木材や金属の表面研磨に使用する「電動サンダー」。手で研磨する場合に比べて、作業時間を大幅に短縮できる便利なアイテムです。デスクやテーブル、棚をDIYする場合、広い面積を研磨しなければなりません。電動サンダーがあれば、作業時間や手間が省略できるので、快適に日曜大工を楽しめます。

そこで今回は、電動サンダーのおすすめモデルをご紹介。種類や選び方のコツも解説していますので、理想の電動サンダー選びに役立ててみてください。

電動サンダーとは?

By: amazon.co.jp

電動サンダーとは、木材や金属といった素材の研磨・塗装はがし・さび落としに使用する工具。サンドペーパーを底面に取付けて、装着面をモーターによって細かく振動または回転させて、材料を効率よく研磨します。

DIYで使用する材料の研磨は、穴あけやネジ締めと並んで行う機会の多い作業。電動サンダーは、時間や手間のかかる研磨作業を手早く簡単にできる便利なアイテムです。

電動サンダーの種類

オービタルサンダー

By: amazon.co.jp

「オービタルサンダー」は、スタンダードなタイプの電動サンダーです。四角形の底面が特徴で、サンドペーパー装着部を細かく振動させて材料を研磨します。研磨する力がそれほど強くないので、フローリングのワックス落としにもおすすめです。

市販されているサンドペーパーを簡単に取付けられるのも魅力。コスト面でも優れており、使いやすい点がメリットです。

コーナーサンダー

By: amazon.co.jp

底面の先がとがっており、アイロンのような形状をしているのが「コーナーサンダー」。デルタサンダーとも呼ばれており、狭い部分や細かな角の研磨に便利です。サンドペーパー装着面の後方は、オービタルサンダーに近い形状をしているので、広い面積の研磨にもおすすめ。

専用のサンドペーパーを購入する必要がありますが、さまざまな場面での研磨作業に使用できます。

ランダムサンダー

By: amazon.co.jp

円形のサンドペーパーを装着して使用する「ランダムサンダー」。円形部分を回転させて材料を研磨します。材料に接地する部分の面積が少ないので、平面だけでなく曲面でも使用しやすいのがメリット。

専用のサンドペーパーを購入する必要があるのでコストはかかりますが、スポンジを取付けて車のワックス掛けにも使えます。また、オービタルサンダーよりも力強い研磨が行えるので、金属のさび落とし作業にもおすすめです。

ベルトサンダー

By: amazon.co.jp

「ベルトサンダー」は研磨力が強いのが特徴です。ローラー部分にサンディングベルトを装着し、回転させて使用します。広範囲を一気に研磨できるので、塗装はがしや粗材の研磨におすすめです。

小回りが利くのもポイントで、平面加工はもちろん、細かい部分の加工にも有効。種類によっては、上下逆さまにしてデスクに取付けることで「卓上サンダー」としても使用できるモデルもあります。

電動サンダーの選び方

集じん機能を搭載したものを選ぶ

木材や金属を研磨すると、細かな粉塵が発生します。そのため、作業時には、粉塵の吸引を防ぐためのマスク着用が重要。本体にダストバッグやフィルターが付いているモデルは、発生した粉塵が周囲に広がりにくいのがメリットです。

集じん機能が搭載された電動サンダーであれば、作業後の清掃が楽になるだけでなく、体に害のある粉塵の吸引を予防できるので、より安心して作業が行えます。

静音性に優れたものを選ぶ

By: amazon.co.jp

電動サンダーは、研磨時に大きめの音が発生します。自宅で作業を行う場合は、なるべく静音性に優れたモデルがおすすめ。研磨する際の振動音が小さいモデルであれば、比較的静かに作業が行えて便利です。

また、ランダムサンダーの場合は、回転スピードが調節できるタイプもあります。材料を削る量にあわせて研磨速度を切替えられ、作業音が抑えられるのでおすすめです。

市販のサンドペーパーが使えるものを選ぶ

By: amazon.co.jp

電動サンダーに装着するサンドペーパーは消耗品です。使っているうちに擦り減ったり破れたりするので、定期的に交換しなければなりません。市販されているサンドペーパーであれば、安価で購入できるので経済的。オービタルサンダーの多くのモデルは、市販のサンドペーパーが使えるメリットがあります。

サンドペーパーを適切な大きさにカットし、装着面のラバーパッドにクランプレバーで固定。取替えが簡単な点もおすすめです。

最初の一台にはオービタルサンダーがおすすめ

By: amazon.co.jp

初めて購入する電動サンダーには、スタンダードなオービタルサンダーがおすすめ。力は弱めですが、さまざまな研磨作業に使用できる強みがあります。また、市販のサンドペーパーが装着できるのもポイント。ランニングコストを抑えられるので、初心者に最適です。

また、コーナーサンダーやランダムサンダー、ベルトサンダーなどは、用途にあわせて追加で購入していきましょう。

電動サンダーのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

日本が世界に誇る電動工具メーカー「マキタ」。インパクトドライバーから掃除機、コーヒーメーカーまで数多くの製品を製造しているメーカーです。

日本国内のメーカーらしく、サポート体制が充実している点が人気。電動サンダーについても、初心者やDIY向けのモデルから、プロ仕様のモデルまで幅広いラインナップを揃えています。

リョービ(RYOBI)

By: amazon.co.jp

広島県のリョービ株式会社によって創設された電動工具ブランド。現在は、京セラ傘下の京セラインダストリアルツールズがブランドを継承しています。「リョービ」が製造する電動工具は、低価格ながら高品質な点が人気。コスパ重視の方におすすめです。

また、リョービの電動工具は種類も豊富。「プロ用」「DIY用」「エントリー用」のカテゴリに分かれており、選びやすいのもメリットです。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

「ボッシュ」は、1886年にドイツで設立された老舗のメーカーです。1966年からは「DIY用」の電動工具も製造開始。電動サンダーのラインナップも豊富で、コードレスタイプも製造しています。

「電動工具は人間にあわせて作るべきもの」という理念に基づいて製品開発を行っており、使いやすさと安全性の高さがおすすめのメーカーです。

電動サンダーのおすすめモデル

マキタ(MAKITA) 仕上げサンダ BO3710

マキタ(MAKITA) 仕上げサンダ BO3710

安定感が高く、操作性に優れたオービタルサンダーです。人間工学に基づいた握りやすいグリップと低重心ボディを備えており、作業に応じて握る場所を変えれば、効率よく材料の研磨が行えます。

サンドペーパー装着用のクランプはレバー式を採用しており、ペーパー交換時にクランプを握り続ける必要がありません。粒度の違うサンドペーパー3種類が2枚ずつ付属しているのもポイント。自己吸じん機能搭載で、ダストバッグを備えている点もおすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式ランダムオービットサンダ BO180DRF

マキタ(MAKITA) 充電式ランダムオービットサンダ BO180DRF

コードレスタイプのコンパクトなランダムサンダーです。小型で充電式ながら、AC電源タイプに匹敵するパワーを搭載。本体前方にモーターを配置し、バッテリーを斜めに搭載する低重心設計により、操作性を向上させています。

また、3段階の変速機能を搭載しており、ボタン1つで回転スピードを調節できるのもポイント。360°回転可能なダストバッグが付属しており、自己吸じん機能も搭載されています。コンセントのない場所や屋外で作業する場合におすすめの電動サンダーです。

リョービ(RYOBI) ミニサンダ S-5000

リョービ(RYOBI) ミニサンダ S-5000

手頃な価格が魅力的なオービタルサンダーです。リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、集じん機能を搭載。クリーンな環境で作業を行いたい方におすすめです。本体は、持ちやすく作業が行いやすい低重心設計。サンドペーパーの取付けは、一般的なクランプ式を採用しています。

リョービが製造する「DIY用」の電動工具カテゴリに属しており、初めて購入する電動サンダーとしてもおすすめです。

リョービ(RYOBI) ミニサンダ S-550M

リョービ(RYOBI) ミニサンダ S-550M

片手でも操作しやすいオービタルサンダーです。リョービが製造する「プロ用」の電動サンダーながら、本体サイズは約124×72×127mmとコンパクト。取り回しがしやすいので、狭い場所や細かい部分の作業にピッタリです。

サンドペーパーの取付けは、クランプ式とマジックテープ式の2種類に対応。比較的低価格で購入しやすい点もおすすめです。

リョービ(RYOBI) 電気やすり BY-1030

リョービ(RYOBI) 電気やすり BY-1030

ベルトサンダーには珍しいコンパクトタイプ。専用のサンドベルトを使用し、細かい場所をパワフルに研磨できます。一般的な大きさのベルトサンダーと比べて、静音性に優れているのもポイント。ヘッド部の角度調節ができるので、狭い場所に差し込んで使う場合にもおすすめです。

農機具の刃研ぎや金属の加工、さび落としなどにも便利。使い方次第で幅広い用途に対応できる電動サンダーです。

ボッシュ(BOSCH) 吸じんオービタルサンダー GSS 23 AE/MF Professional

ボッシュ(BOSCH) 吸じんオービタルサンダー GSS 23 AE/MF Professional

スピード調節機能を搭載した電動サンダーです。研磨する材料や作業面積に応じてモーター回転数を調節可能。低振動設計とソフトラバーで覆われたグリップにより、手や腕にかかる負担を軽減できるのもポイント。長時間の研磨作業におすすめです。

サンドペーパーの取付けは、クランプ式だけでなくマジックテープ式にも対応。市販のサンドペーパーであっても、ラバーパットに密着して取付けられます。

本体後部にマイクロフィルターユニットを搭載しており、粉塵をろ過したきれいな空気を排出可能。掃除の手間を軽減できるのも魅力です。

ボッシュ(BOSCH) 吸じんランダムアクションサンダー PEX 260AE

ボッシュ(BOSCH) 吸じんランダムアクションサンダー PEX 260AE

コンパクトなサイズと低振動設計が魅力の電動サンダーです。本体プレートサイズは約105×154×154mm。重量約1.5kgと軽量なので、扱いやすくDIYにおすすめです。グリップ部分や本体上部など、手のかかる位置にラバーパッドを配置。滑りにくく力が入れやすい設計です。

マイクロフィルターユニットにより、粉塵をろ過したきれいな空気の排出が可能。フィルターは繰り返し使用でき、取外しも簡単に行えます。また、ペーパー取付アダプターが標準で付属しているので、サンドペーパーの取付けがスムーズにできる点もおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 充電サンダー EZT511X

パナソニック(Panasonic) 充電サンダー EZT511X

屋外や広い場所での使用に最適なオービタルサンダーです。充電地を装着して使うので、電源ケーブルがなく、取り回しに優れています。また、本体サイズが約278×156×93mmとコンパクトなのもポイント。また、研磨作業で発生する粉塵の飛び散るのを予防する集じん袋が標準で付属しているのも魅力です。

市販のサンドペーパーをカットして取付けられるので、ランニングコストが抑えられるのもポイント。充電器や充電池は付属していなませんが、バッテリーの互換性があるパナソニック製電動工具を所有している方にはおすすめです。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) ドラッグスターベルトサンダー KA3000

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) ドラッグスターベルトサンダー KA3000

リーズナブルな価格で購入できるベルトサンダーです。720Wのパワフルな研磨が可能。ベルト部の前輪が小さく、先端のカバーが開く設計なので、狭い場所の研磨もこなせます。フロントハンドルは、作業に応じて握りやすい角度に調節可能です。

集じんダストバッグが付属しており、自動吸じん機能を備えている点もおすすめ。多彩な機能を搭載したコスパに優れた電動サンダーです。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) 高集塵サンダー KA2000

ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER) 高集塵サンダー KA2000

マイクロフィルター採用のダストケースを搭載した電動サンダーです。高い集じん能力を誇り、細かな研磨粉もフィルターでキャッチできます。先のとがったコーナーサンダーなので、細かな場所の研磨に最適。握りやすいグリップがしっかりと手にフィットするので、垂直面での研磨がしやすいのも魅力です。

3種類のサンドペーパーだけでなく、スポンジパッドや金属研磨用のポリッシングなどが付属。エントリーモデルのコーナーサンダーとしてもおすすめの製品です。

藤原産業(Fujiwara Sangyo) E-Value ランダムサンダー EWS-220R

藤原産業(Fujiwara Sangyo) E-Value ランダムサンダー EWS-220R

DIYツールの専門商社が製造する電動サンダーです。偏心運動と回転運動により、スピーディで美しい研磨作業が可能。平面だけでなく、曲面の研磨にもおすすめです。また、塗装はがしや金属製品のさび落としも可能。本体上部にはラバーグリップを搭載しており、手に馴染む仕様です。

サンドペーパーはマジックテープ式を採用。ランニングコストはかかりますが、本体価格が安く、初期費用を抑えられる点はおすすめです。

高儀(Takagi) EARTH MAN 吸じんオービタルサンダー SD-100SC

高儀(Takagi) EARTH MAN 吸じんオービタルサンダー SD-100SC

優れたコストパフォーマンスが魅力のオービタルサンダーです。作業にあわせてスピードをコントロールできる変速ダイヤルや、研磨粉が周囲に広がるのを抑える吸じん機能を搭載。グリップは滑り止め使用で、しっかりと握れます。

材料表面の仕上げ研磨はもちろん、面取りにも使用できるコスパに優れた電動サンダーとしておすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI) ミニサンダ FSV12SG

ハイコーキ(HiKOKI) ミニサンダ FSV12SG

大形のソフトグリップを搭載したランダムサンダーです。滑りにくく手にフィットする大きめのグリップを備えており、しっかりと力を入れて研磨作業が行えます。ラバーパッド部の吸じん穴から研磨粉を強力に吸込み、標準で付属しているダストバッグでキャッチ。クリーンな環境で快適に作業が行えます。

回転運動と偏心運動を組み合わせて、高い研磨能力を実現しており、ムラの少ない研磨が可能。仕上げ研磨用の電動サンダーとしてもおすすめです。

TACKLIFE 5-Inch Random Orbit Sander 3.0A PRS01A

TACKLIFE 5-Inch Random Orbit Sander 3.0A PRS01A

変速機能を搭載したランダムサンダーです。木材や金属の研磨はもちろん、塗装はがしやさび落としなど、さまざまな用途に使用できます。300Wの強力なパワーを備えつつ、低騒音設計によって作業時に出る音が抑えられる点も魅力。

サンドペーパーが12枚付属しており、コスパに優れている点もおすすめです。本体のプレート径は約125mmとコンパクト。片手でも使いやすいおすすめの電動サンダーです。

プリメロ(Primero) コーナーサンダー CSD-130AZA

プリメロ(Primero) コーナーサンダー CSD-130AZA

軽量でミニサイズの使いやすいコーナーサンダーです。先のとがった形状と、片手でも扱いやすいコンパクトなサイズにより、狭い場所の研磨も快適に行えます。サンドペーパーの付属は、3種類×6枚と豊富。ダストバッグはついていませんが、市販の集じん機を接続して使用できます。

本体重量は約1kgと軽量なので、作業時に手や腕にかかる負担が軽いのもポイント。コスト重視で電動サンダーを探している方におすすめの製品です。

ワットノット(Whatnot) SDS200WN

ワットノット(Whatnot) SDS200WN

耐久性に優れた布やすりが付属したオービタルサンダーです。サンドペーパーよりも耐久性が高い布やすりが3種類×2枚付属。破れにくく長時間の作業におすすめです。布やすり装着部は、ワンタッチのクリップ式なので、簡単に脱着できます。

トリガースイッチのロックボタンを押せば、トリガーから手を放しても駆動し続けるので、広い範囲を研磨する際にもおすすめです。