くるまったまま動き回ることが可能な「着る毛布」。冬の定番アイテムとして浸透してきており、毎年新しいデザインが登場しています。しかし、ガウンタイプやポンチョタイプなど種類が多いため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、着る毛布のおすすめアイテムや選び方をご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

くるまったまま動ける「着る毛布」が人気

By: amazon.co.jp

着る毛布とは、名前の通り服のように着ることが可能な毛布のことをいいます。日常生活でも身にまとえるので、部屋のさまざまな場所で全身をあたためられるのが魅力。ガウンタイプやポンチョタイプなどがあり、ゴロゴロしたいときだけでなく、寒い冬の早朝から家事をはじめる方にもぴったりです。

また、着る毛布を使用することで暖房器具の使用機会が減り、電気代やガス代の節約につながるのもおすすめポイント。最近では冬の定番アイテムになりつつあり、各メーカーから毎年新しいモデルが販売されています。

着る毛布の選び方

タイプをチェック

ガウンタイプ

By: amazon.co.jp

「ガウンタイプ」の着る毛布は、気軽に羽織れるのが特徴。部屋の温度やシーンに合わせて、簡単に脱着できるのが魅力です。首周りは開きやすく、ゆったり着たい方に適しています。

また、腰のあたりにガウンベルトがついているモノであれば、丈の長さもある程度調節可能。家事や育児を行う際にも便利です。ベルトをしめれば体にフィットするので、着心地も調節できます。

ボタンタイプ

By: mofua.jp

「ボタンタイプ」の着る毛布は、ガウンタイプと同じく気軽に羽織れるタイプ。室温や使用する場面に合わせて脱着しやすいほか、前面のボタンをしめるとはだけにくいので着用したままでも動き回れます。

首元までボタンを留められるモデルであれば、上半身をしっかりと保温可能。首や肩をカバーしたい場合にも便利です。また、ボタンを外せば、ひざ掛けとしても利用可能。デスクワークで下半身の寒さを軽減したい場合にもおすすめです。

ついているボタンの数や場所は製品ごとに異なるので、購入前に確認しておきましょう。

ポンチョタイプ

By: amazon.co.jp

「ポンチョタイプ」の着る毛布は、頭からすっぽりとかぶって簡単に着脱できるのが魅力。ボタンなどの留め具による締めつけがないので、ソファやベッドでくつろぎたいときにも活躍します。

また、ゆったりとした着心地のモデルが多いのもポイント。冷気が入りやすいので、ルームウェアの上に着る場合などにおすすめです。

つなぎタイプ

By: bauhutte.jp

「つなぎタイプ」の着る毛布は、全身を包み込めるのが特徴。隙間から侵入してくる冷気を防ぎ、上半身から下半身までしっかりと保温したい場合に便利です。

また、着用した際に体にフィットしやすいのもポイント。着脱に手間がかかるのでトイレに行く際には注意が必要ですが、動いても着崩れしにくく、家事や育児を行う際にもおすすめです。

サイズ感や着丈をチェック

ミディアム丈

By: mofua.jp

ひざ下あたりまでの丈を採用した「ミディアム丈」の着る毛布は、比較的着脱に手間がかからないタイプ。必要なときにさっと羽織れるだけでなく、着用時でも足元が自由に動かせるので、朝の忙しい時間に使う着る毛布としても便利です。

丈が短いと足元が冷えやすいため注意が必要ですが、家事や育児をするときに羽織れるアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ロング丈

By: amazon.co.jp

「ロング丈」の着る毛布は、足元まですっぽりと覆ってしまえるタイプ。あまり動き回らず、ソファやベッドでリラックスタイムを過ごす際に適しています。デスクワーク中に使用する着る毛布としても便利です。

サイズによっては移動時に毛布を引きずってしまう可能性があるので注意が必要。購入する際は、丈の長さをしっかりと確認しておきましょう。

素材や肌触りをチェック

フリース

By: amazon.co.jp

フリースは、ポリエステルで作られた起毛素材です。柔らかく保温性が高いので、冬物のさまざまな衣服に使われています。また、薄くて軽いため、長時間着用しやすいのも魅力です。

収納時にかさばりにくいのも嬉しいポイント。生地が薄いモノを選べば、一般的な冬物衣類と同様にタンスから飛び出ることも少なく、すっきり収められます。

ただし、静電気が起きやすい特徴もあるので、洗濯の際は柔軟剤を使うなどの配慮が必要です。

マイクロファイバー

By: amazon.co.jp

マイクロファイバーは髪の毛の約100分の1以下の超極細繊維で、繊維と繊維の間にたくさんの空気を含められる素材。ふわふわとした手触りとなめらかな質感が特徴で、より肌触りがよい着る毛布を選びたい方におすすめです。

繊維1本ずつに空気を溜め込むことで熱を逃しにくいほか、通気性に優れているのも魅力。あたたかいのにムレにくい、着る毛布に適した素材です。ただし、繊維がきめ細かい分、埃が立ちやすいのは懸念点。よく動くシーンにはあまり向かないので、シチュエーションに合わせて選ぶのがおすすめです。

フランネル

By: amazon.co.jp

フランネルとは紡毛糸を使った毛織物のことで、略して「ネル」とも呼ばれる素材です。ベビー用品にもよく使われているきめ細かい生地で、肌触りのよさが特徴。化学繊維のゴワゴワした質感が苦手な方にもおすすめです。

また、軽量であることに加えて弾力性にも優れているので、生地がへたりにくく寝具やパジャマなどの生地にもよく使われています。見た目はやや薄手ですが、保温性が高いため冬の防寒にぴったりです。

光沢があり、着る毛布特有のカジュアル感が少ないのも魅力。高級感のある見た目で、スマートな印象を与えます。ただし、フランネルは熱と摩擦に弱いので、洗濯後は陰干しをするのがおすすめ。乾燥機の使用は避けるようにしましょう。

機能性をチェック

ポケット

By: rakuten.co.jp

ポケットのついた着る毛布であれば、家の中でスマホやリモコンを持ち歩きたい場合に便利。ゴミ出しの際に使う場合でも、自宅のカギをポケットに入れておけます。ポケットがあって困ることは少ないので、こだわりがない場合にはついているタイプを選んでおくのがおすすめです。

また、ポケットに手を入れておけば、指先をあたためることも可能。ポケットの位置や数は製品ごとに異なるので、購入する際は事前に確認しておきましょう。

フード・袖口

By: amazon.co.jp

フードがついた着る毛布は、首や肩、顔回りの防寒に便利。洗濯した際に乾きにくい点には注意する必要がありますが、保温性を重視する場合におすすめです。

また、袖口にゴムが入っている製品や親指だけを出して手袋のように使えるモノであれば、手首からの冷気侵入を軽減可能。ゴムが入っていると腕まくりをしても袖が落ちにくいので、水回りで家事をするときにも活躍します。

洗濯機で丸洗いできるモノが人気

着る毛布を選ぶ際は、洗濯機で丸洗いできるかどうかもチェックしておきたいポイント。着る毛布は、毎日使っているうちに自然と汚れが付着します。

着る毛布は定期的なお手入れが必要ですが、かさばるので毎回手洗いするのはやや面倒です。脱水が難しいほか乾きにくく、洗濯自体がおっくうになってしまう場合もあります。製品の洗濯表示をよく確認し、丸洗いできるモノを選ぶのがおすすめです。

着る毛布のおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) Blanko マイクロミンクファー ルームウェア

素材に「マイクロミンクファー」を採用したボタンタイプの着る毛布です。ミンクファーにヒントを得て開発された長さ約10mmの長毛繊維が使われており、肌触りに優れているのが特徴。空気を含んであたたかさを逃しにくい点も魅力の素材です。

静電気防止加工が施されているので、乾燥しやすい季節でも安心して使用可能。前面のボタンは、首元から腰あたりまでに6つついており、冷気の侵入を軽減できます。

サイドにはポケットを2つ搭載。サイズが大きく、リモコンやスマホをしっかりと収納できます。汚れがついた際には、洗濯機で丸洗いが可能。クリーニングに出す手間や費用がかからない点もおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) fondan 着る毛布 FDRM-054

蓄熱素材「Easywarm」を使用したガウンタイプの着る毛布です。生地の50%に蓄熱素材が織り込まれており、一般的なポリエステル繊維と比較してあたたかさがアップすると謳われているのがポイント。保温性能にこだわりたい場合におすすめです。

また、天然成分由来の「椿オイル」や「シルクプロテイン」が配合されているのもメリット。着心地のよさを楽しめるのが魅力です。

素材に使われている「フランネル マイクロファイバー」は、繊維の隙間にしっかりと空気を留められるのが特徴。空気の層で冷気の侵入を予防する仕組みです。腰元にはガウンベルトがついており、着心地を調節可能。襟元にはボタンがついているので、首や肩もカバーできます。

洗濯機で丸洗いできるなど機能性に優れている点もおすすめです。

ナイスデイ(Niceday) mofua プレミアムマイクロファイバー 着る毛布 Heatwarm発熱+2℃

体の水分に反応して発熱する機能を備えたボタンタイプの着る毛布。「Heatwarm発熱+2℃」機能により、あたたかく着用できるのが特徴です。

前面のボタンは首元から腰まで5つ配置。フードもついており、首や肩、顔回りの防寒に便利です。サイドにはポケットがついているので、スマホやリモコンを入れたままでも移動が可能。手先を入れてあたためたい場合にも使えます。

空気が乾燥した際に起こりやすい静電気を防止する加工が施されている点も魅力。低アルデヒド仕様なのもうれしいポイントです。また、洗濯機を使用できるので、気軽に洗えます。

ナイスデイ(Niceday) mofua 着る毛布 ポンチョ

着脱が簡単にできるポンチョタイプの着る毛布です。素材にはプレミアムマイクロファイバーを使用。シルクより細かい繊維を高密度で編み上げており、あたたかさをキープしやすいのが特徴です。

対応身長は130~170cm。オーバーサイズなので、さまざまな体型の方が使えるのもポイントです。パーカーには動物のようなかわいらしい耳をデザイン。機能性だけでなく、デザインにもこだわって作られています。

首元にはボタン、袖口にはゴムがついており、冷気の侵入を対策可能。家事を行う際に腕まくりできる点も便利です。「カーボン糸」が使われているのもメリット。パチッとした静電気が気になる場合にもおすすめです。

西川(nishikawa) 着る毛布 208308684100

かわいらしいキャラクター「スヌーピー」が全身にデザインされたボタンタイプの着る毛布です。素材にはマイクロファイバーを採用。肌触りが柔らかいだけでなく、繊維の間に空気をたっぷりと含められるので、あたたかさをしっかりとキープできます。

前面のボタンは首元近くに3つのみ配置されており、足を動かしやすい仕様です。また、着丈が158cmと長めに設計されているのもメリット。ソファやベッドでゆっくり過ごしたい場合におすすめです。

ロウヤ(LOWYA) GROONY

ボリューミーな生地を採用したガウンタイプの着る毛布です。マシュマロのような柔らかな肌触りと、保温性の高さが特徴。「グルーニーファイバー」と呼ばれる軽量な生地は、繊維の間にしっかりと空気を取り込み、あたたかさを逃しにくいのがポイントです。

また、大人っぽくおしゃれなトレンチコート風のデザインを採用しているのも魅力。ルームウェアにもこだわりたい方におすすめです。

襟元には、包み込むようにあたためる2重生地を採用。首周りをしっかりカバーできます。ミドルサイズの着丈は135cmと長め。就寝時には毛布としても利用できます。

袖口内側にはゴムを内蔵。家事はもちろん、パソコン作業を行う際などに腕まくりができます。サイド両側にはポケットも搭載。スマホやリモコンを持って移動する場合に活用できます。

ニトリ 着る毛布 ミドル丈 7584561

人気メーカー「ニトリ」が展開するボタンタイプの着る毛布です。首元がすっきりとしたラウンドネックを採用しているのが特徴。気軽に羽織れるのが魅力です。着丈は約105cmのミドル丈。男女兼用で使えるフリーサイズの製品です。

吸湿発熱性能に優れた「Nウォーム」素材を採用しているのもポイント。また、本体下部には収納用のポケットを搭載しています。本体を折りたたむことでポケットに収納でき、コンパクトな形状で収納可能です。

比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力。コスパに優れた製品を探している方はチェックしてみてください。

ニトリ 着る毛布 ロング丈 7584579

足元まですっぽりと覆ってあたためられるロング丈の着る毛布。ニトリのNウォームシリーズのなかでもあたたかさに優れている「Nウォーム ダブル スーパー」素材を採用しているのが特徴です。

袖口には親指を差し込む穴が設けられており、手先の寒さを軽減できるのも魅力。着る毛布を折りたたんで収納ポケットに入れれば、コンパクトな形状で持ち運べます。収納する際のスペースを取りにくい点もおすすめです。制菌防臭仕様なので、清潔に使いたい方に適しています。

トゥーベスト(tobest) 電熱着る毛布 4589642692881

フランネル生地とヒーターによって、しっかりとあたたかさを保持できるボタンタイプの着る毛布です。電源スイッチを長押しすれば、ヒーターユニットが急速に発熱。約5分後に自動で中温に切り替わるので、安心して使えます。

温度調節は、使用するシーンに合わせて約65℃・55℃・45℃の3段階で変更可能。ボタンを押すごとに温度設定が切り替わる仕様です。USB給電方式を採用しており、モバイルバッテリーから給電可能。モバイルバッテリー用のポケットがついている点も便利です。

USBケーブルやヒーターユニットは防水仕様。汚れた場合でもまるごと手洗いが可能です。前面のボタンは首元までしっかりと留められる設計。首や肩をカバーしたい場合にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) mobaket USB着る毛布 YMS-USK50

家電や雑貨で有名な「山善」が展開するボタンタイプの着る毛布です。モバイルバッテリーなど、USBによる給電が可能。モバイルバッテリーを収納できるポケットがついており、移動しながら利用できる点もおすすめです。

電源をONにすると、「速熱モード」でスピーディにあたため。温度設定は室温や使用するシーンに合わせて2段階で切り替えられます。サイドにはスマホやリモコンを持ち歩く際に便利なポケットもついています。

バウヒュッテ(Bauhutte) DAMEGI4G HFD-4G

ゲーマー向けに設計されたつなぎタイプの着る毛布です。ストレッチ生地が採用されているので、着用時でも体を自由に動かしやすいのが特徴。あたたかさだけでなく機動力を考慮して設計されており、ハードなゲームプレイにも対応できます。

ヘッドセットをしたまま被れるフードがついているので、顔回りの防寒としても便利。前面のファスナーを閉めれば首もしっかりと覆えます。袖先には親指を通す穴だけでなく、ゴムも搭載。手先の冷えを対策することが可能です。

汚れてしまった場合には洗濯機で丸洗いできます。手入れに手間がかかりにくいのもメリットです。背中や腹部にはヒーターを内蔵。USB給電式を採用しており、手軽に使える点もおすすめです。

ヌックミィ(Nukme) 着るブランケット

着丈約180cmと長めのサイズを採用している着る毛布です。着る毛布を折りたたんでカバーに収納すれば、クッションとしても利用可能。収納時にコンパクトなサイズにしておける点も便利です。背面にはボタンを搭載。着用時にずれにくく、寝転んだり座ったりとリラックスタイムが過ごせます。

サイドにはポケットも搭載。スマホやリモコンを入れておけます。価格が安いので、着る毛布を試してみたい方はチェックしてみてください。

モダンデコ(MODERN DECO) 着る毛布 MOCOA

着用してすぐにあたたかさを感じやすい吸湿発熱素材「HEATERIZER」を使用したボタンタイプの着る毛布です。汗などの水分を吸収して発熱するのが特徴。吸湿性が高く、蒸れを軽減して快適に使えるのもメリットです。

繊維密度の高いフランネル生地により、しっかりと空気の層を作れるのもポイント。暖気は外に逃がしにくく、冷気の侵入を軽減できるのが魅力です。

フードがついており、顔回りの防寒に便利。職人が手間をかけて仕上げており、心地よい肌触りが得られる点もおすすめです。サイドにはポケットがついており、スマホなどを収納可能。ボタンタイプながらガウンベルトもついているなど、機能性に優れている点も特徴です。

松栄興業 毛布のような とろけ〜る あったか ガウン

毛皮のような高級感あふれるデザインを採用したガウンタイプの着る毛布です。素材にはマイクロフリースを使用。起毛仕上げが採用されており、肌触りが柔らかいだけでなく、保温性に優れている点も魅力です。

丸洗いできるので清潔に使いたい方におすすめ。男女兼用で使えるため、パートナーなどと共用するにも適しています。

HONOUR FASHION 着る毛布

素材にフランネル・プレミアムマイクロファイバーを使用した着る毛布です。ふわふわとした軽い肌触りが特徴。繊維の間にしっかりと空気を留められるのもポイントです。前面にはファスナーがついており、冷気の侵入を軽減可能。着脱が簡単に行え、気軽に羽織れる点も魅力です。

サイドには大きめのポケットを搭載。小物を持って移動する場合にもおすすめです。

Winthome 着る毛布

ゆったりとしたオーバーサイズを採用している着る毛布です。頭からすっぽりと被れるポンチョタイプなので、着脱が簡単。寒さを感じた際に素早く着られるのが特徴です。

また、大きめのフードがついているのもメリット。顔回りや首、肩をカバーしたい場合にも便利です。サイドについているポケットには大型サイズを採用。スマホなどをしっかりと収納できるのが魅力です。

汚れた場合には自宅の洗濯機で丸洗いが可能。なるべく清潔に使いたい方におすすめです。

Bedsure 着る毛布

生地が厚くしっかりとしているボタンタイプの着る毛布です。高密度のフランネル生地を採用しており、肌触りに優れているのが特徴。ふわふわとした心地よい着心地が魅力です。

前面には、大きめの樹脂製ボタンを採用。腰元にはガウンベルトも搭載しており、着丈の長さやフィット感を調節できるのもメリットです。

汚れがついた場合には、洗濯ネットを使って洗濯機で丸洗い可能。自宅で簡単に手入れができ、清潔に使える点もおすすめです。