長時間ゲームをプレイするゲーマーのために開発された「ゲーミングチェア」。座り心地に優れているのはもちろん、長時間座っても疲れにくい、正しい姿勢を保ちやすいなど、さまざまなメリットがあります。高機能であることからビジネスシーンに導入されることもあり、オフィス家具業界からも注目されている人気チェアです。

そこで、今回はおすすめのゲーミングチェアをご紹介します。人気のブランドについても解説しているため、購入を考えている方はぜひチェックしてみてください。

ゲーミングチェアとは?

By: amazon.co.jp

ゲーミングチェアとは、ゲーマーのために開発された高性能・高機能なイスのことです。レーシングチェアのような体を包み込むデザインが多く、ヘッドレストやひじ掛けを備えているなど、長時間座っても疲れにくいようにさまざまな工夫が施されています。

ゲーミングチェアという名称からゲーム専用のイスと思われがちですが、座り心地に優れていることからビジネスユーザーはもちろん、学生、プログラマー、イラストレーターなど、長時間デスクに向かうことが多い方からも注目されています。

ゲーミングチェアとオフィスチェアの違い

ゲーミングチェアとオフィスチェアに具体的な違いはありません。ゲーミングチェアのエントリーモデルのなかにはオフィスチェア風のモデルもあり、逆にオフィスチェアのハイエンドモデルのなかにはゲーミングチェアとほとんど同じ製品もあるなど、線引きは曖昧です。ただし、傾向として以下のような違いが挙げられます。

形状の違い

By: amazon.co.jp

ゲーミングチェアは、背中から頭まで支える大きな背もたれが特徴。ヘッドレストもシートと一体型になっている場合が多く、体をすっぽりと包み込まれるようなホールド感を得られます。自然な体勢で長時間ディスプレイを見続けられるようにデザインされているのもポイント。何時間、何十時間とイスに座り続ける方におすすめです。

一方、オフィスチェアは腰まで支えるローバックや、背中までを支えるハイバックなどのイスが一般的。ヘッドレストはパーツとして後付けするモデルが多い傾向にあります。ビジネスシーンでは席から立つことも多いため、ホールド感はそれほど重視されていません。長時間イスに座ることがない場合はオフィスチェアもおすすめです。

機能の違い

By: amazon.co.jp

ゲーミングチェアは、背もたれを倒すことができるリクライニング機能を備えている場合がほとんどです。なかには寝たままゲームできるように180°まで倒れるモデルもあります。また、マウスやキーボードを操作しやすいように、ひじ掛けの位置や角度などを変えられるモデルも豊富。リラックスした姿勢でゲームをプレイしたい方におすすめです。

一方、オフィスチェアもリラックスするための機能をひと通り備えていますが、ゲーミングチェアクラスの機能を有しているのはハイエンドモデルの一部です。リクライニング機能やひじ掛けを付けないことでコストダウンしているモデルもあるので、価格重視の場合はオフィスチェアもおすすめです。

ゲーミングチェアの選び方

素材をチェック

By: amazon.co.jp

長時間イスに座り続ける場合、背中や尻、太もも部分などが蒸れてしまいがちです。イヤなニオイの発生を抑えるためにも、ゲーミングチェアの素材をチェックするようにしましょう。おすすめは、通気性に優れたメッシュ素材です。熱気が逃げやすいので夏場でも快適にゲームをプレイできます。

また、ファブリック素材も比較的に通気性が高く、汗をかいてもべたつきにくいのでおすすめです。合成皮革はニオイが付きにくいのがメリット。高級感もあるので、インテリアにこだわりたい方におすすめです。ただし、お手入れがやや難しいので注意しましょう。

リクライニング機能をチェック

By: amazon.co.jp

背もたれ部分の角度を変えられる「リクライニング機能」があれば、ゲームに疲れたときに、背もたれを倒すことで休憩したり、仮眠したりできます。一般的なゲーミングチェアは130°から180°までに対応していることがほとんど。180°まで倒せるモデルはフルフラットと呼ばれ、簡易ベッドとして使えます。リクライニング機能の有無はもちろん、最大角度もチェックしておきましょう。

また、リクライニングに合わせて、ひじ掛けの角度が変わる連動機能を備えているモデルもあります。自然な体勢でゲームをプレイできるのはもちろん、モニターアームを使った「寝ながらプレイ」にもピッタリ。快適性を重視する方におすすめの機能です。

フットレストがあればゲーム以外でも活躍

By: rakuten.co.jp

新幹線や飛行機などの座席にも採用されている「フットレスト」。足首を楽な角度で固定できたり、足の位置を上げて血行を改善する効果が期待できたりと、さまざまなメリットがあります。ゲーミングチェアにもフットレストがあれば足の負担を軽減できるのでおすすめです。

ゲーミングチェアのなかには格納式フットレストを採用しているモデルもあります。使わないときは収納して、必要な時に取り出せる利便性の高さがポイント。背もたれが水平になるフルフラットタイプであれば、足を伸ばして寝ることもできます。

ゲーミングチェアのおすすめブランド

エーケーレーシング(AKRacing)

By: amazon.co.jp

中国で立ち上げられ、現在は世界的なゲーミングチェアブランドとして知られている「AKRacing」。元々、プロフェッショナル仕様のレーシングシートを製造していたこともあって、品質の高さに定評があります。人間工学に基づいて設計されたゲーミングチェアは座り心地も良好。また、スタイリッシュなデザインも魅力です。

ゲーミングチェアを製造する前には、オフィスチェアを製造していたことでも有名。ビジネスシーンでも使えるような落ち着いたデザインのチェアもリリースされています。ゲーマーの方はもちろん、ハイエンドなオフィスチェアを探している方にもおすすめです。

デラックスレーサーチェア(DXRACER)

By: amazon.co.jp

アメリカを中心に世界展開している「DXRACER」。AKRacingと同じく、ゲーミングチェアのトップブランドとして知られています。DXRACERのチェアは、ソファにも採用されているクッション性の高い構造・素材を使っており、長時間にわたって快適に座れるのが魅力です。

世界中で展開しているブランドだけあってサイズが豊富。小柄な女性にピッタリなクイーンシリーズから、大柄の男性も座れるキングシリーズまで、さまざまなモデルがラインナップされています。身体のサイズに合ったチェアがなかなか見つからないといった方におすすめのブランドです。

イーウィン(E-WIN)

By: amazon.co.jp

中国を生産拠点に、アメリカやヨーロッパにも展開している「E-WIN」。最大の特徴はリーズナブルなところです。一般的なゲーミングチェアは4~5万円の価格帯に集中している一方、イーウィンはコスパ重視で製品をラインナップしています。安いゲーミングチェアを探している方におすすめのブランドです。

ゲーミングチェアのおすすめモデル

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア PRO-X

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア PRO-X

「PRO-X」シリーズは、AKRacingのハイエンドモデルに位置するゲーミングチェアです。座面と背もたれの部分には、ソファのクッション材としても使われるウレタンフォームを採用。ゆったりとした構造になっているので、ゲーミングチェア特有のホールド感が苦手という方にもピッタリです。

最大の特徴は「4Dアジャスタブルアームレスト」。ひじ掛けの高さ・前後・左右の位置を変えられるほか、回転にも対応しています。マウスやキーボードを操作しやすいように、微調整することが可能。快適にゲームをプレイしたい方におすすめのゲーミングチェアです。

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア Nitro

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア Nitro

数多く展開されているAKRacingのゲーミングチェアのうち、「Nitro」はミドルエンドに位置するシリーズです。座面部分には体重が分散されるように設計された専用のウレタン素材を採用。背もたれ部分には適度なホールド感があり、体が優しく包み込まれるような座り心地を体験することができます。

耐久性の高いメタルフレーム構造を採用。また、最大180°までリクライニングできるフルフラット仕様、腰の負担を軽減できるランバーサポート、頭と首を優しく支えてくれるヘッドレストなど、機能も充実しています。性能と価格のバランスがよいゲーミングチェアを探している方におすすめです。

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア Wolf

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア Wolf

「Wolf」シリーズは、AKRacingのエントリーモデルに位置するゲーミングチェア。上位機種と同じ構造や機能を持ちながら、メイン素材にファブリックを使用することによって、コストダウンを図っているのが特徴です。

スタンダードモデルのNitroと同じく適度なホールド感を備えているため、自然と理想の姿勢を保てるのがポイント。最大180°まで倒れるリクライニング機能を搭載しており、別売りオプションのオットマンを付ければ、まるでベッドに寝ているかのような姿勢で仮眠を取ることができます。コスパに優れたおすすめのゲーミングチェアです。

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア Overture

エーケーレーシング(AKRacing) ゲーミングチェア Overture

新しくAKRacingのラインナップに加わった「Overture」シリーズ。Nitroと同じミドルエンドに位置する人気モデルです。強度に優れたメタルフレーム構造の上に、クッション性に富んだ高反発モールドウレタンフォームを配置。体重をしっかりと支えてくれるため、長時間座っても疲れにくいのが魅力です。

また、カラーバリエーションが豊富なところもポイント。インテリアに合わせやすいブラックとホワイトのほか、レーシングシートを思わせるレッドとブルー、そして個性的なピンクとパープルの合計6色を展開しています。性能だけではなく、見た目にもこだわりたい方におすすめのゲーミングチェアです。

デラックスレーサーチェア(DXRACER) フォーミュラシリーズ DXR

デラックスレーサーチェア(DXRACER) フォーミュラシリーズ DXR

「フォーミュラ」は、7つのシリーズを展開しているDXRACERのうち、最もスタンダードなモデル。フォーミュラシリーズは素材によって型番が異なるのが特徴で、DXRは生地にファブリック素材を使用したタイプです。通気性が高く蒸れづらいため、夏場でも快適にゲームすることが可能です。

人間工学に基づいた三次元立体成型のスチールフレームを採用。頭・肩・腰・膝をホールドしてくれるため、ゲームに熱中しているときも姿勢が崩れにくいところが魅力です。リーズナブルな価格でありながら、調節可能なひじ掛け、最大150°まで倒せるリクライニングなど、機能も充実。コスパに優れたおすすめのゲーミングチェアです。

デラックスレーサーチェア(DXRACER) キングシリーズ DXK-06

デラックスレーサーチェア(DXRACER) キングシリーズ DXK-06

DXRACERのなかで、背もたれと座面のサイズが最も大きい「キングシリーズ」。高身長や大柄の方はもちろん、自由な姿勢でゲームをプレイしたいという方、ゆったりとした座り心地が好みの方におすすめのモデルです。

ひじ掛けには、上下・左右・前後・首振りの調整機能を備えた「4Dアームレスト」を採用。体格や好みに合わせて、細かくアームポジションを設定できるのが魅力です。また、床を傷つけにくいウレタン樹脂製のホイールキャスターを搭載しているなど、使い勝手に配慮されているのも嬉しいポイント。機能面にも優れたおすすめのゲーミングチェアです。

デラックスレーサーチェア(DXRACER) クイーンシリーズ DXJ

デラックスレーサーチェア(DXRACER) クイーンシリーズ DXJ

DXRACERのゲーミングチェアのなかで、背もたれと座面が最もコンパクトな「クイーン」シリーズ。スタンダードなフォーミュラシリーズと比べて全体的に小型化しているのが特徴で、小柄な男性や女性に適したモデルとなっています。

小型化するのに伴って、いくつかの機能が省かれているので注意が必要です。ひじ掛けをはじめ、頭を支えるヘッドレスト、腰をサポートするランバーサポートなどがありませんが、そのぶん価格が安くなっています。出費を抑えたい方にもおすすめのゲーミングチェアです。

イーウィン(E-WIN) 2019シリーズ ゲーミングチェア F9

イーウィン(E-WIN) 2019シリーズ ゲーミングチェア F9

高級感のあるレザー製ゲーミングチェア「F9」。水や汚れに強いPUレザーを採用しているのが特徴で、汚れてもサッと拭き取れるのが魅力です。また、座面の表面にステッチ加工を施すことで、通気性を向上させているのもポイント。長時間座りっぱなしでも蒸れにくいように配慮されています。

背もたれ部分には、チェア内蔵型ランバークッションを搭載。5段階で角度を調整でき、腰の負担を軽減することが可能です。使わないときは中にしまっておけるので、クッションが不要という方にもおすすめ。別売りオプションのオットマンも装着できる多機能なゲーミングチェアです。

イーウィン(E-WIN) 2019シリーズ ゲーミングチェア D9

イーウィン(E-WIN) 2019シリーズ ゲーミングチェア D9

多機能ながら価格が抑えられたゲーミングチェア「D9」。背もたれが85~155°まで倒すことのできるリクライニング機能を搭載しています。また、座面もストッパーを外すことで15°前傾させることが可能。前かがみのスタイルでプレイしたい方におすすめのモデルです。

レザー製シートには、ステッチ加工を施すことで通気性を向上させているのもポイント。上下・左右・前後に位置調整できる3Dアームレストや、小物などを収納できる背面ポケットなど、さまざまな機能を搭載しています。コストパフォーマンスに優れたおすすめのゲーミングチェアです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ゲーミングチェア オットマン付き 150-SNCL003

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ゲーミングチェア オットマン付き 150-SNCL003

パソコンの周辺機器メーカーとして有名なサンワサプライのゲーミングチェア。レーシングカーにも採用されているバケットシート構造を採用しており、体をしっかりと支えてくれるのが特徴です。リクライニングは無段階で160°まで倒すことが可能。ひじ掛けも連動して動くため、快適な姿勢を長時間維持できます。

頭を支えてくれる大型ヘッドレストと、独立型の小型クッションが付属。さらに、格納式オットマンが搭載されているのであぐらをかけるのはもちろん、足を前方に伸ばして寝ることもできます。価格も安いので、コスパに優れたゲーミングチェアを探している方におすすめです。

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR

「バウヒュッテ」は、大阪にある日本企業が立ち上げたゲーミング家具ブランドです。RS-950RRはプロゲーマー向けに開発されたハイエンドモデルのゲーミングチェア。日本人の体格に合わせて設計されているのが特徴です。

長時間座っても蒸れにくいファブリック素材を使用。また、背中のS字カーブを優しくサポートする3Dランバーサポート、前後・左右・上下・取付け位置のポジションを変えられる4Dアームレストなど、機能も充実しています。国産ブランドの高性能なゲーミングチェアを探している方におすすめです。

ゲーミングチェアのAmazonランキングをチェック

ゲーミングチェアのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。