素早く楽に雑草を刈れる「草刈り機」。あたたかくなると庭や空き地に生えた雑草は驚くほどの速さで成長します。数坪程度の広さの場所であれば手で刈り取ることもできますが、伸びるスピードに合わせて1シーズンで何度も草刈りを行うのは面倒なものです。

今回は、家庭でも簡単に扱える草刈り機のおすすめアイテムをご紹介。選び方も解説するので、用途にあったモデルを見つけてみてください。

草刈り機の選び方

エンジン式か電気・充電式なのかをチェック

By: amazon.co.jp

草刈り機にはエンジン式と電気・充電式の2種類があります。エンジン式はガソリンをはじめとする燃料を使用するのに対し、電気・充電式の草刈り機はコードを用いて電源につなぐか、バッテリーを充電して使用します。

比較的狭い庭や空き地で使用するのであればコード付きが便利。充電して使うタイプはパワー切れを気にしながら使う必要がありますが、電源のない場所や障害物のある場所で使う場合におすすめです。

刃の形状をチェック

By: amazon.co.jp

草刈り機についている刃の形状は、チップソーやナイロンカッターなどと呼ばれる種類が主流です。チップソーは草が当たる部分がノコギリのようにギザギザになっている円形の刃。ナイロンカッターはナイロン製の紐で引きちぎるようにして草を刈るタイプです。

刃の種類は草刈り機を使用する地面の状況や草の種類によっても違うので、シーンに合わせて選択するのがおすすめ。購入時は刃の素材と形状をチェックしておきましょう。

ハンドルをチェック

By: amazon.co.jp

草刈り機の重さをストラップで腰の部分に固定したり下げたりして重量を支えたうえで、ハンドルで向きの調整を行います。草刈り機のハンドル形状で多いのはU字型やループタイプです。

U字型は両手で握りやすく、安定した操作ができます。また、ループハンドルタイプは草刈り機本体を縦に動かしやすく、傾斜面での使用に便利。ハンドルの形状は、作業が長時間になる場合でも無理なく使用できるよう、使用する地面の傾斜や状態はもちろん、扱う際にどういう姿勢になるかもイメージしながら選ぶのがおすすめです。

草刈り機のおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

1915年にモーターの販売修理会社として創業した日本の大手電動工具メーカー、マキタ。国内外で工業用・家庭用ともに優れた製品を数多く展開しています。マキタの草刈り機は充電式のモノが主力であり、「排ガスゼロ・燃料ゼロ・指導の手間ゼロ&低騒音」を掲げた製品作りが特徴。取り回しがしやすく、パワフルな製品を探している方におすすめです。

リョービ(RYOBI)

By: amazon.co.jp

リョービは電動工具やガーデン機器、清掃機器などを手がけるメーカーで、多彩なラインナップを持つ電動工具を展開しています。リョービの草刈り機は機能・サイズ共にバリエーションが豊富でDIY初心者の方からプロまで幅広いニーズに応える製品が揃っているのが魅力です。

高儀(TAKAGI)

By: amazon.co.jp

1866年創業のハードウェアメーカーです。新潟を拠点とし、明治時代から海外との取引を開始。「道具で世界に笑顔を」をモットーに、工業用工具から家庭用品にいたるまで幅広く取り扱っています。高儀の草刈り機は軽量で操作が簡単なので、初心者でも扱いやすいことが魅力です。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

1886年にドイツで創業したボッシュは精密機器や電気工具、自動車部品の製造を行なっています。家庭用のツールとしては園芸用品やDIY用電動工具などを展開しており、芝刈り機はニーズに合わせて選べるパワーや重量が魅力。コードの有無や歯の種類にもこだわりたい方におすすめです。

ホンダ(HONDA)

By: amazon.co.jp

1948年創業の日本を代表する機械工業メーカーであるホンダ。エンジンを搭載した芝刈り機や耕運機などは「パワープロダクツ」と呼ばれ、高い品質と信頼性が魅力です。4サイクルエンジンを採用した芝刈り機は傾斜にも柔軟に対応でき、優れた燃費性能を有しています。

草刈り機のおすすめ|エンジン式

マキタ(MAKITA) エンジン刈払機 MEM2651UHT

4ストロークエンジン式を採用した芝刈り機。シャフトのねじれや振動が伝わりにくい「ダンパーシャフト」を採用し、作業しやすいことが魅力です。本体の長さは1760mmで、重さは5.3kg。刃はチップソーを使用しています。

自動車用レギュラーガソリンを注入し、スタータハンドルを数回引くとエンジンがスタート。「楽らくスタート」機能を搭載しているため、軽い力で始動できます。回転数は7400回/分とパワフルで手強い草も刈りやすいことが魅力です。

使う際には、付属の肩掛けバンドで本体の重さを支えつつ、U字ハンドルを使って方向を調整しながら使用しましょう。パワフルで操作しやすいおすすめの草刈り機です。

ミナトワークス(MINATO WARKS) エンジン芝刈り機 LMC-530KZ

アメリカ・コーラー社製の5.5馬力エンジンを搭載した芝刈り機。刈り幅は530mmとワイドで広い場所の草刈りが素早く行えることが特徴です。また、自走式のため坂道や広い土地でも楽に動かせます。

バー型の刃を搭載しており、刈る草の長さを25〜75mmの範囲で8段階に調整できます。使用中、危険があった場合は本体から手を放せば自動でエンジンが停止するので、安全に使えることもポイントです。

刈った草は付属している容量75Lの収草バッグに貯められるほか、本体の横からも排出可能。長時間草を刈る場合でも収草バッグの中身を頻繁に捨てる必要がないので便利です。

使用する燃料は自動車用無鉛レギュラーガソリン。半組み立ての状態で手元に届くため、レバーを取り付けて燃料を入れたらすぐに使いはじめられます。広い土地に生えた草を効率よく刈り取りたい方におすすめのモデルです。

ハイコーキ(HiKOKI) エンジン刈払機 CG24ECP

エンジン式としては軽さが特徴の草刈り機です。長さは1767mm。チップソーを付属しており、手強い草も刈り取りやすいことが魅力です。燃料タンクの容量は400mLで燃料には無鉛ガソリンと2サイクル専用オイルの混合燃料を使用します。

ハンドル部分に3種類のスロットルレバーを搭載。ロングレバーを引くと刃が回転し、設定された速度を維持します。さらに、サブレバーを引くとさらに刃の回転が早くなるため、手強い草や素早く刈り取りたいときに役立ちます。

エンジンが温まっていれば、スターターハンドルを10回ほど引くとエンジンがスタート。ハンドルは軽い力で引け、力が弱い方でも安心して使用できます。軽量で操作が簡単なおすすめの草刈り機です。

ホンダ(HONDA) エンジン式刈払機 UMK435K1-UWJT

4ストロークエンジンを採用することで高効率にオイルを燃焼し、静音で運転する芝刈り機です。搭載されているエンジン「GX35」は360°に傾けて使えるうえに、混合油を使わないのでクリーン。あらゆる姿勢に対応でき、平らな土地から傾斜のついた畦道などでの使用にもおすすめです。

U字ハンドルの手元についたトリガーを使って操作が可能。スロットルを握るだけで刈り刃が回転し、握る力を緩めると回転が徐々に遅くなり、停止します。ハンドルは防振性があり、スリット付きのラバーで滑りにくいことが魅力です。

刃の後方にはディフレククターと呼ばれる飛散防止カバーがついているので、小石などにあたっても飛びにくいのもポイント。また、両肩にかけて使うタイプの肩掛けストラップが付属します。比較的長時間の使用でも重さが片側に偏りにくいおすすめのモデルです。

草刈り機のおすすめ|電気・充電式

マキタ(MAKITA) 充電式草刈機 MUR181DZ

3.0Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載したナイロンコード式の草刈り機。1分間に7800回高速回転することでパワフルに草を刈ります。約22分で満充電になり、最大45分間の連続使用可能です。

一度の通過で刈り取れる幅は260mm。刃はナイロンコード式なので庭石や縁石が多い場所でも、金属製のモノのように刃こぼれの心配がなく安心して使用できます。

本体の長さは1229〜1433mm。重さ2.9kgの本体はハンドル下にバッテリーが配置されており、重心が安定するので取り回ししやすいこともポイントです。また、ヘッド部分の角度はロックボタンの操作で5段階調整でき、ベンチやテーブル下などの低い場所に手を伸ばして草を刈る場合にも便利です。

ハンドルは角度が調整できるループ型。付属の肩掛けベルトと合わせて使えば手にかかる負担を軽減できます。比較的狭い庭や家庭菜園場などでの使用に向いたおすすめのモデルです。

ボッシュ(BOSCH) 草刈機 ART26SL

重さ1.8kgの軽さと操作性が魅力の草刈り機。クラス最高レベルである260mmの刈り幅が魅力で、約43畳分の雑草を10分で刈り取れる性能を備えたモデルです。

1分間に12500回転するナイロンブレードは刈り取り効率がよい上に、振動が小さいことも魅力。コードの長さは10mと、延長コードを使ったり頻繁にコンセントを挿し替えたりする必要がなくパワフルに使い続けることが可能です。

スイッチを入れるたびにコードが自動で出てくるセミオートスプール機能を搭載しており、都度屈んで調整する必要がなく便利。軽量で使いやすいうえに、振動が少ないので早朝から使用したいときにもおすすめの草刈機です。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN 充電式 2WAYグラストリマー GGT-180LiA

2種類の刃をシーンに合わせて使い分けられる充電式の草刈り機です。切れ味の鋭いチップソーと障害物への衝撃が少ない樹脂プレートが付属しており、刈りたい草の種類や地面の状況に合わせて刃を付け替えて2WAYで使えます。

18Vのハイパワーで、チップソーなら6300回/分、樹脂ブレードなら6600回/分回転して素早く草を刈り取ります。刈り幅は160mm。2.0Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、コードレスで最大35分の連続使用が可能です。

本体の長さは960〜1260mmと身長に合わせて調節できます。バッテリーを含めた質量は1.8kgと軽く、取り回しも簡単です。また、使いやすい位置に調整できるハンドグリップも付いており、安定して保持できます。さまざまなシーンに対応でき、庭などはもちろん、離れた場所に持ち運んで草刈り機を使用したい場合にもおすすめのモデルです。

マキタ(MAKITA) 芝刈機 MLM2301

1時間でおよそ400m²分の草を刈り取れる芝刈り機です。回転数が8000回/分の8枚刃を採用しており、草を逃しにくいことが魅力。本体前方のレバーを操作すると刈り込みの高さを10〜55mmの範囲で8段階に調整でき、好みの長さに整えることが可能です。

本体を上から見ると、刈り込み幅を示すマークがついており、刈り残しを減らせて便利。また、壁際や角も障害物からおよそ13mmのキワまで近づいて刈り取れ、細部まできれいに仕上げられます。

本体は約6.8kgと移動や片付けも簡単です。ハンドルには人間工学に基づいた握りやすいグリップを採用し、長時間の使用でも手が疲れにくいこともポイント。また、長さ10mの「ロックコネクタ付ツナギコード」がついており、コンセントを頻繁に挿し替えずに使えます。

庭の芝生などの整備を頻繁に行う方におすすめの草刈り機です。

リョービ(RYOBI) 電子芝刈機 LM-2310

電子制御で刃の回転を一定に保つ電動芝刈り機。抵抗の強い硬い芝や草を刈る場合でも刈り取りの効率が落ちにくいことが特徴です。刈り幅は230mm。まっすぐな形状の鋭い2面研磨刃を使用しており、きれいに刈り込めることが魅力です。

簡単に刃が研げる「ラッピング」機能を搭載していることもポイント。切れが悪くなったときは、本体前方にあるスイッチを切り替えると刃が適切な回転数で運転し、刃を研ぐことができるほか、刃研ぎ用の研磨剤も付属しているので、切れ味が気になったときにすぐ使えます。

刈り込みの高さは5〜50mmの間で19段階に細かく調整でき、芝の感触や見た目にこだわりたい場合にも便利。集草容量は20Lと比較的コンパクトなので、32坪程度までの場所で使用するのがおすすめです。