農地にまつわるさまざまな作業を効率化する「耕運機」。広い農地を持つ方だけではなく、家庭菜園を本格的に楽しみたい方にもおすすめのアイテムです。しかし、さまざまな製品があるため、どれを選べばよいか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、耕運機のおすすめアイテムをご紹介します。選び方のポイントやおすすめブランドも合わせて解説するので、自分にぴったりなモノを選んでみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

耕運機とは?トラクターとの違いも解説

By: amazon.co.jp

耕運機とは、土を耕したり整地したりするなど、農地にまつわるさまざまな作業ができる機械です。本体に備わった機能のほかに、アタッチメントを取り付けることで幅広い作業を可能にします。

耕運機は手で押して使用するタイプが一般的です。一方、トラクターは運転席に乗って使用します。耕運機は家庭菜園などの面積の狭い農地を耕す際に使用し、トラクターは大規模な農地で使用するのがおすすめです。

耕運機の選び方

種類をチェック

車軸ローター式

By: honda.co.jp

車軸ローター式は、車軸部分に土を耕すための回転爪であるローターが付属しています。コンパクトで小回りが効くので、狭い畑での作業におすすめです。また、軽量で扱いやすく、クワ代わりとしても手軽に使用できます。

製品によっては、ハンドル部分をコンパクトに折り畳めるため、車に積んで移動する際にも便利です。ただし、コンパクトタイプは、ほかのタイプと比べてパワーが劣るのがデメリット。硬い土を耕す場合や深く耕したい場合には、複数回に分けて作業をする必要があります。

フロントロータリー式

By: honda.co.jp

フロントロータリー式は、車輪の前に回転爪のロータリーが付いたタイプです。機械の前部分にロータリーが付属しているため、狭い畑でも隅々まで耕せます。また、ロータリーが畝を崩してからタイヤが通る設計で、畝崩しが楽にできるのも特徴です。

足元から離れた位置にロータリーが付いていることから、安全性に優れているのもメリット。硬い土でも機械が前方へ飛び出しにくいので、細部までしっかり耕運したい方におすすめです。

ただし、かけた力や重さが分散されやすく、食い込みが浅くなりやすいのがデメリット。慣れるまでは扱いにくさを感じる場合もあります。

リアロータリー式

By: kubota.co.jp

リアロータリー式は、車輪の後ろに回転爪であるロータリーが付いたタイプです。最もスタンダードなタイプで、牽引力に優れているのが特徴。エンジン部分の重みを利用して、硬い土でもしっかり耕せます。本格的なモノが欲しい方におすすめです。

ただし、重みがあるぶん、扱いが難しいのが留意点。また、ロータリーの前にタイヤがあるので、隅まで耕しにくいのもデメリットです。

また、足元にロータリーがくるため、足が巻き込まれないように注意する必要があります。バックの際に刃が回転しない安全設計のモノを選ぶのもおすすめです。

動力をチェック

電動式

By: amazon.co.jp

電動式は、ガソリンやガスなどの燃料を使用せずに稼働できるのが特徴です。排気ガスや騒音を抑えられるので、住宅地でも安心して使いやすいのが魅力。細かいメンテナンスも不要なため、初心者にもおすすめです。ただし、ほかのタイプと比べてパワーは劣ります。

電動式には基本的に、コンセントに繋いで使用するコード式と、充電式バッテリーを使用する充電式の2種類があります。コード式は、電池切れの心配がない一方で、コンセントのある場所でしか使用できないのが特徴。また、必要に応じて延長コードを用意する必要もあります。

充電式は、コードの取り回しを気にせず使用できるのがメリットです。ただし、連続使用時間が短めのため、狭い農地での使用に適しています。

ガソリン式

By: honda.co.jp

ガソリン式は、ガソリンを燃料にして稼働するタイプです。パワーがあるので、硬い土や新しい畑を耕したい方、本格的なモノが欲しい方におすすめです。狭い畑から広い畑まで幅広く対応できます。

ただし、ガソリンを使用すると排気ガスや騒音が発生しやすいため、住宅地での使用には注意が必要。使用時間帯には気をつけましょう。また、ガソリンの交換やメンテナンスの手間もかかります。

ガス式

By: honda.co.jp

ガス式は、カセットコンロにも使用されるガスボンベで動かせるタイプです。排気ガスや騒音の心配がなく、住宅地でも安心して使いやすいのが魅力。また、燃料交換も簡単にでき、メンテナンスに手間がかからないのもメリットです。

電動式よりも連続稼働時間が長いのもポイント。家庭菜園などの小規模な畑で気軽に使える耕運機が欲しい方におすすめです。

ただし、ガソリン式よりもパワーは劣ります。また、寒い時期はエンジンがかかりにくい場合があるため注意が必要です。

ディーゼルエンジン式

By: kubota.co.jp

ディーゼルエンジン式は、燃料に軽油を使用するのが特徴。燃費効率に優れているのがメリットです。さらに、パワーもあるので、硬い土や新しい畑もしっかり耕せます。

ただし、ガソリン式と同様に排気ガスや騒音が発生しやすいのがデメリットです。住宅地で使用する場合は使用時間帯に気をつけましょう。また、給油やメンテナンスの手間もかかります。

馬力や重量をチェック

By: kubota.co.jp

耕運機は、使用環境に合った馬力のモノを選びましょう。3馬力未満のモノは、家庭菜園などで気軽に使いたい方におすすめです。軽量でサイズの小さいモノが多いため、楽に作業できます。

3~5馬力の中型のタイプは、120坪程度の農地におすすめです。6馬力以上のモノはより広い土地に適しており、本格的に農地を耕せます。馬力の大きいモノほど機能は充実しますが、価格が高い傾向があるため注意が必要です。

耕運機を選ぶ際は重量も併せてチェックしましょう。重量が大きいほど畑を耕すパワーも大きくなります。一方で、操作性や持ち運びやすさは軽量なモノのほうが勝ります。用途や好みに合わせて選ぶことが大切です。

耕幅をチェック

By: honda.co.jp

耕運機を選ぶ際は、耕幅も確認しましょう。耕幅とは、一度に耕せる土の幅のことです。耕幅は馬力に比例している場合が多く、馬力の高いモノほど耕幅が広い傾向にあります。

耕幅の基準は「畑の面積に対して何往復する必要があるか」です。往復回数が少ないほど作業は楽になります。ただし、耕幅の大きいモノほど小回りが効きにくいので、操作性とのバランスも考えましょう。

サイズをチェック

By: honda.co.jp

サイズは、耕運機選びの重要なポイントです。一般的に、馬力の大きいモノや機能が充実しているモノほどサイズが大きくなる傾向があります。保管スペースの広さも考慮して選びましょう。

コンパクトなモノは小回りが効くので、操作性に優れています。また、持ち運びやすく、車のトランクに積みやすいのもメリット。折り畳み式のモノもあるため、収納スペースが狭い方や自宅から離れた場所に車などで持ち運びたい方にもおすすめです。

取り付けられるアタッチメントの種類をチェック

By: honda.co.jp

耕運機を選ぶ際は、取り付けられるアタッチメントの種類もチェックしましょう。アタッチメントには、耕運・草刈り・畝立て・培土・あぜ切りなどの種類があります。

アタッチメントを取り付けることで、作業の幅は大きく広がります。製品によって、対応するアタッチメントが異なるため、必要な機能に対応しているモノを選びましょう。なかには、アタッチメントなしでも複数の作業が可能なモデルもあります。自分に合った製品を選ぶのがおすすめです。

耕運機のおすすめメーカー

クボタ(Kubota)

By: kubota.co.jp

クボタは1890年に創業したメーカーで、食料・水・環境に関わるさまざまな製品を扱っています。1960年に畑作用乗用トラクタを開発して以来、日本の農業を支えているメーカーの1つです。また、120ヵ国以上の国に製品を展開しています。

クボタのミニ耕運機は1982年に誕生し、2021年12月までに77万台を生産しました。農作業機械製造から得たノウハウをもとに、家庭菜園などの小規模な農地を耕すための専用設計がされています。種類も豊富なので、用途に応じて選べるのも魅力です。

ヤンマー(YANMAR)

By: yanmar.com

ヤンマーは1912年に、ガス発動機の修理・販売をするメーカーとして創業しました。現在では、農業機械の製造販売や船舶用エンジンの開発、都市のインフラ整備などの幅広い事業を行っています。

ヤンマーの耕運機は、さまざまな悩みに対応した豊富なシリーズ展開が魅力。家庭菜園向けの気軽に使えるシンプルな設計のモノから、プロ向けの本格的なモノまでラインナップされています。

ホンダ(HONDA)

By: honda.co.jp

ホンダは1948年に創業し、現在では二輪車・四輪車・パワープロダクツ・航空機などのさまざまな製品を扱っています。「How we move you.」をグローバルスローガンとして掲げ、世界中に製品を展開しているメーカーです。

ホンダの耕運機は用途に応じて選べる幅広いラインナップが魅力。アタッチメントも豊富に扱っているため、耕運以外にも除草・畝立て・整地・土の乾燥といった作業もできます。価格帯もさまざまなので、予算に応じて選べるのも魅力です。

耕運機のおすすめ

クボタ(Kubota) 陽菜Smile TRS600

クボタ(Kubota) 陽菜Smile TRS600

リアロータリー式の耕運機。6.3馬力のハイパワータイプなので、硬い土や新しい畑もしっかり耕せます。270坪程度の広い農地にも対応できるため、本格的な耕運機が欲しい方にもおすすめです。

正逆両用爪を採用しているのもポイント。爪軸を入れ替えたりアタッチメントを取り付けたりせずに、バックで使用できます。往復もしやすく、繰り返し耕したい場合にも便利です。

ガソリン式で、容量2.5Lの燃料タンクを搭載。満タン時には、約150分の連続使用が可能なので、長時間の作業にも適しています。さらに、ガソリン残量がひと目で分かる構造になっており、給油のタイミングが分かりやすいのも特徴です。

畝立てマットが付属しているのも魅力。溝上幅を調節することで、2種類の畝形状を作れます。

クボタ(Kubota) Midy Smile-mini TMS200

クボタ(Kubota) Midy Smile-mini TMS200

小型で取り回しやすい耕運機。重さ約22kgと軽量なので、スムーズに操作できます。

ガソリン式で、0.6Lの燃料タンクを搭載。ガソリン満タン時には、約60分の連続使用が可能です。小型ながら2.2馬力のパワフルなタイプのため、硬い土をしっかり耕したい方に適しています。

ハンドルに付いたクラッチレバーを握るだけで操作が可能。握れば動き、離せば止まる分かりやすい仕様で、初めて耕運機を使う方でも扱いやすいのが魅力です。

本体には、QRコードが付属。スマホで取扱説明書を開けるので、操作方法に迷った場合でもすぐに対応できます。

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK301QT-B

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK301QT-B

By: yanmar.com

バック機能も搭載した耕運機。ハンドルレバーを握るだけでゆっくりとバックできます。狭い場所での旋回や方向転換もしやすく、操作性に優れた製品です。また、握る際に力が入りやすいクラッチレバーを採用しているため、軽い力で握れます。

ハンドルは、高さ調節が可能。身長や好みに合わせて調節でき、楽な姿勢で作業できます。さらに、ハンドルが折り畳めるのもポイント。コンパクトに収納したい場合や車に積みたい場合におすすめです。

電源には、ガソリン式を採用しています。燃料キャップは握りやすい構造をしており、手袋をしながらでも開け閉めしやすいのが特徴です。移動時にも燃料が漏れにくく、安心して使用できます。

メンテナンスが簡単にできるのもメリット。ドレンプラグを用いることで、ミッションオイルの交換をしやすくしています。

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK300FP

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK300FP

フロントロータリー式の耕運機。タイヤの前にロータリーがある構造なので、足を巻き込む心配を軽減できます。また、ロータリーで耕運した後ろをタイヤが通る仕組みのため、畝崩しも楽にできます。

硬い土での飛び出しを抑制するのもメリット。機体が前方に飛び出そうとすると、タイヤを地面に押し付ける力が働きます。タイヤのグリップ力で飛び出しを抑えるので、耕運始めも安心です。

操作に必要なスイッチやレバーがハンドル周りに集中しており、操作しやすいのもポイント。別売のアタッチメントを使用すれば耕運以外にも幅広い作業ができます。培土・畝立て・除草などにも使用したい方は、アタッチメントもチェックしてみてください。

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK450MR

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK450MR

耕運・畝立てが1台でできる耕運機。50cmの広い耕幅で、一気に作業できるのがメリットです。また、畝立てでは4パターンの畝形状を作成できます。

エンジンを利用して路上の移動ができるのもポイントです。ロータリーには、硬い土もしっかり耕せるナタ爪を搭載しています。必要な機能がシンプルにまとまった、スタンダードな耕運機が欲しい方におすすめです。

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK400CR

ヤンマー(YANMAR) ミニ耕うん機 YK400CR

By: yanmar.com

必要な機能がシンプルにまとまったリアロータリー式の耕運機。土にしっかり入り込んで耕せる正転ロータリーを搭載しています。抵抗棒も付いているため、硬い土や耕し始めの飛び出しを防ぎやすいのもポイントです。

エンジンには、ロープを引くだけで始動できるリコイルスタータ式を採用しています。ハンドル近くにエンジン停止ボタンが付いており、緊急時もすぐに停止可能です。アタッチメントを使用すれば耕運以外に畝立てもできます。

ホンダ(HONDA) こまめ F220

ホンダ(HONDA) こまめ F220

エンジンの下に、遊星ギヤのミッションと耕運爪を搭載したバーチカル機構の耕運機。コンパクトな設計でバランスを取りやすく、安定性に優れています。取り回しやすい耕運機が欲しい方におすすめです。

ガソリン式で、1回の給油につき約2時間使用できます。また、54.5cmの広い耕幅で作業をスムーズにできるのもメリットです。耕運爪は独自のひねりを加えたL字型を採用しており、食い込みの力強さと安定性を両立させています。

電源操作は、ハンドル手元のスロットルレバーで行えます。握ると動き、離すと止まる単純な設計なので、初めて使用する方でも扱いやすいのが魅力です。

ハンドルは、工具不要で折り畳める仕様を採用。コンパクトに収納でき、車のトランクにも積み込みやすいのがポイントです。さらに、フロントハンドルも搭載しているため、持ち上げる際に便利です。

ホンダ(HONDA) サ・ラ・ダCG FFV300

ホンダ(HONDA) サ・ラ・ダCG FFV300

By: honda.co.jp

燃料にカセットボンベを用いるガス式の耕運機。カセットボンベ1本につき、最大約50分の連続運転ができます。排気ガスの心配をせずに使用でき、お手入れも簡単なのがメリットです。

フロントロータリー式なので、隅々まで耕運できます。また、足元に耕運爪がこないため、安全に使用しやすいのも魅力。さらに、レバー1本で耕深を5段階に調節できます。簡単に切り替えられるのがポイントです。

独自の正逆転ロータリーを搭載しています。耕運爪ごとに回転方向を変えることで、土に食い込みやすく、深く耕せるのが特徴です。また、硬い土での機体の飛び出しを防ぎ、安定した耕運を可能にします。

握り位置を自由に変えられるループハンドルを採用。ハンドルは2段階の高さ調節が可能で、身長や好みに合わせて設定できます。初めて使う方にもおすすめの製品です。

ホンダ(HONDA) プチな FG201

ホンダ(HONDA) プチな FG201

コンパクトサイズの小型耕運機。ホンダ製の耕運機のなかでも軽い18kgで、持ち運びしやすいのが特徴です。小回りの効く取り回しやすいサイズで、スムーズに操作できます。クワ代わりとして気軽に使える耕運機が欲しい方におすすめです。

ハンドルに搭載したスロットルレバーで電源のオンオフ切り替えができます。握ると作動し、離すと停止する分かりやすい操作なので、初めて耕運機を使う方にも扱いやすい製品です。

ハンドルは折り畳み式でコンパクトに収納できます。キャリーハンドルとフロントガードが付いているため、車に載せるときに持ち上げやすいのがポイントです。移動や収納のしやすい耕運機が欲しい方にもおすすめです。

ガソリン式で、満タン時には約1時間の連続使用ができます。また、別売りのアタッチメントを使用すれば、畝立て・中耕・培土・除草・整地といった作業も可能です。

ホンダ(HONDA) ピアンタ FV200

ホンダ(HONDA) ピアンタ FV200

カセットボンベで稼働するガス式の耕運機。カセットボンベ1本につき、約1時間の連続使用が可能です。燃料交換や持ち運びも簡単で、お手入れも楽にできます。手軽に使える耕運機が欲しい方におすすめです。

車軸ローター式のコンパクトな設計を採用。耕運爪は外爪が取り外し可能な分割式になっており、35・20cmの2種類の耕幅で作業できます。また、外爪なしの場合は中耕培土作業にも使用可能です。

ハンドルに搭載されたスロットルレバーで、電源のオンオフを切り替えられるのもポイント。握ると作動し、離すと止まる分かりやすい設計なので、初めて耕運機を使用する方でも扱いやすい製品です。

マキタ(MAKITA) 充電式管理機 MKR001GZA

マキタ(MAKITA) 充電式管理機 MKR001GZA

充電式の耕運機。低騒音で排気ガスが出ないので、住宅地やビニールハウス内でも安心して使用可能です。バッテリー2本を取り付けるタイプで、1本目の充電がなくなると自動で2本目に切り替わります。

さまざまなアタッチメントに対応しているのもポイント。別売のアタッチメントを使用すれば、耕運以外にも除草・畝立て作業などができます。幅広い作業に使用できる耕運機が欲しい方におすすめです。

ローターには、推進力に優れた星型のスターローターを採用しています。土に沈みにくいので、初心者でも扱いやすいのが特徴です。さらに、外側に搭載されたハイパワーブラシレスモーターによりパワフルに稼働します。

本体はIPX4相当の防水仕様で、バッテリーはIP56の防塵・防水設計です。突然の雨にも比較的強く、水洗いもできます。

京セラ(KYOCERA) 耕うん機 ACV-1500

京セラ(KYOCERA) 耕うん機 ACV-1500

電動式の耕運機。コードタイプなので、コンセントのある場所で使用可能です。10mの延長コードを2本も付属しているため、広範囲での作業ができます。トリガーを引くだけで始動する簡単操作で、初めて使う方でも扱いやすいのが魅力です。

排気ガスが出ないのもメリット。また、ガソリン式に比べて騒音が小さく、住宅地でも安心して使用できます。家庭菜園など、約3〜30坪程度の小さな農地におすすめの製品です。

耕運爪には、土がよく混ざるナタ爪を採用。しっかり土を耕せるので、空気や肥料を土に取り込めます。さらに、別売のアタッチメントにも対応しており、培土・中耕・下草刈り用としても使用可能です。

三菱マヒンドラ農機 ポプリ MFR30A

三菱マヒンドラ農機 ポプリ MFR30A

排ガス3次規制に適合する新型GBエンジンを搭載した耕運機です。排気ガスに含まれる有害物質量を減らした、環境に優しい製品なのが特徴。ハンドル手元にあるリコイルロープを引っ張るだけでエンジンの始動ができたり、停止ボタン1つでエンジンの停止ができたりするので、簡単に操作できます。

足元に耕運爪がこないフロントロータリー式を採用。外側の爪が正転、内側の爪が逆転する一軸正逆転ロータリーなので、土にしっかり食い込んで耕します。また、止まったままでも耕せる機能が付いているのもポイントです。

ハンドルは折り畳み式で、コンパクトに収納できます。車のトランクにも収まりやすく、持ち運びやすいのもメリット。さらに、路上でも軽い力で押せるため、移動しやすいのも魅力です。

ターンの際に内輪と外輪に回転差を与える設計が施されています。小回りが効きやすく、スムーズなターンが可能です。

ホンダ(HONDA) ラッキーマルチ FU700 JRM

ホンダ(HONDA) ラッキーマルチ FU700 JRM

車輪の後ろにロータリーを搭載した、リアロータリー式の耕運機。ナタ爪と土揚げ爪を組み合わせたロータリーを採用し、使用シーンに合わせて分解・脱着ができます。また、正転・逆転も可能なため、繰り返し耕したい場合に便利です。

爪の脱着に加えて、ロータリーカバーの開閉によっても使い分けが可能。耕運以外にも、中耕・培土などの作業をアタッチメントなしでこなせます。汎用性の高い耕運機が欲しい方におすすめです。

ガソリン式で、満タン時には約1.5時間の連続使用ができます。大排気量エンジンを搭載しているため、パワフルな耕運が可能です。さらに、耕幅55cmと広く、広大な畑もスピーディーに作業できます。

ロータリーカバーの下には抵抗板を搭載。硬い土や石などによる急な飛び出しを抑制します。また、止まった状態で耕運できる「その場耕うん」機能も搭載しており、耕し始めや畑の隅を耕す際に便利です。

クボタ(Kubota) 耕うん機 KRA750

クボタ(Kubota) 耕うん機 KRA750

ディーゼルエンジン式の耕運機。ガソリン式よりも燃料効率がよく、環境に優しい製品です。エンジンのスタートはセルスタータで行うので、簡単に操作できます。また、クラッチレバーも搭載しているため、スピードの調節も可能です。

7.5馬力のパワフルなタイプ。耕幅60cmの大型タイプで、広い農地もスピーディーに作業できます。さらに、爪の回転のオン・オフだけを切り替えられるロータリーレバーも付いており、旋回時に便利です。

ロータリーは着脱式で、使用シーンに合わせて付け替えが可能。付け替え作業に便利なハンドレバーも搭載しています。本格的な機能を備えた、業務用の耕運機が欲しい方におすすめです。

耕運機の売れ筋ランキングをチェック

耕運機のランキングをチェックしたい方はこちら。

耕運機は中古やレンタルのモノでもよい?

By: amazon.co.jp

耕運機には、中古やレンタルのモノもあります。中古のモノは新品のモノよりも安く手に入れられるのがメリットです。ただし、型落ちしていたり経年や前の使用者の使い込みによる劣化をしていたりする場合があります。

レンタルのモノは、短期間であれば購入するよりもコストを抑えて使用できるのが魅力。使用頻度の低い方や購入前に耕運機を試してみたい方などにおすすめです。ただし、長期的に使用する場合は、購入したほうがコストを抑えられます。

最新モデルや劣化していない高品質なモノが欲しい場合は、新品のモノを購入するのがおすすめです。使用頻度や目的などに応じて選択しましょう。