数多く展開されているマットレスのなかでも、独立したスプリングを内蔵した「ポケットコイルマットレス」。スプリングが連結したボンネルコイルマットレスよりも体圧分散性が高く、揺れが伝わりにくいのが魅力です。

そこで今回は、ポケットコイルマットレスのおすすめモデルをご紹介します。スプリングの形状や配列の違いなど、選ぶうえでチェックしたいポイントもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ポケットコイルとは?

By: air-r.jp

ポケットコイルとは、不織布の袋にひとつひとつのスプリングを包み込んだモノを指します。コイル同士が連結せず、独立して内蔵されているのが特徴です。

ポケットコイルの数や形状はマットレスごとに異なります。数が多いほど硬め、少ないほど柔らかめの寝心地になるのがポイント。形状は線径・巻き数・高さなどの違いがあり、硬さも変わります。配置方法は、並行配列と交互配列の2種類です。

スプリングは袋に包まれているので、熱や湿気がこもりやすい傾向にあります。カビなどが発生しないように寝室をこまめに換気することが大切です。最近では、通気性に配慮した袋を使ったポケットコイルも採用されています。

ポケットコイルマットレスのメリット

体の凹凸にフィットしやすい

By: rakuten.co.jp

ポケットコイルマットレスはスプリングが独立しているため、体を点で支えるのが特徴です。荷重の大きい腰まわりは深く、荷重の小さい足まわりなどは浅くポケットコイルが沈みます。体の凹凸に合わせてフィットするので、背骨のS字カーブを自然に保ったままの寝姿勢を維持しやすいのがメリットです。

体の曲線に沿うため、やさしく包み込むような寝心地もポイント。特に、柔らかい感触のマットレスを利用したい方におすすめです。

体圧分散性に優れている

By: rakuten.co.jp

スプリングがひとつひとつ分かれているので、体圧分散性にも優れています。体の一部分だけに圧力が過度に掛かりにくく、負担を軽減できるのがメリットです。

製品のなかには、ゾーンごとにスプリングの線径を調節することで、硬さを変えているモノも展開されています。体圧が掛かりやすい部分は硬め、掛かりにくい部分は柔らかめの寝心地になるため、より効果的に体圧を分散できるのが魅力。腰部分が必要以上に沈むのを防げるので、体重が重めの方にもおすすめです。

揺れが伝わりにくい

By: i-office1.net

ポケットコイルマットレスは、隣同士のスプリングの動きが影響しにくいのも特徴。寝返りなどをしても、振動が伝わりにくいのがメリットです。

そのため、2人で一緒に寝たい方や、就寝・起床時間が異なるパートナーと同じマットレスを利用したい方におすすめ。就寝中の寝返りで相手の眠りを妨げてしまったり、先に起床するときの動きで起こしてしまったりといったことを軽減できます。

ポケットコイルマットレスの選び方

スプリングをチェック

「線径」が太い方が硬く、細い方が柔らかい

By: rakuten.co.jp

スプリングの太さは線径で表示されます。細いほど柔らかめの寝心地で、体圧をしなやかに受け止めるのが特徴。逆に、線径が太いほど反発力が高まり、しっかりとした硬めの寝心地を得られるのが魅力です。

一般的に、線径1.9mm前後のポケットコイルマットレスは標準的な硬さといわれています。体重が軽めの方や標準的な方は1.9mm以下、重めの方は2mm以上のスプリングを採用しているモデルがおすすめです。なかには、へたりやすい腰まわりやサイドに線径が太いスプリングを配置して、耐久性を向上させている製品もあります。

コイルの「巻き数」は少ない方が硬めの寝心地に

By: rakuten.co.jp

線径が同じ場合は、スプリングの巻き数に注目してみてください。巻き数が少ないとクッション性が低くなるため、硬めの寝心地になります。一方、巻き数が多いとクッション性が高まるので、柔らかい寝心地になるのが特徴です。

巻き数は5〜8巻程度が主流。なかには、12巻のスプリングを採用しているモノも展開されています。

「コイル高」は高い方が体圧を分散できる

By: nihonbed.com

コイル高は、スプリングを圧縮させて不織布に入れたときの高さを表しています。コイル高があるほど、荷重を柔らかく受け止めるといわれているため、体圧分散性に優れているのが特徴。コイル高が低すぎる場合は底付き感を覚えやすいので、注意が必要です。

なお、同じ巻き数でも圧縮する高さを変えることで、反発力が変わります。弾力性が高くなるのに加えて、スプリングのへたりを抑えられるのがポイントです。

スプリングの配列にも注目

並行配列

By: nell.life

ひとつひとつのスプリングを並行に配置した「並行配列」。交互配列に比べてスプリングの数が少なく間隔が広くなるので、ふんわりと柔らかめです。スプリング同士の接点が少ないため、体圧分散性もより高まります。しなやかなフィット感が好みの方や、体重が軽めの方におすすめです。

また、すき間があることで空気の通り道が確保され、通気性に優れているのもポイント。湿気がこもりにくいので、カビの発生を抑えられます。

交互配列

By: nihonbed.com

スプリングを蜂の巣のように交互に配置した「交互配列」。密度が高いので、ほどよい硬さの感触です。また、スプリングを密着させることで、寝返りなど睡眠中の体の動きにしなやかに対応します。安定性があり、横揺れしにくいのも嬉しいポイント。しっかりした寝心地が好みの方や、体重が重めの方におすすめです。

通気性は、並行配列に比べてやや低い傾向にあります。気になる方は、通気性を高める構造を採用しているモノを選びましょう。また、こまめに換気することも大切です。

コイル感が気になるならウレタンが厚めのモノを選ぼう

By: rakuten.co.jp

ポケットコイルマットレスは、一般的にキルト層・クッション層・スプリング層で構成されています。ポケットコイルを内蔵したスプリング層だけでなく、詰め物を入れたクッション層にも注目してみてください。

コイル感が気にならないマットレスを選びたい場合は、クッション層に厚めのウレタンフォームなどを内蔵したモノがおすすめです。価格は高い傾向にありますが、何種類もの素材を重ねているモノだと、より快適な寝心地を得られます。

片面仕様か両面仕様かで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ポケットコイルマットレスを選ぶ際は、表側のみ利用できる片面仕様か、表側・裏側のどちらも利用できる両面仕様かをチェックしましょう。片面仕様のモデルは詰め物が少ないため、価格が安い傾向にあります。できるだけ予算を抑えたい方におすすめです。

両面仕様のモデルは詰め物が多く内蔵されているので、ボリュームがあり、底付き感を覚えにくいのが魅力。また、寝る面をひっくり返して変えることで、荷重が一部分だけに掛かるのを回避でき、へたりにくくなるのもポイントです。長期間使い続けたい方に適しています。ただし、裏表のローテーションを怠ると、マットレスの底に湿気が溜まりやすくなるため注意が必要です。

自分に合ったマットレスの硬さを選ぼう

性別ごとの傾向

By: nell.life

性別によって体格に違いがあるので、快適と感じるポケットコイルマットレスの硬さも異なります。女性は体の凹凸がある方が多い傾向にあるため、曲線にフィットするように柔らかめのモノがおすすめです。硬すぎるモノだと腰まわりが圧迫されやすく、寝心地が悪くなる場合があります。

一方、男性は筋肉質で体のラインがまっすぐな方が多い傾向にあるので、しっかり体を支える硬めのモノを選んでみてください。柔らかすぎると腰が必要以上に沈んでしまい、寝姿勢が崩れてしまうおそれがあります。なかには、腰まわりに硬めのポケットコイルを採用し、過度な沈み込みを抑えるモノもあるので、チェックしてみましょう。

寝姿勢で選ぶ硬さ

By: i-office1.net

寝姿勢の違いによっても、適している硬さが異なるのがポイントです。横向きで寝ることが多い方は、肩や腰まわりに圧力が掛かりやすいので、体の凹凸に合わせて沈み込む柔らかめのモノが適しています。

仰向けで寝ることが多い方は、横向きのときよりも体の曲線が少ないため、普通から硬めのモノがおすすめです。反発力があることで、腰がくの字に曲がるのを防ぎ、適切な寝姿勢を保ちやすいのがメリットです。

ポケットコイルマットレスの寿命はどれくらい?

By: gokumin.co.jp

ポケットコイルマットレスの寿命は、8~12年程度とされています。幅広い種類が展開されているマットレスのなかでも、特に寿命が長いのがメリット。できるだけ長く利用したい方におすすめです。

寿命が近くなってくると、きしむ音がしたり中身がへたってきたりします。快適なベッド環境を整えるためにも、新しいマットレスへ買い替えましょう。

寿命はあくまでも目安なので、品質や使い方によって利用できる年数は変わります。マットレスをなるべくよい状態に保つためには、湿気対策をしたり、ベッドパッドなどを用いてマットレスを保護したりとお手入れが必要です。

ポケットコイルマットレスのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2層ウレタンポケットコイルマットレス 2U-PKTM

コスパに優れたモデルを求める方におすすめのポケットコイルマットレス。シングルサイズの場合、495個のコイルを内蔵しています。体のラインや重さに合わせて沈み込むので、体圧分散性に優れ、負担が掛かりにくいのが特徴です。

ポケットコイルの上には、高密度ウレタンを含む10層もの素材を配しています。クッション性が高いため、柔らかく体を受け止めるのが魅力です。また、コイルの当たりを感じにくい、ふっくらとした寝心地を実現しています。

側面にはメッシュ生地を採用しており、通気性がよいのもポイント。内部に湿気がこもるのを抑えるのがメリットです。そのほか、厚さは約20cmと比較的ボリュームがあるので、底付き感が少なく、快適に利用できます。

NELL マットレス

自然な寝返りをサポートするポケットコイルマットレス。腰まわりには硬めのコイルを内蔵しているので、反発力が高いのが特徴です。また、マットレスのフチにも硬めのコイルを配置。落ち込みを防ぎ、座りやすいのがポイントです。

ダブルサイズの場合は1734個と非常に多くのコイルが入っているため、体圧分散性に優れています。寝返りなどで揺れを感じにくく、2人で利用したい方にもおすすめです。

コイルの上下の層には、優れた通気性を確保するために、交互に薄いウレタンフォームと不織布を重ねてあります。さらに、防ダニ・抗菌・防臭効果が期待できる素材も採用。そのほか、両面仕様なので、上下裏表を気にせず利用可能です。サイズは、シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キングを展開しています。

タンスのゲン 快適3Dメッシュ ポケットコイルマットレス

エッジサポートで耐久性を高めたポケットコイルマットレス。両サイドのスプリング線径が2mmと太めで、高い強度を有しています。腰掛けたときにも過度にへこまず、へたりにくいのが嬉しいポイントです。

表層には2枚のウレタンを内蔵しており、スプリングが体に当たるのを軽減します。表面には、手触りが柔らかなニット生地を採用。心地よく体にフィットするのが魅力です。

さらに、側面に3Dメッシュ生地を使うことで通気性を確保し、内部に湿気が溜まるのを防ぎます。カビなどの発生を抑えやすいのがメリット。片面仕様のため価格が安く、初めてポケットコイルマットレスを購入する方にもおすすめです。

タンスのゲン 三つ折り 折りたたみポケットコイルマットレス

By: tansu-gen.jp

三つ折りタイプのポケットコイルマットレス。フレームが3つに分かれているので、両サイドを補強するエッジサポートがなくても、耐久性に優れています。また、立て掛けやすいため、ラクに陰干しできるのも特徴。使用後はコンパクトに収納可能です。

スプリングは並行配列を採用しているため、通気性が高いのが嬉しいポイント。表面には、高級感のあるジャガード織りの生地を使用しています。フチにはヘム加工を施しており、外側からもスプリングを守るのがメリット。使い勝手に優れたモデルを求める方におすすめです。

源ベッド ハイグレード 日本製ポケットコイルマットレス

スプリングに高品質な硬銅線を採用した日本製のポケットコイルマットレス。反発力と耐久性に優れているので、快適な寝心地を実現しています。抗菌・防臭・防ダニ効果が期待できる中綿を内蔵しており、ベッド環境を清潔に保ちやすいのも特徴です。

硬さはソフト・レギュラー・ハードの3種類から選べるため、好みの寝心地や体型に合わせやすいのが魅力。また、サイズはシングル・セミダブル・ダブルなどのほかに、長さ180cmのショートサイズなど全7種類を展開しています。身長が低い方や、部屋のスペースに限りがある方にもおすすめです。

そのほか、両面仕様なので、定期的に裏表を入れ替えられます。一部分だけがへたるのを防げるため、長く愛用できるのがメリットです。

ZINUS ポケットコイルマットレス 15cm Classic

体を心地よく包み込む、2層構造のポケットコイルマットレス。シングルサイズの場合は、450個のポケットコイルを備えています。体圧分散性に優れているため、一部分だけに圧力が集中するのを抑えるのが特徴。体の曲線に沿ってフィットするおすすめのモデルです。

また、寝返りなどの振動を抑えるので、揺れによって目が覚めてしまうのを防ぎます。低反発テクノロジーで作られた「圧力緩和コンフォートフォーム」を内蔵しているのもポイント。コイルの違和感を減らし、全身をしっかり支えます。

そのほか、並行配列を採用しており、通気性が高いのも魅力。湿気がこもりにくいモデルを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

インテリアオフィスワン neruco 薄型ポケットコイルマットレス

厚さ11cmの薄型ポケットコイルマットレス。チェストベッドやロフトベッド、2段ベッドなど床面が高くなりがちなベッドフレームを利用している方におすすめのモデルです。寝る高さを低めに抑えられます。

ポケットコイルには、しなやかな反発力がある1.9mm径のスプリングを採用。薄型ながら体をしっかり支えます。また、体圧分散性にも優れており、体の凹凸に合わせてフィットするのもポイントです。

側面には3Dメッシュを使用しているので、通気性に優れています。内部に湿気が溜まりにくいのがメリット。そのほか、マットレスの裏面には滑りにくい不織布を採用しているため、ベッドフレームからずり落ちるのを防ぎます。

GOKUMIN プレミアムスプリングマットレス

クッション材に高品質なウレタンを使用したポケットコイルマットレス。適度に反発力があるのが特徴です。また、コイルが体に当たるのを防ぐため、快適な寝心地を実現します。

シングルサイズの場合は、496個のポケットコイルを内蔵。高密度に配置されていることで、体の各部分の重さに応じて自然にフィットします。さらに、寝返りなどによる振動を軽減するので、2人で利用したい際にもおすすめです。

外周には高強度のポケットコイルを採用しており、耐久性に優れています。そのほか、側面には通気性のよいエアメッシュ生地、表面には抗菌・防臭効果が期待できるニット生地を使用。清潔な状態で利用しやすいのが魅力です。

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) ピロートップポケットコイルマットレス HOLLOW

By: air-r.jp

体にやさしくフィットするピロートップを採用したポケットコイルマットレス。種類の異なる5層のクッション材を使用しており、ふかふかとした寝心地を実現しています。ピロートップはフチを切り離した状態で縫い付けているため、横になったときに生地の突っ張りを感じにくいのも魅力です。

両サイドのポケットコイルには、線径2.3mmの硬めのスプリングを使用。就寝時や起床時など腰掛けるときに負荷が掛かりやすい端部分の強度が高まります。型崩れしにくいので、長く利用できるのがおすすめのポイントです。

表面には、伸縮性と通気性に優れたメッシュ生地を採用しています。寝返りした際などに柔らかくフィットしたり、寝汗をかいてもムレにくかったりするのがメリットです。

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) スリムプレミアム ポケットコイルマットレス

薄型ながら快適な寝心地を実現しているポケットコイルマットレス。頭まわりと足まわりはソフト、腰まわりはハードな硬さに調節しているのが特徴です。腰が沈み込みすぎるのを防ぐので、腰への負担を抑えられます。

クッション材には高反発ウレタンを内蔵しており、押してもつぶれにくいのがメリット。表面には伸縮性の高いニット生地を使用しているため、寝転んだ際にやさしく体にフィットします。側面には通気口の役割を果たす3Dメッシュを配置。内部の空気が入れ替わるので、湿気が溜まるのを防ぎます。

そのほか、耐久性の高いスプリングや、型崩れを防ぐエッジサポート構造により、良質な寝心地を長く保ちやすいのがポイント。通常のベッドマットレスとしてはもちろん、2段ベッド用やロフトベッド用のマットレスとして利用するのもおすすめです。

モダンデコ DORMIRA 超高密度3ゾーンマットレス

3ゾーン構造を採用したポケットコイルマットレス。ゾーンごとにスプリングの線径を変更することで、頭部と足部は柔らかめ、腰部は硬めの寝心地を実現しています。体のなかでも重さがある腰をしっかり支えられるので、背骨のラインをまっすぐに保ちやすいのがメリットです。

スプリングは並行配列を採用。コイル同士の接点が少ないため、体圧分散性がより高まっています。厚さは約25cmとボリュームがあり、クッション性に優れているのもポイント。体重が重めの方が利用しても、底に付く心配を軽減できる点がおすすめです。

そのほか、中綿には防ダニ綿シート、側面には通気性のよい4Dメッシュを使用しています。ダニやカビが発生するのを防ぐ効果が期待できるので、清潔な状態をキープしやすいのが魅力です。

ニトリ Nスリープハード H1-02CR VH

2層の硬めのポケットコイルが体をしっかり支えるマットレスです。上段のポケットコイルが、体の凹凸に合わせてフィット。背骨のS字カーブをキープした自然な寝姿勢を保ちやすいのが特徴です。下段のポケットコイルは、体圧をきちんと支えます。

クッション層には硬さの異なるウレタンを内蔵しており、体のカーブに沿いやすいのが魅力。ポケットコイルのサポート力と、クッション層の柔らかさを兼ね備えたおすすめのモデルです。

そのほか、表面には伸縮性の高いニット生地を採用。防臭・防ダニ・抗菌効果も期待できるため、快適なベッド環境を整えられます。

エムリリー(MLILY) ハイブリッドマットレス S-MU65206

4層構造で快適な寝心地を実現しているポケットコイルマットレス。1層目にはブランド独自のウレタンフォームを採用しています。低反発と高反発のメリットを兼ね備えており、柔らかさと弾力性のバランスが良好です。

2層目には、表面を波形にカットした高反発ウレタンフォームを配置。波形の凹凸が点で支えるため、体圧をしっかり分散します。また、1層目と密着しないので、空気の通り道ができ熱がこもりくいのもポイントです。

3層目のポケットコイルは、体の各部位に合わせてフィットします。4層目の高反発ウレタンフォームは衝撃を吸収するため、横揺れを和らげるのがメリット。そのほか、カバーは取り外して洗えるので、清潔に利用できます。柔らかすぎず硬すぎない絶妙な反発力のあるモノを探している方におすすめです。

日本ベッド シルキーポケット ウール入

しっとりした感触が魅力のポケットコイルマットレス。交互配列を採用しており、高密度にポケットコイルが配置されています。寝返りなどの動きに合わせて、しなやかに対応するのがメリット。表面の詰め物はあえて薄くしており、繊細な動きが伝わりやすいのもポイントです。

マットレスの硬さはソフト・レギュラー・ハードの3種類を展開しています。横向きに寝ることが多い方はソフト、しっかりした体格の方はハードなど、寝るときの姿勢や体型で選べるのがおすすめポイントです。

そのほか、端部分のワイヤーをウレタンで包む「ロールガード」を採用。ベッドでくつろいだり、周りを歩いたりする際に、サイドに体が当たっても柔らかい感触です。マットレスの傷みも軽減できます。

サータ(serta) ポスチャーベーシック 6.8 F1N

交互配列を採用した高級ポケットコイルマットレス。コイルの数が多く、しっかりした寝心地を実現しています。荷重が掛かりやすい部分には、ほかよりも0.1mmほど太いコイルを配置。腰や側面をサポートするのが特徴です。

詰め物には、弾力性と耐久性に優れるラテックスを使用しています。硬めの感触で反発力があるので、体をしっかり支えられるのがメリット。そのほかにも、ウレタンや不織布などの素材を何層にも重ねることで、へたりにくいのが嬉しいポイントです。

カバーデザインはブラウン・モノグラム ・ニットの3種類を展開しており、部屋の雰囲気に合わせて選べます。硬い寝心地が好みの方や、仰向きで寝ることが多い方におすすめのモデルです。

シモンズ(Simmons) 6.5インチ ゴールデンバリュー ピロートップ AB2101A

弾力性と耐久性に優れるポケットコイルマットレス。高品質なスプリングを使用しているため、へたりにくいのが特徴です。長期間の利用でもサポート力を維持し、しっかり体を支えます。

コイル高は6.5インチに圧縮しており、反発力が高いのもポイントです。また、コイルの直径を小さくすることで数を増やす「新並行配列」を採用。すき間が減るので、マットレスの隅々まで良質な寝心地を実現しています。

スプリングを包む不織布は、特殊技術のニードルパンチ製法を用いて作られているのが特徴。多孔質に仕上がるため通気性に優れており、ポケットコイルの内部に湿気が溜まるのを防ぎます。さらに、ボリューム感と安定感を兼ね備えるピロートップを配置。高級マットレスを初めて購入する方にもおすすめのモデルです。

アンネルベッド(ANNELBED) マットレス MFI-AD001 P1050

独自開発した12巻のスプリングを内蔵しているポケットコイルマットレス。1本で2個分のポケットコイルに相当し、クッション性に優れています。スプリングの素材には引張強度の高いピアノ線を採用しており、柔らかさがありながら弾力性も高いのが魅力。横向きで寝る方や、よく寝返りする方におすすめのモデルです。

並行配列と交互配列を組合わせた3ゾーン仕様なので、線径を調節することなくゾーンごとに硬さを変えています。腰まわりが補強されているため、腰が沈み込みすぎるのを防ぐのがメリットです。

表面の生地には、肌触りがよく伸縮性のあるニット生地と、引っ張り感の少ないジャンプキルトを使用しています。荷重が掛かったときの生地のつっぱりが軽減されるので、自然に体圧を分散できるのが魅力です。また、側面のマチ部分にはメッシュ生地を採用。通気性が高いため湿気がこもりにくく、衛生的に利用できます。