棒の先端が正六角形になった「六角レンチ」。工具セットや組み立て式の家具に入っていることも多く、比較的メジャーな工具です。 六角レンチにはさまざまなタイプがラインナップされており、作業内容によって適したアイテムも異なります。

そこで今回は、六角レンチのおすすめアイテムをご紹介。選び方についてもあわせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

六角レンチとは?

By: amazon.co.jp

六角レンチは六角形の穴へボルトを締め付けたり、取り外したりするときに使われる工具です。L字型やT字型タイプなど種類が豊富で、自転車や機械設備をはじめ、家具のメンテナンス・組み立てにも活用されています。

日常生活においても幅広いシーンで役立つため、普段DIYをしない場合でも常備しておくと便利。細かな使い方はタイプにより異なるものの、基本的には穴に差し込んで回すだけなので、扱いやすいのも魅力です。

六角レンチの選び方

作業内容にマッチしたタイプで選ぶ

さまざまなシーンに対応する「L字型タイプ」

L字型タイプは、ハンドルが直角に折れ曲がった形状の六角レンチです。長い方を穴に差し込めば早回し、短い方なら本締めが可能。

差し込む方向により2種類の使い方ができるため、さまざまなシーンに対応できます。六角レンチのなかでもオーソドックスなタイプなので、初めて購入する場合にもおすすめ。サイズ違いの製品がセットになったモノもラインナップされているため、ぜひチェックしておきましょう。

連続で作業しやすい「T字型タイプ」

By: amazon.co.jp

アルファベットのTのような形をした「T字型タイプ」。両手で操作できることから握りやすく、早回しもラクにできるので、まとめて複数のボルトを締めたいときにおすすめです。

片手で使うタイプよりは力が込めやすいため、固いボルトを取り外したいときや、きつく締め上げたいときにも適しています。スピーディーな作業が可能なので、作業効率を重視する方にもおすすめです。

力を込めやすい「ドライバータイプ」

By: pro-tools.info

一般的なドライバーと同じ形状をしているのが「ドライバータイプ」。L字型タイプと比較して、しっかりと固定できるのがポイントです。

また、コンパクトなので工具箱に入れても場所をとりにくいのも魅力。使い方はプラスマイナスドライバーと変わらないため、工具に慣れていない方でも扱いやすいタイプです。

携帯しやすい「折りたたみタイプ」

By: rakuten.co.jp

「折りたたみタイプ」は、サイズ違いの六角レンチを複数本折りたたんで持ち歩けるのが魅力。なかには全長が10cm以下になるほど小さくまとめられるモノもあり、携帯しやすく便利です。

また、軽くて扱いやすいので、サイクリング時のメンテナンスグッズなどにも適しています。まとまった状態で持ち歩けるため、紛失のリスクが少ないのもポイントです。

ボルトに合ったサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

六角レンチを選ぶときは、先端の幅が回したいボルトに合うモノかどうかをまずはチェックしておきましょう。例えば、家具などには3〜6mmのモノがよく使われています。

もし強引に使ってしまうと、六角レンチとボルトをつなぐソケットが破損する恐れもあるため避けた方が無難。ボルトのサイズが分からない場合は、複数のサイズを揃えておくと安心です。

使いやすい長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

作業内容に合った長さの六角レンチを選ぶことも大切です。全長が10~12cmほどのモノは、ハンドルが邪魔になりにくく比較的動かしやすいのでおすすめ。細かな作業や狭いスペースでの作業に適しています。

また、16~20cmほどあるモノなら長い分、力も込めやすいのが魅力。大きなボルトを使うときや、強く締め上げたいときにおすすめです。

ボールポイント付きかチェック

By: esco-net.com

狭い場所で使うことがあるなら、ボールポイントの有無もチェックしましょう。六角レンチは先端の形状によっても種類分けされており、角張った標準型と丸いボールポイントの付いたモノがあります。

ボールポイント付きの製品は先端に傾斜があるので、斜めからでもボルトを締められる点が魅力。入り組んだ所にあるボルトでも回しやすいため、あわせてチェックしてみてください。

表面処理の違いで選ぶ

六角レンチの表面に施されている処理には、「黒染め」と「メッキ処理」があります。精度・耐久性などに差が出るため、表面処理の内容も確認しておきましょう。

「黒染め」とは、四三酸化鉄皮膜という酸化させた皮膜を表面に作る処理のことです。メッキ処理された六角レンチよりも表面が平らになりやすいので、精度を重要視するプロ用の工具に用いられています。

一方、メッキで表面をコーティングしてサビにくくするのが「メッキ処理」。メッキで全体を覆っているため、黒染めよりも耐久性が期待できます。価格もリーズナブルで、手頃に使いたい方におすすめです。

収納しやすいかで選ぶ

収納のしやすさで選ぶのもポイントです。六角レンチに加えてケースなどが付属した製品を選べば、収納しやすいうえ紛失のリスクも減らせます。

また、利便性を重視する方には折りたたみタイプの製品を選ぶのもおすすめ。ポケットなどにしまいやすく、サッと取り出して使えるため便利です。

六角レンチのおすすめ

ベッセル(VESSEL) レインボール L型レンチ 6本組 No.8906BP

対辺1.5~5mmの六角レンチが1本ずつ入ったセットアイテムです。バイクや自転車の整備などにおすすめ。色でサイズが見分けられる仕様なので、効率よく作業を進められます。

コンパクトに収納できるホルダーが付属しているのも特徴のひとつ。先端にはボールポイントが付いており、最大で38°まで傾けられるのも魅力です。

wera ステンレスヘックスキーセット 022720

ステンレス鋼製の六角レンチが9本入ったセットアイテムです。太さはそれぞれ1.5・2・2.5・3・4・5・6・8・10mm。サイズが刻印されているので、必要なときにサッと使えて便利です。

付属のクリップに入れておけば途中でバラける心配もありません。また、独自の面接触構造「Hex-Plus」を採用しており、ねじ穴を傷つけにくい仕様なのもポイントです。

Kingsdun tools 六角レンチセット 六角棒レンチ L型 30pcs

さまざまなサイズの六角レンチがセットになったアイテムです。合計30本と数が多いのが特徴。ロング・ショートタイプの両方が揃っているため、シーンを問わず使えます。

収納用のケースが付属しているので、コンパクトに保管できるのもポイント。六角レンチのサイズごとに形が縁取られているため取り出しやすく、使いやすさにも配慮されたおすすめアイテムです。

エスコ(ESCO) 1.5-10mm/9本組 (Hexagon) キーレンチ(ホールド付)

L字型タイプの六角レンチが9本入ったアイテムです。サイズは1.5〜10mmまで揃えられており、汎用性に優れているのが特徴。六角レンチをさまざまな場面で活用したい方におすすめです。

先端にはボールポイントが付いており、傾けた状態での作業も可能です。また、1.5・2mmサイズ以外のモノには抜け止めも付いています。さらに、ホルダーが付属しており、利便性にも優れたアイテムです。

トラスコ中山(TRUSCO) ボールポイント六角棒レンチ 標準タイプ 14.0m

14mmサイズのL字型六角レンチです。製品の表面に黒染め加工を施しているのが特徴。全長も23cmと長めなので、力が必要な作業にも適しています。

また、ボールポイントが付いており、斜めからでもボルトを締められるのもポイント。さらに、1.5〜19mmまでのモノもラインナップされているため、気になる方はあわせてチェックしてみてください。

カクダイ(KAKUDAI) ザルボ用六角レンチ

L字型タイプの六角レンチ。25A用のザルボやテストプラグに対応しています。早回しや締め上げといった2通りの使い方できるのも嬉しいポイントです。

全長は約21cmと長く設計されているのもポイント。力を込めやすく、配管に取り付けられたザルボの取り外しもラクにできます。テストプラグを使った水圧のチェックなどもスピーディーに行えるおすすめアイテムです。

LW Sports 3つの六角レンチTハンドル付き

ボルトを締め上げたいときに適した六角レンチ。16.3・21.3cmサイズの2種類がセットになったアイテムです。さまざまなボルトに対応しており、幅広いシーンで役立ちます。

T字型タイプなうえ、ハンドルはプラスチック製で使いやすいのもポイント。手に馴染みやすいよう設計されており、作業のしやすさにも配慮されています。高強度素材が採用されているため、耐久性にも優れたおすすめアイテムです。

wera 354 ヘキサゴンドライバー 4.0X75 023115

ドライバータイプの六角レンチ。余計な力が加わらないようにする「ハードゾーン」と、動きをしっかり軸へ伝える「ソフトゾーン」が設けられているのが特徴。また、先端にはネジのすり減りを予防するためブラックポイント加工が施されています。

ロードバイクの整備などに適した4mmサイズ。後端部にはサイズが記載されており、使い勝手にも優れたおすすめアイテムです。

エイト(eight)ナイフ型六角棒スパナ 009-1N

1.5~6mmサイズの六角レンチが7本入ったアイテムです。好きな角度に引き出した状態で使えるのが特徴。まっすぐ引き出せば早回し、直角に下ろすと強めの締め上げがしやすくて便利です。

カバーは樹脂製なので握りやすく、手触りも良好。折りたたみタイプのため、持ち運びがしやすいのもポイントです。また、本体のフレームにはねじれに強い硬鋼板が採用されています。