芝生や庭の手入れをする際に活躍する「芝生バリカン」。芝生の状態を保ったり不要な雑草を取り除いたりするのに役立ちます。用途に合わせて使い勝手のよい芝生バリカンを選べば、時間や手間を減らせるため作業効率が向上する便利アイテムです。

そこで今回は、おすすめの芝生バリカンをご紹介します。選び方やおすすめのメーカーも解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

芝生バリカンとは?

By: amazon.co.jp

芝生バリカンとは、芝生や雑草などを短く刈り取るためのアイテム。その名の通り、髪の毛を切るバリカンのようにギザギザした刃の先端でカットします。電動なので、手作業だと大変な芝刈りをスムーズに行えるのが魅力です。

また、芝刈り機と比べてコンパクトで、芝刈り機では入れないような場所でも手入れしやすいのが特徴。細かい作業を行いやすく、小さなスペースの刈り込みにも適しています。庭や花壇などの手入れにおすすめのアイテムです。

芝生バリカンの選び方

タイプをチェック

細かな作業がしやすい「ハンディタイプ」

By: amazon.co.jp

持ち手が短くコンパクトなのがハンディタイプです。片手で持てて操作性に優れているため、壁沿いや敷石の周りなど、細かい部分まで刈り取れるのがメリット。また、植木などの剪定にも適しているタイプです。

一方、広範囲や長時間の作業には不向き。小回りが利くので、細かいところをしっかり手入れしたい方におすすめです。

立ったまま作業できる「スティックタイプ」

By: amazon.co.jp

掃除機のように持ち手部分が長いのがスティックタイプの特徴。立ったまま作業できるため、足腰への負担を軽減したい方におすすめです。刈り幅が広いアイテムが多いので、作業の時短につながりやすく広い範囲を刈り込むのに適しています。

なかには、持ち手部分を取り外してハンディタイプとして使えるアイテムも存在。長時間作業を行う方や、広範囲の芝生を刈りたい方は要チェックです。

電源方式をチェック

充電式

By: amazon.co.jp

充電式はバッテリーを本体に装着して使用するため、コードを気にせず細かい部分もスムーズに作業できます。コンセント位置に関係なく、さまざまな場所に持ち運べるのがメリットです。

ただし、一度の充電で運転できる時間が限られているので、作業途中で充電が切れるケースがあります。そのため長時間の作業には不向き。購入時に連続運転時間のチェックをしておくのがおすすめです。

コード式

By: amazon.co.jp

コード式は、コードをコンセントに挿して使用するタイプです。長時間でも作業できるのがメリット。また、充電切れの心配がないのもポイントです。

ただし、コードがコンセントに届かない場所では使用できないほか、作業中に誤ってコードを切断してしまうリスクもあります。購入前にコードの長さをチェックしておくと、使い勝手がよくなるのでおすすめです。

刃の形状をチェック

芝生用

By: amazon.co.jp

芝生用は、2枚重ねのギザギザな形状の刃が左右に交差しながら、芝生を挟んで巻き込むようにカットします。芝生バリカンのなかでは定番といえる形状で、使いやすく安定して作業できるのが魅力です。

芝生以外にも雑草の刈り込みで活躍する形状。芝生の長さを整えたい方や、庭・駐車場などの手入れをしたい方におすすめです。

剪定用

By: amazon.co.jp

剪定用は、のこぎりのような細長い刃が左右についており、振動するように動いて切断します。草刈りに加えて樹木の剪定にも使え、枝もカットできるほどの力を備えているのが特徴です。

なかには、芝生用とセットで販売されているアイテムがあり、刃を取り替えるだけで作業の幅が広がります。芝生や雑草のカットだけでなく、植木などの剪定も行いたい方におすすめです。

回転刃

By: amazon.co.jp

回転刃の魅力は、切れ味のよさ。芝刈り機のように刃が回転し、芝生や枝などを素早くカットします。芝生バリカンには小石が詰まると止まってしまうアイテムがありますが、回転刃なら異物を弾いてスムーズに作業を進められるのがメリットです。

芝生用や剪定用と比べて切れ味がシャープですが、販売されているモノが少ないのがネック。1台で芝生や雑草、植木などのカットを済ませられるので、作業効率を重視する方におすすめです。

刈り幅をチェック

By: amazon.co.jp

芝生バリカンの刈り幅はアイテムによって異なります。作業効率や操作性が変わるので、購入前にチェックしておくことが大切です。

刈り幅が大きいと、一度に刈る面積が増えます。効率よく作業できて広い範囲を手入れするときに便利な一方、細かい場所での作業が難しいのが難点です。刈り幅が狭いタイプは、一度に刈れる面積は少ないですが、小回りが利くため細かい部分の作業に適しています。

汎用性を重視するなら、160mm程度を目安にするのがおすすめです。

刈高調節機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

芝生バリカンには、芝生を刈り込む高さを調節できる機能がついたモノもあります。2段階で調節できるタイプや、3段階で調節できるタイプなどもあるので、チェックしておくのがおすすめです。

刈高調節機能がついていれば、短くカットしすぎるリスクを減らせるので、土の部分が見えてしまうのを防止可能。芝生をきれいに整えたい方は、刈高調節機能の有無も忘れずに確認しましょう。

ストローク数をチェック

By: amazon.co.jp

ストローク数とは、1分間にどれだけ刃が回転するかを表したもの。ストローク数が多いほど高速で回転するため、芝刈りの効率や時短アップに役立ちます。

ストローク数は作業効率に大きな影響を及ぼすため、短時間で芝生を整えたい場合は、ストローク数の多いアイテムを選ぶのがおすすめです。

「min-1」という単位で表記されているので、購入前にチェックしておきましょう。

芝生バリカンのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

愛知県に本社を構える「マキタ」。総合電動工具メーカーとして世界中で使用されており、ユーザー目線に立ったアイテム展開をしているのが魅力です。互換性や操作性に優れたアイテムも多く揃えています。

芝生バリカンは、プロから一般のユーザーまで使える製品をラインナップ。品質や使い勝手にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

リョービ(RYOBI)

By: amazon.co.jp

広島県に本社がある「リョービ」は、世界トップクラスのダイカストメーカー。独自の技術を用いて、自動車産業向けにさまざまな構成部品を作り出し、建築用品や印刷機器も手がけているのが特徴です。

なお、芝生バリカンをはじめとするガーデン機器や、電動工具・清掃機器などのパワーツールは2018年に京セラインダストリアルツールズに引き継がれています。

芝生バリカンのおすすめ

マキタ(MAKITA) 充電式芝生バリカン MUM604DRF

人気メーカー「マキタ」が展開する充電式の芝生バリカンです。コードレスなので、さまざまな場所に持ち運んでカットしやすいのが特徴。グラスレシーバが付属しているので、刈った芝を収集しながら作業でき、掃除の手間を減らせます。

刈高調節機能を搭載し、15・20・25mmに調節可能。グラスレシーバを取り外せば10mmにも対応できます。また、キワ刈りガードもついており、刃物を壁に当てずにカットできるのがポイント。透明なので、刃先を見ながら脱着可能です。

特殊コーティング刃を採用しているほか、上下刃駆動により優れた切れ味を発揮します。刈り幅は160mmでストローク数は1250min-1。約22分の充電で、約2時間5分の連続運転が行えます。キワの部分までしっかり手入れしたい方におすすめです。

マキタ(MAKITA) 充電式芝生バリカン MUM600DSH

充電式の芝生バリカン。上下刃駆動式で刈り幅は160mm、ストローク数は1250min-1です。

約22分でフル充電でき、約40分の連続運転が可能。バッテリー切れを知らせるランプが搭載されているので便利です。底が平らな設計のため作業時の安定感が増しているほか、ソフトグリップで持ちやすさも向上しています。

グラスレシーバがついているため、掃除の手間を軽減できるのがポイント。15・20・25mmの3段階の高さ調節ができ、グラスレシーバなしの状態なら10mmにも設定できます。

使い勝手のよい芝生バリカンなので、汎用性に優れたモノを探している方におすすめです。

マキタ(MAKITA) 芝生バリカン MUM1601

コード式の芝生バリカン。10mあるロックコネクタ付ツナギコードが付属しています。コンセントから離れた場所もカットしやすいのが魅力です。

刃は特殊コーティングが施されており、刈り幅は160mm。刈った後の芝を集めるグラスレシーバがついているので楽に作業できます。

刈り込みの高さは10・15・20・25mmの4段階調節ができ、芝の長さや状態に合わせてカットできるのが特徴です。ストローク数は1250min-1。キワ刈りガードが付属しているため、刃が壁などに当たるのを防止できます。

通電ランプやブレードカバー、腰用コードフックがついており、安全性にも配慮しているのがポイントです。

リョービ(RYOBI) バリカン AB-1620

日本製のブレードを採用した、コード式の芝生バリカン。ニッケルコーティングを施しているため剛性が向上し、切れ味が長持ちするのが魅力です。キワ刈りガイドが付属しており、壁や刃を傷つけずにキワの芝をカットできます。

10mの延長コードがついているので、コンセントから離れた位置でも作業可能。両刃駆動で刈り幅は160mm、ストローク数は1250min-1です。刈り込みの高さは15・20・25mmの3段階で調節ができます。

グラスレシーバーがついており、芝刈り後の片付けが楽なのがポイント。ベルトフックストラップも付属し、作業中のコードの処理に役立ちます。ソフトグリップ採用で、手にフィットしやすい1台です。

リョービ(RYOBI) 回転式バリカン ABR-1300

回転刃を搭載したコード式の芝生バリカンです。耐摩耗性に優れたチップ付金属刃を使用しています。

大型スライドベースを採用しており、広い芝生でもスムーズに作業できるのが特徴です。レバー式の刈込み高さ調節を搭載し、10・15・20mmに設定可能。芝の長さや状態に合わせてカットできます。

刈り幅は115mmで、ストローク数は1250min-1。10mの延長コードとベルトフックストラップが付属しているので、コンセントから離れた場所でもコードを気にせず作業できます。作業効率を重視したい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 電気バリカン YLB-162

両刃駆動でスムーズに作業ができる芝生バリカンです。約幅16×奥行31×高さ13cmのコンパクト設計で、重さも約1.2kgと扱いやすいのが特徴。コード式で刈り幅は約160mm、ストローク数は約1200min-1です。

調節ツマミをスライドするだけで、約15~30mmの高さ調節が可能。ガードが付属しているため、キワ部分でも刃が壁などに当たらずしっかり刈り込めます。10mの延長コードがついているので、場所を問わずにカットしやすいのがポイントです。

使う際は、安全ボタンを押しながらスイッチを握る設計で安全面に配慮。安心して使える芝生バリカンを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式 ハンディバリカン 10.8V JHC1210

重さ0.9kgと軽量な芝生バリカン。片手で扱えるコードレスタイプのため、小回りが利いて素早くカットできるのが魅力です。約60分の充電時間で約50分の運転ができ、電池残量があっても継ぎ足し充電が可能。充電時間を節約でき、スムーズに作業をはじめられます。

約幅36.2×奥行12×高さ12.5cmのコンパクト設計ながら、ストローク数は約1150min-1とパワフル。刈り幅は約120mmです。また、安全スイッチと運動スイッチを同時に押さないと動作しない、ダブルロックを搭載。誤作動を防止できるのが特徴です。

別売りのトリマーを使用すれば、植木の剪定にも使用でき、2WAYで活躍します。汎用性の高い芝生バリカンを探している方におすすめです。

ハイコーキ(HIKOKI) コードレス芝生バリカン FCG10DL

充電式のコードレス芝生バリカン。約60分の充電で約60分の作業ができます。刈り幅は170mm、ストローク数は1200min-1なので、広範囲の手入れが行いやすいのが特徴。三面研磨刃を採用した両刃式で、ニッケルコーティングが施されています。

小型軽量な10.8Vリチウムイオン電池を搭載。本体の重さが1.1kgと軽いほか、握りやすく滑りにくいソフトグリップを採用しており、長時間作業でも手が疲れにくい設計です。

電池残量が減るとランプが点灯するため、充電のタイミングが分かって便利。また、ロックオフボタンを押してスイッチを引かないと動かない、安全設計もポイントです。

別売りの植木バリカンブレードとの取り換えも可能。汎用性の高い芝生バリカンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バロネス(BARONESS) コードレスバリカン式芝刈り機 CLB170

両刃接触駆動の芝生バリカンです。上刃と下刃に平面研磨を施しており、優れた切れ味を発揮。また、特殊鋼を用いて熱処理加工をしているため、硬度があり綺麗に刈れます。

刈り幅は170mm、ストローク数が120min-1なので、スムーズな作業が可能。約10・17・25mmの3段階で刈高の調節が行えます。刈高を変えるアジャスタはワンタッチで着脱可能です。

握りやすくフィット感のあるソフトグリップを採用し、長時間の作業でも疲れにくいのが魅力。約1.2kgと軽量なのもポイントです。

藤原産業 セフティー3 芝生バリカン R刃タイプ SLB-160R

ブレードがカーブ状の芝生バリカン。刈り幅が160mmなので広い範囲もスムーズに刈れます。ストローク数は1500min-1とパワフルで、グリップ形状が斜めのため軽い力で押せるのが特徴です。

刈高調節機能つきで、15・20・25mmの3段階に調節可能。芝生の長さに合わせて綺麗にカットできます。軽量コンパクトな設計も魅力です。

充電を気にせず作業できるコード式を採用しているのもポイント。効率よく手入れしたい方におすすめです。

高儀(TAKAGI) EARTH MAN S-Link14.4V充電式芝生バリカン GLB-144LiB

両刃駆動でスムーズなカットが可能な芝生バリカンです。刈り幅は約160mm、ストローク数は約1150min-1で、キワをカットするときの刃のはね返りを予防しながら、細かく作業できます。

USB出力に対応したバッテリーパックが付属。コンセントがない場所でも充電できて便利です。また、充電残量表示機能もついているため、目視で確認ができます。セーフティー機構を施し、安全面にも配慮した芝生バリカンです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスガーデンバリカンセット ISIO2

芝生バリカン用と園芸バリカン用のブレードがセットになった芝生バリカン。マルチクリックシステムを搭載し、ワンタッチでブレード交換が可能です。アンチブロッキングシステムを採用しているため、モーターの損傷を防止できます。

刈り幅は芝生用が80mm、園芸用が120mmで、ストローク数は1000min-1。充電時間は約3.5時間で、最大約40分の連続作業ができます。リチウムイオンバッテリーを搭載しており、継ぎ足し充電も可能です。

充電時間がひと目でわかるインジケーターや、快適な握り心地を実現するソフトグリップなど、使いやすさを追求しています。軽量なので、スムーズに扱えるのがポイント。芝刈りだけでなく剪定も行いたい方におすすめの芝生バリカンです。

フィールドウッズ(FIELDWOODS) 充電式芝生用バリカン 植木用ブレード付 FW-BB8A

バッテリー内蔵でも重さが約550gと軽量な芝生バリカンです。約4時間の充電で最大約35分の運転が可能。電源がない場所でも、しっかり手入れができます。

芝生用と剪定用のブレードが付属している2WAYタイプ。庭木や生垣の手入れもできて便利です。芝刈りは狭いスペースもカットでき、綺麗に仕上げられます。

ロックオフボタンを押してスイッチを引くことで動作。誤作動を防げます。比較的リーズナブルなので、コストパフォーマンス重視の方におすすめです。

WORKPRO 充電式芝生用バリカン

芝生バリカン刃と植木バリカン刃が付属している芝生バリカン。コードレスタイプなのでコードを切断したり絡まったりする心配がなく、スムーズに作業できるのが特徴です。

充電は付属のUSBケーブルか市販のアダプターで行えます。バッテリー残量ランプがついているため、バッテリーが切れる前に気づけて便利。内蔵バッテリーを含んだ重量が320gと比較的軽いので、楽に扱えます。

ハンドルの端末にセキュリティーロックを搭載。セキュリティーロックをハンドル端末に差し入れ、ハンドルのボタンとスイッチを同時に押すと作動する設計を採用しており、安全面に配慮しているのがポイントです。

Handife コードレス芝生バリカン

7.2V・2.0Ahリチウム電池を搭載し、1.5時間で充電できる製品です。芝生バリカンに加えて植木バリカンが付属しているため、庭木や生垣の剪定作業も行えます。コードレスなので、コードを気にすることなくスムーズにカットできるのが特徴です。

芝生バリカンをつけた状態で0.67kg、植木バリカンをつけた状態で0.77kgと軽量なため、作業や持ち運びが楽。ハンドルを30°の角度内で調節可能なので、カットしたい場所に合わせてスムーズに作業できるのが魅力です。

また、ボタンだけで簡単にブレードの取り替えも行えます。刈り幅は芝生バリカンが100mm、植木バリカンは170mmです。

リョービ(RYOBI) 充電式ポールバリカン BPB-1800

スティックタイプの芝生バリカン。ポールは本体とワンタッチで取り外し可能で、付けた状態だと長さは1130mm。立ったまま楽に作業できます。細かい部分はハンディタイプとして使えて便利です。刈り込みの高さは15・20・25mmの3段階調節が可能。芝の長さに合わせて変えられます。

日本製の新潟三条刃物を採用した両刃駆動により、優れた切れ味を実現。キワ刈りガイドつきのため、狭い場所でも作業しやすいのが魅力です。充電タイプで18Vリチウムイオン電池を採用。充電時間は約69分、連続作業時間の目安は約60分です。

刈り幅は160mm、ストローク数は1250min-1。立っても座っても使える芝生バリカンを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式グラストリマー JGT230

ストローク数が約8000min-1のハイパワーが魅力の芝生バリカンです。刈り幅が約230mmと大きく、優れた切れ味を有するナイロンブレードで広範囲の手入れを効率よく行えます。ナイロンブレードは樹脂製なので、壁や庭木などを傷つけずに雑草をカットできるのが魅力です。

充電時間が約60分で、連続運転時間は約40分。継ぎ足し充電が可能なので、充電時間を節約できます。

補助ハンドルやヘッドの角度調節機能搭載により、操作性が良好で狭いスペースも快適に作業可能。替刃が10枚付属しているのも嬉しいポイントです。

山善(YAMAZEN) ポールアップグラスカッター PUC-160

ポールの長さを調節できるスティックタイプの芝生バリカン。90〜150cmの範囲で調節可能なので、身長に合わせて無理のない姿勢で芝刈りしやすいのが特徴です。また、駆動部の角度調節も行え、カットしたい場所に合わせてスムーズな作業ができます。

刈高調節機能は2段階で設定でき、刈り幅は約160mm。刃はクロムコーティングが施された特殊鋼を採用しています。

充電切れの心配がないコード式で、10mの延長コードがついているためさまざまな場所で使えるのがポイント。ループハンドルを採用し、使いやすく取り回しが楽に行えます。

ヤードフォース(YARD FORCE) コードレス2WAYバリカン2 Y3LH-C30-P000

ポールが取り外し可能で、ハンディタイプと高枝タイプの2WAYで使用できる芝生バリカン。約1.5~2mの範囲でポールの伸縮が行えるため、高い場所の剪定が楽にできます。

ヘッドは6段階の角度調節に対応しており、地面や高い枝木、生垣の裏側など手が届きにくい場所もスムーズにカットできます。3Dブレードを採用し、どの刃に当たっても枝木を素早く切断。ステンレス製で、優れた切れ味を実現しています。

コードレスタイプで、約3~5時間充電すれば約45分の作業が可能です。重さは本体が約1.1kg、ポールが0.6kgと軽量で使いやすい芝生バリカン。高いところや生垣の裏側なども手入れしたい方はチェックしてみてください。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 5in1ポールヘッジ&芝生バリカン GPSH1000

芝の剪定・庭木の剪定・広範囲の芝刈り・高所の庭木の剪定・草刈り作業が1台で行える芝生バリカン。ポールユニットは107~148cmの範囲で調節できるため、高い場所でも剪定できて便利です。

芝生バリカンの刈り幅は160mm、庭木ブレードの最大切断径は12mm。ストローク数が1650min-1と多く、しっかりカットできます。バランスのよい重心設計を採用しているのもポイントです。

芝生バリカンの売れ筋ランキングをチェック

芝生バリカンのランキングをチェックしたい方はこちら。