「エアブラシ」は、塗料を霧状に噴射することで塗装を行えるアイテム。プラモデルの塗装やネイルアート、イラスト作成などで細かな表現が可能です。しかし、さまざまな製品が販売されているため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのエアブラシをご紹介。選ぶときにチェックしておきたいポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

エアブラシの選び方

ハンドピースで選ぶ

ダブルアクション

By: mr-hobby.com

最も一般的なエアブラシのハンドピースが、ダブルアクション。ボタンを押して引くという2段階の操作によって塗装を行うタイプです。ボタンを押してエアーを出し、引いて塗料を出すのが特徴。引く幅が大きいと、その分塗料がたくさん出ます。

引き具合によって塗装方法をコントロールできるため、吹き付ける範囲を細かく調節できるのがポイント。グラデーション塗装や細かいパーツの塗装、ベタ塗りなど、さまざまな塗り方ができます。

シングルアクション

By: amazon.co.jp

ボタンを押すだけで塗装を行えるエアブラシには、シングルアクションのハンドピースが用いられています。ダブルアクションと異なりボタンを引くことはできないため、出てくる塗料の多さは後ろに付いているダイヤルを回して調節する仕様です。

細かい噴出量の調節ができないのは難点ですが、大きな面を塗装するときなど、量を調節する必要がない場合には活躍します。価格が安く購入しやすいのも、シングルアクションのメリットです。

トリガーアクション

By: amazon.co.jp

トリガーアクションは、ダブルアクションタイプやシングルアクションのようにボタンを押すのではなく、トリガーを引くだけでエアーと塗料を調節できるタイプ。トリガーの引きが小さいとエアーだけが出て、引きを大きくするほど多くの塗料が出てくるのが特徴です。

引くだけで塗装できるため指が疲れにくいというメリットがありますが、塗料の噴出量を調節するのがやや難しいのは難点。グラデーションよりもベタ塗りをするためのエアブラシを探している方や、長時間使っても疲れにくい製品を探している方におすすめです。

口径で選ぶ

By: amazon.co.jp

エアブラシのノズル口径は、0.2・0.3・0.5mmの3種類が一般的です。口径が小さい0.2mmのエアブラシは、細かい模様の作成に向いています。一方、口径が大きい0.5mmのエアブラシであれば一度に多くの塗料を出せるため、ベタ塗りをするときにおすすめです。

使い道に適した口径のエアブラシを選ぶことで、作業効率や表現力が上がります。どれを使えばよいか迷っている方は、細かい塗装にもベタ塗りにも幅広く対応できる口径0.3mmのエアブラシを選びましょう。

細かいパーツもチェック

By: mr-hobby.com

エアブラシを選ぶときは、塗料カップやノズルキャップといった細かいパーツにも注目しましょう。

塗料カップには、一体型と分離型の2種類があります。一体型はエアブラシと塗料カップがくっついているモノで、まとめてお手入れできる手軽さが魅力です。分離型は塗料カップを取り外せるため、容量が大きいカップに付け替えられます。

また、ノズルキャップの種類は先細タイプや広口タイプ、クラウンタイプの3つ。先細タイプは先端に向かって細くなっているため、塗料が細く速く噴射でき、細かい模様を描くときにおすすめです。

広口タイプは先端が広くなっており、噴射速度が遅くなるのが特徴。均一に塗装するベタ塗りに向いています。さらに、クラウンタイプは王冠のように波打っている形状で、霧の吹き戻しを防げるのが魅力です。

メーカーをチェック

タミヤ(TAMIYA)

By: amazon.co.jp

タミヤは模型やプラモデルなどを扱っている、世界的に有名な総合模型メーカーです。アメリカやドイツ、香港などにも法人を持ち、作る楽しさをサポートする製品を展開しています。

ハンドピースや口径サイズがさまざまなエアブラシを取り扱っているため、自身の使い道に合った製品を見つけやすいのが特徴。塗料や周辺機器をまとめて揃えやすいのも魅力です。

GSIクレオス(GSI Creos)

By: rakuten.co.jp

GSIクレオスは、工業製品や模型関連製品の輸出入や販売を行っている商社です。ホビー商材の自社ブランド『Mr. HOBBY』を展開し、プラモデル制作に必要なオリジナル製品も揃えています。

シンプルな構造の製品から使いやすさにこだわった製品まで、幅広い種類のエアブラシをラインナップしているほか、エアブラシ用のアクセサリーも豊富に取り扱っているのが特徴です。

エアブラシのおすすめモデル|初心者向け

タミヤ(TAMIYA) エアーブラシシステム No.19 スプレーワーク HG シングルエアーブラシ 74519

ボタンを押すだけで一定量の塗料を噴出できる、シングルアクションタイプのエアブラシです。塗料カップの容量は15ccと大容量で、分離も可能。塗料の噴出量は後方のダイヤルで簡単に調節できます。ノズルの口径は幅広い用途に応用できる0.3mm。ノズルキャップは先端に向かって細くなっているため、細い線も難なく描けます。

構造がシンプルなシングルアクションのエアブラシは、初心者の方でもお手入れしやすいのが魅力。塗料を継ぎ足す回数を減らして長時間スムーズに作業したい方や、操作が簡単なエアブラシを探している方におすすめです。

タミヤ(TAMIYA) エアブラシライトシリーズ No.1 スパーマックス SX0.3D 74801

ダブルアクションタイプのエアブラシです。ノズルの口径はプラモデルの細かい塗装もこなせる0.3mm。シンプルな操作で塗料の噴出量を調節できるのが魅力です。一体型の塗料カップがついているのもポイント。コンパクトで軽いため扱いやすく、使い終わったあとはエアブラシとカップをまとめて洗えて便利です。

高級感のあるデザインながら、価格が比較的安いのも魅力。初めてダブルアクションのエアブラシに挑戦する、初心者の方に適した製品です。

タミヤ(TAMIYA) スプレーワーク ベーシックコンプレッサーセット + ACアダプター SWA-3

エアブラシ・コンプレッサー・ACアダプターがセットになった入門用モデルです。トリガーを引くだけで塗料を噴出できるので、初心者の方でもきれいにベタ塗りできます。塗料カップは複数の色を使いたいときに便利な取り外せるタイプ。シンプルな構造でお手入れも簡単です。

別売りのバッテリーを用意すれば、電源のない場所でもスムーズに作業できるのが嬉しいポイント。長時間使っても疲れにくいエアブラシを探している方におすすめです。

GSIクレオス(GSI Creos) プロコンBOY WAダブルアクション 0.3mm PS274

By: mr-hobby.com

幅広い用途で活用できるノズル口径0.3mmのエアブラシです。エアバルブが斜めになっており、握りやすいのが特徴。さらにダブルアクションタイプなので、初めてエアブラシを使う方でも簡単に塗料の噴出量を調節できます。

ノズルキャップは霧の吹き戻しを防げるクラウンタイプ。エアーホースや専用レンチなどもセットで付いているので、初心者の方はぜひチェックしてみてください。

GSIクレオス(GSI Creos) プロコンBOY SQ シングルアクション PS268

操作が簡単なシングルアクションタイプのエアブラシです。ノズルの口径はスタンダードな0.3mmよりもやや広い0.4mm。さらにノズルキャップは広口タイプなので、広い面積をムラなく塗装したいときに重宝します。

ただしネイルアートやプラモデルに細かい模様を描くなど、繊細な作業には不向きなので注意が必要。価格は比較的安いので、DIYが趣味でステンシル塗装に挑戦したい方におすすめです。

エアテックス(AIRTEX) エアブラシ ビューティフォープラストリガー ナイト

アルミ製の軽量ボディが特徴のエアブラシです。ノズル口径は0.3mm。別売りのノズルセットを購入することで、口径を0.2mmや0.5mmに変更できるので、繊細な作業から広い面積の塗装まで1本でこなせます。

本体はコンパクトなため、初心者の方でも扱いやすいのが嬉しいポイント。小さいパーツを塗装したい方や、ネイルアート用のエアブラシを探している方におすすめの製品です。

エアブラシのおすすめモデル|中・上級者向け

タミヤ(TAMIYA) スプレーワーク HG トリガーエアブラシ スーパーファイン No.49 74549

繊細な塗装表現を追求したトリガーアクションタイプのエアブラシです。グリップ部分には握りやすい樹脂素材を採用。ノズル口径は0.2mmと細く、ノズルキャップも先細タイプなので、細かい模様やグラデーション塗装を行いたいときに重宝します。

塗料カップは一体型で、容量は7cc。塗料カップには液垂れを防ぐ溝がついており、さらに、内部にはトリガー部分への塗料の逆流を防ぐフッ素樹脂パッキンを採用しています。

吹き幅を一定にするためのニードルストッパーが付いているのも嬉しいポイント。繊細な作業を長時間続けても手が疲れにくいエアブラシを探している、中・上級者の方におすすめのモデルです。

タミヤ(TAMIYA) スプレーワーク HG エアブラシワイド トリガータイプ No.23 74523

ノズル口径0.5mm、広口タイプのノズルキャップを備えたトリガーアクションタイプのエアブラシです。塗料カップは分離型で、15ccの大容量。トリガーを引くだけで一定の噴出量をキープできるため、広範囲の塗装や太い線を描きたいときにぴったりです。

グリップ部分にはほどよい凹凸があり、握りやすいのもポイント。DIYで作った家具を自分好みの色に塗装したい方や、カーモデルの塗装を効率よく行いたい方におすすめのエアブラシです。

GSIクレオス(GSI Creos) プロコンBOY LWA トリガータイプ ダブルアクション

広範囲の塗装を得意とする、トリガーアクションタイプのエアブラシです。ノズル口径は0.5mm。丸吹き用と平吹き用のノズルキャップが付いており、細かいパーツの塗装は丸吹き、広範囲の塗装は平吹きと、目的に合わせて使い分けられます。

低圧のエアーでも安定して稼働するエアアップ機構を搭載しているのもポイント。エアー圧が小さいコンプレッサーを使う場合でも、スムーズに作業をこなせます。

トリガータイプは指への負担が少ないため、長時間の作業も快適。広範囲の塗装やムラの少ないベタ塗り塗装を行いたい方におすすめです。

アネスト岩田キャンベル エアブラシ HP-CH

業務用ツールを豊富に取り扱う「アネスト岩田」のハイエンドモデルです。ハンドピースはダブルアクションタイプ。ノズルの口径は0.3mmで、繊細な作業から広範囲の塗装まで幅広く対応できます。

塗料カップは一体型で洗いやすく、手軽にお手入れできるのもポイント。エアーや塗料の噴出量はきめ細かく調節できるので、プラモデルの塗装はもちろん、イラスト作成などの細かい作業にも適したモデルです。

エアテックス(AIRTEX) エアブラシ XP825 Premium

空気の通り道が4つある4穴エアノズルを採用したエアブラシです。ノズルの口径は汎用性の高い0.3mm。エアーの噴出がなめらかなため、繊細な作業も無理なくこなせます。

ハンドピースはダブルアクションタイプ。塗料の噴出量を一定に保つニードルアジャスター付きなので、広い範囲もムラなくきれいに仕上げられます。

エアブラシ全体にクロームメッキが施されており、防錆性や耐摩耗性に優れているのも嬉しいポイント。イラスト作成やネイルアート用のエアブラシを探している中・上級者の方は、ぜひチェックしてみてください。