寒い季節の睡眠をあたたかくサポートする「毛布」。綿やウールといった天然素材から、ポリエステルやアクリルなどの化学繊維までさまざまな素材のモノがあります。それぞれ機能性が異なるので、どれを選べばよいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、毛布のおすすめアイテムをご紹介。人気ブランドの西川やニトリのアイテムや肌触りのよいモノなど幅広くピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

毛布の選び方

素材をチェック

綿毛布

吸湿性に優れた綿素材は、汗をかいてもしっかり吸い取るのが魅力です。柔らかくてさらりとした肌触りで、心地よい睡眠環境をサポート。また、冬だけでなく肌寒い季節や夏の冷房対策など、オールシーズン活躍します。

天然素材なので、アレルギーで悩んでいる方や赤ちゃんも使いやすいのが特徴。さらに、静電気が発生しにくいのがポイントです。そのほか、自宅で洗濯できるため、衛生的に使えます。

一方、放湿性があまり高くないのが難点。汗を吸い込みすぎると湿気が溜まって重さが増し、カビやダニの発生につながる恐れがあります。洗濯や天日干しなど、小まめにお手入れしましょう。

ほかの素材と比べると保温性が低いため、冬に使うなら羽毛布団の上に掛けたり、厚手のモノを選んだりするのがおすすめです。

ポリエステル毛布

By: amazon.co.jp

合成繊維のひとつであるポリエステル。綿の代用品として使われることも多く、軽量で扱いやすいのがポイントです。また、繊維が細くて強度が高く、縮みやシワが発生しにくい性質を有しています。

さらに、価格がリーズナブルで、洗濯できたり抗菌加工を施していたり機能性に優れたモノが多いのが魅力。ポリエステルを使った毛布の代表的なアイテムに、マイクロファイバーやフリースがあります。

ただし、吸湿性が低く、静電気を帯びやすいのがデメリット。湿気を吸収する加工や静電気対策を施しているアイテムを選ぶのがおすすめです。

ウール毛布

羊毛を使ったウールは、優れた保温性が魅力。毛布といえばウールといわれるほど、あたたかさ重視の方におすすめの素材です。

また、動物性繊維なので吸湿性や放湿性も高く、天然の調湿機能を有しています。蒸れを予防しながら、汗をかいても体を冷やさずにあたたかさをキープ。快適な睡眠環境をサポートします。

一方、汚れやホコリが付着しやすく、毛玉ができやすいのがデメリット。デリケートな素材なので自宅で洗濯できないアイテムも多く、お手入れが難しい面があります。清潔に長く使うため、洗濯表示をしっかり確認したり週に1回程度は陰干ししたりしましょう。

アクリル毛布

By: amazon.co.jp

合成繊維のなかでもウールに近いのがアクリル。ウール毛布に近づけるよう人工的に開発された素材で、生地の間にあたたかい空気が入りやすいため優れた保温性を備えています。

また、耐久性が高く、洗濯してもシワや変形を防ぎやすいのがポイント。リーズナブルで高機能なモノが多いので、コスパ重視の方におすすめです。ただし、吸放湿性が低いため、お手入れを怠るとダニやカビが発生しやすいので注意しましょう。

アクリル毛布は大きく、マイヤー毛布とニューマイヤー毛布に分けられます。マイヤー毛布は、2枚の生地を重ねて作ったタイプ。優れた保温性や肌触りで、厚みや重みがあるのが特徴です。

ニューマイヤー毛布は、1枚の生地の表裏に加工を施しています。軽くて扱いやすいのがメリット。毛玉やホコリの発生を抑え、毛が抜けにくいのも魅力です。

重さは2kg以下のモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

重量のある毛布だと、単体では気にならなくても、掛け布団と重ねた際に寝苦しさを覚える可能性があります。また、毛布や掛け布団の重みで体が圧迫されると血流が悪化し、体温が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

掛け布団と一緒に毛布を使うなら、2kg以下の毛布を選ぶのがおすすめです。体を圧迫せず、質のよい睡眠をサポート。さらに、持ち運びが楽で、布団の上げ下げも楽に行えるのもメリットです。

ただし、軽すぎると保温性が下がる恐れがあります。また、人によってはある程度重みがあったほうが心地よいと感じるケースもあるので、掛け心地と重さのバランスを考慮しながら選びましょう。

洗濯機で丸洗いできるモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

毛布は直接肌に触れる機会が多いため、汗・皮脂・ホコリなどが付着しやすいアイテム。お手入れを怠ると、カビやダニが発生する恐れがあります。自宅で洗える毛布であれば、小まめにお手入れしやすく衛生的に使えるのでおすすめです。

とくに、洗濯機で丸洗いできる毛布はお手入れが簡単。綿・ポリエステル・アクリル素材などは、洗濯機対応のモノが多いのが特徴です。ただし、手洗いやドライクリーニングを推奨している毛布もあるため、必ず事前に洗濯表示を確認しましょう。

洗濯する際は毛布を折りたたみ、洗濯ネットに入れるのがポイントです。洗濯機に、毛布コースや大物粗洗いコースが搭載されていれば活用するのもひとつの方法。さらに、毛布を折りたたむときは、洗剤水が触れない部分がないよう蛇腹状にするのがおすすめです。

また、なかなか毛布を洗えない方は、除菌スプレーなどを使うと衛生的に使いやすいので試してみてください。

収納ケース付きならオフシーズンの収納も簡単

By: amazon.co.jp

毛布のなかには、収納ケースや収納袋が付属しているモノもあります。毛布を折りたたんだだけではかさばってしまうため、専用ケースがあればすっきりまとめられます。積み重ねやすく、縦置きにも対応可能。ホコリなどもガードしながら保管できて便利です。

また、毛布をしまう際、乾燥材や除湿剤を一緒に入れるのがおすすめ。さらに、収納場所の風通しをよくすれば、カビ対策に効果を発揮します。

専用の収納グッズがあれば、シーズンオフの収納に加えて、持ち運びや引っ越しの際にも活躍するのがメリットです。

カラーやデザインにも注目

By: amazon.co.jp

毛布はサイズが大きいので、使用時はもちろん、折りたたんで置いておいても存在感を発揮します。部屋の雰囲気を損なわないよう、お気に入りのデザインや色使いのモノを選ぶのがおすすめです。

毛布は多くのブランドから販売されているため、デザインやカラーのバリエーションが豊富。ナチュラル感のあるデザインから、北欧調・モダン・明るめのカラーまでさまざまです。

気分よく寝られる環境を作るため、インテリアの一部として活躍するお気に入りを見つけてみてください。

毛布のおすすめブランド

西川(nishikawa)

By: amazon.co.jp

1566年創業の日本を代表する老舗寝具ブランド「西川」。羽毛布団やマットレスをはじめとして、枕やタオルケットなど、大人から赤ちゃんまで質のよい睡眠をサポートするアイテムが幅広く揃っているのが魅力です。

ウール・綿・アクリルなど、さまざまな素材の毛布をラインナップ。機能性に優れたアイテムが多くデザインも豊富なので、ニーズに合ったモノを見つけやすいブランドです。

ニトリ

北海道に本社を構える人気ブランド「ニトリ」。国内外に800以上の店舗を構え、家具・インテリア用品から調理器具・生活雑貨まで、幅広いシーンで役立つコスパのよいアイテムが充実しています。

毛布においては、体から発散される水分を熱に変える、吸湿発熱素材「Nウォーム」を使ったモノが人気。そのほか、抗菌防臭・蓄熱・保湿・静電気軽減など、優れた機能性を有したアイテムが多いのが魅力です。

無印良品

By: amazon.co.jp

1980年に日本で誕生した「無印良品」。衣服・生活雑貨・食品などを中心に、幅広いアイテムを販売している人気ブランドです。1000を超える店舗と7000を超えるアイテムにより、国内だけでなく世界中の「普遍的な生活」を支えています。

無印良品の毛布は、ナチュラル感のあるおしゃれなデザインが特徴。さまざまな素材を使いながら、保温性に優れた使いやすいモノが多くラインナップされています。

毛布のおすすめ|厚手

西川(nishikawa) アクリル合わせ毛布 FQ01010003

人気ブランド西川の毛布です。肌に触れる毛羽の部分はアクリル100%。ふんわり感があり、滑らかな肌触りが魅力です。また、生地の間にあたたかい空気が入り込み、空気層を形成して優れた保温力を発揮します。

ビタミン類を含む薔薇オイルや、保湿性に優れたシルクアミノ酸、潤いを保つオリーブスクワランの、3つの天然成分を含んだローズオイルを配合。肌に優しく柔らかい寝心地を味わえます。

また、導電性素材「ルアナ」を使い、静電気の発生を抑制。まとわりつきやパチパチ音など、不快感を軽減します。さらに、ネットに入れれば洗濯機で丸洗いできて、衛生的に使えるのがポイントです。

本製品は2枚合わせであたたかく、エリ付きなのですき間から入ってくる冷気をガードできる毛布。肌触りのよいモノを探している方におすすめです。

西川(nishikawa) フィンレイソン あったか機能毛布 FQ01605055730

1820年にフィンランドで創業した、北欧最古のテキスタイルブランド「フィンレイソン」の毛布です。パンダをモチーフに使い、北欧調にまとめたデザインが魅力。落ち着いたカラーリングでおしゃれに部屋を彩ります。

ボリュームのある生地を採用しながら、軽量なのがポイント。掛け布団と一緒に使っても圧迫感が少なく、ふわふわで柔らかい肌触りを味わえます。また、吸湿発熱素材を採用し、優れた保温力を発揮。さらに、抗菌・消臭機能が備わっているため、清潔に使えるのがメリットです。

そのほか、ネットに入れれば洗濯機で洗えて便利。衛生的に使えるモノを探している方におすすめです。

ニトリ 2枚合わせ 毛布 7585415

ニトリで人気のNウォームを使った毛布です。体から発散される水分を熱に変える吸湿発熱素材により、肌に触れた部分からじんわりあたたまるのが魅力。また、生地と中わたによる蓄熱機能や保湿効果が加わり、優れた保温性を発揮します。

さらに、抗菌防臭・制菌加工・部屋干し臭抑制・消臭・静電気軽減と、さまざまな機能を搭載。使い勝手や衛生面などから、快適な睡眠環境をサポートします。

カラーバリエーションが豊富なため、部屋の雰囲気や好みに合わせやすいのもメリット。洗濯機にも対応しており、普段使いしやすいモノを探している方におすすめです。

無印良品 ムレにくいあたたかファイバー厚手毛布 S 12088790

人気ブランド無印良品の毛布です。ユーカリから作ったリヨセルを採用し、蒸れにくい仕上がりが特徴。滑らかな肌触りで、あたたかく体を包み込みます。また、ネットを使えば洗濯機で洗えるため、小まめにお手入れしやすいのがポイントです。

価格が安いので、気軽に購入しやすいのもメリット。シンプルで部屋に馴染みやすいモノを探している方におすすめです。

ロマンス小杉(Romance Kosugi) アクリル毛布 ムートン調 二枚合わせ 3001-7410

ムートンのようなロング毛足が特徴のアクリル毛布です。ボリュームたっぷりの2枚合わせなので、空気の層を作り出して優れた保温性を発揮。寒い冬でも体をしっかりあたためるため、寒がりの方におすすめです。

日本製の生地を採用し、染色整理や縫製などをすべて国内で実施しているのもポイント。また、導電性繊維を使い、静電気の発生を抑制しています。乾燥する時期でも、まとわりつきやパチパチ音などの不快感を軽減できるのがメリットです。

昭和西川 蓄熱わた入り裏シープもこもこケット 2230562760

蓄熱綿を採用した毛布です。滑らかな感触と程よい厚みにより、優れた保温性を発揮します。また、かわいいレオパード柄がポイント。就寝時だけでなく、リビングなどでの防寒グッズとしてもおすすめです。

さらに、ネットに入れて手洗いモードを使えば、洗濯機で洗えます。小まめにお手入れしやすく、目に見えない内側もきれいにして清潔に使えるのが魅力です。大きさは幅140×長さ200cmのシングルサイズ。プレゼント用としても人気です。

スレダー(sledar) 掛け毛布

ポリエステルを採用した、もこもこした手触りの毛布。たっぷりとしたボリューム感と、優しくさらりとした触り心地が魅力です。また、2枚合わせながら軽量で、圧迫感なく体をあたためます。

スライバーニット製法を用いており、約2cmと毛足が長いのがポイントです。パイルとパイルの間に空気層が生じ、あたたかい空気を溜め込むため優れた保温性を発揮。さらに、クッション性が高いので、心地よい睡眠環境をサポートします。

吸湿性や発散性があり、汗をかいても蒸れにくいのがメリットです。そのほか、防臭・防ダニ加工を施し、ネットに入れれば洗濯機で丸洗い可能。清潔な状態で使いやすいのが特徴です。

おしゃれでかわいい北欧デザインは、カラーバリエーションやサイズ展開が豊富。見た目も使い心地もこだわりたい方におすすめの毛布です。

モダンデコ(MODERN DECO) ブランケット S マイクロファイバー

マイクロファイバー・ポリエステル中綿・両面起毛マイクロファイバーの4層構造を施した毛布です。極細繊維のすき間に暖気を取り込み、空気の層が外部の冷気を跳ね返します。

さらに、吸湿発熱素材を採用し、汗などの水分を吸収して発熱。蒸れにくく、優れた保温性が魅力です。また、職人が1枚ずつ丁寧に仕上げており、シルキータッチのとろけるような肌触りが特徴。ボリュームアップ加工も施し、ふっくらと柔らかい仕上がりです。

抗菌防臭加工をあしらっており、洗濯機で丸洗いが可能。衛生的に使いやすいのがポイントです。そのほか、静電気防止機能も搭載しているため、快適に使えます。

収納バッグが付属しており、オフシーズンの収納に便利。豊富なカラーバリエーションなので、寝室の雰囲気作りにこだわりたい方におすすめです。

MERRYLIFE ウェイトブランケット

約5.4kgと、一般的な毛布の約3倍の重さがある毛布。生地のキルトマスを小さめに設計し、それぞれのマスにガラスビーズを充填しています。重みを出すと同時に、体への密着度が向上。すき間が生じにくく、冷気の侵入を予防して優れた保温性を発揮します。

体に適度な圧力をかけながら、睡眠環境をサポート。「まるでハグをされているような安心感」と謳うほど、体が包み込まれる感覚を味わえます。重みのある毛布が好みの方におすすめです。

毛布のおすすめ|薄手

西川(nishikawa) ボーテ 綿毛布 FQ02601003

毛羽部分に綿100%を使った毛布です。優しい肌触りで吸湿性に優れ、心地よい寝心地を味わえるのが魅力。天然素材の綿を使用しているので、肌の弱い方にもおすすめです。

両面使用可能ですが、タグが付いた表面のほうが高密度。心地よさを重視する場合、表面を肌に当てて使用することが推奨されています。また、本製品は毛布の名産地である泉大津で仕立てた日本製。品質のよさも魅力的な1枚です。

ネットに入れれば洗濯機で洗えるため、衛生的に使いやすいのがメリット。冬はもちろん夏の冷房対策や季節の変わり目など、オールシーズン活躍します。

ニトリ 毛布 シングル ナメラカタッチ S A2202 7585343

人気ブランドニトリの毛布です。ポリエステルを採用し、ほおずりしたくなるような心地よい肌触りが魅力。接触温感機能付きなので、寝る前のヒヤッと感を軽減するのがメリットです。

滑らかなボリューム感があり、体にしなやかにフィットして質のよい睡眠をサポート。さらに、抗菌防臭加工を施しています。菌の繁殖を抑制し、臭いの発生を予防。ネットに入れれば洗濯機で洗えるため、清潔に使いやすいのがポイントです。

シングルサイズで、重さ約1.06kgと軽い掛け心地。価格が安いのでコスパ重視の方におすすめです。

無印良品 綿混シール織毛布 S 82257977

毛羽部分に綿100%、基布にポリエステルとレーヨンを採用した毛布です。日本のなかでも和歌山県の高野口地区だけで行われる、昔ながらの製法で作られたシール織りのアイテム。両面ともにパイルが現れるのが特徴で、パイルが抜けにくいのがポイントです。

ネットを使えば洗濯機でお手入れ可能。洗濯しても風合いの変化が少ないため、長く愛用できるのがメリットです。大きさは幅140×長さ200cm。シンプルでナチュラル感のあるモノを探している方におすすめです。

ナイスデイ(Niceday) mofua プレミアムマイクロファイバー 毛布 Heatwarm発熱 +2℃ タイプ

シルクより細い繊維を使っている毛布。繊維1本1本に空気を溜め込むため、軽くてあたたかいのが魅力です。水分や水蒸気に反応して発熱し、電気もガスも使わずプラス2℃の発熱効果があると謳っています。

肌触りは滑らかで、心地よい寝心地をサポート。また、静電気防止加工を施し、嫌なバチバチを抑制します。ホコリが付着しにくいのもうれしいポイントです。そのほか、洗濯機で丸洗い可能。毛布の密度が高いため、毛抜けしにくくお手入れが簡単に行えます。

カラーバリエーションやサイズ展開が幅広く、お気に入りを見つけやすいのもメリット。軽量であたたかいモノを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) fondan プレミアムマイクロファイバー 毛布 S シングル

薄くて軽いマイクロファイバー毛布です。細くて滑らかな繊維が、体に沿うように優しくフィット。高密度に繊維が詰まっているため、体から発する暖気を逃がさずあたたかさをキープします。

また、繊維内に溜め込んだ空気の層が、外気の冷気を跳ね返す効果を発揮。優れた保温性で、心地よい睡眠環境をサポートします。さらに、世界最高水準の安全な繊維製品の証である「エコテックススタンダード100」を取得。人や環境に優しい品質が魅力です。

ネットに入れれば、手洗いコースで洗濯機の使用が可能。そのほか、静電気防止加工も施されています。

デザインは、シンプルなデザインからかわいい柄物まで、ラインナップが豊富。部屋の雰囲気に合わせやすい、おしゃれなモノを探している方におすすめです。

昭和西川 ニューマイヤー毛布ソリッド 2230553630

人気ブランド「昭和西川」のニューマイヤー毛布です。1本1本の繊維が細く、滑らかな肌触りが特徴。毛足が長いため、多くの空気を取り込んで優れた保温性を発揮します。また、表と裏で生地感が異なるので、好みの肌触りを選べるのが魅力です。

軽量で薄く、使用時に圧迫感が少ないため扱いやすいのがポイント。冷房対策などで、膝に掛けたり羽織ったりするのもおすすめです。さらに、静電気防止加工を施し、静電気の発生やホコリの付着を軽減します。

ネットに入れれば洗濯機で洗え、清潔に保ちやすいのがメリットです。薄手なので、寝室はもちろんリビングでも活躍。季節や場所を選ばず使えて便利です。

ハシモト ポーラテック フリース毛布

約900gと軽量で扱いやすい毛布です。登山家の間で人気の高い「ポーラテック」のフリースを採用。優れた保温性・通気性・耐久性・速乾性を有しており、重さによる保温性の比較では綿や羊毛より高いと謳われています。

また、ネットに入れれば洗濯機で洗えるのがポイント。清潔に保て、素早く乾くので小まめにお手入れしやすいのがメリットです。

本製品はカラーバリエーションやサイズ展開が豊富で、リビング・アウトドア・車中泊などさまざまなシーンで使える毛布。持ち運びしやすく、手軽に使えるモノを探している方におすすめです。

毛布のおすすめ|高級

西川(nishikawa) 西川プレミアム カシミヤ毛布 FQ09102028

「繊維の宝石」と呼ばれる高級素材、カシミヤを採用した毛布です。カシミヤ山羊1頭から150~200g程度しか採取できない、希少な産毛を使っているのが特徴。細かい繊維は独特のぬめりがあり、美しい光沢感や艶やかさを有しています。

また、軽量であたたかく、吸湿性や発散性に優れているのがメリット。2重織を施しているため、ボリュームがあって柔らかくしっとりした肌触りを味わえます。さらに、毛布の産地である泉大津で丁寧に縫製した、上質な仕上がりがポイントです。

本製品のサイズは140×200cmのシングルタイプ。贅沢であたたかい寝心地を堪能したい方におすすめです。

昭和西川 オリジナル キャメル毛布 T1927 2230744525202

ラクダの毛を使用したキャメル毛布です。寒暖差の激しい砂漠などに生息するキャメルの毛は、保温性や弾力性に優れているのが特徴。また、ボリューム感もあり、心地よい寝心地をサポートします。

さらに、吸放湿性も高いため湿気や汗などをしっかり吸って、蒸れにくいのがポイント。掛け布団のインナーケットとしてもおすすめです。

本製品は、国産毛布の90%以上を生産している「毛布のまち」泉大津産のアイテム。国産品の証である「泉大津品質保証マーク」の認証を取得しています。

そのほか、日陰で陰干しをして湿気を逃がすと、吸湿性が回復。毛並みに沿ってブラッシングすれば毛玉ができにくく、長く使いやすいのがポイントです。

三井毛織(MITSUIKEORI) 洗える シルク毛布 CN128 YHA

天然素材であるシルクを採用した毛布です。シルクは刺激性が低く肌に優しいと謳われているのが魅力。吸湿性・保湿性・放湿性に優れ、しっとりと柔らかく体をあたためます。

また、静電気が発生しにくく、ちりやホコリを寄せ付けにくいのがポイントです。さらに、2枚のシルク100%生地を昔ながらの製織で仕立てた、あたたかくて丈夫な2層式生地。4辺の縁はシルク糸で縫製し、チクチクすることなく心地よい肌触りを味わえます。

製織から縫製加工まですべて国内で行い、ひとつひとつ職人の手によって作られているのが特徴。優れた素材感や温もりで、睡眠環境をサポートします。シルク専用の洗剤を使えば、手洗いも可能。肌に優しいモノを探している方におすすめです。

三井毛織(MITSUIKEORI) 暖かい アルパカ毛布 P4904 YHA

南米ペルーの標高4000メートル以上に生息する、アルパカの毛を使った毛布です。独特なぬめり感と光沢があり、優れた保温性を有しているのが特徴。また、吸湿発散性も備え、蒸れにくく快適な寝心地を得られます。

さらに、接結糸たて糸にメリノウールを採用して、あたたかさをアップ。4辺の縁は、ポリエステル素材で縫製しています。

新毛のみを99.7%以上使用した製品に与えられる、ウールマーク付き。素材性能や縫製など「ザ・ウールマーク・カンパニー」の厳しい品質基準をクリアした、品質の高さも魅力です。

本製品は、アルパカのなかでも、柔らかくて保温性のある素材を使った毛布。寝汗をかきやすい方にもおすすめです。

ディーブレス(D-Breath) ザ・プレミアム ソフゥール 掛け布団 PSF-K16

高級アパレルにも使われる、オーストラリア産メリノウールを採用した毛布です。1本1本が細く、ソフトで毛足の長い部分を使っているのが特徴。約3cmのふっくらとした毛足に空気層が生じ、優れた保温性とクッション性を発揮します。

また、天然素材のウールならではの吸湿性・発散性も備えているのがポイント。蒸れにくくさらりとした肌触りを味わえます。体から水分を奪い過ぎず、自然なあたたかさに包まれるのが魅力です。

さらに、柔らかさ・毛足の長さ・肌触り・あたたかさを活かすため、スライバーニット製法と呼ばれる技術を採用。素材本来の魅力を保ち、しっかりとした縫製により型崩れや抜け毛の発生を軽減します。

洗濯機の使用が可能で、静電気が起こりにくいのもメリット。あたたかさ重視の方や冷え性の方におすすめです。

毛布のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

毛布のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

毛布の正しい使い方は?

By: amazon.co.jp

「毛布は体に掛けるのではなく、掛け布団の上に掛けたほうがあたたかい」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、厳密にいえば「羽毛布団の上に毛布を掛けたほうがあたたかい」が正解です。

羽毛布団は毛布よりも保温性に優れているため、毛布を間に挟むと羽毛布団の保温性を遮断してしまいます。羽毛布団が直接体に触れているほうがあたたかいので、羽毛の掛け布団を使っている方は、掛け布団の上に毛布を掛けて保温性を高めましょう。

一方、保温性の低い化学繊維の掛け布団なら、体の上に直接毛布を掛けたほうが、保温性を発揮しやすいといわれています。また、ウールやカシミヤなどの天然素材を使った毛布は、羽毛布団のように吸放湿性に優れているので、体の上に掛けてもあたたかさを保てます。

もっとあたたかくしたい方は、体の下にも毛布を敷くのがおすすめ。ただし、蒸れやすいため、吸湿性が高い素材を選びましょう。