芝生は庭の印象を左右するため、使い勝手のよい芝刈り機を使ってこまめに手入れをするのがおすすめ。庭の手入れの必需品ですが、ひと口に芝刈り機といっても、動力源や芝を刈るカッターの形状などさまざまな種類があり、目的によって適切な製品は異なります。

今回は、種類別におすすめの芝刈り機をご紹介。芝刈り機の種類についてもわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にして最適なモデルを見つけてください。

さっそくおすすめ商品を見る

芝刈り機の選び方

動力源の種類で選ぶ

コストを気にするなら「手動式」

By: amazon.co.jp

手動式は比較的リーズナブルに購入でき、1万円以下で購入できるものも多くあります。10坪以内の芝生であれば、手動式で十分対応可能です。手動式は芝刈り機自体が軽いので女性でも取り扱いやすく、小回りが利くのもポイント。

音も静かなので住宅街に住んでいる方は近隣への騒音被害を最小限に抑えることができるほか、早朝から作業したいといった場合にも重宝します。

とにかく楽に作業したいなら「電動式」

By: amazon.co.jp

電動式は効率のよさが魅力です。芝生面積が30坪を超えるようなら、電動式がおすすめですが、10~30坪の芝生なら効率は落ちるものの、手動式でも手入れすることができます。

芝の手入れは想像以上に手間と体力を必要とするので、効率よく短時間で芝刈りを終えたい方には、芝の面積に関係なく電動式がおすすめです。

また、電動式には屋外に電源が必要なコード式とコードレスで使える充電式のものがあるので、作業環境に合ったものを選ぶようにしましょう。

芝生が広く、騒音の配慮不要なら「エンジン式」

By: amazon.co.jp

芝生が100坪以上ならパワーのあるエンジン式がおすすめ。刈幅も広いので広大な芝生も効率よく刈ることが可能です。ただし動作音が大きいので、近隣の迷惑にならないか配慮する必要があります。

刈り込み方式の種類で選ぶ

リール式

By: amazon.co.jp

リール式は、円筒状のカッターを地面に転がすように回転させ、芝を固定刃との間に挟んで刈り取る方式です。挟み込んで刈るので芝の切断面が美しく、仕上がりがキレイで芝を傷めにくいのがメリット。

長い芝を刈るには不向きなので、リール式の場合はこまめに芝を刈る必要があります。手入れの頻度が多少増えても、芝を美しく仕上げたい方におすすめです。

ロータリー式

By: amazon.co.jp

ロータリー式は、円盤状のカッターを地面と水平に回転させ、芝を刈り取る方式です。リール式に比べ、長い芝や雑草混じりの芝も刈り取れるのがメリット。カッターが小石などに当たって多少欠けても使用でき、カッターの交換も低コストかつ容易に行えるのが魅力です。

デメリットは、カッターの回転による衝撃切断で芝を刈るため葉脈が残り、数日後に芝の先端が枯れる場合がある点。リール式より仕上がりの美しさは劣りますが、芝刈りの頻度は少なく済み、ランニングコストを抑えられます。

バリカン式

By: amazon.co.jp

バリカン式は、重ねた2枚のカッターを滑らせながら動かして芝を刈る方式です。狭いスペースにも入り込めるうえ、細かな箇所まで刈り取れるため、芝の生え際までキレイに手入れしたい場合におすすめ。

どちらかといえばメイン用の芝刈り機ではなく、補助的な役割を果たすアイテムです。リール式と同じく芝の切断面が美しいのもポイント。隅々まで芝をキレイに仕上げたい方におすすめです。

「刈幅」と「刈高さ」で選ぶ

By: amazon.co.jp

芝刈り機は製品によって一度に刈り取れる芝の量に差があります。一度に刈れる芝の幅を「刈幅」、高さを「刈高さ」と呼び、芝刈り機を選ぶ際はこの2つをしっかりと確認しておくことが大切です。

刈幅は広いほど一度に刈れる量が増え、作業時間の短縮が可能。ただし、刈幅が広いモデルは本体の幅も広くなるので、小回りが利きにくくなります。作業効率と扱いやすさの2つの観点からバランスよく検討してみてください。

刈高さは製品によって調整できる幅が異なります。芝は日本芝や西洋芝など種類によって適した高さがあるので、調整可能な幅が広いモデルならさまざまなシーンに対応できて便利です。

芝刈り機のおすすめモデル|手動式

キンボシ(KINBOSHI) 手動式芝刈り機 ナイスバーディーモアーDX GSB-2000NDX

キンボシ(KINBOSHI) 手動式芝刈り機 ナイスバーディーモアーDX GSB-2000NDX

キンボシは明治3年創業の園芸用品専門メーカーで、芝刈り機の種類も価格帯も豊富なバリエーションの中から選べます。本製品は、刃の調整が自動で最適になるのが最大のポイント。

年に数回必要になる刃のすり合わせの調整をすることなく、常にベストな切れ味が持続します。キャッチャーが前に付いていることで足元がすっきりして歩きやすく、リール式の芝刈り機は刈り口が美しく仕上がるのが特徴です。

ほかにも刈高さの調節がレバー式で簡単にでき、キャッチャーの脱落を防止するストッパーが付いています。使い勝手がよい芝刈り機なので、芝刈り初心者にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) 手動式芝刈機 ラクモア KRM-200 R

山善(YAMAZEN) 手動式芝刈機 ラクモア KRM-200 R

特殊鋼を使用したリール式6枚刃の抜群の切れ味で芝生を刈りこめる手動式芝刈り機です。前キャッチャーを採用しているので集草率が高く、大きな車輪は安定感があり作業効率も上がります。

刃の自動調整機能付きにも関わらず、価格が抑えられた製品です。ハンドルの高さが2段階で調節でき、使用する方の身長に合わせて体に負担をかけることなく作業できます。リーズナブルな手動式芝刈り機を探している方におすすめです。

本宏製作所(HONKO) 手動式芝刈り機 VR-200Revo

本宏製作所(HONKO) 手動式芝刈り機 VR-200Revo

本宏製作所は金属食器や刃物など古くからものづくりが盛んな新潟県燕市にある老舗メーカーです。本製品は、メーカー独自の6枚の回転刃により効率よく芝生を刈り取ります。面倒な刃調整が不要で、メンテナンスが楽なのもうれしいポイント。

刈高さはワンタッチで4段階の調整ができます。ハンドルを分解してコンパクトにでき場所を取らないので、収納場所に余裕がない方にもおすすめの製品です。

バロネス LM4D ハンドモア

バロネス LM4D ハンドモア

バロネスはゴルフ場やサッカースタジアムなどでトップシェアを誇る芝刈り機メーカーです。本製品はプロ仕様と同じ刈刃を使った切れ味抜群の製品。高品質な6枚刃と30cmの刈幅で効率よく作業でき、ワンランク上の美しい芝生を仕上げられます。

リールカバーはワンタッチで排出方向が変更できる仕組みで、長い芝生を刈る際には刈り芝を後出しにすることで芝刈りに必要な力を軽減することが可能です。手動式芝刈り機としてはかなり高価ですが、美しい仕上がりの芝生にこだわりたい方におすすめします。

ボッシュ(BOSCH) 手動式芝刈機 AHM30

ボッシュ(BOSCH) 手動式芝刈機 AHM30
イギリス王室御用達のガーデンツールとして名高いボッシュの手動式芝刈り機です。刈高さが12~40mmの無段階で調整できるのが特徴で、好みの刈高さに細かく調整したい方におすすめの製品。

切れ味のよい高品質な4枚刃のリール式で芝を挟んで刈り取ります。後ろキャッチャーを採用し、壁際まで刈り込むことが可能ですが、グラスボックスは別売なので注意が必要です。手動式には珍しい刈幅38cmのモデルもあり、一度に広く刈り込めます。

芝刈り機のおすすめモデル|電動式

リョービ(RYOBI) 電子芝刈機 LM-2810

リョービ(RYOBI) 電子芝刈機 LM-2810

電子制御によってリール刃の回転を一定に保つことができる電動式芝刈り機です。長い芝生を刈り取るときなど、芝の抵抗が強い場合も常に一定の回転数を保つので、持ち手への負担が少なく快適に作業できます。

切替レバーを操作することで、簡易的な刃研ぎができるのもポイント。10mの延長コード付きで広範囲の移動もスムーズにでき、ハンドルの高さは使う方の身長に合わせて工具なしで手軽に調整できます。

別売のサッチング刃を装着すれば、枯れた葉や刈りカスを集める面倒なサッチングが手軽に行える便利な芝刈り機です。

バロネス LM12MH 自走式モーターモア

バロネス LM12MH 自走式モーターモア

業務用としては国内トップシェアを誇るバロネスの電動式芝刈り機です。リール式6枚刃で刈高さは5~30mmの6段階で調節可能。刈幅30cmでパワフルに効率よく芝刈りできます。自走用レバーを握ると自走し、離すと手押しで作業できる仕組みです。

自動研磨機能付きでいつでも抜群の切れ味。重量は21.5kgと重いですが、ハンドル部分を折り畳むとコンパクトになるほか、本体に取っ手が付いているなど運搬しやすい工夫がされており、収納場所も取りません。高価ですが、30坪以上の芝生をきれいに仕上げたい方におすすめです。

マキタ(MAKITA) 芝刈機 MLM2851

マキタ(MAKITA) 芝刈機 MLM2851

マキタは国内有数の電動工具メーカーです。シャープな切れ味のリール式5枚刃で刈幅は28cm、刈高さの調節はダイヤル式で簡単に行えます。固定刃の取り付け方法や形状を見直すことで、従来品に比べて静音性を高めており、近隣への騒音を最小限に抑えることができるのがポイントです。

グリップには持ちやすいカーブを描いたエルゴノミックデザインを採用。広範囲の作業でも疲れにくく、芝刈りをより快適にストレスなく行うことができます。切れ味が鈍ってきたら付属のラッピングセットで簡易的な研磨が可能。

手軽なメンテナンスで長く快適に使用することができる製品です。コンパクトでパワフルなリール式芝刈り機を探している方におすすめします。

リョービ(RYOBI) 充電式芝刈機 BLM-2300

リョービ(RYOBI) 充電式芝刈機 BLM-2300

1回の充電で約30坪の芝刈りが可能なリョービの充電式芝刈り機です。コードレスなので電源からの距離やコードの存在を気にすることなく、ストレスフリーで作業できます。手元のLED表示で電池の残量や通電状態を確認できるので便利です。

リール式の3枚刃は芝をきれいに刈り取ることができ、自動のラッピング機構が備わっていて簡単に刃が研げるので切れ味が長持ちします。透明なグラスキャッチャーは袋状なので刈り取った芝が風で飛んで行く心配がなく、捨てる際もワンタッチで取り外せるのがポイント。使い勝手のよい充電式のリール式芝刈り機を探している方におすすめです。

マキタ(MAKITA) 芝刈機 MLM160

マキタ(MAKITA) 芝刈機 MLM160

刈幅16cmのコンパクトな電動芝刈り機です。小型なので小回りが利き、狭い庭にもぴったり。ハンドルを縮めて縦置きできるので置き場所にも困りません。手が届きやすいお手頃価格も魅力のひとつです。

はさみロータリー式と呼ばれる、ロータリー刃に固定刃をプラスして挟み込んで切る方式は、芝生の傷みを最小限に抑えられるのがメリット。刈高さはダイヤルで10~40mmの7段階に調整できるので、伸び過ぎた芝の軸刈りを防ぐための高刈りにも対応可できます。狭い範囲の芝生でも、なるべく手早く美しく手入れしたい方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電動芝刈機 G-200N

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電動芝刈機 G-200N

ロータリー式の電動芝刈り機です。ロータリー式なので刃の交換がドライバー1本で簡単にでき、お手入れもしやすいのが魅力。長く伸びてしまった芝生や雑草交じりの箇所を刈るのにも向いています。

刈り取った芝生の量が見える透明のグラスキャッチャーは、ワンタッチで着脱できて手間いらずです。刈高さの調節は8~20mmで3段階に調節できます。1万円以下でリーズナブルに購入できるので、お手頃なロータリー式電動芝刈り機を探している方におすすめです。

タナカ(Tanaka) 電動芝刈機 マイグリーン

タナカ(Tanaka) 電動芝刈機 マイグリーン

回転ハサミ式と呼ばれる、歯車のような形状の平たいカッターが2つ設置された電動芝刈り機です。カッターを水平に回転させ挟み切る方式なので長く伸びた芝生にも対応でき、刃が高速回転するロータリー式と異なり、小石などの異物が勢いよく飛ぶ危険性を軽減できるのがメリット。

刈り取った芝生は内蔵ファンによって後部の集草ケースに集められます。ハサミでカットしたようなきれいな切り口になり、芝へのダメージが抑えられるので葉先の変色を抑えられる製品です。刈幅は25cmで小回りが利く操作性と作業効率のよさを兼ね備えたジャストサイズ。独特の刈り取り方式に魅了される愛用者が多いロングセラー製品です。

マキタ(MAKITA) 充電式芝刈機 MLM430DWB

マキタ(MAKITA) 充電式芝刈機 MLM430DWB

充電式のロータリー式の芝刈り機です。充電式でもコード式とおなじくらいのパワーが期待でき、刈幅43cmでワイドに効率よく作業が可能です。

刈高さは20~75mmまで13段階もの調節ができ、グリップは持ちやすいエルゴノミックデザイン。こまめに芝の手入れができない方には、長い芝でも刈り取れる高性能なロータリー式の芝刈り機がおすすめです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスガーデン ISIO2/J

ボッシュ(BOSCH) コードレスガーデン ISIO2/J

芝生バリカン用と園芸バリカン用のブレード、さらに延長ハンドルがセットになった製品です。充電式なのでコードが邪魔にならずに作業でき、延長ハンドルを付ければ楽な立ち姿勢で芝刈りできます。

バリカン式なので広範囲の芝刈りには不向きですが、壁際や芝生のエッジなど細かい部分の刈り込みや芝刈り機の刈り残した部分のお手入れにおすすめです。500gの軽量モデルのため、園芸用バリカンを使ってガーデニングや、延長ハンドルの角度を変えて高所の刈り込みなど多彩な使い方ができます。

芝刈り機のおすすめモデル|エンジン式

ドリームリンク(Dream Link) 芝刈り機 グリーンカッター

ドリームリンク(Dream Link) 芝刈り機 グリーンカッター

広大な芝生を管理するのにぴったりのエンジン式芝刈り機です。刃には頑丈で切れ味の鋭い特注品を使い、異物が入っても刃こぼれしにくく長持ちします。

エンジンにはアメリカ大手メーカーのものを採用し、3.5馬力のハイパワーで性能もお墨付きです。刈幅は46cmとワイドなので広い芝生でも芝刈りを短時間で終えることができます。広範囲の芝生を手入れする必要がある方におすすめの製品です。

マーレー(MURRAY) エンジン式芝刈機 DYM1560M

マーレー(MURRAY) エンジン式芝刈機 DYM1560M

マーレーはコンパクトで軽量な家庭用エンジン式芝刈り機ブランドです。アメリカ大手メーカーのエンジンを搭載し、パワフルに芝刈りできます。レバーを話すとエンジンが停止する安全装置がついていて、速度も2段階で調節できるので事故が起きるリスクを軽減できて安心です。

集草バックは広範囲の芝刈りにぴったりの大容量。コンパクトなので初めてエンジン式の芝刈り機を使用する方でも取り扱いやすく、ブラックで統一されたスタイリッシュなデザインも魅力のおすすめ製品です。