柔らかい寝心地で、ゆっくり体にフィットする「低反発マットレス」。体圧分散性に優れており、体の一部分に負荷が掛かるのを防ぎます。さまざまな製品が展開されているので、どれがよいか迷うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、タイプ別におすすめの低反発マットレスをご紹介。選び方のポイントもあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

低反発マットレスとは?

By: amazon.co.jp

低反発マットレスとは、圧力を掛けるとゆっくり沈み、圧力を解放するとゆっくり元の形状に戻るマットレスのこと。体のラインにあわせて変形するため、包み込まれるような柔らかい寝心地も特徴です。

素材には主に、反発力の少ない低反発ウレタンを使用しています。もともとは、NASAの宇宙飛行士のために開発された素材で、衝撃を吸収しやすいのがポイント。そのほか、低反発マットレスは、体圧分散性に優れています。

低反発マットレスと高反発マットレスの違い

低反発マットレスのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

低反発マットレスは、体のラインにあわせてフィットしやすいのがメリット。背骨が自然なS字ラインを描きやすいため、理想的な寝姿勢を保てます。

また、体圧分散性が高いので、一部分だけに圧力が掛かりすぎるのを防ぐのも魅力。圧力が掛かりやすい腰まわりなどの負担を抑えられます。さらに、衝撃をやさしく吸収することで、寝返りなどによる揺れを感じにくいのもポイントです。

一方で、反発力が少ないため、寝返りする際のサポート力が弱いことがデメリット。そのほか、フィット感が高いことにより、夏場は暑く感じやすいので留意しておきましょう。

高反発マットレスのメリット・デメリット

高反発マットレスは、弾力性に優れています。体が沈み込みすぎるのを防ぎ、しっかり支えるのがメリット。重さがある腰まわりも支えるため、体がくの字に曲がるのを抑えます。体の軸をまっすぐに保ちやすいのがポイントです。

また、反発力が高いので、寝返りしやすいのも魅力。適度に寝返りすることで、体の一部分のみに負荷が掛かってしまうのを避けられます。さらに、へたりにくいため、耐久性のよいモノを探している方におすすめです。

逆に、人によって寝心地が硬すぎると感じてしまうのがデメリット。そのほか、密着度が低いため、冬は寒く感じてしまう場合があります。

高反発マットレスについて詳しくはこちら

低反発マットレスが向いているのはこんな方

By: amazon.co.jp

低反発マットレスは粘弾性に優れており、もっちりと柔らかい寝心地が好みの方におすすめです。また、反発力が低いため、特に40kg未満の体重が軽い方に向いています。体重が重めの方だと、沈む込みすぎる場合があるので留意しておきましょう。

さらに、体のラインに応じて沈むため、横向きに寝ることが多い方や、体の曲線がはっきりしている方にも適しています。

低反発マットレスの寿命はどれくらい?

By: amazon.co.jp

低反発マットレスの寿命は、採用している素材や使用状況などによって異なりますが、3~5年程度といわれています。マットレスの凹みが戻りにくくなってきたり、カビが発生したりした場合は、買い替えのタイミング。無理に利用し続けると、快適なベッド環境を整えられないため注意しましょう。

寿命を長持ちさせたい場合は、定期的なお手入れが大切です。湿気対策として、週に1回程度の日陰干しがおすすめ。また、体重が同じ箇所に掛かり続けることで劣化が早まるため、3ヶ月に1回程度は裏表上下をひっくり返してみてください。

低反発マットレスの選び方

タイプで選ぶ

単体マットレス

By: amazon.co.jp

単体マットレスは厚さがあるので、底付きを感じにくく、体をしっかり支えられるのが特徴です。ベッドフレームにはもちろん、床に直接敷いて利用できるモノもラインナップされています。敷布団として使いたい方にもおすすめです。

製品によっては、層ごとに性能が異なる多層構造を採用しています。低反発ならではの柔らかさやフィット感だけでなく、安定感や丈夫な作りなども実現しているのが魅力です。

トッパータイプ

By: nitori-net.jp

トッパータイプは、マットレスの上に敷いて利用します。使用しているマットレスがへたってきたり、寝心地が硬すぎたりする際に敷くことで、快適なベッド環境に整えられるのがポイントです。なかには、敷布団の上に重ねられるモノも展開されています。

本タイプは単体マットレスに比べて薄いのが特徴。価格も比較的安いため、マットレスを買い替えるよりも出費を減らせます。予算を抑えて、手軽に寝心地をよくしたい方におすすめのタイプです。

厚さをチェック

By: amazon.co.jp

低反発マットレスの厚さによって、寝心地や使い勝手が異なるため、あらかじめしっかりチェックしておきましょう。単体マットレスは8cm以上のモノが多く展開されています。厚さがあるほど底付き感が少なく、体をしっかり支えるのが特徴。ただし、日陰干しなどお手入れする際は、手間が掛かりやすいので留意しておきましょう。

トッパータイプの厚さは、3〜8cm程度です。薄いため、移動させやすいのがポイント。また、ぐるぐると巻けるモノもあり、省スペースで収納できます。寝るとき以外は、寝具をしまっておきたい方にもおすすめです。

耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

低反発マットレスを選ぶ際は、耐久性を確認することも大切。中材で使用されているウレタンの密度が高いほど、へたりにくく耐久性に優れているといわれています。

密度はD(デニール)で表され、25〜50D程度の製品が展開されているのが特徴。耐久性に優れた高密度のモデルを求める方は、30D以上のモノがおすすめです。

通気性をチェック

By: amazon.co.jp

低反発マットレスは、蒸れにくいように通気性に優れているモノがおすすめ。夏場でも寝苦しさを感じにくかったり、カビの発生を防げたりするのがメリットです。

中材に凸凹形状のプロファイル加工が施されているモノなどは、空気の通り道を確保できるのがポイント。また、カバーには、空気が入れ替わりやすいように、メッシュ生地を採用したモノがおすすめです。

折りたたみできるモノは収納に便利

By: amazon.co.jp

折りたためる低反発マットレスは、三つ折りなどにしてコンパクトにできるのが魅力。部屋の隅やクローゼットなどに、省スペースで収納可能です。一人暮らしの方などで部屋が狭く、毎朝片付けたいときに重宝します。また、来客用として普段は片付けておきたい方にもおすすめです。

なお、厚さがあるマットレスは、折りたたんだときに高さがでます。クローゼットなどに収納したい場合は、きちんと収まるかあらかじめチェックしておきましょう。

低反発マットレスのおすすめメーカー

テンピュール(TEMPUR)

By: amazon.co.jp

「テンピュール」は、低反発マットレスのパイオニアともいえる寝具メーカー。マットレスには、NASAの発明に基づいて開発された「テンピュール素材」を採用しています。体温・体型・体重に応じて変形し、体にぴったり沿うことで体圧を分散したり振動を吸収したりするのが特徴です。

単体マットレスやトッパータイプ、折りたたみタイプなど幅広いモデルを展開しているため、自分好みのモノを探しやすいのも魅力。高品質の低反発マットレスを求める方におすすめのメーカーです。

ニトリ

By: nitori-net.jp

「ニトリ」は寝具をはじめ、ソファや収納家具、生活雑貨、キッチン用品まで幅広いモノを取り揃えています。低反発マットレスは、主にトッパータイプをラインナップ。現在使用しているマットレスなどに重ねて、寝心地をよくしたい方におすすめです。

また、価格が比較的手頃なのも魅力。はじめて低反発マットレスを購入する方も、ぜひチェックしてみてください。

低反発マットレスのおすすめ|単体マットレス

テンピュール(TEMPUR) オリジナルエリート25

快適な寝心地とサポート力を兼ね備える低反発マットレス。テンピュールのなかでも原点となるスタンダードモデルです。厚さは25cmと非常にボリュームがあります。

本製品は4層構造が特徴。1層目には、体にぴったりフィットしやすく、体圧を分散する「テンピュール コンフォート素材」を配しています。また、寝返りなどの振動を吸収するのもポイント。2層目には、体型や体重に応じて体を支える「テンピュール サポート素材」を採用しています。

3層目と4層目には、上層と連動しながら、心地よさとサポート力を実現する「高耐久性ベース」を内蔵。そのほか、カバーは、上部のみ取り外して洗濯できます。耐久性に優れる高級マットレスを探している方におすすめのモデルです。

LIMNE the Mattress

とろけるような柔らかい寝心地が魅力の低反発マットレス。トップ層には、独自に開発した素材「スフエアー」を採用しています。包み込まれるような、ふわふわの質感が特徴です。

ミドル層は、肩やお尻、ふくらはぎ~かかとまでの3カ所に横溝を備えています。溝の深さを体のラインにあわせて変えることで、柔らかさを伝えやすいのがポイント。また、寝返りをサポートします。

ボトム層には硬めのウレタンを配しており、安定感のある丈夫な作りを実現しているのが魅力。さらに、下面に溝を入れているため、通気性に優れており、湿気対策につながります。

カバーには、通気性を考慮したメッシュ生地を使用。そのほか、サイズはシングル・セミダブル・ダブルをラインナップしています。3層構造によって、体への負担を抑えやすいおすすめのモデルです。

タンスのゲン シングル 低反発マットレス 厚み8cm 洗えるカバー付き 13810004

底付きを感じにくい低反発マットレス。厚さは8cmです。単体での使用はもちろん、別のマットレスや敷布団の上に敷いて利用したいときにも重宝します。

カバーには、ループの細かいパイル生地を使用しており、肌触りがよいのも魅力。汚れが気になった場合は、取り外して洗えます。ファスナーはL字型で、着脱しやすいのがポイント。安い単体マットレスを探している方にもおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 低反発ウレタンマットレス8cm一体型フラット38D S TUM1-F8-38D-S

耐久性が高い低反発マットレス。38Dと比較的密度が高く、かつ復元率にも優れています。快適な寝心地ができるだけ長く続く、へたりにくいモノを求める方におすすめです。

厚さは8cmで、ベッドフレームだけでなく、床に直接敷けるのもポイント。硬さは普通で、柔らかすぎる寝心地が苦手な方にも適しています。

カバーには、やさしい肌触りのパイル生地を使用。オールシーズン快適に使いやすいのが魅力です。また、L字型ファスナーが付いており、ラクに着脱できます。そのほか、洗濯機で洗えるため、きれいに保ちやすいのもメリットです。

ドリス(DORIS) 低反発マットレス ブラックサイレンス プレミアムカットS 15294

柔らかすぎず、極端な沈み込みを防ぐ低反発マットレス。ウレタンには程よい硬さと、少し硬めの素材を採用しています。特殊なカットを施しているのも特徴。点で体を支えるため、体圧分散性に優れ、圧迫感の少ない寝心地を実現しています。また、通気性がよいのもポイントです。

さらに、素材には消臭・抗菌・調湿効果を期待できる竹炭を練り込んでいます。洗えないマットレスを清潔に保ちやすいのがメリットです。

カバーには、レーヨン混の素材を使用しており、なめらかでやさしい肌触りなのが魅力。汚れた場合は、取り外して洗濯できます。高機能ながら比較的リーズナブルなので、コスパのよい単体マットレスを求める方にもおすすめです。

低反発マットレスのおすすめ|トッパータイプ

テンピュール(TEMPUR) トッパー7

両面に素材の異なるカバーを採用した低反発マットレス。片面には涼しげでなめらかなダブルジャージー素材、もう片面にはあたたかく柔らかな肌触りのベロア素材を使用しています。好みにあわせて使い分けられるのがポイントです。

素材には、NASAの公式認定を受けた低反発素材を採用しています。体圧にあわせて空気が通る独自構造なので、年間を通して快適に利用可能です。また、温度に反応しやすく、体温などに応じてゆっくり体になじむのも魅力。体への負担を抑えられます。

厚さは7cm。別のマットレスや敷布団に重ねれば、ボリュームのある寝心地を実現できます。そのほか、カバーは洗濯可能。実用的なトッパータイプのモデルを求める方におすすめです。

ニトリ 低反発マットレス トッパー シングル プレミアフィット2 S 7543821

By: nitori-net.jp

吸い込まれるような寝心地を実現した低反発マットレス。中材には厳選した2層式の低反発ウレタンを採用しており、ゆっくりと体の重みを受け止めます。やさしくフィットするモデルを求める方におすすめです。

厚さは8cmとトッパータイプのなかではボリュームがあり、底付きを感じにくいのがポイント。マットレスはもちろん、敷布団の上にも敷いて利用できます。

カバー側面には、通気性を考慮したメッシュ生地を使用。カバー表生地には、抗菌・防臭加工を施しています。さらに、ネットを用いれば、洗濯機でカバーを洗えるので、ラクにお手入れ可能。清潔さを保ちやすいのがメリットです。

ショップジャパン(Shop Japan) トゥルースリーパー プレミアケア

体圧分散性に優れた低反発マットレス。圧力を均一に分散しやすいため、肩や腰への負担を軽減できます。また、体をやさしく包み込み、無理のない寝姿勢をサポートするのも特徴です。

衝撃吸収性と復元性に優れた、メーカー独自の素材「ウルトラ ヴィスコエラスティック」を採用しています。体の曲線にあわせて変形するので、さまざまな体型にフィットしやすいのがメリット。横向きに寝ることが多い方にもおすすめのモデルです。

さらに、本体を保護するインナーカバーが付いています。通気性のよいメッシュ面と、なめらかなスムース面のリバーシブル仕様が魅力。春夏用や秋冬用と、季節に応じて使い分けられるため便利です。そのほか、インナーカバーには、抗菌・防臭加工を施しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 低反発マットレス 厚さ4cm MATK4-S

寝返りなどの揺れをやさしく吸収する低反発マットレス。もっちりと柔らかめの寝心地で、やさしく体にフィットします。また、体圧を分散するので、体の出っ張った部分や重い部分へ負荷が集中するのを防ぐのが特徴。無理がなく、バランスのよい寝姿勢を保ちたい方におすすめのモデルです。

密度は45Dと高いため、耐久性に優れています。へたりにくく、購入時の寝心地を長持ちさせやすいのがメリット。厚さは4cmで、ほかの寝具に重ねて寝心地アップさせたいときに重宝します。

カバーは吸水速乾性のよいニット生地と、肌触りが柔らかいパイル生地のリバーシブル仕様。好みによって使う面を変えられます。さらに、側面にはメッシュ生地を採用しているので、通気性が高いのもポイントです。

GOKUMIN プレミアム低反発マットレス

体の曲線にあわせて沈み込む低反発マットレス。低反発素材「ジェルメモリーフォーム」により、包み込まれるような寝心地を実現しています。体圧を均一に分散したり吸収したりするのも特徴。厚さは5cmながら、体にしっかりとフィットしやすいモデルを求める方におすすめです。

マットレス本体には、調湿効果と消臭効果を期待できる竹炭を練り込んでいます。寝汗などによるニオイを抑えられるのがメリット。また、穴あけ加工をしているため、通気性がよいのもポイントです。

ニットカバーの裏地には、シリコンの滑り止め加工を施しています。マットレスに重ねたときにズレにくいのがメリット。さらに、洗濯機で簡単にお手入れ可能です。そのほか、収納袋を付属しています。

ZINUS 低反発 立体構造 マットレストッパー 5cm Convoluted Swirl

凸凹構造を施した低反発マットレス。体圧を分散するため、全身をバランスよく支えやすいのが特徴です。中材には、緑茶成分が混ぜられており、気になるニオイを防ぎます。

カバーには、立体的にみえる模様をあしらったジャガード織を使用。高級感のある見た目が魅力です。また、柔らかさと通気性に優れているので、快適な寝心地を実現しています。

厚さは5cmで、巻けばコンパクトにまとめられるのがポイント。持ち運びやすく、省スペースで収納できます。手軽に購入できる安いマットレストッパーを探している方にもおすすめです。

低反発マットレスのおすすめ|折りたたみタイプ

テンピュール(TEMPUR) フトン シンプル

ゆっくり体にフィットする低反発マットレス。サポート層には、3cmの粘弾性ウレタンフォーム「テンピュール素材」を採用しています。体圧を分散するので、圧迫感を覚えにくいのが特徴。また、寝返りなどによる振動を吸収しやすいのもポイントです。

さらに、厚さ3cmの「高耐久性ベース」を備えています。寝心地のよさとサポート力を兼ね備えているのが魅力。全体の厚さは6cmで、敷布団のように利用可能です。カバーには、さらっとした肌触りの生地を使用しています。

三つ折りできるため、部屋の隅などに省スペースで片付けられるのがメリット。そのほか、収納バッグを付属しています。来客用として、普段はコンパクトにしまっておきたい方にもおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアウレタン低反発マットレス ダブル DMTRT-D

通気性のよい無膜ウレタンを採用した低反発マットレス。熱や湿気がこもりにくいのが特徴です。凸凹形状のプロファイル加工を施しているため、点で体を支えるのもポイント。体圧分散をサポートしやすく、腰まわりなど一部分だけに負担が掛かるのを抑えます。

厚さは4cmで、トッパータイプとして敷布団などに重ねて利用する際におすすめです。使わないときは、三つに折りにたたんで、コンパクトに収納できます。折りたたみ時のサイズは、約幅137×奥行65×高さ12cmです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアリーハイブリッドマットレス 低反発タイプ HBT80-S

低反発または高反発の寝心地を選べる、リバーシブル仕様のモデル。片面には低反発ウレタンの「カラーフォーム」、もう片面には高密度のチューブ状繊維「エアロキューブ」を採用しています。

カラーフォームにはプロファイル加工を施しているのが特徴。体圧分散性に優れており、偏って負荷が掛かるのを防ぎます。また、もっちり柔らかい寝心地を実現しているのもポイントです。

エアロキューブは反発力が高いので、寝返りしやすいのが魅力。さらに、通気性が高いため、湿気がこもるのを抑えます。そのほか、三つ折りタイプにより、省スペースで収納したり、陰干しする際に立て掛けたりしやすいのもメリット。自分の好みや、季節などにあわせて寝心地を使い分けられるおすすめのモデルです。

ZINUS 低反発マットレス 三つ折り 13cm Tri-Fold Gel

厚さは13cmと比較的ボリュームがある低反発マットレス。底付きを感じにくいのが特徴です。低反発素材の「メモリーフォーム」だけでなく、「気流高密度ベースサポートフォーム」も採用しています。耐久性が高まり、マットレスのへたりを防ぎやすいのがポイントです。

また、接触冷感を期待できるジェルを含んでいるため、熱がこもりにくいのも魅力。快適な睡眠環境を保ちたい方におすすめです。そのほか、使用しないときは三つ折りにたたみ、押入れやクローゼットにコンパクトに収納できます。

ディノス(dinos) 二段ベッド用洗えるカバーの三つ折りマットレス 低反発タイプ 900-6906-18

2段ベッド用の低反発マットレスを求める方にもおすすめの製品。上層には低反発ウレタンを使用しており、体圧分散性が高く、体をやさしく支えます。また、凸凹形状のプロファイル加工を施しているため、通気性がよいのもポイントです。

下層には、底付きを感じにくいように、しっかり体を支えるウレタンを採用しています。カバーには、吸湿速乾性に優れた生地を使っているので、たくさん寝汗をかく方でも快適に利用しやすいのがメリットです。さらに、汚れが気になった場合は、取り外して洗濯機で洗えます。

そのほか、厚さは7cmです。2段ベッドだけでなく、床面の高いベッドでの利用にも適しています。