自動車のホイールナットなどを締める工具「トルクレンチ」。最近はデジタル表示されたり、データ管理できたりと、便利な製品が増えています。作業シーンに合わせて使えば作業効率もあがりますが、種類が多く、扱いやすさもモデルによってさまざまです。

そこで今回は、おすすめのトルクレンチをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

トルクレンチとは?

By: amazon.co.jp

トルクレンチとは、ボルトやナットなどを規定のトルクで締め付けるための道具です。表記単位は「N・m(ニュートンメートル)」。本体にトルク値を表す目盛りが付いている製品や、設定したトルク値に達すると音が鳴るモデルなど、ラインナップされている種類もさまざまです。

バイクや自動車は、ボルトやナットなどの締め付けが弱いと、走行中にタイヤのホイールが外れてしまうことがあります。反対に、締め付けが強すぎると、ホイールを固定するボルトが折れる可能性があるので危険です。そのため、トルクレンチを購入する際は、製品情報に記載されているトルクの調節範囲を確認しておきましょう。

トルクレンチの種類

直読式

ダイヤル・プレート型

By: amazon.co.jp

ダイヤル型は持ち手部分に、プレート型はプレート部分にダイヤルが付いており、目盛りと針でトルクを目視できます。多くのボルトやナットをまとめて締めるような作業には不向きですが、パーツが緩んでいないかなどの検査や測定を行うときにおすすめです。

デジタル型

By: amazon.co.jp

デジタル型は、ボルトやナットを締めていき、設定したトルク値になると電子音やデジタル表示で知らせるトルクレンチです。

デジタル型も、ダイヤル・プレート型と同様に、検査や測定に適しています。なお、製品によっては測定したデータをパソコンに転送できるタイプもあり、効率的に品質管理を行いたいときに便利です。

シグナル式

By: amazon.co.jp

シグナル式のトルクレンチは、本体に目盛りが付いておらず、設定したトルク値に達したときに音や振動などの「シグナル」で通知するものです。シグナル式のトルクレンチは、おもにプレセット型とスパナ型の2種類。また、なかには目盛り付きタイプのモノもあります。

プレセット型

By: amazon.co.jp

プレセット型は、あらかじめ設定したトルク値に達すると、「カチッ」といった音と手に伝わる衝撃で締め具合が分かるのが特徴です。

また、通常のトルクレンチは回転する方向が決まっていますが、ラチェットタイプを使用すれば逆回転にすると空回りし、その反復運動で締め付けられます。狭い所で作業する場合や、たくさんのボルトやナットを締める場合におすすめです。

トルクレンチの選び方

用途で選ぶ

自転車整備

自転車整備用のトルクレンチを選ぶときは、最低トルクを確認することが大切です。一般的な自転車整備では低めのトルクが使われることが多く、トルクの目安としては15~20N・m程度。最低トルクが高すぎると、自転車整備に適さないこともあるので注意しておきましょう。

また、自転車のペダルには通常とは逆の方向に回る逆ネジが使用されているため、両方向に締め付けられるトルクレンチを選ぶことも大切。室内や駐車場といった狭い場所で作業することを考慮すると、軽量でコンパクトなモノがよりおすすめです。

自動車整備

By: amazon.co.jp

メーカーや車種などによっても異なりますが、自動車整備の場合、10~60N・m程度のトルクがあれば一般的な作業を行えます。たとえば、エンジンオイルの交換でのドレンボルトを締め付けるためには、30~40N・m程度の力が必要です。

タイヤ交換

By: amazon.co.jp

タイヤ交換をする際のトルク値の目安は、普通車で90~110N・m、軽自動車では70~90N・m程度。タイヤ交換専用のトルクレンチは、各メーカーからさまざまな製品が展開されています。なお、専用のトルクレンチでなくても、プレセット型やデジタル型のトルクレンチでも対応可能。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

トルク値で選ぶ

By: amazon.co.jp

トルクレンチを選ぶときには、規定トルク値が使用できる最大値の70%以内に収まるように選びましょう。たとえば、普通車のホイールのボルトやナットの規定トルク値は100~120N・mなので、その場合に使用するトルクレンチの最大トルク値は142~171N・m以上が目安です。

なお、作業対象の規定トルク値とトルクレンチの使用最大値が同じだと、作業対象の規定トルク値まで締めるのに相当な力が必要になります。規定トルク値より緩く締まってしまうこともあるため注意しておきましょう。

トルクレンチのおすすめメーカー

東日製作所(TOHNICHI)

By: amazon.co.jp

手動式・機械式のトルク機器をおもな事業としている「東日製作所」。1949年から続く会社で、アメリカなどにも関連会社があります。

DIY向けのアイテムから、最大2800N・mのトルクレンチまでラインナップが豊富。プレセット型のトルクレンチの種類が多いほか、ダイヤル・プレート型やデジタル型といった、測定・検査用のトルクレンチも扱っています。

京都機械工具(KTC)

1950年から続く「京都機械工具」は、トルクレンチをはじめ、配管ツールや収納具など1万点以上のアイテムを扱っているハンドツールメーカー。

デジタル表示による高精度トルクコントロール機能を備えた「デジラチェ」や、作業履歴を自動的に記録してデータをPCに転送できる「デジラチェメモルク」など、機能性に優れたアイテムを展開しているのが特徴です。

トネ(TONE)

By: amazon.co.jp

1938年に創業した高級工具を扱うメーカー。もともとは「前田金属工業」という社名でしたが、2013年に、もともとブランド名だったTONEを社名として採用しました。

以前からソケットレンチやトルクレンチなどが人気でしたが、最近は一般ユーザー向けのDIYツールも充実。トルクレンチに関しては、プレセット型やスパナ型、モンキ型など、さまざまなアイテムがラインナップされています。

トルクレンチのおすすめモデル

東日製作所(TOHNICHI) ダイヤル型トルクレンチ置針付 DB6N4S

軽量で小型のため操作がしやすく、検査用に適したダイヤル型トルクレンチ。プロが使用することも多い東日製作所のDBシリーズです。重量400g、トルク値が0.6~6.0N・m。同シリーズには、トルク値が0.2~1.5より40~420のモノなど、さまざまな種類があるため、用途に応じての選び方ができます。

また、ダイヤル目盛りが回転できるので、指針を設定トルクに合わせて「0」で完了も可能。測定や検査用として使用するトルクレンチを探している方におすすめのアイテムです。

東日製作所(TOHNICHI) プレート式 トルクレンチ F92N

検査・測定・締め付けなど、さまざまな用途に便利に使えるプレート直読式トルクレンチ。東日製作所のSF/Fシリーズです。トルク値は10~92N・m。自転車・自動車・バイクの整備にも使用できます。内部応力を一定に保つアームは独自の形状で、摩擦部分も少なくて耐久性にも優れたモデルです。

また、F型はハンドルのデザインが波型になっているため、手が滑りにくくて操作がしやすいのも特徴。簡単な作業から高いトルク値が必要な作業まで、用途に応じて選べるトルクレンチを揃えたい方におすすめです。

京都機械工具(KTC) デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK085-R3

多くの便利な機能を搭載しており、使いやすさが特徴のKTCのデジタルトルクレンチGEKシリーズ。パワーセンサーが搭載された固定グリップにより、操作荷重を感知して分析します。そのため、高精度なトルク測定が可能です。

また、大型のLEDランプの点灯で、表示が見えにくいポジションでも確認がしやすく、作業効率も向上します。そのほかにも、設定トルク90%になると、ブザーの断続音とLEDが点滅。100%に到達するとブザーが連続音になり、LEDが点灯して知らせます。

ブザー音のONとOFFの切り替えもできるため、オフィスや深夜作業にも便利です。「N・m」から「kgf・m」「lbf・in」「lbf・ft」へのトルク単位換算機能も付いています。旧車や外車など、単位換算が必要な作業での使用におすすめです。

藤原産業 K11 デジタルトルクレンチ SDT3-060

初心者の方の自転車整備などに適したデジタルトルクレンチ。精度の高いトルク管理ができ、デジタル表示を見ながらの調節が可能です。サイズが、幅4.8×高さ22.5×奥行き4cmと小型で、重量が480gと軽量なので操作がしやすいのも魅力。

作業角度や明るさなどにより、デジタル表示が見えにくい場合でも、ブザーとLEDの光で設定トルク到達を知らせます。また、左右両方のネジの測定が可能。さらに、設定トルク値と測定トルク値の「N・m」から「kgf・cm」「lbf・in」「lbf・ft」への単位換算機能も付いていて便利です。

約2分間操作しない場合には、自動で電源がOFFになる「オートスリープ」機能もあり、省エネにも貢献。取り扱いが簡単で高性能なトルクレンチを探している方におすすめです。

スエカゲツール Pro-Auto 差替式デジタルトルクレンチ WPC-085BN

自動車・バイク・その他機械類の整備や修理に適したデジタルトルクレンチ。高い精度での締め付け作業が可能なモデルです。しかも、重量440gと軽量なため操作がしやすいのも魅力。作業でよく使用する設定トルクをあらかじめ設定できる機能も搭載しています。

また、設定トルクに到達すればブザーとLEDランプ点滅で知らせる機能や、約5分間操作しなければ電源OFFになる「オートスリープ」機能も搭載。

さらに、モンキーヘッド・ラチェットヘッド・スパナヘッド・メガネヘッドなど用途に応じてのヘッド交換も簡単に可能です。あらゆる場面に対応する使い勝手のよさも備えています。自動車やバイクなどの整備に使用できて、操作も簡単なトルクレンチを探している方におすすめのアイテムです。

藤原産業 E-Value プレセット型トルクレンチ ETR4-200

コスパの高さが魅力のプレセット型トルクレンチ。ボルトやナットを所定のトルク値で締め付けができ、目盛りも色付きで見やすいのが特徴で、DIYなどの作業に適したモデルです。

締め付け完了時にはヘッドの角度が変わり、プレセット型特有の「カチッ」という音と軽いショックで分かります。また、両回転ができるうえに、右と左のネジ対応型なので使い勝手のよさも魅力です。

持ち運び便利な専用ケースに、ソケットやエクステンションバーなどの工具もセットになっています。電気器具の取り付けや、奥まったボルトの締め付けなどの作業にも便利。幅広い作業に使えて取り扱いがしやすいうえ、価格も比較的安いため、初心者の方にもおすすめのアイテムです。

京都機械工具(KTC) ホイールナット専用トルクレンチ WCMPA103

高い精度でのトルク管理ができる、車のタイヤ交換専用の単能型トルクレンチ。設定トルク値は103N・m。右回転のみの締め方向に対応しています。メーカー指定トルク別専用設定により、より精度の高いメンテナンスが可能です。

全長は約42cmで、タイヤに手が干渉せず作業がしやすい長さに設定されています。

トネ(TONE) プレセット形トルクレンチ T4MN200

直接数値が読み取れるデジタル表示のプレセット型トルクレンチ。主目盛りや副目盛りの読み取りが必要なく、設定ミスを防げるうえに、締め付けトルクの確認や管理もしやすいモデルです。

トルク値は40~200N・m。大型車・普通車・軽自動車のボルトやナット締め付けなどの作業や、ホイールナットの締め付けもできます。大型車を所有している方や、さまざまな車種に使えるトルクレンチを探している方におすすめのアイテムです。

東日製作所(TOHNICHI) トルクレンチ QL140N-MH

トルクの変更が目盛りで簡単に行えるプレセット型トルクレンチ。設定トルク値に到達すると、音で締め付け完了を通知するシグナル式です。トルク値が30~140N・mで、自動車整備やタイヤ交換に適しています。頭部ラチェットは24枚刻みになっており、振り幅は15°。狭い場所でも締め付けやすいのが魅力。

簡単なDIYなどの作業や、自転車・バイク・大型車まで、用途に応じて幅広い選び方が可能です。

アサダ 新冷媒用トルクレンチセット XP714

フレアナットの締め付け作業に使う、冷媒用のトルクレンチです。18・42N・mが2本セットになったアイテム。あらかじめフレアナットの締め付け標準トルクが設定されています。締め付け不足で冷媒漏れを起こしたり、締め付けすぎでフレア部分が破損したりするのを防げて便利。

エアコンの取り付けやガス補充作業などを自分で行う方におすすめのアイテムです。

トネ(TONE) スパナ形単能トルクレンチ TSP55-26

適正トルクでのフレアナットの締め付けができる、スパナ型のトルクレンチ。冷媒機器のフレア管継手やフレアナットを締め付けるための標準トルクが設定されています。

設定トルク値に到達すれば「カチッ」という音や軽いショックで分かるので、初心者の方でも安心。左ネジの場合には、本体を反転して使用が可能です。

大橋産業(BAL) ソケット レンチセット 40PC 506

幅広い用途で使える、便利なソケットとレンチのセット。6角ソケットは、ミリ単位で4~12mmまでの9種類、インチ単位も9種類がセットです。12角ソケットもミリ単位で9~14mm、16・19mmの9種類と、インチ単位で7種類あります。

さらに、ソケットアダプターや21mmのスパークプラグソケット、ラチェットハンドルなどが付属。DIYや簡単な家電修理、自転車などの点検や整備もできます。

価格が安いのも魅力。トルクレンチの使用が初心者の方や、あらゆるケースでの使用を想定している方におすすめです。

メルテック(meltec) トルクレンチ F-92

設定トルク値で、ホイールナットやボルトの締めすぎや締め不足のチェックに適したトルクレンチ。トルク値は28~210N・mの調節が可能で、幅広く締め付けのチェックができます。

トルクの設定は、グリップの下部にあるストッパーを左に回してロックを解除し、本体の目盛りで調節するだけの簡単仕様。調節後はストッパーを右に回してロックして使用します。グリップ側にある目盛りで、さらに細かいトルクの設定もできます。

21・19mmのソケットと、アルミホイールにも対応したエクステンションバーもセットになっていて便利。車の点検や整備、ノーマルやスタッドレスなどのタイヤ交換を行う方におすすめのアイテムです。

エマーソン(Emerson) トルクレンチセット EM-29

DIYなどの簡単な作業から車の整備までできる、エマーソンの人気トルクレンチセット。必要以上の締め付けを防ぐため、初心者でも安心して使用ができます。

グリップの下部に設置されている「ロックつまみ」を緩めると、トルク値の変更も簡単。また、ソケットも14・17・19・24mmの4種が付属。エンジンオイルの交換やタイヤ交換にも便利です。

さらに、21mmの薄口ロングソケットとエクステンションバーも付属しています。デザイン性が高いホイールを取り扱う場合や、スムーズにタイヤ交換を行いたい方におすすめのアイテムです。

京都機械工具(KTC) デジタルトルクレンチ TORQULE GNA080-03

ラチェットハンドル、あるいはドライバ型ハンドルといった工具に装着して使用するトルクレンチ。所有している工具が、高精度のデジタルトルクレンチになる画期的なモデルです。

また、スマートフォンやタブレットなどへの連動も可能。Bluetoothで接続して測定値の結果表示やデータ転送、測定履歴の管理などができる逸品です。