木材などを切るときに活躍する「電動ノコギリ」。リョービやマキタ、ハイコーキなどの国内メーカーが有名ですが、ボッシュのような海外メーカーの製品も人気があります。

また、木材を直線的に切断するのに適したモノや円形に加工しやすいタイプなど、その種類はさまざま。そこで今回は、おすすめの電動ノコギリを選び方とあわせてご紹介します。

電動ノコギリとは?

By: amazon.co.jp

電動ノコギリとは、刃を”前後”に動かすことによって木材などを切断する電動工具です。いくつか種類がありますが、一般的には「レシプロソー」や「セーバーソー」とも呼ばれるモノを指します。刃を交換することによって、木材だけでなくプラスチックや金属の切断も可能。

そのほか、「丸ノコ」や「ジグソー」といった種類の電動工具もあります。それぞれカットの仕方が異なるので、ぜひチェックしてみてください。

電動ノコギリの種類

レシプロソー・セーバーソー

By: amazon.co.jp

メーカーによって呼び方が異なりますが「レシプロソー」と「セーバーソー」は同じ電動工具のことを指します。特徴は刃を”前後”に動かすこと。刃を交換することで鉄やアルミなど、さまざまな資材の切断が可能。切断面が粗いため、細かい作業には不向きですが、解体作業などをする際は便利です。

また、ボディが細いため、建物内に設置されている配管やパルプなどの切断といった狭い場所での作業にも最適。最近では、一般家庭で気軽に使える充電式の小型モデルも発売されています。

電動丸ノコ

By: amazon.co.jp

電動丸ノコは、チップソーと呼ばれる刃をモーターの力で回転させて木材などを直線に切断する電動工具のこと。切断能力が高い点が特徴で、厚い材料でもより速く正確な切断が可能です。

ただし、取り扱いがやや難しく、注意して使わないと危険なこともあります。有線タイプはもちろん、コードレスタイプもあるので、使用する場所に応じて便利なモデルを選びましょう。

丸ノコについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ジグソー

By: amazon.co.jp

ジグソーは刃を”上下”に動かすことによって、木材などを切断する電動工具です。直線を正確に切るのは難しいですが、刃が細いので曲線を切る際に便利。刃が小さく扱いやすいところも特徴です。

電動ノコギリの選び方

給電方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

電動ノコギリの給電方法は、コードレスタイプと有線タイプがあります。コードレスのモノは幅広い場所で使えるのがメリットで、庭など電源のない場所で作業するのに便利です。

有線タイプのモノは長時間の使用に便利で、パワーが強いモノが多いのもメリット。多くの作業をする際におすすめです。電動ノコギリを使う場所や時間を考慮したうえで、製品を選ぶのがおすすめです。

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

電動ノコギリのサイズは、主に片手で持つ「小型タイプ」と両手で持つ「大型タイプ」の2つに分けられます。小型のモノは収納に便利ですが、切断性能の高さは大型のモノが優位です。

また、電動ノコギリは手動のノコギリに比べて手を動かす幅が小さいため、狭い場所で作業するのに便利な点も魅力。そのため、簡単なDIYであれば大きくパワーのあるモノを選ぶよりもコンパクトで収納に便利なモノを選ぶのがおすすめです。

切断能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

電動ノコギリを選ぶ際は、切断できるモノの種類と最大の厚み(mm)を確認しましょう。また、刃が1分間に何回動くのかを示す数値「ストローク数」や、刃が動く範囲を表す「ストローク幅」も確認しておくとベターです。

ストローク数が高いほど速いスピードで切断でき、ストローク幅が大きいほど太いモノを切ることができます。ただし、どんなモノでも大きなパワーがあればよいわけではありません。ストローク幅が大きい電動ノコギリは、本体サイズも大きくなる傾向にあるので、注意しましょう。

電動ノコギリのおすすめメーカー

リョービ(RYOBI)

By: amazon.co.jp

リョービは電動工具やガーデン機器、清掃機器などを手がけるメーカーです。なかでも、多彩なラインナップを持つ電動工具が有名で、電動ノコギリの種類も豊富。DIY初心者の方から玄人の方まで、幅広いニーズに応える製品が揃っているのが魅力です。

電動ノコギリは大きく分けて、初心者の方におすすめのエントリーモデル、DIYやガーデニングに最適なDIYモデル、職人も愛用する高性能なプロモデルの3つのラインがあります。気軽なDIYはもちろん、本格的な日曜大工に使える製品も用意されているので、自分に最適な1台を見つけてみてください。

リョービの電動工具は、軽量かつコンパクトであるのが特徴。使いやすく耐久性に優れているため、さまざまな分野のプロにも愛用されています。初めて電動ノコギリを購入する方にもおすすめのメーカーです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは1915年にモーターの販売修理会社として創業した日本の大手電動工具メーカーです。現在では国内のみならず海外にも進出し、優れた電動工具を生み続けています。

マキタの電動工具は種類が豊富で、プロも仕事に用いるほど高性能なのが魅力。また、全国に100ヵ所以上の営業所があり、購入後のアフターサービスが充実しているのもポイントです。

電動ノコギリも多彩なラインナップがあり、DIYや大型ゴミの解体にも余裕を持って対応できる製品が揃っています。家庭用に最適な小型モデルもあるので、電動ノコギリを探しているならぜひ一度検討したいメーカーです。

ハイコーキ(HiKOKI)

By: amazon.co.jp

日本の大手電動工具メーカー、日立工機がハイコーキにブランド名を変更。家庭用の電動工具はもちろん、プロ向けの高性能な電動工具も多数開発しています。DIYを趣味とする方からも人気の高いメーカーなので、国内製の電動ノコギリを探すならぜひチェックしたいメーカーです。

日立工機の製品は、革新的な独自技術と性能の高さが評判。リチウムイオン工具は、電圧が同様であればバッテリーをほかの電動工具に使い回せます。電動ノコギリだけでなく、ほかの電動工具も買い揃える際に、バッテリーを兼用できるのは大きな魅力です。

また、電池の充電速度が速いのも特徴。高性能な電動ノコギリを探している方におすすめのメーカーです。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

ドイツを本拠地に自動車及び電動工具メーカーとして事業を展開するボッシュ。電動工具市場のリーディングカンパニー的な存在で、ジグソーなどをはじめて世に送り出したメーカーといわれています。

2012年には業界に先駆けて、リチウムイオンを使用した「コードレスドライバーIXO」を発売。発売から10年で1200万台を突破するなど、世界でトップクラスの売れ行きを誇る電動工具を輩出しています。

電動ノコギリのおすすめモデル|レシプロソー・セーバーソー

マキタ(MAKITA) 充電式レシプロソー JR184DRF

マキタの高性能な電動ノコギリです。ツーバイフォーの木材約50本、径25.4×厚さ1.2mmの鋼管約170本、厚さ12.5×幅300mmの石膏ボード約377枚を切断できます。本格的なDIYや日曜大工をする方におすすめです。

本体サイズは幅8×長さ40×高さ22cmと小型で、質量1.7kgと軽いため、取り回しも容易。高所や上向きでの作業も行いやすく便利です。

2つの無段変速スイッチを搭載しており、作業に合わせて使い分けられるのもポイント。ブレードはアタッチメントなしで付け替えでき、オプションのブレードも豊富なので、さまざま作業を1台でこなせます。

暗い場所での作業に役立つ高輝度LEDライトも搭載。バッテリー残量が画面に表示されるので、充電のタイミングも一目で把握できます。本格的にDIYを楽しみたい方におすすめの電動ノコギリです。

ハイコーキ(HiKOKI) 10.8V コードレスミニソー CJ10DL

コンパクトながらも高性能なレシプロソータイプの電動ノコギリ。幅6×長さ35×高さ21cmと小型で、質量1.2kgと軽いため、片手でラクラク扱えるのが特徴です。木材が50mm、軟鋼材が4mm切断できる能力を持っています。

1分間のストローク数は0〜2700回で、ストローク幅は13mm。無段変速スイッチを搭載しており、材料に合わせて自在にストローク数を変えられます。別売りの多様なジグゾー用ブレードに対応しているので、鋼材やステンレスの切断をこなせるのもポイントです。

暗所での切断に便利な高輝度LEDライトも搭載しています。電池残量が少なくなるとランプが点灯し、一目で確認できるのもメリット。バッテリーは充電能率のよい設計で、約30分で充電が完了します。

急速充電器・六角棒スパナ・ブレード2種・専用ケースが付属。汎用性の高いコンパクトな電動ノコギリを探している方におすすめです。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN 14.4V充電式電気のこぎり 電池/充電器セット DN-110Li

人気の高いお手頃価格の電動ノコギリです。DIY用の木材を約40本カットできます。切断能力は木材55mm、塩ビパイプ60mm、軟鉄パイプ32mm、軟鉄材2mmです。3種類のブレードが付属しており、幅広い材料に対応できます。

1分間のストローク数は約0〜2300回、ストローク幅は13mm。ストローク数を用途に合わせて無段階調節できるのもポイントです。専用のキャリーバックも付属しており、便利に持ち運べます。

本体サイズは長さ約36×幅7×高さ19cmで、質量は約1.3kgです。小型で取り回しがよく、DIYや粗大ゴミの解体などにおすすめ。リーズナブルなコードレスタイプの電動ノコギリを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

リョービ(RYOBI) 小型レシプロソー RJK-120KT

リョービのプロ向けラインのレシプロソーです。付属の目立刃のほかにもオプションパーツの替え刃が豊富なので木工や樹脂、軟鋼材など幅広い材料を切断できます。サイズは約長さ32×幅7×高さ10cmで、質量は1.2kg。小型で取り回ししやすい電動ノコギリとしておすすめです。

切断能力は塩ビパイプ径120mm、木材55mm、軟鋼材3.5mm。1分間のストローク数は0〜5000回で、ストローク幅は10mmとストローク数が多いため、素早くカットできます。軽量タイプなので腕が疲れにくく、上向きで作業を行う樹木の剪定にも最適です。

スイッチとグリップの形状は操作性と安全性を高めた設計で、安全面にも配慮されています。また、LEDライトを搭載しており、暗所での作業をサポートしてくれるのもポイント。軽量で小回りが利き、細かい作業にも便利な電動ノコギリです。

リョービ(RYOBI) 電気ノコギリ ASK-1000

グッドデザイン賞を受賞したこともある家庭用電動ノコギリです。切断する材料に合わせて刃を付け替えられ、万能ノコギリとして使える人気の製品。木材と軟鋼材用の刃が付属しており、オプションパーツの替え刃を使えばカーペットなどの繊維製品も切断できます。

DIYや樹木の剪定、粗大ゴミの解体など、幅広く使える汎用性の高さが魅力です。消費電力は150Wで、切断能力は庭木径45mm、木材40mm、軟鋼板3.5mm。1分間のストローク数は0〜4500回で、ストローク幅は10mmと家庭用として十分な切断能力を持ちます。

質量1.3kgと軽く、容易に扱えるので女性にもおすすめです。比較的価格がお手頃なのもポイント。家庭用の万能ノコギリとしてちょうどよいスペックを持つおすすめ製品です。

ハイコーキ(HiKOKI) 電子セーバソー CR13VBY2

パワフルなセーバーソータイプの電動ノコギリです。切断能力が高く、径130mmの鋼管や塩ビパイプ、厚さ120mmの木材、厚さ19mmの軟鋼材を切断できます。1分間のストローク数は0〜3000回で、ストローク幅は32mmです。

消費電力は1430Wのハイパワーなので幅広い材料を容易にカットできるのが魅力。作業時の振動を低減する特許技術「カウンターウェイト機構」を採用しており、長時間に及ぶ作業時の負担を軽減します。独自の軸受構造により、従来製品より耐久性が向上しているのもポイントです。

付属している湾曲セーバソーブレードは、湾曲形状が切断する材料にフィットするので素早くカットが可能。ブレードのオプションパーツも豊富にあり、工具を使わずレバー操作でブレードの着脱や位置調節ができるので便利です。

用途に応じて、ストレート切断とスイング切断を切り替えられるのもポイント。回転数もスイッチとダイヤルの操作で無段階に調節できます。プロ仕様のセーバーソーを探している方におすすめです。

ボッシュ(BOSCH) 電気のこぎり PFZ500E

ボッシュの手軽に使える電動ノコギリです。質量は2kg、本体サイズはおよそ長さ19×高さ25×奥行7cm。軽量かつコンパクトな大きさで、人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインを採用しているため、快適に扱える製品です。

切断性能は木材150mm、非鉄金属18mm、軟鋼板10mm。500Wのモーターを搭載しており、木材から金属まで幅広い材料の切断に対応できます。1分間のストローク数は0〜2700回で、ストローク幅は23mm。ストローク幅が広めなので、太めの木材やパイプなどの切断にもおすすめです。

ブレードの交換は便利なワンタッチ式。安全機能も充実しており、意図しない作動を防ぐ安全ロックスイッチや、持ち手をガードするハンドプロテクターなどを搭載しています。家庭に1台あると重宝する、おすすめの電動ノコギリです。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) 電動式ノコギリ/ジグソー KS900G

1台で電動ノコギリとジグソーの2役をこなせる製品です。電動ノコギリモードでは庭木の剪定や鉄板などの切断が可能。ジグソーモードでは、木工の曲線切断などを行えます。ワンタッチで2つのモードを切り替えられる、便利な電動ノコギリです。

切断能力は木工が100mmの角材、金工が3.5mm。400Wのパワーでさまざまな切断加工を行えます。1分間のストローク数は0〜5500回、ストローク幅は10mmです。無段変速スイッチも搭載しており、材料に応じた速度調節ができるため、効率よくカットできます。

衝撃を吸収するジェルパッドを採用しているので、切断時の振動を低減しているのもポイント。事故や怪我を防止する誤作動防止機能も搭載しています。3種類のブレードを付属した、コストパフォーマンスのよい製品です。

電動ノコギリのおすすめモデル|丸ノコ

リョービ(RYOBI) 丸ノコ MW-46A 610509

リョービ(RYOBI) 丸ノコ MW-46A 610509A

最大切込深さ46mm、本体重量2.1kgと扱いやすさが特徴のエントリーモデルです。本体サイズは、長さ243×幅205×高さ213mm。さまざまな木材の切断におすすめの電動ノコギリです。

電源コード2mの有線タイプなので、室内やガレージなどでの使用におすすめ。147mmチップソー・ソーガイドフェンス・5mm六角棒レンチが付属しています。リーズナブルな価格も人気のおすすめ電動ノコギリです。

マキタ(MAKITA) 165ミリ充電式卓上マルノコ LS600DRG

マキタ(MAKITA) 165ミリ充電式卓上マルノコ LS600DRG

自宅のリフォームなどにおすすめの電動丸ノコ。幅木や廻り縁加工をするのに向いています。最大切断能力は高さ46×幅92mm。本体重量は6.2kgと電動丸ノコのなかでも軽いモデルです。加えて、コードレスタイプなので楽に移動させられます。

そのほか、高輝度のLEDライトや3段階の残量表示ランプ、目盛り付きフェンスと収納式サブフェンスを搭載。高性能かつコンパクトな丸ノコが欲しい方におすすめです。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN 卓上丸のこ 190mm TM-190A

直角や傾斜など、さまざまな角度からの切断が可能な電動丸ノコ。本体重量は約5kg、サイズは幅395×奥行360×高さ395mmとコンパクトサイズなので、持ち運びや収納に便利です。

安全のためのブレーキや、切粉の飛び散りを防ぐダストバッグも魅力。ストローク数は約4500回、最大切断幅は38×89mmで、DIYに活躍する電動工具です。

電動ノコギリのおすすめモデル|ジグソー

ボッシュ(BOSCH) SDSジグソー PST1000PEL

ボッシュ(BOSCH) SDSジグソー PST1000PEL

650Wモーターの高出力モーターを搭載する本格派のジグソー。 直線・曲線など、レバーひとつで簡単に傾斜切断の設定ができるため、さまざまなDIY作業に対応します。切断ガイド付きなので、直線切断をサポートしてくれるところもポイント。

切断能力は軟鋼板10mm、木材100mm、アルミニウム20mmです。ストローク数は500~3100回、ストローク幅は23mm。ストローク調節ダイヤルは6段階あり、作業に応じた調節が可能です。

そのほか、暗い場所での作業をサポートするパワーライトなどを搭載。充実した機能でDIYをより便利にするおすすめの製品です。

新興製作所 変速ジグソー SJS-400

新興製作所 変速ジグソー SJS-400

木材や金属の切断ができるDIY向けのジグソーです。曲線・角度切り・切り抜きが可能。6段階でスピード調節ができる変速機能が付いています。切断能力は木材50mm、軟銅版3mm、アルミ5mm。ストローク数は800~3000回です。

本体サイズは横145×縦190mm、本体重量は2.1kg。3本の替え刃と六角レンチが付属しています。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN 14.4V充電式オービタルジグソー JSW-110L

高儀 EARTH MAN 14.4V充電式オービタルジグソー JSW-110L

無段変速で好みのスピードで作業できるジグソーです。引き金を引く強さで刃のストロークスピードを変更することが可能。角度は最大45°まで調節できます。最大切断能力は木材で約50mm、軟鉄板で約3mm、アルミ板で約6mmです。

収納や持ち運びに便利なキャリーバッグや、木工・鉄工用の刃、六角棒レンチが付属しています。価格もリーズナブルなおすすめの製品です。