風を送り出し、落ち葉やゴミなどを集めたり吹き飛ばしたりできる「ブロワー」。清掃や水切りなどの作業に、手軽で便利に使用できます。また、種類によってさまざまな性能を備えているので、用途に応じて幅広く活用が可能です。

そこで今回は、ブロワーの選び方や、おすすめ機種をご紹介します。今回の記事を参考に、ぜひ自分の用途や目的に合ったブロワーを選んでみてください。

ブロワーとは?

By: amazon.co.jp

モーターによって風を送り出す機械がブロワーです。風の力で落ち葉などを吹き飛ばし、一ヶ所に集めて回収するのに便利なアイテム。家庭用として、落ち葉掃除に使用できるのはもちろん、剪定作業や草刈り後の清掃でも重宝します。

また、強い風を送り、水滴飛ばしなどにも活用可能。洗車の際に水洗いをした後、ブロワーで水滴を吹き飛ばせば、タオルでの拭き取り作業の負担も軽減できます。

ブロワーの選び方

種類で選ぶ

小型で取り回しやすい「ハンディタイプ」

By: amazon.co.jp

コンパクトで手軽に使用できる「ハンディタイプ」。取り回しがしやすいので、短時間の簡単な作業や細かい部分にも使用できます。手に持って作動させるだけで、スムーズに使用できるのも特徴。持ち運びにも便利です。

ただし、小型とはいえ、機種によって大きさや重さも違い、能力にも差があります。小さいタイプであれば、それだけパワーが弱くなり、大量の落ち葉などを吹き飛ばすのも困難です。そのため、作業内容や吹き飛ばす落ち葉などの量によってサイズや能力をチェックしましょう。

長時間の作業がしやすい「背負タイプ」

By: amazon.co.jp

強力なパワーが特徴の「背負タイプ」。大型で重量もあるので、頻繁に背負ったり下ろしたりするのには不便ですが、一気に大量の落ち葉などを吹き飛ばせる能力があり、広い場所や長時間の作業に適しています。

また、本体を背負って使用するため、腕や手への負担を軽減できるのもメリットです。ただし、狭い住宅地といった、使用する場所によっては、発する音の大きさに注意が必要。広範囲の落ち葉を処理する場合など、大掛かりな清掃作業での使用におすすめのタイプです。

動力で選ぶ

電動式

By: amazon.co.jp

電力でモーターを動かす電動式には、コードタイプと充電タイプがあります。双方とも比較的軽量な機種が多く、持ち運びや取り扱いがしやすいのが特徴です。

コードタイプは、コンセントに繋いで電力を得ます。使用する場所に電源が必要ですが、発電機などがあれば場所を選ばずに使用可能。また、コードの長さの範囲でしか作業が行えないのが難点ではあるものの、ドラム式などの延長コードを使用すれば作業範囲も広がります。

充電タイプは、コードレスなため作業範囲に制限がないのがメリットです。作業場所に電源も必要なく、手軽に使用できます。ただし、長時間作業に使用する場合、充電が切れてしまうケースもあるので、予備のバッテリーを準備しておくのがおすすめです。

エンジン式

By: amazon.co.jp

ガソリンなどの燃料によって稼働させるエンジン式。充電タイプと同じく、コードレスなので作業範囲に制限がなく、幅広いシーンで使用できるのが特徴です。

補給用のガソリンを用意しておけば、長時間の使用も可能。ただし、電動式に比べて重厚な機種が多く、燃料も入っているので、それだけ重さを感じます。その半面、パワーが強力で、作業時間を短縮できるのがメリットです。

風速と風量をチェック

By: amazon.co.jp

ブロワーを選ぶ際には、使用する作業内容によって吹き飛ばす対象物や場所を考慮し、風速と風量をチェックするのがポイント。風速が高ければ、その分風も強く、重い対象物も吹き飛ばせます。

乾いた落ち葉や砂埃などの軽いモノであれば、風速が低いタイプでも十分。しかし、濡れた落ち葉といった重いモノを吹き飛ばす場合には、風速が高いタイプの使用が適しています。

また、風量によって、一度に吹き飛ばせる範囲で変わるので要チェック。風量が少なければ吹き飛ばせる範囲は狭く、風量が多いタイプは、広い範囲で大量の対象物を吹き飛ばせます。

落ち葉などを吸い込める「バキューム機能付き」もおすすめ

By: amazon.co.jp

タイプによっては、バキューム機能付きのブロワーもあります。掃除機のように、落ち葉などを吸い込めるため、ホウキやちりとりを使用する必要もなく便利です。

大量の落ち葉などがある、広い場所で使用する場合には、吹き飛ばして一ヶ所に集め、最後に吸い込んで回収できます。狭く小量で済む場所での使用では、直接吸い込んでの回収も可能です。

また、吸い込んだ落ち葉や木の枝などを粉砕する機能を備えたタイプであれば、吸い込んだ後の回収作業もスムーズに行えます。

ブロワーのおすすめ

京セラ(KYOCERA) ブロワ BL-3500 682706A

京セラ(KYOCERA) ブロワ BL-3500 682706A

吹き飛ばしと、細かいチリなどが吸い込める「集じん機能」を備えたハンディタイプのブロワー。電源式のコードタイプで、コードは5mの長さがあるため、室内作業や庭先などで使用するのに便利です。サッシの溝に溜まったゴミや埃、木工作業で木くずなどを吹き飛ばすのに重宝します。

風量は3.5m³/min、風圧は5.5kPaと、高いパワーを備えているのも特徴。延長コードがあれば、落ち葉掃除や洗車の水滴飛ばしにも十分に使用できる能力です。

また、1.4L収納可能なダストバッグも付属しているのもポイント。吹き出し口に取り付けて、車内用の掃除機としてや、隙間などの狭い場所での吸い込み作業にもおすすめのアイテムです。

京セラ(KYOCERA) ブロワバキューム RESV-1500 696900A

京セラ(KYOCERA) ブロワバキューム RESV-1500 696900A

吸い込んだ落ち葉などを10分の1に粉砕できる、バキューム機能付きのブロワー。ダストバッグの容量は35Lと、大容量サイズなので、大量の落ち葉やゴミなどの回収ができます。電動式でコードタイプなため、広い場所での使用には、延長コードを準備しておくと便利です。

また、2段階のスピード切り替えができるのもポイント。風量は、低速で7.0m³/min、高速で10m³/min。ブロワーとして、落ち葉を吹き飛ばしたり洗車の際に使用したりするのはもちろん、屋外用の掃除機に活用するのもおすすめです。

マキタ(MAKITA) 背負い式エンジンブロア EB5300TH

マキタ(MAKITA) 背負い式エンジンブロア EB5300TH

防振バネが4つ搭載され、背中への振動を抑える、背負いタイプのブロワー。さらに、クッション性に優れた背当てや、スタビライザーの調節も可能なので、本体と体の密着感も高く、重量感も軽減されます。

重量は8.9kgと、背負うタイプでは比較的軽量なものの、最大風量15m³/min、最大風速82m/sとハイパワー。広い場所で、大量の落ち葉や木の枝もスムーズに吹き飛ばせます。エンジン式で、コードレスなため、作業範囲も無制限に使用できるのも魅力。

広範囲で長時間の使用でも、体への負担が少なくて、効率よく作業を行いたい方におすすめのブロワーです。

マキタ(MAKITA) 充電式ブロワ MUB362DZ

マキタ(MAKITA) 充電式ブロワ MUB362DZ

充電タイプで、エンジン式にも負けないパワーを発揮する、ハンディタイプのブロワー。ダイヤル変速により、6段階の風量と風速が、使用シーンに応じて調節できます。風量は、6.9~13.4m³/min、風速は、27~54m/sです。

また、作業時に耳障りになる風切り音を軽減しつつ、高い能力を実現する3枚ファンと、騒音が大きくなるのを抑制する吸音スポンジを搭載。清音仕様でハイパワーなのが特徴です。さらに「防振二重ハウジング」の採用で、振動も抑え、体への負担も軽減できます。

そのほか、段階に伸縮するノズルと肩に掛けて便利に使用できるショルダーベルトも付属しているのも魅力のひとつ。電動式で強力な吹き飛ばし作業を行いたい方におすすめのブロワーです。

マキタ(MAKITA) 充電式ブロワ UB182DZ

マキタ(MAKITA) 充電式ブロワ UB182DZ

3段階の風量調節用ダイヤルと無断変速スイッチを搭載した、ハンディタイプの電動式ブロワー。作業内容や場所によって、風量や風速の調節が可能です。最大風量は2.6m³/min、最大風速は80m/sと、強力なパワーを備えています。

また、充電タイプのため、作業場所や範囲の制限もなく、電源がなくても使用できるのもポイント。1回の充電で稼働できる連続使用時間は、風量調節ダイヤル1の弱で約75分、2の中で約25分、3の強で約12分が目安です。

集じん機能も備わっており、付属のダストバッグを使用し、掃除機代わりとしても活用できます。汎用性が高く、場所を選ばず使用したい方におすすめのブロワーです。

ハイコーキ(HiKOKI) 18V コードレスブロワ RB18DSL

ハイコーキ(HiKOKI) 18V コードレスブロワ RB18DSL(NN)

無段変速の風量調節が可能で、集じん機能も備わったハンディタイプのブロワー。大手の電気工具メーカーによる便利で高性能なモデルです。風量は、作業内容などの状況に応じて、最大で2.2m³/minまでの調節ができます。

また、握りやすさを追求した独特な形状のハンドルにより、作業がしやすく、手への負担が軽減できるのも特徴。電動式の充電タイプでコードレスのため、室内や屋外を問わず、幅広く使用できます。

吹き飛ばすパワーを自由に変えられて、場所に関係なく使用したい方におすすめのブロワーです。

ハイコーキ(HiKOKI) マルチボルト 36V コードレスブロワ RB36DA

ハイコーキ(HiKOKI) マルチボルト 36V コードレスブロワ RB36DA

4段階のモード切り替えと、ターボモードも切り替え可能な、ハンディタイプのブロワー。エンジン式にも匹敵する、ハイパワーが特徴の充電タイプです。風量は、モード1~4で460~680m³/h、ターボモードでは800m³/h。風速は、30~45m/s、ターボモードで53m/sと強力です。

サイズは幅24.2×奥行き94×高さ26.7cmのコンパクトなボディで、重量は3.5kgと軽量。パワフルながら取り回しやすく、効率よく作業ができるのも魅力です。公園などの広い場所での落ち葉掃除や、剪定作業後の清掃作業で使用するのに適しています。

なお、バッテリーは別売りなので注意しましょう。業務用としても使用できる、強力な能力を備えた、電動式でコードレスのブロワーを探している方におすすめのモデルです。

ボッシュ(BOSCH) ブロワ GBL800E

ボッシュ(BOSCH) ブロワ GBL800E

電動式で小型ながら、高いパワーも備えたハンディタイプのブロワー。サイズは、幅19×奥行き45.5×高さ21.4cmとコンパクトで、重量1.8kgと軽量なので、取り扱いがしやすいのが特徴です。そのうえ、最大風量は4.5m³/minと強力。

さらに、柔軟性に優れたノズルを採用しているため、隙間の埃やチリを吹き飛ばす作業もスムーズに行えます。また、集じん機能を搭載し、ダストバッグも付属。掃除機としても便利に使用できます。室内用として、細かい作業の使用におすすめのブロワーです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスブロワ GBL18V-120H

ボッシュ(BOSCH) コードレスブロワ GBL18V-120H

低速と高速の2段階切り替えができる、ハンディタイプのブロワー。電動式の充電タイプなので、幅広い作業での使用が可能です。風量は、低速で1.5m/min、高速で2.0m³/min。風速は、低速で55m/s、高速で75m/sと、作業内容で強弱が使い分けできます。

また、持ちやすさや操作のしやすさを追求した独自のハンドル形状とバランス設計により、作業がしやすく、負担が軽減できるのも特徴です。重量が1.4kgと非常に軽量で操作性にも優れています。

建築や木工作業で、プロも愛用しているハイスペックなモデル。価格も安いため、家庭用として気軽に使用するにもおすすめです。

ハスクバーナ・ゼノア(Husqvarna Zenoah) ブロワ 125B 952715643

ハスクバーナ・ゼノア(Husqvarna Zenoah) ブロワ 125B 952715643

使いやすさと強力なパワーを兼ね備えた、ハンディタイプのエンジン式ブロワー。エンジンを停止すれば、自動で始動位置に戻る「オートリターン・ストップ・スイッチ」の搭載により、スムーズに始動と停止が行えます。

また、ファンの速度を固定する「クルーズ・コントロール」機能で、簡単に操作が可能。風速を一定に保てます。さらに、吹き込み管が長さ調節でき、作業に応じて使用できるので便利。

排気量が28cm³、最大風速は76m/sと、非常に高いパワーで、落ち葉や剪定時の小枝も楽に吹き飛ばせます。業務用としてはもちろん、エンジン式ブロワー初心者の方にもおすすめです。

ハスクバーナ・ゼノア(Husqvarna Zenoah) 背負い式ブロワ EBZ7500

ハスクバーナ・ゼノア(Husqvarna Zenoah) 背負い式ブロワ EBZ7500

風量が21.8 m³/min、最大風速が105.6 m/sと非常に高い能力を備えた、背負い式のブロワー。ゴルフ場などの広大な場所での使用に適しています。大量の落ち葉やゴミはもちろん、小石も吹き飛ばせる強力なパワーです。

また「ストラトチャージドエンジン」の搭載により、クリーンな排気で低燃費も実現。環境にも配慮したエコなモデルです。燃料タンクも2.1Lの大容量サイズで、長時間でも効率よく作業できます。広い範囲で、大量の落ち葉やゴミをスムーズに吹き飛ばすのにおすすめのブロワーです。

エスアイエス(SIS) 家庭用 ブロア バキューム 神風 健太郎くん PH2204

エスアイエス(SIS) 家庭用 ブロア バキューム 神風 健太郎くん PH2204

重量が1.2kgと非常に軽量で操作がしやすい、ハイディタイプのブロワー。サイズも、幅18×長さ39×高さ21cmとコンパクトで、持ち運びや、使用していないときの収納にも便利です。電動式のコードタイプなため、充電の必要がなく、使いたいときにコンセントを繋いでいつでも使用できます。

軽量コンパクトながら、風量は1.9m³/minで、家庭内の掃除や洗車での使用には十分な性能です。集じん機能も搭載しており、隙間に溜まった埃やチリなどの吸引ができます。

価格が安いのも魅力。リーズナブルなうえ、小型で汎用性の高いブロワーを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式ブロワ18V JB181

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式ブロワ18V JB181

重量1.8kgと軽量で、片手でも作業がしやすい、ハンディタイプのブロワー。6段階の風量調節や、3段階の角度調節が可能なノズルを搭載しているなど、作業内容に合わせて便利に使用できるのも特徴です。

風量が強で約13分、弱で最大約50分の連続使用ができ、充電タイプのコードレスなので、屋外の長時間作業でも効率よく作業を行えます。また、稼働させる際には、運転スイッチと同時にロックスイッチを押して起動させるダブルロック機能を採用。誤操作も防ぎます。

手軽に使用できて、安全面にも配慮されているブロワーを求めている方におすすめのモデルです。

イーバリュー(E-Value) ハンディブロワー EBL-500V

イーバリュー(E-Value) ハンディブロワー EBL-500V

ダイヤルで風量の調節ができ、集じん機能も備えたハンディタイプのブロワー。風量は最大で2.3m³/min、風速は76m/sまでの能力を備えます。ダイヤル調節により、状況に応じて作業が可能です。洗車後に水滴を吹き飛ばすのに十分な性能を有しています。

また、電動式のコードタイプなので、延長コードを使用して、室内での木工作業や細かい部分の吹き飛ばしに便利です。ダストバッグを取り付けて、掃除機としても使用できます。重量は1.7kgと軽量なのも特徴。手軽に幅広く使用するのにおすすめのモデルです。

KIMO 充電式ブロワ QM-6001

KIMO 充電式ブロワ QM-6001

トリガーを握る強さによって、無段階の風量調節ができる、ハンディタイプのブロワー。状況などに合わせて、風量は最大2.6m³/min、風速は最大80m/minまでの調節が可能です。充電式で、コードレスで使用できるため、屋外でも範囲制限なく使用できます。

季節によっては、雪を吹き飛ばしたり、バーベキューなどのアウトドアで火起こしに使用できたりと、汎用性が高いのも特徴。さらに、集じん機能も搭載。家庭や車内用の掃除機としても活用できます。コードレスで、室内や屋外に関係なく幅広い使いたい方におすすめのブロワーです。

Primero(プリメロ) 風量調節ブロワ AC100V BW-300AZA

Primero(プリメロ) 風量調節ブロワ AC100V BW-300AZA

幅17×奥行き39×高さ20cmと非常にコンパクトで、取り回しやすい、ハンディタイプの小型ブロワー。価格も安いため、家庭用として手軽に使用するのに適しています。重量も1.4kgと軽量なのも特徴。

ダイヤルによる風量調節も可能です。風量は最大2.3m³/minで、隙間に溜まったゴミや埃を吹き飛ばすのに便利。集じんもできるので、エアコンフィルターの清掃や木工作業で出た木粉を吸い込むのにも使用できます。家庭で細かい作業で使える、簡易掃除機での活用におすすめのアイテムです。

新ダイワ(shindaiwa) ハンディタイプ EB221S

新ダイワ(shindaiwa) ハンディタイプ EB221S

エンジン式で、重量が3.1kgと非常に軽量な、ハンディタイプのブロワーです。サイズも、幅23×奥行き33×高さ32.5cmとコンパクトなので、取り回しやすいのが特徴。コードレスのため、広い場所でも範囲に制限なく使用可能で便利です。

風量調節も可能で、最大風量は10m³/min、最大風速は63.9m/sと高い能力も備えています。また、滑りにくいゴム製のハンドルや、両手持ちが可能なサブハンドルを搭載しているなど、使いやすく、作業中の負担も軽減。吸引口は右側のため、右持ちでの使用では衣類が吸い付かず、右利きの方に適しています。

初心者の方や、エンジン式のブロワーを使用したことがない方にもおすすめのモデルです。