車の空気入れや模型の塗装などに便利な「エアーコンプレッサー」。専用のツールを使えば、空気の充填だけでなくDIYやエアーダスターなどさまざまな用途で活躍するアイテムです。しかし、エアーコンプレッサーは種類によって重さ・出力・メンテナンス方法などが異なるため、用途に合わせて選ぶ必要があります。

そこで、今回はエアーコンプレッサーの選び方やおすすめの製品をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

エアーコンプレッサーとは?

By: amazon.co.jp

エアーコンプレッサーとは、空気を圧縮して放出する機械のこと。車や自転車のタイヤの空気を充填したり、屋根や壁の塗装をしたりするのがオーソドックスな使い方です。

先端のアタッチメントを付け替えれば、さまざまな用途で使えるのがエアーコンプレッサーの魅力。プラモデルの塗装や浮き輪・ボールなどの空気入れ、さらに精密機械のホコリの吹きとばしにも利用できます。DIYが好きな方はもちろん、日常生活でも重宝するアイテムです。

エアーコンプレッサーの種類

オイル式

By: amazon.co.jp

エアーコンプレッサーを動かす際に、オイルを使用するタイプです。オイルが潤滑することで駆動部を保護できるため、耐久性の高いのが特徴。また、冷却効果もあるので、連続で長い時間使用することが可能です。オイルレス式の製品と比較して、低振動・低騒音なのもオイル式の魅力。

オイル交換の手間はあるものの、適切なメンテナンスを行うことで長期間使用できます。長く使える分経済性に優れるため、業務用途に最適です。ただし、エアーに微量のオイルが混じるため、塗装や掃除といった用途には向いていません。

オイルレス式

By: amazon.co.jp

オイルを使用せずに駆動させるタイプの、エアーコンプレッサーです。オイルによる潤滑や冷却効果がないため、耐久性や連続使用時間ではオイル式に劣りますが、オイル交換の手間がかからないなどメンテナンスが楽といった特徴があります。

また、排出するエアーにオイルが混ざらないため、塗装や精密機械の清掃といった用途にもおすすめです。比較的価格の安い製品が多いのも、オイルレス式の特徴。家庭でも気軽に購入できるので、タイヤの空気を入れたり日曜大工の塗装に利用したりと、さまざまなシーンで活躍します。

エアーコンプレッサーの選び方

タンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

一般的に市販されているエアーコンプレッサーのタンク容量は、3〜50L程度のモノがほとんどです。タンク容量が大きいほど、多くの空気が蓄えられます。連続して長い時間作業をしたい方は、できるだけタンク容量の大きなモデルがおすすめです。

また、タンク容量が大きい製品は、空気を圧縮するために頻繁に駆動する必要がないため、寿命の面でも有利といったメリットもあります。ただし、タンク容量が大きくなると、本体サイズも重量も増加するので、移動して使用する機会の多い方は15L程度までを目安に選びましょう。

出力(馬力)をチェック

By: amazon.co.jp

エアーコンプレッサーの空気吐出量は、出力の大きさで決まります。出力が大きいほど空気の吐出量が増えるため、短時間でタンクに充填することが可能です。出力を表す単位は、「馬力」のほかにも「kw」で表記されることもあります。エアーコンプレッサー起動後、できるだけ早く使い始めたい方は、出力の大きなモデルを選びましょう。

ただし、出力が大きい製品は、消費電力も大きくなるので注意が必要。一般家庭用の100Vコンセントから電源を取る場合、2馬力もしくは1.5kWくらいが上限になります。さらに出力の大きな製品を使用するには、業務用などに使われる3相200V電源が必要になるので留意しておきましょう。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

大型の製品になると重量も30kgを超えるなど、かなりの重さになってきます。車輪を搭載しているモデルもありますが、あくまでも近距離を移動させるためです。設置場所まで車で運ばなければならない場合、あまり重いと1人では積み込めないケースも考えられます。

エアーコンプレッサーを移動して使う機会が多い方は、性能と重量のバランスを取ることが大切です。タンク容量や出力などのスペックも重要ですが、自分の使い方もよく考慮したうえで選ぶようにしましょう。

用途に適したモデルを選ぶ

タイヤの空気入れ

乗用車用タイヤの指定空気圧は、およそ220~270kPaです。一般的なエアーコンプレッサーの使用最高圧力が800kPa前後なので、ほとんどのモデルが空気入れに対応可能。自宅の車庫や近所の契約駐車場までの運搬を考慮すると、できるだけ小型で軽量なモデルがおすすめです。

タンク容量は8〜13Lくらい、出力は0.5馬力程度で十分。ただし、トラックやバスなど大型の車両になると、1000klPaを超える圧力が必要になることもあるので注意が必要です。

タイヤの交換

エアーインパクトレンチを使用してタイヤ交換をするのであれば、タンク容量は30L以上、出力は1馬力以上のモデルがおすすめです。エアーインパクトレンチとは、圧縮空気を利用してボルトやナットを締めたり緩めたりする工具のこと。

タンク容量が小さくてもタイヤの交換は可能ですが、すぐにタンク内の圧力が下がってしまい、空気充填が開始されてしまいます。また、出力が小さいと空気の充填にも時間が必要です。充填中は使えなくなってしまうため、作業効率を落としたくない方は、タンク容量と出力をチェックして選ぶようにしましょう。

塗装

By: amazon.co.jp

塗装作業に使用する場合は、オイルレス式の製品を選ぶことが重要です。オイル式を使用すると、エアーのなかに微量のオイルが混ざってしまい、塗装品質に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要。また、使用するエアー工具によっても、必要なスペックは変わってきます。

小さなエリアの塗装で使用するエアブラシであれば、必要な空気量が少ないので、タンク容量は3〜8L、出力は0.25馬力程度あれば十分です。エアブラシ専用のミニコンプレッサーなどもラインナップされているので、気になる方はチェックしてみてください。

一方、バイク・車・家具などを塗装する際に使うカップガンやスプレーガンの場合は、大量のエアーを必要とするため、30L以上のタンク容量と1馬力以上の出力を備えた製品をおすすめします。

ホコリ飛ばしや掃除

By: amazon.co.jp

ホコリを飛ばしたり掃除をしたりするエリアの広さや、連続で使用する時間によって製品のスペックを選びましょう。広い範囲や長時間使用するのであれば、30L以上あるタンク容量の大きなモデルが最適です。また、再充填にかかる時間をできるだけ短くしたい方は、出力1馬力以上のモデルをおすすめします。

ただし、ホコリを飛ばしたい対象が、農作物といった食品の場合は注意が必要。吹きかけるエアーにオイルの混ざることがないよう、必ずオイルレス式の製品を選ぶことが必要です。

エアーコンプレッサーのおすすめメーカー

高儀(TAKAGI)

By: amazon.co.jp

1866年創業の高儀は、園芸用品・大工道具・キッチン用品などの製造販売をするメーカーです。1910年にはいち早く海外との取引を開始し、日本はもちろん、世界中で使用される製品を次々と世に送り出しています。

高儀の製品のなかでも特に評価が高いのが、エアーコンプレッサーの作動音を大幅にカットした「EARTH MAN」シリーズ。大型としてのパワーはそのままに、住宅街で使用しても作動音が気にならないほどの静かさを実現しています。プロはもちろん、DIYに初めて挑戦する方でも扱いやすいシリーズです。

アネスト岩田

By: amazon.co.jp

1926年に創業したアネスト岩田は、エアーコンプレッサー・医療機器・電力供給装置などを取り扱うメーカーです。製品の開発力に優れており、1927年に国内初のスプレーガンを発売。さらに、翌年には小型のエアーコンプレッサーの開発し、業界から注目を集めました。

エアーコンプレッサーのパイオニアといえるアネスト岩田の特徴は、とにかくラインナップが豊富なこと。オイル式・オイルレス式はもちろん低騒音仕様や屋外作業向けのモデルなど、さまざまな製品を展開しています。プロからも信頼される質の高い製品が欲しい方におすすめのメーカーです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

2015年で創業100周年を迎えた日本のメーカーであるマキタ。現在は世界40カ国以上でマキタの製品が使われており、優れた機能性から高い評価を得ています。

マキタは充電式の電動工具を得意としており、エアーコンプレッサーの種類も豊富。家庭でも使いやすい低振動・低騒音の製品や、実稼働1200時間のプロ仕様の製品までさまざまなタイプがあります。確かな品質と安全性を追及したい方におすすめのメーカーです。

エアーコンプレッサーのおすすめモデル

マキタ(MAKITA) エアーコンプレッサ AC462XS

本製品は、低騒音・低振動タイプのモデルです。住宅街など、周囲への騒音が気になる場所での使用におすすめ。ダブルファンを採用しており、音の発生を抑えながら効率的に冷却することが可能です。ドレインカバーを搭載しているため、排出音を低減できるだけでなく、ホコリの舞い上がりも防いでくれます。

また、4箇所の脚部にはラバークッションを装着し、同メーカーの従来機種に比べて振動値を約55%もカット。騒音と振動を抑えるための、さまざまな工夫が施されています。コンパクトで持ち運びがしやすいのも、本モデルの魅力です。

本体サイズは449×292×376mm、重量は14kgと小型で軽量。ショルダーベルトの取り付けができるので、狭い場所で本体を持ち運ぶ際に便利です。動作状況や設定モードの確認がしやすい、高輝度デジタル表示パネルを採用しています。

TrueTools エアーコンプレッサー TRTO-SC8L

容量が8Lと小型のタンクを搭載した、低騒音タイプのエアーコンプレッサーです。タイヤの空気を入れたりDIYで塗装用に利用したりと、自宅での使用に便利。家庭用の100Vコンセントから電源が取れるので、気軽に扱えるのが魅力です。ただし、コンセントから離れた場所で使う場合、延長コードの使用は推奨されていません。

オイルを交換する必要のない、オイルレス式を採用しています。移動用の車輪は付いていませんが、重量約15kgで持ち手がついているので、短い距離であれば一人で運搬可能です。価格の安さも本モデルの魅力。自宅で使えるお手軽価格の製品を探している方は、チェックしてみてください。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN エアーコンプレッサー 10L ACP-10A

タンク容量10Lのコンパクトなモデルです。重量も約10.8kgと軽量なため、置き場所に困らず持ち運びの簡単な製品を探している方におすすめのモデル。入力100V仕様なので、一般家庭用のコンセントから電源を取れます。

使用最高圧力は約700kPa。自動車用タイヤの空気を入れたり、落ち葉の清掃に使用したりと、さまざまなシーンで活躍します。オイルレス式なので、オイルを交換する手間もかかりません。静音タイプのため、周囲への音漏れが気になる住宅街での使用に最適です。

アネスト岩田 キャンベル コルト HX4004

本製品は、エアーインパクトレンチを使用したタイヤ交換や、スプレーガンでの塗装作業におすすめのモデルです。容量30Lのタンクを搭載しており、60分の連続運転が可能なため、1度にたくさんのタイヤを交換したり広い範囲を塗装したりと、業務用途にも適しています。頻繁に手を止めることなく、効率的に作業を進められるのが魅力です。

出力は0.75kw(約1馬力)あるので、空気の再充填時間も短時間で済みます。車輪が付いており、現場での短距離移動に便利。ただし、重量が30kgと重いため、車への積み込みは2人で行うなど人手が必要です。入力100V仕様なので、家庭用コンセントから電源が取れます。

エスケー11(SK11) エアーコンプレッサー SW-231 SW-L30LPF-01

本製品は、オイル交換の手間がかからない、オイルレス式のエアーコンプレッサーです。容量30Lのタンクを搭載しているため、タイヤの空気入れ・タイヤ交換・塗装・掃除など、さまざまな用途に活躍。メンテナンスが楽で、幅広い用途に使用可能なモデルを探している方におすすめのモデルです。

静音設計なので住宅地での使用も安心。入力100Vに対応しており、家庭用コンセントから電源を取ることが可能です。また、1.5kWと高出力なのもポイント。空気の再充填にかかる時間が短いので、手を止める時間を最小限にでき、効率的に作業が進められます。

エアーファミリー(Air Family) エアーコンプレッサー SSL-24

本製品は、オイル交換が不要なオイルレス式のエアーコンプレッサーです。容量24Lのタンクを搭載しています。メンテナンスが楽なだけでなく、吹き付けるエアーにオイルが混ざらないため、農作物など食品類のホコリ飛ばしにも最適。ほかにも、塗装やタイヤの交換に使用できるなど、多目的に使える製品を探している方におすすめのモデルです。

また、最高圧力は780kPaあるため、車やバイクの空気を入れる際にも重宝します。静音タイプなので、騒音が気になる住宅地での使用も安心。車輪が付いており、設置場所の移動も1人で簡単にできて便利です。

ツールズアイランド(Toolsisland) エアーコンプレッサー エアブラシスターティングキット

本製品は、エアブラシを使用する作業におすすめの、エアーコンプレッサーです。3Lの小型タンクを搭載しており、ノズル口径0.3mmのエアブラシが付属しています。模型の塗装をしたりネイルアートをしたりと、プライベートからビジネスまで便利に使用可能。購入したその日からすぐに使い始められるのが魅力です。

静音設計のピストンを採用しており、音を気にすることなく室内使用ができます。サイズは約150×85×25mm、重量は約290gと小型・軽量なので、どこへでも気軽に持ち運ぶことが可能。収納場所に困ることもありません。化粧箱に入れられているため、プレゼントにも適したモデルです。

ゴシェール(Gocheer) 充電式 ミニ エアーコンプレッサー

本製品は、ネイルアートやDIY用途におすすめの、エアブラシ専用エアーコンプレッサーです。コンパクトなハンディータイプで、電源に充電式を採用しているのが特徴。USB充電に対応しているため、パソコンやモバイルバッテリーなど、身近にあるデバイスから手軽に充電できるのが魅力です。

装着されている口径0.3mmのエアブラシは、ほかのタイプに交換することも可能。用途に合わせて最適なブラシが使えるので便利です。また、価格の安さも本モデルの魅力。気軽に購入できる、エアブラシ専用モデルを探している方に最適です。

G&G 業務用 エアーコンプレッサー 50L

本製品は、業務用途におすすめのエアーコンプレッサーです。エアーインパクトレンチでタイヤのローテーションをしたり、カップガンで車を塗装したりと、さまざまなエアー工具を使用する現場で活躍します。50Lの大容量タンクを搭載しているため、連続作業でも頻繁に手を止める必要はありません。

また、5馬力と高出力なのもポイントです。空気再充填にかかる時間を最小限に抑えられるので、効率的に作業が進められます。大容量タンクモデルながら、重量は約32kgと比較的軽量。車輪が付いているため、現場での移動も簡単です。100V入力に対応しており、一般のコンセントさえあればどこでも使えるので重宝します。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN エアーコンプレッサー 25L ACP-25SLA

容量25Lのタンクを搭載した、オイルレス式のエアーコンプレッサーです。エアーにオイルの混入する心配がないので、農作物のホコリ飛ばしや塗装作業におすすめ。また、オイル交換の手間がかからないなど、メンテナンスの容易さも魅力です。

空気充填にはダブルピストン式を採用しています。シングルピストン搭載の同社従来品と比較して効率がよいので、より短時間で空気充填を完了させることが可能です。静音仕様のため、自宅でも安心して使えます。

AstroAI 車用 エアーコンプレッサー B078LYX5YF

タイヤの空気入れ用途におすすめの、エアーコンプレッサーです。携帯しやすいコンパクトタイプながら、最大圧力約700kPaに対応しているため、軽や小型乗用車のタイヤに最適。DC12V入力に対応しており、車のシガーソケットから電源を取ることが可能です。

本体側面に4個のLEDライトを搭載しているのがポイント。暗いガレージ内や夜間でも、スタンドライトを使わずに作業ができるので便利です。また、バックライト付き液晶ディスプレイを採用しており、設定値や空気充填状況もはっきりと確認できます。最大30分の連続使用が可能。加熱保護機能が付いているため、万が一使用中に異常が発生しても安心です。

ケンオー(KENOH) エアーコンプレッサー KSL-413030L

タンク容量が30Lのエアーコンプレッサーです。オイルレス式なので、エアーにオイルが混じらず塗装用途におすすめ。ほかにもタイヤ交換や掃除など、さまざまな用途で活躍するモデルです。

車輪が付いているため、車まで運んだり設置場所を動かしたりと、短い距離を移動する際に重宝します。100V入力に対応しており、一般家庭用のコンセントから電源が取れるので便利です。

ハイガー(HAIGE) タンクレス エアーコンプレッサー HG-DC880N1

本製品は、空気タンクを搭載しないタンクレス仕様が特徴のエアーコンプレッサーです。空気充填の必要がないため、起動してすぐに使い始められるのが魅力。寸法が350×170×235mmとコンパクトなうえ、重量は7.7kgなので片手でも持てます。持ち運びが簡単で、手軽に使用できる製品を探している方におすすめのモデルです。

最高圧力は900kPaあるので、タイヤの空気入れやホコリを飛ばす用途などに重宝します。サブタンクの取り付けができるのもポイント。タンク付きモデルとして使用することで、連続した作業にも対応できます。オイルレス式なのでオイル交換の手間はかかりません。大型の液晶パネルを搭載しており、設定値や使用状況の確認が容易にできます。

ナカトミ(NAKATOMI) エアーコンプレッサー SCP-04A

本製品は、片手で持ち運ぶことが可能な、携帯性に優れたエアーコンプレッサーです。容量4Lのタンクを搭載し、重さは13kgと軽量。オイルレス式を採用しているため、メンテナンスに手間がかからないのも魅力です。また、排出エアーにオイルが混ざる危険がないので、食品類のホコリ飛ばしや塗装作業にもおすすめ。

ほかにも、タイヤの空気を入れたり掃除をしたりと便利に使えます。大型の圧力調節ノブと圧力メーターを搭載しており、操作性・視認性とも良好です。静音タイプのため、住宅街でも安心して使えます。

ASAKA 車用 エアーコンプレッサー

洗練されたデザインが特徴の、エアーコンプレッサーです。DV12V入力専用のため、車用タイヤの空気入れ用途に最適。車に常時積んでおくことも可能な、小型の製品を探している方におすすめのモデルです。また、コンパクトなだけでなく、重量約910gと軽量なので、車の周囲を移動しながらの作業も楽にできます。

高輝度LEDライトを搭載しており、夜間や暗いガレージ内で作業をする際に便利です。車のシガーソケットに差し込める2.8mの電源コードが付いているので、フロント・リアどちらのタイヤにも対応できます。ただし、使用する際にはエンジンをかけておく必要があるので注意しましょう。

AUTSCA 電動エアーコンプレッサー

本製品は、ハンディータイプのエアーコンプレッサーです。2,200mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、充電して使えるのが特徴。車や自転車のタイヤだけでなく、ボール・エアーマット・レジャーボートなど、さまざまなアイテムの空気入れ用途におすすめのモデルです。

コンセントやシガーソケットなど、電源を気にする必要はありません。液晶ディスプレイを搭載しており、空気圧やバッテリー残量などの情報が確認できます。ロック機能がついているのもポイント。不用意な操作ができないようにできるため、小さな子供のいる家庭でも安心して使用できます。

G&G 業務用 縦型エアーコンプレッサー

業務用途に最適な、容量50Lのタンクを搭載したエアーコンプレッサーです。大容量タンクなので、再充填の回数が少なく、頻繁に作業を中断することはありません。出力も5馬力と高いため、短い時間で再充填することが可能です。設置方向が縦型タイプなのもポイント。

狭いスペースにも設置しやすい、業務用モデルを探している方におすすめです。タイヤ交換や釘打ちなど、さまざまなエアー工具を使った作業で重宝します。また、高出力タイプながら100V入力に対応しており、一般のコンセントから電源が取れるのも本モデルの魅力です。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN ミニホビーコンプレッサーセット HCP-100

使用最高圧力が約170kPaの、ホビー用途におすすめの小型エアーコンプレッサーです。エアブラシとスタンドなどがセットになっているため、購入後すぐに使用することが可能。プラモデルの塗装やアート作品の制作などで活躍します。

約2mのエアーホースが付属しており、作業台の下など作業の邪魔にならない場所に、本体を置いておけるので便利です。サイズは約55×110×120mmととてもコンパクト。重量も530gと軽量なため、どこへでも気軽に持ち運ぶことが可能です。また、持ち運ぶ際に便利な収納バッグが付属しています。