素材。社長室や会議室などに置くような「エグゼクティブチェア」によく用いられています。本革は耐久性が高く、時間の経過とともに色合いや質感の変化が楽しめるのが特徴。合成皮革は手入れが簡単でリーズナブルです。

メッシュ

By: amazon.co.jp

メッシュ素材は、通気性に優れているのが特徴です。長時間座っていてもムレにくいので、オフィスチェアに最適な素材のひとつと言えるでしょう。弾力性が高く、フィット感がよいのもポイントです。背もたれにメッシュを採用したモデルが多いのですが、なかには座面にもメッシュ地を採用したモノもあります。

③ひじ掛けの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ひじ掛けは、「アームレスト」と呼ばれるように「腕の緊張をリラックスさせる効果」が期待できます。書類仕事やキーボードでの入力作業など、デスクワークがメインの方ならば、ひじ掛け付きの椅子がおすすめです。ただし、デスクが低い場合はひじ掛けが当たってしまうことがあるので、「高さ調整」や「左右調整」といった調整機能があるものを選びましょう。

④ロッキングの種類で選ぶ

ロッキングとは、背もたれなどの部分が後方に倒れる機能のこと。体重を預けてリラックスした体勢で作業したり、休んだりすることが可能です。ほとんどのオフィスチェアに搭載されている機能ですが、大別すると以下の3種類に分けることができます。

背ロッキング

背もたれのみが後方に倒れるイスで、一番オーソドックスなタイプです。いわゆるリクライニングチェアと同じような感覚で使うことができます。低価格帯から高価格帯まで、幅広く導入されているのが特徴です。

背&座ロッキング

背もたれと座面が固定されたまま後方に倒れるタイプ。ゆらゆらと前後に揺れることで気分転換ができます。椅子上でじっくりと思考したいときに便利。ただし、一緒に足も浮いてしまうため、背筋を伸ばしたいときには不向きです。

シンクロロッキング

背もたれと座面が独立しており、それぞれが最適な角度を保ちながら稼動するタイプです。リラックスしたいときはもちろん、睡眠を取りたいときにも便利。主に高級オフィスチェアで採用されている機能です。

腰痛の人でも座りやすいオフィスチェアのおすすめ

アーユルチェア(ayur chair) キャスタータイプ オクトパス

2つに割れた座面が特徴的なアーユルシリーズ。この座面をまたぐように乗ると骨盤が立った状態になり、自然と理想的な姿勢で座ることが可能です。猫背などの身体に悪い座り方を矯正できるので、肩や腰への負担を軽減できるのもポイント。

座面には、適度に弾力のある素材を使っているので安定感が高く、座り心地も良好。また、腰当てによって正しい姿勢をロックしてくれるため、長時間のデスクワークにも対応できます。無意識に前傾姿勢になってしまう方や、肩こりや腰痛に悩んでいる方におすすめのオフィスチェアです。

アーユルチェア(ayur chair) キャスタータイプ ゼロワン

座るだけで正しい姿勢を保ち、肩や腰への負担を軽減してくれるアーユルシリーズのハイエンドモデル。脚部がプラスチック製から金属製に変わっているのが特徴で、見た目の高級感がアップしています。オフィス用としてはもちろん、書斎用のチェアにもピッタリです。

また、ワイドデザインに変更されているのもポイント。さらに従来と比べて座面を高く調整できるので、身長180cm以上の方も安心して使えます。肩こりや腰痛に悩んでいる方におすすめのオフィスチェアです。

コクヨ(KOKUYO) Bezel

座面が独立して動く、独自メカニズムを採用した「ベゼル」。座面が20mm前方にスライドするので、腹部および腰回りの負担を軽減することが可能。椅子に座るとお腹に圧迫感を覚える方や、腰痛が気になる方にピッタリです。

また、座面には「ポスチャーサポートシート」を採用。骨盤をしっかりと支えてくれるベース部分と、柔らかなクッション層を組み合わせることで、快適な座り心地を実現しています。長時間デスクワークをする方におすすめのオフィスチェアです。

コスパ高。安く手に入るオフィスチェアのおすすめ

内田洋行(Uchida) CAST

内田洋行のオフィスチェア「キャスト」の特徴は、個人の体格に合わせてフォームを細かく変えられるところです。椅子の高さはもちろん、ひじ掛けの動き、リクライニング強度など、さまざまな調整を行えます。小柄な方から大柄の方まで対応できるので、オフィス全体でチェアを統一したいときに便利です。

また、背もたれの上部が常に15°稼働するのもポイント。勤務中にちょっと背筋を伸ばしたくなった際も、背もたれに体重をあずけるだけで簡単に動かせるようになっています。もちろん、背中にかかる反発力を変更することも可能。「自分にとって最高の座り心地」を探求したい方におすすめのオフィスチェアです。

内田洋行(Uchida) AJ CHAIR

背もたれの3Dメッシュが特徴的な「AJチェア」。エリアごとに異なる大きさの網目を配置することで、座る人の体格に合わせて自由自在に伸縮するのが特徴です。デスクワーカーの背中を優しく包み込んでくれます。

背もたれは20°の範囲で稼働する「フリーリクライニング」構造を採用。さらに、背もたれの上部はしなるように設計されており、背伸びや振り返りなど、柔軟に姿勢を変えられます。オフィスはもちろん、受付や会議室など、さまざまなシーンに調和するおすすめのオフィスチェアです。

リクライニングタイプのオフィスチェアのおすすめ

エルゴヒューマン(Ergohuman) エルゴヒューマン プロ

フレーム部分にアルミダイキャストを採用しているのが特徴。アルミはスチール素材と比べて軽量であり、鏡面仕上げを施すことで美しい輝きを放ちます。一体成型のため非常に頑丈。長期間使っても、曲がりやサビが発生しにくいのも魅力です。

また、エルゴヒューマンは数々の調節機能が搭載されているのもポイント。リクライニング機能はもちろん、背もたれの高さ、ヘッドレストの高さ・角度、アームレストのポジションなど、さまざまな要素を自分好みにカスタマイズできます。快適な座り心地を追求できるおすすめのオフィスチェアです。

エルゴヒューマン(Ergohuman) エルゴヒューマン ベーシック

ほかのチェアにはない快適な座り心地を目指しているエルゴヒューマン。「ベーシック」は長年愛されている同ブランドのスタンダードモデルです。最大の特徴は、腰へのサポート機能を重視しているところ。リクライニング機能を搭載しているのはもちろん、腰にしっかりとフィットする「独立式ランバーサポート」によって、腰回りの負担を軽減してくれます。デスクワークがメインの方など、長時間椅子に座る方にピッタリです。

また、フレーム部分には鏡面仕上げが施されたアルミダイキャストを採用。軽量かつ頑丈な素材で、使い勝手に優れています。シートには高級感のある牛側を採用しているため、エグゼクティブ用としてもおすすめのオフィスチェアです。

ヒューマンスケール(Humanscale) フリーダム

ヒューマンスケールの代表作「フリーダム」。座る人に合わせて、自動的に各パーツが稼動する「インテリジェントメカニズム」を採用しているのがポイントです。リクライニングの位置に合わせてヘッドレストやアームレストの位置が調整されるので、レバー操作をすることなく、常に快適な姿勢を維持できます。

また、背もたれのクッション部分には、背骨のラインに沿って溝が掘られているのもポイント。この溝によって一か所に体重が集中することを防ぎ、背中全体で体を支えられます。特別な調整をしなくても快適に座れる、おすすめのオフィスチェアです。

ウィルクハーン(Wilkhahn) ONチェア

座り心地や安定感などを重視するオフィスチェアが多いなか、動きやすさに注目したのがウィルクハーンの「ONチェア」。三次元シンクロメカニズム「トリメンション」構造を採用することで、前後左右だけでなく、回転動作にも対応できるのが特徴です。

重心は椅子の中心にとどまるため、安心して腰を掛けることが可能。イスに座ったまま大きく振り返ったり、ファイルを取ったり、ゴミを捨てたりと、アクティブに動けます。テキパキと仕事をこなしたい方におすすめのオフィスチェアです。

ウィルクハーン(Wilkhahn) INチェア

「INチェア」は、トリメンション構造による動きやすさを維持しつつ、原材料などを見直すことでコストダウンを図ったモデルです。グラスファイバーの混合率を調整して部位ごとに硬度を変える「2-component technology」を採用。可動性や耐久性を損なわずに、パーツの削減に成功しています。

また、サイズもONチェアと比べてコンパクトになっただけでなく、デザインやカラーもスポーティースタイルに変更されています。安価なオフィスチェアを探している方はもちろん、デザインを重視している方にもおすすめです。

ヴィトラ(Vitra) パシフィックチェア

世界的に有名なデザイナーユニット「バーバー&オズガビー」によって設計された「パシフィックチェア」。金融系などのカッチリとしたオフィスをはじめ、デザイナーズオフィスのようなオシャレな空間にも溶け込めるシンプルなデザインが特徴です。

もちろん、オフィスチェアとしての機能性も持っています。リクライニング機能のほか、前後にスライド調整できる座面、自由自在に稼働するアームレストパッドなど、使い勝手も良好。見た目だけではなく、性能面でも優れているおすすめのオフィスチェアです。

ヴィトラ(Vitra) AM Chair

「AMチェア」は、デザイナーであり、エンジニアでもあるアルベルト・メダ氏によって設計されたオフィスチェアです。最大の特徴は、一切の無駄を排した合理的なデザイン。大きな背もたれとアームレストによって体重をしっかりと受け止めてくれます。

また、各パーツの微調整を行えるのもポイントです。背もたれは角度調整に加えて、高さ調整もできるため、大柄の方も快適に座れます。アームレストは高さ・幅・位置の調整が可能。一人ひとりの体格に合わせてカスタマイズできるおすすめのオフィスチェアです。

PC向けのオフィスチェアおすすめ

ライオン事務器(Lion Office Products) アイ・ビートル

「体を支える」という発想から生まれたオフィスチェアです。背もたれは最大20°のリクライニングに対応。背後に倒れるのと同時に座面もスライドする「シンクロロッキング」を採用しています。骨盤と太もものポジションが最適になるように計算されているので、勤務中いつでもリラックスすることが可能です。

また、PCワークの姿勢をサポートする「ショルダーサポート機構」を採用しているのもポイント。上下に分割された背もたれ上部を角度調節することで、リクライニングしながらモニタを自然に見られます。ゆったりした姿勢で作業したい方におすすめのオフィスチェアです。

ハーマンミラー(Herman Miller) アーロンチェア リマスタード

世界中でベストセラーとなったハーマンミラーの「アーロンチェア」。その特徴的なフォルムは変えないまま、最新のテクノロジー・素材・製造方法などを取り入れたリマスターモデルです。

背もたれと座面が、8つのゾーンに分けられているのがポイント。場所ごとにそれぞれ張力を変えることでフィット感を高めることに成功しています。また、張り地は通気性がよく、熱がこもりにくいので、長時間にわたって座り続ける方にピッタリです。

リクライニング機能が搭載されているのも魅力。背筋をまっすぐにして集中したいときはもちろん、背もたれに体重をあずけて熟考したいときにもおすすめのオフィスチェアです。

ハーマンミラー(Herman Miller) セイルチェア

「セイルチェア」は、吊り橋からインスピレーションを受けたオフィスチェアです。背面のYタワーで生地を吊ることによってフレームを削減。まるでハンモックのように、背中全体が包み込まれるような優しいフィット感が特徴です。

また、各種調整機能が充実しているのも魅力。リクライニング範囲の設定をはじめ、座面の奥行き調整、アームレストの調整など、ハイエンドモデルに負けない機能を搭載しています。コスパもよいので、数を揃えたい方にもおすすめのオフィスチェアです。

ハーマンミラー(Herman Miller) エンボディチェア

20名以上もの医師や博士が開発に携わった「エンボディチェア」。最大の特徴は、背骨にインスパイアされた「背もたれ」です。面ではなく点によって体を支えることで、体重を均等に分散してくれます。

また、独自のチルト機構により、腰回りを優しくホールドしてくれるのもポイント。背筋を伸ばしているときはもちろん、リクライニング時や前傾時もしっかりとサポートしてくれます。パソコンや書類と向き合う時間が長い方におすすめのオフィスチェアです。

スチールケース(Steelcase) リープ

リープは、「ヒトの背骨を真似る」ことをコンセプトに作られたオフィスチェアです。背骨と同じように、背もたれの下部と上部が別々に稼働するのがポイント。下部は頸椎部分をしっかりとホールド、上部はフレキシブルな動きをサポートしてくれるので、長時間座ったままでも快適に過ごすことができます。

さらに、リラックスしたいときに便利な「ナチュラルグライドシステム」を搭載。リクライニング時、座面が前方にスライドすることによってラクな体勢を維持できます。作業中でも気軽にストレッチできるおすすめのオフィスチェアです。

セダス(Sedus) オープンアップ

「オープンアップ」は、ドイツのオフィス家具ブランド・セダスの代表作。背もたれの支点を1点に集中させた「ドルソキネティック・バックレスト」が特徴で、回転や振り向きといった動作に対応できます。

また、最大45°までのリクライニングに対応できるのもポイント。背もたれと座面の間に適度な空間をつくることで、背骨へのストレスを軽減しています。ヘッドレストの角度を調整すれば、リクライニング状態でパソコンを見ることも可能。自由な体勢で作業したい方におすすめのオフィスチェアです。

ハイバックタイプのオフィスチェアのおすすめ

岡村製作所 コンテッサセコンダ

岡村製作所のロングセラー製品「コンテッサ」のリニューアルモデル。初代のコンセプトとフォルムはそのままに、快適性・操作性・強度など、さまざまな要素がバージョンアップされています。

背もたれ部分のフレームを薄くすることで柔軟性が向上。また、リング構造の座面はホールド感が高く、快適な座り心地を実現しています。生地には通気性に優れたメッシュ素材を採用。熱気がこもりにくいため、夏場でも快適に使えるのが魅力です。最上位機種にふさわしいハイスペックなオフィスチェアです。

イトーキ(ITOKI) フリップフラップチェア

折り紙からヒントを得て作られたイトーキの「フリップフラップチェア」。三次元的な多面構造はデザイン性に優れているだけでなく、まるで折り紙を折るかのように各部位が連動して、さまざまなアクションをサポートしてくれます。

また、「ペルヴィス(骨盤)サポートシステム」を採用しているのもポイントです。背筋を伸ばすだけで、腰回りを後方とサイドから優しく包み込んでくれるので、作業に集中したいときにピッタリです。

背もたれに力を加えるとロッキング状態で23°まで倒れます。さらに力を加えると最大135°のリクライニング状態に変化。思いっきり背筋を伸ばしてリラックスできます。仕事から休息までサポートしてくれるおすすめのオフィスチェアです。

ハーマンミラー(Herman Miller) イームズアルミナムグループ エグゼクティブチェア

1958年に屋外向けのチェアとしてリリースされた「イームズアルミナムグループ」。シンプルかつクラシックなデザインは、上品なオフィス空間や企業フロア、気品が漂うエグゼクティブルームなど、あらゆるビジネスシーンに溶け込みます。

エグゼクティブモデルは、張り地に高級感のあるレザー素材を採用。約5cm間隔で左右にラインを入れることで、ほどよい弾力を維持しつつ、熱が逃げやすいようになっているのがポイントです。

シートフレームには軽量のアルミ素材を採用しているため、移動も簡単。また、耐久性にも優れているので長く使い続けることができます。半世紀以上にわたってエグゼクティブ層から愛用されているおすすめのオフィスチェアです。

ローバックタイプのオフィスチェアのおすすめ

岡村製作所 バロン

「バロン」は、工業デザイナーとして著名なジョルジェット・ジウジアーロ氏とのコラボによって誕生したメッシュチェアです。張り地には、通気性に優れた新開発のメッシュ素材を採用。部位によって生地の密度を変えることでフィット感を向上させているのが特徴です。

また、くるぶしを起点としたリクライニング機構を採用。自然な体勢変化にもしっかりと対応できます。座ったままの体勢から座面の高さやリクライニング角度を変えられるなど、操作性も良好です。メッシュカラーは全12種類と豊富。さまざまなインテリアに合わせやすいおすすめのオフィスチェアです。

ハーマンミラー(Herman Miller) イームズエグゼクティブチェア

「イームズエグゼクティブチェア」は、ハーマンミラーを代表するロングセラーモデル。1959年、ニューヨークのタイムライフビルのために設計されたことから「タイムライフチェア」とも呼ばれています。

最も注目したいのはクッション。シート部分は約11cm、背もたれ部分は約8cmと厚めに作られており、ラグジュアリーな座り心地を体験できます。フレームは軽量かつ頑丈なアルミニウム、張り地には上質なレザー素材を採用。エグゼクティブな空間にふさわしいおすすめのオフィスチェアです。

ヴィトラ(Vitra) オールスター

背部の支柱とアームレストが一体となったオフィスチェア「オールスター」。まるで背もたれが空中に浮いているかのようなデザインが特徴です。丸みを帯びたフォルムは圧迫感が少ないので、オフィスの雰囲気をカジュアルダウンできます。

シンプルな構造のように見えて、リクライニング機能や背もたれの高さ調整機能など、さまざまな便利機能を搭載しているのもポイント。ビジネスシーンはもちろん、自宅用のチェアとしてもおすすめのオフィスチェアです。

ジロフレックス(Giroflex) ジロフレックス64

スイスで設計され、日本で組み立てられた「ジロフレックス64」。直線を使用しないオーガニックデザインを採用しているのが特徴です。飾り気のないスッキリとした見た目で、エグゼクティブルームはもちろん、会議室、実務の場など、幅広いシーンに対応できます。

座面の前方3分の1に、マイナス7°の傾斜が設けられているのもポイント。太ももへの圧迫感を抑えられます。背もたれの高さや座面の奥行きも対応可能。体型を問わずに利用できるおすすめのオフィスチェアです。

オフィスチェアのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オフィスチェアのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。