家具の組み立てやバイクの整備などで使う「インパクトドライバー」。DIYで使用頻度が多い電動工具で、ネジ締めや穴あけはもちろん、先端のパーツを交換すればボルトやナットにも対応できるほか、アタッチメントを使えばドリルを装着できる製品もあります。

そこで今回はインパクトドライバーのおすすめモデルをピックアップ。初心者向けとプロ向けに分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

インパクトドライバーとは?

インパクトドライバーの機能

By: amazon.co.jp

インパクトドライバーはドライバードリルの1種。ドライバードリルはモーターの回転によって木材などにネジの締め付けや穴あけをします。それに対してインパクトドライバーは、回転とともに、内蔵されたハンマーの打撃によって衝撃力を加えることが可能です。

そのため、ドリルドライバーより強力なのがメリット。一般的なドリルドライバーは長さが50mmほどまでのコーススレッドと呼ばれる木ネジを締め付けできます。

50mm以上のコーススレッドを使うことが多い方はインパクトドライバーを使用したほうが便利です。DIYで人気のウッドデッキなど、厚い木材の2×4材を使用した大型作品を制作する際には必需品といってよいでしょう。

インパクトドライバーの各パーツ

By: amazon.co.jp

インパクトドライバーの各パーツの役割を確認しておきましょう。インパクトドライバーは先端につける「ビット」と呼ばれるアクセサリーを交換することによってさまざまな種類のネジに対応できます。

回転のON/OFFおよび回転速度を調整するパーツが「トリガースイッチ」。片手で操作しやすいように引き金式になっています。ビットの回転方向を切り替えるのが「正逆切り替えスイッチ」。充電式の場合、バッテリーは製品の下部に取り付けられているのが一般的です。

インパクトドライバーとドライバードリルの違いと使い分け

By: amazon.co.jp

インパクトドライバーは硬くて厚い木材にネジを締める・緩めるといった場合に活躍する電動工具。ただし、ドライバードリルで一般的な「クラッチ機構」は、インパクトドライバーには搭載されていない場合がほとんどです。

クラッチ機構はネジを締め付ける力である「トルク」の強さを調整する役割を果たしています。そのため、クラッチ機構がないインパクトドライバーでは微妙な力加減ができないのがデメリットです。

また、穴あけのドリルとしてインパクトドライバーを使う際は、ドリル刃が暴れやすく、使い慣れていない初心者にとっては位置決めが難しいものです。インパクトドライバーとドライバードリルは、用途に応じて使い分けるようにしましょう。

インパクトドライバーの選び方

ヘッドで選ぶ

By: amazon.co.jp

インパクトドライバーの上部を「ヘッド」と言います。狭い場所での作業性に影響を与えるのが、ヘッドの長さです。ハイパワーな電圧14.4Vあるいは18Vモデルはヘッドの長さが110〜130mmほど。最近はヘッドのコンパクト化が進んでいます。

狭い場所で作業する方は、取り回しがラクなコンパクトタイプを選ぶとよいでしょう。また、ビットを簡単に交換できるワンタッチ式のモノを選ぶのもおすすめです。

トルクで選ぶ

By: amazon.co.jp

インパクトドライバーのパワー、つまりネジの締め付け能力を表すのがトルクです。トルクの単位はニュートンメートル(N・m)。数字が大きくなるほど、ネジを締め付ける力が大きいことを示します。

プロ向けインパクトドライバーのトルクは160〜180N・mが主流。ホームユース向けモデルは25〜130N・mと幅広いのが特徴です。

なお、トルクの強弱はバッテリー電圧と関連しています。ハイパワーな160〜180N・mといったトルクのインパクトドライバーは電圧が14.4あるいは18Vが主流。ホームユース向けでは7.2や10.8Vといったモデルがラインナップしています。電圧の違いは確認しておきましょう。

給電方式で選ぶ

充電式のインパクトドライバー

By: amazon.co.jp

インパクトドライバーやドライバードリルで主流なのが充電式モデル。コードが邪魔になることなく、作業効率が上がるのがメリットです。また電源を気にすることなく、塀やガレージなどのメンテナンスも手軽にできます。

特に初心者の方はコード式インパクトドライバーでは、コードで引っ掛けて作業場の工具箱を倒してしまうなどといったコトも考えられます。使い勝手や作業効率、そして安全性の面からも充電式がおすすめです。

なお、バッテリーはリチウムイオン電池が主流。ニッカド電池より強力で耐久性も高いのがメリットなので、選ぶ際はチェックしておきましょう。

コード式のインパクトドライバー

By: amazon.co.jp

コード式インパクトドライバーの特徴はバッテリーの残りを気にすることなく連続して使用できること。安いモデルでも充電式よりハイパワーなのがポイントです。バッテリー自体が必要ないので軽量、しかもバッテリー劣化の心配もありません。

ただし、プロの建築現場でも充電池式が主流なので、モデルのラインナップは少ないのが現状。また、電源を確保する必要があるので、やや汎用性が低いのもデメリットです。

バッテリー容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

充電式のインパクトドライバーを使うのであれば、バッテリーの容量をチェックする必要があります。バッテリーの容量が少ないと、長時間連続での使用ができません。大きな作品を手がけるためにインパクトドライバーを使う場合は、バッテリー容量の多い製品を選びましょう。

DIY用のインパクトドライバーであれば、3.0〜4.0Ahのバッテリーで十分です。プロ用のモノなら、5.0〜6.0Ahのバッテリーを選ぶと高い性能を発揮してくれます。ぜひ留意しておきましょう。

防塵性・防滴生の高さで選ぶ

粉塵や水などによる故障を防ぐためには、防塵性・防滴性が高いインパクトドライバーを選びましょう。特に屋外の現場での使用がメインであるプロは、防塵性と防滴性を重視してインパクトドライバーを選ぶ傾向にあります。

外的要因による故障を避けたい方は、防塵防滴機能搭載などと書かれた製品を選びましょう。木くずや雨などによる故障を防げる、優れたインパクトドライバーを入手できます。

軽さで選ぶ

By: amazon.co.jp

充電式の工具は、製品重量の50%程度がバッテリーの重さです。そのためバッテリーの容量が大きいほど、インパクトドライバーの重量は重くなります。重いと長時間の使用が負担となるため、同程度のバッテリー容量を持つ製品が複数ある場合、なるべく軽量なタイプを選ぶとよいでしょう。

軽さを重視したい方には、ペン型のインパクトドライバーもおすすめです。ペン型の製品はコンパクトで軽いのが魅力ですが、バッテリー容量が少ないので連続使用には不向きと言えます。基本的にはバッテリー容量が大きいモノを使い、細かい作業をするときにはペン型のインパクトドライバーを用いるといった使い分けもおすすめです。

インパクトドライバーのおすすめメーカー

マキタ(makita)

By: amazon.co.jp

「マキタ」は1915年に創業され100年以上の歴史を持つ日本国内トップシェアの電動工具メーカー。1970年のアメリカ進出以来、海外における知名度も高く、現在は50以上の国でグローバルに営業展開して、電動工具のシェアは世界で2位です。

国内115の直営営業所と約3万の登録販売店を網羅、故障した工具を3日間で直す「修理3日体制」で定評があり、プロユーザーからの信頼性が高い電動工具ブランドです。インパクトドライバーを選ぶ際はぜひチェックしておきましょう。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

マキタと並び、日本トップクラスの電動工具メーカーである「日立」。1948年創業の日立工機が製造しています。電動工具全般にわたって製品ラインアップが充実しており、プロユーザーからの評価が高いのが特徴。また、DIY用のアイテムも豊富です。

インパクトドライバーでは36V仕様のモデルもリリースされていて、パワフルなインパクトドライバーを探している方におすすめ。また、日立のリチウムイオンバッテリーは同じ電圧ならば電動工具全機種に対応可能なので、工具を揃えるときに便利です。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

「ボッシュ」は電動工具で世界トップのシェアのドイツメーカーです。1928年に世界初のハンマードリルを開発するなど、業界を牽引。世界60ヶ国以上、450社の子会社などで事業を展開しています。なお、並行輸入品は日本ボッシュの製品保証対象外となるので、ご注意ください。

サイズや重量が日本メーカー製品に比べて大きめですが、耐久性が高いのも特徴。パワフルなインパクトドライバーを探している方におすすめです。

インパクトドライバーのおすすめ人気モデル|初心者向け

マキタ(makita) 14.4V 充電式インパクトドライバー MTD001DSX

マキタ(makita) 14.4V 充電式インパクトドライバ MTD001DSX

DIY向けインパクトドライバーのなかでも人気の高いおすすめモデルです。14.4Vの高い電圧を採用し、強力な145N・mのトルクを備えているのが特徴。長い木ネジもパワフルに締め付けられるので、本棚やウッドデッキなど大きなモノを作りたい方におすすめです。

給電方式は充電式で、1.5Ahのバッテリーが2つ付属しています。全長は143mmで、質量がバッテリー取り付け時で1.2kgと軽いため、取り回しがよく快適に作業可能。高輝度のLEDライトを搭載しており、薄暗い場所でもビット先を明るく照らせるので便利です。

回転数は無段階に調節でき、正逆切り替えも行えます。持ち運びに役立つプラスチックケースも付属。パワフルでお手頃価格のインパクトドライバーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

マキタ(makita) 充電式インパクトドライバー TD090DWXW

マキタ(makita) 充電式インパクトドライバ TD090DWXW

軽量で扱いやすい人気のインパクトドライバーです。全長は155mmであり、バッテリー込みで質量0.92kgの軽さがポイント。長時間の作業でも疲れにくく、初心者の方にもおすすめです。電圧は10.8Vを採用しており、90N・mのトルクで幅広いDIYに対応できます。

バッテリー容量は1.3Ahで、約50分でフル充電が可能。リチウムイオンバッテリーが2つ付属しているため、長時間連続で作業したい場合にも便利です。本体の先端にはLEDライトを搭載しており、暗い場所でも快適に作業を行えます。

滑りにくいソフトグリップを採用しているので握りやすいのも魅力。収納に便利なプラスチックケースも付属しています。大掛かりなDIYでなければ本機のトルクで多くの作業に対応でき、軽量で扱いやすいため、DIY初心者におすすめの製品です。

マキタ(makita) 充電式ペンインパクトドライバー TD022DSHX

マキタ(makita) 充電式ペンインパクトドライバ TD022DSHX

コンパクトなペン型のインパクトドライバーです。質量はバッテリー取り付け時で0.55kgと軽く、長時間使用しても快適に作業できます。7.2Vの電圧を採用しており、トルクは25N・m。ちょっとした家具の組み立て作業など、30mm程度の短いビス締めにおすすめです。

給電方式は充電式で、1.5Ahのリチウムイオンバッテリーを2つ付属しています。全長はストレート時が282mmで、折り曲げ時が227mmと短く、取り回ししやすいサイズです。無段変速と正逆切り替えに対応しており、ネジの締め付けや取り外しを容易に行えます。

広範囲に照射可能なLEDライトも搭載。使いやすいペン型モデルを探している方におすすめのモデルです。

日立(HITACHI) 14.4V コードレスインパクトドライバー FWH14DGL(2LEGK)

日立(HITACHI) 14.4V コードレスインパクトドライバ FWH14DGL(2LEGK)

パワフルなDIY向きインパクトドライバーです。14.4Vの電圧を採用し、140N・mと高いトルクを備えているのが特徴。全長は166mmで、バッテリー取り付け時の質量が1.3kgと軽く、取り回しが容易なので、本格的なDIYを行いたい方にもおすすめです。

1.3Ahのリチウムイオンバッテリーが2つ付属しており、バッテリーは約35分で充電できます。同社の製品なら1.3〜5.0Ahまでのリチウムイオンバッテリーを使用できるため、必要に応じて容量の大きなバッテリーを買い足すことも可能です。

トリガースイッチを引いている間は白色LEDライトが自動で点灯するので、手元が見やすいのもポイント。便利な収納ケースも付属しています。トルク値が高くて使いやすい、おすすめのモデルです。

日立(HITACHI) 7.2Vコードレスインパクトドライバー FWH7DL(LCSK)

日立(HITACHI) 7.2Vコードレスインパクトドライバ FWH7DL(LCSK)

ペン型のインパクトドライバーです。電圧は7.2Vで、1.5Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載しています。急速充電器が付属しており、約30分で充電完了。トルクは25N・mで、木材を締結する木ネジは45mmまでしっかり締め付けられます。

質量はバッテリー取り付け時で0.58kgと軽く、扱いやすいコンパクトなサイズなので、ちょっとしたDIYにおすすめ。専用ケースが付属しているため、収納も容易です。気軽に使えるペン型タイプを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ボッシュ(BOSCH) 10.8Vコードレスインパクトドライバー IPD1108

ボッシュ(BOSCH) 10.8Vコードレスインパクトドライバー IPD1108

DIYにちょうどよいスペックを持つおすすめのインパクトドライバーです。10.8Vの電圧を採用した充電式で、2.0Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載。幅151mmのコンパクトなサイズと、バッテリー込みで1.0kgの軽量設計が魅力です。

取り回しのよい軽量タイプでありながら、100N・mのパワフル仕様。本棚など大きな家具を組み立てる際にもおすすめです。スピードは2段階に切り替え可能。インパクトドライバー初心者の方にも使いやすい設計です。

グリップには滑り止めラバーが広範囲に施されており、しっかりとホールドできます。また、同じDIY用の10.8Vバッテリーであれば、より容量の大きなバッテリーも使用可能です。LEDライトを搭載しているのもメリット。気軽に使えるインパクトドライバーを探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) 18Vコードレスインパクトドライバー EXI18

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) 18Vコードレスインパクトドライバー EXI18

パワフルなインパクトドライバー。18Vのリチウムイオンバッテリーを搭載し、プロモデルに匹敵する170N・mの強力なトルクを備えているのが特徴です。

125mmの木工ネジや直径12mmのボルトの締め付けにも対応可能。ウッドデッキや大型家具などの大掛かりなDIYを行いたい方におすすめです。バッテリー容量は1.5Ahで、付属の急速充電器を使用し約40分でフル充電が行えます。

リチウムイオンバッテリーが2つ付属しているため、長時間の作業も可能。バッテリー取り付け時で質量は約1.5kgであり、軽量性も良好です。LEDライトも搭載しています。お手頃価格でパワフルな製品を探している方におすすめです。

リョービ(RYOBI) インパクトドライバー CID-1100

リョービ(RYOBI) インパクトドライバー CID-1100

リーズナブルで締め付け能力の高いインパクトドライバーです。給電方式がコード式なので、お手頃価格でありながら110N・mの高いトルクと1.0kgの軽さを兼ね備えているのが魅力。コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

手に馴染むソフトグリップを採用しており、握りやすいのもメリット。ただし、コードの長さは2mなので、電源が確保できるかどうかは購入前にしっかりと確認しておきましょう。

インパクトドライバーのおすすめ人気モデル|プロ向け

マキタ(makita) 充電式インパクトドライバー TD171DRGX

マキタ(makita) 充電式インパクトドライバ TD171DRGX

満足度の高いおすすめのインパクトドライバーです。ハイパワーな18Vで、180N・mの強力なトルクを備えているのが特徴。ヘッド長さが116mmとコンパクトなサイズに設計されているため、狭い場所の作業にも使えます。

給電方式は6.0Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載した充電式です。大容量の6.0Ahバッテリーを2つ付属しているので、長時間作業が行えます。業界最速の急速充電にも対応しており、約40分でフル充電が完了し、約27分の充電で実用できるのも魅力です。

両サイドには手元を照らすLEDライトを搭載しています。2カ所にライトを搭載しているためビットやビスの影ができにくく、快適に作業可能です。打撃の強さはグリップを握ったまま手元のボタンで4段階に切り替えられ、パワフルな締め付けから繊細な取り付けまで幅広く対応できます。

ビットのブレを低減する「ダブル・ボールベアリング」や、木材やボルトなどシーンに応じた自動変速を行う「楽らく4モード」も搭載。収納に役立つプラスチックケースも付属しています。使いやすさと作業性を追求した、おすすめのインパクトドライバーです。

ハイコーキ(HiKOKI) マルチボルト 36V コードレスインパクトドライバー WH36DA

ハイコーキ(HiKOKI) マルチボルト(36V)コードレスインパクトドライバ WH36DA

36Vインパクトドライバー。「マルチボルトバッテリー」を搭載することにより、従来の18Vと同様のコンパクトなサイズながら高い出力を発揮するのが特徴です。なお、同バッテリーは36Vと18Vの製品に使用でき、それぞれの電圧に合わせた出力に自動で切り替わります。

本製品はパワフルな36Vの威力で作業ができ、手持ちの18V製品に取り付ければ18Vバッテリーとして使えるので便利です。36Vだけでなく、18Vの充電器でも対応可能。バッテリー容量は36Vの場合2.5Ahであり、数字上は少なく見えますが、18V製品使用時の5.0Ahと同等の作業量を行えるため安心して使えます。

本機のトルクは180N・mであり、ヘッド長さはコンパクトな127mm。取り回ししやすくハイパワーな設計が魅力です。また、従来の18V製品と比較しネジ締めスピードが約10%向上しており、バッテリー残量が少なくなってもスピードが落ちにくいので、粘り強く作業できます。

保護等級IP56の防塵・防滴性能を備えており、屋外でも安心して使えるのがメリット。パワフル仕様のインパクトドライバーを探している方におすすめです。なお、製品ロゴは現行のハイコーキ(HiKOKI)と旧モデルの日立工機に分かれているので、その点は留意しておきましょう。

ボッシュ(BOSCH) コードレスインパクトドライバー GDR18V-200C6

ボッシュ(BOSCH) コードレスインパクトドライバー GDR18V-200C6

ハイエンドクラスの18Vインパクトドライバーです。200N・mとトルクは強力で、ヘッドの長さは126mmとコンパクト。幅広い作業に対応できます。

給電方式は充電式で、バッテリー容量は6.0Ah。1度に多くの作業をこなせる大容量バッテリーには独自の熱拡散技術「クールパックテクノロジー」を採用しているので、使用中の熱対策にも配慮しています。

バッテリーは約35分で75%が充電でき、約55分でフル充電が完了。パワーコントロールは3段階に切り替え可能です。防塵・防滴機能を搭載しているので、屋外での使用もスムーズ。モーターを守る「EMP機能」や、オーバーヒートからバッテリーを守る「ECP機能」など、故障を防止する機能が充実しているのもメリットです。インパクトドライバーのトルクを重視する方は、ぜひチェックしておきましょう。

リョービ(RYOBI) 充電式インパクトドライバー BID-11XR

リョービ(RYOBI) 充電式インパクトドライバー BID-11XR

軽量かつコンパクトな18Vインパクトドライバーです。1.5Ahと6.0Ahのリチウムイオンバッテリーを付属しており、それぞれのバッテリー取り付け時の質量は1.1kgと1.3kg。ヘッド長さは99.4mmと短く、取り回しもスマートなので、長時間の作業にもおすすめです。

見た目に違わず、165N・mと高いトルクを備えているのもポイント。回転数が異なる5つのモードをサイドボタンで簡単に切り替えることができるので、使い勝手も良好です。サイドボタンは3色のライトで表示されるため視認性が高く、暗がりでもスムーズに使えます。

先端には3灯式LEDライトを搭載。また、IP56規格に適合する優れた防塵・耐水性能を持つので、屋外でも気兼ねなく使えます。

使いやすさにこだわったキャリングケースが付属しているのもメリット。コンパクトかつトルク値が高いインパクトドライバーを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) インパクトドライバー EZ75A7LJ2G

パナソニック(Panasonic) インパクトドライバー 14.4V/18V EZ75A7LJ2G

使い勝手のよさが評判のインパクトドライバーです。薄型モーターを採用することにより、ヘッドは117.8mmとコンパクト。狭い場所でも取り回しに優れています。グリップのほぼ中心に重心がくるよう設計されており、どのような角度でもバランスがよく、長時間の作業でも疲れにくいのが魅力です。

本モデルは18Vの5.0Ahバッテリーが2つ付属しています。18Vだけでなく14.4Vのバッテリーにも対応しているので、他製品とバッテリーの兼用がしやすいのもメリットです。トルクは18Vが160N・mで、14.4Vが155N・mであり、4つのネジ締めモードで幅広い作業に対応できます。

カーボン調パターンが表面に施された高級感のあるデザインを採用しているのもポイント。IP56の防塵・耐水性能も備えています。多機能インパクトドライバーを求めている方におすすめです。