くるまったまま動き回ることが可能な「着る毛布」。冬の定番アイテムとして浸透してきており、毎年新しいデザインが登場しています。しかし、ガウンタイプやポンチョタイプなど種類が多いため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、着る毛布のおすすめアイテムや選び方をご紹介します。

くるまったまま動ける「着る毛布」が人気

By: amazon.co.jp

着る毛布とは、名前の通り服のように着ることが可能な毛布のことをいいます。日常生活でも身にまとえるので、部屋のさまざまな場所で全身をあたためられるのが魅力。ガウンタイプやポンチョタイプなどがあり、ゴロゴロしたいときだけでなく、寒い冬の早朝から家事をはじめる方にもぴったりです。

また、着る毛布を使用することで暖房器具の使用機会が減り、電気代やガス代の節約につながるのもおすすめポイント。最近では冬の定番アイテムになりつつあり、各メーカーから毎年新しいモデルが販売されています。

着る毛布の選び方

タイプをチェック

ガウンタイプ

By: amazon.co.jp

ガウンタイプの着る毛布は着脱が気軽にでき、サッと羽織れるのが魅力。着方によっては見た目がカジュアルになりすぎないので、羽織のようにも使えます。シーンを選ばずマルチに活躍するアイテムです。

腰に紐が付いているモデルも多く、体型や着心地に合わせて調節できるのがポイント。ただし、首元は開きやすいため、サイズがぴったりのモデルを体にフィットさせて着るのがおすすめです。

さらに、ガウンタイプは丈が長めなので、下半身の冷えに悩んでいる方にもぴったり。腰の痛みや足首の冷えも、布団にくるまっているかのようなあたたかさで包み込むことが可能です。

ボタンタイプ

By: amazon.co.jp

ボタンタイプの着る毛布は、前面にボタンが付いているタイプ。首元からボタンで閉められるモノも多く、上半身をあたたかく保てます。また、ボタンをしっかり閉めれば着崩れすることも少ないため、家事をしながら着る毛布を使用したい方におすすめ。ぴったりフィットするサイズのモノを選べば、さらに動きやすくなるので便利です。

なかには、ボタンが首元にしか付いてないモノもあります。デザインによっては気崩れしやすいので、ボタンの数や位置を購入前に確認しておきましょう。

ポンチョタイプ

By: amazon.co.jp

あまり動いたりせず、ゆったり過ごすときにおすすめなのがポンチョタイプ。袖がないモノや袖口の広いモノが多く、紐の締め付けもないので、室内でのリラックスタイムやデスクワーク時などにおすすめです。家事をしたり動き回ったりする場合は、裾の広がりが邪魔になりやすいため、やや不向きといえます。

ポンチョタイプは、簡単に着脱しやすいのも魅力。頭からすぽっと被るだけなので、小さな子供でも自分で脱ぎ着しやすいのが嬉しいポイントです。

つなぎタイプ

By: amazon.co.jp

つなぎタイプの着る毛布は、頭から足の先まで全身をあたためられるのが特徴です。全身をしっかり毛布で覆えるので、隙間風が入ってくる心配も軽減できます。手先や足先が特に冷えやすい方にもおすすめのアイテムです。

また、体にフィットするため動きやすく、途中ではだけてしまったり着崩れてしまったりすることが少ないのもポイント。ただし、トイレに行く際に不便なのは懸念点です。配慮された設計のモノもあるので、気になる方は購入前にデザインをしっかりチェックしておきましょう。

素材や肌触りをチェック

フリース

By: amazon.co.jp

フリースは、ポリエステルで作られた起毛素材です。柔らかく保温性が高いので、冬物のさまざまな衣服に使われています。また、薄くて軽いため、長時間着用した際に体への負担が少ないのも魅力です。

収納時にかさばりにくいのも嬉しいポイント。生地が薄いモノを選べば、一般的な冬物衣類のようにタンスから飛び出ることも少なく、すっきり収められます。

ただし、静電気が起きやすい特徴もあるので、洗濯の際は柔軟剤を使うなどの配慮が必要です。

マイクロファイバー

By: amazon.co.jp

マイクロファイバーは髪の毛の約100分の1以下の超極細繊維で、繊維と繊維の間にたくさんの空気を含められる素材。ふわふわとした手触りとなめらかな質感が特徴で、より肌触りがよい着る毛布を選びたい方におすすめです。

繊維一本一本に空気を溜め込むことで熱を逃しにくいほか、通気性に優れているのも魅力。あたたかいのにムレにくい、着る毛布に適した素材です。ただし、繊維がきめ細かい分、埃が立ちやすいのは懸念点。よく動くシーンにはあまり向かないので、シチュエーションに合わせて選ぶのがおすすめです。

フランネル

By: amazon.co.jp

フランネルとは紡毛糸を使った毛織物のことで、略して「ネル」とも呼ばれる素材です。ベビー用品にもよく使われているきめ細かい生地で、肌触りがよいのが特徴。化学繊維のゴワゴワした質感が苦手な方や、肌への刺激が気になる方にもおすすめの素材です。

また、軽いのに弾力性にも優れているので、生地がへたりにくく寝具やパジャマなどの生地にもよく使われています。見た目はやや薄手ですが、保温性が高いため冬の防寒にぴったりです。

光沢があり、着る毛布特有のカジュアル感が少ないのも魅力。高級感のある見た目で、スマートな印象を与えます。ただし、フランネルは熱と摩擦に弱いので、洗濯後は陰干しをするのがおすすめ。乾燥機の使用は避けるようにしましょう。

サイズ感や着丈をチェック

By: amazon.co.jp

着る毛布は、丈の長いモデルや短いモデル、フィット感重視のモノからオーバーサイズのモノまで、さまざまなタイプがラインナップされています。ユニセックスのモデルも多いため、購入前にサイズ感や着丈をしっかりとチェックしておきましょう。

家事などでよく動く方や小さな子供がいる方には、動き回る際やしゃがんだ際に裾を踏みにくい腰丈のモデルがおすすめ。一方、床に付くほど丈が長めのモデルは、あたたかさを重視したい方に向いています。室内でリラックスしたい際やデスクワークの際などにしっかり保温できて便利です。

なお、どの長さのモデルがよいか分からない方は、着丈110〜130cm程度のモデルを選ぶのがおすすめ。ショート丈のモノより長めで足元まであたためられますが、足さばきがよく邪魔になりにくい傾向にあります。

洗濯機で丸洗いできるモノが人気

着る毛布を選ぶ際は、洗濯機で丸洗いできるかどうかもチェックしておきたいポイント。着る毛布は、毎日使っているうちに自然と汚れが付着します。

着る毛布は定期的なお手入れが必要ですが、かさばるので毎回手洗いするのはやや面倒です。脱水が難しいほか乾きにくく、洗濯自体が億劫になってしまう場合もあります。製品の洗濯表示をよく確認し、丸洗いできるモノを選ぶのがおすすめです。

着る毛布のおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) fondan 着る毛布

基布に蓄熱繊維「イージーウォームTM」を50%織り込んだ着る毛布です。人の体温や外気の熱を吸収して繊維内部の温度を上昇させるので、保温性に優れているのが特徴。また、椿オイルが生地に練り込まれており、肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。

生地には天然由来の「シルクプロテイン」も含まれているため、光沢感があります。見た目にこだわりたい方にもぴったりです。さらに、両サイドに底の深いポケットが備わっているのも魅力。横になっても、入れたモノが落ちにくいようにデザインされています。

本製品はガウンタイプで着丈が長く、足元まですっぽりと覆うことも可能。付属のガウンベルトを使用すれば、歩いたり作業したりする際に裾の長さを調節できます。

モダンデコ(MODERN DECO) MOCOA 着る毛布 mf-001-18

吸湿発熱素材「HEATERIZER」を採用した着る毛布です。吸湿性と発熱性を兼ね備えているため、あたたかく過ごせながら、蒸れるのを防げます。また、肌触りがよく軽量なのも特徴。着丈は約135cmで、膝下までのロングタイプです。

ボタンとガウンベルトで着用する仕様で、はだけにくく体にフィットしやすいのもポイント。フードを被れば、首元や耳元をあたためることも可能です。また、ポケットも付いており、スマートフォンなどの小物も収納できます。

本製品はウォッシャブルタイプで、洗濯機で手軽にお手入れしたい方にもおすすめ。そのほか、ノルディック柄やトーラス柄などカラーバリエーションが豊富なので、自分の好みの一着を見つけられます。

トゥーベスト(tobest) 着る毛布

機能性に優れた着る毛布です。立ち襟を採用しているので、首元をあたたかく包み込むことが可能。そのまま寝ても襟が邪魔になりにくいようにデザインされています。また、袖口の内側にはゴムを採用。家事やパソコン作業をする際にまくり上げられます。

ガウンベルトを搭載しているのもポイント。着たまま動きやすいのはもちろん、腰回りをすっきりとしたシルエットにでき、おしゃれに着用できます。さらに、素材にフランネルを使用しており、見た目に高級感があるのも魅力です。

そのほか、「帯電防止加工」を施したカーボンファイバーが生地の土台に織り込まれているため、静電気の発生を抑えられます。

Bedsure 着る毛布

襟元のボタンで、あたたかさを調節できる着る毛布です。襟元のボタンを開ければ、首元をすっきりさせて着用可能。寒い場合はボタンを閉めて立て襟にすることで、冷気をシャットアウトできます。

素材にはフランネルを使用しているため、保温性に優れているのも魅力。また、吸水性が備わっており、さらっとした爽やかな着心地を得られるのもポイントです。サイズはS・Mの2種類がラインナップされています。

mofua 着る毛布

シルクより細い超極細繊維「プレミアムマイクロファイバー」を高密度で編み上げているのが特徴の着る毛布です。あたたかい空気を溜め込めるため、保温性に優れています。また、肌触りがよいのもポイント。蒸れにくいアイテムを探している方にもおすすめです。

丸洗いできるのも魅力。お手入れが簡単なので、清潔に保つことが可能です。サイズはMとLの2サイズ展開でユニセックス対応のため、夫婦やカップルで使用できるのも人気の理由。カラーラインナップの豊富さも魅力です。

mofua プレミアムマイクロファイバー ルームウェア Heatwarm発熱 +2℃タイプ

汗などの水分に反応して発熱する素材を使用した着る毛布です。着ている間に、あたたかさを持続しやすいのが魅力。やわらかい肌触りのため、より快適に着れるアイテムを探している方におすすめです。

「静電気防止加工」が施されているのもポイント。また、洗濯機で丸洗いできるので、お手入れも簡単にできます。さらに、ボタンで留めるタイプのため、はだけにくいのも魅力。フードを被れば、顔や首元をあたためることも可能です。

Catalonia 着る毛布 袖付き毛布 2枚合わせ

表生地の高密度マイクロファイバーと、裏面のボアの生地を2枚重ねて縫い合わせた着る毛布です。やわらかい肌触りと、保温性の高さを兼ね備えているのが魅力。着丈180×横140cmと大きめに作られているため、足先までしっかりと保温可能です。なお、着丈が長いので、着たまま歩くと転倒する恐れがある点には注意しましょう。

一般的な毛布としても使用でき、ソファやイスに腰をかけているときやリラックスしたいときにおすすめ。また、フロントに設けられた大きなポケットは手をあたためられるほか、スマートフォンやお菓子を入れておくのに便利です。

本製品は洗濯機で丸洗いできるので、清潔に保てます。フリーサイズで男女問わず使用でき、プレゼントにもおすすめです。

着る毛布のおすすめ|メンズ向け

デヴィット・アーキー(David Archy) ルームウェア

あたたかくさらっとした肌触りが特徴の「フラシ天素材」を使った着る毛布です。保温性が高く速乾性に優れているので、快適な着心地を維持できます。また、インナースリングとアウタースリングが備わっているため、ウエストの位置を調節可能。幅広い体型に対応できます。

サイドには大きめのポケットが付いているので、スマートフォンをはじめとした小物の収納がしやすいのもおすすめポイント。サイズはS・Mから選択でき、カラーはブラック・ネイビーの2色展開です。

リミテッドセレクト(LIMITED SELECT) ボアフリース ロング丈 コーディガン

両面ボアフリース素材を使用した、フード付きの着る毛布です。コーディガンタイプなので気軽に羽織れ、おしゃれ要素も兼ね備えているのが魅力。部屋着としての使いやすさが考慮されており、男性が着用した場合は膝下程度の丈になるデザインです。

また、サイズ展開が豊富なため、高身長の方にもおすすめ。一般的なボアフリース素材は毛羽抜けがデメリットといわれていますが、本製品は毛羽付着検査をパスしているので、経年劣化を気にせず着用できます。

Cimoon 着る毛布

素材にフランネルとマイクロファイバーが使われている、ユニセックス対応の着る毛布です。ふわふわで肌触りがよく、あたたかい空気を逃さず保温しやすいのが魅力。丈が長いロングタイプなので、足先まであたためたい方におすすめです。また、動きやすい袖が付いているため、読書やデスクワークの際にも活躍します。

シャワー後のバスタオルとしても使用でき、マルチに使えるのもポイント。さらに、前面はファスナーで留めることが可能。そのほか、大きめのポケットが付いているので、スマートフォンや小物を収納できます。

Catalonia 着る毛布 ポンチョ

ポンチョタイプのかわいらしい着る毛布です。あまり動いたりせず、ゆったり過ごすときにおすすめのアイテム。表面には高密度マイクロファイバーを、裏面にはボアを使用しているため、保温性に優れているのが特徴です。デザイン性も高く、外出時にも使用できます。

頭部の防寒対策がしっかりできるのも魅力。フード部分にシープボアの素材を使用し、襟部分にはスナップボタンが配置されています。首元の冷えが気になる方にもぴったりです。また、大きなフロントポケットが付いているのもポイント。スマートフォンなどの小物を収納できます。

zhm 着る毛布

人気アニメのロゴがプリントされた、ポンチョタイプの着る毛布です。厚手の生地を使用しているので、保温性に優れています。また、体を動かしやすいのも特徴。自宅でくつろぐ際にはもちろん、寒い冬のキャンプや野外コンサートなど、さまざまなシーンで使用できるのも魅力です。

頭と耳を包み込める大きめのフードが備わっているのもポイント。ポケットにはスマートフォンをはじめとした小物を収納することも可能です。なお、サイズはS・M・L・XLと幅広く用意されているので、さまざまな体型に対応できます。男女兼用なので、カップルで揃えて使用するのもおすすめです。

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミング着る毛布

上半身には1重構造を、冷えやすい下半身には2重構造を採用したつなぎタイプの着る毛布です。超濃密ベロアフリースを使用しているのが特徴。また、腰を曲げてもつっぱりにくいサルエル股デザインやフリーフットシステムを採用しているため、保温性の高さと快適性の両方を備えています。

本製品はゲーミング向けにデザインされているのもポイント。ゆったり被れるフードを搭載しているので、ヘッドセットをしたままでも頭部をあたたかく保てます。さらに、シーンに合わせて指先を自由に出し入れできるのも人気の理由です。