木材などを切るときに活躍する「電動ノコギリ」。リョービやマキタ、ハイコーキなどの国内メーカーが有名ですが、ボッシュのような海外メーカーの製品も人気があります。

また、木材を直線的に切断するのに適したモノや円形に加工しやすいタイプなど、種類はさまざま。そこで今回は、おすすめの電動ノコギリを選び方とあわせてご紹介します。

電動ノコギリの種類

レシプロソー・セーバーソー

By: amazon.co.jp

メーカーによって呼び方が異なりますが「レシプロソー」と「セーバーソー」は同じ電動工具のことを指します。特徴は刃を前後に動かすこと。刃を交換することで鉄やアルミなど、さまざまな資材の切断が可能です。なお、切断面が粗いため、細かい作業には不向きですが、解体作業などをする際に活躍します。

また、ボディが細いので、建物内に設置されている配管やパイプなどの切断といった狭い場所での作業にもぴったり。最近では、一般家庭で気軽に使える充電式の小型モデルも発売されています。

丸ノコ

By: amazon.co.jp

丸ノコは、チップソーと呼ばれる刃をモーターの力で回転させて木材などを直線に切断する電動工具のこと。高い切断能力が特徴で、厚い材料でもより速く切断が可能です。

ただし、取り扱いがやや難しく、注意して使わないと危険な場合もあります。有線タイプはもちろん、コードレスタイプもあるので、使用する場所に応じて選ぶようにしましょう。

丸ノコについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ジグソー

By: amazon.co.jp

ジグソーは刃を上下に動かすことによって、木材などを切断する電動工具です。直線を正確に切るのは難しいタイプですが、刃が細いので曲線を切る際に便利。刃が小さく、扱いやすいのも特徴です。

電動ノコギリの選び方

切断能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

電動ノコギリを選ぶ際は、切断できるモノの種類と最大の厚み(mm)を確認しましょう。また、刃が1分間に何回動くのかを示す数値「ストローク数」や、刃が動く範囲を表す「ストローク幅」を確認しておくのもおすすめです。

ストローク数が高いほど速いスピードで切断でき、ストローク幅が大きいほど太いモノを切れるのが特徴。ただし、ストローク幅が大きい電動ノコギリは、本体サイズも大きくなる傾向があるので、注意しましょう。

給電方法で選ぶ

電源コード式

By: amazon.co.jp

給電しながら使える電源コード式は、長時間の作業にぴったり。作業途中でバッテリー切れが発生しないため、一度に多くのモノをカットしたい場合に適しています。

パワーが強く安定しており、大きな素材をスムーズにカットできるのもポイント。常時コードを接続しておかなければならず、動作が制限されるので、室内での使用におすすめです。

充電式

By: amazon.co.jp

充電式は取り回しがしやすく、電動ノコギリをはじめて使う方にもぴったり。コードレスで持ち運び可能なため、庭仕事といった屋外での作業に適しています。

なお、使用できる時間には限りがあるので、購入する際には、連続使用時間が自分の作業時間に足りるかチェックしておきましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

電動ノコギリのサイズは、主に片手で持つ「小型タイプ」と、両手で持つ「大型タイプ」の2種類。小型のモノは収納に便利ですが、切断性能は、大型のほうが高い傾向があります。

また、電動ノコギリは手動のノコギリに比べて手を動かす幅が小さいため、狭い場所での作業にぴったり。簡単なDIYであれば、大きくパワーのあるモノを選ぶよりも、コンパクトで収納に便利なモノを選ぶのがおすすめです。

電動ノコギリのおすすめメーカー

リョービ(RYOBI)

By: amazon.co.jp

リョービは電動工具やガーデン機器、清掃機器などを手がけるメーカーです。なかでも、多彩なラインナップを持つ電動工具が有名で、電動ノコギリの種類も豊富。DIY初心者の方からプロまで、幅広いニーズに応える製品が揃っているのが魅力です。

電動ノコギリは大きく分けて、初心者の方におすすめのエントリーモデル、DIYやガーデニングに適したDIYモデル、職人も愛用する高性能なプロモデルの3つのラインがあります。気軽なDIYはもちろん、本格的な日曜大工に使える製品も用意されているのが嬉しいポイントです。

また、軽量かつコンパクトであるのも特徴。使いやすく耐久性に優れているため、さまざまな分野のプロにも愛用されています。はじめて電動ノコギリを購入する方にもおすすめのメーカーです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは、1915年にモーターの販売修理会社として創業した日本の大手電動工具メーカーです。現在では国内のみならず海外にも進出し、優れた電動工具を展開しています。

マキタの電動工具は種類が豊富で、プロも仕事に用いるほど高性能なのが魅力。また、全国に100ヵ所以上の営業所があり、購入後のアフターサービスが充実しているのもポイントです。

電動ノコギリも多彩なラインナップがあり、DIYや大型ゴミの解体にも余裕を持って対応できる製品が揃っています。家庭用に適した小型モデルもあるので、電動ノコギリを探すうえで、ぜひ一度検討したいメーカーです。

ハイコーキ(HiKOKI)

By: amazon.co.jp

ハイコーキは日本の大手電動工具メーカー。家庭用の電動工具はもちろん、プロ向けの高性能な電動工具も多数開発しています。国内製の電動ノコギリを探すならぜひチェックしておきましょう。

製品は革新的な独自技術と性能の高さが評判。リチウムイオンバッテリーは、基本的に電圧が同様であればほかの電動工具に使い回せます。電動ノコギリだけでなく、ほかの電動工具も買い揃える際に、バッテリーを兼用できるのは大きな魅力です。

また、電池の充電速度が速いのも特徴。高性能な電動ノコギリを探している方におすすめのメーカーです。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

ドイツを本拠地に自動車部品および電動工具メーカーとして事業を展開するボッシュ。電動工具市場のリーディングカンパニー的な存在で、ジグソーなどをはじめて世に送り出したメーカーといわれています。

2012年には業界に先駆けて、リチウムイオンを使用した「コードレスドライバーIXO」を発売。10年で1200万台を突破するなど、世界的に知名度が高いのも魅力です。

電動ノコギリのおすすめモデル|レシプロソー・セーバーソー

リョービ(RYOBI) 電気ノコギリ ASK-1000 619700A

片手でもスムーズに操作できるのが特徴

1.3kgの軽量設計により、力に自信のない方でも扱いやすい電動ノコギリ。ハンドルが本体の中心にあるため振動を感じにくく、片手でもスムーズに操作できるのが特徴です。

本製品には、木工用ブレードと軟鋼材用ブレードが付属。木工用ブレードは直径45mmまでの枝木を切断でき、小枝の剪定やDIYなどに適しています。軟鋼材用ブレードは厚さ3.5mmまでのアルミや銅を切断できるため、粗大ゴミの処理などにぴったりです。

長さ334×幅63×高さ127mmのコンパクト設計により、細かな箇所も作業しやすいのがポイント。電動ノコギリをはじめて使う方や、幅広い用途に使えるモノが欲しい方におすすめのモデルです。

リョービ(RYOBI) 小型レシプロソー RJK-120KT

LEDライト付きのコンパクトな電動ノコギリ

長さ320×幅70×高さ103mmのコンパクトな設計により、取り回しやすい電動ノコギリ。本体の重さは1.2kgと軽量なため、力に自信のない方でも扱いやすいのが特徴です。ストロークは10mmで、直径120mmの塩ビパイプや厚さ55mmの木材などを切断する能力があります。

専用キャリングケースが付属しているため、本体にホコリや汚れが付くのを予防可能。LEDライトが付いており、暗所での作業をサポートします。取り扱いやすさだけでなく、実用性も兼ね備えたモデルです。

マキタ(MAKITA) 充電式レシプロソー JR188DRG

コードを気にせず作業できるのが特徴

モーターが縦に内蔵され、全長316mmのコンパクトさを実現したモデル。バッテリー充電式なので、コードを気にせずに作業できるのが特徴です。フル充電にすれば、直径34mm×厚さ3mmの鋼管を約70本切断できます。

ソフトグリップを採用しているので握りやすいのもポイント。周囲が暗いときに便利なLEDライトも搭載しています。扱いやすい電動ノコギリが欲しい方はチェックしてみてください。

ハイコーキ(HiKOKI) 電子セーバソー CR13V2

1分間に最大2800回のストロークが可能で、スピーディーな切断を実現すると謳われる電動ノコギリ。外径130mmまでの塩ビパイプ材や厚さ120mmまでの木材などを切断可能です。ブレードを上下反対に装着できるので、壁際や床上の切断作業もスムーズにできます。

無段階の変速調節機能が搭載され、切断するモノに合わせてストローク数を調節できるのもポイント。フロントバーが細く伸びているため握りやすく、作業時に安定感があります。さまざまな箇所の切断作業を行いたい方におすすめの製品です。

ボッシュ(BOSCH) セーバーソー Professional GSA1100E

厚さ230mmまでの木材や直径150mmまでのパイプの切断能力をもつモデル。無段変速スイッチが搭載されており、切断するモノに合わせてストローク数を自由に調節できる仕様です。

ソフトラバーグリップを採用し、作業時の細かな振動を吸収しやすいのもポイント。ブレードの根本にはアジャスタブルフットプレートが搭載され、切断したいモノに合わせブレードが当たる位置を変えられます。

電源コードの長さは4mあるため、延長コードを使わなくても余裕をもって作業できるのが特徴。本体の上部には収納式フックが付いているので、作業中断時にフックやバーなどにかけておけます。使い勝手のよさを追求したい方におすすめの電動ノコギリです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスのこぎり Keo

A型のグリップが枝をしっかりと挟み、片手でも簡単に切断できると謳われるモデル。グリップを使用すると、最大80mmまでの厚さの木材を切断できます。本体の重さは1.05kgと軽いので、扱いやすいのが特徴です。

本モデルは、10.8Vリチウムイオンバッテリーを搭載。軽量ながらパワフルに木材を切断します。ボッシュ独自の電子セル保護システムにより、バッテリーが劣化しにくいのもポイントです。

さらに、切断時にかかるブレードの負荷を判断し、ストロークスピードをアップさせるオートターボ機能も搭載。使い勝手のよさだけでなく、パワーが衰えにくく長く使えるモノが欲しい方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 充電小型レシプロソー EZ47A1

ハンドルの角度が4段階で調節できる電動ノコギリ。ハンドルを折りたためば全長345mmまでコンパクトになり、狭い場所での作業が可能です。ハンドルをまっすぐに伸ばすと全長455mまで長くなるため、手が届きにくいところも切断できます。

バッテリー式にもかかわらずパワフルで、直径50mmの金属管や厚さ50mmの木材を切断できるのもポイント。ブレードは切断時に火花が出にくく、安全性も良好です。

防塵性・耐水性があるので、チリ・砂・ホコリ・雨などに強いのが魅力。さらに、暗所での作業をサポートするLEDライトも付属しています。さまざまな用途を想定して作られており、多機能な電動ノコギリが欲しい方におすすめです。

KIMO 電動のこぎり レシプロソー QM-9519

 

厚さ70mmの木材や厚さ20mmの金属などをスムーズに切断できると謳われるモデル。スイッチを押す強さによって、切断スピードを自由に調節できるのが特徴です。クランプ爪が付いているため、切断したいモノをしっかり固定しながら作業できます。

安全ロックボタンを押さなければ使用できないので、思わぬ誤作動を予防可能。リチウムイオンバッテリーにより駆動するため、電源のない場所でも作業できます。作業のしやすさはもちろん、安全性も重視したい方におすすめの電動ノコギリです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) レシプロソー電動のこぎり JRS13

リチウムイオン電池が内蔵された充電式の電動ノコギリ。コードレスタイプなので取り回しやすく、作業時にコードを切断してしまう恐れもありません。充電池を含めた本体の重さは約1.4kgと軽量で、扱いやすいのが魅力です。

ブレードは木工用と鋼鉄用の2種類が付属し、さまざまな素材を切断可能。直径約25mmの軟鉄パイプと厚さ約55mmの木材を切断能力があります。ブレードはリングをゆるめるだけで着脱でき、工具を使う手間がかかりません。

サイズは長さ353×幅65×高さ209mmのコンパクトサイズで、狭いところでも作業しやすい仕様。価格も比較的手ごろなため、電動ノコギリを試してみたい方におすすめのモデルです。

山善(YAMAZEN) Trybuil 電気ノコギリ TAR-280

高品質かつリーズナブルな製品を扱うことで知られるメーカー「山善」の電動ノコギリです。ストローク数は1分間に最大3700回で、ストローク幅は12mm。木材なら厚さ60mmまで、軟鋼材なら厚さ3.5mmまで切断する能力があります。

替え刃は木工・合成樹脂用と、軟鉄・非鉄用の2種類が付属。電源コード式を採用しているため、充電切れを気にする必要もありません。価格も手ごろなので、電動ノコギリを試してみたい方におすすめです。

電動ノコギリのおすすめモデル|丸ノコ

リョービ(RYOBI) 丸ノコ MW-46A

丸ノコタイプのエントリーモデルです。電源コード式なので、充電の残量を気にせず作業ができます。

付属しているノコ刃のサイズは、木材を使ったDIYにぴったりな直径147mm。重さは2.1kgと軽く、初心者の方でも扱いやすいよう作られています。ストローク数は3700回で、0〜45°の傾斜切断にも対応可能なモデルです。

マキタ(MAKITA) 85mm 充電式マルノコ HS301DSH

充電時間が短いコードレス式の丸ノコ。ファンを使って冷却しながら給電するため、約22分という短時間で充電できるのが魅力です。バッテリーにはスライドタイプの10.8Vリチウムイオン電池が使われています。

グリップが細いので手になじみやすく、使いやすいのもポイント。長時間丸ノコを握って作業する方にも適しています。

マキタ(MAKITA) 電気マルノコ 165mm M565

お手頃価格ながらDIY用としてはスペックが高く、コスパのよい丸ノコです。回転数は5500回と、本格的に使いたい方に適しています。

電源コード式で充電を気にせず使用可能。0〜45°の傾斜切断に対応しています。また、「切り込み深さ調節板」が付いているので、切り込み具合を簡単に調節できるのもポイントです。

ハイコーキ(HiKOKI) 18V コードレス丸のこ C18DBAL

ハンドルと重心の距離を考えて設計された、平らに保ちやすく操作しやすい製品。コードレスなうえ、全長は294mmと小型なので、切り回しがしやすいのが魅力です。

モーターの回転速度が急に低下すると自動で動作を停止する「キックバック軽減システム」を搭載しているため、扱い慣れていない方でも安心。サイレントモードに設定すれば、騒音を比較的小さくできるのもポイントです。

ボッシュ(BOSCH)18V コードレス丸のこ GKS18V-57H

充電式ながら、18Vとハイパワーなのが魅力の丸ノコ。コードレスで取り回しがしやすいので、スムーズに切断作業が行えます。ブレーキも搭載しており、効率的に作業できるのも特徴。LEDライトが付いているため、薄暗い場所でも作業可能です。

また、「EMP機能」で、過放電や過負荷によるダメージからモーターを守ります。さらに、作業環境の清掃にも便利な、吸塵システムが備わっているのもポイント。クリーンな環境を保ちながら、効率よく作業したい方におすすめの電動ノコギリです。

電動ノコギリのおすすめモデル|ジグソー

リョービ(RYOBI) ジグソー MJ-50A

お手頃価格で、基本的な機能が揃っているモデル。1.7kgと軽いうえ電源コードが2mと長く、扱いやすいのもポイントです。

別売りの集じんノズル・集じんホースを取り付ければ、集じん機に接続可能。左右0〜45°の傾斜切断に対応している点も魅力です。長さ195×幅67×高さ191mmと、収納もしやすいサイズ。はじめてシグソーを購入する方におすすめの製品です。

マキタ(MAKITA) ジグソー M439

騒音や振動を抑えられるよう設計されたジグソーです。ダイヤルでストローク数を調節できるため、素材や刃にあわせた使い方がしやすいモデル。本体には定規セットが付いており、別途計測しなくても直線切り・円切りができます。

防塵カバーにより切りくずが飛び散りにくく、ラクに後片付けできるのもポイント。切断能率を高めるオービタル機能も搭載しているため、スピーディーな切断が可能です。

ボッシュ(BOSCH) ジグソー PST 1000PEL

650Wの高出力モーターを搭載した、ハイパワーなジグソーです。切断ガイド付きなので、直線切断や仕上げ切断もスムーズ。プロ用ジグソーに近いスペックで、さまざまなDIY作業ができます。

パワーライトが付属しており、暗い場所でも使いやすいのも魅力。また、アルミ製ベースプレートは、レバーひとつで傾斜切断の設定ができる仕様です。さらに、カウンターバランスが搭載されているので、安定性にも優れています。

新興製作所(Shinko Seisakusho) 変速ジグソー SJS-400A

6段階の変速機能を搭載した、作業内容によってスピード調節が可能なジグソー。角度切りや曲線切りもしやすいのが特徴のモデルです。木材用・軟鉄工用・合成樹脂用のブレードが付属しています。

傾斜切断は、45°までの角度に対応。重量は2.1kgと初心者の方でも使いやすく、これからDIYなどの家庭用に使用してみたい方におすすめの電動ノコギリです。

パナソニック(Panasonic) ジグソー EZ4541

コードレスかつ2.25kgと軽く、使い勝手のよいジグソー。下向きはもちろん横向きでも使いやすく、幅広いシーンで活用できます。

モーターやグリップが下部に設けられた低重心設計により、ブレにくいのもポイント。刃と真逆の動きをすることで振動を吸収する、カウンターバランスも搭載しています。先端には切り粉の飛散を予防するカバーが付いており、高い場所でも使いやすいモデルです。

電動ノコギリのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電動ノコギリのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。