本格的なDIYをする時に便利なのが「電動ノコギリ」。製品ジャンルを細分化していくと、木材を直線的に切断するのに適したモノや円形に加工しやすいタイプなどいくつかの種類があり、より専門性を求める際には用途応じて使い分けることが重要です。

そこで今回は、おすすめの電動ノコギリをご紹介。単純にノコギリと聞くと、図工や日曜大工のイメージがありますが、最近は手軽に使える小型の製品も数多くラインナップされているので、必要とされている方はぜひチェックしてみてください。

電動ノコギリの種類と違い

ひと言で電動ノコギリと言っても、いくつかの種類があります。今回は特に使用頻度の高い「丸ノコ」・「レシプロソー・セーバーソー」・「電動糸鋸(ノコ)・電動ジグソー」をご紹介します。

丸ノコ

By: amazon.co.jp

丸ノコは丸い刃の形をした刃を、モーターで回転させ厚みのある木材を直線的に切断する電動ノコギリです。刃の外径が大きいのが特長で、直線切りをする際は手動のノコギリはもちろん、電動ジグゾーよりもスピーディかつ正確に木材の切断が可能。有線タイプとコードレスタイプがあります。

レシプロソー・セーバーソー

By: amazon.co.jp

電動ノコギリのひとつである「ソー」。細長い刃を往復させ、いろいろな材料を切断するモノで、レプシソーやセーバーソーと呼ばれています。刃が下を向いているジグソーに対し、刃が横向きになっているのが特長。刃を交換することなどで木材だけでなく、鉄鋼などさまざまな材料の切断が可能になります。

電動糸鋸・電動ジグソー

By: amazon.co.jp

電動糸鋸はその名の通り、手動の糸鋸を電動化させた工具で、ジグゾーと呼ぶこともあります。長細い刃の直線往復運動で木材に切り込みをするのが特長。直線切りもできますが、主に曲線を切るのにおすすめです。

電動ノコギリの選び方

By: amazon.co.jp

給電方法で選ぶ

電動ノコギリの給電方法は、コードレスタイプと充電式(有線)タイプがあります。コードレスのモノは幅広い場所で使えるのがメリットで、庭など電源のない場所で作業するのに便利。

充電式のモノは長時間の使用に便利で、パワーが強いモノが多いのもメリット。多くの作業をする際におすすめです。電動ノコギリを使う場所や時間を考慮した上で、製品を選ぶのがおすすめです。

大きさで選ぶ

電動ノコギリのサイズは主に、片手で持つ”小型タイプ”と両手で持つ”大型タイプ”の2つに分けられます。小型のモノは収納に便利ですが、切断性能の高さは大型のモノが優位です。

また、電動ノコギリは手動のノコギリに比べて手を動かす幅が小さいため、狭い場所で作業するのに便利なところも魅力。そのため、簡単なDIYであれば大きくパワーのあるモノを選ぶよりもコンパクトで収納に便利なモノを選ぶのがおすすめです。

切断能力で選ぶ

電動ノコギリを選ぶ際は、切断できるモノの太さや厚さを確認することが大切です。電動ノコギリのパワーである「消費電力」や刃が動く速さである「ストローク数」、刃が前後する範囲を表す「ストローク幅」を確認しましょう。

ストローク数が高いほど速いスピードで切断でき、ストローク幅が大きいほど太いモノを切ることができます。

電動ノコギリのおすすめモデル|コードレス・充電式タイプ

日立工機 コードレス丸のこ C18DBAL(NN)

全幅×全高が188×255mmと小型サイズの丸ノコです。本体質量は約3㎏と軽量で持ちやすく、女性の作業もサポート。また、操作時の疲労を軽減するため、本体重心とハンドルの距離が短くなっています。

パワーは、型枠60mmの木材を一発で切断可能。また、充電一回あたりの切断量は厚さ50㎜、幅330㎜の米松を切断した場合で約120本(5.0Ah)、1分間あたりの切断スピードは約30m(5.0Ah)です。

独自の機能には、平行度微調整機構や切込み深さ調整機構、高輝度LEDツインライトなどを搭載。トップクラスの切断スピードやコンパクトさを持つおすすめの電動ノコギリです。

日立工機 コードレス丸のこ C3606DA(2XP)

コードレスの便利さとパワーを兼ね備えた丸ノコです。厚さ50㎜×幅300㎜の米松を切断したときの1充電あたりの切断量は約150本。パワフルさもある電動ノコギリです。

大きさは全幅188×全高262mmの小型サイズで、ハンドルと重心の距離が近いため、使いやすさにも考慮されています。また、回転数を2,000min-1に抑えられる「サイレントモード」も搭載。モーターにかかる負荷が大きくなると自動でパワーモードに切替ることができるため、切断状況に合わせてスムーズな切断ができます。

さらに、ノコギリの回転数が急低下した際はすぐにモーターが停止される機能も採用。安全面にも配慮されたおすすめの電動ノコギリです。

マキタ(MAKITA) 充電式レシプロソー JR101DW

上向きの作業と横向きの作業など、作業に応じて2つの無段変速スイッチが搭載れたレシプロソー。1分間のストローク数は0~3,300回、距離は13mmの切断能力を保持。1充電あたりの作業量は木材で約20本、鋼管ならø25.4mm x 厚さ1.2mm です。

また、自己放電が少なく、長期間保存して満充電のような作業ができるのも魅力。本体の長さは約355㎜、重さ約1.1kgと小型軽量ボディなので、家庭での使用や女性にもおすすめの電動ノコギリです。

ボッシュ(BOSCH) バッテリーセーバーソー GSA18VLICH

片手で使える小型タイプのセーバーソー。家庭での使用や狭い場所で使用するのにおすすめです。刃の交換はワンタッチで簡単にできるため、電動ノコギリの使用に慣れていない女性でもラクに使えます。

バッテリーは小型ながら18V。切断能力は木材で200㎜、パイプ100㎜、軟鋼材16㎜です。1充電あたりの作業量は48mmφ×厚み2mmの金属パイプで約51本。ストローク数は毎分0~3050回で調整可能。また、デュアルLED ライトが搭載されているため、暗めの場所での作業に便利な点でもおすすめの電動ノコギリです。

日立工機 コードレスミニソー CJ10DL(LCSK)

木材だけでなく、さまざまな材料に対応する小型サイズの電動ノコギリ。刃を取替えればステンレスや銅材なども切断することができます。刃の交換は搭載されておるレバーを押すだけの簡単操作で対応可能。

切断能力は木材で50mm、軟鋼材で4mm。ストローク量は13mmです。また、無段変速スイッチが搭載されているため、切断する材料に応じたストローク数で作業できるのもポイント。

暗いところでの作業に便利なLEDライトも搭載されています。ハンドル部分はゴム弾性を持つ材料の”エラストマ”が採用されているため、手にフィットしやすく滑りにくい作りになっているのも特長。また、ピンクカラーも魅力的なおすすめの電動ノコギリです。

マキタ(MAKITA) 充電式ジグソー JV101DSH

本体サイズが232×76×196㎜と小型サイズの電動ノコギリ。握りやすく疲れにくいところが魅力です。約22分の高速充電で使用できるところも特長。1充電あたりの作業量は300×12㎜の合板で約45枚。

電圧は10.8Vで、スライド式のバッテリーが採用されているため、効率のよい充電ができます。ストローク数は0~2900、ストローク幅は18㎜。切断能力は木材で65㎜、アルミ板で4㎜です。木材やアルミ板などの切断に向き、家庭用にもおすすめの電動ノコギリです。

パナソニック(Panasonic) 充電デュアルバンドソー EZ45A5LJ2G

縦にも横にも使いやすいバランス設計がなされた電動ノコギリです。火花を散らしたくない作業に向いているので、家庭での使用におすすめ。56×63.5の角パイプを切れる切断能力があります。

240×119×434、質量4.05㎏と比較的に小型サイズなので使いやすいところもポイント。ノコ刃の回転速度は高速で1分162mです。直径60.5mmの丸パイプ、56×63.5mm角パイプを切ることができる最大切断能力もポイント。プラスチックケースも付属されているおすすめの電動ノコギリです。

電動ノコギリのおすすめモデル|電源タイプ

マキタ(MAKITA) 電気マルノコ M565

プロ用のモノと同等の回転数で切断できる電動ノコギリです。回転数は1分で5500回とさまざまな木材や合板をすばやく切断することが可能。消費電力は1050W。最大切り込みの深さは90°場合で57㎜、45°の場合で38㎜です。

また、墨線にかかる切りカスを吹き飛ばす「ブロワ機能」も搭載。作業のしやすさにも配慮されたおすすめの電動ノコギリです。

日立工機 電気丸のこ FC6MA2

消費電力1050Wとパワフルな電動ノコギリ。また、剛性が高いアルミベースが採用されているため、安定した切断作業ができるところが特長です。さらに、ノコ刃と基本となる側面の微妙な平行度も調整できるネジが搭載されているのもポイント。

切断能力はアルミの場合で165㎜、回転数は1分に5000回。持ち手には、手にフィットしやすく滑りにくいソフトタッチ塗装が施されています。家庭用にも仕事の軽作業にもおすすめの電動ノコギリです。

リョービ(RYOBI) 小型レシプロソー RJK-120 619400A

手ノコのような感覚で使える小型の電動ノコギリです。刃を取替えることで木材以外にも、金属などの切断も可能。切断能力は木材55mm、塩ビパイプ120mm、軟鋼材3.5mmです。

1分間のストローク数は0~5000、ストローク量は10mm。暗い場所での作業をサポートするLEDライトを搭載。家庭でのちょっとした作業はもちろん、電気工事やリフォーム作業にもおすすめの電動ノコギリです。

リョービ(RYOBI) 電気ノコギリ ASK-1000 619700A

家庭の粗大ゴミのカサを減らす用途としても使える電動ノコギリです。刃を取替えることで、絨毯などの切断も可能。切断能力は径45mmの庭木、厚さ40mmも木材、厚さ3.5mmの軟鋼板、径120mmの塩ビパイプの切断ができる切断能力があります。

ストローク数は0~4500、ストローク幅は10mm、消費電力は150Wです。ノコギリの使用に慣れていない方などの安全を配慮した「D型ハンドル」仕様もポイント。
使い方のコツは不要、片手でラクに扱えるため、女性にもおすすめの電動ノコギリです。

ボッシュ(BOSCH) SDSジグソー PST800PEL

530Wのモーター搭のパワフルな電動ノコギリ。バランサー機構が搭載されているので、パワフルな割りに低振動で作業ができます。また、軽量で小型なサイズ感に加え、「切断線ガイド」が標準装備されており、従来品よりも正確な直線切断りがしやすいなど、使いやすさもポイント。

ストローク数は500~3000、ストローク幅:は20mmです。また、墨線の切りカスを吹き飛ばすブロア機構も採用。直線の高速切断だけでなく、極曲線などの切断作業もスムーズにできるおすすめの電動ノコギリです。

ボッシュ(BOSCH) SDSジグソー PST1000PEL

消費電力650Wとパワフルなモーターが搭載された電動ノコギリ。バランサー機構技術が採用されているため、パワーがあるにも関わらず低振動で使用できることろが特長です。さまざまな刃を取替えることで、いろいろな種類の材料を切断したり、直線や曲線での切断が可能。

刃の交換は工具不要のSDSシステムが採用されています。また、直線の切断をサポートする”切断線ガイド”と”ライト”が搭載されているのもポイント。

切断能力は軟鋼板で10mm、木材100mm、アルミニウム20mm。ストローク数は500-3100回、ストローク幅は23mmです。キャリングケースが付属しているのも魅力。木材や金属のほか、プラスチックの切断にもおすすめの電動ノコギリです。

SK11 卓上糸鋸盤 SSC-400PE

細かな曲線の切断におすすめの電動ノコギリです。本体重量は約11kgと重量はありますが、安定性に優れているところが特長。本体サイズは約630×250×325mmです。騒音や振動が少ない仕様になっているのもポイント。

テーブルは45度傾斜するので、斜めの切断も可能。ストローク幅は18mm、最大切断厚は50mm、消費電力は90Wです。

リョービ(RYOBI) 卓上糸ノコ盤 TFE-450 676700A

刃の交換がラクな「クイックブレードチェンジ機構」が搭載された電動ノコギリです。サビや歪みの少ないアルミダイカスト製のテーブルが採用されているのも特長。消費電力は50W、切断能力は木材で50mmです。質量は約12㎏と重さがあるので、安定感のある作業ができるおすすめの製品です。