軽くてあたたかく、老若男女問わず人気の「羽毛布団」。しかし、価格帯が幅広く、種類も多いことから、どの羽毛布団を選べばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの羽毛布団をご紹介します。羽毛布団の魅力や選び方も解説するので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

羽毛布団の魅力

By: amazon.co.jp

羽毛布団の魅力は、水鳥の羽毛を用いることによる、独特の優しい触り心地。1本1本の羽が湾曲しており、ほかの布団にはないふんわり感が楽しめることから、人気を集めています。

保温効果が高く、あたたかいことが最大の特徴です。羽毛は周囲の温度が低いほど膨張して空気を含み、その空気の温度が体温によって上昇することであたたかく感じられます。

また、ほかの布団と比べると軽い傾向にあるため、重さを感じにくく、寝返りや持ち運びがしやすいこともポイントです。

羽毛布団の選び方

羽毛の種類で選ぶ

ダックダウン

By: rakuten.co.jp

羽毛布団を試しに使ってみたいなら、アヒルの羽毛であるダックダウンがおすすめ。安価ながら、羽毛の弾力度を表すダウンパワーの値が大きいので羽毛布団ならではのふんわり感が楽しめます。

予算よりも品質のよさを求めるなら、羽毛の原産地が明記されたモノを選びましょう。特にポーランドやハンガリーは、良質な羽毛の生産国として知られておりおすすめです。

グースダウン

By: amazon.co.jp

予算に余裕があり長く快適に使えるモノがよいなら、ガチョウの羽毛であるグースダウンがおすすめ。ダックダウンよりも独特のニオイがしにくいのが魅力です。

また弾力を維持しやすいのもメリット。グースダウンはダックダウンよりも羽毛が大きいため、洗っても絡まりにくい特徴があります。羽が固まりにくく、それぞれの羽毛がもつ優しい触り心地を長く楽しめておすすめです。

ダウン比率をチェック

By: nishikawasangyo.co.jp

保温性の高さを重視するなら、ダウン比率もチェックしておきましょう。ダウン比率とは、胸周辺の高品質な羽毛を含む割合のこと。値が大きいほど羽毛布団に多くの空気を含むので、より高い保温効果が期待できます。

ダウン比率は70%以上のモノを選ぶのがおすすめ。90%以上だと高級品、95%以上なら最高級品とされているため、選ぶ基準にしてみてください。

ただし、ダウンの品質によっては、ダウン比率が低いにもかかわらず高品質な場合もあります。羽毛の種類やダウンパワーとあわせて、総合的に判断しましょう。

ダウンパワーをチェック

By: nishikawasangyo.co.jp

ふんわりとした触り心地を重視するなら、ダウンパワーにも注目です。ダウンパワーとは羽毛の弾力度を表す数値のことで、dpという単位を使って表記されています。大きいほど個々の羽毛が膨らみやすく柔らかくなるため、羽毛布団を選ぶ際の基準にしてみてください。

また、日本羽毛製品協同組合はダウンパワーの大きさで4ランクに分類しています。品質で選ぶならロイヤルゴールドランクの400dp以上がおすすめ。価格を重視するなら、350dp以上のエクセルゴールドランクのモノや、300dp以上のニューゴールドランクのモノをチェックしておきましょう。

キルト(縫製)の性能をチェック

By: amazon.co.jp

羽毛の片寄りを防ぐため、羽毛布団全体に施されているのが「キルト」と呼ばれる縫製。個々のマス目に空気が均一に入ることによって保温効果が高まります。格子状に縫い目があることで、体にフィットしやすいのもポイントです。

キルトにはさまざまな種類があります。一般的によく見られるのは、表と裏の生地を直接縫い合わせた「タタキキルト」、表と裏の生地の間にマチと呼ばれる仕切りを付けて立体的に仕上げた「立体キルト」、表生地と裏生地それぞれに異なるキルトを施して間に生地を挟んだ「二層キルト」の3パターンです。

「タタキキルト」は縫い目部分に羽毛が入らないので、保温性がやや劣る反面、通気性は良好。夏場の羽毛布団に適しています。また、カサの出やすい「立体キルト」は保温性が高く、あたたかさを重視したい方におすすめ。さらに、「二層キルト」は高い保温性に加えてフィット感にも優れており、冬場の羽毛布団に適しています。

側生地をチェック

By: amazon.co.jp

側生地とは、羽毛を包む外側の生地のこと。羽毛の性能を活かす生地であり、羽毛布団の品質を左右する重要な部分です。側生地の素材は大きく分けて、綿やシルクなどの「天然繊維」と、ポリエステルに代表される「化学繊維」があります。

高級羽毛布団に使われる側生地は、綿素材が主流です。なかでも長い綿花繊維を用いた「超長綿」は、しなやかで光沢があり、吸湿性・発散性に優れた生地として人気があります。一方、コストが低く抑えられ、扱いやすいのがポリエステル生地。リーズナブルで耐久性が高い反面、吸湿性に劣り、蒸れやすいといったデメリットがあるので注意しておきましょう。

羽毛布団のおすすめ

東京西川 西川プレミアム 羽毛掛け布団

東京西川 西川プレミアム 羽毛掛け布団

寝具の老舗メーカー、東京西川が製造する羽毛布団です。厳選されたホワイトグースダウンのみを使用。ダウン比率は90%で、メーカー独自の「フレッシュアップ加工」によって実現した、ボリューム感のある仕上がりが特徴です。

側生地には、細く柔らかい糸で織りあげた綿100%の生地を採用しています。また、製造の全工程は自社の一貫管理体制のもとで行われており、保温性と耐久性を追求した丁寧な作りも魅力。品質を重視する方におすすめの羽毛布団です。

日本寝具通信販売 洗える羽毛肌布団

日本寝具通信販売 洗える羽毛肌布団

肌掛けタイプの羽毛布団。ハンガリー原産のホワイトグースダウンを使用しています。軽量で保温性に優れた最高品質の羽毛で、弾力度を示すダウンパワーは440dp。透湿性も良好で、夏用の羽毛布団としておすすめです。また、寒い時期にはほかの寝具と重ねて使用するなど、季節に合わせた使い方もできます。

側生地には防菌防臭効果の「マルセック加工」を施した、ポリエステルと綿の混紡生地を採用。細菌の増殖によって発生するニオイを防ぐ効果が期待できます。さらに、洗濯機での丸洗いが可能で、いつでも清潔に使用できるのもポイントです。

昭和西川 CUORE 羽毛合掛ふとん

昭和西川 CUORE 羽毛合掛ふとん

良質な羽毛の産地として有名な、ポーランドのホワイトダックダウンを使用した羽毛布団です。羽毛は国内で丁寧に充填されており、優れた保温性と適度な弾力性が魅力。ふっくらとした立体キルト加工で、優しく体を包みます。

さらりとした肌触りの側生地は、ポリエステルと綿の混紡素材。カラーはグレーとネイビーの2種類から選択できます。ダウン比率90%の軽量タイプで、春・秋用の合掛け布団としておすすめです。

昭和西川 2枚合わせ羽毛布団

昭和西川 2枚合わせ羽毛布団

肌掛け布団と合掛け布団の2枚がセットになった羽毛布団。ハンガリー産の良質なホワイトグースダウンが使われています。季節に応じた使い分けができ、寒い冬には2枚合わせであたたかく使用できるオールシーズン対応の製品。それぞれの羽毛布団にある8カ所のワンタッチボタンで固定した後、2枚一緒にカバーで包んで使用します。

立体キルトの合掛け布団は体に心地よくフィットするのが魅力。また、肌掛け布団は、羽毛が均一に広がりやすいよう合掛け布団よりも細かいキルトが施されています。品質、機能性ともに重視したい方におすすめの羽毛布団です。

安眠工場 エクセルゴールドラベル羽毛布団 2枚合わせ

安眠工場 エクセルゴールドラベル羽毛布団 2枚合わせ

オールシーズン対応できる、2枚合わせの羽毛布団です。羽毛は世界中の産地から厳選されたモノのみを使用。細かな不純物を丁寧に取り除き、時間をかけてしっかりと洗浄・乾燥させることで、羽毛特有のニオイを抑えているのが特徴です。

保温性が高く、軽量でふっくらと柔らかいのも魅力。本製品は、羽毛布団の品質基準を策定する「日本羽毛製品協同組合」より、エクセルゴールドラベルの認定を受けています。比較的リーズナブルな価格もポイントで、コストパフォーマンスの高い羽毛布団を探している方におすすめです。

SNOWMAN 洗えるダウンケット ダブル

SNOWMAN 洗えるダウンケット ダブル

夏用の羽毛布団としておすすめのダウンケット。ダウン比率は90%とふっくら柔らかく、吸湿・透湿性にも優れた爽やかな使い心地が魅力です。メーカー独自の洗浄システムを採用し、汚れの除去と洗浄を十分に行うことで、羽毛特有のニオイが軽減されています。

また、洗濯機での丸洗いが可能で、汗をかきやすい時期でも清潔に使えるのがポイント。洗濯ネットに入れて優しく洗浄した後は、しっかりと乾燥させるようにしましょう。夏は寝冷え防止に、肌寒い時期にはほかの寝具と重ねて使用するなど、季節に合わせた使い方ができる羽毛布団です。

日本寝具通信販売 カナディアンヘリテイジ羽毛布団

日本寝具通信販売 カナディアンヘリテイジ羽毛布団

カナダ原産のホワイトグースダウンを使用した、高い保温性が特徴の羽毛布団です。羽毛には「アレルGプラス加工」が施されており、抗菌効果が期待できます。また、細菌やカビを防ぐ目的で施された「クリーンオゾン加工」は薬品を使用しておらず、環境にも配慮されているのも魅力です。

側生地には高密度な「超長綿」が使われており、心地よいフィット感と滑らかな肌ざわりが特徴。保温性に優れた立体的な二層キルトで、あたたかさを重視する方におすすめです。

生毛工房 本掛け生毛ふとん PR310

生毛工房 本掛け生毛ふとん PR310

羽毛の名産地、ポーランドのホワイトグースダウンを使用した羽毛布団です。ダウン比率は95%で、ふっくらとした柔らかさと高い保温性が特徴。羽毛の性能を活かす立体キルトでボリュームがあり、寒い冬でも十分あたたかいのが魅力です。

側生地の綿素材には、新疆ウイグル自治区で栽培された毛足の長い「超長綿」を採用。丈夫な綾織りに仕上げることで、耐久性を強化しているおすすめの製品です。

安眠工場 ニューゴールドラベル羽毛布団

安眠工場 ニューゴールドラベル羽毛布団

日本羽毛製品協同組合よりニューゴールドランクの認定を受けた羽毛布団です。ダウンパワーは320dp以上でふっくらとあたたかく、軽やかな使い心地が魅力。冬用として使用できるあたたかさながら、リーズナブルな価格で購入できるのもポイントです。

シングルサイズからクイーンサイズまでラインナップされており、好みに応じて羽毛増量タイプが選択できます。幅広い選択肢と購入しやすい価格帯で、羽毛布団を初めて使用する方にもおすすめです。

甲州羽毛布団(Koushu Umofuton) 二層式本掛けふとん

甲州羽毛布団(Koushu Umofuton) 二層式本掛けふとん

富士山の北麓地域で製造された高級羽毛布団です。良質なフランス産マザーダックの羽毛は、豊富な天然水を利用して丁寧に洗浄されています。羽毛本来の性能を生かす二層キルトで、冬でも十分あたたかく使用できるのが魅力。ロイヤルゴールドラベルを取得した、高品質な製品です。

側生地は心地よい肌触りの「超長綿」を採用。シルクのように滑らかで、ダニを通しにくい高密度な生地に仕上がっています。品質にこだわりたい方はチェックしてみてください。