健やかな毎日を送るには、質の高い睡眠をとることが重要。快適な睡眠環境を整えるためにも、正しい寝姿勢を維持しやすい「安眠枕」の導入がおすすめです。

そこで今回は、眠りの質にこだわる方におすすめの安眠枕をピックアップしてご紹介。高さや硬さなど、安眠枕を選ぶうえで重要なポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

安眠枕の選び方

中材の素材をチェック

高反発・低反発ウレタン

By: amazon.co.jp

ウレタンは体圧分散性を有し、点ではなく面で重みを吸収する素材。高反発タイプと低反発タイプの2種類があるので、好みに合わせて選びましょう。

高反発ウレタンは、首や頭を支えられる適度な硬さがあり、寝返りを打ちやすいのが特徴。身体の重さで変形しにくいので、体格に合ったモノを選んでみてください。

低反発ウレタンは、頭や首の重さで沈み込みを感じるタイプ。首や頭を包み込むようにフィットします。水に弱く洗えないモノが多いので、衛生面が気になる場合は、汗や汚れから枕を守る「枕プロテクター」を使うのがおすすめです。また、寒さで硬くなりやすい性質があるため、冬場は就寝前にあたためてから使用しましょう。

留意すべきポイントは、高反発タイプ、低反発タイプともに通気性があまりよくないところ。頭に寝汗をかきやすい方や体調管理のためにクーラーをつけずに寝る方は、頭部にムレを感じることがあります。冷感カバーを使うなど、対策をして使ってみてください。

ポリエステルわた

By: amazon.co.jp

ポリエステルわたは、ふわふわとした柔らかさが魅力。軽量でリーズナブルな素材です。クッション性を有しており、使い始めはしっかりとした弾力も感じられます。首や頭を包み込むようにフィットし、気温によって硬さが変わることもありません。

ただし、長期間使い続けていると、わたのボリュームがヘタってきてしまいダマになることもあります。また、ダニが好む素材なので、長く使い続けるよりも定期的に枕を買い替えて使うのがおすすめです。

パイプ

By: rakuten.co.jp

ポリエチレン素材でつくられているのが一般的で、ストローを短く切ったような形状の素材が「パイプ」です。硬さがあるので潰れにくく、長期間使い続けていてもヘタりにくいのが特徴。通気性を有しているため、夏場の使用や寝汗をかきやすい方におすすめです。

一方、硬めの素材なので頭部のフィット感に欠け、寝返りやちょっとした動作で素材同士がぶつかる音が出やすいのが難点。硬めの安眠枕を探している方や、就寝時に音が気にならない方に適しています。リーズナブルな値段で手に入るモノが多く、水洗い可能なのも魅力です。

枕の高さをチェック

By: amazon.co.jp

枕の高さは、首や肩に負担をかけにくい姿勢をキープするための重要なポイント。頸椎のS字カーブが自然に保たれると肩と首への負担を抑えた理想の寝姿勢を保ちやすくなります。さらに、気道の通りがスムーズになるため、いびきに悩む方にもおすすめです。

安眠枕は、仰向けに寝てみたときに、立っている姿勢と同じ状態になれる高さのモノを選びましょう。具体的には、頭から肩にかけて10~15°の傾斜、顔に5°の傾斜がつくモノが理想的な高さとされています。

また、横向きに寝る方は、頸椎が枕と並行になる高さかどうかもチェックしてみてください。一般的に、肩幅程度の高さのモノが適した高さといわれているので、肩幅を測っておくと自分に合った枕を見つけやすくなります。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

市場に流通している安眠枕の多くは、約35×50cm・約43×63cm・約50×70cmの3サイズで展開されています。最も小さなサイズのモノは小柄な方や子供向け、または寝相がよい方向けで、中サイズと大きめサイズはそれぞれ普通の体格~大柄な方向けです。

上記の3サイズ以外にも、約60×63cm・約80×80cmの正方形に近い形をした四方に大きさを感じるモノや、約43×100cmの横長なモノもラインナップ。寝相に不安がある方は、大きめサイズを選ぶのがおすすめです。枕から頭が落ちる心配を減らせるので、寝返りを打ちやすくなります。

首や後頭部のフィット性をチェック

By: amazon.co.jp

安眠枕を選ぶ際は、頸椎のS字カーブや頭部に枕がフィットするかどうかをチェックしましょう。

柔らかすぎる枕は頭の重みで沈み込み、正しい姿勢をキープしにくくなってしまいます。頭部を包み込まれるような安心感はありますが、首を痛めたり気道が確保できずいびきをかきやすくなったりするので注意が必要。また、頭に血がのぼりやすくなってむくみの原因になることもあります。

硬すぎる枕は、後頭部に圧迫感をもたらしたり、首の疲れや肩こりの原因になったりしやすいのが難点。柔らかすぎず硬すぎないタイプを選ぶのがおすすめです。

メーカーのおすすめモデル

山田朱織枕研究所 整形外科枕ドクターズピロー

医師の臨床研究を元に開発された安眠枕。約5万人の顧客解析データから生まれた「自動計測システム」を利用し、購入後に枕の高さを自分で調節できるセルフオーダーキットです。

枕の高さは、5〜9cmの範囲で5mm単位の調節が可能。購入後も簡単に自分でメンテナンスができるため、常にジャストサイズの状態で使えるのも魅力です。枕の形状は寝返りをしやすいフラットタイプ、中素材には適度な硬さを有するウレタンとポリエチレンを採用。寝返りが打ちやすく、快適な睡眠環境をサポートします。

枕カバーには伸縮性のあるパイル地を採用。柔らかく肌触りがよいだけでなく、吸水性もあるため、暑い季節も心地よく使えます。本体サイズは縦25×横50cmの標準サイズ。体に合う枕を探している方におすすめの製品です。

安眠枕のおすすめアイテム

テンピュール(TEMPUR) オリジナルネックピロー

世界中に愛用者がいる、アメリカ発のマットレス&ピローメーカー「テンピュール」。同ブランドから発売されている「オリジナルネックピロー」は、頭部から首にかけてのカーブにフィットし、理想的な寝姿勢をキープしやすい波形形状がポイントです。中材にはウレタンフォームを使用しているため、一点に集中しがちな体圧を分散します。

ラインナップされているXS・S・M・Lの4サイズは、幅約50×奥行約31cmと同一ですが、高さがそれぞれ異なる仕様。好みの高さに合わせて選んでみてください。

テンピュール(TEMPUR) トラディショナルネックピロー

テンピュール素材をチップ状にして内包した安眠枕です。チップとチップの間に空気を含んでおり、袋の中でチップを寄せたり広げたりして、厚みや形を好みに合わせて調節できるのが魅力。どんな寝姿勢の方でも使いやすいタイプです。

中材の硬さは、やわらかめとかための2種類をラインナップ。大きさはいずれも幅約63×奥行約43cmで、寝返りも打ちやすいサイズです。綿100%のカバーは取り外して洗濯可能。本体は洗えないので、使用しないときは通気性のよい場所で保管するのがおすすめです。

ニトリ 高さが10ヵ所調整できるまくら パイプ

中材の高さを計10ヵ所調節できる安眠枕です。本体の下に部分調節可能なウレタンシートと、全体の高さを調節できるウレタンシートを採用。さらに、本体裏側のファスナー部分から中材を自由に出し入れできるので、自分の体格や好みに合わせて自在に形を変えられます。

通気性に優れたパイプ素材を使用しているため、頭部に汗をかきやすい方にもおすすめです。また、本体の側生地には抗菌防臭加工が施されているので、ニオイが気になりにくいのも魅力。丸洗いできるので、衛生面が気になる方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 匠眠 高さ調節 ハイクラスピロー

厚みの異なるシートを出し入れすることで、好みの高さに調節できる安眠枕。仰向き寝にも横向き寝にも対応し、どんな寝姿勢でも理想的な状態を保ちやすいのが魅力です。

サイズは幅約57×奥行約37cmと、寝返りが打ちやすい大きさ。中材がポリエステルのソフトタイプと、ポリエチレンパイプのハードタイプから選べます。

枕本体は手洗いできるので、汚れが気になったらいつでもお手入れ可能。清潔な枕を長く使い続けたい方におすすめのアイテムです。

篠原化学 フォスフレイクス スペリオール ピロー

洗濯機での丸洗いに対応した安眠枕です。洗濯試験に約100回適合しており型崩れもしにくいので、衛生面に配慮しながら使いたい方におすすめ。また、乾燥機に入れられるため、中心までしっかりと乾かせます。

本製品に使われている「フォスフレイクス」は、羽毛のように軽量なポリエチレンフィルムからつくられた素材。空気をたくさん含み、通気性を有しているので、夏場は蒸れにくく冬場はあたたかいのが特徴です。

加えて、自由に動く素材なので、頭や首の形状に合わせてフィット。クッション性も備えているため、快適な寝心地を体感できます。

東京西川 睡眠博士シリーズ 横寝サポートまくら M-EKA0501202

横向きに寝る場合でも安定した寝姿勢をキープしやすい安眠枕。低めタイプは約9cm、高めタイプは約11cmの高さを有しており、肩幅を考慮した設計を採用しています。首と後頭部の3ヵ所に調節口がついており、パイプを出し入れすることで高さの微調整も可能です。

中材には一般的なサイズよりも大きめのソフトパイプを使用。流動性が大きくなるため寝返りが打ちやすく、弾力のある寝心地を得られます。

ショップジャパン(Shop Japan) トゥルースリーパー ネックフィットピロー

低反発素材のウルトラ ヴィスコエラスティックを使用した安眠枕。弾力性や復元力に優れており、体圧を分散させやすいのが特徴です。また、首から頭にかけてのカーブにフィットする形状を採用。理想の寝姿勢を保ちやすいのも魅力です。

コットンとポリエステルでつくられた肌触りのよいカバー生地もポイント。コの字ファスナータイプなので、取り外しが簡単にできます。こまめにカバーを洗濯して、衛生的に使い続けたい方におすすめのアイテムです。

ロフテー枕工房(LOFTY) ホテルピロー

旅館やホテルなどでも採用されている、枕専門店がつくった安眠枕。寝転んだときの顔の角度が理想とされる5°になるよう設計されており、快適な睡眠環境を整えます。

本製品は、5つのパーツが連結されたユニット構造になっているのが特徴。首筋を支え、安定した寝姿勢をキープできます。また、仰向き寝も横向き寝もサポートし、どんな体勢でも眠りやすいのが魅力です。

表と裏の素材が異なる2WAYタイプなので、季節や好みに応じて使い分けも可能。表にはポリエステル粒わた、裏にはパイプを使用しており、1つの枕で異なる寝心地を楽しめます。

マニフレックス バイオシェイプピロー

1962年にイタリアで創業した世界的に有名な寝具メーカーの「マニフレックス」。本製品は、体圧を分散させる「エリオセルMF」と呼ばれる高密度素材を使用し、ソフトで安定した寝心地を実感できます。

また、人間工学に基づいて開発されているのも特徴。中央にくぼみがあるバイオシェイプ形状を採用しており、首から頭にかけてサポートします。横向きに寝る際には両サイド部分に頬を乗せると、首が安定しやすい仕様になっているのもポイントです。

通気性に優れた素材なので、湿度の高い夏場に使いやすいのも魅力。室温によって枕の硬さが変化しにくいため、1年を通して快適に使える安眠枕です。

ビーチ 王様の夢枕シリーズ 新・王様の夢枕

高度なビーズ縫製技術を有する秋田県の工場でつくられている国産の安眠枕です。パウダー状の超極小ビーズと、クッション性のあるポリエステルわたを混合した独特の感触が魅力。流動性を有しているので、寝返りを打って体勢が変わったときでも身体に合わせてフィットします。

サイズは約幅62×奥行40cmと横に広い形状。高さは標準タイプと低めタイプの2パターンから選べます。標準タイプは高さ8~12cmで、超極小ビーズの流動性を抑えた構造を採用。高めで硬めの枕が好みの方におすすめです。

一方の低めタイプは7~10cmと低めの設定で、ソフトな寝心地を実現しています。低く、柔らかい感触の枕を求める方は、低めタイプをチェックしてみてください。

AYO 安眠枕

幅63×奥行43cmの幅広タイプで、寝返りの際に頭が落ちにくい安眠枕。中材はポリエステル100%、側生地は綿100%でつくられており、湿気がこもりにくいタイプです。

高さは最大17cmと高めで、羽毛のような柔らかさと反発性を両立。弾力があるので首や肩をしっかりと支えて、理想的な寝姿勢を保ちやすいのが魅力です。中材を取り出せるので、好みの高さにカスタムできます。

また、洗濯機で丸洗いでき、複数回洗ってもヘタりにくいのが魅力。表地には肌触りのよい綿素材を採用しています。

VADUUU 安眠枕

仰向け寝にも横向き寝にも対応し、どんな寝姿勢でも眠りやすい安眠枕です。本製品は、人間工学に基づいた設計を採用。頭や首、肩をしっかり支える高反発タイプで、中材には通気性や弾力性に優れたポリエステルを100%使用しています。

綿素材の側生地は、防ダニ・抗菌仕様。肌触りもやさしく、ふんわりしなやかな寝心地を体感できます。洗濯機で丸洗い可能なので、お手入れも簡単です。長時間使い続けても型崩れが起きにくいのも魅力。復元性が高く、硬めの枕を探している方におすすめです。

ネルチャー(Nelture) スージーAS快眠枕

独自の3次元形状を採用しており、気道を確保しやすい姿勢をサポートできる安眠枕です。仰向けで寝ても、横向きに寝ても安定した寝心地を実現。うつぶせに寝ても胸部を圧迫しにくい設計なので、どんな寝方にも対応可能です。

また、3D形状によって頭部が蒸れにくいのも特徴。柔らかすぎず硬すぎない「メルティフィットα」が頭部を包み込むため、体圧を分散させる効果が期待できます。

ベーシックタイプは頭乗部5.5×首乗部7.5cmの高さで、高めの枕が好みの方におすすめ。ロータイプは頭乗部4.5×首乗部6.5cmの高さなので、小柄な方や低めの枕が好みの方に適しています。

ottostyle.jp 100cm低反発ロングピロー

約幅100×奥行30cmの横長タイプなので、寝返りを打っても枕から頭が落ちる心配が少ないアイテムです。一人で使うのはもちろん、二人でも使いやすいサイズ。低反発ウレタン素材なので、体圧を均一に吸収・分散させて、快適な睡眠環境をサポートします。

枕の向きを変えることにより、高さが変えられるのもポイント。高い方は10cm、低い方は7cmから好みに合わせて使えます。

カバーはパイル生地で肌触りがよく、取り外して洗濯可能。カラーはブラウン・クリーミーホワイト・ブラックの3色ラインナップされています。好みやインテリアに合わせて選んでみてください。