家庭で手軽に植物を栽培するのにおすすめなのが「プランター」。ベランダや庭先ですぐにでも家庭菜園が始められます。

プランターは、各メーカーからさまざまな種類が販売されていて、特徴や性能もさまざま。栽培する植物に応じたアイテムを選ぶのがポイントです。そこで今回は、プランターの選び方やおすすめの製品をご紹介します。ぜひプランター選びの参考にしてみてください。

プランターの選び方

植物に合わせてサイズや形状を選ぶ

キュウリやトマトなどの「果菜類」

By: amazon.co.jp

キュウリやトマト、ナスなどの「果菜類」を育てる場合は、丸型や正方形のプランターを選ぶのが一般的です。

果菜類は上方向に成長するので、転倒を防いだり、多くの土や肥料を入れたりするため大型のサイズが適しています。サイズは丸型で直径が30cm、正方形や長方形で幅が25~30cm、深さは30cm以上のモノが目安です。

リーフレタスやホウレンソウなどの「葉菜類」

リーフレタスやホウレンソウ、セロリなどの「葉菜類」を育てる場合は、長方形のプランターがおすすめ。畑のように並べて栽培できるので便利です。

幅は、育てる株数に応じたサイズを選ぶのがポイント。比較的浅いタイプでも育つので、深さは25cm程度のモノで十分です。ただし、あまり浅すぎるプランターだと、根の成長を妨げる可能性もあるので注意しましょう。

ニンジンやミニダイコンなどの「根菜類」

ニンジン・ミニダイコン・カブなどの「根菜類」を育てる場合は、丸型や正方形のプランターが便利。根菜類は根を深く伸ばして成長するため、30cm以上の深さがあるモノを選ぶ必要があります。

また、土の中で複数の野菜ができて、掘り起こしたり抜いたりして収穫するので、大型のタイプだと便利。根菜類を栽培するのに便利な「ベジタブルポット」という専用のプランターも販売されています。

素材をチェック

軽量で安価な「プラスチック製」

軽量なので持ち運びがしやすく、価格も比較的安いのが特徴の「プラスチック製」プランター。大きさや形状の種類も豊富なため、栽培する植物に合ったモノを探しやすいメリットがあります。

高い保水性を備えていて、転倒時に破損しにくいのも魅力です。手軽に栽培が楽しめるので、これから家庭菜園を始める方におすすめです。

ただし、経年劣化しやすく、直射日光によって色落ちしてしまうのがデメリット。また、保水性は高い反面、排水性が低いので、水のやりすぎによる根腐れには注意が必要です。

通気性に優れた「素焼き(テラコッタ)」

通気性に優れていて、高い排水性を備えているのが「素焼き」のプランター。イタリア語で「テコラッタ」とも呼ばれます。表面には目に見えない小さな穴が無数に開いているので、乾燥しやすく、根腐れをしにくいのが特徴。

重さがあるため、強い風でも転倒して破損する心配が少ないのもメリットです。ただし、重いので持ち運びに不便で、もし転倒すると壊れる可能性があるので気をつけて扱いましょう。

カラフルでデザインも豊富な「陶器製」

おしゃれでカラフルなデザインが多いのが「陶器製」のプランターです。植物を育てながら、ベランダや庭先のインテリアとしても楽しめます。また、表面を塗装加工しているので耐水性も高く、雨風に強いのがメリットです。保温性や保湿性にも優れています。

ただし、重くて安定感があるものの、持ち運びしにくいのがデメリットです。また、表面が塗装されており、水はけがうまくいかない場合があるので、水やりの頻度や土の種類などを工夫してみるのもおすすめです。

見た目がおしゃれな「木製」

アンティークな雰囲気があり、見た目がおしゃれな「木製」のプランター。太陽からの熱を土の中に伝えにくく、急速な蒸発や蒸れを防ぎます。乾燥や水の不足、高温に弱い植物を育てるのに適したアイテムです。また、吸湿性にも優れているので、根腐れも予防します。

ただし、木製のため、水分によりプランター自体が腐ってしまうのがデメリット。そのため、雨が当たらない場所に置くなどの工夫が必要です。

排水性をチェック

By: amazon.co.jp

植物の根腐れを防ぐためにも、排水性をチェックするのが大切です。排水用の穴が少なかったり、小さかったりすると、水やりの後に余分な水が排水されずに溜まってしまいます。そのため、排水する穴が大きくて数も多いタイプのプランターを選ぶのもポイントです。

また、種類によっては底穴がなくて、横穴が開いているモノもあります。プランターハンガーに乗せて、真下に水が落ちないように使用するには適していますが、底に水が溜まるので傾けての排水が必要。

置き方や育て方などによって、排水の穴がどこにあるかチェックして選ぶのがポイントです。

上に伸びる植物を育てるなら「支柱穴付き」が便利

By: amazon.co.jp

果菜類などの植物を育てる場合は、成長に伴い上に伸びた茎を誘引するために支柱の設置が必要。そのため「支柱穴付き」のタイプや「支柱おさえ」が付いたタイプを選ぶと便利です。

簡単に支柱を設置できるので、見た目にもスッキリします。成長の度合いや野菜の大きさによって、支柱が安定しない場合には、支柱を支えるための専用グッズを使用するのもおすすめです。

水やりが楽な「底面給水式」もおすすめ

By: amazon.co.jp

底皿に水をたっぷりと溜めて、自然に吸い上げる「底面給水式」のプランター。ほとんどの植物は、必要な量の水を根から取り入れます。そのため、底皿に水を定期的に継ぎ足しておけばよいので、水やりしやすいのがメリットです。

水不足で植物が枯れてしまったり、逆に水のやりすぎで土にカビが生えたりするのを防ぎます。旅行や仕事などで、水やりをする時間がない方におすすめのアイテムです。

プランターのおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ベジタブルプランター 深型 650

根菜類の栽培に適したプラスチック製プランター。幅65×奥行き45×高さ38cmと大容量のサイズのため、多くの土が入れられて保水性にも優れています。ダイコンなどの大型の野菜も育てられるアイテムです。

また、本体の側面上部には支柱を固定する紐を通すための穴があるので、茎が上に伸びる果菜類も育てられます。排水性や通気性を高めるスノコも付いていて便利。根菜類などの野菜を初めて育てる方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 焼杉メッシュプランター 楕円 YMD-390

焼杉を使用した、味わいのあるデザインが魅力の木製プランター。ベランダや庭先を、シックな雰囲気に演出します。サイズは幅39×奥行き20×高さ16.5cmと小型で深さもあまりないため、葉菜類の栽培や花を植えて観賞用に適しています。

底に敷くための、プラスチック製で目が細かいスノコも付属。通気性や排水性を高め、水が溜まるのを防ぎます。また、本体側面には取っ手が付いているので、持ち運びも便利。インテリアにこだわる方や、おしゃれな木製プランターを探している方におすすめのアイテムです。

グーポット(goopot) パリデザイン長角型 素焼き鉢

ポット苗を並べて、3~6株ほど植えられる大きさの長方形プランター。テラコッタのナチュラルな質感がインテリアとしてもおしゃれなアイテムです。

浅めなので大葉やバジルなどの葉菜類や、ハーブ類などを育てるのに適しています。また、花を植えて花壇のように設置しても、ベランダや庭先が華やかになるのでおすすめです。

リッチェル(Richell) 水ラク緑のカーテンプランター 85型

本体側面に給水口がある、プラスチック製の底面給水式プランターです。サイズは、幅85×奥行き29×高さ31.5cmと大型で長方形のタイプ。給水口が大きいので、ホースやジョウロで直接水が注げます。また、余分な水が貯まらない設計を採用しており、根腐れしにくいのが特徴です。

サイドスリットがあるので、通気性や排水性も良好。また、夏場の日差しや熱の跳ね返りなどから根を守る上げ底構造にもなっているなど、さまざまな優れた性能を備えています。果菜・葉菜・根菜類と幅広く栽培ができる、使い勝手のいいプランターです。

リッチェル(Richell) ハーベリーポット 43型 ダークグリーン 3個

さまざまな植物をタワー状に配置できるプラスチック製のプランター。ずらして重ねることで、さまざまなバリエーションの立体的な花壇ができます。

深すぎないので、水分の調節が比較的難しいイチゴの栽培に適した水分を保つことが可能。上げ底構造と、スリット排水穴によって通気性や排水性にも優れています。また、センター排水構造になっているため、重ねても下の段に水がかかりにくいのも特徴。

家庭で果物やハーブが楽しく栽培できるプランターを探している方におすすめのアイテムです。

大和プラスチック(Yamato-plastic) 菜園プランター しゅうかく菜 800型

大容量でさまざまな野菜が栽培できる、長方形のプラスチック製プランター。多くの土や肥料が必要なトマトやキュウリ、ナス、イチゴなどの果菜類はもちろん、深さもあるので根菜類の栽培にも適しています。

また、直径16mmまでの支柱を安定して支えられる「支柱ホルダー」も付属。上に茎が伸びる果菜類で、美しいグリーンカーテンもつくれます。支柱穴もあるので、支柱の設置にも便利。また、サイトスリット形状なので、排水性と通気性にも優れています。

ベランダや庭先で多種の野菜を栽培する、本格的な家庭菜園に適したアイテムです。

Yardwe 樹脂多肉植物 植木鉢 キノコ形 サボテンハーブ 植物プランター

キノコの形状をした樹脂素材のプランター。多肉植物やサボテン、小さな花などを育てるのに適したアイテムで、家庭やオフィスなどの室内での観賞用に適しています。

サイズは幅17×奥行き14×高さ16cmと非常にコンパクトなので、デスクや棚の上を装飾するためにも使用可能。プレゼント用としてもおすすめです。

カネ由陶業(KANEYOSHI) 陶器 7号 20.5cm 植木鉢 白

シンプルなデザインとストライプの模様が上品な陶器製のプランター。室内を彩るインテリアとして適しています。また、釉薬を使う陶磁器特色の「かんにゅう」という細かなひび割れが入りにくいので、ベランダなどでも使用可能です。受け皿付きのモノも選べます。

エレガントでおしゃれな陶器製のプランターを探している方におすすめのアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンギング パームワイヤーバスケット 深型 フックタイプ PED-450F

ベランダやフェンスに吊るして使える天然ヤシを使用したハンギングプランター。ゴムコーティングしたヤシの繊維で、なめらかな手触りと耐久性にも優れているのが特徴です。

さらに、通気性と排水性が高いので、根腐れを防ぎます。また、ヤシマットに切り込みを入れれば外側から植えて、寄せ植えを楽しめます。色とりどりの花を吊るして飾るのに適したプランターです。

グリーンパル(green-pal) 給水式菜園プランター650型 コロ付

水を溜めるトレーがあり、ベランダなどを汚さず簡単に水やりができるプラスチック製のプランター。サイズが幅65×奥行き32×高さ32cmと大型で、土容量が30L、水容量も7.5Lと大容量なのが特徴です。

深さもあるので、果菜類や根菜類の栽培にも十分。支柱穴も本体を囲むように開いていて、果菜類を育てる際に支柱を設置するのに便利です。また、本体下部にはコロも付いているため、移動が楽にできます。使い勝手がよく、本格的な家庭菜園も楽しめるプランターを探している方におすすめのアイテムです。

アップルウェアー(appleware) 野菜鉢 27型 グリーン

トマトやナス、キュウリといった夏野菜の栽培に適したプラスチック製プランター。深型なので、根菜類を育てるのにも十分な深さがあります。重量も約500gで軽量のため持ち運びがしやすいのも特徴です。

底穴形状になっていて排水性が高く、スリットによって通気性にも優れています。また、転倒しにくい寸胴の設計で、ベランダや庭先に置いていても安心。高性能で手軽なプランターを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアーベジタブルプランター 730

通気性のよさが魅力のプラスチック製プランターです。「タワーメッシュ」と「エアートンネル」の構造によって空気の通り道がつくられ、優れた通気性をキープ。土の中に新鮮な空気が行きわたるため、植物の健やかな成長をサポートします。

プランター内の底面には「支柱受け」があるので、支柱を設置して果菜類の栽培や葉菜類を育てるのにも適しています。湿気が苦手な植物を育てる方はぜひチェックしてみてください。

大和プラスチック(Yamato-plastic) フレグラープランター 50型

テコラッタのような質感が特徴のプラスチック製プランター。側面に設置されている排水穴をポリ詮で塞げば、貯水スペースが確保できるので、木枯れ対策ができます。また、オーバーフロー穴もあるため、余分な水が排水可能。

葉菜類の野菜を育てたり、花を植えてガーデニングを楽しんだりするのに適したプランターです。高性能で価格が安いのも魅力。植物を育てるのが初めての方に、安くておしゃれなプランターとしておすすめです。

大和プラスチック(Yamato-plastic) eco&eco ウインプランター 深55型

再生資源100%の原料を使用してつくられた、環境に優しいプラスチック製プランター。本体下部には脚が付いており、地面に触れず通気性に優れているのが特徴です。

サイズは幅55×奥行き30×高さ32cmで容量も25Lと、土もたくさん入るうえに、深さもあるので果菜類や根菜類の栽培が可能。また、落ち着きのあるシンプルなデザインも魅力です。玄関先や門扉の前などのインテリアとしても似合うアイテム。家庭菜園もできるおしゃれな製品です。