身体全体をふんわりと包んでくれる「着る毛布」は、ベルトやボタンなどでずり落ちにくい工夫がされており、腰や足などの冷えやすい下半身まで温めてくれるので、寒い季節には欠かせないアイテムです。

暖房費の節約もできることから注目を集めている着る毛布ですが、最近はデザインや素材もさまざまな種類があるため、どれがよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、着る毛布の選び方とおすすめモデルをご紹介します。着る毛布の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

着る毛布の選び方

着る毛布の種類で選ぶ

ガウンタイプ

By: low-ya.com

腰ひもを結んで着るガウンタイプ。腰ひもでサイズ調整ができるのでどんな体型の方でも着やすく、身体にほどよくフィットし温かさを保てます。着用したまま動きやすいのもポイントです。

しかし、腰ひものみで留まっているので、はだけやすいのが難点。また、首周りが開いているものだとそこから温かい空気が逃げてしまうため、ガウンタイプを購入する際は首周りの防寒対策を怠らないように注意しましょう。

ボタンタイプ

By: amazon.co.jp

ボタンタイプはガウンタイプに比べてはだけにくいのがメリットであるため、室内で動くことが多い方も安心できるタイプ。ただし、注意しておきたいのがボタンの位置です。首元にだけボタンがあるタイプは、足元がはだけて温かさを半減させてしまいます。

また、ボタンタイプはガウンタイプのように身体に合わせたサイズ調整ができないので、自分の身体にぴったり合ったサイズでないと着心地が悪くなるため注意が必要です。ボタンタイプを購入する際は、足元までボタンがついているかと、サイズのチェックを忘れないようにしましょう。

ポンチョタイプ

By: amazon.co.jp

頭からすっぽりかぶるだけで着られる、ポンチョタイプの着る毛布は、着る人の体型も選ばず、締め付け感がないのでリラックス感は抜群。首まわりが詰まっているので温かく、毛布を広げれば足先まで包み込めます。

しかし、裾が開いているデザインのため、動き回ると足元から冷たい空気が入り込みやすいのがデメリット。ゆったりと座ってくつろぐことが多い方におすすめのタイプです。

着る毛布の素材で選ぶ

マイクロファイバー

By: amazon.co.jp

着る毛布のなかで、一番ポピュラーな素材がマイクロファイバー。なめらかな肌ざわりで、一度使うと病みつきになる方が多い素材です。

ボリュームがあり、空気の層をたっぷりと作れるので温かさは申し分なし。ふかふかの毛布にくるまれてゆったりとくつろぎたい方におすすめです。

フリース

By: rakuten.co.jp

保温性の高さから冬場に欠かせないフリース素材は、柔らかくふわふわした肌ざわりが魅力です。軽く、身体への負担も少ないので肩こりの方も安心。また、フリース素材は薄いため、着たままでも動きやすく、収納時もかさばらないのでおすすめです。

洗濯機で洗えるかをチェック

By: panasonic.jp

着る毛布を選ぶ上で、自宅で簡単に洗濯できるかどうかは重要なポイントです。着る毛布は毎日使うものなので、いつも清潔に保っておきたいもの。洗濯機で簡単に洗えるものなら、気軽に手入れができるため安心です。

なお、商品によっては、洗濯機の手洗いコースを使用するなど、洗濯方法について注意しなければならないことがあるので必ずチェックしましょう。また、毛が抜けたり、色落ちしたりすることもあるので、初めて洗濯するときには特に注意が必要です。

着る毛布のおすすめ|ガウンタイプ

フォンダン(fondan) 着る毛布 FDRM-054

しっとりとしたなめらかな肌ざわりが魅力の着る毛布。一般的な毛布に比べて密度を高めたフランネルマイクロファイバーを使用しているため、ふっくらとボリューミーで心地よい肌ざわりです。

また、この着る毛布は椿オイルとシルクプロテインを生地に配合しているのも大きな特徴。着用時に、肌に潤いを与える効果が期待できるため、乾燥する季節におすすめの製品です。

もうひとつの特徴は、蓄熱性に優れたEasyWarmという素材を使用していることです。通常の毛布より2℃も温度がアップすると謳われている抜群の保温力が魅力。寒がりの方でも、この着る毛布を使えば温かく過ごせます。

また、ボタンで襟元の開き加減を調節できたり、動きやすいようにガウンベルトがついていたりと細部にまで工夫が凝らされており、16種類と豊富なカラーバリエーションに加え、体型に合わせやすい3サイズ展開なので、お気に入りの1枚が見つかるはずです。

ロウヤ(LOWYA) グルーニー 着る毛布

おしゃれなカラーバリエーションが目を引く着る毛布です。まるでマシュマロのようなさわり心地が特徴のグルーニーファイバーを使用。この素材は、繊維の1本1本を丸く加工してあるため、肌当たりが優しいのが魅力です。ぜひ素肌にまとって、この柔らかさを体感してみてください。

また細かい繊維の中に温かい空気をたっぷり取り込むため、軽くて温かい着心地なのもポイント。首元にはボタンが3つあり、温かさをキープします。足元にもボタンがあり、はだけにくく動きやすい仕様です。

身長に合わせて選べる3サイズ展開で、あえて長めを選べば、足元までくるまれるので就寝時にもぴったり。まるごと洗濯機で洗えるので、いつでも清潔に保てるのも嬉しいポイントです。

モコア(MOCOA) 着る毛布

スタイリッシュなカラーバリエーションが印象的な着る毛布。男女問わず使えるおしゃれな柄が多く、部屋の雰囲気にもしっくりなじむものを選べます。キリッとした雰囲気がお好みの方におすすめしたい着る毛布です。

汗などの水分を吸収して発熱する「HEATWARMER」という吸湿発熱素材を使用することで、従来のものよりも1.6℃ほど温度がアップしており、寒い冬も快適に過ごせます。

密度の高いフランネルマイクロファイバーは、ボリュームがあり着心地も抜群。つい頬ずりしたくなるようなふわふわの肌ざわりは、一度使うと手放せなくなります。

サイドにはスマホなどを入れておける2重構造のポケット付き。中に入れたものが落ちにくく、すっきり見える内側ポケットで、デザインを邪魔しません。また、冷えやすい頭や耳まわりまですっぽりと覆えるフードが付いており、肩より上の冷えに悩んでいる方にもおすすめの着る毛布です。

着る毛布のおすすめ|ボタンタイプ

モフア(mofua) プレミアムマイクロファイバー 着る毛布 フード付

足元までボタンがあるので、ガウンタイプと違ってはだける心配がなく、室内でも動き回れる着る毛布です。着丈は110cmで、歩く際に裾を引きずらないのもポイント。ひざ下あたりまでを温かくカバーできます。

シルクよりも細い繊維のプレミアムマイクロファイバーを使用。極細の繊維1本1本に暖かい空気をため込むため、軽くて温かい着心地が味わえます。ほどよい長さの毛足で、しっとりとなめらかな肌ざわりです。

スマホなどを入れておけるポケットや、脱いだ時に掛けておけるハンガーループ、温かさがアップするフードなど、細部に工夫が光ります。ネットに入れれば洗濯機で丸洗いできるのも魅力。ほどよい薄さで扱いやすく、乾きが早いのも嬉しい点です。

ペアウォーム フリース 着る毛布

タータンチェック柄がおしゃれな着る毛布。身幅が55cmとややコンパクトな作りなので、丈がもたつかずスマートに着られます。身幅が大きくダラッとした雰囲気の着る毛布が苦手な方におすすめです。

襟はボタンの留め方で2通りの着方ができます。ボタンを留めずに襟を寝かせておけば首まわりがすっきり。寒さが厳しいときは、ボタンを留めて襟を立てることで首まわりまでしっかり温まります。

着丈は130cmで、足元まで温かさをキープ可能です。足首近くまでボタンがあるのではだけにくく、動きやすさも抜群。ふわふわの起毛フリース地をふんだんに使っているので軽く羽織ることができて、自宅でのリラックスタイムにうってつけの着る毛布です。

ブランコ(Blanco) マイクロミンクファー ルームウェア

上品な雰囲気のある着る毛布。密度が高く、光沢感のあるミンクファーをイメージして作られたマイクロミンクファーは、通常のマイクロファイバーよりも毛足が長く、とろけるような柔らかい手ざわりが魅力です。

極細繊維1本1本が温かい空気をキャッチして逃さないため、身体全体をしっかりと温められます。着心地は軽いため、身体に負担がかからないところも嬉しいポイントです。

足元までボタンがあり、はだけにくいので動き回っても安心。着丈110cmで裾を引きずることなく清潔に使えます。ネットに入れれば洗濯機で丸洗いも可能なので、気軽にお手入れできるのもメリットです。

大きなポケットが2つ付いていて、スマホなどを持ち歩くのにも便利。落ち着いた色合いを中心とした8カラー展開で、室内でもおしゃれに過ごせる着る毛布です。

エムール(EMOOR) エムールヒート ブランケット

汗や蒸気など、人が発する水分を吸収し発熱する素材「エムールヒート」を使用したブランケット。毛布の中で発熱し、2℃ほど温度が上昇するため寒い冬も温かく過ごせます。

通常の毛布に比べて毛足が長いのもポイント。空気をたくさん取り込めるためより温かさが感じられます。また、天然繊維の特性を再現したなめらかな肌ざわりのため、触ると手離せなくなってしまう心地よさ。特殊技術で毛玉ができにくいのも嬉しい点です。

着丈は196.5cmとゆったりサイズで、就寝時に、かいまき毛布として使用しても足まですっぽり包んでくれるので温かく眠れます。着る毛布として使用するときはウエストについたボタンで裾を留めれば、裾を引きずらず動きもスムーズ。

洗濯機でまるごと洗えるのでお手入れも簡単です。薄手なので乾きやすいのも嬉しいポイント。落ち着いた上品な色合いの3カラー展開で、高級感のある着る毛布を探している方にもおすすめの着る毛布です。

ビビラボ(BIBILAB) はだけない着る毛布

ボタンとファスナーで、着る毛布のはだけやすさを解消した画期的な着る毛布。フロント部分はもちろん、はだけやすい足元もボタンで留まるので、家事などで動いてもはだける心配がありません。

首元にはボタンがあり、気温に応じて体温調節が可能。寒いときには襟を立ててハイネックにして着ることで温かさがさらにアップします。

フロントはファスナーなので、開閉もスムーズ。外から冷たい空気が入り込みにくく、いつも温かく過ごせます。袖にはゴムが入っていてまくりやすく、手を洗う際にも便利です。

ふわふわと気持ちいい肌ざわりのフランネルフリースは温かい上、ほどよい薄さで軽く、動きやすいのもポイント。女性にぴったりのMサイズと、大柄な男性にも対応できるLサイズの2サイズ展開で体型に合わせて選べるほか、スマホなどを入れておけるポケット付きです。汚れが気になったら洗濯機で丸洗いできるので、いつも清潔に使用できます。

着る毛布のおすすめ|ポンチョタイプ

西川 ルームウェア ポンチョ型

ゆったりとした着心地が魅力のポンチョ型着る毛布。かぶるだけでさっと羽織れる気軽さも魅力です。締め付け感がないので、リラックスタイムにぴったり。サイドスリットから手を出して着られるので本やコーヒーを手にしたいときも安心です。

ふっくらと柔らかなフランネル素材は肌ざわりよく、温かい空気を逃しません。胸元にあるファスナーを上げれば、しっかりと首まわりが立ち上がるので冷えやすい首まわりも温かく包み込みます。

着丈は102cmで、裾を引きずらず、室内を動くときにも快適です。座るとちょうど足先まですっぽり入って全身を温めてくれるので、座っての作業が多い方にも最適。家の中でもお気に入りのアイテムを身につけたい方におすすめの着る毛布です。

たたむとクッションに早変わり マイクロファイバー ポンチョ

頭からすっぽりかぶるだけで着られるポンチョ型の着る毛布。ポンチョ型は袖がないタイプが多く、スリットから手を出すと腕が寒いことがありますが、この着る毛布は袖がついているので安心です。作業もしやすく、機能性に優れています。

素材はふんわり柔らかい肌ざわりが魅力のマイクロファイバー。温かい空気をたっぷり包み込み、身体全体をしっかり温めてくれます。着丈140cmで冷えやすい足元も安心。やや薄手で扱いやすく、かさばらないのも嬉しいところです。

そしてこの着る毛布の一番の特徴は、使用しないときには丸めてポケットに入れ込むことでクッションにもなる点。着る毛布は、大判のものが多いだけに使用しない時には邪魔になりやすいのが悩みのタネですが、この着る毛布ならそんな悩みも解消されます。

暗い色合いが多くなりがちな冬も、パッと明るい気持ちにしてくれる優しいパステルカラーが魅力的。この着る毛布があれば、寒い冬も心地よく過ごせます。

オシャレウォーカー n’Orモコモコふわふわの着る毛布

ゆるく立ち上がった襟やラウンドした裾など、おしゃれなデザインが光る着る毛布。洋服を選ぶように、着る毛布にもおしゃれさを求める方におすすめの着る毛布です。

頭からすっぽりかぶるだけでOKのプルオーバータイプ。はだける心配がないので動いても温かく、就寝時にもぴったりです。付属のベルトを締めればアクティブに動けますし、外せばリラックス感たっぷり。シーンに合わせて着方を変えられるのもポイントです。

フリーサイズの着る毛布は着心地が悪いことがありますが、こちらの着る毛布は嬉しい3サイズ展開。小柄な女性やお子さまにはSサイズ、男性にはLサイズなど、体型に合わせて選べるので、ほどよく身体にフィットし快適に使用できます。

軽く、とろけるような肌ざわりの素材は一度着ると病みつきになってしまう心地よさ。腰まわりを中心に身体全体を優しく温めてくれます。胸元にあるボタンの開け具合で体温調節が可能なフードつきなので頭や耳まわりまでしっかりと温められるのも嬉しいところです。