暖かく柔らかな毛布は、少し肌寒いと感じる季節から寒さの厳しくなる真冬に大活躍してくれるアイテム。厚手のモノから軽量タイプ、高級な素材を使ったこだわりの毛布など、バリエーションが豊富なため、いざ新調するとなるとどれを選んでよいのか迷ってしまう、という方も多いはずです。

今回は、目的別におすすめ毛布をご紹介。あわせて、毛布の種類や賢い選び方も解説しているので、買い替えを検討している方は参考にしてみてください。

毛布のメリット

By: amazon.co.jp

もともとは、厚い羊毛の織物を起毛させ、毛の間に空気を含ませることで暖かさを保つ寝具として使われていた毛布。日本へ導入されたのは明治時代初頭と言われ、主に防寒具として用いられていました。

現在では寝具として、睡眠中の暖かさを保つために用いられるのが一般的ですが、掛け布団と一緒に掛けるだけではなく、敷き毛布としての役割も果たします。また、素材のバリエーションが豊富なため、住んでいる地域や寒さに応じて、複数枚使用したり素材を変えたりできるのも大きなメリットです。

毛布の種類

綿毛布

By: amazon.co.jp

天然繊維である綿毛布は、化学繊維だと肌に刺激があると感じる方や赤ちゃんも安心して使用できるのがメリット。ほかの毛布に比べ薄手ですが、通気性・保温性にも優れているため、少し肌寒いと感じる春先や秋口に重宝します。

また、自宅で丸洗いできるのでいつも清潔な毛布が使えるのも魅力。肌がデリケートな方なら、オーガニックコットンの綿毛布を選ぶと、肌に優しくおすすめです。

アクリル毛布

By: amazon.co.jp

合成繊維であるアクリル毛布の魅力は、ふんわりとなめらかな肌触り。繊維の密度が高いため、間に暖かい空気の層ができやすく保温力に優れているのが特徴です。さらに、「マイヤー毛布」という呼び名で人気の高い2枚合わせのモノを選べば、寒い地域でも十分な暖かさが得られます。

マイクロファイバー毛布

By: amazon.co.jp

マイクロファイバー毛布の特徴は、繊維が細く柔らかな点です。保温性も高く軽量なため、出し入れする際も便利。ほかの素材に比べて安価なので寝具としてはもちろん、車内やオフィス用に買い足すのにも適しています。

また、速乾性にも優れているため、お手入れがしやすいのも大きなメリット。ただし、静電気が起きやすく、ホコリや汚れを寄せつけやすいのでこまめな洗濯が必要です。

シルク毛布

By: amazon.co.jp

シルク毛布は、綿素材の約1.5倍の吸湿性と放湿性が特徴。たくさん寝汗をかいてもさらっとした状態を維持することができる「呼吸する毛布」と言われています。きめ細かな繊維の間にたっぷりと暖かい空気の層を作り上げるため、なめらかな肌触りで保温性も抜群。

ただし、シルク毛布は基本的に丸洗いができないため、ドライクリーニングが必須です。ほかの素材に比べ、ランニングコストがかかるということも考慮しておきましょう。

ウール毛布

By: rakuten.co.jp

ウール毛布は、羊毛を起毛させて作られた毛布です。保温性の高さはほかの素材と比べてもトップクラス。また、吸湿性・放湿性も優秀で、汗をかいても朝にはさらっとした状態を保てるもの大きなポイントです。静電気を帯びにくくホコリを寄せ付けないため、ハウスダストが気になるという方にもおすすめ。

ただし、シルク毛布同様、自宅で丸洗いすることができないため、ドライクリーニングや陰干しといったお手入れが必要なことも覚えておきましょう。

その他の天然繊維毛布

東京西川 カシミア毛布 2827

By: amazon.co.jp

前述したシルクやウールなどの天然繊維のほかにも、カシミア、キャメル、アルパカなどの獣毛を使った高級素材が数多く存在します。これらは、吸湿性・放湿性・保温性に優れ、毛布としての役割を十分に発揮してくれる素材です。

天然繊維は非常に優れた素材にもかかわらず、合成繊維より高額であることとお手入れが大変という理由から、なかなか手が出せないという方も多いはず。しかし、最近では天然繊維のなかにも家庭で洗濯が可能なモノも展開されているため、チェックしてみましょう。

また、「ウール×綿」といった、天然繊維と合成繊維を混紡した素材などは、保温性とお手入れのしやすさを兼ね備えているため、高級素材を使いたいけれど、お手入れが面倒という方にも扱いやすくおすすめです。

毛布の選び方

一緒に使う布団に合わせて選ぶ

By: rakuten.co.jp

羽毛布団を使う場合、毛布は羽毛布団の上に掛けるのが一般的です。羽毛布団は、羽毛と羽毛の間に空気の層を作り上げ、保温性を保つ機能があります。機能を十分に発揮させるためにも、毛布を上に掛け保温性を高めてあげることが重要です。羽毛をつぶさない薄手、もしくは軽量の毛布がよいでしょう。

一方、綿布団などは布団の下に毛布を入れて使用するのが一般的。この場合は直接肌に当たるため、肌触りのよさにもこだわって選ぶのがおすすめです。肌がデリケートな方は綿素材など肌刺激が少ない素材が最適。2枚合わせなど厚手のモノを選ぶと、さらに保温性も高まります。

保温性の高さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

保温性を重視したい場合は、繊維の間にたっぷりと暖かい空気の層ができやすい素材を選ぶのがおすすめ。また、体から出る湿気を利用して発熱する素材なら、朝まで保温力が持続可能です。さらに、敷き毛布とダブルで使用することで、効率的に体を温めることができます。

肌触りで選ぶ

By: rakuten.co.jp

直接肌に当てて使う場合は、肌触りにもこだわって選びたいものです。アクリルやマイクロファイバーなどの合成繊維は、毛布素材のなかでも柔軟性に優れているため、心地よいふんわり感を味わえます。ただし、天然繊維に比べると吸湿性が弱く、寝ている間に湿気がこもりやすいため、こまめに干したり洗濯したりすることを心がけましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

衛生面にこだわりたい方なら、自宅で丸洗いでき速乾性に優れた素材が、お手入れしやすくおすすめです。綿素材は薄手のモノが多く、洗濯機で丸洗いできるのがメリット。マイクロファイバー毛布やニューマイヤー毛布は、軽量かつ速乾性に優れているため、こまめに洗濯したいという方はチェックしてみてください。

毛布のおすすめメーカー・ブランド

京都西川

By: amazon.co.jp

1566年創業の老舗寝具メーカー。明治時代から寝具の製造を始め、日本の寝具の歴史を担ってきました。京都西川の毛布は、タスマニアウール、メリノなどの天然素材や、シルク・コットンなど、素材のバリエーションが豊富。高品質でありながら、自宅で洗濯できるモノなど、気軽かつ長く愛用できる製品が多くの方から支持を得ています。

シルクオーラ(Silk Aura)

By: amazon.co.jp

2003年に設立された、株式会社ディーブレスのシルク毛布専門ブランドです。毛布の産地として有名な大阪の泉大津産。起毛職人の細やかな技術によって作られる、美しい光沢となめらかな肌触りが特徴です。シルクのなかでも極上の「家蚕ペニーシルク」を使用することで、繊細で優しい肌触りを実現しています。

モフア(mofua)

By: amazon.co.jp

1997年に設立された、株式会社ナイスデイの寝具ブランド。高品質なうえ、求めやすい価格帯であることから、年代問わず人気のブランドです。モフアの毛布は全20色のなかから選べる豊富なカラーバリエーションが特徴。シルクを上回る極細繊維のきめ細かさとなめらかさも好評です。

三井毛織

By: amazon.co.jp

1952年に大阪の泉大津で創業した三井毛織。天然素材で作られる同メーカーの毛布はカシミアやヤクなどの高級繊維を使用しているほか、徹底した検査を行い、素材そのものの純度にもこだわっています。特に、ヨコ糸がウール100%で、タテ糸が綿100%でできた毛布は自宅で洗濯も可能。ウールのお手入れが面倒という方にもおすすめのメーカーです。

クリッパン(KLIPPAN)

By: amazon.co.jp

スウェーデン発のブランケットなどを扱うテキスタイルブランド。140年の伝統技術とモダンなデザインがおしゃれにマッチしたブランケットは、製造工程の大部分を自社でまかなうことで、高い品質を保っています。スウェーデンらしい鮮やかで温かみのあるデザインも特徴。素材にはラムウールなどを使用し、モコモコとした肌触りが魅力です。

カルドニード・ノッテ(CALDO NIDO notte)

By: amazon.co.jp

イタリア人デザイナーが手がけるカルドニード・ノッテ。大阪府泉大津の毛布職人が丁寧に仕上げる、正真正銘メイドインジャパンの高級毛布を展開しています。代表的なのは、美しく流れるような模様の「プレミアムオーロラ」シリーズ。素材には10年かけて開発された「サーモ2000 ウルトラソフト」を使用しており、デザインのみならず素材面にもこだわりたい方におすすめです。

暖かさ重視のおすすめ毛布

東京西川 SEVENDAYS 毛布 FQ06005500

東京西川 SEVENDAYS 毛布 FQ06005500NV

体から出る湿気を吸って発熱する、ポリエステル100%の毛布。シープ調のモコモコとしたタッチで、柔らかく心地よい肌触りが魅力です。肌に直接掛けても、冷たさを感じずに温まれます。

ボリュームのある2枚合わせ構造なうえ、布団からずれにくいため、朝まで暖かさを保持できるのも寒がりな方には嬉しいポイント。ネットに入れれば、洗濯機で丸洗いできるので衛生的に使用できます。

カルドニード・ノッテ(CALDO NIDO notte) 掛け毛布 シングル

カルドニード・ノッテ(CALDO NIDO notte) 掛け毛布 シングル

カルドニード・ノッテの独自素材「サーモ2000ウルトラソフト」を使用している毛布。超柔性・吸湿性・発熱性・保温性と、毛布に求める全ての機能を兼ね備えています。アクリルとレーヨンの異素材の組み合わせで、軽量ながら高い保温性を実現。

また、職人の手による50以上にも及ぶ起毛工程により、なめらかな肌触りが楽しめます。イタリア人デザイナー監修の流れるような美しいデザインも魅力です。

sleder 掛け毛布 SDR18128-BKS-PK

sleder 掛け毛布 SDR18128-BKS-PK

モコモコとしたシープ調の肌触りが心地よい、2枚合わせのポリエステル100%毛布。毛足が長く、パイルの間にできた空気層が暖かい空気をため込み、抜群の保温性を発揮します。

2枚合わせにもかかわらず、1.2kgという軽さも大きなポイント。汚れたらさっと自宅で洗えるため、いつでも清潔に使いたいという方におすすめです。また、低ホルムアルデヒドであるほか、特殊加工で抗菌防臭効果にも優れており、年配の方や小さな子供も安心して使えます。

ディーブレス プレミアム Sofwool 掛け毛布 PSF-K16S

The PREMIUM Sofwool 掛け毛布 PSF-K16S

オーストラリア産の厳選されたメリノフリースウールのみを使用した、暖かなウール毛布です。一般的に使用されるウール繊維より細く繊細なのが特徴。原料を糸にせず、そのまま編み込む「スライバーニット製法」で仕上げているため、毛足の長さを活かした暖かさと柔らかさが実感できます。

吸湿発散性にも優れており、汗をかいてもムレずに朝まで快適な肌触りなのも魅力。洗濯機や手洗いも可能なのでお手入れしやすいウール毛布を探している方にもおすすめです。

京都西川 メガオーロラ毛布

京都西川 メガオーロラ毛布

密度が高く、ふっくらとボリュームがある2枚合わせのポリエステル100%毛布。しっかりとした厚みがあるため、生地の間にたっぷりと暖かい空気の層を抱え込み、底冷えする寒さもシャットアウトしながら体を温めます。

重量は約2.7kgとやや重めですが、寝ている時に毛布がずれやすいという方にもおすすめです。冷気が入り込みやすい首元はさらにボリュームアップした衿つき。また、2枚の生地をしっかりと固定するため、端にはヘム加工を施しています。仕上がりに光沢があり、高級感を演出してくれる毛布です。

軽量性に優れたおすすめ毛布

モフア(mofua) プレミアムマイクロファイバー 50000106

モフア(mofua) プレミアムマイクロファイバー 50000106

シルクを上回る繊維な細さで、柔らかく体に沿うようにフィットするマイクロファイバー毛布。1kgにも満たない軽さながら繊維の密度が高く、しっかり暖かな空気の層を取り入れてくれるため、掛けた瞬間から暖かさを感じられるのが魅力です。

また、合成繊維にありがちな静電気が起こりにくいのも嬉しいポイント。くるくるっと丸めれば小さくまとまり、収納や携帯にも重宝します。洗濯機で洗えるうえ、速乾性に優れているため、寒い冬でも汚れたらためらわずに洗濯したいという方にもおすすめの毛布です。

三井毛織 オーガニック 綿毛布

三井毛織 オーガニック 綿毛布

オーガニックコットンを使用した肌に優しい綿毛布。重さは約1.1kgと軽量なのでふんわりと体を包み込みます。生地から縫製糸まで、すべての素材に完全無化学肥料・無農薬の畑で作られたオーガニックコットンのみを採用し、肌が敏感な方や赤ちゃんにも安心な仕様です。

表面にはふんわりと柔らかな肌触りを味わえる綿モッサー起毛に加え、縦糸が表面に出てこない二重織りを採用しているため、両面が肌に触れてもチクチクとした不快な感触がありません。家庭で洗えるのも嬉しいポイント。健康を気づかう方におすすめの毛布です。

大津毛織 ウール/コットン リバーシブルブランケット KK-115-16

大津毛織 ウール/コットン リバーシブルブランケット KK-115-16

保温性の高いウール素材とさらっとした心地よい肌触りの綿素材を使用したリバーシブル毛布。重さは約1.2kgと軽量でコンパクトにたためるため、収納時も便利です。

少し肌寒い時はウールに、少し暖かくなってきたら綿と、気温や体温に合わせて毛布の肌触りを自由に変えられるのが魅力。素材の特性上、使い始めは毛玉や毛羽落ちが気になることがありますが、自宅で気軽に丸洗いできるため、使い続けるうちに肌へ馴染んできます。季節を問わず重宝するおすすめの毛布です。

クリッパン(KLIPPAN) ウールシングルブランケット 220608

クリッパン(KLIPPAN) ウールシングルブランケット 220608

スウェーデン発の老舗テキスタイルメーカー、クリッパンのウール毛布。北欧ならではのモダンデザインがおしゃれな1枚です。羊皮によく使われる防虫殺虫剤などは一切使用せず、有害物質を含まないことが保証された、ニュージーランド産のエコウールのみを使用。もちろんホルムアルデヒドなどは含んでいないため、肌に直接当たっても安心できる素材です。

また、クリッパンでは羊毛の紡績から製品の最終工程に至るまで一貫して自社工場で生産しているため、品質にばらつきがないのもポイント。保温性や吸湿性といった機能を備えているのはもちろん、遊び心のある毛布を探している方にもおすすめです。

オットスタイル(ottostyle.jp) フランネルマイクロファイバー毛布

オットスタイル(ottostyle.jp) フランネルマイクロファイバー毛布

マイクロファイバーのなかでも、特に柔らかな「フランネル繊維」を使用した軽量毛布。高密度に仕立てられた極細の繊維を使用しているため、なでるとベルベットのように跡がつくほど、すべすべとなめらかな肌触りが楽しめます。

約900gと軽く、羽毛布団の上にかけても空気の層をつぶさずしっかりと暖かさをキープ。また、抜け毛も少なくホコリも寄せつけないので、ハウスダストが気になる方にもおすすめです。家庭の洗濯機で気軽に洗え、速乾性に優れているのがポイント。リーズナブルなので家族で揃えるのもおすすめです。

高級素材を使用したおすすめ毛布

シルクオーラ(Silk Aura) 匠プレミアム 掛け毛布

シルクオーラ(Silk Aura) 匠プレミアム 掛け毛布

最高級ランクの家蚕ペニーシルクを贅沢に使った、高級シルク毛布。一般のシルクに比べ、より繊維が細くしなやかで、しっとりとした肌触りの毛布に仕上がっています。

また、職人の丁寧な起毛技によって最高級シルクのよさを最大限に引き出しているのも特徴。特別な起毛針で根こそぎペニーシルクを引き出す「マザータッチ起毛」を施しています。80〜100もの工程を経て仕上げられた、極上な柔らかさの毛布は、まさに逸品。ほかの毛布に比べると高級価格ですが、お手入れ次第で長く愛用できるおすすめの毛布です。

三井毛織 ロイヤル1 キャメル毛布

三井毛織 ロイヤル1 キャメル毛布

トップグレードのアラシャン産キャメルを使用した、最高級キャメル毛布。キャメルの毛は繊維の1本1本に空洞があり、空気の層を作りやすいため、羊毛よりも保温性に優れているといわれています。カシミアにも似た柔らかさと光沢で、キャメルにありがちなチクチクとした感触が感じられないほどなめらかな肌触りです。

本製品は2枚のキャメル生地をタテ糸で細かく接結した二重織り構造。丈夫なうえ、抜群の保温性でじんわりと体を温めます。さらに、キャメル毛布は吸湿性・放湿性も良好なため、寝汗をかいてもさらっとした肌触りを維持。純毛製品の証「ウールマーク」もしっかりとついています。高品質の毛布を探している方におすすめです。

東京西川 カシミア毛布 2827

東京西川 カシミア毛布 2827

タテ糸・ヨコ糸ともに最高級ホワイトカシミアを使用した、カシミア100%毛布です。「東京西川」と、毛織物メーカーのパイオニア「FUKAKI」が、お互いのノウハウを注いで作られた高級毛布。カシミアは世界一繊維が長く繊細な獣毛とされ、極上の柔らかさと光沢が味わえる、希少価値の高い素材です。

本製品は厳選されたカシミアのみを使用し、職人がひとつひとつ丁寧な起毛技術を施した一級品。フチは手間暇かけて縫製された、四方ヘムレス仕様を採用しており、柔らかく心地よい肌触りが体感できます。天然素材なので吸湿性・放湿性も抜群。しっかりとお手入れすれば、何年にも渡って愛用できるおすすめの毛布です。

三井毛織 ベビーアルパカ毛布

三井毛織 ベビーアルパカ毛布

アンデス山脈の高地に生息するアルパカの毛をふんだんに使用した、アルパカ毛布。ウールに比べ、わずか0.4%ほどしか獲れない希少なアルパカの繊維のなかでも、さらに少ないロイヤルベビーアルパカの毛をたっぷりと使った最高級品です。

アルパカの生地は熟練した起毛師の手によって、さらに柔らかくふんわりと仕上げています。2枚のアルパカ生地を、タテ糸で細かく接結した二重織り構造によりボリュームもアップ。さらに、吸湿性・放湿性も良好なため、毎日の使用にも適しています。「ウールマーク」のほか高品質の証である「ゴールドアルパカマーク」がついたおすすめの1枚です。

One thread タスマニアウール毛布

One thread タスマニアウール毛布

100%タスマニアウールを使用した、まさに羊のようなモコモコウール毛布です。タスマニア島で年間約7,000t生産されるウールのなかでも、わずか40tしか産出されない「幻のウール」と称されるタスマニアポロワースウールを使用した、希少価値の高い製品。京都西川とのタイアップによって生まれました。

毛足は約15mmと長く、通常のウール毛布に比べモコモコ感がアップ。保温性も高いうえ、吸湿性・放湿性にも優れ、朝までふんわりとした肌触りが楽しめます。ウールにもかかわらず、家庭で洗濯できるのも嬉しいポイント。お手入れが面倒で、高級素材の毛布を諦めていた方にもおすすめです。