自動車のホイールナットなどを締める工具「トルクレンチ」。最近はデジタル表示されたり、データ管理できたりと、便利な製品が増えています。作業シーンに合わせて使えば作業効率もあがりますが、種類が多く、扱いやすさもモデルによってさまざまです。

そこで今回は、おすすめのトルクレンチをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

トルクレンチとは?

By: amazon.co.jp

トルクレンチとは、ボルトやナットなどを規定のトルクで締め付けるための道具です。表記単位は「N・m(ニュートンメートル)」。本体にトルク値を表す目盛りが付いている製品や、設定したトルク値に達すると音が鳴るモデルなど、ラインナップされている種類もさまざまです。

バイクや自動車は、ボルトやナットなどの締め付けが弱いと、走行中にタイヤのホイールが外れてしまうことがあります。反対に、締め付けが強すぎると、ホイールを固定するボルトが折れる可能性があるので危険です。そのため、トルクレンチを購入する際は、製品情報に記載されているトルクの調節範囲を確認しておきましょう。

トルクレンチの種類

直読式

ダイヤル・プレート型

By: amazon.co.jp

ダイヤル型は持ち手部分に、プレート型はプレート部分にダイヤルが付いており、目盛りと針でトルクを目視できます。多くのボルトやナットをまとめて締めるような作業には不向きですが、パーツが緩んでいないかなどの検査や測定を行うときにおすすめです。

デジタル型

By: amazon.co.jp

デジタル型は、ボルトやナットを締めていき、設定したトルク値になると電子音やデジタル表示で知らせてくれるトルクレンチです。

デジタル型も、ダイヤル・プレート型と同様に、検査や測定に適しています。なお、製品によっては測定したデータをパソコンに転送できるタイプもあり、効率的に品質管理を行いたいときに便利です。

シグナル式

By: amazon.co.jp

シグナル式のトルクレンチは、本体に目盛りが付いておらず、設定したトルク値に達したときに音や振動などの「シグナル」で通知するものです。シグナル式のトルクレンチは、おもにプレセット型とスパナ型の2種類。ちなみに、なかには目盛り付きタイプのモノもあります。

プレセット型

By: amazon.co.jp

プレセット型は、あらかじめ設定したトルク値に達すると、「カチッ」といった音と手に伝わる衝撃で締め具合を知らせてくれるのが特徴です。

また、通常のトルクレンチは回転する方向が決まっていますが、ラチェットタイプを使用すれば逆回転にすると空回りし、その反復運動で締め付けられます。狭い所で作業する場合や、たくさんのボルトやナットを締める場合におすすめです。

スパナ型

By: amazon.co.jp

スパナ型は、設定したトルク値になると音や衝撃で知らせてくれるのが特徴です。「アジャスタブルレンチ」とも呼ばれることもあります。

なお、複数のボルトやナットを締めるときに便利なアイテムですが、ボルトに触れる面積が狭いので、ボルトやナットの頭や角を傷つけやすい点には注意しておきましょう。

トルクレンチの選び方

用途で選ぶ

自転車整備

自転車整備用のトルクレンチを選ぶときは、最低トルクを確認することが大切です。一般的な自転車整備では低めのトルクが使われることが多く、トルクの目安としては15~20N・m程度。最低トルクが高すぎると、自転車整備に適さないこともあるので注意しておきましょう。

また、自転車のペダルには通常とは逆の方向に回る逆ネジが使用されているため、両方向に締め付けられるトルクレンチを選ぶことも大切。室内や駐車場といった狭い場所で作業することを考慮すると、軽量でコンパクトなモノがよりおすすめです。

自動車整備

By: amazon.co.jp

メーカーや車種などによっても異なりますが、自動車整備の場合、10~60N・m程度のトルクがあれば一般的な作業を行えます。たとえば、エンジンオイルの交換でのドレンボルトを締め付けるためには、30~40N・m程度の力が必要です。

タイヤ交換

By: amazon.co.jp

タイヤ交換をする際のトルク値の目安は、普通車で90~110N・m、軽自動車では70~90N・m程度。タイヤ交換専用のトルクレンチは、各メーカーからさまざまな製品が展開されています。なお、専用のトルクレンチでなくても、プレセット型やデジタル型のトルクレンチでも対応可能。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

トルク値で選ぶ

By: amazon.co.jp

トルクレンチを選ぶときには、規定トルク値が使用できる最大値の70%以内に収まるように選びましょう。たとえば、普通車のホイールのボルトやナットの規定トルク値は100~120N・mなので、その場合に使用するトルクレンチの最大トルク値は142~171N・m以上が目安です。

なお、作業対象の規定トルク値とトルクレンチの使用最大値が同じだと、作業対象の規定トルク値まで締めるのに相当な力が必要となります。規定トルク値より緩く締まってしまうこともあるため注意しておきましょう。

トルクレンチのおすすめメーカー

東日製作所(TOHNICHI)

By: amazon.co.jp

手動式・機械式のトルク機器をおもな事業としている「東日製作所」。1949年から続く会社で、アメリカなどにも関連会社があります。

DIY向けのアイテムから、最大2800N・mのトルクレンチまでラインナップが豊富。プレセット型のトルクレンチの種類が多いほか、ダイヤル・プレート型やデジタル型といった、測定・検査用のトルクレンチも扱っています。

京都機械工具(KTC)

By: amazon.co.jp

1950年から続く「京都機械工具」は、トルクレンチをはじめ、配管ツールや収納具など1万点以上のアイテムを扱っているハンドツールメーカー。

デジタル表示による高精度トルクコントロール機能を備えた「デジラチェ」や、作業履歴を自動的に記録してデータをPCに転送できる「デジラチェメモルク」など、機能性に優れたアイテムを展開しているのが特徴です。

トネ(TONE)

By: amazon.co.jp

1938年に創業した高級工具を扱うメーカー。もともとは「前田金属工業」という社名でしたが、2013年に、もともとブランド名だったTONEを社名として採用しました。

以前からソケットレンチやトルクレンチなどが人気でしたが、最近は一般ユーザー向けのDIYツールも充実。トルクレンチに関しては、プレセット型やスパナ型、モンキ型など、さまざまなアイテムがラインナップされています。

トルクレンチのおすすめモデル

東日製作所(TOHNICHI) ダイヤル型手動式トルクレンチ DB280N-1/2-S

東日製作所(TOHNICHI) ダイヤル型手動式トルクレンチ DB280N-1/2-S

ダイヤル型のオーソドックスな検査用トルクレンチです。便利な置針付きなので最大値の読み取りがしやすく、対象パーツが緩んでいないかを検査する場合におすすめ。あらかじめ設定トルクに指針を合わせて、「0」で完了させるといった使い方もできます。

本製品は30〜280N・mのトルク調節が可能です。また、握る場所によって精度に影響が出にくく、スムーズに作業を進められるのも魅力。シンプルで使いやすいおすすめアイテムです。

東日製作所(TOHNICHI) プレート型トルクレンチ SF6N

東日製作所(TOHNICHI) プレート型トルクレンチ SF6N

締め付けや検査用など、さまざまな用途に使用できるプレート型トルクレンチ。トルク計が刻まれており、対象の増し締めや緩み検査に便利です。

また、プレート直下に設置されたハンドルは目盛りを読みやすい位置にあり、力を伝えやすいのもポイント。最小目盛りは0.2N・mで、細かい微調節も可能です。

東日製作所(TOHNICHI) プレート型トルクレンチ F130N

東日製作所(TOHNICHI) プレート型トルクレンチ F130N

最小2N・mの目盛りを備え、20〜130N・mのトルク調節ができるアイテム。自転車整備から自動車のタイヤ交換まで幅広く応用できる、プレート型トルクレンチです。

左右どちらの回転にも対応しているので、増し締めや対象パーツの緩み検査などにも使用可能。また、本製品は波形ハンドルを備えており、滑りにくいのもポイントです。

東日製作所(TOHNICHI) プレセット型シグナル式トルクレンチ QL100N438

東日製作所(TOHNICHI) プレセット型シグナル式トルクレンチ QL100N438

あらかじめ設定したトルクに達すると、締め付け完了をシグナル音で知らせてくれるプレセット型のトルクレンチです。振り幅は15°で、狭い場所での締め付け作業におすすめ。また、1N・m単位の細かい調節もできるので便利です。

さらに、ハンドル部分は樹脂グリップで握りやすいのも魅力。最大100N・mの高トルクにも対応しており、軽自動車のタイヤ交換などにもおすすめです。

京都機械工具(KTC) デジタルトルクレンチ TORQULE GNA200-04

京都機械工具(KTC) デジタルトルクレンチ TORQULE GNA200-04

ラチェットハンドルなど、自分の工具に装着するだけでトルクレンチとして使える画期的な製品です。本製品は、40〜200N・mのトルク調節が可能。自動車整備からタイヤ交換まで、さまざまな作業に対応できます。

また、最小表示単位は0.1N・mと細かく、スマートフォンの専用アプリを使用すれば測定値の履歴を保存できるのもポイント。過去の測定値を参照して、メンテナンスの履歴を精密に管理できるため便利。さらに、充電式で手軽に使用できるのも魅力です。高機能かつ、使い勝手に優れたトルクレンチを探している方はチェックしてみてください。

京都機械工具(KTC) プレセット型トルクレンチ CMPB2004

京都機械工具(KTC) プレセット型トルクレンチ CMPB2004

あらかじめ設定しておいたトルク値に達すると「カチッ」という音と振動で感知できる、プレセット型のトルクレンチです。40~200N・mのトルク調節が可能。軽自動車はもちろん、大型車のメンテナンスやタイヤ交換など、幅広く使用できます。

また、ロックリングを指で引き下げてからグリップを回すだけで、設定トルクを簡単に変更可能。ヘッド部のゴムリングで密閉度を高めているので故障の心配も少なく、安定的に高精度な作業を行えます。

さらに、ソケットの装着や取り外しが容易な「ユニオン機構」付き。簡単に付け替えができるうえ、作業中にソケットが外れにくい仕様なため安心です。

京都機械工具(KTC) ホイルナット用トルクレンチ WCMPA103

京都機械工具(KTC) ホイルナット用トルクレンチ WCMPA103

自動車ホイールナット締め付け専用のトルクレンチです。本製品は、トヨタ車とダイハツ車のタイヤに対応。特殊工具鋼を採用しているため、耐久性に優れているのが特徴です。

また、タイヤと手が干渉しないよう、420mmのロングタイプ仕様なのもポイント。効率よくスピーディにタイヤ交換を実施したいときに重宝する、おすすめのトルクレンチです。

京都機械工具(KTC) デジラチェ GEK030-C3A

京都機械工具(KTC) デジラチェ GEK030-C3A

見やすいLEDランプと、シンプルな操作性で扱いやすいトルクレンチです。グリップへの荷重を感知して分析する、「パワーセンサ搭載フリーグリップ」を採用。作業姿勢や習熟度に関わらず、高い精度で測定できます。

また、プッシュボタンを操作することで、簡単にソケットの付け替えが可能な「ユニオン機構」を備えているのも魅力。さらに、リアルタイムでトルク値を確認できる「トラックモード」も搭載しており、土木・建築・ビルメンテナンスなど、幅広い用途におすすめのトルクレンチです。

トネ(TONE) プレセット形トルクレンチ T4MN200

トネ(TONE) プレセット形トルクレンチ T4MN200

容易にトルク管理できるプレセット型トルクレンチです。あらかじめ設定したトルク値に達すると、「カチッ」という音と振動で知らせてくれます。

本製品は40〜200N・mのトルク調節が可能。軽自動車や普通自動車の整備はもちろん、高トルクを要する大型車の整備やタイヤ交換などにも向いています。1本あれば幅広い用途に対応できる、おすすめのトルクレンチです。

トネ(TONE) スパナ型単能トルクレンチ TSP16-17

トネ(TONE) スパナ型単能トルクレンチ TSP16-17

16N・mのトルクに対応した、スパナ型単能トルクレンチ。冷媒機器・ルームエアコンなどのフレア管継手、フレアナットの締め付けに対応しています。

設定されたトルクに達すると「カチッ」という音と振動で感知でき、使い勝手に優れているのもポイント。また、スパナ型なので、複数のボルトやナットを締める際にも便利です。

製品をメンテナンスする機会が多い方におすすめ。作業効率を求める方は要チェックです。

トネ(TONE) ラチェットデジトルク T3DT85H

トネ(TONE) ラチェットデジトルク T3DT85H

17〜85N・mのトルクに対応した、デジタル型のトルクレンチ。あらかじめ設定したトルク値に達すると、LEDランプ・ブザー音・液晶表示で知らせてくれます。

USB通信ケーブルを使えば、パソコンへ接続可能。CSV形式で測定結果を管理できるのもポイントです。また、「トラックモード」により、トルク値はリアルタイムで確認できます。

さらに、測定結果に対してLEDランプと液晶表示で合否判定を確認できるのも魅力。精密パーツを扱うメンテナンス用のトルクレンチとしておすすめです。

トネ(TONE) モンキ型トルクレンチ TMWM115

トネ(TONE) モンキ型トルクレンチ TMWM115

使用するボルトやナットの大きさにあわせて調節できる、モンキ型のトルクレンチです。配管・通信設備・自動車の整備やメンテナンスなど、幅広い場面へ対応できるのが特徴。対象とするモノにあわせて大きさを変えられるため、高い精度を維持できるのもポイントです。

また、アゴのがたつきを防ぐ「バックラッシュレスウォーム機構」を搭載しており、ボルトやナットを傷つける心配が少ないのも魅力。汎用性が高く、利便性に優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

AKM プレセット型トルクレンチ

AKM プレセット型トルクレンチ 20-210N・m 17/19/21/24mm

20〜210N・mのトルク調節が可能な、プレセット型のトルクレンチです。自転車整備用から大型車のタイヤ交換まで、さまざまな用途に使用できるのが特徴。シンプルで扱いやすく、設定したトルクに達すると「カチッ」という音と振動で知らせてくれます。

また、ラチェットの回転方向を切り替えられる「回転方向切り替えつまみ」を搭載。通常とは逆方向に回る自転車ペダルのネジにも容易に対応できるのが魅力です。

さらに、なめらかで握り心地に優れた「ナーリングハンドル」を採用しているのもメリット。防錆加工を施しているので、長い間愛用したい方にもおすすめのトルクレンチです。

SK11 デジタルトルクレンチ SDT3-060

SK11(エスケー11) デジタルトルクレンチ SDT3-060

ブザー音とLEDの光で知らせてくれる、デジタル型のトルクレンチです。ボルト・ナット締め付けや、トルク値の測定に最適。3〜60N・mの調節が可能で、高精度なトルク管理を簡単に行えるのが特徴です。

右ねじ・左ねじの両方向の測定ができるのもポイント。コンパクトで扱いやすく、エンジンの細かい部分や自転車の整備におすすめです。

ハゼット(HAZET) プレセット形トルクレンチ 5123-2CT

ハゼット(HAZET) プレセット形トルクレンチ 5123-2CT

ドイツの工具メーカー「ハゼット」のトルクレンチです。グリップの単回転でトルク値をセット可能。作業中に誤って設定が変わらないよう、「ロッキングリング」により設定値を固定できるのが特徴です。

トルク調節の範囲は60〜320N・m。また、本製品は長さ632mmとロングタイプで、大型車両のタイヤ交換への使用も可能です。さらに、トルクが設定値に達すると、クリック音と振動で知らせてくれるのも魅力。利便性に優れたおすすめのトルクレンチです。

ハゼット(HAZET) トルクレンチ ポルシェモデル 5122-2CLT-PD

ハゼット(HAZET) トルクレンチ ポルシェモデル 5122-2CLT-PD

ポルシェ・モータスポーツの公式ロゴが特徴的な、「レーシング・ツール・ライン」シリーズの本格派トルクレンチです。

グリップ回転による、スピーディなトルク値の調節が可能。また、3桁の大きな目盛りとクリックレンズ型のディスプレイにより、表示が確認しやすいのも魅力です。さらに、ハンドルの回転ノブを回せば、設定をロックできるのもポイント。機能性に優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

藤原産業 プレセット型トルクレンチ ETR3-110

藤原産業 プレセット型トルクレンチ ETR3-110

扱いやすさに優れた、プレセット型トルクレンチです。20〜110N・mの間でトルク調節が可能。自転車整備や自動車のタイヤ交換など、さまざまな用途に対応しています。安価で入手しやすいのもポイントです。

あらかじめ設定したトルクへ達すると、「カチッ」という音と振動で感知。同時にヘッドの角度が変わるため、締め付け完了を簡単に確認できます。はじめてトルクレンチの導入を検討している方におすすめです。