デスクワークを行うのに欠かせない「オフィスチェア」。機能やデザインなど、さまざまなモデルが展開されており、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オフィスチェアの選び方とおすすめモデルについてご紹介します。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

オフィスチェアの選び方

オフィスチェアの種類

安価で数を揃えやすい「事務用チェア」

By: amazon.co.jp

事務用チェアは、オフィスチェアのなかでも比較的リーズナブルな価格のモノが多く、数を揃えやすいのが特徴です。ただし、コストを抑えられる分、キャスター・回転機能・高さ調節などを搭載したシンプルなモデルが多数ラインナップされています。

少しでもゆったりできるモノを使いたい場合は、アームレスト付きやクッション性が優れたモデルも検討してみましょう。

エルゴノミクスやリクライニングなどを備えた「高機能タイプ」

By: amazon.co.jp

高機能タイプは、エルゴノミクス(人間工学)に基づいて作られており、身体の負担を軽減する機能を多く搭載したタイプを多数展開。1日中座ることが多い方や在宅ワークでの使用におすすめです。

エルゴノミクスに基づいて作られたオフィスチェアは、背中のS字カーブと背もたれがフィットするような構造にしていたり、座る人によって背もたれを調節できるリクライニング機能を備えていたりと、長時間座っても疲れにくいように設計されています。

おしゃれでデザイン性に優れた「エグゼクティブチェア」

エグゼクティブチェアは、おしゃれで重厚感のあるデザインが特徴。高級感のある見た目から、別名「プレジデントチェア」とも呼ばれています。座面や背もたれが広く設計されているため、ゆったりと座りたい方にぴったり。座り心地に限らず、デザインを重視したい方におすすめです。

なお、価格は高い傾向があるので注意が必要。書斎やオフィスのワンポイントに適していますが、複数設置するのには不向きです。

リモートワークの自宅用として人気の「ゲーミングチェア」

By: kuroutoshikou.com

快適にゲームをプレイできるように設計されたゲーミングチェア。長時間座っていても快適な機能を多く搭載しているので、在宅ワーク用のチェアとして活用するのもおすすめです。

また、ゲーミングチェアはさまざまなデザインのモデルが多いため、自宅のインテリアにマッチしやすいモノが見つかりやすいのもメリット。ただし、オフィスに設置するには不向きなケースもあります。

ゲーミングチェアについて詳しく知りたい方はこちら

張り材の素材をチェック

最も一般的でリーズナブルな「ファブリック」

By: amazon.co.jp

オフィスチェアの一般的な張り材はファブリックです。ファブリックは質感の柔らかさと、手触りのよさに優れているのが特徴。また、比較的リーズナブルな価格のモノが多い傾向にあるため、オフィス用に複数揃えたい方におすすめの素材です。

なお、水や汚れに弱い点はデメリット。飲み物などをこぼしてしまった場合は、汚れを落としにくいので注意が必要です。気になる方は、汚れが目立ちにくい色を検討してみてください。

長時間座っても蒸れにくい「メッシュ」

By: amazon.co.jp

メッシュ素材は通気性に優れているため、夏場や冬場の暖房が効いた部屋で使用しても蒸れにくいのが特徴。オールシーズン快適に使えるオフィスチェアを探している方にぴったりです。

なお、製品によってはメッシュのすき間にホコリが溜まりやすいモノもあります。メッシュ素材のオフィスチェアを購入する際は、こまめに掃除するのがおすすめです。

丈夫で高級感がある「レザー(革)」

By: sanwa.co.jp

レザー(革)の張り材は丈夫で高級感があるほか、汚れに強いのも特徴です。オフィスチェアで使われているレザー素材は、主にPUレザーが一般的。なかには本革のモデルもラインナップされています。

デザインはおしゃれなモデルが多く、見た目を重視したい方にもおすすめ。なお、本革を使用したモデルは価格が比較的高い傾向があるので留意しておきましょう。

背もたれの高さ「ハイバック」と「ローバック」の違い

By: amazon.co.jp

オフィスチェアの背もたれの高さは、腰や背中をサポートするうえで重要なポイントです。主に肩甲骨の上までをサポートするハイバックと、肩甲骨の下までをサポートするローバックが展開されています。

ハイバックは背もたれが高く、背中を広くサポートできるタイプ。ゆっくり座れるため、長時間の作業でも疲れにくいのがメリットです。

ローバックは背もたれが低い分、コンパクトで場所を取りにくいのがメリット。そのため、オフィスチェアを複数配置するのに適したタイプです。

ヘッドレストやアームレストの役割は?

By: amazon.co.jp

ヘッドレストやアームレストの有無も、オフィスチェアを選ぶ際にチェックしておきましょう。ヘッドレスト付きのモデルは頭もサポートできるため、安定感に優れているのがメリットです。

アームレストがあるモデルは、作業の手を止めているときに楽な姿勢を取りやすいほか、離席および着席の補助としても活用できるのがポイント。なお、アームレスト付きのモデルを選ぶ際は、使用するデスクの高さを事前に確認しておきましょう。

高さを調節できるモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

オフィスチェアは、高さを自由に調節できるモノを選ぶのがおすすめ。高さ調節が可能なモデルは、座る人やデスクに高さを合わせられるのがメリットです。

高さ調節の方式は、レバータイプを採用しているモノがほとんど。座りながらでもスムーズに高さを変えられるほか、無段階調節にも対応しているため高さを細かく変更できます。

長時間使用にはリクライニング機能付きのモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

リクライニング機能付きのオフィスチェアは、長時間の作業をするときに便利。リクライニングの調節角度が大きいほど、ゆったりした体勢をとりやすくなります。リクライニングが無段階調節のタイプであれば、より好みの角度に調節が可能です。

また、オフィスチェアには「前傾チルト機能」と呼ばれる、前傾姿勢での作業にも適したモデルもラインナップされているのでチェックしてみてください。

ロッキング機能にも注目

By: sanwa.co.jp

ロッキング機能とは、チェアの座面や背面を固定せずに、ゆらゆらと揺れる機能のこと。ロッキング機能付きのオフィスチェアは、デスクワークの合間に身体を伸ばしてゆっくりするのに便利です。

ロッキング機能は大きく分けて、背もたれロッキング、背もたれ・座面ロッキング、シンクロロッキングの3つがあります。背もたれロッキングは座面が固定されており、背もたれだけが後ろに動くタイプ。ロッキング機能のオーソドックスなタイプのため、多くのモデルに採用されています。

背もたれ・背面ロッキングは、背もたれと座面が繫がったタイプ。もたれかかると同時に傾きます。シンクロロッキングは、背もたれと座面が独立した高機能なタイプ。ゆっくりするのに適した角度で動き、休憩するのにぴったりな機能です。

腰痛持ちの方には「ランバーサポート付き」もおすすめ

By: amazon.co.jp

ランバーサポートとは、背骨のS字カーブによってできる、背中と背もたれのすき間をなくすためのクッションや機能のこと。チェアに深く腰掛けた際に、ランバーサポートがフィットし、腰の負担を軽減できます。

ランバーサポートはチェアの腰部分に配置されていますが、使用者の好みに合わせて上下方向に位置を変えることも可能です。

オフィスチェアのおすすめブランド

オカムラ(OKAMURA)

By: amazon.co.jp

「オカムラ」は、1945年に航空機製造の技術者を中心に創業した家具メーカー。横浜を拠点としており、産業機械や医療機器なども取り扱っています。

オカムラは、オフィスチェアの製品ラインナップが豊富。それぞれで特徴に細かな違いがあるため、用途や目的に合わせた製品を選びやすいのがメリットです。

コクヨ(KOKUYO)

By: amazon.co.jp

「コクヨ」は、オフィス内のデスクチェアなどを展開する総合オフィス家具メーカーです。創業は1905年で、大阪を拠点としています。

コクヨのオフィスチェアは、「良品廉価」をモットーにしていることから、使いやすくてリーズナブルな製品を多数ラインナップ。予算に合わせたオフィスチェアを選びやすいのが魅力です。

ハーマンミラー(Herman Miller)

By: hermanmiller.co.jp

「ハーマンミラー」は、1923年に創業されたアメリカの人気オフィス家具メーカー。ミシガン州ジーランドを本拠地とし、販売事業部や販売代理店を100カ国以上有しています。

ハーマンミラーのオフィスチェアは、機能性とデザイン性に優れたモデルを多くラインナップ。また、人間工学に基づいて設計されているのも魅力です。

エルゴヒューマン(Ergohuman)

By: amazon.co.jp

「エルゴヒューマン」は2005年に誕生した、人間工学に基づく高機能チェアを取り扱うブランドです。運営は株式会社関家具で、福岡を拠点としています。

エルゴヒューマンのオフィスチェアは、さまざまな調節をスムーズに行える「ハイブリッドレバー」が便利。座面の高さと奥行、リクライニングの角度を片手で調節できます。

オフィスチェアのおすすめ|人気

オカムラ(OKAMURA) シルフィー C687XW

体格に合わせて背もたれのカーブを調節できる、「バックカーブアジャスト機構」を搭載したオフィスチェアです。背もたれの両サイドにあるレバーを上下させると、カーブを狭めたり緩やかにしたりできるのが特徴。さまざまな体格に対応できる、おすすめのオフィスチェアです。

直立から後傾姿勢までのリクライニングに加え、前方に10°まで角度がつけられる前傾機能も付属。お腹の圧迫感や腰への負担を軽減できるので、長時間の作業も快適です。座面の高さと奥行が調節できるほか、アジャストアームは上下・前後・角度の調節が行なえます。

コクヨ(KOKUYO) ピコラ CR-G530E1

限られたスペースにも収まりやすい、事務用のオフィスチェアです。背面はローバック仕様のため、省スペースで使いやすいのがメリット。足元が狭い、幅100cm程度の片袖デスクにもおすすめです。

座面には骨盤を支える面形状のベース層の上に、クッション層を重ねた「ポスチャーサポートシート」を採用。安定した姿勢の保持と適切な体圧分散により、長時間座り続けても疲れにくいのが魅力です。

座る人の体重に応じてロッキングの強さが変化する「オートアジャストロッキング」もポイント。さまざまな体格に対応できるため、オフィスでの使用にぴったりです。

エルゴヒューマン(Ergohuman) スマート EH-SMART

スマートなデザインで幅広い環境に対応するオフィスチェア。アームレストのないスッキリとしたデザインで、オフィスや限られたスペースでも使いやすいのが魅力です。

シートの素材に弾力があり、耐久性に優れた「エラストメリックメッシュ」を採用。また、独立式のランバーサポートを備えているため、長時間座っても疲れにくく、デスクワーク中心の方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) アームレストオフィスチェア AROC-61

曲線構造により背中へのフィット感が高いオフィスチェアです。長時間座っても楽な姿勢を保ちやすく、肩から腰への負担を軽減する効果が期待できます。

腰部を支えるランバーサポートが付いており、好みの位置に設定が可能。15°まで傾斜するロッキング機能も備わっているため、自然な姿勢でくつろげます。

背もたれには通気性・弾力性に優れたメッシュを採用。汗をかきやすい夏場はもちろん、暖房で蒸れやすい冬場でも活躍します。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるので、コスパ重視の方にもおすすめです。

スチールケース(Steelcase) スチールケース シリーズ 1 435A00BA

4Dアジャスタブルアームを採用したオフィスチェア。体型や姿勢に合わせて、上下・前後・左右・角度を調節できるのが特徴です。

座面に体重や動作に合わせて形状が変化する「体重感知機構」を搭載。加えて、補強材を内蔵したクッションが体の形状を捉えて、姿勢を変えた際の動きをサポートします。背骨に合わせて形状が変わるランバーサポートや、姿勢の変化を追従するフレクサー機構もメリットです。

スリムなデザインなので、オフィスはもちろん、自宅での使用にもおすすめ。カラーは、ブラック・ブルージェイ・ワサビ・タンジェリンの4色を展開しています。

イトーキ(ITOKI) オフィスチェア サリダチェア YL2

型崩れしにくい「モールドウレタン」を採用したオフィスチェアです。フィット感が高く、座り心地は快適。長く使えるオフィスチェアを求めている方におすすめです。

幅58.5cmとコンパクトで、自宅や省スペースのオフィスにぴったり。幅100cm程度の片袖デスクにもスッキリと収まります。

ホワイトフレームを採用しているため、やさしい空間を演出しやすいのもポイント。また、カラーバリエーションが豊富で、インテリアに合わせて選びやすいのもメリットです。

タンスのゲン フットレスト付 オフィスチェア 31500027

背もたれと座面が独立した2点可動の「シンクロロッキング」を搭載したオフィスチェアです。角度が大きく広がるので、体を伸ばしやすく楽な姿勢でくつろげます。リクライニングは最大125°までの無段階で調節が可能。オットマン付きで足を伸ばせるのもメリットです。

シートは人間工学に基づいた設計で、理想的な姿勢を保ちやすく、疲れにくいのがポイント。ハイバックシートはヘッドレスト付きで、頭までしっかりとカバーできます。ヘッドレストとアームレストは、7cmの高さ調節が可能。背もたれは全面メッシュで、オールシーズン快適に使いやすいのが魅力です。

デュオレスト(DUOREST) LEADERSシリーズ DR-7501SP

背もたれが2つに分かれたオフィスチェアです。背中にフィットするように、背もたれの位置を上下・左右に調節できるのが特徴。背中に密着している面積が広く、腰の両脇を包み込むように支えます。腰への負担を軽減できるので、長時間の使用に適したモノを求めている方におすすめです。

背もたれと座面が連動して傾く、背もたれ・座面ロッキング機能を搭載しているのもポイント。ロッキングの強弱が調節できるので、好みの感触でくつろげます。また、座面・ヘッドレスト・アームレストは、体格に合わせて高さ調節が可能です。

エーケーレーシング(AKRacing) プレミアム オフィスチェア レイヴン AKR-PREMIUM/LOW-RAVEN

人間工学に基づいた設計により、正しい姿勢を保ちやすいオフィスチェアです。背もたれの肩口にあたる部分に採用された極厚のシートクッションが、体重をしっかりと受け止めます。

着座時に臀部や太ももにかかる負荷を、背中や腰に分散させる座面チルト機能を搭載。最大180°のリクライニング機能との組み合わせが、座る人に適した姿勢で座ったり休憩したりできます。耐衝撃性や耐荷重性試験など、JIS規格による厳しい品質試験をクリアしているのもおすすめのポイントです。

ギャラクロゲーミング(GALAKURO GAMING) ゲーミングチェア ヘイミッシュシリーズ GG-C/HEIMISH

張地はあたたかみのあるファブリック製で、ソフトな手触りのゲーミングチェアです。長時間座っても蒸れにくく、座り心地は快適。また、座面のクッション材にはモールドウレタンを採用しており、安定した座り心地を長く保てます。

最大175°までのリクライニング機能や背もたれロッキング機能を搭載。収納式のオットマンが付いているので、足を伸ばしてくつろげます。集中モードからリラックスモードまで、幅広く対応するおすすめのオフィスチェアです。

オフィスチェアのおすすめ|自宅・テレワーク向け

オカムラ(OKAMURA) シナーラ CD77

人間工学と環境に配慮して設計されたオフィスチェアです。コンパクトな機構と薄型デザインにより、圧迫感を与えにくいのがポイント。スペースが限られた一人暮らしの部屋におすすめです。

一体構造の背もたれと座面は、正しい姿勢を保てるように弓のようなラインを描いているのが特徴。メッシュを採用しているため、蒸れにくくオールシーズン快適に座れます。空間に馴染みやすいベーシックカラーに加え、オレンジレッド・セージ・ダークグリーンなどライナップが豊富です。

コクヨ(KOKUYO) イングライフ C05-B10CG

カジュアルなデザインで生活空間に馴染みやすい、おすすめのオフィスチェア。背もたれに木目が美しいアッシュ突板を採用しており、空間にあたたかみをプラスできるのが特徴です。

座ったときの上半身の負荷を軽減する「360°グライディング」を搭載。さらに、体を包み込むようなワイドな設計で、左右に動いた際もしっかりと体を受け止めます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 170°リクライニング ハイバック

長時間座っても疲れにくい自宅・テレワークにおすすめのオフィスチェアです。ウレタンフォームを採用した座面は約11cmと肉厚で、お尻にかかる負担を軽減できるのが特徴。耐荷重120kgと頑丈で、安定感も良好です。

張地にはマットな質感のPUレザーを採用。しっとりとソフトな手触りで、高級感が漂います。また、背もたれは高さ約74cmのハイバック仕様で、最大170°まで無段階のリクライニングが可能。格納式のオットマンが付いており、仮眠を取りたいときにも重宝します。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) レザーチェア 150-SNCL025

デザイン性と機能性を兼ね備えた、おすすめのオフィスチェアです。2点可動ロッキングとシンクロロッキングにより、つま先が浮きにくくしっかりと体を伸ばせます。背もたれには体格に合わせて位置が調節できる、可動式のランバーサポートを搭載。背もたれがS字になり、正しい姿勢をサポートします。

ヘッドレストは16段階の高さ調節と、3段階の角度調節が可能。アームレストは高さ6段階、左右・前後に無段階で可動するので、体格に合わせて使えます。

体に接する面は通気性の高いメッシュ、フチには高級感のある本革を採用。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、部屋の雰囲気を損ないにくいのがメリットです。

エーケーレーシング(AKRacing) Nitro V2 ゲーミングチェア AKR-NITRO

スポーツカーのバケットシートのようなデザインが特徴のゲーミングチェアです。適度なホールド感で、背骨に沿って体をやさしく包み込みます。また、着脱可能なランバーサポートが付属しており、腰を支えて正しい姿勢をサポートします。

背もたれは92cmのハイバック仕様で、最大180°のリクライニングが可能。加えて、最大12°まで傾けられるロッキング機能も付いており、体を預けてくつろげます。

頭部までしっかり支えるヘッドレスト付きで、長時間座っていても疲れにくいのがメリット。パソコンに向かう時間が長い方などにおすすめです。

オフィスチェアのおすすめ|高級

オカムラ(OKAMURA) コンテッサ セコンダ CC87BR

座面に硬さが異なる3種類のウレタンを一体成型した、独自の異硬度クッションを採用している高級オフィスチェア。後方から前方に向かって柔らかくなっており、太ももを圧迫しにくいのが特徴です。

座面に柔軟性の高いリング構造のフレームを使用。体圧を分散させやすく、安定感のある座り心地が魅力です。アームレストは上下・左右・前後・角度が調節できるため、さまざまな体格や姿勢に対応できます。

背もたれには透過性の高い独自のメッシュを採用しており、軽やかな印象に。カラーバリエーションが豊富で、シーンに応じて選びやすいのもおすすめポイントです。

コクヨ(KOKUYO) ベゼル CR-A2835E1GM

前傾から後傾まで姿勢の変化に対応するおすすめの高級オフィスチェア。シンクロロッキング機能を搭載しており、姿勢を変えた際に大腿部を圧迫しにくいのが特徴です。デスクの高さや体格に合わせて、座面の高さと奥行を調節できるので、楽な姿勢で作業が行なえます。

座面の位置を通常と前縁が2cm前傾した状態から選べるのに加え、前滑りを防ぐポスチャ―サポートを採用。体圧を分散する効果が期待できるため、長時間の使用に適しているのもポイントです。

エルゴヒューマン(Ergohuman) プロオットマン EHP-LPL

前傾チルト機能を搭載している、高級オフィスチェア。構造部に光沢が美しいアルミポリッシュベースを採用しており、高級感のあるデザインが特徴です。

背もたれと座面は、通気性の高いメッシュ仕様。汗をかきやすい夏場や暖房が効いた部屋でも、蒸れにくく快適に座れるのがポイントです。

座面の高さと奥行調節、リクライニングはレバー1本で操作が可能。ハンドルを回せば、リクライニングを好みの硬さに調節できます。また、4Dアームレストを採用しているため、さまざまな体格の方におすすめです。

ハーマンミラー(Herman Miller) イームズアルミナムグループ エグゼクティブチェア

By: hermanmiller.co.jp

曲線のあるシートフレームを採用している、おすすめの高級オフィスチェアです。ブラックレザーとアルミを組み合わせたモダンなデザインが魅力。高級感があり、置くだけで上質な大人の空間を演出します。

フレームとベースは軽量ながら、耐久性に優れているのが特徴。61%が再生素材で作られており、全体の88%がリサイクル可能であるなど、環境に配慮されているのもポイントです。

カリモク家具 デスクチェア XT5801

耐久性に優れた銀面付きの牛革を採用した高級オフィスチェア。薄い塗膜で仕上げられており、手触りがよく、合成皮革のようなツッパリ感が出にくいのが特徴です。

背もたれの背面には、体のラインに沿ったブナ材の曲げ木を採用。強度やフィット感が高いだけでなく、天然木ならではの風合いも楽しめます。

背もたれと座面には、体の部位に合わせて角度をつけたクッションを採用。加えて、体圧分散性を高める布バネを内蔵しており、腰にかかる負担を軽減できます。

リクライニングや座面の高さ調節も可能。シンプルなデザインなので、幅広いテイストのインテリアにおすすめです。

オフィスチェアのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オフィスチェアのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。