自動車のホイールナットなどを締め付ける工具「トルクレンチ」。最近はデジタル表示やデータ管理できるモノが増えており、作業シーンに合わせて使えば作業効率もあがります。ただ、種類が多く扱いやすさもモデルによってさまざまです。

そこで今回は、おすすめのトルクレンチをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

トルクレンチとは?

By: amazon.co.jp

「トルクレンチ」とはその名の通り、所定のトルク(強さ)でボルトやナットなどを締め付けるための道具。バイクや自転車、自動車などの整備に使う場合や、工事現場・建築現場などで使う場合などに最適な工具です。トルクには規定が定められており、「N・m」という単位で表記されます。トルク値が合っていないと簡単に外れてしまう恐れがあるため、購入前にトルク値を必ずチェックしておきましょう。

トルクレンチの選び方

目的に合わせて種類で選ぶ

プレセット形

By: amazon.co.jp

プレセット形は、あらかじめ設定したトルク値に達すると、「カチッ」といった音と手に伝わる衝撃で締め具合を知らせてくれるのが特徴。

また、通常のトルクレンチは回転の方向が決まっていますが、ラチェットタイプを使用すれば逆回転にすると空回りし、その反復運動で締めることができます。狭い所で作業する場合や、たくさんボルトやナットを締める場合におすすめです。

スパナ形

By: amazon.co.jp

スパナ形は、設定したトルク値になると音や衝撃で知らせてくれるのが特徴。「アジャスタブルレンチ」とも呼ばれることもあります。

複数のボルトやナットを締めるときに便利なアイテムですが、ボルトに触れる面積が狭いので、ボルトやナットの頭や角を傷つけやすい点には注意しておきましょう。

ダイヤル・プレート形

By: amazon.co.jp

ダイヤル形は持ち手の所に、プレート型はプレート部分にダイヤルが付いており目盛りと針でトルクを目視できます。数多くのボルトやナットを締めるような作業シーンには不向きですが、パーツが緩んでいないかなどの検査や測定を行う時におすすめです。

デジタル形

By: amazon.co.jp

デジタル形は、あらかじめトルク値を設定しておくことで、ボルトやナットを締めていき、設定したトルク値になると電子音とデジタル表示で知らせてくれるトルクレンチです。

ダイヤル・プレート形と同様に検査や測定におすすめ。なお、製品によっては測定したデータをパソコンに転送できるタイプもあり、効率的な品質管理を行いたい時にも便利です。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

トルクレンチを選ぶときには、使用できる最大値の70%以内に作業対象の規定トルク値が収まるように選びましょう。例えば普通車のホイールのボルトやナットの規定トルク値は100~120N・mあたりなので、その場合は142~171N・m以上が最大値の目安となります。

なお、作業対象の規定トルク値とトルクレンチの使用最大値が同じだと、作業対象の規定トルク値まで締めるのに相当な力が必要となり、規定トルク値より緩く締まってしまうことがあるので、注意しましょう。

トルクレンチのおすすめメーカー

東日製作所

By: amazon.co.jp

手動式・機械式のトルク機器を主な事業としている「東日製作所」は、昭和24年から続く会社でアメリカなどの海外にも関連会社があります。

DIY向けのアイテムから最大2800N・mのトルクレンチまでラインナップが豊富なのもポイント。プレセット形のトルクレンチの種類が多いほか、ダイヤル・プレート形やデジタル形といった測定・検査用のトルクレンチも取り扱っています。

京都機械工具(KTC)

By: amazon.co.jp

昭和25年から続く「KTC」は、トルクレンチをはじめ配管ツールや収納具など、1万点以上のアイテムを扱っているハンドツールメーカー。

デジタル表示による高精度トルクコントロール機能を備えた「デジラチェ」や作業履歴を自動的に記録してデータをPCに転送できる「デジラチェメモルク」を取り揃えているのが特徴です。

トネ(TONE)

By: amazon.co.jp

「TONE」は、ホームセンターなどでも見かける機会が増えたメーカー。1925年にスタートした会社で歴史は古く、前身の前田金属工業が設立したのが1938年、そしてもともとブランド名だったTONEを現在の社名として変更したのが2013年になります。

かつてからソケットレンチやトルクレンチなどが好評で、自動車やオートバイ関係者の間では古くから知られているブランドでしたが、最近は一般ユーザー向けのハンドツールも充実。トルクレンチに関してはプレセット形やスパナ形、モンキ形などさまざまなアイテムをリリースしています。

トルクレンチのおすすめモデル

東日製作所 トルクレンチ QL140N

日本製工具メーカー東日製作所の、締め付け作業用トルクレンチ。設定したトルクに達するとトグルが作動して、音声で教えてくれるプレセット形タイプ。頭部ラチェットは24枚刻みで、トルク値は30~140N・mに設定できます。

東日製作所が扱うトルクレンチの中でも、ベーシックなタイプなので初心者にも扱いやすいのが魅力です。また、保証書や専用ケースも付いているので長く愛用したい方にもおすすめのアイテムです。

東日製作所 モータースポーツ用トルクレンチ MTQL40

「1本のトルクで多くのボルトが管理できるように」と開発されたシリーズで、低トルク値専用のトルクレンチです。

トルク値の設定範囲は5~40N・mで、ロードバイクや競技用自転車、モータースポーツの整備など低トルクでの作業が多い方におすすめ。樹脂製のハードケースが付属しているため、持ち運びも便利な製品です。

東日製作所 トルクレンチ QL50NMH

設定したトルク値に到達すると、トグルが作動して、きれいなシグナル音で締め付け完了を知らせてくれるプレセット形のトルクレンチです。トルク値の設定範囲は10~50N・m。頭部のラチェットは24枚刻みで、15°の振り幅があるため狭い場所での締め付けに性能を発揮します。

持ち手がメタルグリップのため、油や薬品などを使用する環境でも持ちやすく扱いやすい製品です。

東日製作所 トルクレンチ DB200NS

検査・締め付け専用のダイヤル式トルクレンチです。最大値の読み取りに便利な置針が付いています。

樹脂グリップで持ちやすく、手をかける位置が変わっても精度に影響が出ないのも特徴。トルク値の設定範囲は20~200N・mで、ダイヤルインジケーターは全囲をプロテクターで覆っているため、測定物を傷つける心配なく作業できます。

京都機械工具(KTC) デジラチェ GEK060-R3

搭載したセンサーによって、操作時にグリップに掛かる過重を正確に感知し、分析してくれるデジタルトルクツールのデジラチェ。作業姿勢や習熟度にかかわらず、精度の高いトルク設定が可能です。

トルク値の設定範囲は12~60N・mで、作業中にソケットが外れることを防止するユニオン構造を採用。設定したトルク値に近づくと音声だけでなく、LEDの点滅でも知らせてくれるため、エンジンルームや車体底部など、暗い場所での作業におすすめの製品です。

京都機械工具(KTC) ホイールナット トルクレンチ WCMPA108

日産やホンダなど、ホイールナット締め付けトルク値が108N・mとなっている車種にだけ対応する単能型トルクレンチです。

普段トルクレンチを使用する機会が少なく、愛車のタイヤ交換にのみ使用する方におすすめ。作業する際にトルク値を変更することなく、手軽に使用可能です。本製品は、日産やホンダ以外にも、トヨタ、ダイハツ、スズキ用にアイテムがラインナップされています。

京都機械工具(KTC) プレセット型 トルクレンチ CMPB2004

トルク値をあらかじめ設定できるため、連続作業や目盛りが見えにくい場所での使用におすすめのプレセット型トルクレンチです。設定したトルク値になると音と軽い衝撃で知らせてくれて、目で見えなくても締め付け完了を確認できます。

トルク値の設定範囲が40〜200N・mと広く、普通車のタイヤ交換はもちろん、トラックやキャンピングカーなど大型タイヤの締め付けにも使用可能です。

トネ(TONE) プレセット型トルクレンチ T4HC140

レースで使用されることがあるほど信頼性の高い、日本製の老舗工具メーカーが販売するプレセット型トルクレンチ。

差込角は12.7mmで、トルク値の設定範囲は40~140N・mです。タイヤ交換から工場での整備まで幅広いシーンで対応できるのが魅力。また、校正証明書が付属しているため、購入後も長く使いたい方におすすめです。

トネ(TONE) プレセット形トルクレンチ T3MN50

設定したトルク値になると音と衝撃で知らせてくれるプレセット形トルクレンチ。メカニカル機構のデジタル表示値によって、直接数値を読み取ってトルク設定を行うため、設定ミスの防止や締め付けトルクの管理に便利です。

重さは520gと軽量で、トルク値の設定範囲は10~50N・m。ロードバイクや自転車の整備など、低トルクでの作業に最適なアイテムです。

トネ(TONE) プレセット形トルクレンチ T2MN13

従来のトルクレンチのように、主目盛り・副目盛りを読み取る必要がなく、デジタル表示で簡単に確認できるプレセット型のトルクレンチです。

グリップ後部のトルク調整ノブを回すだけでトルク値を簡単に設定でき、設定範囲は3~13M.nと低トルクでの作業におすすめ。290gと非常に軽量なので、子供の自転車の整備など日常生活に重宝するアイテムです。

トネ(TONE) スパナ形単能トルクレンチ TSP55-26

新冷媒のフレア管の綱手とフレアナットの標準締め付け用のトルク値をあらかじめ設定してある、単能形のトルクレンチ。

設定したトルク値になると音や衝撃で知らせてくれるプレセット形で、ルームエアコンや冷媒機器のメンテナンスに最適です。また、スパナ形なので狭い場所でも扱いやすいのがポイント。校正証明書も付属されており、長く愛用できるアイテムを探している方におすすめです。

トネ(TONE) モンキ形トルクレンチ TMWM50W

ボルト・ナットの角が傷みにくい、モンキタイプの締め付け専用トルクレンチです。下あご部分のがたつきを少なくして、衝撃の反動を抑えるバックラッシュレスウォーム機能を搭載。

また、トルク値の設定範囲は10~50N・mと低トルクでの作業にも使用できます。最小口開き幅17、最大口開き幅38のあらゆるボルト・ナットに対応している汎用性の高さが特徴。エアコンや自動車、バイクのメンテナンスなどさまざまな用途に使えるおすすめの製品です。

エマーソン トルクレンチセット EM-29

有名な工具メーカーであるエマーソン製のベーシックトルクレンチセットです。14・17・19・24mmの厚口ソケットと21mm薄口ロングのソケットにエクステンションバーと専用ケースが付属しています。

トルク値の設定範囲は、2018年9月以降に発売されたモデルは40~200N・m、それ以前のモデルであれば28~210N・mと範囲幅が広く、1つのトルクレンチでさまざまな作業を行いたい方におすすめの製品です。

大橋産業(BAL) トルクレンチ 2059

クロムバナジウム鋼でできた3種類の薄型ディープソケットが付いた、プレセット型ラチェット式のトルクレンチセットです。アルミホイール対応の17・19・21mmの薄型ディーブソケットにエクステンションバーと専用のブローケースが付属しています。

トルク値の設定範囲は、30~180N・mでトルクは右回転のみ。自転車の修理やタイヤ交換におすすめのアイテムです。

東日製作所 トルクレンチ CDB100NX15D-S

軽量で扱いやすく、作業用途に合わせてヘッドを交換できる低コストなトルクレンチです。

トルク値の設定範囲は10~10N・mでバイクのメンテナンスなどにおすすめ。樹脂グリップで持ちやすく、プレート形に比べると変形量が少ないため、疲れることなく使用できる製品です。