芝生は庭の印象を左右するため、使い勝手のよい「芝刈り機」を使ってこまめに手入れをするのがおすすめ。庭の手入れの必需品ですが、ひと口に芝刈り機といっても、動力源や芝生を刈るカッターの形状などさまざまな種類があり、目的によって適切な製品は異なります。

今回は、種類別におすすめの芝刈り機をご紹介。芝刈り機の選び方についても解説しているので、ぜひ参考にして適したモデルを見つけてください。

さっそくおすすめ商品を見る

芝刈り機の選び方

動力源の種類で選ぶ

コストを気にするなら「手動式」

By: amazon.co.jp

手動式は比較的リーズナブルに購入でき、1万円以下で購入できるモノも多くあります。10坪以内の芝生であれば、手動式で十分対応可能です。手動式は芝刈り機自体が軽いので取り扱いやすく、小回りが利くのもポイント。

音も静かなため住宅街に住んでいる方は近隣への騒音被害を最小限に抑えられるほか、早朝から作業したいといった場合にも重宝します。

効率よく作業したいなら「電動式」

By: amazon.co.jp

電動式は効率のよさが魅力。芝生面積が30坪を超えるようなら電動式がおすすめです。また、電動式には屋外に電源が必要なコード式とコードレスで使える充電式のモノもラインナップ。作業環境に合ったモノを選ぶようにしましょう。

芝生が広く、騒音の配慮不要なら「エンジン式」

By: amazon.co.jp

芝生が100坪以上なら、パワーのあるエンジン式がおすすめです。コードが不要なため、取り回しやすいのがポイント。刈幅も広いので広大な芝生も効率よく刈ることが可能です。なお、動作音が大きいため、近隣の迷惑にならないよう配慮する必要があります。

刈り込み方式の種類で選ぶ

リール式

By: amazon.co.jp

リール式は、円筒状のカッターを地面に転がすように回転させ、芝を固定刃との間に挟んで刈り取る方式です。挟み込んで刈るので切断面が美しく、きれいな仕上がりになります。芝生を傷めにくいのも魅力です。

ただし、長い芝を刈るには不向きなのでこまめに芝生を刈る必要があります。手入れの頻度が多少増えても、芝生を美しく仕上げたい方におすすめです。

ロータリー式

By: amazon.co.jp

ロータリー式は、円盤状のカッターを地面と水平に回転させ、芝を刈り取る方式です。リール式に比べ、長い芝や雑草混じりの芝生も刈り取れるのがメリット。カッターが小石などに当たって多少欠けても使用でき、カッターの交換も低コストかつ容易に行えるのが魅力です。

デメリットは、カッターの回転による衝撃切断で芝を刈るため、葉脈が残り数日後に芝の先端が枯れる場合がある点。リール式より仕上がりの美しさは劣りますが、芝刈りの頻度は少なく済みます。

バリカン式

By: amazon.co.jp

バリカン式は、重ねた2枚のカッターを滑らせながら動かして芝生を刈る方式。狭いスペースにも入り込めるうえ、細かな箇所まで刈り取れるため、芝の生え際までキレイに手入れしたい場合におすすめです。

どちらかといえばメイン用の芝刈り機ではなく、補助的な役割を果たすアイテムです。リール式と同じく、芝の切断面が美しいのもポイント。隅々まで芝生をキレイに仕上げたい方はチェックしてみてください。

刈り取れる幅で選ぶ

By: amazon.co.jp

一度に刈り取れる幅をチェックするのも選び方のポイント。刈り幅が広いタイプであれば、一度に多くの芝を刈り取れるため効率がよく、作業時間を短縮しやすいのがメリットです。

また、刈り幅が狭い小型のタイプは、広い場所での使用には不向きなものの、取り回しがよいのが特徴です。狭い場所でもスムーズに刈れて、細かい作業を行う場合に適しています。芝を刈る面積や使いやすさなどを考慮したうえで、使用する芝刈り機を選ぶようにしましょう。

刈り取れる高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

芝刈り機の刈り取れる高さもしっかりとチェックしておきましょう。ゴルフ場やスポーツ施設にある芝生の場合だと、10~20mm程度が目安。また、家庭の庭など、一般的な場所での芝生であれば30~40mm程度、長めのフカフカな状態にするのであれば、50~60mm程度の高さに刈り取れるモノがおすすめです。

さらに、高さの調節ができるタイプであれば、状況に応じて便利に使用できるのであわせてチェックしてみてください。

芝刈り機のおすすめモデル|手動式

リョービ(RYOBI) 手動式芝刈機 HLM-3000

どこでも手軽に芝刈りできる手押しタイプの手動芝刈り機です。シンプルな構造で本体が軽く、扱いやすいのが特徴。初心者にもおすすめの製品です。本体重量は約6.5kgで、タイヤ付きのため簡単に持ち運びできます。

刈込方式は5枚刃のリール式。固定刃は切れ味のよい2面研磨刃を採用しています。刈った芝を回収するグラスキャッチャが付属しているので、芝の回収も簡単。刈込幅は300mm、刈込の高さは10mm・20mm・32mm・40mm・45mmの5段階から調節できます。

キンボシ(Kinboshi) ゴールデンスターナイスバーディーモアー GSB-2000N

刃の調節が不要な手押し式の芝刈り機です。回転刃と受刃がハサミ状になって芝をカットするため、切断面がきれいに仕上がるのもポイント。低い刈高さも簡単に刈り込めます。

バネの力を利用して、回転刃と受刃のすり合わせを常にベストな状態に保つ特殊機構を採用。希望の刈高さに設定するだけで均一な高さに仕上がります。刈高さは10mm・15mm・20mm・25mmの4段階から選択可能で、ワンタッチで調節できるのもポイントです。

刈幅は200mm。また、キャッチャーの脱落防止機能が付属しており、作業中に外れるリスクが軽減できるのも魅力です。

キンボシ(Kinboshi) クラシックモアーレジェンド GCX-3500R

複合鋼材刃の採用により、切れ味の鋭さが持続できる手押しタイプの芝刈り機です。切れ味が鋭いうえ、スムーズな芝刈り作業が行えます。刈幅は35cmで、広い環境でも効率よく芝が刈れるのもポイントです。

また、刈込の高さは、ワンタッチで10mm・15mm・20mm・25mmの4段階に調節が可能。状況や芝を刈る場所に応じて、便利に使い分けたい場合にもおすすめの芝刈り機です。

バロネス 手動式芝刈り機 LM4D

ゴルフ場で使われている刃物と同じタイプを採用した手押し式の芝刈り機です。世界で認められた優れた切れ味を持つ6枚刃のバロネスリールカッターを採用。刈幅30cmと一度に刈れる幅が広いリール式で、効率よく芝刈りが行えます。刈高は6〜35mmの間で8段階から選択可能です。

本体重量11kgと重さはありますが、ハイパワーなのもポイント。家庭用ながら綺麗な仕上がりが期待できる、10坪程度の広さに対応したモデルです。

芝刈り機のおすすめモデル|電動式

リョービ(RYOBI) 電子芝刈機 リール式 LM-2310

広範囲の芝刈りも簡単に行える電動式の芝刈り機です。低騒音設計のため、朝早い時間帯や住宅密集地でも安心して使えるのもポイント。ハンドルの高さが簡単に調節できるので、男性でも女性でも自分が使いやすい高さに合わせて使用できます。

刈込方式は3枚刃のリール式。固定刃は切れ味のよい2面研磨刃を使用し、刈込の高さは5~50mmの間で19段階から選択できます。本体には大型のグラスキャッチャが付属しており、芝刈り後にまとめて芝生の処分が可能。刈込能力は約167坪まで対応しています。

また、自動で刃が研げる「簡易刃研ぎ機能」も搭載。刃の切れ味をいつでも最適な状態に保てます。別売りのアクセサリーを取り付けると、サッチングや根切りなど芝生のメンテナンスも可能。一台で芝生の管理をオールマイティにこなせる製品です。

リョービ(RYOBI) 電子芝刈機 リール式 LMR-2300

強力なトルクで長い芝生の刈りこみもスムーズに行えるロータリー式の電動芝刈り機です。回転と停止が一目でわかる回転スコープが付いているため、安全性が高いのもポイント。約8秒で止まる電気ブレーキも採用しています。

刈刃は金属8枚刃を使用しており、刈込の高さは10〜50mmの間で7段階から選択可能。本体に付属しているグラスキャッチャは約20Lまで集草できるので、広範囲の芝刈りでも途中で芝を捨てる手間がありません。

前輪と後輪が同時に昇降する高さ調節機構を採用しており、刈込の高さを均一にできるのもポイント。ロータリー式は替刃が安価なので、ランニングコストを抑えたい方に向いています。

リョービ(RYOBI) 充電式バリカン BB-1600

電源を確保できない場所や、細かい場所のキワ刈りにおすすめのコードレス小型芝刈り機です。ハイパワー10.8Vのリチウムイオン電池を使用しており、1回の充電で約40分間使用できます。また、電池の寿命を保つ保護回路を搭載しているので、長く愛用したい方におすすめです。

本体刃には錆びにくくて切れ味が長持ちするニッケルコーティングブレードを採用。両方の刃が同時に駆動することで、スムーズに芝生を刈り取れます。さらに、刃の両サイドにはグラスレシーバが付属しているのもポイントです。

本体重量が約1kgと軽量のハンディタイプで、長時間使用でも腕が疲れにくいのも魅力のひとつ。芝生を刈る範囲が少ない方や、サブ機を探している方に向いている製品です。

マキタ(MAKITA) 充電式芝刈り機 MLM460DZ

満充電時の連続運転時間が約21分の充電式芝刈り機。高耐久のBLモーターと、飛石などの衝撃に強い高剛性スチールデッキを採用したモデルで、長く使い続けたい方におすすめです。

標準モードと静音モードの2モードを搭載しているのが特徴。標準モードでは軽負荷時に自動で回転数を下げて運転音やバッテリーの消費を抑え、静音モードでは刃物の回転数を下げた状態で維持して使用できます。

刈った芝を細かく砕いて肥料として再利用する「マルチング」に対応しているのもポイント。刈幅は460mm、刈込み高さは20~75mmの10段階で設定できます。広範囲をしっかりお手入れできる便利なモデルです。

マキタ(MAKITA) 芝刈機 MLM1610

小回りしやすく、敷石や庭木の周りの芝生もスムーズに刈れる縦型タイプの芝刈り機です。作業性のよい集草ボックスが付属しており、ワンタッチで芝が捨てられるのもポイント。手で芝生を抑えこめば最大約60%まで圧縮できるので、芝捨ての回数を低減できます。

スムーズな取り回しとハンドルの操作性で、軽々使えるのも魅力。使わないときは半分に折りたたんでコンパクトに収納できる製品です。

マキタ(MAKITA) 充電式芝生バリカン MUM604DRF

省スペースの芝刈りやキワ刈りにおすすめの充電式芝生バリカンです。1回の充電で約2時間5分もの長時間使用が可能なタイプで、広範囲の芝刈りにも向いています。刈込の高さは15mm・20mm・25mmの3段階から調節可能で、グラスレシーバを外せば10mmの短い高さでも刈込可能です。

壁や柵のキワを刈るときに便利なキワ刈りガードが付属。透明で上から見た際に刃先が見やすく、不要なときはワンタッチで脱着が可能です。また、別売りのロングハンドルアタッチメントを使えば立ったままでも作業できます。

作業時の安定感を高める平らな底を採用し、グリップには手が疲れにくいソフトグリップを使用。充電が切れる前にはバッテリー切れのお知らせランプが点灯するなど便利機能も多く、サブ機としてもメイン機としてもおすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電動芝刈り機 G-200N

回転刃の交換とお手入れが簡単なロータリー式の芝刈り機です。8mm・14mm・20mmの3段階から選べる刈高調節機能付きで、根本から芝生を刈ってしまうのを予防。刈りすぎを防いできれいな芝生を保てます。

丈夫なアルミ単柱のハンドルは取り外しが可能で、収納時はコンパクトになるのもポイント。本体後方には中身が見えやすい透明のグラスキャッチャーが付属しています。刈込能力は1時間に130m²で、一般家庭の庭整備にぴったりのサイズです。

キンボシ(Kinboshi) キーパーモアー PGK-3700

36Vのリチウムイオン電池を搭載した、大容量での充電が可能なロータリー式の芝刈り機です。フル充電に必要な時間は90分で、稼働時間は30分です。長い稼働時間があるうえ、刈幅が37cmあるので、広い環境での長時間作業に適しています。

刈込の高さは、25mm・35mm・45mm・55mm・65mmの5段階に幅広く調節できるのもポイント。さらに、ハンドルの角度も好みで調節できます。また、キーが差し込まれていない状態では動かないスイッチも備わっており、安全性の高さを重視する方にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) グラスバリカン YLB-162

壁際など刈りにくい部分で使用するのにおすすめの、バリカン式芝刈り機。刈幅16cmで、狭いスペースでの細かい作業に適したモデルです。両刃駆動の2枚刃タイプなのでスムーズに刈り込めます。そのうえ、重量も1.2kgと軽量なため、手や腕への負担も少なく作業できるのも特徴のひとつです。

刈込の高さも、ツマミのスライドにより15~30mmに調節可能。また、安全ボタンを押した状態でスイッチを握り始動させるタイプなので、不意の始動による危険も軽減できるなど、安全性にも配慮されています。

芝刈り機のおすすめモデル|エンジン式

リョービ(RYOBI) エンジン刈払機 EKK-2200

長くなった芝生以外にも、畦草刈りや家周りの雑草刈りにおすすめの製品です。しっかり持てる両手ハンドルで、安定感を高めた操作ができるため、平面の多い所での作業に向いています。

また、未燃焼ガスの流出を大幅に減少させることで、燃費を30%アップさせた「クリーン50エンジン」を採用しているのも魅力のひとつ。始動が早くリコイルの引く力が軽くて済む「Kスタート」によって、軽々とスタートできます。

レバーから手を離すと自動的にエンジンの回転数が下がる安全機構を採用。さらに、本体重量4.7kgと軽量なため、疲れにくく作業しやすい製品です。

マキタ(MAKITA) エンジン芝刈り機 2ストロークエンジンタイプ MEM2300U

レギュラーガソリンと2ストローク専用のエンジンオイルを混合した、ガソリンを使用するタイプの製品です。燃料タンクの容量は0.5Lで排気量は22.2ml。力強いパワーで長くなった芝などもスムーズに刈り取れます。

回転時のシャフトのねじれや衝撃を吸収して作業性を向上させる「ダンパーシャフト」を採用しているのもポイント。振動を起こしにくく、手元がぶれるのを防ぎます。強化型ギヤや、剛性をアップさせたマグネシウム合金のクラッチケースなどにより、耐久性が高いのも魅力です。

そのほか、緊急離脱装置付きの肩掛けバンドが付属しており、スロットルレバーを離すだけで、簡単にアイドリング状態になる安心設計。プロに近い仕上がりを求める方におすすめの製品です。

ホンダ(Honda) エンジン芝刈り機 HRG416 C1

走行と刈刃のレバーを握るだけのシンプル操作で広範囲を刈り取れる、エンジン式の芝刈り機。操作レバーは前輪と後輪に1本ずつ備わっており、刈高さを左右同時に6段階で設定できる便利なモデルです。

刈幅が41cmと広く、一度に広範囲を整備できるのが特徴。風を起こして芝を立たせ、鋭い刃先で刈り取ります。カッターデッキはスチール製で、障害物や跳ねた石への耐性に優れているため、長く使えるのも魅力です。

レバーを手放すと停止する安全設計もポイント。42Lの大容量グラスバッグを備えているので、刈った芝も簡単に処理できます。広い庭やグラウンドの整備に使用したい方におすすめの芝刈り機です。

プラウ(PLOW) ヤマハ製エンジン 自走式 芝刈り機 PH-GC530

ヤマハ製のバーチカルエンジンを搭載した自走式の芝刈り機。エンジンが非常にかかりやすく、エンジン式初心者の方でもスムーズに始動できるのが特徴のモデルです。オートチョーク機能も備わっており、チョークの操作が必要なく、クラッチを握りリコイルロープを引くだけで始動できます。

また、刈幅は53cmと広く、大量の芝生も効率よく刈れます。さらに、刈込みの高さは20~80mmに調節でき、環境に応じて便利に使い分けられるのもポイントです。

70Lと大容量で、刈った芝が満杯になるとフリップが自動で閉じるグラスバッグが付いているのも魅力。取り扱いのしやすさや使い勝手のよさを重視する方におすすめのモデルです。