電子工作・電機設備の工事などを行う際に重宝する「テスター」。1台で電流・電圧・抵抗値などの測定が可能で、設備や製品の検査・電子機器の保守点検などにも使用します。

テスターは用途に合ったモノを選ぶことが重要ですが、形状や測定項目は製品によってさまざまです。そこで今回は、テスターのおすすめをご紹介。種類や選び方も詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

テスターとは?

By: amazon.co.jp

テスターとは、「回路計」や「マルチメーター」とも呼ばれ、直流や交流の電圧・電流・抵抗値を測定できる機器のことです。電気という通常であれば目に見えないモノの状態を、数値や目盛りなど目に見える形で知ることが可能。1台あればさまざまな項目について測定できるので、DIYでの使用にも重宝します。

ただし、使い方を間違えるとやけどなどの怪我をすることもあるため、テスターに添付されている取扱説明書をよく読んでから使用するようにしましょう。特に、電流を測定するモードで誤って電圧を測ってしまうと、テスターの故障や発火に繋がる場合もあるので要注意です。

テスターの選び方

デジタル式かアナログ式かで選ぶ

By: hioki.co.jp

テスターには「デジタル式」と「アナログ式」の2種類があります。主な違いは「測定した数値の表示方法」です。デジタル式のテスターは画面に数字が表示されるので、読み取り間違いが起きにくく、細かな数値まで正確に測定することができます。

加えて、バックライト付きで暗い場所での視認性が高いモノや、持ち運びに便利なサイズのモノもあり、用途に合った製品を選びやすいのが特徴です。

アナログ式のテスターは、メモリが描かれた文字盤があり、針が動いて測定数値を指し示すタイプの製品。デジタル式とは異なり、電流と電圧の測定に電池が不要というメリットがあります。

正確な数値を求める場合はデジタル式を選び、電流・電圧の変化を目で見て確認したい場合は、針の動きで直感的に読み取りやすいアナログ式のテスターを選択するのがおすすめです。

テスターの種類と特徴

オーソドックスな「ハンディー型」

By: amazon.co.jp

テスターのなかでもオーソドックスな形状が「ハンディー型」の製品です。特に、アナログ式のテスターの場合、メーターが取り付けられている関係上、多くのモデルに採用されています。初めて購入する場合はハンディー型がおすすめです。

また、手のひらサイズで持ち運びしやすいのが特徴。メーカーによってさまざまな機能を搭載したモデルがあるため選択肢も豊富です。

持ち運びに便利な「カード型(ポケット型)」

By: hioki.co.jp

「カード型」のテスターは、ハンディー型よりも携帯性に特化した製品で、「ポケット型」とも呼ばれます。名前の通りポケットにも入る程度のサイズ感が特徴。直流の電圧・抵抗・導通といった基本的な項目の測定ができます。

コンパクトな大きさのため、本体から伸びるテストリードが短い傾向がある点に留意しておく必要はありますが、多くの機能を必要とせず持ち運びに便利なテスターを求める方におすすめです。

簡易計測に適した「ペン型」

By: hioki.co.jp

「ペン型」のテスターはペンのような形をした製品で、細長い形状を活かした狭い場所での使用や、車の電圧測定などの簡易的な用途で重宝します。本体とテストリードの両方を持つ必要がありますが、片手で使いやすいモノもあるので、手軽に測定可能なテスターを探している方におすすめのタイプです。

カード型と同様に基本的な測定項目のシンプルな仕様で、測定範囲が限られている場合が多い点には留意しておく必要があります。

用途に合った測定項目があるモノを選ぶ

By: hioki.co.jp

テスターは用途に合った「測定項目」があるモノを選びましょう。電化製品の故障時など何が原因かを調べるのに使用するので、調べたい項目が測定可能かどうかの事前チェックが必要。基本的な電圧・電流・抵抗値だけでなく、気温・周波数・静電容量など、さまざまな項目を測定する機能が搭載されている製品があります。

また、「測定範囲」の確認も必要です。例えば、車のバッテリーの電圧を調べる場合と乾電池の電圧を調べる場合には必要な測定範囲が違います。測定範囲が低電圧の製品で高電圧の測定をすると、機器の故障や怪我の原因となるので確認を忘れないようにしましょう。

測定範囲を自動で調節可能な「オートレンジ機能」が付いているモノがあり、測定範囲が分からない場合におすすめ。一方で、測定する対象が決まっている場合は、設定を変更することがないため自分で測定範囲を設定する通常のテスターで十分です。

テスターのおすすめモデル|アナログ

三和電気(SANWA) アナログマルチテスター AP-33

テスターなどさまざまな測定器を製造する「SANWA」のアナログ式テスター。直流・交流電圧や直流電流、抵抗値の測定とバッテリーチェックが可能です。

アナログ式のテスターとしては小さめの3×8.7×12.6cmという手のひらサイズの大きさで、ポケットにも入るため携帯性に優れている点がポイント。落下時の衝撃吸収性に優れたラバー製のカバーが取り付けられており、誤って落とした際にも壊れにくく安心感があります。

また、1.5Vと9.0Vの2種類のバッテリーチェックが可能な点がポイント。コードが本体に直付けされた巻き取り式のテストリードのため、紛失しにくいのもメリットです。

三和電気(SANWA) アナログマルチテスタ保護ケース一体型 SP18D

「SANWA」の日本製アナログ式テスターで、スタンドを兼ねたパネル面保護カバー付きの製品。ハードケースが一体型のため振動や落下に強く、パネル面が傷付きにくい特徴があります。

200MΩまでの抵抗値を3Vの低電圧で測定可能で、1.5Vの乾電池やコイン電池のバッテリーチェックもできます。

また、0.01~1000μFまでのコンデンサー容量を備えているのもポイント。サイズは12.9×4.15×15.9cmと大きめですが、耐久性と機能性に優れたおすすめのテスターです。

エルパ(ELPA) アナログテスター EAT-01NB

電気工事用配線機器や照明を製造する「ELPA」のアナログ式テスターです。直流・交流電圧や直流電流、抵抗値と基本的な測定項目が測定可能で、1.5Vと9Vのバッテリーチェックもできます。

また、導通チェックの際には80Ω以下でブザーが鳴る機能があるのが特徴。コンパクトなサイズ感で、重量が軽い点もポイントです。

多くの機能を必要としない方やビギナー向けのテスターで、価格が比較的安価。基本的な機能があればよい方におすすめです。

オーム電機(OHM) 多機能アナログテスター TST-AN501

配線工具や電気機器などを発売するオーム電機のアナログ式テスターです。6.2×9.3×3.5cmのコンパクトサイズが特徴。重量は99gと軽いので、持ち運びに重宝します。直流・交流電圧や直流電流、抵抗値を測定できるシンプルな測定項目の製品です。

価格が安価で、入門機としては十分な性能。DIYや簡単な電子工作など、多くの機能は不要でコンパクトなテスターを求めている方におすすめです。

日置電機(HIOKI) ハイテスタ 3030-10

バッテリーや電子部品のメーカー「日置電機」のアナログ式テスター。直流・交流電圧や直流電流、抵抗値の測定といった基本的な測定に加えて0.9~1.8Vまでのバッテリーチェックが可能です。

コンクリートの上に1mの高さから落としても耐えられると謳われており、耐衝撃性能を備えているのが特徴。テストリードと一緒に収納できる携帯ケースが付属しています。

280gと少し重量はあるものの、頑丈なアナログ式テスターを探している方におすすめです。

テスターのおすすめモデル|デジタル

サンコスモ(Suncosmo) 小型デジタルテスター/マルチメーター DT-830B

「サンコスモ」のデジタル式テスター。6.8×12.4×2.6cmと薄く小型のハンディタイプで、シャツの胸ポケットにも入るコンパクトなサイズ感です。

直流・交流電圧や直流・交流電流、抵抗値といった基本的な測定項目以外にも、温度・周波数・コンデンサーの静電容量の測定ができます。

また、過負荷保護機能を搭載しており、測定している時に負荷が大きい場合は自動的に回路を保護できるのがメリット。高い精度の必要な作業には不向きですが、DIY等の簡易的な用途には十分な性能の製品です。

オーム電機(OHM) デジタルテスター 普及型 TST-KJ830

「オーム電機」のデジタル式テスターで、ハンディタイプの製品。レンジ切り替えに使用する中央のロータリースイッチが大型のため、操作性に優れています。

日本語表記を採用しているだけでなく、文字が大きめで見やすい点もポイントです。さらに、直流・交流電圧や直流電流、抵抗値以外にトランジスタやダイオードチェックもできます。

価格が手頃なので、初めてデジタル式テスターを購入する方におすすめの製品です。

AstroAI デジタル マルチメーター 6000カウント

中国重慶に本社を置く「AstroAI」のデジタル式テスターで、オートレンジ機能があります。 サイズが22×5.8×17cmとやや大きめなため、ディスプレイが見やすい製品です。

測定項目が豊富で、直流・交流電圧や直流・交流電流、抵抗値に加え、コンデンサーの静電容量・周波数・温度・ダイオードやトランジスタのチェックといった多くの項目を測定できます。

高電圧の測定時にはバックライトがオレンジ色に変化する機能もあり、安全性にも配慮。DIYなどの家庭用から、プロユーザーの業務用まで多岐に渡って使用できるテスターです。

日置電機(HIOKI) カードハイテスタ 3244-60

ペン型を採用した日置電機のデジタル式テスターです。5.5×10.9×0.95cmのコンパクトな大きさ。厚さが1cm未満なので、ポケットにも入るサイズの製品です。

直流・交流電圧や直流電流、抵抗値の測定が可能な、オートレンジ機能付きの日本製テスター。機能はシンプルなので、用途が決まっている場合に重宝します。

本体とテストリードが入るハードケースが同梱されており、携帯性に優れた製品を探している方におすすめです。

日置電機(HIOKI) デジタルマルチメーター 3246-60

日置電機のデジタル式テスターで、ペン型の製品です。スリムな形状で狭い場所でも使いやすく、ペン先にはLEDライトが搭載されているため暗所作業でも重宝します。

測定項目は直流・交流電圧や直流電流、抵抗値に加えて、ダイオードチェックが可能。本体とテストリードを持って使用するので、通常のテスターと異なり本体を置いて作業しなくて済みます。

また、テストリードは背面に収納可能。機能自体はシンプルなので、暗い場所や狭い場所での作業を行う方におすすめのテスターです。

テスターの売れ筋ランキングをチェック

テスターのランキングをチェックしたい方はこちら。