ゲームプレイに特化して作られたデスク「ゲーミングデスク」。多彩な機能で快適なゲーム環境に整えられる、ゲーム好きの方なら1台は持っておきたいアイテムです。しかし、ひとくちにゲーミングデスクといっても、さまざまなアイテムが発売されているため、何を選べばよいのか迷ってしまう方も多いはず。

そこで今回は、おすすめのゲーミングデスクをご紹介します。選び方も併せて解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ゲーミングデスクの特徴とは?

By: amazon.co.jp

ゲーミングデスクとは、ゲーマー向けに設計されたデスクのこと。オフィスでの仕事用に設計された「オフィスデスク」とは異なり、高さ調節機能が付いていたり、ゲーム周辺機器の収納スペースが設けられていたりと、「ゲームのしやすさ」に特化したさまざまな工夫が施されています。

また、ゲーム中の激しいマウス操作にも耐えられるように、安定性が追求されているのもポイントです。モデルによって細かな機能性は異なるため、さまざまなモノを見比べたうえで、自分にぴったりの機能を備えたゲーミングデスクを選びましょう。

ゲーミングデスクの選び方

プレイスタイルに合わせて高さを選ぶ

ゲーミングチェアを使うなら「ハイタイプ」

By: bauhutte.jp

ゲーミングチェアやオフィスチェアなどに腰掛けたスタイルでゲームをしたいなら、ハイタイプのゲーミングデスクがおすすめです。ゲーミングデスクのなかでも主流のタイプなので、カラーやサイズ、付加機能のバリエーションが豊富。自分の好みや部屋のレイアウトに沿ったモノを選べるのがポイントです。

ビジネス界で注目のスタンディングワークスタイルを、ゲーム界に応用する動きも見られます。腰に不安を抱える方や、ずっと同じ姿勢でゲームプレイを続けることによる健康面への影響に配慮したい方は、高さ調節することでスタンディングタイプに切り替え可能なモデルもぜひチェックしてみてください。

座椅子でプレイするなら「ロータイプ」

By: bauhutte.jp

ゲーム環境が和室にある、チェアのキャスターで床を傷つけたくない、などの理由で座椅子を利用してのゲームプレイを好む方には、ロータイプのゲーミングデスクがおすすめ。また、座椅子なら普段のリラックスタイムを過ごす椅子としても使えるので、ゲーミングチェアを置くスペースがない一人暮らしの方にも向いています。

モニターアームを利用すると、座椅子を大きく傾けて寝ながらプレイすることも可能です。デスクの高さを抑えることで部屋に圧迫感を与えず、広く見せる効果も期待できます。昔ながらの床に座るスタイルが落ち着くという方にもおすすめのタイプです。

サイズはモニターの大きさや数に合わせて

By: bauhutte.jp

ゲーミングデスク選びで重要なポイントのひとつが、デスクサイズ。奥行きは約50~60cmが主流ですが、幅は約75cmのコンパクトなモノから約120cmのワイドなモノまでさまざまです。モニターの大きさや数に合わせて最適なサイズを選びましょう。

一般的なモニター1つを設置するなら、約100cmで十分な広さがあります。複数のモニターを使用するなら広めのデスクを選ぶか、スペースに余裕があればL字型のデスクを選ぶのも選択肢のひとつです。

モニターアームを使うなら天板の厚さに注意

By: bauhutte.jp

モニターアームの使用を考えている方は、天板の厚さをチェックするようにしましょう。モニターアームをデスクに挟み込んで固定するタイプは、天板が厚すぎると設置できないこともあります。

また、斜めになっている場所には取り付けられないので、天板の側面や背面にデザイン的な加工されていないかのチェックも必要です。

耐荷重も忘れずチェック

By: rakuten.co.jp

複数のモニターやスピーカー、その他周辺機器をゲーミングデスク上に置きたい方は、購入前に耐荷重をチェックしましょう。ゲーミングデスクはゲーム環境を整えるために開発されているので、頑丈に作られているモノがほとんどですが、想定以上のモノを乗せると壊れてしまう可能性もあります。

快適に長く使い続けるためにも、しっかりと事前確認をするのがおすすめです。

高さ調節ができると便利

By: bauhutte.jp

ゲーミングデスクのなかには、上下の昇降機能が付いたモノもあります。使う方の体格や、その日の気分によって高さが変えられるため、より快適にプレイできる点がメリット。長時間のゲームプレイでも、姿勢を変えられるのでおすすめです。

さらに、スタンディングプレイができる高さまで調節できるモノも注目されています。腰痛が気になる方や長時間プレイが日常になっている方は、ぜひ検討してみてください。

高さ調節機能は、部屋の模様替えや引っ越しなどの住環境の変化にも柔軟に対応できます。手動で昇降させる方法が一般的ですが、なかには電動昇降機能付きのモデルや、高さを記憶するメモリ機能が付いたモデルもあるのでチェックしてみてください。

ゲーミングデスクのおすすめモデル|ハイデスクタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ゲーミングデスク 100-DESKG003

価格も安く初めてのゲーミングデスクとしてもおすすめ

ワイドサイズの天板を採用したゲーミングデスク。幅140cm×奥行66cmとスペースが広いので、大型の湾曲ディスプレイはもちろん、ディアルディスプレイ環境にも対応可能。天板は厚みがあるため、モニターアームを付けることもできます。

また、付属品が充実しているのもポイント。マウスを広々と動かせる全面デスクマットのほか、ヘッドホンホルダーやドリンクホルダーも付属しています。価格も安いので、初めてのゲーミングデスクとしてもおすすめです。

ジーティーレーシング(GTRACING) ゲーミングデスク Z02-RED

グラつきを抑えられるのでゲームを集中してプレイしたい方にもおすすめ

横幅108×奥行60×高さ70cmのゲーミングデスクです。脚部分には、優れた安定性のZ字型フレームを採用しています。耐荷重は80kgなので、モニターのほかにスピーカーやマイクなどモノを複数個置きたい方にぴったり。側面にカップホルダーやヘッドホンフックなどを搭載しているため、天板のスペースを幅広く使えるのも魅力です。

脚の底部分にあるアジャスターを使用すれば、デスクを水平に調節することが可能。グラつきを抑えられるので、ゲームを集中してプレイしたい方にもおすすめです。多機能なゲーミングデスクを探している場合はチェックしてみてください。

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングデスク BHD-1200HDM

ゲームのしやすさに特化した数々の機能性が魅力

日本を代表するゲーミング家具ブランド「バウヒュッテ」のゲーミングデスク。シンプルなデザインと、ゲームのしやすさに特化した数々の機能性が魅力です。昇降式の天板を備え、使う方の体格差や日々の体調、部屋のレイアウト変更などに柔軟に対応して理想のゲーム環境を作れます。

天板の高さ調節にはクイックリリース方式を採用し、スピーディーな昇降が可能。耐荷重が100kgのため、周辺機器をたくさん配置したい方にもおすすめです。デスクを丸ごとカバーするゲーミングマウスパッドが付いており、スムーズで安定したマウス操作が確保できます。

クロスバーや底板など、安定性を追求した作りもポイント。サイドのパンチングボードをケーブルの固定や小物の収納に活用できるので、デスク周りをすっきり片付けられます。

クーガー(COUGAR) ゲーミングデスク MARS 120

人間工学に基づき、ゲームをプレイしやすいように作られたゲーミングデスク。天板の体に沿う部分は緩やかなアーチ加工で、エッジは丸みを帯びているなど、さまざまなゲームプレイヤーのスタイルを考慮した設計です。約横幅125×奥行き74cmと広さがあり、24~30インチ程度のモニターなら2画面並べられます。

天板の表面は「カーボンテクスチャデザイン」で、滑り止め効果も期待できる仕様です。フレームには高精度のスチールを使用しており、耐荷重は150kgあるため強固で安定感も良好。マルチディスプレイでゲームをする方や、デスクワークをする方にもおすすめのモデルです。

また、パソコンのマザーボードに接続することで、デスクから直接USB接続やオーディオ接続ができる「コントロールスタンド」が付いているのもポイント。さらに、デスク全体を照らせるRGB接続も付いており、マザーボードと同期して照明演出を楽しめます。

パール金属(PEARL METAL) ゲーミングデスク W1200 DX

スタイリッシュなカラーリングが目を引くゲーミングデスクです。骨組みが細めに作られているため、全体的に軽快な印象に仕上がっています。狭い部屋に置いても圧迫感がないデザインなので、一人暮らしの方にもおすすめ。

メインスペースとモニターなどを置くための上棚の2段構造になっており、スペースを有効利用できます。メイン天板の耐荷重は約30kg、上棚は約10kgです。ドリンクホルダーとフックは6ヵ所から好きな場所を選んで設置できます。

高さ調節はできませんが、安い価格で購入でき、付属品の充実したおすすめのモデルです。

山善(YAMAZEN) ステーションデスク PND-1600

リーズナブルな価格が魅力のL字型デスクです。シンプルですが、2ヵ所の2口コンセントやモニター台が付属した便利なモデル。中央部分に脚がないので、デスク下を有効に利用できるうえ、スムーズに移動できるのがポイントです。

クロスバーや各脚のアジャスターで、デスクの横揺れやガタつきを防止し、ゲームを集中して楽しめます。インテリアと相性のよい3色展開で、部屋をおしゃれにまとめたい方にもおすすめです。

Mr IRONSTONE ゲーミングデスク L字型

モニター台付きのL字型ゲーミングデスクです。幅129×奥行き×129×高さ75cmと、広々とした寸法。また、天板には中質繊維板を使用しており、耐熱性や耐摩擦性に優れています。

足元にフレームがないため、移動もスムーズ。フレームにはサポートバーが付いているほか、サイドフレームをX字型設計にすることでデスク全体を補強しています。ぐらつきを防ぎ、安定感があるのもポイントです。

本製品はゲーミングデスクのなかでも価格が安く、コスパに優れています。デザインもシンプルで使い勝手がよいので、ゲームはもちろん、在宅ワークなどでモニターを複数台使う方にもおすすめです。

FlexiSpot スタンディングデスク

約60~123cmの高さに電動式で昇降する機能が付属したゲーミングデスクです。よく使用する高さを3パターンまで記憶できるメモリ機能が付いた優れもの。ワンタッチで高さ調節でき、ときどき姿勢を変えることで長時間のゲームプレイでも身体の負担を軽減できます。

リマインダー機能で、アラームを設定でき、電子音で姿勢の変換を促すことも可能です。幅140×奥行き70cmのワイドスペースも魅力のひとつ。快適かつおしゃれなワンランク上のゲーミングデスクを探している方におすすめです。

天板と脚のカラーの組み合わせは数種類から選べます。黒い天板のほか、インテリアにナチュラルになじむディープウォールナットタイプもあるので、部屋の雰囲気や好みに合わせて選択してみてください。

不二貿易 ゼノ ゲーミングデスク

カーボン調の天板とスチール製の脚に、ポイントカラーがおしゃれなゲーミングデスクです。カラーは、ブラック・ブルー・レッドの3色があります。幅120×奥行き65cmの十分なスペースが確保され、デスク上を自由にレイアウトできるのが魅力。

幅・奥行きともにひとまわり大きめのタイプや昇降式タイプなど、バリエーションも豊富です。左右にはヘッドホンフックが施され、背面にはケーブル流しがついているため、配線も小物もすっきり片付きます。

体にフィットする天板のラウンド形状は見た目のかっこよさだけでなく、快適に使用できるおすすめのポイントです。

DOMY HOME パソコンデスク

ガタつきを防ぐためのアジャスターが付いており、安定した状態で使えるデスク。本体サイズが約80×49×91cmと比較的コンパクトで、限られたスペースでも置きやすいのが魅力です。

20種類の色から選べるLEDライトが付いており、ゲームプレイの雰囲気を盛り上げられるのもポイント。また、おしゃれかつ高級な印象を与えられるカーボン調のPVCシートを表面に採用しているため、見た目を重視したい方に適しています。

デスクの両側にヘッドホンラックが付いていたり、耐荷重約30kgを実現するスチールフレームが採用されていたりと、そのほかにもさまざまな特徴を備えているおすすめのアイテムです。

Need ゲーミングデスク AC14CB-P2

マウスパッドにLEDライトを搭載したスタイリッシュなゲーミングデスクです。ドリンクホルダーや配線収納ラック、ヘッドホンラックを備えているので、デスク周りをすっきりと片付けられます。脚先のアジャスターで、カーペットの段差などによるガタつきにも対応可能です。

天板は木製の板にキズや汚れに強いメラミン加工が施されており、フレームにはスチール素材を使用。100kgの重さにも耐えられる強度があり、安定性を実現しています。サイズは幅152.4×奥行き60cmで、作業スペースが広々としているのもポイントです。

価格帯も安く、コスパに優れたおすすめのモデル。シンプルかつスタイリッシュなゲーミングデスクを求める方に向いています。

ニトリ ゲーミングデスク ウィン 118

By: nitori-net.jp

幅118×奥行き63cmと天板サイズの大きいゲーミングデスクです。モニターを2台並べられるので、ゲーム攻略サイトを確認したり、ライブチャットをしたりしながらゲームをプレイできます。天板表面にはカーボン調のPVCシートを採用。水に強く、手入れがラクなのも嬉しいポイントです。

デスクのサイドには大型フックが搭載されており、ヘッドホンやゲームパッドなどの周辺機器を引っ掛けられます。デスクの上をすっきり整理できるのがメリット。また、コンセントをきれいに収納できる穴とスペースも備えられています。

側脚は、シールを貼ることでレッドのカラーリングを施すことが可能。落ち着いた雰囲気が好みの方は、シールを貼らずにブラックスチール脚のままにできます。

ゲーミングデスクのおすすめモデル|ローデスクタイプ

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングちゃぶ台 BHT-800

シンプルなちゃぶ台タイプのデスクに、ゲームプレイに便利な機能を付加したモデルです。脚を折りたたんで収納でき省スペースが叶うため、ノートPC派のゲーマーにもおすすめ。

約10cmの昇降機能付きで、座布団や座椅子、ソファなど、さまざまなゲーミングスタイルに柔軟に対応できます。さらに、ゲームだけでなく、食事や勉強などシーンに合わせて適した高さに調節できるので、1台のデスクをあらゆる目的で兼用したい方にもぴったり。

天板下にはリモコンやコントローラーなどの小物を収納できるネット付きで、デスク周りがすっきり片付きます。

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングデスクHD BHD-1200HDL

昇降式の天板とタフな構造が魅力のゲーミングデスクです。ローデスクタイプは天板のワイドな幅と奥行きはそのままに、40~49.5cmの高さに対応しています。座り姿勢のゲーミングスタイルを想定している方におすすめ。

昇降式のため子供から大人まで体格や座り方を問わず、快適に使えます。天板に厚みがある強化板で、耐荷重は約100kg。幅広設計なので、デュアルモニターの設置を考えている方にも向いています。結束バンドを使うと、側面のパンチングボードに電源タップなどを固定できて便利です。

タンスのゲン CYBER-GROUND ゲーミングデスク ロータイプ

斜めになったキーボードトレイが特徴のゲーミングデスクです。座椅子などにゆっくりもたれた姿勢でプレイしたいゲーマーにおすすめのモデル。モニターアームと合わせて利用すると、より快適なゲーム環境に仕上がります。

ヘッドホン用フックや、ソフトやCDの収納に便利な棚、電源タップを置く金網と、3ヵ所も収納スペースがあるので便利です。天板の高さは3段階で調節可能。ネット通販専門の家具ブランドが作るゲーミングデスクで、リーズナブルな価格で手に入るのも魅力のひとつです。

ぼん家具 パソコンデスク モニタ台付き ロータイプ

モニター台が付属したロータイプのパソコンデスクです。モニター台の下を小物やキーボードの収納に使えるので、天板スペースを有効に活用できます。側面のフレーム部分には、マグネットタイプのUSBハブなどを取り付け可能。

モニター台は約10kg、メイン天板は約30kgの耐荷重で、背面の支柱がデスクのぐらつきを抑制して安定性を保ちます。激しいマウス操作でも横揺れせず、ゲームに集中できるのがポイントです。ウォールナット・オーク・ホワイトの3色から、部屋の雰囲気に合ったモノが選べます。

既存のインテリアにおしゃれになじむゲーミングデスクを探している方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ローデスク 100-DESKL001

収納に便利なキャビネットとキーボードスライダーを備えたローデスクです。キャビネットはナチュラルに部屋になじみます。棚3ヵ所と引き出し1つを備え、ゲーム関連の小物だけでなく生活雑貨も収納できるので便利です。キャスター付きで、掃除の際の移動も簡単。

キーボードスライダーにキーボードやマウスを置いたまますっきりと収納できるので、デスクトップPC派向けのモデルです。天板のケーブルスリットと天板下のケーブル受けにより、ごちゃつきがちな配線類がすっきりと収まり、部屋が乱雑な雰囲気になるのを防ぎます。

ジェイサプライ(J-Supply) ロータイプコーナーデスク PD012N

コーナーデスクと2段チェスト、フリーラックがセットになったローデスク。ラックとチェストをデスクの左右に配置すれば、L字型の広々としたゲーミングデスクとして活用できます。

メインデスクのサイズは約幅85×奥行57×高さ38cm。高さは調節できませんが、座椅子を使ったり胡坐をかいたりしても使えます。また、不使用時にはラックとチェストをメインデスクの下に収納できるため、省スペースでの設置が可能です。

デスク背板のコーナー部分がカットされているのもポイント。足を伸ばして座ったり、ケーブルを通したりと快適に使用できます。収納部も豊富なので、デスク周りを整頓してゲームに集中したい方におすすめです。