ビジネスシーンでは必須の「オフィスチェア」。仕事のパフォーマンスを大きく左右するモノなので、購入する際は慎重に選びたいものです。しかし、オフィスチェアといっても形状や素材、機能など、さまざまな違いが存在するため、何を選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オフィスチェアの選び方をご紹介します。人気ブランドのおすすめ製品もピックアップしているので、あわせてチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

オフィスチェアの選び方

種類で選ぶ

安価で数を揃えやすい「事務用チェア」

By: rakuten.co.jp

事務用チェアはシンプルなつくりの製品が多く、価格も抑えられています。安価なため、ある程度の数を揃えたい場合におすすめ。カラー・素材・サイズは幅広く展開されているので、好みのモノを選びやすいのが魅力です。

しかし、長時間座り続けるのはあまり向いていません。疲れにくい製品を探している方は、価格は若干高くなりますが、座面のクッションにこだわったモノやアームレストつきのモノをチェックしてみてください。

座り心地に優れた「高機能チェア」

By: rakuten.co.jp

内勤や自宅での仕事で長い間座り続ける方には、高機能チェアがおすすめです。価格は高い傾向にありますが、身体に負担をかけにくい機能が多く搭載されています。

たとえば、人間工学に基づいてつくられたモノは、背中のカーブが背面にフィットしやすいなど自然な姿勢で作業を行えるのが特徴。腰部分にクッションがついている場合は、腰痛持ちの方に適しています。

役職用の「エグゼクティブチェア」

By: rakuten.co.jp

エグゼクティブチェアは重厚感のある見た目が特徴で、座り心地だけでなく、デザイン性を重視したい方にもおすすめ。本革を採用した上質な製品が多く、オフィスに高級感を漂わせてくれます。

座面は広く、クッション性も抜群でゆったりと座れるのが魅力です。なお、価格は高い傾向にありサイズも大きいため、役職用などとして検討してみてください。

背もたれの高さで選ぶ

価格が安い定番タイプ「ローバック」

By: amazon.co.jp

ローバックタイプは背もたれの高さが肩より低めで、数多く並べても圧迫感を感じにくいのが特徴。小さなオフィスや一人分のスペースがあまり確保できない場合におすすめです。

ノートパソコンや筆記作業など、前傾姿勢で作業することが多い方にも最適。リラックスして座るにはやや向いていませんが、価格は安い傾向にあり、コストを抑えられるのがポイントです。

背中を預けられる「ハイバック」

By: rakuten.co.jp

背中一面を背もたれに預けやすいハイバックタイプ。身体を支えて負担を分散してくれるため、オフィスチェアに長時間座る方や肩こりに悩んでいる方、腰痛持ちの方などに適しています。

座り心地がよく、リラックスして作業できるのが魅力。価格はやや高めですが、長い間作業を続けても疲れにくいモノを探している方はチェックしてみてください。

ヘッドレストがついた「エクストラハイバック」

By: rakuten.co.jp

頭を預けられるヘッドレストがついたエクストラハイバックタイプ。首を支えてくれるため、首こりなどになりやすい方におすすめです。とくに、デザイナーやプログラマーなどモニターを眺めるのが多い方に最適。

リクライニングできるモノならば、全開に倒してテレビ鑑賞・読書・昼寝に使用できるのもポイントです。仕事の合間に休憩したい場合に重宝します。

素材で選ぶ

リーズナブルな「ファブリック」

By: amazon.co.jp

ファブリックとはいわゆる布生地。オフィスチェアではもっともメジャーな素材です。最大の特徴は価格がリーズナブルな点で、大量に購入したいときにおすすめ。また、カラーバリエーションが豊富なのもファブリックならではのメリットです。

高級感がある「レザー」

By: amazon.co.jp

重厚感のあるレザー素材は、社長室や会議室などに置くようなエグゼクティブチェアによく用いられています。本革は耐久性が高く、時間の経過とともに色合いや質感の変化が楽しめるのが特徴。合成皮革は手入れが簡単でリーズナブルです。

通気性に優れた「メッシュ」

By: amazon.co.jp

メッシュ素材は、通気性に優れているのが特徴です。長時間座っていてもムレにくいので、オフィスチェアに最適な素材のひとつ。弾力性があり、フィット感がよいのもポイントです。背もたれにメッシュを採用したモデルが多いですが、なかには座面にメッシュを採用したモノもあります。

高さ調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

高さを調節できる機能がついているオフィスチェアなら、身長や体格、デスクの高さなどにあわせて座面の高さを変えられます。複数人で同じモノを使う場合におすすめです。

調節の仕方はレバー方式とネジ方式の2種類。レバー方式の場合、片手で押すだけでスムーズに細かく高さを変更できるので便利です。

ロッキングの種類で選ぶ

背ロッキング

背もたれのみが後方に倒れるイスで、もっともオーソドックスなタイプです。いわゆるリクライニングチェアと同じような感覚で使えます。低価格帯から高価格帯まで、幅広く導入されているのが特徴です。

背&座ロッキング

背もたれと座面が固定されたまま後方に倒れるタイプ。ゆらゆらと前後に揺れることで気分転換ができます。イスの上でじっくりと思考したいときなどに便利。しかし、一緒に足も浮いてしまうため、背筋を伸ばしたいときには不向きです。

シンクロロッキング

背もたれと座面が独立しており、それぞれが最適な角度を保ちながら稼動するタイプです。リラックスしたいときはもちろん、睡眠を取りたいときにも便利。おもに高級オフィスチェアで採用されている機能です。

ひじ掛けの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ひじ掛けは、「アームレスト」とも呼ばれ、腕の緊張をリラックスさせる効果が期待できます。書類仕事やキーボードでの入力作業など、デスクワークがメインの方なら、ひじ掛けつきのイスがおすすめです。なお、デスクが低い場合はひじ掛けが当たってしまうことがあるので、調節機能があるモノを選びましょう。

腰痛持ちの方には「ランバーサポートつき」がおすすめ

By: rakuten.co.jp

ランバーサポートとは、背骨のS字ラインにフィットし、理想的な姿勢をサポートしてくれるクッションです。着席したときに腰の負担が少ない姿勢をキープしやすくなるため、腰痛持ちの方に適しています。快適な座り心地を求める方はチェックしてみてください。

オフィスチェアのおすすめブランド

岡村製作所

By: amazon.co.jp

オフィス環境や商環境などを快適にするための事業を行っている岡村製作所。オフィスチェアは、自社製造で丁寧につくられています。

長年の経験と最新の技術を融合させ、豊かな発想力を発揮しながらオフィスチェアの製造を行っているのが特徴。厳しい安全基準を設定し、高い品質を維持しているのも人気の理由です。

ドウシシャ(DOSHISHA)

By: rakuten.co.jp

ファッションアイテムや家庭雑貨、インテリア、家電など、幅広い製品を展開しているドウシシャ。売り手や買い手だけでなく、世間や働き手にもメリットがある事業展開を重視しています。

ドウシシャが展開するオフィスチェアは、座りやすさだけでなく、ムレにくさや使いやすさを重視しているのが特徴。シンプルながら機能性に優れています。

レカロ(RECARO)

By: rakuten.co.jp

馬車メーカーとして約100年前にドイツで誕生したブランド。現在では高級カーシートメーカーとして知られ、日本のスポーツカーにも純正シートとして採用されています。

オフィスチェアでは、正しい座り方をキープできる製品設計技術を活かした製品が人気です。

エルゴヒューマン(Ergohuman)

By: amazon.co.jp

エルゴヒューマンは、”Ergonomics”と”Human factor”を組みあわせて名づけられたブランド。それぞれヨーロッパとアメリカで確立されている人間工学のことで、人間が自然な状態で使えるデザインや設計の手法です。

エルゴヒューマンのオフィスチェアは、腰や肩などへの負担に配慮した製品をラインナップ。洗練されたデザインのモノが多く、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ハーマンミラー(Herman Miller)

By: amazon.co.jp

事務用家具やオフィス設備などを手がけるアメリカのブランド。スタイリッシュでモダンなデザインが特徴のオフィスチェアを多数展開しています。

キャスター・背もたれ・ひじ掛けなど、細部にまでこだわって設計しているため長時間座っても疲れにくいのがポイント。座り心地とデザインを重視したい方におすすめです。

オフィスチェアのおすすめモデル

岡村製作所 オフィスチェア ビラージュ 8VC11A-FVG

岡村製作所 オフィスチェア ビラージュ 8VC11A-FVG

長時間のデスクワークでも疲れにくいベーシックなオフィスチェア。「背ロッキング機構」を採用しており、寄りかかると14°ほど後方に倒れるので、姿勢を崩さずにゆったりと座れます。また、ロッキングの反発力は座面裏のハンドルで調節が可能です。

ガススプリングにより、座面の高さは8.8cmの幅で上げ下げできます。肘掛は別売りのため、腕も預けてリラックスしたい方はあわせて用意しておくのがおすすめです。

岡村製作所 オフィスチェア ビラージュ 8VC33A-PC

レザー調の質感がスタイリッシュかつ高級感のあるオフィスチェア。背もたれと座面が連動して動く「シンクロリクライニング機構」を採用しており、最大22°まで背もたれを倒しても脚が持ち上がらず快適です。座面の高さに加えて、背もたれの反発力なども調節できます。

横から見ると、背もたれは腰の部分をサポートできるようS字型に成形されているのも魅力。会議室用や来客用などにもおすすめのアイテムです。

岡村製作所 サブリナ C885BW

岡村製作所 サブリナ C885BW

ビビッドなカラーが目を引くオフィスチェア。背もたれには樹脂製のフレームが使われており、寄りかかったときや動いたときの衝撃・微動を吸収しながら、柔らかな座り心地を実現します。くるぶしを中心として背もたれや座面が連動する「アンクルチルトリクライニング」を採用し、体重を分散しながら自然な姿勢を保つことが可能です。

また、背もたれの後ろ側は「X」字型のフレームがスタイリッシュな雰囲気を演出。カラーも豊富に展開しており、モダンな雰囲気のオフィスにもマッチするおすすめの製品です。

ドウシシャ(DOSHISHA) サポートクッション付オフィスチェア CG2210

ドウシシャ(DOSHISHA) サポートクッション付オフィスチェア CG2210

スリムで小回りのきくコンパクトなオフィスチェアです。幅が49.5cmほどとスペースの少ないオフィスや自宅でのパソコンや事務作業などにもおすすめ。背もたれにはランバーサポートがついており、姿勢を保ちやすくつくられています。座面はガス圧式で高さ調節が可能。デスクや身長にあわせて高さを簡単に変えられます。

シートはすべてメッシュ素材。ムレにくく、オールシーズン快適に使えます。大型のアイテムに比べてスペースを取らず、移動が簡単なアイテムを探している方におすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) リクライニングオフィスチェア NLC

ドウシシャ(DOSHISHA) リクライニングオフィスチェア NLC

最大170°までリクライニングの無段階調節が可能なオフィスチェアです。収納式のオットマンがついており、疲れたときは付属のクッションを枕にして、頭から足まで伸ばしてくつろげます。ハイバックタイプのため、背中の緩やかなS字カーブを保って快適な姿勢でデスクワークをすることが可能です。

座面は12cmの肉厚なクッションを採用。座面の高さはレバーを引くだけで身長やデスクにあわせて上げ下げすることが可能です。また、クッションがついたアームレストが肘にフィットし、腕まで預けてリラックスできます。

キャスターはウレタン製なので、フローリングをキズつけにくいことも魅力。比較的安価ながら高機能なおすすめアイテムです。

レカロ(RECARO) 24Hオフィスチェア

レカロ(RECARO) 24Hオフィスチェア

疲れにくいとされるS字型の姿勢を保ちやすいよう設計されたオフィスチェア。整形医学や人間工学に基づき、シートの高さ調節をはじめ、無段階の角度調節やロッキングの硬さ調節ができます。

ハイバックタイプなので背中全体をサポートしてくれ、長時間のデスクワークにも最適です。飽きのこないレザーの風合いもポイント。機能的で長く使い続けられるアイテムを探している方におすすめです。

エルゴヒューマン(Ergohuman) オフィスチェア エンジョイ EJ-LAM

エルゴヒューマン(Ergohuman) オフィスチェア エンジョイ EJ-LAM

体格やワークスタイルにあわせて各部位を細かく調節できるおすすめのオフィスチェア。人間工学に基づいて設計された、高い機能性と操作性が魅力のアイテムです。

リクライニング・ロッキング・座面の3部位をひとつのレバーで操作でき、操作も簡単。背もたれやリクライニングの調節はもちろん、肘掛の高さや角度まで調節できます。カラー展開が豊富で、シートの素材もエラストメリックメッシュとファブリックメッシュの2種類から選択可能です。

エルゴヒューマン(Ergohuman) エルゴヒューマン プロ EHP-HAM

エルゴヒューマン(Ergohuman) エルゴヒューマン プロ EHP-HAM

腰部分を支える独立したランバーサポートを採用することで、フィット感を高めたオフィスチェア。ヘッドレストや背もたれ、アームレストなどの角度・高さ調節など、さまざまなアジャスト機能を搭載しており、使う人の体格や用途にあわせることが可能です。

座面にはおもに「エラストメリックメッシュ」と呼ばれる素材が使われており、体圧が分散しやすくムレにくいのもポイント。人間工学に基づいて設計され、高い機能性と操作性を実現したおすすめアイテムです。

ハーマンミラー(Herman Miller) セイルチェア

ハーマンミラー(Herman Miller) セイルチェア

吊り橋の原理から着想を得たフレームのない背もたれが特徴のオフィスチェアです。網目状に成形されたサスペンションの優れたサポート力が魅力。背もたれの後部は「Y」型の骨があり、座る人にあわせてしなります。

多彩なアジャスト機能もポイント。座面の高さやリクライニングの角度・硬さに加え、座面の奥行きなども調節できます。体格や好みにあわせて細かく調節できるおすすめアイテムです。

プラス(PLUS) デスクチェア KC-NX61SL

プラス(PLUS) デスクチェア KC-NX61SL

カラフルなファブリックが使われたオフィスチェア。中央に向かってくぼみのある背もたれや座面が体にフィットする快適な座り心地が魅力です。背もたれは独立してロッキングし、好みにあわせて反発力の強弱を調節できます。

座面の高さはガス圧式になっており、座った姿勢のままで調節が可能。肘掛けは別売りのため、長時間デスクワークをする方はあわせて用意しておくのがおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) デスクチェア 100-SNC027W

サンワサプライ デスクチェア 100-SNC027W

シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴のアイテム。座面から背もたれまでが一体になり、緩やかなS字型のカーブが姿勢をサポートします。ワッフル模様のシートはPUレザーを採用し、快適な座り心地とデザイン性を両立。ロッキングの硬さや座面の高さも調節でき、シーンや体格にあわせて快適に使えます。

肘掛がないタイプなので、横から座りやすく、デスクにすっきりと収まることも魅力。モダンな雰囲気のインテリアにもマッチするおすすめのオフィスチェアです。

DEVAISE オフィスチェア

DEVAISE オフィスチェア

デザイン性と機能性に優れたオフィスチェア。背面の丸みを帯びた形状がおしゃれです。カラーはホワイトとブラックの2色から選べます。

背もたれは最大30°まで傾けられ、ロッキングの強弱も調節できるのがポイント。座面は10cmまで高くできるため、体格やデスクの高さに応じてあわせられます。

耐久性と座り心地を兼ね備えたウレタンフォーム素材を採用しているのも魅力。ランバーサポートもついているので、腰痛持ちの方はチェックしてみてください。

アイリスプラザ(IRIS PLAZA) オフィスチェア H-298F

アイリスプラザ(IRIS PLAZA) オフィスチェア H-298F

短時間のデスクワークなどにおすすめの、安価でベーシックなオフィスチェア。背もたれの腰の部分にサポートバーを内蔵しており、背中のS字カーブを保ちやすくします。座面が広めにできているので、深くゆったりと腰掛けられることも魅力です。

座面は最大12cmの幅で上げ下げが可能。通気性に優れたメッシュ素材を採用しており、ムレにくく、肌触りがよいため夏場も快適です。また、カラー展開が豊富なので、インテリアや好みにあわせて選べます。

Amoiu オフィスチェア

Amoiu オフィスチェア

ソフトな座り心地が特徴のオフィスチェア。座面・背もたれ・ヘッドレストのクッションが厚めにつくられているため、長時間座っても体が痛くなりにくいことが魅力です。また、少しの汚れならサッと拭くだけでお手入れできます。

背もたれの緩やかなS字カーブで姿勢をサポート。15°のロッキングや座面の高さ調節にも対応しています。パッドつきの肘掛は跳ね上げて収納もできるので、シーンにあわせて使用可能。クラシックなインテリアにもマッチする、高級感のあるアイテムを探している方にもおすすめです。

イトーキ(ITOKI) オフィスチェア サリダ YL8

イトーキ(ITOKI) オフィスチェア サリダ YL8

長時間のデスクワークにおすすめのオフィスチェアです。高さ調節が可能なランバーサポートがついており、身長や体格にあわせて調節しながら使えます。また、「体重感応式シンクロロッキング」を採用しているのもポイント。使う人の体重に合わせてロッキングの反発力が調節され、操作いらずで適切な角度を保ちます。

ヘッドレストは、上下の首振りと高さ調節に対応。肘掛けは9段階で高さが変わり、デスクの高さや作業の内容次第で最適な高さに設定可能です。

タンスのゲン オフィスチェア 65090110

タンスのゲン オフィスチェア 65090110

厚みのあるランバーサポートを搭載した、腰痛に悩んでいる方にもおすすめのオフィスチェア。長時間座ったままでも背中や腰が痛くなりにくいうえに、なだらかな傾斜のついた座面がフィットし、疲れにくい姿勢を保てます。

座面の高さはレバーで10cmの上げ下げが可能。ヘッドレストは使う人にあわせて高さの調節ができます。アームレストは可動式。デスクにサイスがあわないときや使わないときは、跳ね上げて収納しておけます。素材はすべてメッシュを採用しているため、ムレが気になる方にもおすすめです。

オフィスチェアのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オフィスチェアのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。