プラモデルのパーツを切り出す際に使用する「プラモデル用ニッパー」。プラモデルは柔らかなプラスチックを素材に使用しており、ニッパーを使う際は精密な作業が必要です。

プラモデルに特化したニッパーは各メーカーからさまざまなモデルが販売されており、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめのプラモデル用ニッパーをご紹介します。

プラモデル用ニッパーの選び方

プラモデル用ニッパーの種類

片刃ニッパー

「片刃ニッパー」とは、刃の片面だけがカットできる切刃になっているニッパーのこと。片方の刃は「まな板刃」と呼ばれ、切断したい素材を支えます。まな板刃がしっかりと素材を支えながら、切刃がカットする構造により、パーツの断面をキレイに揃えられるのがメリットです。

また、切れ味も鋭く、パーツの白化を抑えつつカットできるのもポイント。プラモデルを制作する際の使用頻度が高く、モデラーからも高い人気を集めているタイプのニッパーです。

精密ニッパー

By: amazon.co.jp

「精密ニッパー」は、細かい作業を行う際に便利なタイプです。刃の部分がコンパクトにデザインされている製品が多く、プラモデルの小さなパーツを切り離す際に便利。先端の形状が異なるさまざまなタイプが販売されており、さまざまな種類の精密ニッパーを用途に合わせて使い分ける場合もあります。

精密ニッパーには、片刃タイプや刃の表面がフラットなタイプなども存在。ラインナップが豊富で、プラモデル初心者から上級者まで幅広い層に愛用されているタイプです。

薄刃ニッパー

By: amazon.co.jp

「薄刃ニッパー」は、スリムな形状の刃を採用しているのが特徴です。素材に圧力がかかる範囲が小さいので、プラモデルのパーツをカットする際に白化しにくいのがポイント。刃が欠けてしまうトラブルには注意する必要がありますが、切れ味が鋭く小さなパーツを切り離しやすいタイプです。

ランナーからパーツを切り離す際はもちろん、バリ取り作業に使用するニッパーとしても適しています。

刃の形状をチェック

ストレート刃

By: amazon.co.jp

「ストレート刃」は、名称が示す通り刃の形状がストレートなタイプのニッパー。ストレート刃のニッパーでパーツをカットすると、断面をキレイに仕上げられるのが特徴です。

切れ味はラウンド刃が優れていますが、ストレート刃は切断面がまっすぐになり、扱いやすいのが魅力。小さなパーツを切り離すなど精密な作業を行う際にも適しています。

ラウンド刃

By: amazon.co.jp

「ラウンド刃」は、刃の形状がまっすぐのストレート刃に対して、楕円形の刃を採用しているタイプです。素材をカットする際に刃が入りやすく、鋭い切れ味を有しているのが特徴。軽い力でカットできるので、プラモデルパーツを多数切り離す際にも便利です。

楕円形の刃でカットするため、切断面は少し潰れてしまう点には注意が必要。ランナーからパーツを切り離す際にはラウンド刃、バリ取りにはストレート刃など、刃の形状ごとに使い分けるのもおすすめです。

握りやすいグリップのモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

プラモデル用のニッパーは製品ごとにグリップ部のサイズやデザインが異なります。グリップが手にフィットしていないと、力加減が上手くできなくなってしまうので注意が必要。間違った部分をカットしてしまったりケガしてしまったりする可能性もあります。

自分の手に合ったグリップであれば、力が入れやすく長時間作業時にかかる負荷も軽減可能です。また、滑りにくいゾルコーティング仕上げのグリップを採用しているモデルも人気。手に馴染みやすく、しっかりと握れるのがメリットです。形状や大きさなどをチェックし、自分の手に合いそうなモデルを選択しましょう。

機能をチェック

開きすぎ防止ストッパー

By: amazon.co.jp

サイズの大きいプラモデルパーツをカットする際は、ニッパーの刃も大きく広げる必要があります。ただし、ニッパーの刃を開きすぎると、グリップ上部についているバネが伸びて外れてしまうので注意が必要。バネ部分が破損するとニッパーの刃が自動で開かなくなるため、効率よく作業が行えなくなります。

「開きすぎ防止ストッパー」を搭載しているプラモデル用のニッパーであれば、刃の開きすぎを予防可能。バネが外れてしまうトラブルを軽減でき、ニッパーを長期間使用できます。

刃折れ防止ストッパー

By: amazon.co.jp

プラモデル用のニッパーで素材をカットする際に力を入れすぎると、刃が閉じた際に刃折れを起こしてしまう可能性があります。特にスリムな形状の刃を採用している薄刃ニッパーは、刃が損傷しやすいので注意が必要です。

グリップ上部に「刃折れ防止ストッパー」が付いている製品であれば、必要以上に力が加わり刃が折れてしまうトラブルを予防可能。力のいる作業を行う場合にも便利です。

プラモデル用ニッパーのおすすめメーカー

タミヤ(TAMIYA)

世界的にも有名な「タミヤ」は静岡県に本社を置く日本の総合模型メーカーです。プラモデルやミニ四駆などで有名ですが、プラモデル用のニッパーも製造しています。

タミヤのプラモデル用ニッパーはラインナップが豊富。精密ニッパーや薄刃ニッパー、炭素工具鋼を焼き入れ熱処理した切れ味に優れたニッパーなど、使用用途に適した製品を選びやすいのが魅力です。

ケイバ(KEIBA)

「ケイバ」は、新潟県三条市にあるマルト長谷川工作所の手動工具ブランドです。ニッパーのほか、ペンチやプライヤーなどを製造していることでも有名。タミヤをはじめとする有名ブランドのOEM製品を手掛けていることでも知られています。

ケイバのプラモデル用ニッパーには、グリップにエルゴノミクスデザインを採用しているモデルがラインナップ。手にしっかりとフィットしやすいのが特徴です。

ツノダ(TSUNODA)

By: amazon.co.jp

「ツノダ」は、新潟県燕市に本社を置く日本の工具メーカーです。プライヤー・ペンチ・ケーブルカッターなどを取り扱っており、プラモデル制作に適したニッパーも多数製造しています。

ツノダが製造するプラモデル用ニッパーは、切断面をキレイに仕上げられるのが特徴。効率よくプラモデルを制作したい方にもおすすめのメーカーです。

ゴッドハンド(GodHand)

模型ツール専門店として知られる「ゴッドハンド」は、2010年に設立された日本のメーカーです。ヤスリやピンセット、ピンバイスなどプラモデル制作に必要なツールを多数取り揃えているのが特徴。プラモデル用ニッパーのラインナップも豊富です。

また、新潟県燕三条の職人が手作業で作っている高品質なニッパーも人気。子供用に設計された「こどものニッパーEX」と呼ばれる製品も取り扱っています。

プラモデル用ニッパーのおすすめモデル

タミヤ(TAMIYA) 薄刃ニッパー ゲートカット用 No.35 74035

精密な作業に適したプラモデル用のニッパーです。刃先がスリムにデザインされており、細かいパーツを切り離す際に便利。パーツとランナーの隙間が狭い場合にも使いやすいのが魅力です。

熟練工の手によって刃先を丁寧に仕上げているのも特徴。刃は滑らかで鋭く、軽い力でパーツをカットできるのもポイントです。

グリップ部には特殊ゾルコーティング仕上げを採用。手にフィットしやすく、握りやすい点もおすすめのプラモデル用ニッパーです。

タミヤ(TAMIYA) モデラーズニッパーα No.37 69937

イエローカラーのグリップを採用しているプラモデル用のプラスチック専用ニッパーです。素材に焼き入れ熱処理した炭素工具鋼を採用しており、切れ味に優れている点が魅力的。プラモデルはもちろん、ミニ四駆制作にもおすすめです。

鮮やかなカラーにより工具箱の中で見つけやすいのが特徴。軟質樹脂製のグリップには、ダークグレイのタミヤロゴも印刷されています。

タミヤ(TAMIYA) 精密ニッパー No.1 74001

精密作業を行うために設計されている高品質なプラモデル用ニッパーです。高炭素工具鋼に高周波焼入れ処理が施した刃を採用しているのが特徴。切れ味がシャープで、パーツの切り取りを快適に行えます。

また、刃の表面にクリヤーラッカー防錆処理を施しているのもメリット。サビに強く耐久性に優れているので、長期間愛用するプラモデル用ニッパーとしてもおすすめです。

また、ゾルコーティング仕上げを施したグリップを採用しているのもポイント。手に汗をかいた場合でも滑りにくく、しっかりと握れる仕様です。

タミヤ(TAMIYA) モデラーズニッパーα No.93 74093

模型メーカーとして有名な「タミヤ」の製品ながら、リーズナブルな価格で購入できるプラモデル用ニッパーです。プラモデルやミニ四駆の細かいパーツを切り取りやすいのが特徴。焼き入れ熱処理が施された高炭素工具鋼の刃を採用しており、切れ味がシャープな点もおすすめです。

グレーカラーのグリップには軟質樹脂を使用。手に馴染みやすく、しっかりと握れます。

タミヤ(TAMIYA) クラフトニッパー(プラスチック/軟金属用) No.129 74129

強度が高く、硬い素材もカットできるプラモデル用ニッパーです。プラモデルのランナー枠はもちろん、プラスチックの角棒や丸棒をカットする際にもおすすめ。アルミや真鍮など、比較的柔らかな金属線にも対応できます。

プラスチック棒は3mm、アルミ線は2.5mm、銅線および真鍮線は2mmまで切断が可能。幅広い素材に使用できる点も魅力的なプラモデル用ニッパーです。

ケイバ(KEIBA) エルゴニッパー プラスチック用 PL-746

プラスチック専用のプラモデル用ニッパーです。エルゴノミクス形状のグリップを採用しているのが特徴。手に馴染みやすいだけでなく、しっかりと握れるので滑りにくいのが魅力です。また、手首にかかる負担を軽減できるため、長時間作業を行う際にも重宝します。

刃の形状はストレートなタイプを採用。素材に沿ってカットでき、細かいパーツを切り取る際にも便利なプラモデル用のニッパーです。

ツノダ(TSUNODA) 極薄刃プラスチックニッパー 片刃 ステンレス SKN-140

耐久性に優れたプラモデル用のニッパーです。サビに強いステンレス素材を使用しているのが特徴。耐久性に優れており、長期間愛用できるのが魅力です。

片刃仕様を採用しており、切断面がキレイに仕上がるのもメリット。極薄の刃を採用しており白化しにくい点もメリットです。

また、バネを使用した「開閉ロック機構」を搭載しているのもポイント。収納する際に刃先を閉じておける点も便利です。

童友社(DOYUSHA) 高級薄刃ニッパー 片刃 凄!

軽い力でプラスチックがカットできる、片刃の薄刃ニッパーです。刃の素材には高質クロムバナジウム鋼を使用。高周波焼き入れによる熱処理が施されており、切れ味に優れているのが特徴です。

「開きすぎ防止ストッパー」と「刃折れ防止ストッパー」が搭載されているのもポイント。パーツとランナーの隙間が狭い場合でも刃が入りやすく、精密な作業に使える点もおすすめのプラモデル用ニッパーです。

フジヤ(FUJIYA) プラスチックニッパ ストレート刃 90A-150

ストレート形状の刃を採用しているプラモデル用のニッパーです。刃の部分が薄く鋭利に加工されているのが特徴。鏡面仕上げが施された「マイクロミラーブレード」と呼ばれる刃を採用しており、切れ味に優れているのが魅力です。

また、ストレート刃により、切断面をキレイに仕上げられるのもポイント。小さなパーツを切り取る際など、精密な作業を行う際にも重宝します。

フジヤ(FUJIYA) プラスチックニッパ ラウンド刃 FPN-125RS

ラウンド形状の刃を採用しているプラモデル用のニッパーです。鏡面仕上げが施された「マイクロミラーブレード」を採用しているのが特徴。切れ味が鋭く、プラスチック全般のカットに対応できます。

コイルバネを搭載しているのもメリット。連続したパーツの切断を行う際に便利です。また、バネが破損した際には、交換用バネ「PNS-1」を購入して付け替えできます。

ゴッドハンド(GodHand) アルティメットニッパー 5.0 GH-SPN-120

切れ味を追求して作られている、片刃タイプのプラモデル用ニッパーです。片方の刃で素材を固定し、もう一方の刃でカットするのが特徴。ストレート形状の刃が採用されており、ナイフでカットしたように断面をキレイに仕上げられるのも魅力です。

刃付けや刃研ぎは、新潟県燕三条の職人が手作業で行っていると謳われているのも魅力です。また、切り出したパーツが飛んでいかないのもポイント。カットした細かなパーツが飛んでしまうトラブルを予防できます。

「刃折れ防止ストッパー」や「開き過ぎ防止ピン」も搭載。力を入れてパーツをカットした際の刃の欠けや折れを予防できるだけでなく、刃が開きすぎてバネが外れてしまうのを防げます。

ゴッドハンド(GodHand) ブレードワンニッパー GH-PN-120

直径2mmまでのプラスチックが切断できる片刃ニッパーです。片方の刃で素材を固定しながら、もう片方の刃でカットする製品。ストレート形状の刃を採用しており、パーツに刃を添わせながら切断できます。

「開き過ぎ防止ピン」を備えているのもポイント。刃の開きすぎを抑え、バネが外れてしまうトラブルを予防できます。また「刃折れ防止ストッパー」も搭載。力の入れすぎによって、刃が欠けたり折れたりしてしまうのも防げます。

付属品として、オリジナルニッパーキャップを同梱。収納時に刃を保護しておけるので便利です。

ゴッドハンド(GodHand) ケロロニッパー GH-PN-125-KR-KS

初心者向けに設計されているプラモデル用ニッパーです。漫画キャラクター「ケロロ軍曹」のグッズとして製造されており、本体にはキャラの顔をレーザー刻印で記しています。

全長は約130mm、グリップの太さは約12mm。パッキンバネを採用しており、グリップの握りやすさがメリットです。また、#2000の紙やすりが付属しているのもポイント。切断を誤った際に、紙やすりを使用して傷を薄くできる点もおすすめのプラモデル用ニッパーです。

ゴッドハンド(GodHand) こどものニッパーEX GH-KPN-95

子供に使いやすいようにデザインされている、プラモデル用の片刃ニッパーです。全長が約95mmとコンパクトなサイズを採用しているのが特徴です。

一般的なニッパーよりもグリップが太く、広めに開く点もメリット。力が入れやすく手の平にしっかりとフィットする点も魅力です。また、刃先は丸みのある形状を採用。ケガをしにくいのに加えて、プラモデルのパーツを傷つけにくい仕様です。

付属品としては革製のキャップが付属。収納時に刃先を覆い、ほかのモノを傷つけてしまう可能性を軽減できるのも嬉しいポイントです。

グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) 匠TOOLS 極薄刃ニッパー MSS-41

極薄の刃を使用しているプラモデル用のニッパーです。高周波焼き入れを施した高炭素鋼S58Cの刃を採用しているのが特徴。滑らかな切れ味を備えているのが魅力です。

また、エラストマー樹脂成形のグリップを採用しているのもポイント。握りやすく、安定した作業が行えます。バネには、耐久性に優れたプラスチック素材のモノを使用。硬さの異なるスペアのバネも付属しており、長期間愛用できる点もおすすめのプラモデル用ニッパーです。

ハセガワ(Hasegawa) エッチング ニッパー TT14

エッチング部分の切り離しに適したニッパーです。刃は薄めに設計されていますが、プラモデルのパーツ切り出しだけでなく、プラ板や真鍮線のカットにも使用が可能。刃の硬度が高く、欠けたり折れたりしにくいのが魅力です。

スリムな刃は、パーツとランナーの隙間が狭い際に便利。細かいパーツの切り取りなど、精細な作業を行う際におすすめのプラモデル用ニッパーです。

ミネシマ(MINESHIMA) Premium薄刃ニッパー D-25

薄刃構造が採用されたプラモデル用のニッパーです。スリムかつストレートなデザインのため、パーツとランナーの隙間が狭い場合でもカットできます。

「開きすぎ防止ストッパー」も搭載。刃の開きすぎによるバネの脱落トラブルを予防できます。また、バネは柔らかく、軽い力でカットが可能。長時間作業を行いたい場合にも重宝します。

RAYWOOD ニッパー 上級者 極薄片刃 #005

極薄の刃を採用しており、精密な作業が行えるプラモデル用のニッパーです。片方にまな板状の刃、もう一方に「極薄切刃」を搭載しているのが特徴。切れ味に優れており、軽い力でプラスチックのパーツを切り取れるのが魅力です。

グリップにはビビッドなカラーを採用。工具箱の中で見つけやすく、スムーズに作業に入れるのが特徴です。

「開け過ぎ防止ピン」を備えているのもポイント。刃が開きすぎてバネが取れてしまうトラブルを予防できるのもメリットです。また「刃折れストッパー」も搭載。力を入れすぎて刃が欠けたり折れたりしてしまうのを防げます。

ボンズ(bonds) ヌルッと切れる片刃ニッパー BPN1

力を入れずに切断できる、プラモデル用の片刃ニッパーです。刃先が約0.5mm、根元が約1.0mmのスリムな刃を採用。白化しやすい素材もサクッと切断できます。軽めのバネを採用しているのも特徴。長時間のパーツ切断作業を快適に行いたい場合にもおすすめです。

力を入れすぎた際の刃折れや刃欠けトラブルを防ぐ「刃折れ防止ストッパー」や、刃を開きすぎた際にバネが脱落してしまうのを防ぐために「開き過ぎ防止ストッパー」も搭載。安心して使用できる機能を備えているプラモデル用のニッパーです。

バンダイ スピリッツ(BANDAI SPIRITS) BANDAI SPIRITS エントリーニッパー

リーズナブルな価格で購入できるプラモデル用のニッパーです。ガンダムのプラモデルで有名な「バンダイ スピリッツ」が製造。プラモデル入門者向けのニッパーとしても適しています。

また、対象年齢は8歳以上なので初めてニッパーを使う子供にもおすすめ。ベーシックなニッパーを探している方はぜひチェックしてみてください。

GSI クレオス(GSI Creos) Mr.片刃ニッパー MT106

コスパに優れた塗装ブースで有名な「GSI クレオス」が製造する、プラモデル用のニッパーです。片方の刃で素材を固定し、もう片方の刃でカットする片刃タイプ。刃の形状はスリムで、細かいパーツを切り取る際にも便利です。

また、開きすぎ・刃折れ防止用のストッパーを備えているのもポイント。バネの脱落や刃折れ、刃の欠けなどのトラブルを予防でき、安心して使用できる点もおすすめのプラモデル用ニッパーです。